FC2ブログ

雪が・・・積もった。

2019/12/06 Fri

今日は雪のち曇り。
昨日、町場は雨でしたが、山は雪。
降ったり止んだりだったようですが・・・。
でも、夕方から本降り。
自分が帰るころには10センチくらい積もってた。
まぁ、当たらなくても良い降雪予報は当たります(笑)。

で、その雪が一晩降り続き今朝はこんな感じ。
何時もの。
P_8601.jpg P_8604.jpg

今朝も本降り。
山は見えませんが、
落ちて来る雪が写っているかと。

今日もお昼前まで雪。
お昼近くなったら降りも弱くなってきましたが・・・。
で、お昼過ぎからは止んでます。

当然ながら今朝は早朝除雪。
なのでしたが、
目が覚めたのが五時過ぎ。
当然ながら外は真っ暗。
六時前くらいに起きて除雪始めれば良いかと、
目をつむったのが良くなかった(笑)。
次起きたら外が明るい。
急いで起きて除雪です。
今朝で30センチ弱くらいかと。





法面と道路。
P_8607_20191206141715c5b.jpg

これ位の雪ならまだ根雪にはならない。
こんなのが数回あって根雪になる。
それが何時からかで
その年の積雪量が大きく左右されます。
今シーズンも去年のように小雪だと良いのですが・・・。




昨日の朝から積もった雪。
P_8609.jpg

玄関の上。

そういえば車庫水槽も昨晩から冬体制。
といっても、水槽の蓋を簾からビニダンに変えただけですが。

さすがにこれだけ積もるとすぐには消えない。
週末に家の周りのあれこれをやりたかったのですが、
無理の様な気がします(笑)。
スポンサーサイト



水槽の様子

2019/12/05 Thu

今日も雨。
というか、霙交じりの雨です。
昨日、夕方から霰。
車に乗っていてもうるさいくらい。
それが雪になり昨夜は少し積もりました。





先ずは今朝。
何時もの。
P_8595.jpg P_8597_201912051331107d6.jpg P_86001.jpg

道路も真っ白。
これからの時期は降って積もって、
解けてを繰り返し、そのうち根雪です。
それが何時からになるのが問題なのですが・・・。





今日は車庫水槽の様子。
何本かありますが主だった奴を。
親水槽。
C_0582.jpg

これは電気を付けた直後。
帰って夕飯食べたら飲み物片手に車庫。
当然真っ暗。
金魚は寝てます。
そこにいきなり電気点けるので・・・。
暫くすると慣れて中層を泳ぐようになります。

C_0651.jpg C_0701_201912051331010b9.jpg C_0705.jpg C_0696.jpg

C_0775.jpg C_0781_201912051331050d1.jpg C_0787.jpg C_0783.jpg





三才水槽。
C_0614.jpg C_0646_201912051337184ae.jpg C_0658.jpg C_0680.jpg

C_0685.jpg C_0714.jpg C_0718.jpg C_0723.jpg

C_0751_20191205133728eec.jpg C_0755.jpg C_0762_20191205133731722.jpg C_0789.jpg

四才も二才も入ってますが・・・。
親水槽も十分混んでいると思いますが、
ここに比べるとかわいいものです。





二才水槽。
C_0620_2019120513502785d.jpg C_0639.jpg C_0664_20191205135030f22.jpg C_0675.jpg

C_0676.jpg C_0728.jpg C_0731.jpg C_0732.jpg

C_0737.jpg C_0738.jpg C_0807.jpg C_0815.jpg

C_0621.jpg C_0632.jpg C_0671.jpg C_0673.jpg

C_0625.jpg C_0627.jpg C_0633_20191205135649d95.jpg C_0634.jpg

C_0630.jpg C_0631.jpg C_0635.jpg

三才も少しいる。
ここも激混み。
無事に春を迎えられるか心配です。

初雪

2019/12/04 Wed

今日も雨降り。
朝からというか、昨日から降り続いてます。
冷たい雨ですが、まだ雪って感じではなく・・・。
今晩は雪になるでしょうか。





先週の話。
木曜日の朝。
初雪。
C_0574.jpg C_0578.jpg C_0580_20191204135445ee0.jpg

この時はこれだけ。
道路が白くなるほどではなく・・・。
それでも今シーズン初の雪。





で、金曜日の夕方から夜にかけてが、
物凄い降り。
このまま明日の朝まで降り続けたら
どれだけ積もるのって感じのり降りだったのですが、
それも8・9時ころまで・・・。
夜中は止んでましたが、朝方にまた雪。
朝は道路まで真っ白。
土曜日で良かったって感じ。
ですが、その写真が無い(笑)。
撮ったつもりだったのですが。
で翌、日曜日。
P_8578.jpg P_8573.jpg P_8575.jpg

前日の雪の様子。
気温は冷たいですが晴れ。

池や田んぼの片づけは終わっている。
家の周りの冬囲いもほぼ終わり。
細かい作業を片づけました。

それから除雪車にスプレー。
ロータリー部分に雪がくっつかない為のスプレーをたっぷりと(笑)。
そんなことしてると一日などあっという間に終わります。
まぁ、水替えもしましたけどね(笑)。





家脇の田んぼ。
P_8585_20191204135452fa3.jpg

日曜の朝は冷え込んだので全面氷。
といっても薄いですが。





二才の小さいやつ。
P_8384.jpg

車庫の当才水槽にいる奴ら。
小さいですが、可愛いやつら。
頑張って冬を越してもらいます。





アロエの蕾。
P_8582.jpg

去年までは部屋で越冬していたアロエ。
今年は大きくなりすぎて部屋の出窓に入りきらない。
仕方ないので玄関の壁際。
これで無事冬を越せるでしょうか。
アロエは霜や雪に遭うと凍みてダメになる。
玄関で良いのか不安ですが、置く場所がありません(笑)。

秋になって伸びた蕾はどうなるのでしょう。

金魚飼育の色々

2019/12/03 Tue

今日は雨降り。
朝から冷たい雨が降っています。
でも、雪が降りそうなほど寒いかと問われると、
そうでも無い感じ。
予報だと今夜から冬型らしいですが・・・。
降るでしょうか?





今日は日々の雑感です。
思ったことをとりとめ無く行きます(笑)。

先ず水中ポンプ。
自分は寺田のピンクのファミリーポンプを使っています。
一応連続使用はOKになっている。
(但し、連続1000時間らしいけど・・・)
はっきり確認していないので、時間はあやふやですが。
まぁ、そのあやふやで話を進めるのもなんですが(笑)。
日にちに換算すると41日ほど。
ですが、自分のこれまでの使用では
ほぼワンシーズンは持つ感じ。

秋に昨シーズン使ったやつを再使用すると、
動かなくは無いけど音が酷くて使えないとか。
最初は使えているけど、
暫くすると音が酷くなってくるとか・・・。
中には一シーズン持たずに交換するものもありますが・・・。
まぁ、連続一月と10日余りしか保証されていないことを
考えれば上出来だと思ってます。

他のポンプも使っていますが、
ヒーター替わりに使っていることを含めると
今のところこれがベストかなって感じ。
他のポンプについては後で触れます。

今シーズンも水槽セットする前に
一応水中ポンプ新品で2台買いました。
で、水槽と濾過槽をセットして水張ってポンプ稼働。
三台動かしましたが、三台とも正常稼働。
こちらとしては肩透かしを食らった気分(笑)。
全部が異音もせずに動く。
ただ、一台だけ二週間くらいしたら
ポンプから異音がするのでそれは交換しましたが・・・。
二台は二シーズン目も順調に稼働しています。
嬉しい限りですが、
何時まで持つのか少し不安。
今までの例で突然止まることは無いと思うので、
音がしだしたら交換するつもりですが。
ポンプも当たり外れがあるのだなと思うこの頃です。
まぁ、こんな事書くと決まって
調子悪くなる奴が出てくるのが常なのですが(笑)。

後、車庫水槽にはもう二種類ポンプを使っています。
その紹介。

ひとつは言わずと知れたカミハタのリオ。
玄関水槽の上下もリオです。
こいつは発熱量は殆ど無いので、
ヒーター替わりには使えませんし、
マックスの流量もそれほどないので、
大型水槽にはどうよっていうのはありますが。
といっても3100なら毎分50リットル程度はありますが。
個人的にはとっても好きなポンプです。
何より壊れない。
ついでに音も静か。
自分のFRP水槽はヒーター代わりに
水中ポンプを入れているっていうのも有るので、
発熱量の少ないリオは当才用のみの使用ですが、
水を回すだけなら十分かと。
何より壊れないから(笑)。

もう一台はニューマリンと云うところの水陸両用ポンプ。
自分は水中ポンプで使っているけど。
これもリオ同様マグネットポンプなので発熱量は少ない。
でも、流量だけなら寺田のポンプと同等。
こちらは厳冬期に水温低くても良い二才用に使ってます。

長く使うならマグネットポンプですが、
それだけじゃないので、
まぁ色々試しながら楽しんでいます(笑)。
こんなのお勧めだよとかあったら教えてください。





次は濾過菌の話。
これは見えるわけではないので、
長年やっていてこんな感じなのかなって
推測が大部入る話です(笑)。

超混泳水槽を維持していくためには
日々の観察と管理が大切です。
なにするかっていえば、
よく見ておかしかったらなんだかの対策を講じる。
文章に書けばたったこれだけです(笑)。

なんだかの対策の最初は水替え、
その次が濾過槽掃除。
後は塩入れたり薬使ったりと
難易度が徐々に上がっていくわけです。
出来るだけ簡単のうちに済ませるのがコツ。

要はこまめに水管理をすることです。
でも、思うようにいかないことが起きるのが常。
この時期濾過槽掃除をした後、
通常だと当日は若干白濁り。
翌日はピンとした水になるってパターンなのに、
何時まで経っても白濁りが取れないケースが有る。

その一の水槽は翌日はキリっとした水になっているのに、
隣にあるその二の水槽は何故か白濁したまま、なんてことが・・・。

これは多分に濾過菌の交代が
上手く行かなかったせいではないかと・・・。
この辺が見えていないので推測になるのです。

秋の中水温から冬場の低水温に水槽の水温が落ちていく過程で
その温度帯で活動する濾過菌も入れ替わる。
入れ替わるというか、低水温で活動する菌が増えて行き、
中水温で活動する菌が減ってくると思われます。
丁度その交代期に濾過槽掃除が当たると
何時まで経っても白濁りの取れない水槽が出来上がる。

毎年ではないですが、
数年に一度こんな水槽を経験します。
しかもその時期がまちまち。
今頃のことも有れば1月に入ってからの事もある。

ほって置いてもいずれ水は出来ますが、
それまで濁った水槽見ているのも嫌だし
魚にもよくない気がするので、
色んな手を使って白濁りの除去を試みますが、
こうすれば絶対取れるという方法を見つけられてはいません。

因みに立ち上げた最初から白濁りが取れないという話ではなく、
一度は立ち上がった水槽が水温低くなって濾過槽掃除したらという、
そういうケースの話なので・・・。
まぁ、普通の人はそんなときに濾過槽掃除するからだというでしょうが(笑)。

まぁ、色々やっているうちにいつの間にか
何とかなるのが何時もの事ですが。
そんなケースも有るって話でした。

結論は無いのかといわれそうですが、
解決方法はまだ見つけられていません。
が、結論です(笑)。





目に付いた物を撮ってみた。
菊。
P_8480_20191203132718196.jpg P_8482.jpg



提灯花。
P_8483_20191203132720d12.jpg P_8486.jpg



名前忘れた。
P_8487_20191203132723bc1.jpg P_8489.jpg



南天の実。
P_8491.jpg P_8493_20191203132728aef.jpg



パンジー。
P_8496_201912031327292fe.jpg



花。
P_8526_20191203132731653.jpg P_8527.jpg P_8531_2019120313273461c.jpg

やってみて分かった事・やってみなければ分からない事

2019/11/28 Thu

今日は雨降り。
昨夜からずっと降ってます。
今夜には雪になるとか・・・。
降って欲しくないところなのですが。





今日は自分の忘備録です。
一般の方には読んでもらっても面白くないかも・・・。
それでも良ければ。

今年というか、去年の当才の上がりがとっても良かった。
それは何度も書いた。
ただ、サイズがとっても小さかったのですけど(笑)。
それのおかげってこともあって、
去年は当才を本当にたくさん残しました。
数入れすぎたので越冬中に落とすかもしれないと心配しましたが、
そんなことも無く無事越冬できた。

例年なら春の選別である程度数を絞って野池に放すのですが、
今年は出来るだけ立ててみようと思ったわけです。
なので本当にダメそうなのだけをハネて後は野池に放した。

で、やってみて分かった事のひとつ目。
二才でそんなに大きくしなくても良いというつもりなら、
ある程度の数入れても何とかなる(笑)。
実際、きつめに入れたなと思う池と、
最期は若干余裕が出てしまったなと思う池でも、
秋上がりのサイズの差はそんなにない。
まぁ、池の中で食うやつと食い負ける奴の
差が出るのはどの池でも同じ。
ただ、大きい池ほど食うやつのサイズが大きくなって上がってくる。

これはやってみようと思ったきっかけなのですが、
毎年良くなるはずだと思って立てても
期待通りにならないやつはいる。
逆に大して期待していなくても、
秋上げてみるとこんなの何処に居たっけというくらい、
良くなって上がって来る奴もいたりします。

なので出来るだけ立てて様子を見ようと思ったわけです。
で、予想通りというか、過去の例通り、
良くなると思って立てても期待に沿わないものは
一定数出てきます。
逆も然りです。

で、分かったことその二、
数立てれば必然的に良いやつも数上がってくるということ。
まぁ、前提として良いやつ立てなければ、
という問題はありますが・・・。
当たり前のように感じられるかもしれませんが、
これって意外と難しいのです。
何故かというと、
良いと思ったものだけ残しても
思う様にはならいってことだから・・・・。
当然ながら確率は全然違います。
期待した方が8割だとすれば、
期待しない方は2・3割程度だったりしますから。

ただ、期待してなかった奴の方が以外とデカくなっていて
これなら4・5才にしたときに面白くなるのではって
個体が居たりするわけですよ。

デカくなれるのも一つの素質なので
三才以上に立てようとするときは重要なのです。
まぁ、上見が一番大事ですが(笑)。



結果的に今年は秋に二才がとっても沢山上がりました。
その中から来年用の立てを選べたので、
二才の水槽はとっても綺麗です。
まぁ、毎年の事で欲張ってたくさん残したので、
激混みしていますが・・・。





で、やってみなければ分からない事というか、
考えも無しに浅はかなことをすると
大変な目に遭うという典型というか・・・(笑)。
いっぱい上がってきた二才。
自分で建てられる数には限界があります。
当然立てられないやつはなんだかの形で
処分しなければいけません。
処分といっても生きものですし殺すわけではない。
無料で配ればもらってくれる方はいると思いますが、
夏場にかけた餌代だけでも回収したいと思うのは人情。
ただ、当才だったら一人で10匹買ってもらえるとしたら、
二才だと2・3匹って感じになる。
お安くしますよってお勧めしては見ますが、
皆さん言われるのがそんなに買って帰っても
入れる場所が無い。

そんなわけで直売を二回もやらせてもらい・・・。
色んな方に引き取ってもらいました。
おかげで何とか雪が降る前に片づけることができました。

二才の処分にこんな苦労するとは思ってなかったという話です(笑)。
それでもやっぱり、
去年位当才を立てた翌年は同じことするでしょうけど。
それ程今年の二才は奇麗です。

来年はって話ですが・・・。
今年は去年ほど当才居ないのでその心配はないかな(笑)。

結論。
綺麗な二才を上げたければ
綺麗な当才を沢山立てないといけないって話でした(笑)。





文章とは関係なく、
当才水槽です。
C_0519.jpg C_0536.jpg



C_0539.jpg C_0533.jpg



C_0523.jpg C_0525.jpg C_0527.jpg



C_0548.jpg C_0552.jpg C_0553.jpg
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR