こんなのもいる

2017/04/07 Fri

今日は雨のち曇り。
朝起きる前はザーザー降り。
雨が屋根をたたく音が煩いほど。
雨降りですが、気温は高め。
今週は暖かい日が続いたので、
相当雪溶けが進みました。

昨日は今シーズン初の、
燕とカエルを見た。
だんだん春を感じられるようになってきた。
そういえば昨日16度と書いた我が家の水槽。
今朝見たら1度くらい上がっていた。
15度超えると動きが全然違ってきます。





今日はこいつ。
4才の多分雄。
72_2058.jpg 72_0693.jpg 72_9714.jpg





72_2021.jpg 72_2535.jpg 72_0962.jpg





72_9795.jpg 72_2054.jpg 72_8372.jpg

片側の鰓蓋がちょっとおかしいけどそれはご愛嬌。

昨日みたいな感じも好きですが、
こんな正統派はもっと好き(笑)。

親にこんな感じの柄付を使っているので、
似たような感じの物は結構います。
まぁね選別するのも自分ですから、
当然同じようなものを残しますし(笑)。

銀が咬むと肌は銀色に緋は金色に光りますが、
泳ぎながら体をくねらせるとそれが光る。
結構見ごたえあります(笑)。
スポンサーサイト

今日の赤は良いよ

2017/03/17 Fri

今日は雨のち曇り。
朝は雨降ってましたが、
お昼前には上がって、そこから曇り。
昨夜は少しだけ雪。
道路には積もらないけど、
積もっている雪の上や木は真っ白になる程度。
青空駐車の軽トラの上だと3センチくらい。

日中の熱を溜めた道路に積もらないくらいになってくると、
春の雪だなって感じる。
そう家は今日からお彼岸。
暑さ寒さも彼岸までの言葉通りでしょうか。
もう一度くらいは積もるのか・・・。





今日はこいつ。
7_7694.jpg

以前緋色に付いて書いた時ちょっとだけ出した。
柄的にはちょっと残念なやつ。
背中を巻いている緋が今の倍の幅有って、
この緋質なら言う事なし。
背中の緋は腹まで巻き下がっているし、
鉢の緋もデカすぎず小さすぎずというところ。
まぁ、尾筒の緋ももう少し大きくてもいいけど。
何時もの様に欲を言えばキリがない。

それでもこの三段はなかなか出ません・・・。
加えてこの緋なので、
物としては中々良い個体かと。





72_5391.jpg 72_9936.jpg 72_0544.jpg 





72_5995.jpg 7_7695.jpg 72_1991.jpg 





72_5390.jpg 72_0542.jpg 7_7697.jpg

よく確認していませんが、
多分雄。
雌なら尚良いですが、そうはならないでしょう(笑)。
いずれにしても今年の親には使います。

スッキリさば尾

2017/03/08 Wed

今日も雪。
雪、昨日から降り続いてます。
相変わらず止み間なく、
しかも時折猛烈に強く降ってくるし・・・。

おかげで今朝は久しぶりの早朝除雪。
何時以来か覚えてないけど二週間ぶりくらいかな。
毎朝やっていても
寒い中起き抜けの除雪は苦痛ですが、
久しぶりに起きるとその面倒なこと(笑)。
まぁ、除雪しないと出勤できないので嫌でもしますが。
この調子手だと明日の朝も確定っぽいです。

除雪しなくても起きる時間は同じなので、
だんだん日の出が早くなってきているのは感じているのですが・・・。
面倒だと思いながらも除雪の為に外に出ると、
前回の早朝除雪時に比べて
あまりに外が明るくなっているのに、驚く。
三月になって雪は降っていますが、
そんなところからも春が近いことを感じます。





外の様子は昨日と同じなので
写真撮ったけど代り映えしなさ過ぎてパス(笑)。
金魚も昨日に引き続き、
赤目の坊主その二とかやろうと思いましたが、
それも芸がないので先に回します。
といっても別段特別な魚要るわけではありませんが、
今日はこいつです。

72_9777.jpg

スッキリとはしていますが、
アッサリなわけじゃない。
この辺大事。
別にアッサリが良くないということではなく。
今日の魚の特徴という意味で。





72_6395.jpg 72_2690.jpg 72_0987.jpg





72_1451.jpg 72_8621.jpg 72_1935.jpg





72_1948.jpg 72_2502.jpg 72_0446.jpg

難点を上げれば色々ありますが・・・。
それを補うだけの魅力もまたある魚です。

こんな感じなので後は魅せる迫力が欲しい所かな。

半年の変化と変な覆鱗

2017/01/20 Fri

今日は晴れのち曇り。
午前中は晴れてましたがお昼前から曇りに。
夜には雪になると言っている。
この時期降るのは当然というか仕方ないというか・・・。
ここまで大して積もらなかったことを思えば、
今シーズンこれから大雪になることもないでしょう。
多分・・・。

しかし、自分が越冬イケスに金魚残さないと、
雪が降らないのはなぜでしょうか(笑)。
今シーズンは不可抗力で少ししますが、
良いやつや二才は残していないわけで・・・。
これで降らないからと来シーズンねイケスで越冬させると、
また大雪振るのでしょうけど。
いっそ、野池で越冬させてみようかとも思って見たりして。





今朝の何時もの山とブナの林。
C_5362.jpg C_5356.jpg

先週の月曜日はほぼ無かったことを思えば、
まぁ、冬らしい景色になった、かな。





雪の様子。
C_5370.jpg C_5371.jpg

今で130~40センチくらい。
もう少し積もったのですが最近の晴れで減った。
カーブミラーのところの雪が崩れているのは、
ここに上って三脚立てて写真撮ってた人がいたので。





柵池。
C_5375.jpg

自分もそこを利用させてもらって、撮ってみた。
真っ白でどこが何だかわからないとは思いますが・・・。





今日の金魚。
昨シーズンの越冬水槽で。
5-0736.jpg 7-1151.jpg 7Ⅱ-7263





変な覆鱗のあったやつら。
7-8885.jpg 7-8963.jpg

今日の魚に関係ないけど、これも昨シーズン。
緋とは別の覆鱗が見えるかと。
ただ、二匹とも秋は上がってきませんでしたが・・・。
特に右のはどんなになるか見たかったので、
残念でしたけど・・・仕方ない。





で、今。
72_46859964.jpg 72_46859969.jpg 72_5405.jpg

72_5408.jpg 72_46859968.jpg 72_46859962.jpg

半年で随分体型が変わっているのが分かるかと。
サイズ的にはそんなにデカいやつではありませんが、
それでも二回りはサイズアップしてます。
形もほぼ崩れずに体型だけデカくなっている。
ってことはバランスよくサイズアップしているってことで。

で、面白いのが肌。
そんなつもりで見ると昨シーズンもすでに
チョット鱗の内側というかに変化がみられるような・・・。
それが今シーズンは顕在化してきたというか、
よくわかるようになってきたような・・・。
これがどんな風になっていくのかは分かりませんが、
もっとはっきり出てくれば面白いかと。

こんなふうに面白い覆鱗を持つ魚が毎シーズン、
一匹位づつ出てくる。
個人的には今日のは変に変わるよりも、
我が家系統の真っ白な肌の方が映えると思うのですけど。

こんなのもいる

2016/02/28 Sun

今は曇り。
夕べは雨が降ったらしく道路は濡れてる。
予報だと夜は雪のはずだったので、
それほど気温が下がらず雨だったのかと・・・。
雨で雪が解けて家の周りに無い。
することないです(笑)。
おかげで、太ります。




今日はお気に入りを一匹紹介。
カテゴリでは四才ですが年明けているので実際は5才。
まずは魚。
7-8360.jpg 7-9370.jpg 7-0260.jpg





7-0292.jpg 7-0358_20160226141247cd8.jpg 7-9376.jpg





7Ⅱ-7271 7-9549_20160226141446dc8.jpg 7-0294.jpg





7-0263.jpg 7-9463.jpg 7-0256.jpg

頭周りの模様が特徴的なやつ。
本当はもっと大きくなるかと期待したのですが、
胴やら雄のようです。
それはそれで子取りに使えるので歓迎なのですけど・・・。
そうはいってもやっばりこの形ならデカくしてみたいわけで。
いつも書きますが、
思ったようにはいかないもので・・・。





最後はおまけ。
7-0142.jpg
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR