久しぶりの動画、給仕の様子

2017/09/14 Thu

今日は雨のち曇り。

週頭の天気予報だと昨日から晴れが続いて、
土日月の連休まで晴れる予定だった。
自分的には水木金土と、田んぼを乾かせば
日月で一回目の稲刈りする予定だった。
のですが、中国大陸に向かう予定だった台風18号は
何時の間にか反転して日本縦断の予定らしく・・・。
しかも日月あたりが当地的には一番やばい。
困ってます(笑)。
降る予定もなかったのに昨日も降ったし。
昨夜から今朝にかけても結構な雨。
稲刈りどうなりますことやら・・・。
もうほとんど他人事です(笑)。





今朝の朝靄スポット。
C_3363.jpg C_3365.jpg

今朝も霧でした(笑)。
昨日、誰かが草刈りしてくれた。
カメラマンさんが並ぶとこだけ刈って有ったけど、
ボランティアでやってくれたものと思われる。
頭が下がります。





今年は動画をブログに取り入れて行こうと、
冬に一二回動画を張り付けたことはありましたが、
すっかり忘れてました(笑)。

ネタが無いので、
そういえばって思いだして、
餌くれの様子を撮ってきた。
今日はそれだけ。
先ずは親池。






三才池を二つ。





今日は以上で。
スポンサーサイト

人それぞれ

2017/09/11 Mon

今日は曇り。
予報だとこの後夕方頃に雨降るかもとのこと・・・。
しかも明日は終日雨降りの予報。
雨ばかりの天気、勘弁してほしいところです・・・。





タイトル行く前に夕方の写真。
C_3195.jpg C_3222.jpg

左は朝靄やスポット、右は棚池。





先日ブログリンクしている、玉人さんのところに遊びに行ってきた。
春に金魚屋開業したと一度書かせてもらった方。
今年の当才をどんな金魚に育てているか興味があったので、見学に。
本当はもっと早くに行きたかったのですが
自分の選別やら草刈りやら草刈りやら草刈りが忙しくて
中々時間取れなくてこの時期になってしまった。
まぁ、結果的にはこの時期で良かったかなって思いました。

当才を見せてもらってきましたが、
まぁ、みんな大きくなって、体型も良い事。
野池で飼えば全部を同じ大きさでは絶対揃えられない。
やっぱりハウス飼育は違うなって感じました。
興味がある方はリンク先に行って見てください。

同好の士なので取り留めも無く色んな話してきましたが、
色んな興味ある話しできて楽しかったです。
で、そこで出た話。
金魚のピークを何時に持ってくるかって事。
飼い主それぞれが色んな考え方をするので、
何時がベストなんて答えが有るわけでないですが・・・。
当才時で転覆するほど太らせるのはどうなのですかねぇ、
なんて話をしてきました。

自分的には親になった時が一番で、
それを長く続けられるのが良いと思ってますが・・・。
その前に三才時で一度確認の意味も込めて
最初の仕上げかなって思います。

ここでも何度も書きますが、
個体の個性がきちんと見えてくるのが三才時だから。
それでも五才位でガラッと変わるのもいますが。
今年も、親池ではへぇー、こう来たかって個体やっぱりいます。
まあ、それが楽しいのですけどね(笑)。

相変わらず遊びに行った先の写真がありませんが。





何にも写真無いのもさみしいので、
我が家の三才池。
P_4577.jpg P_4583.jpg P_4585.jpg

最近やっと少しは見れるくらいに浮くようになった三才。
といってもゆっくり浮いてくれないのは変わりませんが・・・。
凄く良い色になっている。
ただ、サイズの個体差が半端なくありますが・・・。
多分、良い秋あがりしてくれると思います。





親池。
P_4569.jpg P_4573.jpg P_4574.jpg

上でも書きましたが、
こんな風になるだろうなって予想するのですが、
良い意味で裏切ってくれる個体が今年は結構いる。

緋も真っ赤っかですし(笑)。
こちらも期待できそうです。

緋色

2017/09/07 Thu

今日は雨降り。
雨が降ったり止んだりを繰り返してます。
時折強く降ってくるし。

稲刈りも有るし、
金魚の最後の追い込みもしたい。
晴れて気温が上がる日が続いてくれると良いのですが・・・。
天気ばかりは思ったようにいきません。





何時もの様に朝靄スポットの写真から。
火曜日。
C_2908.jpg C_2916.jpg C_2932.jpg

こちらは今朝。
C_2998.jpg C_3001.jpg

今朝は靄じゃなくて霧です。





タイトルの金魚の色の話。

最初は黒かった当才も剥けて赤や白に色づいて来たら選別。
それを何度も繰り返して柄付だけに絞ってきた。
以前書いたように今年の選別しもうしないつもり。
後は毎日餌やってデカくなってくれるのを祈るのみ。
なのですが、上で書いたように天気が続かない。
しかも今年は例年に比べて朝晩の気温が低い。
何時もの年の様に食わせこめないかも・・・。

ただ、気温が下がって水温も下がって、
ついでに朝晩と日中の寒暖差がついてくると、
当才たちの緋色が上がってきます。
少し前はオレンジ色に近かったものが、
緋色と呼べる色に変わってきた。

ただ、本命の当才池は浮餌はやってないので、浮かない。
写真撮れないので、やたらたちです。

二・三才池。
P_4430.jpg P_4436.jpg

二才池。
P_4443.jpg P_4450.jpg P_4453.jpg

赤と白ばっかりというのはご愛嬌。
選別してないので。
それでも両池とも本命池の当才よりもデカいかも。

下の二才池の写真は二才も写っているものを選びましたが、
当才以上に二才は色揚ってきてます。





で、親はどうかというと、
当才や二才以上に真っ赤になってきてますよ。
C_2940.jpg C_3033.jpg C_3037.jpg

ただ、一度にみんなでわっと浮いてくれないので、
写真が地味ですが・・・。
それでも色の赤さは分かってもらえるかと。

因みにこいつらよりももっとゆっくり浮いてくれない三才。
写真撮れないのですが、色は親同様良い感じです。
柄がどうなっているかは全然分かりませんけどね(笑)。





蜘蛛。
C_3039.jpg

親池の餌くれする近くに巣を張っている。
特に何食べているって様子でもありませんが、
見るたびにデカくなっている気がする。





ショウリョウバッタ。
P_4475.jpg





色づき始めた山ウドの実。
P_4467.jpg

やっと剥けてきた

2017/06/30 Fri

今日は雨のち曇り。
朝は降ってましたが午前中に止んで、
そこからは曇ったまま。
気温も高めで湿度も高く、
じっとししていても汗が出る。

予報だと今日から週末はずっと雨。
除草剤散布したいので、
雨降らないで欲しいのですが・・・。
何時ものことながら、
天気ばかりは仕方ありません。





タイトル行く前に何時もの朝靄スポット。
の、朝焼け。
C_0434.jpg C_0436.jpg 

たまには靄の無い棚田の風景。
因みにこれは昨日。
今朝は相変わらず霧でした。





で、タイトルなのですが、
今年の当才、一向に剥けてこない。
去年のブログを確認すると7月の一週目の週末に
一度目の選別している。
餌撒いて浮いてきた当才の様子を見て、
赤白が見え始めたら選別なのですが・・・。

まぁ、例年だと子取りした当才の前に、
やたらの当才が先に剥けて来る。
子取りに使う予定の親たちよりも、
使わないものは先に野池に放す。
当然やたらするのも、子取りの親たちより早い。
6月の中旬位になると、
親に撒いた餌に当才も反応するようになってくる。
そいつらの中に徐々に剥けて来る奴らが出始める。
そうこうしていると、子取りした当才たちも剥けて来る奴が
チラホラと見えてくるようになる、のですが・・・。

今年は全然剥けたやつらが見えてこない。
やたらしたものも仔取りした分も・・・。
やたらの仔は数の違いはあれど、
大体どの池にもいる。
まぁ、やたらに餌やっている池と
やっていない池の違いはあるけど・・・。
不思議と餌やっていなくても、
それなりに同じような大きさになっているから
餌やっているのってどれだけ効果あるのって
疑問に思いはするのですが・・・。

そんな中、やっと剥けてきた奴見つけました。
写真中央。
P_2530.jpg

粉餌撒いた後なので水面は餌だらけですが、
オレンジ色の奴が見えるかと。
しかもやたらじゃなくて、子取りした野池。





他はこんな感じ。
P_2534.jpg

粉餌食いに浮いてきているのですが、
分かるでしょうか。
水と同じ色してるので、
見分けがつきづらいですが。

まぁ、むけてきた奴が出始めれば、
徐々に剥けて来るとは思いますが・・・。
ただ、来週末に選別はできないだろうとは思いますが。





ここからは何時もの様に写真。
モリアオガエルの卵塊。
P_2501.jpg

集水桝の壁の苔の隙間に産み付けられてた。
しかも二つ。
良い所見つけたと思います。
ここならカラスにもやられないでしょうし。





山アジサイ。
C_0399.jpg

C_0405.jpg C_0415.jpg C_0423.jpg

C_0438.jpg C_0446.jpg C_0451.jpg

同じ種類なのかべつなのか定かではありませんが、
咲いている場所ごとに微妙にみんな色が違う。





タチアオイと、そこにいたコガネムシ。
C_0479.jpg C_0496.jpg C_0482.jpg

C_0489.jpg C_0492.jpg





最後は花。
C_0426.jpg P_2521.jpg

左はつゆ草。
右は不明です。
今日はこんな感じで。

給餌の様子

2017/06/23 Fri

今日は晴れ。
朝から快晴です。
梅雨時なのにそれほど湿度も無く、
風も少しは吹いているので、気持ちよい。
当地も前回の雨で梅雨に入りましたが、
予報では暫くは降りそうもない・・・。

野池の水は徐々に減ってきてます。
7月中旬位になれば減った分の水も共に戻るでしょうか。





今日はタイトル通り食事の様子。
と言っても何時も載せる食事の様子と変わりませんが。

まずは当才から。
P_2244.jpg P_2247.jpg

ここだけは餌撒く前の様子。
粉餌撒いた後だと当才は映らないので(笑)。

まだ、メダカサイズにはならないかな。
早く選別したいところですが、もうしばらく先です。





二才。
P_2250.jpg P_2251.jpg P_2255.jpg

ここは一日一度しか餌やってませんが、
それでもそれなりにサイズアップはしている、かな。





三才。
P_2276.jpg P_2277.jpg P_2279.jpg

鷺が付いたわけでも無いのに、
ゆっくり浮いて食うことをしない。
なので見る方もどれがどうなっているのか、
今一確認できずにいます(笑)。
しかも、期待ほどサイズアップしていないし。
まぁ、7月からが勝負ってことにしておきます・・・。





親。
P_2261.jpg P_2267.jpg P_2270.jpg

P_2273.jpg P_2274.jpg

こいつらはゆっくり浮いてくれるし、
浮もやればやっただけ食ってくれるので、
見ていても飽きません。

去年もこの時期書いてた気がしますが、
デカい金魚を楽しみたいなら4才以上だなって思う。
三才までで体型の基本は決まる。
ただ、そこから先の体形の変化が堪らなく面白い。
三才までは玉さばはこんな感じ、
さば尾はこんな感じって同じようにサイズアップしてくる。
なんていうか、ある程度基本というか、
全長と体高と丸さが決まってからの
更なる成長は各個体ごとに違う、
そこが面白いわけで。

こちらの思惑通りに成長して来る奴もいれば、
期待を思いっきり裏切る奴もいるし・・・。
中にこちらの予想しなかった成長の仕方をする奴がいたりして、
毎年ですが、
飼ってみないと分からないと思う。

なので、やっぱりデカくしたいわけで(笑)。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR