やっと剥けてきた

2017/06/30 Fri

今日は雨のち曇り。
朝は降ってましたが午前中に止んで、
そこからは曇ったまま。
気温も高めで湿度も高く、
じっとししていても汗が出る。

予報だと今日から週末はずっと雨。
除草剤散布したいので、
雨降らないで欲しいのですが・・・。
何時ものことながら、
天気ばかりは仕方ありません。





タイトル行く前に何時もの朝靄スポット。
の、朝焼け。
C_0434.jpg C_0436.jpg 

たまには靄の無い棚田の風景。
因みにこれは昨日。
今朝は相変わらず霧でした。





で、タイトルなのですが、
今年の当才、一向に剥けてこない。
去年のブログを確認すると7月の一週目の週末に
一度目の選別している。
餌撒いて浮いてきた当才の様子を見て、
赤白が見え始めたら選別なのですが・・・。

まぁ、例年だと子取りした当才の前に、
やたらの当才が先に剥けて来る。
子取りに使う予定の親たちよりも、
使わないものは先に野池に放す。
当然やたらするのも、子取りの親たちより早い。
6月の中旬位になると、
親に撒いた餌に当才も反応するようになってくる。
そいつらの中に徐々に剥けて来る奴らが出始める。
そうこうしていると、子取りした当才たちも剥けて来る奴が
チラホラと見えてくるようになる、のですが・・・。

今年は全然剥けたやつらが見えてこない。
やたらしたものも仔取りした分も・・・。
やたらの仔は数の違いはあれど、
大体どの池にもいる。
まぁ、やたらに餌やっている池と
やっていない池の違いはあるけど・・・。
不思議と餌やっていなくても、
それなりに同じような大きさになっているから
餌やっているのってどれだけ効果あるのって
疑問に思いはするのですが・・・。

そんな中、やっと剥けてきた奴見つけました。
写真中央。
P_2530.jpg

粉餌撒いた後なので水面は餌だらけですが、
オレンジ色の奴が見えるかと。
しかもやたらじゃなくて、子取りした野池。





他はこんな感じ。
P_2534.jpg

粉餌食いに浮いてきているのですが、
分かるでしょうか。
水と同じ色してるので、
見分けがつきづらいですが。

まぁ、むけてきた奴が出始めれば、
徐々に剥けて来るとは思いますが・・・。
ただ、来週末に選別はできないだろうとは思いますが。





ここからは何時もの様に写真。
モリアオガエルの卵塊。
P_2501.jpg

集水桝の壁の苔の隙間に産み付けられてた。
しかも二つ。
良い所見つけたと思います。
ここならカラスにもやられないでしょうし。





山アジサイ。
C_0399.jpg

C_0405.jpg C_0415.jpg C_0423.jpg

C_0438.jpg C_0446.jpg C_0451.jpg

同じ種類なのかべつなのか定かではありませんが、
咲いている場所ごとに微妙にみんな色が違う。





タチアオイと、そこにいたコガネムシ。
C_0479.jpg C_0496.jpg C_0482.jpg

C_0489.jpg C_0492.jpg





最後は花。
C_0426.jpg P_2521.jpg

左はつゆ草。
右は不明です。
今日はこんな感じで。
スポンサーサイト

給餌の様子

2017/06/23 Fri

今日は晴れ。
朝から快晴です。
梅雨時なのにそれほど湿度も無く、
風も少しは吹いているので、気持ちよい。
当地も前回の雨で梅雨に入りましたが、
予報では暫くは降りそうもない・・・。

野池の水は徐々に減ってきてます。
7月中旬位になれば減った分の水も共に戻るでしょうか。





今日はタイトル通り食事の様子。
と言っても何時も載せる食事の様子と変わりませんが。

まずは当才から。
P_2244.jpg P_2247.jpg

ここだけは餌撒く前の様子。
粉餌撒いた後だと当才は映らないので(笑)。

まだ、メダカサイズにはならないかな。
早く選別したいところですが、もうしばらく先です。





二才。
P_2250.jpg P_2251.jpg P_2255.jpg

ここは一日一度しか餌やってませんが、
それでもそれなりにサイズアップはしている、かな。





三才。
P_2276.jpg P_2277.jpg P_2279.jpg

鷺が付いたわけでも無いのに、
ゆっくり浮いて食うことをしない。
なので見る方もどれがどうなっているのか、
今一確認できずにいます(笑)。
しかも、期待ほどサイズアップしていないし。
まぁ、7月からが勝負ってことにしておきます・・・。





親。
P_2261.jpg P_2267.jpg P_2270.jpg

P_2273.jpg P_2274.jpg

こいつらはゆっくり浮いてくれるし、
浮もやればやっただけ食ってくれるので、
見ていても飽きません。

去年もこの時期書いてた気がしますが、
デカい金魚を楽しみたいなら4才以上だなって思う。
三才までで体型の基本は決まる。
ただ、そこから先の体形の変化が堪らなく面白い。
三才までは玉さばはこんな感じ、
さば尾はこんな感じって同じようにサイズアップしてくる。
なんていうか、ある程度基本というか、
全長と体高と丸さが決まってからの
更なる成長は各個体ごとに違う、
そこが面白いわけで。

こちらの思惑通りに成長して来る奴もいれば、
期待を思いっきり裏切る奴もいるし・・・。
中にこちらの予想しなかった成長の仕方をする奴がいたりして、
毎年ですが、
飼ってみないと分からないと思う。

なので、やっぱりデカくしたいわけで(笑)。

春の餌で今年を読む

2017/06/09 Fri

今日は晴れ。
朝から快晴です。
今日は気温も上がってこの時期らしい陽気。
気持ち良い感じです。
ですが、予報だと明日はまた雨らしい。
まぁ、明日の雨からしばらくは雨マーク有りませんが。





まずは今朝の朝靄スポット。
C_7427.jpg C_7437.jpg

今朝は靄じゃなくて霧。
着いた直後は左で、太陽が雲に隠れていたのですが、
写真撮っていると雲から太陽が出てきた。
それが右。





いつもの山。
P_1403.jpg P_1483.jpg P_1503.jpg P_1564.jpg

霧が晴れていく様子。





ついでに空。
C_7457.jpg

良い感じの青だったので。





で、タイトルです。
春先なので餌なんて大してあげません。
この時期に無理しても良い事なんて大してないので。
ただ、金魚飼育を繰り返すうちに思うことも有り・・・。
(その思うことを文章にまとめるととっても長くなるので、
それはまた別な機会にするとして。)
野池に放して2週間くらいしたら、
餌を覚えさせるために浮餌を。
後は様子見て沈みをその時の気温や様子で適量与えます。
因みに今年は6月の声聞いてから沈みやり始めた。
沈みをやり始めたら、調子落とさない限りは、
秋の餌切りするまで、毎朝の餌くれは続きます(笑)。

前置きが長くなりました。
大した量の餌はやらないので腹減るらしく、
池の底や土手を突いて何かを食べているらしい・・・。
らしいというのは池の水が濁るので、
突いているのは分かるけど、
本当に腹の足しになる何かがあるのか
否かが分からないということ。

ただ、それでも春先のこの時期は体形が一気に変わる。
多分冬の間食えなかった餌が少量とは言え、
定期的にもらえることで、
何かのスイッチが入るものと思われる。
(この辺は全くの憶測ですが・・・)

野池に放す前にこんなふうに変わると良いなとか、
化けると面白いだろうとか思いながら放すわけですが・・・。
個体によって今年はどんな風にあるいはどこが伸びていくのか、
そんなのが垣間見え始めるのが今の時期。
ただし、それが見えるのはある程度成長した個体の話。
二才や三才なんてまだ海の物とも山の物とも分かりません。

で、今日はそんな写真です。

親行く前に明け二才から。
P_1413.jpg P_1416.jpg P_1418.jpg

こいつらもかなり成長してる。
野池放す前の1.5倍は大げさでも、
まぁ、そんな感じ。
ただ、丸いものは丸く大きく、
長いものはそのままサイズアップて感じ。





明け三才。
P_1490.jpg P_1491.jpg P_1496.jpg

こいつらもサイズアップはしてますが、何しろゆっくり浮かない。
個体ごとの様子をゆっくり観察なんて無理です。
こいつらあたりは、お盆明け位になると、
今年の秋にどんな上がりして来そうか見えてくるようになります。





で、親たちの給仕風景。
P_1444.jpg P_1445.jpg

P_1446.jpg P_1447.jpg

数も入っていないので、一匹をゆっくり見れる。
以前も書きましたが、ここは見ていて飽きません。





丸くなってきた。
P_1451.jpg P_1453.jpg

中央の背割れの個体。
水槽にいるときは玉さばとさば尾の中間のような体系。
飼い込めば真丸になるはずって思って立てている。
予定通り、水槽いた時より、随分丸くなってきた。
後は体高が欲しいです(笑)。





予定と違う。
P_1457.jpg

もっと体高出てくれないかと期待していたのですが・・・。
全体的に伸びてきて迫力は増してますが、
期待の体高は・・・、って感じ。





出来過ぎ。
P_1459.jpg

丸くなって体高出たら面白い個体になるって思っているのですが、
今の時期から丸くなり過ぎって程丸くなってきた。
この調子だと夏を乗り切れない恐れがあるのですが・・・。





変化のない子。
P_1461.jpg

同じ池にいて同じように食っていても、
明け三の個体だと、著しい伸びが無い。
ただ、全体的に大きくなってはいますが。

そんなこと思い名がら餌やっているので
時間いくらあっても飽きないのです(笑)。

分からない

2017/05/02 Tue

今日は晴れ。
朝から快晴です。
が、朝は冷え込みました。
日中も日差しのわりに気温は上がらないような・・・。
予報だと明日から暑くなるとか。

明日からは頑張って糸張りしますよ(笑)。
で、糸張ったら野池に放してしまいましょう。
今年の春は色々有って困ってます。
まぁ、書けませんが。
また、野池に放す前にの様子は紹介できるかと。





今日は短めです。
タイトル通りなのですが、
まずは写真を。
72_2364.jpg 72_5599.jpg

頭の鉢のところに白いポツポツがあるのが見えるかと。
これが何か分からないのですよ(笑)。

これだけ見ると白点病の様にも
白雲病のようにも見えますが・・・。
ネットで検索するとツリガネムシ当地だとイカリでも、
同じような症状になるって紹介しているところも有りますが、
頭にイカリついた金魚あんまり見たことないですけど。

まぁ、上のいずれでもないことは確か。
痒がったりはしませんし、
同じ水槽にいる他の個体に写ることもない。
そもそも、今に始まったことで無く、
何年も前から同じようになる個体はいるのです。
少なくともこのせいで落ちたと思われる個体はいないし。

で、全部の個体が同じようになるかと言えばそんなことは無く。
こんな感じに成る個体は一部。
我が家にくる色んな人に聞いてみましたが、
皆さんのところでも同じようになる個体はいるとのことですが、
何故なのか、何でなるのかについて、
これが理由ですよって
明確な答えを持っている方にお会いしたことまだありません。

この白点、当才時で持っている個体はまずいない。
二才でも多分同様。
三~四才くらいの個体だとたまにいる。
年取っている個体の方が多いかな。
かといって年取ったら全部がなるわけではないですし・・・。

そんなわけで、
来た方と話題にすることはあっても、
最近は何故って真剣に調べるのを止めてる。
一時は何でってネット等で調べた。
ランチュウ系の頭が上がる個体だとその前触れで
こんな風になるっていうのを読んで、
こいつら頭が上がるのって思って見てたけど、
上がってくるわけではなく・・・。

ということで、
ここに書いたら誰か教えてくれないかと思ったわけで。
他力本願です(笑)。
でも本気で分かる人いたら教えてください。
宜しくお願いします。

短くする予定だったのですが、
結局それなりに書いてますねぇ(笑)。





最後はお気に入り。
72_1279.jpg 72_0707.jpg 72_8405.jpg





72_6314.jpg 72_8256.jpg 72_8363.jpg

こいつの頭には無いでしょ。
ではまた。

水が良い感じ

2017/03/22 Wed

今日は曇り時々晴れ。
薄日が差し気温も上がって良い感じです。





土曜日に水替えと濾過槽掃除をした車庫の水槽。
濾過槽掃除をした直後は環境の急激な変化のせいで、
濾過能力も一時的に激減しますが、
数時間もすればそこから劇的に濾過能力が回復する。
さらに一晩か二晩経過すると水は驚くほど出来上がる。
以前、冬場の越冬飼育は金魚飼うというより、
水を飼っていると言った方が適切といったことありますが、
こんな時にそれを痛感します。
取りあえず今は絶好調です(笑)。

親水槽。
C_5830.jpg C_5836.jpg





三才水槽。
C_5842.jpg C_5845.jpg





二才水槽。
C_5846.jpg C_5849.jpg

エアー吹かしたままなので見ずらいですが。
雰囲気ということで・・・(笑)。

これだけだと寂しいので、お気に入りを。





今シーズンもう出してますが。
好きなものは何度でもってことで。
72_5590.jpg 72_5686.jpg 7_8409.jpg





7_8337.jpg 72_2069.jpg 72_2072.jpg





72_8463.jpg 7_8409_201703221421335a6.jpg 72_5585.jpg





7_8448.jpg 7_8452.jpg 7_8456.jpg





72_9773.jpg 72_9812.jpg 72_9819.jpg

今日は以上で。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR