FC2ブログ

給仕の様子と今の餌

2019/07/25 Thu

今日も晴れ。
暑いです(笑)。
暫らくは雨期待できそうにありません。





朝靄スポット。
C_9435.jpg C_9437.jpg

梅雨明けたと思ったら早速太陽が・・・。
ただ、今朝はそんなに蒸し暑くはなかった。
まぁ、動けば汗は出ますが。




今日は金魚の様子。
何もなければ集まってくれないので、
何時もの様に餌の時間です。
今朝の物も有れば暫く前の物もありです。

先ずは二才池、その一。
P_5525.jpg P_5529_20190725134702cb0.jpg P_5534.jpg

ここは順調にデカくなっていますが、
やたらもデカくなってきました。
他の池は例年に比べれば少ないやたらですが、
ここだけは例年並みかそれ以上にいます(笑)。

昨日の最後に毛仔の写真載せましたが、
やたらがいればこの時期毛仔なんていない。
このサイズになれば卵か孵化直後に食います。





餌。
C_9441.jpg C_9446.jpg

C_9442.jpg C_9444.jpg

以前載せた時とそんなに変わらない、かと。
上が浮餌の4・6号。
4号が二才用、6号は三才と親用。
下は沈みと当才用。
沈みがメインの餌で二才以上は共通。
高蛋白を二種類と色揚げを混ぜて。
当才用はマッシュにさなぎの粉混ぜてます。





当地ではこの木をセンダラと呼びます。
P_5535_20190725134705528.jpg

調べてもこの名前ではヒットしませんので、
独特の呼び名なのだと思いますが・・・。

夕方餌くれに行くとどこからとなく羽音がします。
最初それがどこからくる音なのか分からなかったのですが、
どうやらこの木の花に集まる鉢の羽らしい。
結構な音がするので書きなりの数がいるものかと。
ということはそれなりの蜜も有るのだと。

これをタラの木が大きくなったものだという方もいます。
春の山菜のタラの芽のあのタラです。
でも、タラの木は育っても4~6メートルくらいのはず。
でも、でも、この花は確かにタラの木に咲く花と一緒のような。

そんなに頻繁に見る木でもありませんが、
確かにとげはあるのですよね。
知ってる方いたら教えてください。




親池、待機中。
P_5678_20190725134932b26.jpg

どの池もですが、決まった場所で餌あげる。
分かっているらしくその付近で待ってます。

P_5682.jpg P_5683_2019072513493531d.jpg P_5686_2019072513493659d.jpg

豪快に食います。
ここの取り残しの二才デカくなってます。
赤や白が殆どなのに(笑)。
メチャクチャ体型の良い素赤とか素白が秋には上がる予定です。
素白は金魚じゃないという身ですが・・・。

これだけ親いるのにやたらは全く見えません。

水が減った。
P_5690.jpg P_5692.jpg

結局足しになる雨は6月末の一度だけ。
梅雨時は毎日のようにパラパラ降ってましたが、
水は減っています。





三才池。
P_5694.jpg P_5696.jpg P_5699.jpg

ここも順調にデカくなってきてます。
秋には結構良い感じの物を上げれると思います。

やたっ子。
P_5704_201907251349442d3.jpg 

色はほぼ剥けてきたようです。
まぁ、やたらなので良いのはいませんが・・・。





二才池、その二。
P_5540.jpg P_5541_20190725135518039.jpg P_5544.jpg 

こませ過ぎたのでサイズアップしません(笑)。
困ってます。





混合池。
P_5567.jpg P_5569.jpg P_5570.jpg

なぜかこの池の奴らやたらと色が良いのですけど。
理由が分からん(笑)。




花。
C_9363.jpg C_9366.jpg C_9367.jpg



ねむの花。
P_5478.jpg P_5482.jpg P_5483_20190725135601009.jpg



最期は玄関の植木に暫く前からいる、バッタ。
P_5713.jpg

マツムシか何かでしょうか、種類が分からん。
っていうか、何故ここから動かないかがそもそも分かりません。
スポンサーサイト

野池の様子・・・だけど例年とちょっと違う

2019/06/25 Tue

今日は晴れ。
気温もそんなに上がらず比較的過ごしやすい。
晴れと書きましたが、
朝一は雨降りましたが・・・。
予報だと雨など降るはずじゃなかったのに(笑)。





何時もの様に朝靄スポット。
C_9004.jpg C_9026.jpg

左が餌くれ前、右が後。

C_9020.jpg

こんな感じで靄が峠を越して流れてました。





朝靄スポットに行く道。
P_4702.jpg C_9015.jpg C_9017.jpg

昨日草刈りをしたらしい。
一部まだ終わらずに残っていた。
何時もの年よりもずっと早い草刈り。
しかも今年は手刈り。
かなり綺麗になってます。
業者さん有り難うございます。
草が有ると見通しが悪かったりするのですよ。





今朝の作業。
P_4705.jpg P_4707.jpg

作業って程大げさではありませんが・・・。
水を当才池に落とし始めた。
水を落とすのは酸欠対策です。

今日から晴れるというので水温も上がるでしょうし、
湧水も減ってくるでしょうから丁度良いでしょうってことで。

なのに写真でもわかるように雨が降ってきました。
この時は霧雨程度・・・。
ですが、次第に雨脚強くなって本降りに。
返るまでにびしょぬれになりました(笑)。





先ずはその当才池。
P_4351.jpg P_4349.jpg

写真は日中です。
さすがに早朝だと暗くて稚魚が写りません。

今年も去年同様中々大きくなってくれません。
月末に選別目指しましたが、無理。
来月中旬って感じかな。





二才池、その一。
P_4480.jpg P_4482.jpg P_4485.jpg





二才池、その二。
P_4504.jpg P_4506.jpg

この二枚の二才の生育状況は例年並み位。
込めて入れすぎて悪いところも有ったり(笑)。





親池。
P_4513.jpg P_4515.jpg P_4519.jpg

アオコだらけ。
浮いてくるまでどれがどれだかさっぱり。
しかもあっという間に沈むし。

餌やりながらゆっくり見ていたい池なのですが、
見えません(笑)。





嫌な奴。
P_4357.jpg

以前は何処で見ているにか餌やっていると
近くの気に止まってこちらが帰るの待ってましたが、
ネットの下止めたら毎日は来なくなりましたが、
時折来てはこちらが車に乗ると道に下りて来て
ガーガー鳴いて存在をアピールします。





三才池。
P_4539.jpg P_4541_20190625142904497.jpg P_4543_2019062514290543b.jpg





二・三才池。
P_4549.jpg P_4552_201906251429086ea.jpg P_4553.jpg

この後ここはキュウリネット張りました(笑)。

で、タイトルで書いた例年と違うこと。
何故か分かりませんがやたらの子が極端に少ない。
何時も通りいる池も有りますが。
殆どの池にやたっこがいない。
全く0ってことは無くてどの池にも少しはいますが・・・。
ただ、親池に関しては全く見えない。
まぁ、あのアオコなので実はたんまりって可能性もありますが(笑)。
三才池にしても、あの数入っていて見えるのはわずか。
ただ、もうむけているのもいますが・・・。
春先はウジャウジャいたのですけど。
何処に行ってしまったのでしょうか。
まぁ、食われたのでしょうが。
ということで居ないし見えないので写真はありませんが・・・。

ただ、何時もいるのが全然居ないと
それはそれで寂しかったりしますが(笑)。
やたっ子も結構綺麗なのが拾えたのですが。





ウルイの花。
P_4487.jpg P_4489.jpg

以前も紹介しましたが今年はもう終わりです。





紫陽花各種。
C_8911.jpg C_8914.jpg C_8918.jpg

C_8935.jpg C_89371.jpg C_8940.jpg

C_8946.jpg C_8949.jpg C_8956.jpg

P_4616.jpg P_4617.jpg P_4620.jpg

今日以上で。

毎年の事ですが・・・

2019/06/14 Fri

今日は晴れ。
でも、雲は多めですが・・・。
気温はグングン上昇して暑いです。
予報だと真夏日だとか。
まだ6月なのですけどね・・・。

昨日の予報だと週末は両日とも雨降り。
今朝になったら明日は曇りで日曜が雨だとか。
草刈りも除草剤散布もしたいのですが、
どうなりますか。





何時もの様に朝の山回りの途中で撮った写真。
毎年同じようなもの載せてますが・・・。
アレ、、毎日同じかな(笑)。
まずは朝靄スポット。
C_8750.jpg C_8764.jpg

これは昨日。
今朝はポヤポヤって感じでした。





シモツケソウとそれにいたコガネムシ。
C_8783.jpg C_8777.jpg C_8780.jpg

C_8772.jpg C_8774.jpg C_8775.jpg





何かの実。
C_8788.jpg C_8789.jpg C_8790.jpg





野生の紫陽花。
C_8795.jpg C_8798.jpg C_8800.jpg

これはガクアジサイになるのでしょうか・・・。





シロツメグサ。
C_8819.jpg C_8822.jpg C_8826.jpg





畦豆。
P_4336.jpg P_4338.jpg

今年も植え付けたようで、芽が出てきた。





綿毛。
P_4339.jpg

道端の草は除草剤掛けられて枯れてますが、
何とか子孫を残すべく種はつけてます。





蛾。
P_3961.jpg P_3959.jpg





アマガエル。
P_4136.jpg P_4141.jpg P_4142.jpg

P_4208_201906141440085cd.jpg P_4210.jpg P_4252.jpg





水蒸気。
P_4239.jpg P_4245.jpg P_4241.jpg

これからの天気の良い朝はこの光景をよく見ます。





当才池。
P_4253.jpg P_4258.jpg

毎年の事ですが、
隣り合った野池を同じように管理して
同じように餌撒いても何故か
水の出来が違います。





アオコ。
P_4285_20190614144239bf5.jpg 

これも毎年ですがこの池はアオコが大発生します。
池の上にブナ林が有って葉っぱが大漁に池に落ちる。
それが栄養源になってアオコの大発生になる。
なので浮いてこないと金魚が見えない。
親池なので辛いところです(笑)。





因みに先週。
P_4212_201906141442337d7.jpg P_4214.jpg

まだアオコは殆どない。

これは拾い残しの明け二才。
デカくならなくても良いのに順調に育ってます。
秋は予定外の素赤と素白が上がりそうです(笑)。





おまけ。
P_4289.jpg P_4294_20190614144242ee3.jpg P_4297_20190614144244081.jpg

親の給仕の様子。
これよりもまだ濃い青水になります。
夏の酸欠が心配かな。

野池のあれこれ

2019/06/06 Thu

今日も晴れ。
予報だと曇りだと言ってましたが、
晴れてます。
適度に風も有って田んぼの水が蒸発するのには
絶好の条件です・・・(笑)。
本当は笑っている場合じゃないのですが。





昨夜は予報だと雨が降る予定。
期待していたのですが、お湿り程度。
田んぼの足しにもならなかったようで・・・。
今朝も朝から田んぼに水かけしてきました。

いつもの山。
P_3950_20190606132939ebf.jpg

山回りの途中は少しだけポツポツて感じ。
嵩も必要ない程度でしたが。
山は霧で見えません。





よく野池羨ましいです、というコメントいただきます。
良い事だけじゃないのですよって返えさせてもらいますが、
今日は具体的に野池の大変なあれこれを。

やっと浮餌に反応するようになった二才。
P_3890.jpg P_3892.jpg

小雪やら何やらで異様に貯水量が少ない池。
夏が心配なのですが・・・。

金魚放した直後に鷺が池に入ったらしい。
通常ネット張って糸張れば
この池鷺は入れないはずなのですが、
水が少なすぎたのが原因でしょうけど・・・。

で、慌ててキュウリネットもかけた。
P_3894.jpg P_3897_20190606132929973.jpg

この池にキュウリネット掛けたの初めてですけど。
サイズがデカいので超大変でしたけどね。
まぁ、甲斐あって鷺は来なくなったようで
金魚が浮餌に反応します。





次はこいつ。
P_3905.jpg P_3908.jpg

前にも紹介したカラス。
こいつらがいちばんタチが良くない。
ちなみに上の二羽はつがいらしく一緒に野池に来ます。





池は親が入っている野池。
P_3914.jpg

池の上に張っている糸は基本、鷺除け。
周りのネットは鷺とイタチやキツネ・ムジナ除けです。
上土手側は普通に土の土手なので獣が入らないように、
厳重にピンで止めて隙間を作らないようにします。
が、下土手側は写真で分かるように、
防水用のゴムシートを張り巡らして有る。
こちら側からは基本、獣は入らない。
なので鷺除け用。
上が止まっていれば鷺は入れないのでOKなのですが。

先日餌くれ時にカラスが来て近くの木に止まっている。
なんでだろうと餌やりを終えたら軽トラに入ってしばし待機。
カラスは人の姿さえいなくなれば良いと思っているらしく、
直ぐに野池周りに打って有る鉄筋棒に下りてきた。
それが上の写真。

で、どうするのか見てたら、
鉄筋棒から地面に下りて下を止めてないネットを
くぐって池の中に入っていきます。
見ていて超びっくりです。
ネットくぐる事が出来るとはって感じ。

目当ては金魚ではなくて金魚の食べ残しの浮餌。
土手際に寄って来たところを食べているらしい。
とは言え、金魚が浮餌を食いに来れば
当然それにも反応するでしょうし・・・。





ってことでピンとビニタイで。
P_3912.jpg P_3911.jpg

取りあえずこれで大丈夫なはず。
又何かこちらの隙を探すとは思いますが。





余水ばけ。
P_3949.jpg

ここは以前に塞いだ場所。
ここからも出入りしてました。





何かのハネ。
P_3954.jpg

今朝、田んぼに水出しに行ったら、
田んぼの畔にカラスが何か加えている。
カエルでも捕まえたのかと思ったのですが、
軽トラ降りてカラスがいた場所に行くと落ちていたのがこれ。
何かの鳥の巣から雛を奪ってきたらしい。





こちらは水が無くて大変な野池。
P_3925.jpg P_3928.jpg

最初に紹介した池よりはずっとありますが、
ここからは田んぼに水を入れているので、
天気が続くとどんどん水が無くなります。

左の写真の中央付近に
田んぼへ水入れているホーズが写っているかと。





ここも。
P_3927.jpg

池の周りに張ったネットと糸を張って有る紐の間に隙間が有るかと。
ここからカラスが出入りしているのも見た。
信じられませんが隙間が有れば何でもありのようで・・・。
風が吹いたりでネットが下がったのでしょうけど。
当然上げて置きましたが。





横井戸からの水。
P_3931.jpg

まとまった雨が降らないので、
水量が減るばかりです。

まとまった雨を待っています。





初。
P_3955.jpg P_3964.jpg

昨日は無かったので昨晩の仕業でしょう。
モリアオの卵塊。

池の周りにアニマルネット張るようになって
10年以上たったと思いますが、
アニマルネットにモリアオが卵産み付けたの初めて見ました。

近くに行ってみましたが、
かなりしっかりネットに張り付いてるようです。
しかも上は気の葉が覆っている場所。
直接雨が当たらないところを選んで生んでいるらしい。





カタツムリ。
P_3937_20190606133437c33.jpg P_3939.jpg

雨の後の道路が濡れている時に横断。
急がないと他の車に轢かれますよ。





アオガエル。
P_3947_2019060613344101e.jpg

第一弾の赤ガエルに続いて、
今度は青カエルが変態して上陸してきました。

オタマジャクシは嫌いですが、
カエルに成ればウシ以外は虐めません。
ウシだけは捕まえたらサヨナラします。

野池の様子と今の餌

2019/05/28 Tue

今日は曇り。
予報だと夕方から雨だとか・・・。
昨日までの季節外れの熱さは今日は無い。
代わりに梅雨時かと思わせるくらいジメジメしてますが。
5月としては異例の暑さで
出水もすっかり細ってしまったので、
ここらでしっかりした雨が欲しいところですが。
まぁ、都合よくはいきませんが。





GWから野池の準備して放して、
田んぼの準備して田植えして、
仔取りの準備して産卵させてが、
ようやく終わったので気分的には大分楽のなりました。
これからは田んぼの水見と草刈りと
金魚の餌くれに追われることと思います(笑)。

今日は今年の野池の陣容やらも含めて、
今の池の様子です。
ついでに今やっている餌も載せます。

本題に行く前に山回りの途中で撮った写真から。
オニグルミの雄花。
P_3337.jpg P_3341.jpg

これ載せようと思ったら
雌花の写真撮ってないことに気づいた(笑)。
もう花は終わったと思うので来年です。





朴の花。
P_3591_20190528130352e38.jpg

これを皿に見立てて、
みそ載せて焼いて食べるという郷土料理を
出す地方が有ったような・・・。

自分は子供のころこれで風車作って遊んだ。
もう作り方覚えてないけど。





桑の実。
P_3599.jpg P_3601_201905281303567f8.jpg P_3596.jpg

これもベリーの実ってことになるのでしょうか。
まだ食べられないけど。





麦わらトンボ。
P_3613.jpg

脱皮直後らしく羽が柔らかそうです。





赤ガエル。
P_3628.jpg

暑さのせいなのか、
例年より変体が早いような気がしますが・・・。





今の餌。
P_3558_201905281310185e9.jpg P_3555.jpg P_3551.jpg

P_3549.jpg P_3553.jpg

上段左から、浮の6号で親用。
中央は浮の4号で三才用ですが、
次に紹介する2号がなくなったら二才もこれです。
右が浮の二号、明け二才用。
2号は春に買ったものが残っているのでなくなるまで。
多分もうすぐなくなります。

下段左が沈みの4号、二才異常の沈みは全部これ。
で、この沈みは低たんぱく。
もう暫らくは低たんぱくで過ごしてもらいます。
下段右が毛子用の粉餌。

5月下旬は高気温が続いたので、
毎日餌上げてますが良はまだ最盛期の半分以下かな。





親池。
P_3365.jpg P_3368.jpg P_3369.jpg

4才以上が入ってます。
仔取りした親もいれたので激混みです。





三才池。
P_3572.jpg P_3575_201905281311206de.jpg P_3577.jpg

ここも結構な数が入ってます。





横井戸からの湧水。
P_3579.jpg

ここのところの晴天続きで大分細ってしまった。





嫌な奴。
P_3382.jpg

人が餌やっているわきに来て、
浮いてくる金魚見てます。
本当にカラスは頭良くて人の隙をつくのが上手い。

いちばん良いのは生け捕りにしてぶら下げておくこと。
そうするとほかのカラスは寄ってこなくなるのだとか。
試したことないので分かりませんが・・・。
何か良いカラス除けの方法知っていたら教えてください。





二才池。
P_3383.jpg P_3386.jpg P_3388.jpg




二・三才池。
P_3603.jpg P_3605.jpg P_3607.jpg

ここの金魚たちは大分デカくなりました。
何故か分かりませんが(笑)。





上の池に生えている水連。
P_3608.jpg





嫌な奴その二。
P_3411.jpg

明け二才。
親池にいるのですが、去年の拾い残しです。
小雪のせいで野池で越冬したたらしい。
結構な数居るので秋は素赤や素白の二才が上がります。
マジで要らないのですが(笑)。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR