FC2ブログ

お気に入りを

2019/04/17 Wed

今日は曇り。
予報だと晴れて気温が上がると言ってましたが、
それ程でもないようです・・・。





今日は前回の続きと、
その他色々詰め込んで。
でもタイトルはお気に入りです(笑)。

まずは何時もの山とブナの林。
P_2610.jpg P_2617_20190417135515e8f.jpg

雪がすっかり見えなくなった。
ブナも少しづつ芽吹いて来たようです。





法面とブナの芽。
P_2614.jpg P_2612_20190417135512086.jpg

大分緑になってきた。
上の写真だとはわかりずらいブナの芽も
寄るとハッキリわかります。





野池。
P_2589.jpg P_2594.jpg P_2599.jpg

日曜から水溜め中の池。
左は満水。
中央も水゛に溜まっていると思ったら、
ホースに枯れ葉が詰まって水が来てませんでした。
右はオーバーフローしている。
こちらは排水のパイプに枯れ葉が詰まって流れを止めてた。

これであと一枚満水になれば水溜め終了です。





唐突ですが、朝靄スポット。
P_2602.jpg

行く途中は良い感じの靄なので、
良い感じの写真撮れるかと期待して車走らせましたが、
ついたら靄じゃなくて霧状態。
撮れたのが上の写真(笑)。

ドローン飛ばして写真撮っている方がいました。





野池。
P_2608_20190417135509d2f.jpg P_2607.jpg

こちらもまだかなり雪が残ってました。





スミレとカタクリ。
C_8228.jpg C_8233.jpg





八重桜。
C_8239.jpg C_8235.jpg





ツツジと南天の実と藤の蕾。
C_8242.jpg C_8247.jpg C_8249.jpg





梅の花。
C_8254.jpg C_8258.jpg





水仙。
C_8261.jpg





最期はお気に入り。
7_4543.jpg 7_4558.jpg 7_4575.jpg 7_4633.jpg

前にも一度といわず出ている。
ザ・さば尾って感じの個体。
緋も良いし際も良いと思う。
今年はもう少し太さが着いたら
もっと魅力的な個体になると思います。
スポンサーサイト



この色が好き

2019/03/25 Mon

今日は晴れ。
朝から青空出てました。
が、週末は寒の戻りで寒かったこと。
昨日も書きましたが、雪が舞ったし。





先ずは週末からの様子。
いつもの山。
P_2424.jpg P_2433.jpg P_2442_20190325142635539.jpg

ブナの林。
P_2427.jpg P_2437_2019032514263202e.jpg P_2446.jpg

法面。
P_2429.jpg P_2439_20190325142633da6.jpg P_2448.jpg

いずれも左から土曜、日曜、今朝です。
やっぱり雪が降ると寒い。
当たり前ですが・・・。
今日も午前中は寒かったですが、
お昼頃から暖かくなってきたような・・・。

お彼岸も終わったし、
これで雪は降らないでしょうか・・・。
車のタイヤをスタットレスから夏用に替えないと。
今シーズンは仕方ないとはいえ、
スタットレスタイヤにはもったいないシーズンでした(笑)。
まぁ、大活躍とかよりはずっと良いですが(笑)。





昨日の個体の柄が好きなら今日は緋色。
もちろん柄も好きですが、
なにより先ずはこの色。

こんな色。
72_5800.jpg 72_5436.jpg 72_2635.jpg



72_4861.jpg 7_3501.jpg 72_2698.jpg

自分が血の赤とか、
ワインレッドの赤と云うタイプ。

すんなりいそうですが、
この色はなかなかいませんし、
多分よそ様に行っても
中々見ない色だと思います。

同じ写真の羅列だ

2015/03/19 Thu

今日は雨降り。
土砂降りではないですが、
止まずに降っている。
昨日ほど温かい訳ではありませんが、
一時の寒さは無い。
比較的暖かな雨。
晴れても雨でも雪解は進みそうです。
こんな風に暖かい雨が降る朝は
雪が溶けて霧になる。
今朝はその中を出勤してきました。





ここに載せる金魚の写真なのですが・・・。
休みの暇がある時に取りあえず撮れるだけ撮るってスタイル。
どの個体を紹介したいからそれを狙って撮るとかって話じゃなく、
とりあえず目に付いたもの、撮りやすそうをやつの写真を
手当たり次第にしかも大量に撮るって感じ。
とは言え、最初はそれでも問題ありませんが、
季節が進んでくると、
だんだん紹介し終えた奴の写真が増える。
その頃(まぁ、今頃なんですが)になったら紹介してない奴の
写真を撮る様にはしますがそう上手くいく訳でも無い(笑)。

で、撮った写真をパソコンに移して、
その日に紹介しようと思った個体の写真を探す。
当然大量に写真が有る個体もいれば
全然無いって個体もいるし、様々。

本当は初期にしたように個体毎をガラス水槽にでも入れて
上見と左右の横身を紹介するのが一番良いとは思うけど、
冬場に金魚網に掛けると鱗が抜けやすい。
当然、何もしないよりもストレスを掛けることにもなると思いますし。
なので今は水槽を泳いでいる個体の写真撮って紹介してる。
結果、濾過槽の下から出てこない奴の写真はなかなか増えない。





今日の固体はそんな濾過槽下が好きな一匹。
玉さばの六才・雄。
5-8759.jpg 7-6951.jpg 7-8437.jpg





7-8443.jpg 5-6285.jpg 7-9604.jpg





7-6947.jpg 5-8767.jpg 7-9613.jpg





7-6954.jpg 7-9606.jpg 5-8761.jpg

少し前に紹介した個体と同じように、
正確にはこいつも丹頂もどきかな(笑)。
鉢から緋がはみ出ているので。

雄の分以前紹介した奴より緋も濃いし肌も白い。
それと各鰭の長さがずっと長い。
なので泳いでいる印象はかなり違う。
泳いでいる時の印象だけじゃなくて実際の感じもかなり違うので、
お暇が有ったら以前の固体と見比べてみてください。
柄が付いてない分体型の違いが分かりやすいと思います。

丹頂なので写真何枚並べても同じ様にしかならない(笑)。
しかも何故か左向きの実。
右向いている写真すらない(笑)。
とりあえず数で勝負ってことで並べてみました。

今日もお気に入り

2015/03/14 Sat

今日は曇りのち小雨。
午前中は曇ってましたか、お昼過ぎから小雨がパラパラ。
濡れるってほどでもないけど・・・。

昨日は夕方から雨になり、
その雨が夜には雪。
今朝までに7・8センチくらいかな。
何時もの早朝ではなく、食後に除雪車が来た。
個人的には今日は除雪しなくてもよいのではと思いましたが、
除雪の方も仕事しないとお金もらえないわけで。
当然その分道路も良くなるので歓迎なのですけど(笑)。





実は昨日チョット失敗した(笑)。
ブログ投稿した後に次に紹介する魚を選んで
その写真だけアップしておくことがある。
その場合は下書き機能というのを使うのですが・・・。
昨日はその下書きにするのを忘れて、
今日紹介する個体をアップした。
文章も何もなく魚の写真だけが並べられたブログを
数時間さらしてしまった(笑)。
見た方は何って思ったことでしょうが、自分のミスです。

今日は改めて紹介です。
玉さばの六才。
7-4639.jpg 7-4647.jpg 7-5140.jpg





7-5321.jpg 7-5332.jpg 7-5338.jpg





7-5150.jpg 7-4653.jpg 5-9337.jpg





7-5339.jpg 7-5326.jpg 7-6889.jpg 

とっても緋質と肌質の綺麗な奴です。
ついでにこんな柄も好きですし。
写真でデカさが伝わっているかチョット不安ですが、
かなりデカかったりします。
ただ、この個体もまぁ、濾過槽の下から出てこない。
よって同じような写真ばかりですが・・・。

我が家の玉さばたち、同じ系統なので当たり前ですが、
どこかみんな似ているところを持っている。
こいつも何となく見たような気がする柄のような気がするかと。

柄は極上

2015/03/11 Wed

今日は雪。
朝からずっと雪です。
まぁ、途中小降りにはなりますが(笑)。
昨日から荒れると言った予報通り、
昨日は台風前のような凄い風、
日中から今朝がたまでずっと吹いてた。
予報では山沿いの多い所で90センチの積雪とか言っていたので、
身構えましたが何時ものように風が吹いていると積もらない。
今朝までに10センチ程度、起きて拍子抜け(笑)。
吹き溜まりはそれなりにありましたが・・・。

明日までは予報良くないので、
今晩どれ位積もるか、かな。





早速写真行きます。
六才の玉さば、ショートテールです。
7-6791.jpg 7-6317.jpg 5-8558.jpg 5-9496.jpg





5-9493.jpg 7-6788.jpg 5-9515.jpg 5-9345.jpg





7-6324.jpg 7-5505.jpg 5-9352.jpg 7-5508.jpg





7-6787_201503111318145be.jpg 7-6325.jpg 5-9342.jpg 5-9489.jpg

この個体も毎シーズン一度は紹介するので、
見覚えのある方もいるかもしれない。

いつも使っていますが、今回は最初にお断り。
模様の事を柄って書いてますが、「カタ」と読んでください。
柄と書いてカタです。
模様の付いた個体の事を柄付と言います。「カタツキ」
まぁ、実際どう読んでもらっても意味が伝われば良いのですが、
一応当地ではこんな風に呼ぶので、確認です。

本題行きます。
自分こんな柄が大好きです。
デカくならないって欠点は有りますが、
柄がこれならそれも許せる。

スッキリした段模様は飽きないですし、
肌の白さは柄を引き立てる。
前にも書いたような気もしますが、
こんな感じで整っているなら、
緋は肩からの巻き下がりだけで
腹を巻かなくても十分見れる。

後はもうデカクはならないと思うので、
無事に夏を超えてもらうことが肝心かな。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR