週末は草刈りと選別

2017/07/25 Tue

今日は雨降り。
時折強く降ってくる。
日曜から続いた雨も予報だと今日まで。
梅雨の終いは何時も結構な量降って終わりますが、
今年もこれで梅雨明けなるでしょうか・・・。
まぁ、昨日も今日も要らないというくらいの降りですけどね(笑)。

昨日、テレビで新潟の大雨の様子を見て、
電話くれた方がいるのですが、
そちらは今年は空梅雨だったとか。
雨降らなくて田圃は水無くて大変だと言っていた・・・。
毎年の事ですが、
丁度良くとはいかないものですね。





今朝、起きたら家の周りは濃霧。
山回りに出かけるときは霧雨程度の小雨。
山笠被ってカッパを持って出発。

まずは、朝靄スポットの先の野池。
P_3277.jpg P_3279.jpg

濃霧です。
で、野池は昨日からの雨で満水。
排水口から水溢れてましたが、
流石に当才もチョットはデカくなってきたので、
流される感じではなくなった。





上の野池に向かう道路。
少し前に紹介したのが上。
P_3112.jpg P_3114.jpg

P_3271.jpg P_3274.jpg

今朝が下。
昨日の朝は刈ってなかったので、
雨の中昨日草刈りしたようです。

トラガリ。
P_3273.jpg

機械で刈るので、こんな感じ。
今までの草に埋もれたような道よりずっと快適です(笑)。





何時もの山と棚池。
C_1262.jpg C_1257.jpg

霧が晴れてきた。





排水。
P_3293.jpg

普段は田んぼに入れてる水。
1.5インチのホースで呑み込めないほど流れて来てる。
ホースの下の側溝に流れていてる分が、それ。

これだけ雨降ったので当分湧水はあるはず。
稲の出穂期は水に困らないはず・・・。
後は9月の天気でしょうか。





土曜の成果草刈り後。
C_1253.jpg P_3301_2017072513525309a.jpg P_3291.jpg

と言っても撮ったのは今朝ですが・・・。

土曜日は頑張って終日草刈り。
まぁ、暑かったこと。
それでも曇りで日が照っていなかっただけ、
ましなのでしょうが・・・。
本当はもっとゆっくり休み休みやりたいところですが、
日曜日は終日選別する予定というか、
そうしないと多分終わらない(笑)。
ってことで暑い中草刈りしましたよ。

一番の草刈りの時に比べると、
ただ暑いというだけで全然体の負担が違う。
そういえば、一日でどれだけっていうほど水飲みました。

予報だと土曜は曇りで、日曜は雨。
雨の中、草刈りと選別どっちか選ぶならやっぱり選別。
雨降っていた方が草刈りするときは体楽ですが、
草刈り機持って斜面はさすがに滑って危ない。





黄糸トンボ。
P_3289.jpg





で、日曜は選別。
前の週の日曜同様の雨降り。
しかも選別するのも同じ池だし。

一応カメラは持って行きましたが、
雨降っているので軽トラの中。

雨降りと言っても前週の日曜に比べればずっとまし。
時折、弱くなったり強く降ったりって感じ。
そんな中、一人でひたすら朝から選別。
聞こえてくるのは近くの川の音とセミの鳴き声。
嫁からは毎週選別していてよく飽きないねと言われますが、
まぁ、飽きません(笑)。
結局日曜日も終日胴付長とカッパ着て選別してました。

で、お昼頃に一寸だけ止み間が。
大急ぎで軽トラ行ってカメラ取ってきての写真。

まずは、引き網で寄せた当才。
P_3266.jpg P_3248.jpg P_3250.jpg

これでも半日選別した後。
前週は寄せた分を全部出来ませんでしたが、
今回は夕方までかかってやっと終了。





様子。
P_3267.jpg

前回も載せましたが、池の土手で。
止み間に急いでカメラ取りに行ったので、
バケツは倒れているは網は揃えていないはですが、
まぁ、いつもこんなもんです(笑)。

雨降っているので、
椅子に座っている足元はぐちゃぐちゃ。



最後は立て候補。
P_3246.jpg P_3245.jpg P_3244.jpg

P_3241.jpg P_3239_20170725135721be4.jpg P_3237.jpg

天気悪くて薄暗いので、
写真がシャープでないですが・・・。

結構良い感じものを拾えましたよ。
この日拾った形付候補だけでもきちんと上がってくれば、
自分が冬の間飼う分は十分て感じでした。
まぁ、数居てサイズが小さいのはご愛嬌ですが。
ここから選別で数絞ってサイズアップしていきます。
スポンサーサイト

給餌の様子

2017/07/21 Fri

今日は晴れ。
昨日・今日とクソが付くほど暑い。
二日続けての猛暑日。
日中は空気がネットリ感じるほど。
でも、まだ梅雨開けてないけど・・・。
明日は曇りで日曜からまた数日雨の予報。
その雨明けたら梅雨明けでしょうか。





ネタないので、今日は給仕の様子でも行きます。
まぁ、金魚が餌食っているだけって話ですが。
前回よりは当才以外はサイズアップしているので、
そこら辺を見てもらえれば、かな。

自分が朝回る順番に紹介。
二才と当才。
P_3141.jpg P_3143.jpg P_3146.jpg

当才やっと剥けてきた。
二才が嫌がって浮が良くない。





二才。
P_3156.jpg P_3164.jpg P_3167.jpg





当才。
P_3171.jpg P_3172.jpg





親。
P_3175.jpg P_3177.jpg P_3180.jpg





三才。
P_3185.jpg P_3191.jpg P_3196.jpg

ここは浮くけどゆっくり浮かない。
全然ゆっくり見れません(笑)。





二才。
P_3198.jpg P_3200.jpg

今日は簡単に餌くれる様子ということで。

選別三昧

2017/07/18 Tue

今日は雨降り。
時折すごい勢いで降ってきます。
前回崩れた田んぼの上が更に崩れないか、
気になるところですが・・・。
隣の小千谷や魚沼はもっとすごく降っているらしい。
毎度のことですが、
天気ばかりはどうしようもないです。





タイトルの選別の様子行く前に
何時もの朝靄スポット。
昨日の朝。
C_1186.jpg

昨日の夕方。
C_1206.jpg

今朝。
C_1225.jpg

それぞれに表情が有って良いかなと。





以前に書いていた通り、
週末は当才の一回目の選別。
水見で数居ることは分かっていたので、
日月共に一日がかりでする予定で・・・。
なので、土曜日は草刈りしてり除草剤散布したり。
田んぼの穂肥撒きをしたり・・・。
日月の選別の前に必要なことをあれこれ。
まぁ、草刈りはまだ全然終わってませんが・・・。
二回目が。

で、選別して当才の今のところの様子。
日曜の池は細かかったけど、
かなり良い感じの奴拾えました。
後は秋までにどれだけサイズアップさせられるか、かな。
まぁ、まだ黒も多かったので二回目三回目の有りますし・・・。
月曜分は今回写真載せるので、見てもらえればって感じ。
まぁ、ここは例年通りって感じかな。





で、一回目の選別なのでその様子と
必要というか、使っている道具なんかも紹介。
写真は日曜と月曜が入り混じってますが。
選別のための道具をセットしたらこんな感じ。
P_3011.jpg

中央が選別場所。
左に引き網から上げた選別前の当才入れて、
右に形付とハネを入れるって感じ。





道具。
P_2977.jpg P_2979.jpg P_2980.jpg

P_2990.jpg P_3060.jpg P_3016.jpg

上段左から、選別場所。
中央は必需品のバケツ。
右はこれまた必需品の椅子とパラソル、
引き網から当才あげたりするのに使う、中網。
パラソルは日差しや雨除けって意味もありますが、
選別時に太陽光の反射を抑えて見やすくしたり、
雨が落ちると見ずらいのでそれを防ぐためでもあります。

下段左は言わずと知れた、引き網。
当地では地引(ジビキアミ)と呼びます。
中央はできれば欲しい新水。
冷たすぎるのは使えませんが、
池の水より程よく冷たいと魚が傷みません。
右はこれまた夏場は欠かせない飲み物。
これないとマジで熱中症になります(笑)。

こんな感じでセットしたら網引いて後は
ひたすら選別するのみです(笑)。





日曜日。
P_2991.jpg

P_2995.jpg

先ずは網引いた様子と、
取りあえず網にかけてみた。
のですが、ここでいきなり土砂降り(笑)。
慌ててカッパ着てカメラバックを軽トラに移動。
ここから終日降ったり止んだり。
しかも降ってくる時は凄い勢いで降ってくるし。
蒸れてもカッパ着ているしかない(笑)。
止んだ時に脱ぐと汗で濡れたシャツが風吹くと寒いし。
結局一日中胴付履いて、カッパ着て選別。

しかも五時半まで選別しても終わらない(笑)。
どう見積もってもあと半日はかかるくらいいる。
結局終わらなかった分は選別せずに池に放した。
なので次は1.5選って感じでしょうか(笑)。
まぁ、数居るからサイズアップしていなくて、
選別しずらいこと。





次は月曜。
これも網引いたところ。
P_3007.jpg

前日分より少しは大きいし、
数も少ないかな。





網にかけてみた。
P_3023.jpg P_3024.jpg

左は選別前。
右はハネと柄付を拾った後。
黒いものはまた野池に戻す。

例年の一選だと赤白拾いなのですが、
今年は何時もの年より遅い。
なので素赤にしかならない黒と、
どうなるか分からない黒が居る。
赤くなる奴も残して、
完全に剥けてからハネれば完璧なのですが、
何時までも待っていられないので、
今年はこの時点でハネた。





ハネ。
P_3061.jpg P_3063.jpg





柄付候補。
P_3079.jpg

P_3082.jpg P_3087.jpg

これにどんなのが居るかで、
今年の出来が分かるわけで・・・。





立て候補。
P_3071.jpg P_3073.jpg P_3077.jpg

P_3046.jpg P_3039.jpg P_3042.jpg

二回目、三回目でまた変わってくるとは思いますけどね。

書いているうちに雨あがってきました。

野池も色々あるのです

2017/07/11 Tue

今日も晴れ。
気温も高いし湿度も高い。
午後からは雲が多めな感じですが、
気温は下がらない。

7月に入ったなと思ったらセミの鳴き声を聞き。
セミが鳴き始めましたなんて書こうと思っていたら、
いきなりの大雨被害で・・・。
オニヤンマとギンヤンマも見たのですが写真には撮れず。
ゲンゴロウも久しぶりに見たと思えば
そんな時に限ってカメラ持っていなくて・・・。
中々思うようにはいかないものです(笑)。





本題に行く前に、今朝の写真。
C_0993.jpg C_0985.jpg

朝靄スポットの朝焼けと雲の写真。
今朝は靄は無かったのですが、東の空が良い感じだったので。
ついでに雲間からの朝日も。





今日は当才の野池の話。
普段良くないことはあまり書かないのですが・・・。
野池有って良いですね的なお話をよくいただく。
野池が無ければ自分の飼育スタイルは絶対無理ですが、
ここに書かない色んな大変なことも沢山あるわけで。
何が大変て日々の管理と餌代と草刈りなのですが、
まぁ、他にも色々有るのです(笑)。
今日はそんな話。

以前は子取りした野池にそのまま親を放して、
そこで二番の仔取りもしていたのですが、
それは選別が面倒なので暫く前に止めた。

なので、仔取りする前に野池に除草剤散布して、
アオミドロが生えてこないように予防しているのですが・・・。
何がどうしてかわかりませんが、
途中からアオミドロが大繁殖(笑)。
発生当初に除草剤の再散布を行えばよかったのですが、
春先に散布してあるから大したことにはならないと
たかをくくったのが、大失敗で。

かといって、当才があまり小さいうちは水質変えると、
全滅なんてことも有り得るので・・・。
ある程度の大きさになって、
環境変化に耐えられるのをじっと我慢で待ってました。
まぁ、その間にもアオミドロは繁殖続けているのですけどね・・・(笑)。

で、孵化後一月位立ったのでアオミドロ一掃作戦です。
まずは大繁殖したアオミドロ。
P_1995.jpg P_2001.jpg

最終的には除草剤散布してアオミドロ退治するのですが、
除草剤散布するとどうなるかというと、
簡単に言うとアオミドロは水の中で腐ります。
当然水質は極端に悪くなる。
なので水の中で腐るアオミドロを減らすために、
まずは手作業でアオミドロ取り除きます。
右の写真の奥にジャンボタライが写ってますが、
中網を使ってひたすら抄うのみ。
なのですが、抄うだけなら大した大きさの池ではないので、
そんなに大変な事じゃないのですが、
アオミドロと一緒に当才も抄えてしまう(笑)。
これを一匹づつアオミドロから取り出して、
また野池も戻す作業がめちゃ大変。





取りあえず手作業終了後。
P_2007.jpg P_2015.jpg

池の表面に浮いているものは極力取りましたが、
沈んでいるものや底にへばりついているものはかなり残っている。

それでも取らないよりはずっとましでしょう。
と自分に言い聞かせます(笑)。





除草剤散布後一週間くらい。
P_2507.jpg P_2508.jpg

上とは水の感じが違うのが分かるかと。
それでも死んで浮いてくる様子が無いので、
大丈夫かなってことで。





水を入れ替えた。
P_2612.jpg

で、先週の大雨を利用して野池の水の入れ替え。
上の除草剤散布後の水とは代わっているのが分かるかと。

で、ここまでの様子を先週にでもブログの記事にするつもりでいたのですが、
大雨降って土砂崩れ起きるはで、それどころではなく・・・。

ただ、雨降った後も毎日餌くれは続けているわけで。
ある朝から突然粉餌撒いても、浮かなくなった。
多分、何かの鳥が来ているらしい。
鷺ではないけど。
流石にまだ小さすぎて鷺は狙わない。

ってことで急遽週末は糸張り。
ついでなのでその様子も載せることに。
本当は選別に二回くらい終ってから、
糸張りするつもりでいたのですが・・・。
網引くとき何もない方が楽なのですけどね。
まぁ、色んなことが起こります。

ってことでクソ暑い中糸張りです。
まずは糸張る前の池。
P_2765.jpg

これくらいの水の色が理想です。





最初に支柱建て。
P_2772.jpg

支柱と言っても13ミリの鉄筋棒。
約135センチある。
地上部に100センチ残して打ち込み。





テグス。
P_2775.jpg

8号。
確か10キロ分の長さがあったと思う。





糸張り後。
P_2783.jpg P_2788.jpg

今回は土手際はキュウリネット張るつもりなので、
何時もの半分以下しか糸張り巡らせていません。





次はアニマルネット。
P_2779.jpg





ネット張り後。
P_2791.jpg 





終了。
P_2820.jpg P_2827.jpg

キュウリネットを張り巡らせて終了。
まぁ、このキュウリネット張りの大変だったこと(笑)。
途中でキーーーーーーって叫びそうになった。

親だと一旦浮かなくなったら再度浮くまでに
10日や2週間はかかる。
流石に当才だと翌日から浮いて粉餌食ってます。





おまけでもう一枚。
P_2854.jpg

こちらはネット張りまで。
キュウリネットはもう少し様子見てから。

写真はないのですが、
今朝の餌くれ時の様子だと、
サイズはこちらの方が小さいけど、
剥けは速いような気がする。

週末の様子とか

2017/06/26 Mon

今日は曇り。
朝の山廻りの時は青空の見えたので、
これは予報外れて晴れるのか・・・。
と、思いましたが、予報通り曇ってます。

前回、週末の雨マーク消えたと書きましたが、
日曜は何故か当日になって復活。
前日まで曇りの予報でしたが・・・。
まぁ、それだけ梅雨時の予報は難しいってことでしょう。





日曜日は起きたら雨。
山笠被れば山回りできる程度。
そんな朝靄スポット。
C_0258.jpg C_0265.jpg

霧でした(笑)。
左が餌くれ行く前、右が帰り。
ほんの10分までかからないと思いますが、
帰りには霧晴れてた。





今朝。
C_0275.jpg P_3251.jpg

今朝も靄というより霧かな。





朝靄の行方。
C_0272.jpg P_3287.jpg

左は朝靄スポットから撮った。
右側が朝靄スポットそこから靄は吹き上げられてくる。

右は反対側から撮った写真。
吹き上げられた靄は尾根を越えて上空に向かう。
後は何時の間にかなくなります。





別な場所の今朝の靄。
C_0295.jpg C_0289.jpg

左は何時もの山。
両方親池の土手で撮影。





今朝の朝日。
C_0285.jpg

この感じだと晴れて来そうでしょ。
まぁ、曇ってますけど。





当才。
C_0254.jpg

毎週、土日のいずれかの日中は当才の確認。
どれくらいの密度いるのか、サイズはどうなのか。
毎朝見てますが、
朝は浮かないのではっきり確認ができない。
晴れの日の日中だと水面近くに浮いているので、
よく確認できる。
当才放した池には今のところ必要十分な数います。
まぁ、居過ぎの池もありますが・・・。





アマガエル。
P_3225.jpg P_3239.jpg P_3234.jpg

上陸準備中。
田んぼのアマガエルの上陸はほぼ終わったと思ったら、
こんどは野池。

赤ガエルは朝から土手や畦に上がってきますが、
アマガエルは朝じゃなくて、日中。
この時はまさしく足の踏み場もないほど。
土手の何処に行ってもアマガエルが居る(笑)。
野池から上がってきたこいつら、
稚魚の為に撒いた餌どれだけ横取りして食ったのでしょう。

まぁ、オタマのうちは餌泥棒ですが、
カエルに成ってくれれば益虫、虫じゃないけど。
蚊やバッタを食べてくれる。





キュウリネット。
C_0303.jpg

日曜の朝何時もの様に親池で餌くれしていたら、
奥で田んぼしている方が軽トラ止めた。
で、この池から黒い鳥が飛び立っていくの見たから
気を付けた方が良いよって教えてくれた。
鳥の種類聞いたけど、そこまでは分からなかったという。
でも、飛び発って行ったのはここら辺というのは教えてくれた。

毎年鷺に狙われる池で、
どこら辺から入られるかってのも決まっている。
そうならないために十分に糸は張って有るはず。
まぁ、今回も黒い鳥なので鷺ではないけど。

糸張り増しするより、
ネット掛けてしまえということで、
幅広のキュウリネット買ってきて
飛び立ったと言われたあたりに雨の中掛けた。

ついでに下土手側にも掛けるつもりで、
もう一枚買ってきたのですが、雨が強くて断念。
いずれ掛けます。





水連。
P_3301.jpg P_3299.jpg P_3296.jpg

暫く前から咲き始めた水連。
最初は葉っぱも花も小さかったのですが、
段々大きくなってきたし、花の数も増えてきた。

いっそのこと家の側にある鉢の水連も植えてしまおうかな。
網引くのには超邪魔ですが、引かなければ秋まで邪魔にならないし。
葉っぱが水面に出ているので、水中の酸素もとらないと思うし。





カラー。
P_3303.jpg P_3306.jpg P_3311.jpg

カラーの花はたいそう美味いらしく、
咲いた順番にコガネムシの餌食になる。

以前も載せましたが、
咲いた直後のカラーは綺麗です。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR