子取り完了

2018/05/31 Thu

今日は曇り。
朝からどんよりしてます。
予報だとこの後雨。
降るでしょうか・・・。

今年は春先から定期的に雨が降っている。
例年だと田植え前頃から晴れが続き、
田植え後は梅雨入りまでそんなに降らない。
結果毎年この時期に水が無くて大変。
去年はポンプ盗まれたし(笑)。
それが今年は4・5日晴が続くと雨が降る。
しかも降るときは結構まとまった雨が。
おかげで湧水が切れません。
湧き出る量は減ってきてますが、それは仕方ない。
田植えしてからまだ野池の水を一度も出していない。
こんなの初めてです。
しかも晴れる日は気温も上がるので
水温もそれなりに上がっているし。

このまま、定期的に雨が降ってくれると良いのですが・・・。
まぁ、そんなに甘くはないでしょうけど(笑)。





何時もの朝靄スポットから。
C_6083.jpg C_6088_201805311403026c8.jpg 

今朝じゃないです。
でも、何時かは忘れた(笑)。

自分が丁度良い日に当たっていないだけかもしれませんが、
いまいち良い感じの朝靄に当たりません。





金魚の子取りを仕掛けたと書いた。
今日はその後です。

何時もの年だと仕掛けた翌々日の
日中に親を取り出します。
金魚は一度で全員が生まず翌日にも産卵しているので、
二朝様子を見てから親を出すようにしてます。
そうすると卵を食うという人もいますが、
確かに食っていますがそこは気にしない。
三日目以降も移動した野池でやたっているやつらが
いたりしますがそこまで気にしたらきりが無い。

今年は自分の都合が合わず、
三朝吊り網に放したままにしてましたが・・・。
さすがにこうも気温が高いと、
4日目あたりから孵化して来る奴らがいそう。
一旦吊り網から産卵床を出してからじゃないと、
親を全部は捕れません。
当然ながら孵化している最中にそんなことできない。



ってことで親取った後の卵の様子。
P_8179.jpg

こうして見ると未受精卵が目立つように見えますが、
実はかなり受精率良かったりします。

未受精は卵にカビが生えるので目立ちますし、
逆に受精卵は泥をかぶるので目立ちませんが・・・。
泥をかぶっても孵化はしてきます。



こんな感じ。
C_6127.jpg C_6123.jpg

左のキンランは殆どが受精卵。
泥が付いているので白っぽいですが、受精卵です。

右は持ち上げで水面に出してみたところ。
こうすると受精卵だというのが分かりやすいかと。
未受精で白くカビが生えているのもありますけどね(笑)。



網に産み付けられている卵。
P_8181.jpg

網は水の流れがあるので泥が付きにくい。
もうすぐ孵化してきそうなのが分かるかと。

多分早いのだとこの翌日から孵化してきそうです。





更に二日後の朝。
C_6165.jpg C_6180_20180531140827518.jpg

C_6183.jpg C_6192.jpg

下段左は孵化したて。
まだ上手く泳げないので、杉の葉っぱにくっ付いてます。
左は泳げるように成ったやつら。
酸素穂求めるのか新水を求めるのか、
泳げるように成ったやつらは網の側に寄ってきます。





更に夕方。
C_6193.jpg C_6195.jpg C_6201_20180531140833d23.jpg

一日で大分孵化したり、泳げるようになってます。
本来ならこの翌日あたりまで網下げないのですが、
都合でここで網下げて野池に放しました。

が、とんでも無い数がいました(笑)。
例年だと何面かに分けるのですが、
今年は明け二才を放せるだけ放した。
その関係で当才放せる池が無い。
途中で酸欠起こさないと良いのですが・・・。





今朝。
C_6223.jpg C_6224.jpg

C_6234.jpg C_6238.jpg

上は玉サバ、下はショート。
どちらも池の何処に行ってもこんな感じ。
いすぎです(笑)。
今朝から粉餌撒き始めました。
秋まで毎朝の給餌が始まりました。





最期はおまけ。
P_8198.jpg P_8200.jpg P_8203.jpg

今年も水連伸びてきました。
網引くのに邪魔なので掘り起こそうかと思いましたが、
取りあえず今年は二才入れたので様子見です。

水連の周りはカエルの天国。
糸とネット張って有るので他にくるのは蛇位なものかと。
スポンサーサイト

子取り

2018/05/24 Thu

今日は雨のち曇り。
予報だとこの後晴れのはずですが、
雲多めでどんよりしてますが、本当に晴れるのか・・・。

農家の春の一大行事田植えが終了。
植え直しして、除草剤散布、ここまで終われば
田んぼは一段落なのですが。
まだ、金魚が車庫に緋と水槽そっくり残ってます。
例年なら親水槽が残っているのですが、
今年は春先に色々有って親は既に野池。
代わりに三才水槽が・・・。
水温上がってきているので餌はやっていますが、
此処のところ水日単位で気温が乱高下。
何かある前に野池に放してしまいたい。
その為には子取りもしなければならない。

ってことで子取りの準備して
使わないものは野池に放しました。
今日はその様子です。





先ずは今朝。
P_8132.jpg

P_8127.jpg P_8129.jpg

濃霧でした(笑)。
上は何時もの朝靄スポット。
真っ白でカメラもどこにピント合わせていいか分からないらしい。

下はその先にある目借り物の野池。
此処に餌くれに行くために朝靄スポット通る。
明け二が入ってますが、
餌は無しで今朝は様子見、のみです。





吊り網。
P_8064.jpg

2×2×1メートルの産網。
田植えを途中であきらめた土曜日の午後に張っておきました。





子取りに使った親。
水合わせ中。
C_6052.jpg C_6058_20180524131709ef0.jpg

C_6060_20180524131709204.jpg C_6065.jpg

上が玉さば、下は短尾。

此処にいたるまでに水槽の水抜いて、
水槽の中の魚を全部取って、
更に何を親に使うか選別して・・・。
というような行程がありますが、
何時もの様に作業中の写真無いので割愛。

玉さばの親が転覆してますが・・・。
写真撮ってから気づきましたが、水深が低から。
水合わせしたら吊り網に。





放した後。
P_8087.jpg P_8091.jpg P_8095.jpg

C_6075.jpg P_8098.jpg P_8100.jpg

上が玉さば下がショート。
気持ちよさそうに泳いでます。

池の深さが違うので、
池から出ている網の高さが違います。

当然ながらこの後産卵床を設置します。
我が家は昔ながらの杉の葉とキンランを使用。
折角キンラン入れても金魚たちは
圧倒的に杉の葉の方に卵産み付ける。
それから産網にも。
なので昔ながらの杉の葉をいつまでも使ってます。
ただ、この方が体傷つく気はしますが・・・。





こちらも水合わせ中。
P_8110.jpg  P_8103.jpg 

子取りに使わないやつらは野池に放します。
子取りが終わった親たちも子の池に戻ってきます。





翌朝。
P_8112.jpg P_8120.jpg

P_8122.jpg P_8125.jpg P_8126.jpg

コチャコチャしてました。
まだ中に入って見てませんが、
飼う分くらいの卵は取れたのではと思ってます。
まさかの予想外ってこともあるかもしれませんが・・・。
結果はまた後日ってことで。

今日は以上で。

当才を野池に

2018/05/18 Fri

今日は曇り。
無茶苦茶蒸し暑いです。
5月とは思えないほど・・・。
っていうか、予報だと今日は雨のはずでは。
午後からは雨降るって予定でしたが、
いまだ降ってきません。
いっそのこと雨降ってこの蒸し暑さをどうにかしてほしいです。




恒例の朝の山回りが始まりました。
秋まで続きます。
で、今日の朝靄スポット。
C_5936.jpg C_5927_201805181336197c4.jpg

今朝着替えて外出たら予想ほど肌寒くない。
なので靄無いと思ってましたが、有るのです。
これで陽が射していれば写真的にはとっても良いのですが。





いつもの山。
P_7919.jpg P_7921.jpg

左写真の中央部に少しだけ白やピンクがあるのが分かるかと。
ここは個人の方が管理している場所。
芝桜が見ごろらしい。
ここからの景色も棚田の撮影スポットです。





狭い水槽で越冬させていた当才。
写真紹介するように超過密飼いです。
去年は途中で何度か追加で入れるうちに
結局何匹入れたか分からなくなった(笑)。
ですが、極小サイズが食い負けて落ちる以外、
何事もなく越冬しました。
何かあってしまう前に早く野池に入れたいと思っていたのですが、
やっと春選別をして野池に放しました。
今日はそんな様子。
といっても何時もの様に作業中の写真はありませんが。

先ずは立て様に拾ったもの。
P_7846.jpg P_7850.jpg

この前に水槽から水抜いて全部採ってくるのですが、
まぁ、一杯いて大変だったこと(笑)。
特に玄関水槽の上段は苦労しました。

で、一度に全部しようと思っていたのですが、
数いすぎて無理(笑)。
玄関水槽と車庫水槽分で分けて選別。
さすがに立て様に一度拾った物なので、
選別していても楽しい。
ただ、去年の秋上がりはとっても良かった。
その中から拾った物なので、ハネるのがいない(笑)。
かなりきつめに野池に放しましたが、
どうなりますか、
というか秋までに絶対デカくなっていないと思うけど。

結構というか、かなり綺麗なの立てられたと思います。
当初はキレイなところの個別写真を撮って
載せようと思ってましたが、時間が無い。
諦めました。





ハネ。
P_7847.jpg

一匹だけ転覆しているのはご愛嬌。
そういえば例年だと4・5匹は転覆するのですが、
今シーズンはこの一匹だけでした。
何時もの年なら立てるようなのばかりです。
一匹だけ白がいたのは驚いた(笑)。
秋の選別時に間違ったか、丹頂当たりの緋が飛んだか。
前者でしょうね。





特選。
P_7849.jpg

自分的に超良いと思う柄の奴ら。
選別の途中なので最終的には倍くらいいました。
こいつらは三才池に放した。





水合わせ中。
P_7853.jpg P_7856.jpg

物凄い数がいます。
何匹いるかは秘密です(笑)。





Sクラス。
P_7858.jpg P_7860.jpg

何枚かに分けて放したのですが、
一枚の野池だけ良いやつだ拾って放してみた。
余ったその他も少しだけ入ってますが。
秋上がりがかなり楽しみな奴らですが、
かなりの混み具合なので、
どれだけ伸びるか微妙かな。





池入れ後。
P_7865.jpg P_7875.jpg P_7931.jpg

取り合えずはしばらく餌抜きで泥舐めてもらいます。
が、既に餌付いているので人が行くと寄ってくる。
つい餌やりたくなるのです(笑)。

当才が終わったので後は子取りと
三才水槽を放せば終了です。
が、その後に水槽と濾過槽片付けが待ってます(笑)。





最期はおまけ。
P_7900.jpg

今朝の田んぼ。
鴨が泳いでます。
というか、今朝だけじゃなくて毎日います。

田植えした後来られるととっても困る。
鳥除けテープ張るしかなさそうです。

今朝の作業

2018/05/16 Wed

今日は曇り。
予報だと晴れると言ってましたが、
青空は見えません。
かといってどんよりしているわけではないですが・・・。
ただ、予報通り気温はうなぎのぼりって感じ。
5月とは思えない蒸し暑さです。
この蒸し暑さで、明日は雨降りというのも納得です。





週末は田んぼにかかりきりなので、
暇を見つけて野池の準備してます。
日中はダメなので早朝しかありませんけどね(笑)。
昨日・今日と池のネット張りしました。
これで明け二を入れる池の準備が大体整いました。
手つかずの池が一枚ありますが、
そこは小さいので入れてからでもなんとかなるでしょう。

明け二を放して、親で子取りして、
しない奴らを野池に入れたら今期の越冬終了です。
ただ、予定狂ったので越冬した明け二の入れ物が足りない感じ。





今朝の写真です。
朝靄スポット。
C_5885.jpg

今日は晴れると予報からか、
期待して写真撮りに来ていた人いましたが、
あいにく今朝は気温下がらなかった。
陽も差さないし。
パッとしない写真です。





ジャーマンアイリス。
C_5905.jpg C_5907_201805161333365a4.jpg

何時もより二週間くらい早い気がする。





ネット張りした池。
C_5890.jpg C_5914.jpg

今朝張った二枚。
糸張る前にゴミ出ししたはずですが、
結構ゴミが落ちて来てます。
が、面倒なのでそのままネット張り(笑)。





親の餌。
C_5897.jpg C_5916.jpg C_5921_201805161333402f3.jpg

何度か餌やってますが、
晴れた日の気温の高い日中だけ。
それが今日は早朝。
浮も良くないですし、食いも今一。
田んぼ周りするようになったらこの時間が定時です(笑)。





やたら中。
P_7842.jpg

クレソンの周りでごちゃごちゃしてました。
クレソンは固くないので体傷つかなくてよいかも。

今日は以上で。

連休の成果

2018/05/08 Tue

今日は曇り。
朝からどんよりしてます。
気温も上がらない。

GWカレンダー通りに休みました。
が、たぶん仕事している日より働いたと思います(笑)。
今日はそんな様子を紹介と思っていたのですが、
4日間写真一枚も撮っていない。
性格にはデジカメで撮ってない。
携帯では数枚とったけど。
ってことで、今朝今にも降りそうな中写真撮ってきました。
といっても今はしていることが地味なので
写真映えするもの撮れないです。

先ずは文章で。
3日は終日雨降り。
糸張りはしようと思えばカッパ着てでもできますが、
雨の中池の土手歩くとグチャグチャになる。
根性無いので休みました。
といっても車庫水槽の三才と当才の水替えと濾過洗い。
玄関水槽の水替えはしました。

この時期濾過洗って水替えは本当はしたくない。
余計な刺激あたえて産気づかれても困るので・・・。
ただ、もう暫らく水槽いてもらうために仕方なく。
実は親水槽はある日突然水槽崩壊しまして。
仕方なく全部の池に放しました。
イケスに放そうかと思いましたがあまりに水温が違う。
やむなく糸張って合った野池に入れました。
ある朝突然のことだったので写真も何も撮ってません。
ただ、数匹落とした程度で済んだのが不幸中の幸いかな。
毎年の事ですが、この時期の水槽は何があるか分かりません。

で、放したのは4月下旬の暖かい時。
当然ですが、翌日から数日間は大やたら大会が開催されてました。
まぁ、親だけで50匹以上放したので当然です。
産んだ卵を色んな奴らが食っているのは見てた。
が、全部を食いきれるはずは無く。
親を放した野池は何処見ても毛子がウジャウジャいます(笑)。
去年の子取り下の池よりいます。
まぁ、そのうちいなくなるでしょうけど・・・多分。
というか、いなくならないと困りますが。

話は戻ります。
親と二才は放したので、
三才水槽のメンツに今年の親を託さなければならない。
で、もう暫らくいてもらう必要があるわけです。

話がそれました。
そんなわけで3日は何もせず。
4・5は野池の糸張り。
6日は除草剤散布しました。
書くと簡単ですが、することも簡単。
ひたすら歩くだけ(笑)。
疲れます。

4日は夕方に盛大な夕立が有ったので、
そこで気力切れて終了したのですが・・・。
5・6日とブヨが異常にいた。
歩いている時は良いのですが、
止まると体中にまとわりついてくる。
こんなのがいると集中力がそがれます。
それでも取りあえず
予定したことは終わらせたので良しとします。





ここから写真。
朝靄スポット。
C_5825.jpg



いつもの山と柵池。
C_5853.jpg C_5851_2018050814013459d.jpg



糸張りした野池。
C_5832.jpg C_5842_20180508140132b05.jpg

ここ張っている時以上にブヨいたのです。



P_7754.jpg

ここの時は全くいなかった。



除草剤散布後。
C_5840.jpg P_7755.jpg

そのうち枯れて来ると思います。
まぁ、また知らない間に生えてきますけどね。



雪。
P_7750.jpg 

此処も数日でなくなります。



P_7765.jpg P_7759.jpg P_7805.jpg



タニウツギ。
C_5856.jpg P_7807.jpg P_7776.jpg



桐の花。
P_7768.jpg



コゴミ。
P_7781.jpg



花。
P_7792.jpg P_7797.jpg



ショウジョウバカマとオオバキスミレ。
P_7798.jpg P_7780.jpg

春一番の花はもう終わりです。



クレソン。
P_7815.jpg P_7817.jpg

クレソンももう終了かな、
花が咲いたら終わりです。



マコモ。
P_7819.jpg



イタドリ。
P_7824.jpg

生えてきたと思ったらあっという間に1メートル越え。

今日は以上で。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR