出荷の様子

2017/11/17 Fri

今日は晴れ。
昨日の予報だと曇りの予定でしたが、
今朝になったら晴れに変わった。
気温は上がりませんが、
晩秋のこの時期晴れ間は貴重です。
出来れば明日明後日も晴れて欲しいですが、
予報だと曇りか雨らしい。
それでも後片付けしますけどね(笑)。





先ずは今朝の様子。
いつもの山と家の前。
P_5903.jpg P_5901.jpg

我が家地方は終日雪がチラついていたらしい。
道路には積もりませんが、
家の周りは真っ白になってました。





今日は金曜日、市場の開催日です。
今回を入れてあと二回。
飼えない魚たちは出荷するしかありません。
今年の当才出来が良いので
市場に出すのは勿体無い。
ですが、飼う場所ない以上仕方ありません。
今朝も出荷してきましたよ。

上の写真の様に雪が積もった。
まぁ、水の冷たいこと(笑)。
今まではイケスの水はとっても冷たく感じていたのですが、
今朝はイケスの水が温かく感じられた。

今朝も作業しましたが写真は先週の出荷分です。
先ずは前日の夜に容器に水を溜めておく。
P_5715.jpg

水道水を溜めてハイポでカルキ抜き。
以前はイケスから水と金魚を運んでましたが、
何しろ水は重い(笑)。
なので少量の水に金魚入れて運んで、
此処で詰め替え。






袋に水入れ。
P_5716.jpg

ここまで作業してから金魚取りに行きます。
当才なら15から18リットルくらい。
二才なら20リットル位。
それ以上なら袋横にしたとき、
金魚が立っていられるくらいの量を入れる。

市場規定は金曜の午前中に荷受けして、
翌日午前中までは酸素の心配ない状態で
出荷することになっている。





ミタオシで出荷分。
P_5718.jpg 

以前も書きましたが、ミタオシは数数えていません。
なので見て判断してくれってこと。
出荷するためには一箱いくらの出品料が必要。
他に、落札額の何パーセントかを手数料として払う。
なので箱数多くすると、それだけ出品料が必要。
この辺の魚は正直良くないやつら。
それにお金そんなに使えないので、
入れられるだけ入れて箱数減らします。
まぁ、良くない奴らなのである程度入っていないと、
落札してもらえませんし。

因みに、一箱の競り値の始まりは千円。
千百円を誰かが付けないと、落札者無しです。
同じもの出しても千百円の日も有れば、
数千円になる日もあります。
それが市場。

誰も落札者がいないと、死亡扱い。
市場に後は任せるか、引き取りに行くか。
規程では落札者ない場合は市場に一任となっています。
取りあえず今シーズンまだ0番は一度もありません。
0番とは・・・。
セリ人は自分の番号持っています。
テレビでよく見る市場の様子で、
帽子に自分の番号が張り付けてある、あれです。
誰も競り落とさないので、番号無しの0番です。




次は数えてある奴ら。
P_5795.jpg P_5798.jpg

事前に数を数えて入れてある。
去年はサイズが良かったので、
当才は少ないと50匹で出荷した。
今年はサイズが小さいのと、
数がいるので当才100匹からで出荷している。
因みにこの時は130だったかな。

ウキコン5箱しか写ってませんが、
左に伸びてる紐の先にもう一箱あります。
数数えた分で6箱、約800匹の出荷。
ミタオシは確か7箱だった気がする。

他に二才も出したのですが、その写真は無い。
まぁ、いつものことで作業中の写真自分じゃとれない。
袋に魚入れたら、酸素詰めてゴム掛けして出荷の準備は完了。

軽トラの荷台。
P_5720.jpg P_5722.jpg

先週は全部で15袋。
本当はもう少し出すつもりだったのですが、
市場袋が品切れ(笑)。

ブルーシートをきちんとかけて風で飛ばないようにしたら、
朝飯食べて市場に出荷です。

で、今朝。
今日はもう出荷数少ないので、
軽トラの荷台に角のタライ置いて、
そこに出荷分を縦置き。
荷造りして同じようにブルーシート掛けて朝飯。
食べたら出勤の準備して、8時少し前に市場にGO。
なのですが、
軽トラ行ったらブルーシートが風で飛ばされたらしく、
端が捲れてる。
近づいたら袋、破れてるではないですか・・・。
カラスの仕業。
ただ、今朝はタライに縦置き。
しかもきっちり詰まっていたから、
破れても立ったまま。
取りあえず袋破られただけですみました。
慌てて、袋交換して出発しましたけどね(笑)。
まぁ、カラスの目敏いこと。
復習してやりたくなります。
良い方法教えてもらったので、
来年あたり実践してみようかと(笑)。





イケス。
P_5820.jpg

さすが中国製、葦を縛って有る紐が切れてボロボロです。

今の様子。
P_5818.jpg P_5822.jpg

当才と二才。
かなりの数出したので、やっと少なくなりました。





最後はこいつ。
P_5803.jpg P_5807.jpg

これは市場には出したくない柄付。
なのですが、入れる場所もない。
どうしようか悩んでます。
スポンサーサイト

最後の池上げと片づけとお知らせ

2017/11/13 Mon

今日は晴れ。
午前中は良く晴れてましたが、
午後からは雲多めです。
毎回書きますが、
この時期降らないだけでラッキーです。





朝靄スポットの秋の風景。
C_4232.jpg C_4234.jpg

C_4238.jpg

場所は何時もの場所ですが、
時間が違う。
すっかり秋って感じになりました。





いつもの山とブナの林。
P_5768.jpg 

P_5774.jpg P_5779.jpg

こっちもすっかり秋です。
ブナの林で緑が目立っているのは、
気に絡んでいる葛の葉っぱ。





親池の脇。
P_5770.jpg

こちらも秋。





品評会も終わって、
金魚も後は片づけモードです。
週末を利用して一気に仕事を進めます。
(写真一部は今週末じゃないですが)

先ずは糸外しと、鉄筋棒撤去。
C_4241.jpg P_5723.jpg

P_5725.jpg P_5734.jpg

三才池と親池。
張って有るテグスを再利用するって方もいますが、
面倒くさがりの自分には無理。
再度巻き取るなんて出来ない。
ってことで鉄筋棒から外したら、
まとめて全部巻き取ってあとはゴミへ。
巻き取った後の糸や巻き残しが残っていると、
来年に草刈りするときヘッドに巻き付いて大変です。
適当な男ですが、ここら辺は気を使います。

この両池とも、周りが森。
秋ともなれば枝が落ちる。
糸にその枝絡んで超大変なことになります。
まぁ、毎年の事ですが。
そこ行くと、当才入れているような小さくて、
周りに木が無い池は巻き取り簡単です。

糸外したら鉄筋棒抜いて、
軽トラ積んで車庫にしまって終了。
ですが、夏の間土手に埋まっていた鉄筋棒は、
錆び付いて土手の土と固着して、抜くのに一苦労。
これも抜きやすい池と、抜きづらい池がありますが・・・。





次は泥だし。
春から秋まで餌くれした池は、
土手を金魚が突いて土手の土が落ちます。
それと排泄物や色々が混ざったものがヘドロになります。
これをかまわないでおくと翌年水温上がった時に
ヘドロが湧いて醗酵する。
変なガスが出て金魚の食いが落ちるってことになる。
最悪水が腐って口上げなんてことにもなる。
なので、小さい池は泥だしします。
親池や三才池はとってもじゃないですが、
手で作業できる大きさじゃないので、無理。
ただ、大きい池は水量あるので何とかなります。

何時もの様に作業中の写真は無い。
池上げ終わった後再度水ためて水と一緒に泥を流す。
終了後。
P_5754.jpg P_5756.jpg

泥が抜けると右の写真のように、
小砂利や岩が見えてきます。
ホースは作業終わった後も水で泥を流すため。

別な池。
P_5752.jpg

池上げ後一ヶ月くらい放置してたら、
アオミドロが大発生(笑)。
まぁ、池上げの時にもありましたが・・・。
おかげで一度じゃ終らず、再度水溜めた。

学校のグランドとかならすレイキで泥を排水溝に送る。
P_5760.jpg P_5758.jpg

水止めて写真。
右の黒いのがヘドロです。

終了。
P_5764.jpg

写真だと表面黒いですが、
ヘドロの部分はだいたい流し終えた。
後は雨降れば自然に流れる。
一応ホースで水も送ってます。

本当は土手のアオミドロも全部流せば良いのですが、
一人じゃする気になりません(笑)。
後で石灰でも撒きます。





クレソン。
P_5761.jpg

上の野池の土手脇の側溝に植えてある。
植えたというか、苗持って行って投げただけですが。
それでも育ってくれるのがクレソンの良いところ。
当然無農薬、無肥料です。





最後の池上げ。
あげたのは土曜日。
終日雨降り。
よって写真は無い(笑)。
これは今朝。
P_5784.jpg

今年も除草に失敗したこの池。
草だらけで網引けません。
というか、網、洗ってもう仕舞ってますけど。
朝から地道に手網で金魚取り。
草の中にいるので、まぁ、大変。
それでも去年よりは金魚が大きいので、まだ楽。
去年も除草に失敗して、しかも小さかったので、
金魚取り超大変でした。

獣の足跡。
P_5786.jpg P_5787.jpg

オタマジャクシや取り残しを食べに来た。





あげた金魚。
二才と当才。
C_4244.jpg

当才はやたらと選別で柄付放したものと両方。
柄付になりそうなもの放しているので、
結構綺麗なのいます。

で、お昼過ぎたら青空が出た。
これは選別の写真撮れるかと
カメラ持って行きましたが・・・。
あげた金魚取っているこの時点でポツポツ降っている。
カメラぬらせないので慌てて撤収。





二才。
C_4252.jpg C_4258.jpg

満員状態なのに、
無理やり水槽に突っ込んだ(笑)。

当才もかなりきつめに選別して、
綺麗なとこだけ水槽に入れました。
その写真も撮ったと思ったら無かった。

おかげで、二才水槽も、当才水槽も超混んでます。
無事に来春迎えられるか、心配してます。




最後にお知らせ。
最初に書くべきだったかも・・・。

今回ご縁がありまして、横浜の、
「 金魚専門店 カハラ 」さんとお取引できることになりました。

きっかけは、
品評会の時に玉さば大好きさんに、
金魚作りすぎて困っていると話したら、
だったら紹介してあげるよと、
紹介してもらったこと。

とんとん拍子に話が進み、
先日、一回目の荷物をカハラさんあてに発送しました。
お店のインスタには早速その写真載せてもらってます。
新潟には遠すぎていけないけど、
横浜なら行けるという方は是非行ってみてください。

ってことで最後は宣伝でした。

まだまだ、池上げは続くと 直売会のお知らせ

2017/10/23 Mon

今日は雨降り。
台風の影響で午前中は暴風雨。
お昼前から風は止みましたが、
雨は降ったまま、時折強く降ってくるし。
ただ、超大型の台風っていうので警戒してましたが、
当地的には雨台風って感じで風は左程でもなかったかな。
台風で被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

ただ、この台風のおかげで停滞していた秋雨前線が取り払われ、
この後は秋晴れが突くという予報はうれしい限り。




世間的には意味が無い総選挙や、
台風の話題で盛り上がってましたが、
自分はひたすら池上げして選別です。
今日もその様子を中心に。

行く前に、朝靄スポット。
C_4015.jpg C_4021.jpg

これは金曜日かな。
紅葉にはまだ早い。
田圃の稲も無くなったので、
色味的に地味です。
まぁ、朝早くて薄暗いというのが一番の理由でしょうが・・・。





早速ですが、
今回あげた池。
P_5305.jpg P_5315.jpg P_5319.jpg P_5322.jpg

以前最後の山場書いた。
理由は簡単当才がウジャウジャいるから(笑)。
夏の間結局水が全然減らず、
結局一度も選別しないまま秋を迎えた池(笑)。
当然ながら素赤のオンパレード。
なのですが、ここはやたっこじゃなくて、
自家産メインの当才稚魚を相当量放した池。
しかもその後、選別した柄付も放したし(笑)。
なので赤が多いけど、数居るので良いものもいる。
それは餌くれ時に見てれば分かる。
なので、適当でいいやって訳にはいかない。
やっぱりきっちり取らないと。

で、左が水出す前。
その右に行くにしたがって翌日になる。
右の写真の日に地引網引いた。

結果、凄い数かかりました。
自分が網引いて一回で掛けた数の過去最高だと思います。
その写真はってことですが、
何時もの様に作業中の写真は無い。

最初は二度か三度引こうと思っていたのですが、
あまりに掛かりが良かったので、やめた。
これが失敗(笑)。
更に水出して、翌日は引き残りを拾います。
水が抜けて来たら、失敗を悟った。
池の底が赤くなるくらいまだいる(笑)。

水が極端に減ってから網引いても金魚はかからない。
なので引くのは諦めてひたすら網で拾う。
通常の当才池一枚分より残ってた(笑)。
普通の池だつて網引いた後引き残りを拾うわけで、
それ全部拾うってとっても大変です。
ずっと前かがみで作業するので、
腰が痛くなること(笑)。





吊り網。
C_4031.jpg

一番手前の2×3の中に
池から上げたやつらがいます。





選別セット。
C_4027.jpg

夏場も選別の様子載せますが、
基本はそれと同じ。
ただ、分け方が少し違うだけ。
これは土曜日の様子。
日曜日は朝から雨。
これに夏場は日除けに使うパラソルを立てて。
雨粒除け。

角の盥の前にあるブルーシートで包まれたものは、
エアーポンプと電線リール。
ポンプは屋外使用なので濡れても良いのですが、
リールのコンセント部分は濡らしたくない。
両方まとめてブルーシートで包んでます。





網にかけてみた。
C_4038.jpg C_4044.jpg

基本こんな感じ。

これとは別ですが、
当才の本命池を前日に選別しした。
まぁ、柄付だらけ。
当然夏の間何度も選別しているので・・・。
赤白も少ないし、やってて楽しい。

その翌日がこれです。
一網かけて柄付になりそうなのが数匹。
立てられそうなのは一匹いればよい方。
中には数度続けて立て候補なしなんてことも。
それでもひたすら選別。
しましたが、ついに一日では終わらず(笑)。
秋の池上げで一枚分を
一日で選別終わらないなんて初めてです。
ただ、中に極上物がいるのですよ。
それが無かったら嫌で途中でやめてます(笑)。

そうは行っても一日半、選別すれば
かなりの数の立て候補拾えます。

前回も書きましたが、
そんなに入れられる水槽はありません。
前日に拾った本命池分とこちらを合わせて、
立て様に拾った中から更に水槽用を厳選。
全部立てたいですが、物理的に無理。

無理やり拾ったのがこちら。
C_4050.jpg C_4053.jpg

当然ながら柄付しかいません。
サイズ的には去年より小さめですが、
Sって感じじゃなくて、Mって感じでしょうか。
中にはLもLLもいますけど。





お気に入りを拾ってみた。
単独で。
C_4058.jpg C_4067.jpg

P_5340.jpg P_5342.jpg

P_5348.jpg P_5353.jpg

P_5354.jpg P_5356.jpg

P_5359.jpg P_5365.jpg
 
P_5374.jpg P_5378.jpg 

P_5380.jpg P_5382.jpg 

P_5389.jpg P_5391.jpg 

P_5477.jpg P_5483.jpg 

P_5489.jpg P_5494.jpg 

どれをとっても柄は極上かと。

特に一匹目なんて背中を白で三段に割って、
日は腹を巻いてくっ付いてる。
こんなのいそうでなかなかいません。
ついでに二匹目。
今は緋が目立ちますが、
サイズアップすれば白の面積が増えて来る。
三才時位では極上の赤勝ちさば尾になっているはず。

一匹、一引き解説かくと限ないし、
自慢ななりそうなので、
あとは写真見て判断してくださいってことで。





おまけ。
K5_2562.jpg K5_2566.jpg

素赤。
選別見に来ていた、親父が拾った。
本人は猩猩だと言ってますが、
残念ながら背びれと片側の顔の目からしたが白い。
ただ、背びれ以外の各鰭は全部先まで赤い。

素赤を水槽に入れる気は無いので、
はねたら一匹位俺の気に入りも残せというので、
仕方ないから水槽にいます。

素赤でも尾びれの先まで赤くて、
口の下のあごの部分まで赤い素赤はまずいない。
以前リンク先の玉人さんが猩猩を紹介したのを見た時も
玉サバの猩猩初めて見たと思いましたが・・・。
数が取れると色んなのがいるってことで。





タイトルにも書きましたが、
泣く泣く立てられない当才がまだかなりの数います。
その下の柄付も例年なら立てている位の物がゴロゴロいるし。
ってことでそいつらと上がりの良かった二才も混ぜて
我が家で直売会をやってみようと思います。

日付は10月29日の日曜日。
午前10時ころからを予定。
普段は売りに出ないような、
柄付を用意してお待ちしてます。
まぁ、苦労して作ったのでそんなに安くはできませんが、
お店等で買うよりは格安だと思います。
まぁ、お店に柄付の玉サバやさば尾が並んでいるの、
見たことは無いですが。
その写真見せろって話ですが、
昨日は雨の中選別してたので、
写真が無いです。
後日、載せます。

来てみたいという方は鍵コメントで連絡ください。
場所と連絡先をお知らせするので、アドレスの記入をお願いします。
誰からも金曜日までに希望なかったら
恥ずかしいのでこの部分は消します。
土曜日以降に連絡貰ってもやりません。
因みに場所知っていても行くって連絡だけ下さい。
ショートメールでも電話でも何でも良いです。
誰からも連絡なかったら準備しません(笑)。
というか、池のかたずけでもします。
もし大盛況だったら第二弾も考えますが、
そんな可能性はないか(笑)。


というか、まだ一枚池上げ残ってた。
直売会やるという宣伝でした。





最後は当才水槽。
C_4092.jpg C_4099.jpg

小サイズがあまりに綺麗なので、
上段も小サイズが入りました。
しかも限界と言っていた下段にも追加で入れたし。

過去最数数を両方共入れてあります。
まぁ、数は途中で忘れましたが(笑)。
過密水槽得意ですが、
さすがに入れすぎだと思ってます。
これだと、春先が持たないかもしれない。

この水槽見た母親が昨日の夕方つぶやいた一言。
「明日の台風で停電しないといいねぇ。」
ごもっともです。

池上げは続く

2017/10/16 Mon

今日は曇り。
朝からどんよりして今にも降りだしそうですが、
降っては着ません。
ただ、気温は上がらず肌寒い。

今朝も池の水出しに行ってきましたが、
その時はポツポツと雨当たってました。





早速本題に行く前に、
何時もの場所。
C_3958.jpg

ただ、今朝は靄全くありませんでしたけどね(笑)。
写真でもわかるように池上げ進んで、
水の無くなっている野池増えてきました。

我が家の池上げも大分進んで、
もう少しで終了です。
ただ、山場がまだ残ってますが・・・(笑)。





で、池上げの話。
前回、朝に翌日取るつもりの池の水出ししてきたと書いた。
順調にいけば土曜日の午前中に取れる予定。

家に帰って電池持って池の水見。
夜中も二回ほど確認。
良い感じで水抜けてます。
で、夜明けと共に道具持って野池にGOです。
着いたら予想以上に水が出てる。
網引くつもので行きましたが、
水抜けているので手作業で取ることに。
まぁ、やたらいないのでそれも出来ます。
デカいので、ある程度水あっても何処に居るか見えるし。
で、全部捕ったつもりで終了。
こう書くとと簡単そうですけど、
今回は本当に簡単でした(笑)。
毎回こんなが良いです。

で、捕った金魚持って帰宅。
金魚たちは泥だし。
自分は朝飯。

食べたら取り残しいないか再確認。
その時の写真がこれ。
P_5271.jpg

二匹取り残しがいますが、分かるでしょうか。
因みに作業前の写真は、
行ったらあまりに水抜けてて慌てたのでない(笑)。





泥だし中の親。
P_5275.jpg

せまい水槽に入れられて文句でひっくり返ってます。

で、泥吐かせたら水槽に収容。
親池にいたやつらなので、
緋が抜けたとか、ひっくり返っているとかが無ければ、
そのまま水槽に入れるだけなのですが・・・。
入れたら水槽が狭い。

デカいのがゴロゴロいて水槽が・・・。
仕方ないので小さいものを取って隣の三才水槽に。
それでもかなり窮屈ですが・・・。

で、今年の親池ですが・・・。
とっても・とっても、良かったです(笑)。
サイズアップもしてるし、緋色も抜群。
それに過去最高にデカく成った個体がいます。

残念だったのは毎年の事ですが、
やっぱり帰ってこなかった個体がいること。
特にお気に入り上位の個体が何匹か上がらなかったのは、
とってもとっても残念です。
まぁ、そのうちの二匹は途中で落ちたの見ているのですが・・・。

ここら辺が野池の良い所であり、辛い所かな。

親池は選別無いので、捕ってきた後の作業は簡単。
上で書いたように、泥はかしたら水槽に入れるだけ。





その後は終わっていない選別をひたすら。
その様子。
イケスに張った釣り網。
P_5278.jpg

この時まだ場所なかったので、
二才と当才が混合。
両方混じっている選別はしずらいのですが、
仕方ありません。





タライにすくって。
P_5287.jpgP_5280.jpg





網にかけて選別。
P_5291.jpg P_5285.jpg





立てる奴ら。
P_5283.jpg





販売用。
P_5284.jpg

この時池の土手で作業している自分を
下の道から見かけたのでって遊びに来てくれた方がいたり。
選別中だったのでろくなお相手できず申し訳ありませんでした。

更に日曜も池上げして選別してって感じで終わりました。

で、上の写真を捕ったら、
選別した当才と二才を水槽に入れる前に、
個体写真撮ってここに乗せるつもりでいた。
今年の出来はこんなですって。
まぁ、出来は良いのですけどね・・・。

ところが、カメライケスの脇に置いたまま、
持って帰ってくるの忘れた(笑)。
ってことで水槽に写真撮らずに放しました。
さすがに立て様の個体放置ってわけにいきません。





代わりに今朝の水槽の様子です。
親水槽。
C_3985.jpg C_3986.jpg

どの水槽もそうですが、まだ水槽に入たばかり。
普段は蓋して暗くしているので、
電気点けると濾過槽の下に逃げ込む。
暫くすれば出てくるのですが、
今朝は待ってる時間なかった。
これで餌やるようになると、電気点けると今度は
水面を伺うようになるのですけどね。

そんなわけで数居る割にスカスカして見えます。





三才水槽。
C_3980.jpg C_3982.jpg

二才もいます。
今年は二三才の出来良いので、
当才入れる必要はない。

で、去年以上に出来の良い当才、
入れる場所が有りません。
マジで困ってます。





二才。
C_3978.jpg C_3976.jpg

日曜日に上げた二才池。
餌は他と同じもの食っていたはず。
なのにここの個体だけ肌が黄色い。
明らかに色揚げの影響。
まぁ、年明け頃には色も落ちて来るとは思いますが。
やっぱり肌は抜けるような白が良いです。
何故ここだけ色揚げの影響でたかは不明。

っていうか、他は日に二度餌やってますが、
此処と当才のメイン二枚は朝しか餌やっていないので、
むしろ逆の気がするのですけどね。
まぁ、柄は良かったし、サイズもそれなりなので、
肌は来年になればってことで(笑)。





当才。
C_3970.jpg C_3960.jpg

左が上段、大サイズ。
こちらはまだ入れる余裕あります。
が、右の下段小サイズ。
先日上げたメインのうち一枚がサイズが不ぞろい。
デカいやつは選別の度に他の池に持って行ったつもりなのですが。
結局、大小の差が物凄くついた上がりになった。
ただ、そんな時に限って小の方が物が良かったりするもので(笑)。
結果、そこから上がったやつらで既に満員状態です。

日曜にあげた池。
二才の選別は終わりましたが、
当才はまだ。
此処の当才がこれまた極上って感じでして。
それ選別して大サイズに入れたら多分満員。

この後上がってくる池からの入れる場所が無い。
以前も書きましたが、
今年はかなり厳しく選別しているのですけど・・・。

立て様当才の大放出でもしましょうか・・・。
欲しい・あるいは興味ある・視てみたいという方いたら、
下の拍手ボタン押してください。
拍手多数だったら考えます。
何時も通りだったらこの文章恥ずかしいので、消します。





最後の山。
P_5306.jpg

ここが終われば後はそんなに大変なところはない・・・かな。

これ書いているうちに雨降ってきました。

池上げして水槽立ち上げて選別して・・・

2017/10/10 Tue

今日は曇りのち雨のち曇り。
朝は曇ってたのに、出勤時には雨。
その雨もお昼前には上がって、
その後はどんよりした曇り空です。
今にも降りだしそうな雰囲気ですが、
この後どうなるでしょう・・・。





今日は連休中の様子を。
ブログのタイトル見て順番逆だろと
思った方もいるとは思いますが、
本来は逆なのですが、諸事情がありまして。
こんな感じに成ってます。

本編敷く前に。
C_3880.jpg

夏の間中書くたびに紹介してきた朝靄スポット。
最近は餌くれしていないので、毎朝通わないけど・・・。
何時もと違って朝食後。
日曜日に天気良かったので、たまに餌くれ。
というか、沈みが少し残っていたので、
使い切るためにですが(笑)。





で、前回書いた通り、
土曜日の午後からは池上げ。
家の近くで便も良いので、
一旦上げたらまた水溜めて、
吊り網張って選別等の作業所に使う予定。

何時もの様に作業中の写真はありません。
網引いて金魚取って
後はさらに水抜いて引き残しを拾って終了。

池上げしたのはこの池。
P_5080.jpg

水連が一株植えられている場所。
といっても水連あると網引きの邪魔だし、
池上げ時も葉の下に金魚潜るので、
先ずは水連を刈り取るのが先ですが。





池上げ後。
P_5188.jpg P_5190.jpg

翌日、もう水溜まってきてる。
右は刈り取った水連。
これ一株取り除くのに30分くらいかかりました(笑)。





上げた二才と当才。
C_3862.jpg C_3876.jpg

此処の当才はやたらオンリー。
サイズはデカいですが、物は左程でもない。

写真にも少し写っていますが、
此処の素白と素赤のデカくなっていたこと(笑)。
しかもそんなのに限って物凄いボディ。
それ紹介しようと思っていたのに、
写真撮るの忘れた。
というか、今回作業量のわりに写真少なめです。

で、日曜日。
終日かけて水槽5本立ち上げ。
午前中は結局、米持って行ってくれなかったので、
それを別な車庫に移動して・・・。
水槽立ち上げのための色んな作業。
していて、そういえば水中ポンプって
きちんと動くかなって。
一昨年はポンプに大分出費したけど、
去年はそうでもなかったことを思い出した。
案の定、三台使っているポンプのうち二台が動きません。
一台は予備があるのでそれ使うことにして、
もう一台たりない。
まぁ、買ってくるしかありません。
近くのホームセンターまで買い物。
で、家出る前は今まで使っていたものと同じのを買う予定。
だったのですが、ホームセンターについてポンプ売り場で
商品眺めている時に、
同じメーカーの物でも周りの白いやつで
主要部品がステンでできているのが有って、
値段は高いけど持ちは全然違うので、
どうせならそちらがお勧めですよなんて
アドバイス貰っていたのを思い出し。
確かに、値段は倍以上します。
二台使えば結局同じくらいの使用時間になるでしょって、
思ったはずなのに何故か高い方買って帰ってきた(笑)。
なので倍以上働いてもらわないと困ります。

水槽立ち上げながら色んな作業。
途中水を抜かなければならない場面もあり、
排水用のポンプを取り出して作動。
させますが、うんともすんとも言いません。
こちらは常時運転でないので、
壊れないだろうと勝手に思い込んでましたが、
お亡くなりになられていたようです。
結局ポンプ三台終了です。
以前壊れた物も入れて我が家に壊れて動かないポンプ
多分7・8台あります(笑)。

まぁ、代わりを再度買いに行く時間ないので、
柄杓で水汲み出しましたが(笑)。
で、これからの水替え作業時には必需品。
いずれにしても買わなければ。

ついでに、予備で買っていたマグネットポンプ。
取説だと排出量は同じだったのですが、
実際動かしてみると半分くらいしかない。
これも、このまま使っていてよいのか、悩みます・・・。

まぁ、色々有りましたが、
予定通り水槽全部立ち上げました。
空の水槽の写真出しても面白くないので、
というか、撮ってないし、写真は無しで。





日曜日は水槽立ち上げながら野池の水出しもしてた。
月曜日はそこの池上げ。
三才と二才、ついでに当才も入っている池。

網引く前、早朝。
P_5200.jpg





網引き後。
P_5203.jpg P_5206.jpg

掛かりはまずまずだと思った。
三才は予定より少なかったのですが・・・。





当才。
P_5208.jpg P_5212.jpg

良い感じでサイズアップしている。
しかもサイズが揃っているのがやっぱり良い。
やたらと選別した柄付を入れてある。

網引いた物を捕ったら朝食。
その後、野暮用が有って再開は10時ころ。





排水待ち。
P_5221.jpg

周りのネット外したりして、時間つぶし。
水少なくなってくると池の側を離れられない。

で、写真見てもらうと分かるのですが、
いたるところが濁っている。
網引いたわりに掛かりが良くなかったようです(笑)。

あとはひたすら手作業で引き残し拾って終了。
まぁ、お昼過ぎまでかかりましたけどね(笑)。





泥だし中。
P_5227.jpg 

捕ってきた二・三才。
泥吐かせたら水槽に収容。
まぁ、水槽立ち上げた翌日に
金魚入れる人は自分位でしょうけど。

良い子は真似をしてはいけません(笑)。

冗談はさておき。
三才の上がり極上でした。
水見でサイズアップしているのは見てましたし、
途中で選別の為に網引いた時に見ていたので、
悪くないだろうと思ってましたが、
良い方に思い切り裏切られた感じ。
三才水槽が例年の親水槽の様になってます(笑)。
まぁ、親も良いとは思いますが。
問題は数かな。

そういえば土曜の二才も良かったですよ。
二才選別したのですが、まだメインの池二枚がこれから。
そこから上がって来る奴らのこと考えると
迂闊に水槽に入れられない。
どこまでを水槽に入れるか、非常に迷った。
後は全部終わったら調整します。





遅い昼飯食べたら、
あとはひたすら選別。
カメラ持って行ったにも関わらず、
なんと写真一枚も撮らなかった(笑)。

ただ、当才も上がりは極上。
去年は上げたら柄付だらけなんて選別しましたが、
今年は玉石混交。
ただ、赤や白もいますが良いのもザクザクって感じ。
当才の本当のメインは他にある。
そこからのこと考えると、二才同様というか、
二才以上にまだ水槽入れられない。
例年ならこれ拾うってやつも今回はパス。
とってもストレスのたまる選別。
拾うのいない選別はもっとさみしいですが、
良いなと思っても、とりあえず今は待ては
別のストレスあります。
まぁ、そんだけ物が良いってことなので、
良しとしなければいけないのですが。

代わりに拾うやつら全部同じようなのばかり。
何時もだと色々拾わないと、数が足りない。
結果いろんなのが入りますが。
好きな物だけを拾うとみんな同じになります(笑)。

ひたすら選別しましたが、
夕方暗くなってタイムアップ。
終わりませんでした(笑)。
こうなりそうなのが分かっていたので、
写真撮っている暇なかったのですが・・・。

残りは今朝選別して終了。
今朝選別したものの一部を。
上が小サイズ、下が大サイズ。
C_3886.jpg C_3888.jpg C_3891.jpg

C_3894.jpg C_3896.jpg C_3900.jpg

今朝曇りで暗かったので、
写真も暗いですが雰囲気は伝わるかと。

久しぶりに文章いっぱい書いた(笑)。
上げた魚たちはいずれ紹介していきます。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR