孵化したので野池に放した

2017/05/26 Fri

今日は曇り。
予報だとこの後雨だとか・・・。
そのせいかそんなに気温は上がりません。

一昨日の夜から降り出した雨は、
夜中は結構良い降りで、
田んぼも畑も一息ついたって感じです。
今日のこれからの雨が同じくらい降ってくれれば、
田植えから今までに田んぼにかけた分の水を
取り戻せるのですが・・・。
そう都合よくはいかないでしょうけど。

あんまり雨降って野池の水温下がるのも困るし(笑)。





今日は金魚の卵のその後と、
週末の田んぼ以外の事。

本題に行く前に、今朝の朝靄スポットと、雪の残る山。
P_0748.jpg

P_0741.jpg P_0750.jpg

申し訳程度に靄が掛かってましたが、
もしかしたら早い時間はもっとあったのかも。

標高のある山はまだ雪が残ってます。





昨日の夕日。
C_7188.jpg C_7223.jpg

帰ったら丁度夕焼け。
何時もの柵池スポットまで行って写真。
もう少し赤いともっと綺麗なのですが・・・。

まぁ、贅沢は言えません(笑)。




前々回に産卵した様子は載せたので、
今日はその後。

土曜か日曜日に産卵終った親取って
野池に放すと書いた。
で、土曜日は田植え。
超が付くほど良い天気で気温も上昇。
木曜に産卵したので、三日目。
木曜からずっと晴天続き。

田植え機に乗りながら、
この天気と気温なら4日目で孵化が始まるよななんて思いながら。
ってことは何らが何でも土曜中に親吊り網から取らねば。
孵化したての毛後の居る中で親取りなんてとんでもないので。

で、夕方親を取りに行ったついでに卵の写真。
P_0665.jpg P_0667.jpg 

P_0673.jpg

水温上がったので、結構な数腐ってますが・・・。
そうでないものはあめ色で半透明なので、
水の中だと写りにくいかな。

下段は網に付いた卵。
網は外との境目なので常時水が動いている。
なので中の杉の葉よりも腐りにくい。
卵の中に毛子がいるのが見える。

両方の親を取って野池に放しました。
親の写真は産卵でポロポロなので載せれません。
後は秋までの池でゆっくりして下さい。
なのですが、また勝手にヤタルのでしょうねぇ(笑)。

で、日曜の夕方、仕事終わって様子確認。
孵化したてでまだ上手く泳げない毛仔を確認。
かなりの数いそうです。
この時カメラ持って行かなかったので、写真はない。





毛子。
P_0707.jpg P_0713.jpg P_0721.jpg

水曜の朝、野池に放すつもりにしててので、前日確認。
数居るとは思ってましたが、思った以上にいます。
というか、もの凄くたくさんいます(笑)。
こんなにいてどうするのって位です、マジで・・・。

自分の野池でそんなに数入っていないところに、
少しはというか、ある程度は放すとしても、
それでも全部なんていらないというか、飼えない。
野池有るのだからそこに放しておけば良いでしょって、
思われるやもしれませんが・・・。
最初毛仔の時はいくらいても何とでもなりますが、
徐々に大きくなっていくわけで。
数入れすぎればどこかで破城する。
簡単に言うと酸欠起こします。

去年ヤゴ退治の剤を貰った親戚と友達に電話。
どちらももらってくれるという。
友達には数千匹くらい、親戚にはその数倍。
持って行ってもらいました。
親戚はあまりの数に驚いていたらしい・・・。
ありがとうございました。





放す前。
C_7145.jpg C_7158.jpg

C_7164.jpg C_7167.jpg C_7170.jpg

上がショートの子、下が玉の仔
実際はこの時あげる分と別の野池に放す分を捕ったのですが。
上の様な感じて、ショートは2×2メートル
玉は3×2メートルどこを見ても同じくらいいる。
かなり捕ったつもりでも結構な数を結局野池に放しました。
多分どこかで酸欠起こします・・・。
そうなる前にむけてくれると選別できるのですが、
無理でしょうねぇ。





今朝。
P_0772.jpg P_0796.jpg

朝六時頃に行って毛仔がツンツンしているのが見えるって、
決して良い事ではないと思う。
そう書きながら写真撮って来たのですが・・・。




明け二才。
P_0675.jpg P_0679.jpg P_0682.jpg

最後は野池の準備が出来ず車庫水槽にいた明け二才。
準備はできてませんが放すことに。
水替えや濾過槽掃除していられないので・・・。
日曜の午前というか朝一に放した。

この週末に糸張りする予定。
スポンサーサイト

産卵したよ

2017/05/19 Fri

今日は晴れ。
朝から良い天気です。
放射冷却で朝は肌寒かったですけどね・・・。





まずは何時もの山と柵池の夕日。
P_0542.jpg C_7138.jpg

緑も濃くなって
すっかり初夏って雰囲気になってきました。





以前のブログで、
仔取りは週末にかけてかなって書いた。
当初の予定だと今日、金曜の朝に吊り網に放して、
土・日の朝で産卵させて、
日曜の日中に親を釣り網から取る予定にしてた。

のですが、
月・火曜と雨が降った。
良い感じに新水も入って水温も下がった事でしょう。

ってことで一足早いですが、
水曜の朝に親を釣り網に放すことに。
それに、予報だと水曜から晴れて気温も上がりそう。
トタン張りの我が家の車庫は暑くなりますから(笑)。
何かアクシデント有っても嫌だし。

水曜の朝は早起きして、水槽から金魚捕り。
(毎朝早いですけどね)
何時もの様に蓋開けて電気点けると餌くれで、
水面付近を泳ぎ回りますが、
気にせず水中ポンプ入れて水を抜き。
捕ったのが下。
玉さばグループ。
P_0473.jpg P_0482.jpg

さばも何匹かいますが・・・。
今年はさば尾だけの仔取りしないので入れておくことに。
網にかけた感じで左が雌で右が雄。

自分で云うのも何ですが、
雄の緋と肌の質は良いものがあるかと。
っていうかそんなのだけ残してあるのですけど(笑)。





ショートグループ。
P_0460.jpg P_0465.jpg

以前書いたように今年はさば尾の仔取りの代わりに、
ショートテールで子取り。
こちらは玉さばもさば尾も混成です。
左がベリーショート。
写真見ていただければわかりますが、本当に短い。
ただ、これだけじゃ仔取りするのに少し足りない。
ってことでミドルも入れた、それが右。
こっちは上と違って両方に雌雄が入ってます。

今年はこれで子取りしましたよ。





網入れ直後。
P_0490.jpg P_0492.jpg P_0500.jpg

って書いても、水面を杉の葉が覆っているので、
金魚見えませんけどね。
中央の写真でちらっと見えるかな。

ついでにお買い物も紹介。
写真に写っている人工産卵藻、商品名 キンラン を買った。
取りあえず1.5メートルを10本。
杉の葉と両方入れてみて、
キンランの方が良ければ来年以降はもう少し大量に買ってみようと。

どうやって使うか迷いましたが、
たまたま買った物が5本一束で片側を結んであった。
そこに重りを結んで
下から藻が伸びてきているみたいな感じにして使ってることに。





木曜日の朝。
P_0547.jpg P_0555.jpg

P_0550.jpg P_0553.jpg

写真じゃ分かりずらいですが、
両方とも追っかけっこしてます・・・。
が、ショートグループの方が激しく動いている。

暫く見ていたいのですが、
産卵が確認できればOKってことで、
日曜日の午後にできなかった畑のトラクター。





夕方に卵の確認。
P_0566.jpg P_0569.jpg

P_0587.jpg P_0592.jpg

両方とも間違いなく生んでいるのを確認できました。
上が玉さばチーム、下がショートチームなのですが、
ショートの方の卵が多いのにはびっくり。
っていうか、玉さばは予定してたより、
ずっと少ないのですが・・・。
まぁ、明日に期待ってことで。

キンランと杉の葉も比べてみたのですが、
正直そんなに違いはないかと。
下段の右の杉の葉についている卵の数!!!

ただ、違わないなら洗って毎年使える、
キンランも楽でいいかなって感じ。
まぁ、一度に全部入れ替えるのもお金かかるので、
徐々にって感じでしょうか・・・。





藤の花と夕日。
P_0608.jpg P_0604.jpg

当地は野生の藤が今見頃です。





今朝の玉さばチーム。
P_0613.jpg P_0616.jpg P_0617.jpg

昨日と同じ感じで動いてた。
これなら卵結構捕れるかも・・・。

今朝のショートチームは全く動きみられず。
昨日で終わったようです。
取りあえず明日時間が有ったら、
親とって飼育用の野池に移動。
時間なかったら、日曜かな。
それまで卵食うなよ(笑)。





最後はおまけ、今朝の野池。
P_0623.jpg

外気温が下がったので、
野池の水が水蒸気で上がってる。

親水槽の餌タイムと今朝の様子

2017/05/16 Tue

今日は雨のち曇り。
昨日の天気予報だと午前中は曇り、午後から晴れのはず。
なのですが、起きて外に出るとポツポツ当たってる。
まぁ、降らないと思って出かけるときは降ってきます(笑)。
しかも次第に強くなってくるし。
雨に打たれながら用だけすまして帰還。
途中で雨弱くなったので写真撮ってきた。
今日はそれ。





まずは何時もの山。
P_0339.jpg

この時雨強くて車の中から。





桐の花。
P_0332.jpg P_0336.jpg P_0348.jpg





スズラン。
P_0354.jpg P_0352.jpg





つつじ。
P_0362.jpg P_0365.jpg

P_0401.jpg P_0399.jpg P_0404.jpg





花その一。
P_0370.jpg P_0371.jpg





花その二。
P_0396.jpg P_0397.jpg





アスパラガス。
P_0372.jpg P_0374.jpg P_0380.jpg

昨日と今朝の雨でアスパラ伸びること。
雨降らないと全然伸びませんが。





最後は車庫水槽の給仕の様子。
仔取り用の親たちと糸張りが出来ていない、
野池一枚分の当才がまだ残っている。

水槽の水温はすでに22度位になっているので、
毎朝少量ずつ餌あたえてます。
親はこの時期餌切って腹すかせていると、
産んだ卵を余計に食う気がするので、
それの防止も含めて。

蓋開けたところ。
P_0411.jpg P_0406.jpg

蓋開けて電気が着くと餌をやる習慣が付いたので、
水面近くを泳いで餌の催促。





給餌直後。
P_0416.jpg P_0420.jpg

P_0424.jpg P_0429.jpg

水汚れるの嫌なので、浮のみ。
この時期もう水替えも濾過槽掃除もしたくない(笑)。

取りあえずよく食います。

野池を準備して金魚を放した。

2017/05/08 Mon

今日は晴れ。
朝から快晴です。
ただ、朝は少し冷え込みましたが・・・。
連休中ブログ放棄してしまいました。
一度は更新しようと思って、
お気に入りの写真も用意してあったのですが・・・。

当初は連休の初めは野池の準備。
後半は田んぼの準備の予定にしてた。
ですが、GW直前で金魚色々ありまして・・・、
まぁ、ここには書けないようなアクシデントばかり。
一度は大事にもなりましたし。
で、連休中に仔取りする親以外は全部放すことにした。
と言っても、雪の消えていない一枚は別ですが。
4月の後半の休みで少しだけ準備してますが、
殆ど手つかずのようなもの。
結果田んぼの準備できなくなるけど、
仕方ないと割り切ることに。
田植えは一週間予定より遅らせることにしました。

今日はそんな野池の準備とその合間に撮った写真。
撮った日付けはバラバラですが・・・。





まずは何時もの山と柵池。
C_6757.jpg C_6759.jpg

もう雪は見えません。
でも、沢の影とかにはまだ残ってます。





ブナの木。
C_6935.jpg

青々って言葉が合うかと。





まずは糸張り。
C_6703.jpg

取りあえず二日で糸張り終えるつもりで始めた。
永遠と歩くだけ(笑)。
こんな張り方でなく、
等間隔で平衡に張った方が良いという方もいますが、
自分はこの方法かな。

ここは上土手側にも歩く道ありますが、
場所によってはぬかるんでいたり、
場合によっては道無いので水の中を歩いたり、
まぁ、場所によって様々。
万歩計付けて歩けばよかったと、
後で思ったほど歩いた。





カエル。
C_6720.jpg C_6733.jpg C_6736.jpg

糸張りしている時は写真撮れないので、
実際は張った後に撮った写真ですが、
こんなのを見ながら張ってたということで・・・。





カエルの卵。
C_6722.jpg C_6791.jpg

左はトノサマ、右はシュレ。
シュレは土出のくぼみに卵産みつけたのでしょうが、
水かさが増して卵が浮いてきた。





クレソンとマコモ。
C_6725.jpg C_6729.jpg





コゴミ。
C_6790.jpg

以前、群生しているって紹介した場所。
取る人いないので、伸び放題。





フキとフキノトウの綿毛。
C_6809.jpg C_6811.jpg C_6817.jpg





ゼンマイ。
C_6706.jpg

これは取ってきたものを干しているところ。





シイタケ。
C_6761.jpg

とある日の収穫物。
食べきれないので直売所行。





アスパラ。
C_6861.jpg C_6863.jpg

もう少しでアスパラ食えるようになるかな。





親池行き。
C_6741.jpg C_6744.jpg

C_6750.jpg C_6753.jpg

上は親水槽から、下は三才水槽から。
明二才も明三才も放したのですが、
写真撮ったのこれだけでした(笑)。

上でも書いたように仔取り用の親と、
糸張り出来ない野池に放す用の明け二才以外、
全部の池に放した。
5日に放したので、
6日の朝はどの池でもやたらしまくりでした(笑)。





ネット張りとピン止め。
C_6769.jpg

本当は糸張ってネットも張ってから放した方が良いのですが、
ネット張りは糸張りほど時間がかからない。
ってことで放したからネット張り。
で、ネット張ったら下をピン止め。
下を止めておかないと獣が悪さをするので。





放した翌日。
C_6773.jpg

上の糸張りのところで紹介するように、
金魚放す前は基本透明。
金魚が土手や底の泥をついばむ事で、
こうして水が濁ります。
野池に放してしばらくは餌上げずに泥を舐めさせます。
泥に含まれるミネラルが良いのか、
何が効くのか正確なところは分かりませんが、
泥舐めると体調崩していたやつも復活します。
と言っても、特別悪い奴いませんが。
ただ、転覆した奴が治るわけではないですが。





獣の仕業。
C_6774.jpg C_6776.jpg

土手のいたるところにこんな監視で穴掘った跡がある。
左の写真にピン止めしているピンが写っているかと。

以前はブラのマルチ抑えを使っていましたが、
使い勝手悪いのでUピンに変更。





最後は野池の金魚。
C_6777.jpg C_6794.jpg

餌やるわけでないので浮いてこない。
土手の側に寄ってきた奴ら。

準備

2017/05/01 Mon

今日は雨のち曇り。
朝起きた時はまだパラパラ。
なので山笠だけ被って水見に・・・。
そんな時は途中で本降りになります(笑)。

その後は結構な降り。
お昼前に止んだと思ったらまた降ってきたり。
取りあえず今は止んでます。
予報だと明日からは天気良いらしい。

昨日は暖かくて、25度位もあったのに、
今日は一転10度も低い。
この時期の何時もの事とはいえ、
体調管理が難しいです。





まずは今朝の写真。
いつもの山とブナの林。
C_6655.jpg C_6650.jpg

山は雨に煙ってぼんやりです。
ブナの葉は益々青々してきたし。

C_6646.jpg C_6648.jpg

ブナ林の中は葉が茂って陽が射さなくなったので、冬より暗い。

法面は段々青くなってきます。
今はフキですが、もうしばらくするとススキと葛が出てきます。





野池の準備の写真に行く前に・・・。
自分の準備。
山笠。
P_0210.jpg P_0212.jpg

何時もの年だと農作業の始まる前に、
長靴を新調するのですが、
去年勝ったミツウマは高かっただけあって持ちが良い
代わりに4寸の山笠を勝った。
頭にかぶる五徳も別売り。
両方合わせると結構お高い。
ただ、これ買ったのは作りが気に入ったから。
右の写真見てもらえれば分かりますが、
骨がブラじゃなくて竹。
竹組の山笠なんて中々売ってません。





今までの。
P_0215.jpg

去年まで被っていたのも捨てずに利用。
ナイロンカバーを買ってきて被せただけですが(笑)。

以前もこれと同じ使い方してたのですが、
何時の間にか無くなっていたので(笑)。





今日は週末の作業の様子。
と言っても何時もの様に結果のみですが。
ただ、この時期するのは野池の準備だけですけどね(笑)。
後は田んぼの準備か。

今回は野池の土手周りの掃除と
杭打って糸張りがメインの予定だった。

土手周りの掃除後。
C_6606.jpg

土手にネット張るのでネット回りは草刈りが出来ない。
除草剤も撒きますが、水際は効きが良くない。
結果ネット回りだけ草が生えてる。

秋に全部かたずけられれば良いですが、
中々思うようにはいかず(笑)。
結果、春の水溜め前の作業になる。
中には水溜まったままやる場所もありますが。
ゴミ集めて捨てるだけですが、手間はかかります。





杭打ちと糸張り。
C_6602.jpg 

鉄筋棒を打ってそれに糸を張るだけ。
後でネットも張りますけど。

書くとこれだけですが、結構時間食う作業です。
しかも糸張りは永遠歩くだけだし(笑)。

上の池これで糸張り終了じゃありません。
が、テグスが無くなった。
まぁ、テグスが無くなるのは分かっていたことなので、
お店に買いに・・・。
何時も土曜日は営業しているのですが、
なんと29日は祝日で休業じゃないですか・・・。
糸が無いです・・・。
困りました、糸張り出来ません。。。





仕方ないので・・・。
C_6628.jpg C_6630.jpg 

糸は後で張ることにして、
杭だけ打っておくことに。
なんか侘しいかも。

ってことで、ゴミ片付けと
鉄筋棒の打ち込みをひたすらやった。
なので、GW最初はひたすら糸張りが待ってます。
同じことしてると飽きる(笑)。
杭打って糸張っての繰り返しの方が
まだ飽きないのですけど。





作業中は基本写真撮らないのですが、
途中の休憩時間に一寸遊ぶ。
生えてたスミレ。
C_6615.jpg





カエルを二種。
C_6591.jpg C_6593.jpg

C_6637.jpg C_6641.jpg

上がシュレーゲルアオガエル、下はアマガエル。
シュレとアマは大きさが若干違う。
シュレは変色しないので、土手にいても緑のままだし。





八重桜。
C_6617.jpg C_6619.jpg C_6624.jpg





シイタケ。
C_6577.jpg C_6586.jpg C_6589.jpg

水分の少ない場所は笠が割れてどんこ状態。





最後はウド。
C_6576.jpg

家の養殖もの。
野生のウドも今が盛り。
初物を少しだけ食べれば十分かな。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR