今のところ今年、二才は良い感じです

2017/07/03 Mon

今日は土砂降りのち、曇り時々晴れ。
ただ、この後夜からはまた雨らしいですが・・・。

昨夜は夜中から凄い降り。
雨が屋根をたたく音で雨の強さが感じられるほど。
眠っているのですが、どこかに意識があって、
強い雨が降っていると思っている自分がいる。
で、何時もよりも早めに起床。
5時前。
バケツをひっくり返したようなという表現がありますが、
まさにそんな感じ。
野池に水を入れている場所もあるので、
どうなっているのか心配。
ってことで、上下カッパ着て出動。
当然ながらカメラは無し。
あまりの雨なので、何時もの餌も持たずに・・・。

何時もの山回りの順番がありますが、
取りあえず水入れているところが心配なので、そこから。
どうなっているかと見に行きましたが、
水取口自体が激流に流されて崩壊。
ホースが残されているのみ。
それだと水もホースに入らないので・・・。
不幸中の幸いって感じでしょうか。
まぁ、また土嚢袋と杭使って水取口を作り直さねばいけませんが。

野池は降っっている水と野池の周りの法面からの水を
排水口が飲みきれない状況。
オーバーフローで土手越えしてるけど、
それですぐに土手が決壊って程の量が
流れ出ているわけではなく。
多めに水排口から出るようにすればなんとかなりそう。

取りあえず全部回りましたが、
直接の被害がある程ではない。
流れ出た当才はいたかもしれませんが・・・。
明日の朝もう一度要確認でしょうか。
まぁ、今晩もまた雨降ると言っているのですけど。

山を一回りして帰ってきたら、
携帯に緊急エリアメールが何通も届いていた。
そんな感じで今朝は週明けから慌しい感じ。

因みに通勤途中の道も
法面の土砂が崩れて来てた場所が有ったし、
川の水は凄く増水してました。
信濃川まで行ったら、もっとすごかったけど。





雨の様子。
家の前のブナの林と、前の道路。
C_0701.jpg C_0695.jpg

C_0704.jpg

ブナの林というよりも降っている雨を採ったのですが(笑)。
道路を雨が流れていく様子が分かるかと。





なごむ様に数日前の朝靄スポット。
C_0620.jpg C_0623.jpg

C_0633.jpg C_0640.jpg





オカトラノオとハルジオン。
C_0646.jpg C_0650.jpg C_0645.jpg

C_0656.jpg C_0662.jpg C_0664.jpg

両方同じ野池のネットの内側に咲いてた花。





で、タイトルの二才。
IMG_1626.jpg P_2547.jpg

左がしばらく前で、右が日曜。
分かりずらいかもしれませんが、
良い感じで増体してきてる。

個人的に二才をあまり大きくするのはやめたので、
こんな感じで丁度いいかと。





もう少し寄ってみた。
P_2555.jpg P_2556.jpg P_2559.jpg

今年は結構な数の二才を立てた。
その池によって成長速度は違いますが、
まあ、概ね良い感じで来てる。
とは言え、梅雨の今が一番体調崩しやすい時期なので、
明日になったら予定狂ったと言っているかもしれませんが・・・。

何時もの様に緋が抜けてお前何処から来たのっていう、
個体も何匹化はいますが、それはご愛嬌(笑)。

当才の時にデカかったので、
二才でも伸びるかと思って期待していたやつが
思いの外伸びなかったり・・・。
アレ何処から来たって位、
何時の間にか伸びているやつがいたり。
ただ、伸びる個体はやっぱり緋が薄くなるかな。
まぁ、秋までに緋は上がれば良いのですけどね。
スポンサーサイト

二才

2017/03/28 Tue

今日は曇り時々雨。
朝は曇ってましたが、お昼前から雨。
それもお昼過ぎには上がった。
そのあとはうっすら薄日もさす感じ。

なのですが、
昨日の夕方から夜の初めにかけて、
雪交じりの霙。
大してことはないですが、少しだけ積もった。
こんな感じで先週の半ばから、
夜から朝にかけて少しだけ積もって、
日中には溶けてを繰り返している。
おかげで雪解けも足踏み状態。
彼岸が明けたら
一気に春らしくなるかと思ってましたが、
中々そうはいかないようです(笑)。





まずはそんな今朝の雪から。
C_5858.jpg C_5851.jpg C_5855.jpg

薄っすらと白くなる程度。
霙なのでブナの木にも着かず・・・。
どうせならブナも雪化粧すると綺麗なのですが。
まぁ、こちらの思ったようにはいきません。





今日は親水槽にいる二才。
こいつ。
72_5147.jpg

親がデカいので小さく感じる。
親水槽にいるので、
結構良い感じの奴かなと思われるやもしれませんが・・・、
大したことありません(笑)。
ただ、こんな感じの好きなのでここにいます。
が、時々自分でも何でこれ親水槽に入れたんだっけと
思わないでもありませんが・・・。






72_0877.jpg 72_0017.jpg 72_6133.jpg





72_6164.jpg 72_1912.jpg 72_2688.jpg





72_8217.jpg

両側ともこんなだと尚、良いのですが。

明け二才を野池に

2016/05/09 Mon

今日は曇り。
予報だと晴れると言ってましたが、
晴れではない・・・。
ただ、気温は上がって暑いとまでは言いませんが、
ムシムシしてます。

GWが終わってしまった・・・。
色々やった気もしますし何もしないうちに終わってしまった気もする。
どちらにしても今日は体中だるいし、
仕事にものらない。
何時もの調子に戻るのにリハビリが必要な感じです(笑)。





今日はGWに行った金魚の野池放しの様子。
明け二才編で行きます。

その前に今朝の様子。
いつもの山と棚田・柵池から。
C-2287.jpg C-2289.jpg

緑が濃くなってきたし、
野池に錦鯉も放され始めてきたようです。





本題に行きます。
野池に放した明け二才たち。
まずは自分的頭回りから。
P-6489.jpg P-6490.jpg P-6494.jpg

今までは当才と紹介してましたが野池に放す時からは二才になります。

去年、三才を入れた野池の秋上りが異常に良くなかった。
その反省から今年は色んな所に各年のものを
分散して入れることにした。

雌雄を分けて入れればやたらを防げますが、
雌雄の判別苦手なのでそこら辺は気にせず入れます。





明け二才その二。
P-6503.jpg P-6505.jpg P-6509.jpg

こいつらは二番て組。
ですが、昨シーズンの子たちは小さいやつらが多かったので、
まだ秋上りが予想できない奴らが沢山いる。
こいつらの中からも結構な奴が出てくると思ってます。





池入れ直後。
P-6513.jpg P-6515.jpg

タライの写真は水合わせ中に撮っているのですが、
水合わせが終わったら後は野池に放すだけ。
その前に糸張り等があるわけですが・・・。

澄んだ水中を泳いでいるのを確認できるのは放した直後だけ。





翌日。
P-6626.jpg P-6627.jpg

野池に放したらしばらくは餌断ち。
泥を舐めさせると言いますが、
しばらく野池の土手を突いてもらって
ミネラル補給してもらいます。

10センチ程度の金魚たちですが、
一日でこれくらい濁ります。
この後ずっと秋まで濁った状態が続くので、
暫くして浮餌与えて食べに来たところを確認するのが、
日常の様子見になる。





明け二才、その三。
P-6635.jpg P-6639.jpg P-6646.jpg

さば尾チーム(笑)。
極小サイズの玉さばも混じりますが、基本さば尾。
でも形は良いやつらですよ。

この他にもう一組放したのですが、
写真撮るの忘れたらしく残ってない。
自分的には撮ったつもりだったのですが・・・。

取りあえずこれが今シーズンの二才立て。
他に親やら明け三歳以上も放したのですが、
それはまた後日。





水槽待機組。
親水槽。
C-2328.jpg C-2330.jpg

全部を子取りに使うわけではありませんが、
取りあえずの親候補たち。





こちらも待機組。
C-2332.jpg C-2333.jpg

明け二才と三・四才が数匹かな。

こんな形が好き

2016/03/04 Fri

今日は晴れ。
朝からの快晴。
今日から数日は気温も高くなるとのこと。
週頭に降った雪も消えてしまいそうです・・・。

だんだん日が長くなってきた。
六時前でも最近は明るい。
まぁ、今月は春分の日もあることですし、
春も近づいてきたって感じがします。




今日はあっさり。
自分が好きな感じの形の子を紹介。
本題に行く前に少しだけ説明。
何度も書いていることですが、改めて。

形と書いてカタと読んでください。
柄と同義語です。

自分模様のことは形と呼ぶ。
模様の入っている魚のことを形付と呼ぶところから来てる。
以前は分かりずらいかと思って柄と書いたこともありましたが、
どうもしっくりこない(笑)、それに打ち間違うし。
ということで一般的にどうとかも有るかもしれませんが、
ここでは形と書いて有ったらそういうことだと思って読んでください。

今日紹介するのは二才を三匹。
実際は年明けているのでもう三才です。
ただ、こいつらみんな小さい(笑)。
当才のでかいやつらより少し大きい程度。
ですが、形は良いです。

では。
7-2191.jpg 7-2097_20160304133004694.jpg 7-1220.jpg

7-1175.jpg 7-1218.jpg 7-2194.jpg

7-1270.jpg 7-1088.jpg 7-1129.jpg

こいつは体高も出て太さも出るタイプのさば尾になる予定(笑)。
尻尾は短い。
このまま狂わずデカくなればかなり見ごたえあるさば尾になるはず。





7-9259.jpg 7Ⅱ-5813 7-2047.jpg

7-1095.jpg 7-2048.jpg 7-2044.jpg

7-8739.jpg 7Ⅱ-5816 7-1095_20160304133528ea0.jpg

和金体型のさば尾になりそう。
そんなに太見はついてこないかもしれない。
こいつも緋と白地のバランス保ってデカくなってくれれば、
見応えのある固体になると思うのですが・・・。





7-0125.jpg 7-0349_201603041325144fa.jpg 7-0120.jpg 

7-0122.jpg 7-0348.jpg 7-0353_20160304132708c6d.jpg 

7Ⅱ-6954 7-0104_2016030413270986f.jpg 7Ⅱ-6958

玉さばの短尾。
こいつは一度紹介済み。
形は極上だと思いますが、
体型に難あり。
そんなにバカでかくならなくても良いので、
この形を保ってある程度に成長してくれれば・・・。

問題は転覆しそうな体型かな(笑)。


この三匹は親水槽にいる二才たち。
春になったら立てる予定なのですが、
下段の玉さばは野池に入れると帰ってこなくなりそうなので、
どうするか悩みどころです(笑)。

形は極上ですが・・・

2016/01/29 Fri

今日は朝から雪。
5時半頃はまだ道路に雪なかった。
調度降り始めてきたくらい。
除雪しなくても良いならもうひと眠りってことで、
起きたら道路白くなっていた。
以降止むことなく降り続けてますが、
そんなに積もりそうな雪ではないので
気分的には楽です。

明日からの休みは今回の降雪分と
週頭に降った雪が屋根から落ちた分の片づけ、かな。
玄関水槽の水替えも待ってますが・・・(笑)。
冷たそうですけど。




最初は今朝降った雪から。
いつものようにブナの木とついでに杉の木。
P-5438.jpg P-5428.jpg P-5434.jpg





P-5444.jpg P-5446.jpg P-5448.jpg

積もった雪は今朝の分だけ。
こうしてみると結構降っているかも・・・。
降りしきる雪の中で撮っているので、
被写体が煙っているのは降っている雪のせいです。
明日になればもう少しこんもりすると思う。





タイトルに行きます。
まずは写真を見ていただきましょうか。
二才の玉さば。
7-3932.jpg 7-3935.jpg





7-4683.jpg 7-4686.jpg





7-4838.jpg 7-4840.jpg





7-4842.jpg 7-4935.jpg

年が明けているので、
実質明け三才ってことになるかと。
この魚一昨年の玉さば品評会で
玉さば当才の部で一席もらった個体です。

見てのように肩の上りも良いし、
何よりも形が良い。
玉さばの三段なんてなかなかお目にかかれないかと。
ってことで品評会連れて行ったのですけど・・・。

で、去年は親池に入れてさらなる成長を試みましたが、
期待に反してサイズ的には全然伸びず。
代わりに全く形は狂わずに上がってきましたけどね・・・。
まぁ、いつものことですが、
でかくならない個体はいるのでそれはそれで仕方ないのですが・・・。

こやつそれだけじゃなくてどうやら致命的な欠陥がありそう。
まだはっきりしないので、確定ではないですが、
多分将来的には転覆しそう・・・。
泳ぐ姿を見ていると頭を下げて泳いでるシーンをよく見る。
つまり体系的に水平ではないということで・・・。

これだけ上物個体なのでとっても勿体無いのですが、
個体の持つ資質に関してはいかんともしがたいわけで・・・。
このままでかくせずに飼うって方法もありますが、
それは自分の飼い方じゃない。
上手く行ってでかくすることで
バランスが取れてくるってこともあるかもしれませんが、
世の中そううまく事は運ばないでしょうし・・・。

期待した個体に限って思わぬアクシデントがあるという、
典型のような個体ですってことで、紹介してみました。

といっても治るのをあきらめたわけじゃないですけどね。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR