さば尾

2011/01/31 Mon

毎回、書き始めは雪の話ですが今回も雪の話から(笑)。

週末の土日、特に日曜日はとってもとっても降りました。
写真も今回は撮りましたので次の回にでも載せます、今回じゃなくてすいません。
毎週土日に雪堀ばかりしているもので月曜日は体が痛い。
先週も書きましたが、週末の方が疲れる(苦笑)。
休みのはずの休日が稼ぎ時という逆転現象、
まぁ休日があるからやっていけるというのが本当のところかもしれません(笑)。

雪なんて本当はいじらずに済めば本当はそれが一番良い。
一銭になる訳じゃないので・・・
ただ、生活して行く為には嫌でもしなくてはいけないだけで。
大変です(笑)。


そんな大雪の中ですが、
これまた面倒な水替えを週末にしました。
今回は濾材洗いもなしで、本当に水替えのみ。
水作もそれほど汚れてはいないようなので今回はそのままです。
混泳水槽の水を200Lと当歳水槽を100L程。
いつも通り前日に溜め水して、爆気。
後は水槽の水を入れ替えるのみ。

ちなみに、混泳水槽は5℃、当歳水槽は2℃でした。
すごく冷たい(笑)。


さて、今日の一匹。
さば尾・二才、長尾タイプ・雄。
こいつも上見でも横見でもいけます。
上見の時の派手な更紗模様が特徴ですが、きっと好き嫌いが分かれるタイプ。
個人的には6枚目の写真なんか好きです。

白の質がとっても良いので緋も冴えて見えると思う。
緋の際が良くなかったり変なところに窓があったりはしますが、
全体的には面白い一匹だと思っています。
多分雄のはずなので、このまま狂わずに今年の秋に上がれば、
ひれの長さが増す分だけ見れる、さば尾になるはずです。
(星になったりしないと良いのですが)







IMG_3549.jpg





IMG_3547.jpg





IMG_3551.jpg





IMG_3556.jpg





IMG_3553.jpg





IMG_3545.jpg
スポンサーサイト

また大雪!!!

2011/01/28 Fri

ニュースや天気予報で見た方も多いことかと思いますが、新潟県の中越地方は大雪です。
秋田やほかの日本海側の山間部と一緒にこんなに雪が積もっていますと中越地方も、
ニュースネタになっていますが、はっきり言ってすごく降っています(笑)。

昨日・一昨日と降り続き道路の除雪が間に合わない。
除雪業者さんたちも頑張ってくれていますが、それ以上に降るからしょうがない。
今日は取りあえず小康状態なので作業もはかどることでしょう。
お疲れとは思いますが、頑張ってください。
でも、明日後半から日曜日にかけてはまた寒波が来るとか、どうなることか。

と、こんなに雪の話題を書くのにその雪の写真を載せない俺ってどうよ・・・(笑)。
でもですねぇ、雪が降っている時って暗かったり、カメラが濡れたりで
あんまり写真を撮りやすい状況じゃないのですよねぇ。
取りあえず、言い訳です(苦笑)。



さて、今日の一枚。
玉さば・二才、短尾タイプ・雌。

こいつの写真は以前別な奴の時に間違って混ぜて紹介したことがある(苦笑)。
(今は訂正されているはず)
写真ではわかりずらいと思いますが、二才にしてはちょっと小ぶり。
ですが、かわいらしさというか見る人を引き付ける魅力というかは十分あると思う。
特別更紗模様が良いとかいうわけじゃないけど、体型とのバランスとか尾の短さとかが
全体的に見た時に好まれるのだと思う。
ここまで書いてなんですが、上見でも横見でも当然いけます。
写真の撮り方がいまいちなので、わかりずらいですが、
上から見るとかなり丸いです(笑)。

ただ、残念なのは二才の秋上がりでここまで丸くてこの大きさだと
三才以上に育てても、びっくりするぐらい大きくはならない可能性が大。
そこそこ大きくなる、というタイプかな。
飼い主の予想を裏切るくらい大きくなってくれると面白いのですが・・・









IMG_3597.jpg





IMG_3598.jpg





IMG_3600.jpg





IMG_3602.jpg





IMG_3604.jpg





IMG_3606.jpg

さば尾 二才

2011/01/25 Tue

相変わらず毎日降り続いていますが、昨日今日は日中少しは晴れ間があった。
と言ってもそれで雪の嵩が減るというほどの晴れ間ではなく、
降るのに疲れたから小休止という程度の晴れ間。
少し晴れたかと思うと、嫌そうにまたちらちら降ってきて、また晴れるを繰り返す。
晴れ間と言ってもお日様が出るということではなく、
あくまで雪が降りやむという程度ですけどね(笑)。
と書いているとまた、降ってきた。


さて、今日の一匹。
さば尾・二才、長尾タイプ・雄?。
このタイプは上見でも横見でも面白いと思います。
体の左右の模様がまるで違うので別々に左右の写真を見せられたら、違う魚です。
金魚の更紗模様としてはどうかという声もあるかもしれませんが、個人的には好きです。
頭の緋のがせめて鉢の真ん中まであればもっと上見が映えると思うけど・・・

このタイプは多分大きくなると思うので、狂わずサイズアップすれば
かなり見栄えのするさば尾になるはずです。




IMG_3648.jpg





IMG_3649.jpg





IMG_3650.jpg





IMG_3653.jpg





IMG_3646.jpg





IMG_3647.jpg

混泳水槽から

2011/01/24 Mon

土日と屋根から落ちた雪片付けをしてまして、今日は体中が痛いというか、怠いというか。
大変な状態になってます(笑)、歳は取りたくないものです。

雪も例年だとある程度降って、中休みがあって気温の高い日が数日続いたり、
雨が降ったりという日があるものなのですが、今年はそういう日がない。
今日も午前中は晴れ間がありましたが、気温は全く上がらない。
例年だとある程度降っても雨などで雪の嵩が減るのですが、今年はそれがない。
お正月から今まで、一度にとんでもない量が降ったことはないのですが、
少しづつ確実に増え続けている。

当然のことですが、毎日同じ場所の除雪をするのわけで、
除雪機で雪を飛ばすところも同じになるのです。
が、同じところに溜りすぎていよいよ除雪機でも飛ばせなくなってきた。
(溜った雪が高くなりすぎて超えていけない)
道路除雪用の機械などとは違うので限界は早く来ます(笑)。


前回書いたパソコン続きです。

ノートパソコンを買うときにいつも拘るところが何点かあります。
一つはできるだけ表示仮面が大きいこと、別に持ち歩きなてしませんので重くても可なのです。
次は表示領域が広いこと、後メモリーは積めるだけ積む、等々。
昔は某タイマーがついてい言われるメーカーのパソコンが好きでしたが(苦笑)、
今はメーカー等にはこだわらない、欲しいものができるだけ安く手に入ればよい。

今回もそんな条件に合うものを探したのですが・・・
どうしても希望に叶わない部分が出てくる。
それが液晶タイプ。
基本光沢液晶って好きではない。ハデすぎる発色傾向が好きになれない。
ですが、今のノートパソコンはほとんどが光沢液晶なのですね。
たまにノングレアの液晶があると何故かOSがXPだったり。
結局は妥協というか諦めというか光沢液晶にしてしまいました(苦笑)。
その他は概ね満足です(笑)。

でもOSが7になってだいぶ戸惑いながら使っています。
今までと操作が意外と違う。これは慣れていくしかないのでしょうが。
後、やっぱり液晶。
家電量販店等で今までも光沢液晶触ってみていましたが、
それはやっぱり触った程度だったということがよくわかりました(苦笑)。
ここに出している金魚の写真も全然違って写る。
色補正とかすればきっともっと良くなるのでしょうが、残念ながら仕方がわからない。
取りあえず今のところはそのまま使っています(笑)。



さて、今日一匹。
さば尾・三才、長尾タイプ・雄。
以前にもこれと同じような二段の緋模様のさば尾を出したことがあると思います。
それよりも緋が少しは大きいかな、巻き下がりがないとこは似ていると思うけど(笑)。
こいつもさば尾らしいさば尾だと思う、だだもう少し緋が下まであれば・・・

上側から撮った写真三枚友にストロボの光がいずれも
反射しているのはご愛嬌でお許しください。
こいつも上見がお勧めです。というか、横から見ても緋もないし(苦笑)。

さば尾は背中が長い。
なのでそこをどれだけ更紗模様で飾れるかだと思っています。
丹頂なようにシンプルでも良いけど、やっぱり見て「ホウ」と言われるような
更紗模様を出したいですねぇ。
さば尾は特徴というか体質的というか背が緋一本で繋がる個体が多い。
そこをこれから何とかしていきたいと思っているのですが・・・






IMG_3392.jpg





IMG_3390.jpg





IMG_3393.jpg





IMG_3395.jpg





IMG_3385.jpg





IMG_3391.jpg

今日も雪

2011/01/21 Fri

毎日毎回、書き始めは雪のこと(笑)。
でも書かずにはいられないほど降ってます。
毎朝早起き、玄関と家の前、車庫の前を除雪するのに40分から1時間。
面倒で一日サボると翌日が大変だったり、場合によっては
当日帰ってから車庫に車入れるのが一苦労とかいうことになるので、
嫌でも雪が降ったときは毎朝雪かたずけです。
それでも我が家は自家用除雪機がやってくれるので楽な方ですか・・・


ところで手前事ですが、新しいパソコンを買いました。
残念ながら最新機ではなく一世代前の型落ちなのですが、ノートパソコンです。
以前ここでカメラ用のストロボ買ったら新しいカメラが欲しくなったと書きましたが、
実際本気で購入しようかとパンフなどを集めたり、ネットで価格を確かめたり。
購入一歩手前まで行ったのですが、欲しい機種はやっぱりウン万円位する訳でして、
ボディのみか一ランク下げてレンズ付きでウン万円かなどと悩んでいた時、
ふと、その値段ならパソコンも買えると思ってしまったのです(苦笑)。
カメラは毎日のように使うわけではなくいけど、パソコンはもっと頻繁に使う。
今の機種はXPだしそろそろ7も良いかなと思ったら止まらなくなり、
いつの間にかネットで購入のボタンをポチリと押していました(笑)。

使用感や触った感想などはまた次回にでもまわします。


さて、今日の一匹。
玉さば・三才、長尾タイプ・雄。
玉さばを名乗るにはちょっとばかり肩のあたりがさびしいですが、
今日は玉さばとしておきます(苦笑)。
個人的には好きな個体です。
上見でも横見でもいけます、さば尾好きはいつも上見を進めますが、
当然上見も良いですが、横見もかなり良いと思います。
もう一つは白の質が良いこと、緋質もさることながら白が良いと緋が冴える。
当然緋質も良いですよ(笑)。
残念なのは各ひれの付け根等に要らない飛び緋があること。
まぁ他にもあるけどあんまり書かずに置きます(笑)。

実際水槽の中で泳がせておけばかなり目立つ、
見栄えのする良い個体だと思います。






IMG_3513.jpg





IMG_3522.jpg





IMG_3523.jpg





IMG_3525.jpg






IMG_3516.jpg





IMG_3531.jpg





IMG_3527.jpg





IMG_3529.jpg

最後はいつものおまけ。
こういうバックショットというか、好きなのですよねぇ。

大雪

2011/01/19 Wed

相変わらずの雪降りです。
今日は結構頑張って降っています(笑)、一日中小降りになっても止まなかった。
この調子なら今シーズンも三メートル越えは確実かと。

さて今日は駆け足で行きます。
今日の一匹。

玉さばと言い切りたいところですが、さば尾っぽいでも一応、
玉さば・二才、長尾タイプ・雄?。
この魚も前々回紹介したさば尾の三才と似て一本緋。
巻き下がってはいますが、腹を巻いて反対側までつながっているわけじゃない。
頭の出がいまいちなのは前回の魚同様かな。
いつも上見が良いというさば尾好きですが、こいつに限っては横見がお勧め。
上見だと非模様があまりに単調で面白くないので、横見としておきます。
緋際がもう少しよければと、6枚目の写真の緋が腹まで巻き下がって
反対側とつながっていればもっと面白い模様だったのでしょうが(苦笑)。

何時も書きますが、欲を言ってもきりがありません。
すべての魚が思い通りの模様になったら、それはそれで面白くありません(笑)。
色々なものがいてその中から、自分の思い通りのものを作っていくのが面白いのかと。







IMG_3678.jpg





IMG_3679.jpg





IMG_3680.jpg





IMG_3682.jpg





IMG_3687.jpg





IMG_3685.jpg

アクシデント

2011/01/17 Mon

昨日のことです。

午後、週に一度の金魚の餌やりに車庫に行ったところ120センチ水槽の様子が変。
照明の上が跳ね飛んだ水で濡れているし、
心なしか金魚たちの様子も元気がなさそう。
最初はポンプから上部フィルターにあげている水のパイプが外れたのかと思った。
フィルターの中を確認すると違う、フィルターから水槽に落ちるパイプに
物理濾過用の綿が詰まってオーバーフローしている。
詰まったものを外して事なきを取りあえず得ましたが、なぜ綿が詰まったのかは不明。
水位もそれほど高くないのに何で移動したのだろう。

そんなことがあったのでこの水槽に餌は与えず。
上部濾過をいじったおかげで水はかなり濁ってしまった(苦笑)。
水槽の中に一匹だけ浮き気味の奴がいたけどどうなることか・・・
こんな時も取りあえず水作とエアレーションがあるので大事には至らないですみましたが。
ただ水槽に入れている数が半端ないので濾過が止まるとやばい(笑)。
常に見ているつもりでいても、慣れたころにこんなことがある。
気を付けていきましょう。



さて、今日の一匹。
玉さば・二才、長尾タイプ・雌?。
頭の模様が良くも悪くも特徴的、
何にもないよりは良いけどもう少し丸いとか大きいとかなら良かったのに(苦笑)。
長尾タイプと書きましたが、もう少し長くなってほしいところ。
上見よりも横見という感じかな・・・どちらでも同じ感じ・・・
悪くはないと思うのですが、いまいち特徴がないというか、面白みのない子です。
頭は特徴的ですが(笑)。







IMG_3717.jpg





IMG_3718.jpg





IMG_3720.jpg





IMG_3719.jpg





IMG_3721.jpg





IMG_3723.jpg





IMG_3725.jpg





IMG_3728.jpg

金魚の歳の数え方

2011/01/13 Thu

相変わらずの雪日和でございます(笑)。
まぁ、そんなに積もるほどは降っていません。


昨日の文章を打ちながらさば尾の当才と紹介すべきか実は若干悩んでおりました。
普段から金魚や鯉を飼育していられる方々は当然わかっているでしょうし、
知らない方や興味のない方は疑問にも思わないことなのでしょうが・・・
取りあえずこのブログ内の決まりごとというか書き方を統一しておきたいと思います。

まず、知らない方への説明。
金魚や鯉は生まれたら一才ですが、大概は一才とは呼ばずに当才(とうざい)と呼びます。
翌年は既に二才ですが、年明けから春の産卵シーズンくらいまでを
明け二才とか明け三才と呼びます。その後は普通に二才、三才です。
なので昨日のさば尾も正月すぎなので本来は明け二才です。
正月以降に紹介したものは同様ということですが、明け四才とか明け五才とは言わないかな。

ですが、それだとわかりずらくなるのでこのブログ上では春までは前年の年紹介します。
今日の一匹は去年の三才ですから明け四才になるわけですが、
上に書いたように明け四才とかはあまり言わないので普通に四才となるわけですが、
それだと12月までに紹介したのと整合性が取れなくなってしまう。
そんなわけで、春までは前年の年で紹介していきます。
そうは書いていてもたまに明け二才とか書くかもしれませんが、
上のような数え方をするのだと思って読んでください。


さて、今日の一匹。
さば尾・三才、長尾タイプ・雄。
こいつはさば尾らしいさば尾だと思います(笑)。
金魚の本とかでさば尾の写真があったらこんなのが載っていそう。
頭からの一本緋何かは特徴的と言ってもいいと思う。

上見でも横見でもいけると思いますが、さば尾はやっぱり上見(笑)。
横からでも腹にかけて意外と面白い模様をしているので十分見れますし、
長いひれを揺らしながら泳ぐのを見るなら横からでしょう。
でもさば尾好きは上見が好きなのですよ(苦笑)。
夏の間ずっと餌をやりながら上からしか見ていないからかもしれません(笑)。












IMG_3622.jpg





IMG_3623.jpg





IMG_3634.jpg





IMG_3625.jpg





IMG_3628.jpg





IMG_3633.jpg





IMG_3624.jpg

最後はいつものおまけ。
このアングルからのひれの感じが好きです。

今日は当才

2011/01/12 Wed

今日は朝から雪です。
時間帯によってはかなり吹雪いたりしてます。
昨日は晴れて今朝まで降らなかったのがウソのようです。
既に積雪は二メートルを超えたくらいではないかと・・・
この調子でいけば今シーズンも三メートル越えは確実なのではないかと思います。
と書いても、写真でも載せなければ読んでいる方には実感ないでしょうけど。
なかなか、雪が降る中外でカメラを手にする気にならないのです(苦笑)。
いずれ載せます。



今日もさらっと行きます。
が、写真を見るといつもと若干違和感があると思います。
写真の中では金魚の大きさは同じくらいになるよう撮るので、
わかりずらいとは思いますが今日の一匹は当才です。
タイトルにもあるから分かるってか(笑)。

さば尾・当才、長尾タイプ。(雌雄は大体はわかりますが、東西の場合は書きません)
当才を上見だ横見だと言ってもあまり意味がないと思っています。
この段階の更紗模様は上見で見れれば十分、そこからは秋以降というのが本音です。
春から秋で劇的に大きくなるので模様もかなり狂うし、体型も変わる。
一番変わらないのは腹の張りとかかな。
これが玉さばの体型になることはないので・・・
さらっと行きますと書いた割に語ってます(笑)。

当才を載せるのはこれが秋上がりでどうなるかを確認するため。
それくらいな感じに思っておいてください。
このさば尾に戻りますが、更紗模様は悪くないと思う。
けど、頭の出は足らないし緋の際もさほど良くない。
そこら辺を考えて秋まで飼うかどうか決めます。
何時もかきますが、さば尾は特に大きくしてナンボかな。




IMG_3731.jpg





IMG_3732.jpg





IMG_3733.jpg





IMG_3735.jpg





IMG_3736.jpg





IMG_3734.jpg

玉さばorさば尾

2011/01/10 Mon

三連休最終日です。

成人の日が1月15日に固定されていた頃は、成人の日=小正月だったのですが、
今年のように1月1日が土曜だったりすると成人の日がとっても早く来る。
新潟の中越地方は小正月行事でさいの神というのがありますが、
以前はどこでも15日に決まっていたのが、今はその地区毎に日付が違う。
お国の政策で三連休を増やしましょうと成人式の日付を固定しなくなったわけですが、
そこら辺はどうなのよと、ちょっと言いたい気分(苦笑)。
やっぱり昔ながらの行事は昔ながらの日付が良いと思う反面、
平日だと会社勤めの方は参加できないから週末にせざるを得ない・・・
難しい問題です。
今年は1月15日が土曜なのでここでやるところ多いのかも。
さば尾好きのところもそうです。


さて、今日の一匹。
玉サバ・三才、短尾タイプ・雌。
こいつも玉サバというか、さば尾というか難しいところかな(苦笑)。
ちょっとは肩にくびれらしきものがありますので玉サバとしておきます。
意外とでかいのですが、水槽の中ではその割に目立たないやつ。
理由はオーソドックスな緋模様にあると思うし、緋質にも原因がある。
写真からも分かると思いますが、オレンジっぽい緋なのです。
それゆえ水槽の中では他の金魚たちに埋もれてしまうのではないかと・・・
まぁ、上に上がってこないというのもあるかも知れません。

上身でも横見でもいけますが、好きなのは上から。
頭が軽めだったり、目の周りを汚していたり、ほおがさみしかったりするはご愛敬(苦笑)。
一匹を取り上げるとそこそこ見れると思いますが、いかんせん更紗模様の際が悪い。
そこら辺は大きくすることでカバーするしかないと思う。







IMG_3406.jpg





IMG_3407.jpg





IMG_3408.jpg





IMG_3398.jpg





IMG_3400.jpg





IMG_3402.jpg

投げ込み式フィルター(水作)について

2011/01/07 Fri

相変わらず雪が降ったりやんだりを繰り返していますが、
例年並みと言いますか、今のところはたいして降ってはいません。
このまま少しづつ降って春になればなぁなどと思いますが・・・
そんなに簡単ではないでしょう(笑)。


いつも金魚の紹介のみではつまらないので、
水槽に入れている水作についてでも書いてみます。
使っている人間の一感想だと思って読んでください。
(水作の宣伝のためではありません)


我が家の水槽(大)には水作ジャンボを水槽(小)には水作エイトMを使っています。
水作について詳しく説明しませんが、エアーリフト式の投げ込みフィルターです。
ショップで使っているのや売っているのを大体の方が見たことあると思います。

さば尾好きは実は以前熱帯魚にはまっていたことがありまして、
水作もその時からお世話になっている商品だったりします。
さすがにジャンボは安いとは言えない値段ですが、
エイトなどはその働きからしたらリーズナブルな価格だと思います。

何がそんなにいいのかですが、ともかく簡単なこと(笑)。
エアーポンプにつないでおけば取りあえずOK的な気軽さが何よりも気に入っている理由。
さば尾好きはメーカーの推奨よりもかなり多くのエアーを吐き出させて使っていますが、
特に問題もなく濾過もしてくれます。

次はメンテナンスが簡単なこと。
水替え数回に一回程度取り出して捨てる前の水槽水で洗えばいい。
メーカーは喜ばないと思いますが、よほど過酷な使い方をしない限り、
濾材のウール的な奴は半年~一年くらいは持つ。
頻繁に変えるより適度に洗って使った方がバクテリア的にも良いし・・・

後は、やっぱり本来の目的の濾過能力。
これだけに濾過をさせるのではなく、メインフィルターのサブ的な意味合いで使う。
メインのフィルター掃除のときはサブは洗わないとか、その逆にして水質が急変しないようにする。
濾過はできているけど、もう一段水を輝かせたい時などに投げ込んでおくと結構使える。
さば尾好きは何しろ一つの水槽で飼っている数が半端ないので
これ一本でメインに使うというわけにはいかない。
本当はそうできれば電気代もかからず一番良いのですが(笑)。

他には物理濾過も結構してくれるし対流を起こすためにも使えるので便利。
唯一の欠点(特にジャンボ)はともかく目立つ。
物理濾過もさせていると決して綺麗とは言えない物が水槽内に常にある事になるので・・・
そこは鑑賞を取るか濾過を取るかで決めてください(笑)。

長々と水作について書きましたが、フラワーも結構お勧めです(苦笑)。
最後にもしこれから水作を使ってみようと思った方は、入れたら一ヶ月は使ってみてください。
いくら水が出来ていても直ぐに効果は出にくいと思います。
もっと書けますが(笑)、とりあえず今日はここまで。
機会があったら今度は実際に使っている写真などもいれて。



さて、今日の一匹、ここからは駆け足。
玉さば・二才、長尾タイプ・雌(?)。
上見でも横見でも行けると思いますが、上から4枚目側の横はキツイ(笑)。
さば尾好き的にはいつもながら上見がお勧め。
個人的にこういう更紗模様は好きです。
欲を言えばきりがありませんが、4枚目側にもう少し緋があれば・・・
いつものことですが、後は飼い込んで大きくすることかな。







IMG_3490.jpg





IMG_3500.jpg





IMG_3499.jpg





IMG_3492.jpg





IMG_3496.jpg





IMG_3494.jpg





IMG_3497.jpg

混泳水槽から二才

2011/01/05 Wed

やっと正月気分の抜けてきたさば尾好きです(苦笑)。
例年の事ながら何もしない正月でした。

天気予報は年末から大雪だと言ってましたが、
幸にしてたいして降らずにおわりましたし。
雪片付けと雪掘りが無いだけで正月が格段にすごしやすくなります(笑)。
本当は少し動いた方が飲み過ぎた体のためには良いのでしょうが・・・

今日もサラッと行きます。
玉さば・二才、長尾タイプ・雄(多分)。

こいつは写真を撮るため水槽からだし撮影用水槽に移したらフラフラ。
一瞬転覆するのかいと思ったけどそうではないらしい。
多分環境が変わった事がストレスだったのでしょう。
今は水槽で普通に泳いでいますから・・・
そんなわけで普段の写真とは若干アングルというか構図が違います(笑)。

上見だと胴体と鉢に入った白が目を引き、
横見だとどちらからでも腹まで回った緋が目を引くと思います。
個人的には相変わらず上見が好きですが、赤勝ちの更紗模様が好きなら横見。

雌雄は一応雄としましたが、自信なしです。
雌でもっと大きくなってくれればそれも良し、
雄でひれがのびても見れると思う。
今回は緋質の感じから雄にしました。







IMG_3511.jpg





IMG_3503.jpg





IMG_3506.jpg





IMG_3507.jpg





IMG_3509.jpg





IMG_3510.jpg





IMG_3505.jpg

最後はおまけ。
いかにもヨレヨレなのがこの写真からだと感じてもらえると思います。

明けましておめでとうございます

2011/01/01 Sat

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
心配していた雪もそれほどではなく新年を迎えることができました。

今年も引き続きサバ尾・玉サバを紹介して行きたいと思っていますし、
春からは本来の目的の農作業日記も展開していく予定です。
今はすっかり金魚日和になっていますが、タイトル通り田舎暮らしも紹介しないと・・・
まぁそれはしばらく先の話、今は特に話題もないのでしばらく金魚紹介で行きます。

でもそろそろ撮影したストックが無くなる(苦笑)。
最初に撮影していたものも織り交ぜて紹介して行くと書いていたのですが、
改めて写真を見るとちょっとつらい(笑)。

どうするかは今のところ未定。←いいかげん
もし更新しなくなったらストックが切れたと思ってください(笑)。
まぁ、それまでに何とかするつもり。


新年ということで、さらっと行きます。

ということで、今日の一枚。
玉サバ・二才、長尾タイプ・雄。
見てもらえば分かる通り、上見です。
横から見てもどうしようもない(笑)。
横見の写真はこいつも載せたくないけど一応載せておく、というくらい上見。
尻尾の方が軽いとは思いますが・・・
鯉を飼っている人はきっとこんな模様好きです。



それでは今年もよろしくお願いいたします。








IMG_3426.jpg





IMG_3428.jpg





IMG_3433.jpg





IMG_3431.jpg





IMG_3441.jpg
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR