さば尾

2011/03/31 Thu

今日は朝、雷の音で目が覚めた、5時前。
目覚ましを見て、二度寝。
結局そこからはうとうとを繰り返して、いつもの起床時間。

朝が早くなったというか、日が長くなった。
朝の除雪が暗くて早く夜が明けないかと思っていたのがつい最近の気がするのですが・・・
今年は二月にほとんど朝の除雪をしなかったせいかも。

例年なら4月下旬になれば田圃の準備が始まるのですが、今年はゴールデンウィークに
出来るかできないかという状況かな。
我が家はたいした面積を作付しているわけではないので、稲の苗は業者さん任せ。
自分の家で苗おこしをしない分、焦らなくても済んでます。
まだ、2メートル近くある雪のせいで今年の田植えがいつになるか不明です。
今日も霙やあられが降っていましたし・・・


さて、今日の一匹。
さば尾・当才、尾びれは中途半端かな(笑)。
今はさば尾ですが、今年の秋上がりには玉さばになりそうかな、そんな期待が持てる体型。
見れるのはいつものように上見のみ、横からだと緋の巻き下がりが足りない。
腹の両側にわずかづつは巻き下がっているので、もっと降りてくれると
かなり見れる奴になると思うのですが、なかなか難しそう。
腹の張りはかなり良い感じなので、秋上がりが楽しみなタイプ。
先に書いた通り、玉さばになればなと思う。








IMG_5888.jpg





IMG_5891.jpg





IMG_5889.jpg






IMG_5893.jpg






IMG_5895.jpg






IMG_5900.jpg






IMG_5887.jpg


とんば劇場にリンクを貼らせていただきました。
ジャンボ獅子頭の飼育記をブログで発信されております。
スポンサーサイト

さば尾

2011/03/30 Wed

今は曇ってます。
この後夜から雨になるようです。
昨日までは晴れて春らしい陽気だったのですが、長続きしません。

今日は時間がないので短いです。

早速今日の一匹。
さば尾・当才、長尾タイプ。
当才でここまで各ヒレが伸びてくるやつも珍しい。
今年の秋上がりでどこまで伸びるか、さらに三才まで育てて来年の秋は・・・

こいつも一本緋タイプですが、かろうじて背びれの中ほどで切れ目がある。
いつも上見を進めるさば尾好きですが、こいつは横見も良いかも。
但し、4・5枚目側限定ですが、6枚目側は見れない(苦笑)。
(相変わらず横からの写真ボケボケですがお許しを)
上見も1・2枚目側から見ると十分見れますが、3枚目側はつらい。
やっぱり緋模様の巻き下がりがどれだけあるかは重要です。

一般的に背一本緋のタイプは巻き下がりずらいというか、下までさがらない(笑)。
そうした中で4・5枚目側はかなり貴重。
これで両側揃えば水槽飼育ではひれの長さと合わせて、すごく見栄えのするさば尾になる・・・
まぁ、そううまくはいかないですが。
それでも当才でこのひれの長さはたいしたものだと思う。











IMG_5714.jpg





IMG_5717.jpg






IMG_5723.jpg






IMG_5725.jpg






IMG_5727.jpg






IMG_5733.jpg

玉さば

2011/03/29 Tue


今日も晴れてます。
こんな日が続けば良いのにと思いますが、今晩からはまたぐずつきそうです。
まぁ、雨なら花粉が飛ばないので良しとします。

それでも水槽の水温は徐々にではありますが、上昇しつつある。
混泳水槽は8~10度の間を行ったり来たり、当才水槽は5度前後かな。
手を突っ込めばどちらも冷たいのですが、水温が若干でも上がったためか、
時期的なものなのかいまいちわからないですが、間違いなくさば尾たちの食欲は
冬よりも上がってきているみたい、人が近づけば餌くれダンスしてくれます(笑)。
まだ、回数は週一ですが一回にくれる量は少しづつ増やし始めました。


今日はちょっと時間があったので、「にほんブログ村」さんの金魚ブログに
参加させて頂こうかとバナーなんぞを貼らせていただく作業をいたしました。
いろんな方の金魚ブログをここで見つけて徘徊させてもらってます。
ほんとは本文の下にその都度貼り付けていく形式が良いのかもしれませんが、
面倒くさがり屋のさば尾好きは一回一回だと忘れる。
そんな訳でフリーエリアに貼り付けました、
気が向いたらポチっと押していただくと嬉しいです。


さて、今日の一匹。
玉さば・当才、短尾タイプ。
何故か撮影中ずっと下ばかりを向いていた(3枚目の写真の様に)。
そんな訳で上見の写真がない、というか普通に映った奴はなぜか暗い(苦笑)。
真上からの写真がなくて申し訳ないですが、上見でもほぼ赤いと思っていただければ。
上見でも横見でも真っ赤ですが、三枚目側の横からなら見れると思う。
素赤はあまり好きではありませんが、腹の張りが良いので残してある。
このまま、体型を維持して、大きくなってくれれば良いかな。










IMG_5237.jpg





IMG_5239.jpg





IMG_5240.jpg






IMG_5243.jpg






IMG_5244.jpg





IMG_5245.jpg

さば尾

2011/03/28 Mon

今朝は朝から晴天です。
目が覚めたら外を見なくても今日は晴れてるって、わかるくらいに朝から天気良いです。
これからは春らしい陽気になっていくと天気予報は言ってますので、そのつもりで待ってます。

でも、昨日一昨日の週末は雪。
昨日は朝起きたら真冬並みに降っている、新聞配達に来た車の跡が朝飯の時には隠れるぐらい。
かなりの本気ぶり、今の時期は気温が高いのでそんなに積もる雪は降らないのですが・・・
今年の3月は例年とかなり違う。

そんなわけで久しぶりに除雪車出動、と言っても早朝ではなく午前中に来ましたが・・・
我が家でもロータリーを久しぶりに動かしました(朝食後にですが)。
多分今シーズン最後だとは思いますが・・・もう除雪車動かすような積雪は勘弁してほしいです。


予定では週末に池の金魚を見に行ってくるつもりでしたが、あまりの雪に断念。
来週まで先送りします。


さて、今日の一匹。
さば尾・当才、短尾タイプ(?)。
今日の奴もなんと紹介すればいいか迷うタイプです(笑)。
良く言えばオーソドックスだし悪く言えば芸もないつまらないタイプでしょう。
上見でも横見でも同じ、というかどこから見ても緋ばっかり。
でも、緋質・肌質ともに良い。
一本緋なんだけどちょっとだけ背びれの終わりのところで緋が切れているのが救いかな。
背びれに緋がかかっている部分があるのはマイナス。

でも意外とこんなタイプが三才あたりになると見栄えがしてきたりする。
さば尾なのですが、短尾になりそうなところも面白いかなと思ってます。


さば尾好きは一見派手目な模様の奴らが好きなのですが、
そんなさば尾・玉さばたちは当才の時の模様通りに大きくなってくれなかったりします。
大きくしても結局バランスが崩れて思った通りに仕上がらない。
その点今日のさば尾のような模様は崩れようがないので、安心な部分はあります。
何時も書きますが、飼い込んで大きくすることで良さがわかる奴らもいる。
今日のさば尾はそんなタイプになると期待してます。

まぁ、期待通りにならないことの方が多かったりするのですが(笑)。





IMG_5305.jpg





IMG_5308.jpg






IMG_5309.jpg






IMG_5312.jpg

さば尾

2011/03/25 Fri

今朝起きたらまた雪が積もっていました。
と言ってもほんの二センチ程度で一面真っ白になっているだけ。
日中は晴れたのでお昼頃までにはなくなりますが、今まで降っていた分の雪解けは遅れる。
二月に異例の晴天が続いたせいか、三月に入ってからの天気がはっきりしない。
本来なら今頃からは本格的に雪解けしていかなければならないのですが、
明日はまた吹雪くかもしれないと天気予報は言っています。
お彼岸過ぎてこんな雪が続くのは珍しい。

やっぱり降るときにきちっと降っていないと、
こんな風にだらだらにと、少しづつですが降り続けることになるのかも・・・
早く春らしく晴れて、雪を溶かしてほしいものですが。


さて、今日の一匹。
さば尾・当才、長尾タイプ・雄(?)
二日続けていまいちの模様のさば尾を紹介したので今日はさば尾好きの好きなタイプを。
今の段階だったら断然上見がお勧めと思う。
ただ、二才・三才と大きくなるにつれ横見の時の緋際も整ってくると思うので
今年の秋上がりには横見もかなり良くなっていると思われます。
頭の緋がもう少し前まであれば言うこと無しですが・・・贅沢かな。
ただ、こういう更紗模様はバランスが大事。
今は肩からの緋と尾びれ側の緋の間の白の量が調度よく収まっているのですが、
大きくなる時にこれらのどこかが間延びしてしまっても今の見栄えは無くなってしまう。
鯉だとこのまま前後に延びて行くイメージですが、さば尾は前後プラス体高も出てくる。
そこらへんがさば尾・玉さばの更紗模様を追及していくときに難しいところです。

これで1月13日や12月8日に紹介したタイプの様になってくれれば、
とっても見栄えのするさば尾になると思う。

さば尾好きはこういう、更紗模様らしいさば尾だったり玉さばだったりが好きですが、
皆様はいかがでしょうか。









IMG_5317.jpg





IMG_5318.jpg






IMG_5322.jpg






IMG_5327.jpg







IMG_5329.jpg







IMG_5331.jpg






IMG_5334.jpg

さば尾

2011/03/24 Thu

今日は曇り。
今朝は冷え込みが厳しかったです。
道路はつるつる、融雪剤を撒いてあるところは大丈夫でしたが、そうでないところは大変。
日中は陽がさしておりましたが、気温は思ったほど上がらない。

水槽の温度もいまいち上がりません。
気温が上がり始めたら加温を考えていたのですが、自粛です。
当分餌は週一でしかあげられない。

ところで、昨日は撮影環境を書きましたが、肝心の魚については触れませんでした。
今日は撮影したさば尾・玉さばについて。

今回撮影したのは120センチ水槽に収容されている奴ら。
以前も触れましたが、この水槽は当才のみ。
混泳水槽にも当才はいますが、そちらは二・三才との混泳なので、サイズ的に大きいもの。
逆に120の方は数を稼ぎたかったのでサイズ的に小さ目なものを収容しています。
サイズだけじゃなく、より気に入った模様や体型のものを混泳水槽に、
120方はセカンドベスト的に、ちょっと面白いかもとか二・三才になった時に期待とか。
そんな感じで、混泳水槽にもれた奴らも収容してます(結構多数)。
当然模様も体型も良いけどサイズか小さいゆえにここに入っているものもいます。

なので、昨日紹介したさば尾の様にいまいちだけど、
今後に期待的な紹介の仕方も多くなると思います。

今回写真を撮影するに当たり、模様的にいまいちのものは外そうかとも考えましたが、
良い金魚だけを飼育しているわけもなく、色んな金魚たちを飼っているわけで、
ありのままに紹介するべきだろうなと思い、それなりの者たちも撮影しました。

二才・三才と大きくするうちに選別を繰り返し大きいものほど
品質にバラつきは無くなっていきますが、当才はそういうわけにはいかない。
この春、野池に放すときにもすべてを放すわけじゃなく選別はする。
そんなさば尾や・玉さばをランダムに紹介します。
良くないものは、どこを改善すれば良くなるかとか、
そんなことも書きながら紹介していくつもりなのでお付き合いいただければと思います。


そんなこんなで今日も前書きが長くなりました。
今日の一匹。
さば尾・当才、短尾タイプ。
今日のさば尾もコメットか鯉かという感じです(コメットというには尾が短いですが)。
見て分かる通り片側がお留守です、4.5枚目側はそれなりですが、
6.7枚目側はどうにもいただけない。
上見は肩の緋が巻き込んでいるのでそれなりに見れますが・・・
それでもやっぱり苦しい。頭に何もないのも・・・
6.7枚目側の腹の緋がどれだけ巻き上がってくれるかでしょうが、
そんなに期待はできないと思う。
6.7枚目側に反対と同じくらい緋があれば頭がなくてもかなり見れるのでしようが・・・
ただ、肌の白さは良いのです。








IMG_5439.jpg





IMG_5443.jpg





IMG_5457.jpg





IMG_5447.jpg





IMG_5458.jpg





IMG_5450.jpg






IMG_5451.jpg






さば尾

2011/03/23 Wed

今朝起きたら窓の外が明るい。
やばい、と思ったら案の定で一面雪が積もっている。

その後今日は一日不安定な天気で、雪が吹雪の様に降ってみたり、突然陽が照ってみたり。
はっきりしない天気でした。
今日だけじゃなく、今週は週末までこんな天気が続くと天気予報は言っています。


さてさて、昨日から新しく撮った写真を紹介し始めましたが、
今回の撮影環境などをさらっと書きます。


前回の写真はともかく全体的にピントが甘かったと思っていまして。
理由は写真を撮るために入れた水槽が当才を撮影するためには大きすぎたのではないかと。
他にも水槽の後ろを黒にしたら鏡のように映り込んでしまったとか、
水槽用のライトを使ったため全体的に赤みが強すぎたとか。
色々思うところはあり、いっそのこと水槽での撮影をやめ洗面器にしてしまおうか、
選別用のボールもアリかなとか思ったのですが、横見が撮れない。
やっぱり横見もあった方が・・・
悩んだ末、取りあえず撮影する時の水槽を小さくしてやってみることにしましたが。
そんな小さい水槽ってなかなかちょうど良いサイズがない。
昆虫用のブラケースも試したけどいまいち。
そんな時に見つけたのが100均にあったフィギュアケース。
本来水を入れるものではないでしょうが、そこは利用者判断という事で。
透明度もあり、大きさ的にもちょうど良い、何より安い。
ただ、本来は下にフィギュア用のひな壇を置いた上にかぶせる為のケースですから全面透明。
そんな訳で今回は下にベージュの紙を置き、
後ろは明るくするため青の半透明なプラスチック板を置いてみました。

結果、上からの写真はそこそこ見れると思いますが、相変わらず横見はピントが甘い。
今回はピントもオートにしたりマニュアルにしたり、フラッシュもバウンスにしたり
直に狙ったり、自然光のみにしたりと色々やってみました。
どれも結果はたいしたことないとわかりましたが(苦笑)。
そんな訳でその日ごとに紹介する写真がかなり違うかもしれません。
というか、皆さんが見たらどれもいまいちで変わりないかも。
そんな試行錯誤の末にできた写真だと思ってみていただければ幸いです。



前が長くなりましたので、ここからは駆け足。
今日の一匹。
さば尾・当才、短尾タイプ。
コメントの書きづらいさば尾です。
今のままだと上見でも横見でもたいしたことはない。
模様的にもいまいち面白味もない・・・かも。
5.6枚側の腹の横の緋が上の背びれの緋とつながってくれるとか・・・
何時もの事ですが、たらればですが書くだけなら希望なので。

何でそんなさば尾を残してあるかというと体高が出そうなタイプなので
でかくなれば面白いから、そこにつきます。

と言っても水槽の中で飼う分には楽しめるやつだと思います。







IMG_5224.jpg






IMG_5225.jpg






IMG_5226.jpg






IMG_5230.jpg






IMG_5229.jpg






IMG_5236.jpg

さば尾

2011/03/22 Tue


こんにちは、お久しぶりです。

暫く更新をしていませんでしたが、再開させていただきたいと思います。
また、宜しくお願い致します。



新たに当才の写真を撮り直しましたので、今回からはそれを紹介していきます。
今回は今までと変えて写真を撮ってみました、そこら辺の詳細は次回にでも・・・。


今日は久しぶりのアップなので写真を多めに文章は短く行きます。


今日の一匹。
さば尾・当才、短尾タイプ・雄(多分)。
こいつはちょっと珍しいタイプかな。
コメット型というか、錦鯉体型というか鮒に近い体型なのにですが、短尾。
この体系では長尾タイプがほとんどなのですが、こいつは尾びれが短い。
選別時にはじくことが多いのですが、個人的に好きな模様なので残してある。

何時ものようにさば尾好きとしては上見がお勧め。
横見でも十分いけるとは思います。
頭の緋が被っているとか、緋際が良くないとかはありますが、個人的には許容範囲。

久しぶりなので今回は細かいことは書かず、写真で判断していただこうかと。
上見の写真だけ多めにアップします。(横見は良い写真がない)

次回からは今まで通りの予定です。







IMG_5765.jpg





IMG_5766.jpg






IMG_5768.jpg






IMG_5769.jpg






IMG_5772.jpg






IMG_5774.jpg







IMG_5775.jpg






IMG_5778.jpg







IMG_5779.jpg






IMG_5763.jpg

地震

2011/03/14 Mon

おはようございます。


今回の地震で被災されたすべての方に、謹んでお見舞い申し上げます。



頑張ってくださいとしか、言えない自分が不甲斐ないですが、
それでも、頑張ってください。



さば尾好き

さば尾

2011/03/11 Fri

今日の日中も曇っています。
前回も書きましたが、3月に入ってから日中は降らず夕方から翌朝にかけて雪が降る。
今朝も15センチ位積もっていました。
微妙な積雪ですが、今朝も除雪機動かして家の前の雪片づけしました。
でもこの天気も明日くらいまで、その後は晴れて気温も上がると天気予報は言ってます(笑)。
週末には屋根から落ちた家の周りの雪も片付けねばなりません。
毎日少しづつとはいえ、一週間分溜ると結構な量になるわけで・・・


さっさと春らしい陽気になり雪解けが進んでほしいのですが・・・
雪が降っていると当然気温は上がらないわけで、花粉なんかも飛ばない。
特別ひどい花粉症というわけではないですが、天気が良いと何となく鼻がむずむずする。
雪が降っている最近はそれがないのですよね、どちらを選ぶべきなのでしょう(苦笑)。
分かってはいるのですが・・・鼻水出てくるのも嫌だし。


ところで、金魚関係のブログをいろいろ徘徊させていただいているのですが、
もう既に今年分の子取りを始めていらっしゃる方とかもいて、
自分が子取りをする時期との違いがあまりに大きいことに驚いています。
さば尾好きは野池で産卵させるので、遅くなるのは当然なのですが、
今から当才の餌やりを始めれば秋までにどれくらい大きくできるだろうと思ってしまう。
羨ましがっても仕方ないことは分かっているのですが、やっぱり羨ましい(笑)。
今年、さば尾好きが子取りできるようになるのは5月下旬位かな。


さて、今日の一匹。
さば尾・当才、長尾タイプ・雌?。
今回紹介するさば尾もちょっと残念って感じ(笑)。
4・5枚目側の背びれの下に緋模様があればよいのですが、これでは寂しい(苦笑)。
反対の6・7枚目は程よく緋模様があってこちらからのみ見ていれば良い感じ。
そんな訳で、上見でもちょっと冴えない。
これが劇的に改善することはないとは思いますが、4・5枚目の腹にある緋が
出来るだけ上まで巻き上がってくれれば、それなりに見られるさば尾になるはず。

上見の写真で分かる通り、さば尾だけど腹の張りは良い。
体高が出るタイプだと思うので、大きくすれば迫力も出ると思うし。
今年の秋ではなく、来年の秋が楽しみなタイプかな。







IMG_5133.jpg





IMG_5136.jpg





IMG_5140.jpg





IMG_5129.jpg





IMG_5122.jpg






IMG_5120.jpg






IMG_5125.jpg





IMG_5119.jpg

さば尾

2011/03/09 Wed

今日は曇り。
最近は日中は曇ったり晴れたりしても夜になると雪が降るというパターンが多い。
今朝も15センチ位積っていた、除雪車は出動しましたが面倒くさいのと寒いので、
さば尾好きは今朝も除雪に起きず・・・日中に消えてくれることを期待してます。
こんな天気だと雪解けが進まない。
せっかく日中晴れても、夜間積った雪を溶かして終わりだったり、
夜間の雪を溶かしきれずに終わったりで、以前積った分が消えない。
こうなると春の訪れが遅くなる。

早く田圃が雪の下から現れないかと思っているのですが、
たぶんゴールデンウィークにやっとというところでしょうか。

さて、今日はアクシデントがありましてさっさと行きます。
いつもの金魚コメントも短めで。

今日の一匹。
さば尾・当才、長尾タイプ・雄。
写真を見ていただければ分かるとおり、上見しか無い。
横から見ても下半分白しかないし。
鯉ならこれで十分なのですが、さば尾としては寂しいです。
上見の更紗模様は悪くないので、残してあります。
たぶん体高が出るタイプではなく、長く大きくなるタイプだと思うので、
このまま狂わなければ池で飼う分には面白いかと思う。
両サイドの緋がもう少し巻き下がってくれればよいのですが・・・

いずれにせよ、大きくしてナンボのさば尾かな。







IMG_4650-1.jpg






IMG_4651-1.jpg






IMG_4653-1.jpg






IMG_4635-1.jpg






IMG_4638-1.jpg

水替え&濾過槽洗い

2011/03/07 Mon

今日は雨降り、朝起た時はみぞれだった。
今週も天気予報はいまいち良くない、雪と曇りマークのパレード。
二月が良かった分、三月が良くないのだろうかと、疑ってみたくなる。
と言っても局地的なことでしかないのかもしれませんが・・・(笑)。


さて、昨日は水替え&濾過槽洗いを決行。
その準備で、前日から盥に水を溜め爆気しておいた水を使用。
本来水替えと濾過槽洗いは一緒にすべきではないのですが、
濾材とウールを洗うのに飼育水を使う関係で、仕方なく同時に。
久しぶりの濾過槽洗いのため、もっと汚れているかと思いましたが、
餌をほとんどあげていないので、濾材は目立った汚れもなくすんなり終了。
でも、ウールはさすがにかなり汚れていたので、一生懸命盥で洗濯。
飼育水でもみ洗い、盥があっという間に茶色。
ついでに水作ジャンボの濾材ももみ洗い、これも汚れていた(笑)。
水槽二本の水替え濾過洗いで、たっぷり二時間かけて終了。

終了後、当才の写真を新たに撮り直すつもりでしたが、120センチ水槽が白濁。
濾材を洗うために上部濾過槽から取り出すときに無理やり引っ張りだしたのが良くなかった。
本当なら上部濾過槽も全部洗えばよかったのでしょうが、面倒なのでそのままにした。
その報いが水の白濁です(苦笑)。
二日もすれば濾過の効いたキリっとした水になるでしょう。
そんな訳で、週末に写真が撮れずもうしばらく今までのストックで行きます。

ついでに今回は使っている濾材も書いときます。
120センチ水槽。
セラミック多孔質材(こいつがともかく柔らかい・白濁の原因)、
セラミックリング材・2種類、サンゴ砂、ウール二種類。
混泳水槽。
セラミックリング材大・小、サンゴ砂、ウール、鯉用の濾過材。
書いてみると簡単ですが、量はかなり多いです(笑)。



色々書いたら疲れたのでここからは駆け足。
今日の一匹。
さば尾・当才、長尾タイプ。
いつも通り、上見がお勧め(笑)、でも横見でもそこそこかな。
個人的には頭というか、鉢のところの緋がもう少し前まで欲しいところ。
後は腹の下の緋が中途半端ですが、これが左右につながるかと、
4.5枚目側の緋の中に白がある、これがなくなれば良いかなってところ。

体高の出ないタイプになると思うので、長く大きくするしかない。
そのためにはこんな模様もアリだと思う。








IMG_4340.jpg





IMG_4345.jpg





IMG_4328.jpg





IMG_4329.jpg





IMG_4326.jpg




IMG_4325.jpg

玉さば

2011/03/04 Fri

今日、日中の雪は降ったり止んだり。
今朝は久しぶりに積もった。
昨夜の段階で結構積もっていたので、今朝除雪に起きるのは寝る前から決まっていたのですが、
二月は全然早起きしていないせいで、起きるのが辛いこと辛いこと(笑)。
一月に毎朝起きていた時は起きれたものが、久しぶりだと布団から出るのが一苦労。
頑張って除雪いたしましたが・・・


今日の一匹。
玉さば・当才、長尾タイプ・雄。

今日紹介するのはこんなのも飼っていますと言う一匹。
模様に見るべきところはない。上も横も関係ない(笑)。
でも、腹の張りだけはたいしたもの、それで残してある。
これで大きくなるタイプなら模様は良くなくても、我慢しますが大きくならなかったら・・・

こういうタイプは真ん丸になるけど大きくならないタイプと、
このまんま大きくなって体高が出るタイプがある。
現状ではこいつがどちらかは不明。
後者なら模様はともかく、それなりに見れると思う。
そうなることを期待して、秋まで待つかな・・・








IMG_4724.jpg





IMG_4717.jpg





IMG_4712.jpg





IMG_4716.jpg





IMG_4713.jpg





IMG_4729.jpg

さば尾

2011/03/03 Thu

3月3日、今日はひな祭りです。
個人的にはあんまりというか、全然関係なかったりしますが・・・(笑)。

そんでもって、今日は雪です。
朝、久しぶりに積もっていました。
我が家の前の道路は午前4時前くらいに除雪車が通る。
昨夜寝る前は積もってはいるけど、量的にはたいしたことなかった。
それなのに除雪車が出動している。
夜中に結構積もることはあるので、起きて積雪量を確認。
たいしたこと無い(笑)。
それから二度寝。


今日の一匹。
さば尾・当才、長尾タイプ。
今日の写真も上見がつらい←ごめんなさい。
やっぱりもう一度撮り直すしかないようです、それまで今の写真でお付き合いください。

今日紹介するさば尾は赤勝ちの更紗模様、模様というほどの模様じゃないけど。
前回紹介したような模様の金魚の方が好きなのですが、二才、三才と選別していくうちに
いつの間にか今日紹介するようなシンプルなタイプが残っていく。
派手な模様は当才の時は良いのですが、大きくなるにつれバランスが難しくなる。
で、結局はシンプルな模様のさば尾や玉さばたちが残っていく。
親になっても綺麗な模様を残しているさば尾や・玉さばたちは貴重なんです。

で、今日のさば尾に戻りますが、上から見てもほぼ緋一本。
背びれのところに白を残しているのが良いアクセントになっていると思う。
さすがにいつも上見を勧めるさば尾好きも、こいつは横見がお勧め(苦笑)。
特に4枚目以降側が良い。
3枚目も悪くないけど、赤が勝ちすぎている。
こんな、模様とも呼ばないような模様だと、多少くるってもたいして変わらない(笑)。

体高が出て、大きくなれば見れるさば尾になると思います。






IMG_4871.jpg





IMG_4870.jpg





IMG_4854.jpg





IMG_4861.jpg






IMG_4856.jpg





IMG_4857.jpg





IMG_4859.jpg

最後の一枚はいつものおまけ。
この角度からだとかなり良い感じのさば尾に見えませんか。

玉さば

2011/03/02 Wed

今日は朝から雪です。
久しぶりに降っていますが、三月の雪なのでそれほど積もらない。
天気予報では今週末まで雪だと言っていますが、雪堀しなくて済むと良いのですが・・・

高校や中学は卒業式が始まるのに寒いのは可哀想だと思いますが、
天気ばかりは仕方ないですね。

今日は駆け足。
今日の一匹。
玉さば・当才、短尾タイプ。
相変わらず写真が汚いですが、お許しください。

こいつも個人的に好きなタイプの更紗模様です。
見るならやっぱり上見がお勧め。
横から見るにはちょっと緋が足りない、腹の下を巻いて緋模様があれば言うこと無しですが。
上見の時も頭の緋がもう少し前まで、出ていれば最高ですが・・・(笑)。
横見の時に緋際が良くないとか、注文を言えばいつものことながらきりがありません。

でも短尾タイプでこれだけ更紗模様があれば上出来かなと自己満足してます。
玉さばとしましたが、これも微妙なところ・・・
秋までにもう少し体高が出て肩のラインがはっきりしてくれれば立派な玉さばになるのですが。
逆に腹だけ大きくなってさば尾になっちゃうかもしれませんし・・・

いずれにせよなかなか面白い上見をしていると思うので、秋に期待します。






IMG_4752.jpg




IMG_4754.jpg





IMG_4746.jpg





IMG_4740.jpg





IMG_4737.jpg





IMG_4735.jpg





IMG_4732.jpg

さば尾

2011/03/01 Tue

今日から3月です。
もう既に今年一年の六分の一を終えたことになります。
二月は降雪が少なくすごし易い月でしたが、今月はどうでしょう?
ちなみに今日は雨、今夜半から雨が雪に変わるかもと天気予報は言ってます。
その後今週の天気は思わしくなく、お天気マークは無し曇りと雪マークが並びます。

三月に入ると気温も上がってくるので、雪と言っても一月のようにガンガン積もる雪ではなく、
霙のような湿った雪が降るだけだとは思いますが・・・
もし、ここでまた乾いた雪が積もったらそれだけゆきぎぇが遅くなります(涙)。

二月の晴れや雨のおかげで、積もっていた積雪も大分減りました。
感覚的には半分くらいになった気がするほど・・・
道路脇の雪崩防止の除雪作業も進み、車で走っていて危ないと思うようなところは無くなった。

これから白一面だった雪山も少しづつ黒いところを覗かせるようになると思う。
季節や天気の話はこれくらいにして。

いつも通りに今日の一匹。
さば尾・当才、長尾タイプ・雄。
上見の写真のピントが甘すぎて一枚目に使えないので、写真の構成が何時もと違いますが。
ピントは悪いですが、上見からでも横見からでも見れると思います。
ただ1・2枚目側の背びれの基点のところ、緋が鱗の下に入ってしまっている。
個人で楽しむ分には問題ないし、これも模様だと思ってしまえばそれまでですが、
一般的に緋が鱗の下に入るのは良くないとされます。
それと写真を見ればすぐ分かりますが、尾ビレの上側先端が波打ったように曲がっている。
当然ながらこれも評価を下げるというか、品評会なら対象外と言うところ。
当才なので尾びれは秋までに治るでしょうが、肩の緋は治らない。

個人で楽しむには賑やかで、上からも横からもいける良い魚です。
3・4枚目側の腹の緋がもう少しまとまったら言うこと無しかな(笑)。
欠点ばかり書きましたが、個人的には好きなタイプの模様と緋質。
多分雄なので、秋上がりでもかなりひれは伸びると思いますが、
来年の秋まで飼い込んだとするなら、かなり見れるさば尾になると思う。









IMG_4493.jpg





IMG_4508.jpg





IMG_4495.jpg





IMG_4496.jpg





IMG_4511.jpg





IMG_4514.jpg




IMG_4500.jpg




IMG_4502.jpg

何時ものように下二枚はおまけ。
でも、なかなか良い感じだと思いませんか。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR