当才水槽から

2012/01/31 Tue


今日も    です。

と言っても天気予報で山沿いの多いところは100センチなどと言ってましたが、
そこまでは積もりません。
今朝で3~40センチ位かな、それでも降らないところから見たら大雪か(笑)。
日中も降る時は先が見えないくらいの勢いで降りますが、長続きしない。
止み間も結構あるのでそれほどの積雪にはなりません。

気圧予想図を見ると、今日明日よりも2日が大変そうかな。
今週を乗り切れば少しは良くなるのでしょうか・・・。



1月も今日で終わりです。
正月になったばかりだと思っていたら時間のたつのが早いこと(笑)。
寒いだ、雪が降るだと騒いでいても季節は確実に回っているようで
最近は日暮れが大分遅くなってきました。
夕方5時過ぎまでは外で作業も出来るようになったし。
ただ、夜明けはまだそんなに早くならない。
除雪のために早起きしてますが、外に出て明るいと気分的に全然違う。
2月の中旬過ぎるとだいぶ違ってくると思うのですすが・・・。

明日からは2月、暦の上では春が来ます。
何時になったら春らしい写真や話題を載せられるでしょうか(笑)。






さば尾の写真は撮っているのですが、
何時も水槽の外側からか水見の写真ばかりで代わり映えしません。
思い切って水に手を突っ込んで個別の写真取りをしたいところですが、
何分にも冷たさに負けるという以前に、気分で負けてます(苦笑)。
そんな訳でもう暫く水槽写真になると思いますが、お許しください。

今日は当才水槽から紹介です。
この水槽以前熱帯魚にハマっていた時、大型プレコを多頭飼いしていたもので
水槽の透明度落ち落ちなのです。
下の写真見てもらえれば分かりますが、水槽傷だらけだし(笑)。
そんな訳でこの水槽でくっきり写真は難しい。
そこら辺をご承知の上で笑いながら見てください。


まずは集合写真。
IMG_6854.jpg IMG_6857.jpg

よく覚えていないというか、当初は数えたのですが、
途中で出し入れしているうちにこの水槽に何匹いるのか分からなくなった(笑)。
多分300匹位は居ると思うけど・・・。
水温はいつも0度をキープしてます。

一応水槽の概要。
150×60×60水槽。
上部濾過、レイシーのポンプにハマナカの濾過槽というコンビ。
濾材はリングとセラミック系+PH維持のためサンゴ砂をネットに入れて、
後はウールでごみ取りという、いたって簡単な上部濾過の良くあるパターン。
他に水槽内に水作ジャンボを二基。

電気も着けずに薄暗くしてある、電気着けるのは週末の土日のみ。
今の時期 餌は一週間に一度。
これだけ入っているので春になっても増体目的の餌くれは出来ないかな。
取りあえず落とさず春までキープがこの水槽の目標。





下は単独で。
IMG_6886.jpg IMG_6890.jpg

IMG_6892.jpg IMG_6893.jpg

IMG_6898.jpg IMG_6905.jpg

ボケボケの写真ですが、笑ってみてください。




スポンサーサイト

お買いもの

2012/01/30 Mon

今日は変な天気。
夕立のように前が見えないくらい降り出したかと思うと、いつの間にか止み。
時折薄日がさして来たり、ちらちらと嫌そうに降ってみたり。
明日から来るという寒波に向けての下準備なのでしょうか。

先週もとってもとっても降ったのでご勘弁いただきたい気分満載なのですが、
どうやら許していただけないようです(苦笑)。

先週25日から本格的に降り出した雪は土曜まで断続的に降り続き、
金曜日の朝は今シーズン最多、一晩で70センチ位の積雪を記録しました。
ちなみに木曜日の朝が30・土曜日の朝が50センチ位あったと思う。

土曜日の午前中から小降りになって降ったりやんだりを繰り返し、今日にいたってます。
で、嫌でも週末は屋根から落ちた雪を片付けねばなりません。
特に今週のように次の寒波が来ると天気予報でいっていればなおさらです。
我が家は屋根の雪は自然落下式なので、屋根の雪掘りは必要ありませんが、
自然落下なので雪が降ればこちらの都合に関係なく、屋根から落ちる。
これを片付けるのが一苦労なのですが、写真が無いのでその様子はいずれ紹介します。
これが大変というか、まぁ疲れる作業だったりします(笑)。
春になれば消えてなくなるものになんでこんなに苦労するのかと云う位に・・・。
今はそれでも除雪機があるので以前より楽になっては居るのですが、
それでも疲れるものは疲れるし、何よりこちらの年齢的なものが大きい(笑)。
まぁ要するに年をとったということです。



で、買ったのが下の機械。
IMG_0248.jpg IMG_0249.jpg

雪掘り後に肩が痛い、腰が痛い、脹脛が疲れたとか言って
マッサージを頼んでも物の10分で終了、下手したら5分の時も・・・。
ついでに言われるのが「マッサージとか整体でも行って来たら。」

そんなとき眼に着いたのが某ドラックストアのチラシにあった、低周波治療器。
ネットでレビューや口コミを見るとそれなりに効果ありそうなので、買ってみることに。
検索すると3000円以上で今なら送料無料のキャンペーン中だったので早速ポチ。
しかもドラックストアだと6980円がネットだと3980円だし。

昨日届き速攻で使ってみましたが、正直まだ効果のほどは不明です。
何となく肩が軽くなったような気がするかな・・・(笑)。
しばらく使って良かったらまた報告します。
3日坊主に成らなかったらですけど(苦笑)。





今日の景色。
IMG_0261.jpg IMG_0263.jpg

いつもの車庫の前の道です。
真っ白で分かりずらいかもしれませんが、
向かって右側の雪壁の上が迫り出しているのが分かるかと思います。
これが雪庇です、明日からの寒波で雪が続けばもっとひどくなりかもしれません。
これくらいならなんてことはないのですけどね。





何時ものさば尾
IMG_0226.jpg IMG_0225.jpg

IMG_0227.jpg IMG_0228.jpg

IMG_0229.jpg IMG_0230.jpg

今日は水槽の二才たちです。
水槽の表面と中側の汚れがダブルで写りこんでいますが、
そこら辺は見て見ぬふりをしてください(笑)。
この水槽だけはほぼ毎日餌をやっているので水が澄むことがない。
諸事情によりこの水槽のみ加温している。
おかげで秋より一回り大きくなってます。

水槽の奥に見える蛇腹状のホースは外部濾過の給水ホースです。






水槽写真

2012/01/25 Wed

今日は雪。
午前中は非常に強く降っていましたが、今はそれ程でもない。
かと言って止むわけでなく降り続いております。
さて、天気予報では明日にかけて大雪になると言ってますが、
どれ位積もるのか・・・一寸だけ楽しみだったりします(笑)。


昨日はブログを上げた後、何故か雪は止み。
夕方にはお日様が顔を出すほどにまで晴れたのですよ。
そのせいで夕方から急に冷え込み、びっくりするほど気温が下がった。
この時期の新潟って雪が降っているから寒いと思われがちですが、
実はそれほど寒くならないのです。
当地の最低気温で大体マイナス2・3度位です。
(標高によって新潟でももっと気温が下がるところもありますよ、念のため)
それが帰りの車の車外温度マイナス6℃でした。
高が二・三度の違いと思われるかもしれませんが全然違うのです。
久しぶりにマイナス5度以下体験しました。

ついでに書くと気温が極端に低い時は雪はそんなに積もらないのです。
日中の最高気温が一度~マイナス一度位が一番積もる。
この時期一日中殆ど温度変化が無かったりします。
朝の最低気温がマイナス一度で、日中の最高気温が一度とか。
温度差わずかに二度(苦笑)。

相変わらず天気の話になると熱が入ってしまいます(笑)。


週末に撮った写真を一度に紹介してしまったので、在庫が無くなりました。
同じ様な写真を載せるのもつまらないですし・・・。
何回かに分けて載せれば良いのでしょうが、それも如何なものかと思いますし・・・。
で 結局いつものようにネタ切れになって困ってしまうというわけです(笑)。






何時もFRP水槽や15当才は超過密飼育ですと書いていますが、
当才水槽の過密具合は何度も紹介しましたが、
FRP水槽の全体ってあまり出してないことに気づきまして今日はそれです。
ここには親と二・三才の立て候補が入ってます。
親と三才は室内飼育ではこの中のみ。
二才だけは12水槽にあと2~30匹位います。

以前も書きましたが、簡単にこの水槽の概要を。
水量800ℓ、水中ポンプで水を送って上部濾過してます。
ポンプは下の写真にも写っていますが、水量毎分80リットルタイプ。
濾材はメインにリング濾材と鯉様のビニロックフィルター、ウール。
プラスPH調整用にサンゴ砂をネットに入れたもの。
後は水作ジャンボが水槽内にありますし、
ジャンボの使用後のウール濾材も上部フィルターの中に入ってます。
リング濾材は大と中を洗濯ネットにそれぞれ入れて。
後は二週間に一度三分の一程度の水替え、他は様子を見てかな。
餌は一週間に一度、浮餌と沈みを様子見ながら。

野池から移した当初は一度調子を落としリセットし直しましたが、
それ以後はすこぶる元気、下の写真のような感じです。
土曜日の午前中に水替えしてその直後に撮っています。

この中から何回も紹介してきたので、
見覚えのある奴らが写っているかと思います。

IMG_0213.jpg

IMG_0214.jpg

IMG_0223.jpg

上の二枚と下は撮っている角度が90度違う。
下の写真だと奥行きが無いけど、見やすいのです(笑)。


週末の出来事など

2012/01/24 Tue

今日は雪ですが、申し訳程度に降っているだけ。
これ位の降りなら曇りと言っても良いくらい(笑)。
ただ明日からはまた大降りになるらしいのですが・・・。

それでも先週一週間降らなかったおかげで随分雪も減った。
実際は三分の二程度に減ったところでしょうが、
気分的には半分になったような感じです。
これが中休み無しでずっと降り続くか否かは大きな違いなのです。


昨日からまた雪は降り出しましたが、
降り出す前の週末の様子を今日は紹介します。





道路の道幅確保作業。
IMG_0055.jpg IMG_0056.jpg IMG_0058.jpg IMG_0059.jpg

通常この道路は消雪パイプが埋まっているので大型ロータリーでは除雪しない。
写真のロータリーよりずっと小型のタイプで雪を端に吹き寄せて道幅を確保している。
そうすると当然端に徐々に雪が溜まってくる、左の写真の手前側の雪のように。
それを大型ロータリーで除雪しながらダンプの荷台に積み入れる。
大型ダンプ一台分なんて一分もせずに満杯になる。
距離にして10メートル分位でしょうか。
これを大型ダンプ何台もが連なり、繰り返す。
満タンになったダンプは雪捨て場に行っておろしたら又積んでを繰り返します。

と書くと難しいことではなさそうですが、
一般車は通る交差点はある、ダンプは途切れてしまう時が出るなど、
なかなか大変な作業なのですよ、これを両側の車線でやります。
今はおかげで昨日から降った雪だけしかない。





スコップとスノーダンプのメンテナンス
CIMG4702.jpg CIMG4703.jpg

CIMG4705.jpg CIMG4708.jpg


上がアルミの角スコ。
土や砂に使う角スコより二回りくらいデカい。
下はスノーダンプと当地では呼んでいます、左が鉄製、右はアルミ製です。
鉄は屋根から落ちた雪用、アルミは新雪用です。
市販ではプラスチック製等もありますが、自分には向かないので使いません。

週末は除雪作業も無かったので、こいつらに下をスプレーした。

その名も雪すべ~る
CIMG4710.jpg

その名の通り、スコップやスノーダンプから雪離れを良くするスプレー。
塗っておくと置かないじゃ全然作業効率が違います。
特にスコップは濡れた雪に使うので必需品、濡れた雪って金属から離れない。
昔はろうを塗ったりしましたが、今はこれです。





ここからはサクッと行きます。

何時もの山の越冬イケス。
CIMG4742.jpg CIMG4741.jpg CIMG4754.jpg

週末にもまた行ってきた。
前回の数分の一、30分も掘らずに終わった。
さば尾たちは痩せていたけどまだ元気。
今回は落ちているやつもいなかったし。
右の写真は池の前にある田圃の対岸側から撮った。
少しだけ餌をくれて今回も終了。





カーブミラー。
CIMG4761.jpg CIMG4784.jpg

少し前の雪景色の時にも出してる、その時と積雪量を比べてもらえれば。
右の写真はこのカーブミラーのすぐ後ろ。





雪の壁。
CIMG4764.jpg

これも同じようなのを前回紹介しているので、比べてみてやってください。





棚田と棚池
CIMG4765.jpg

初雪の頃に紹介した時の池は雪がそこだけ違う色だった。
今は池も田圃も一面真っ白です。





春の様な山
CIMG4719.jpg

晴れたり雨降りで積もった雪が雪崩で崩れたりして、まるで3月の様な山の景色。
ここから又雪が積もるのでしょうけどね・・・。





コンニャク。
IMG_0061.jpg IMG_0064.jpg

自家製コンニャクです。
夏の間何度か花だったり、芋や葉っぱを紹介してきましたが
そのコンニャク芋を使って我が家で作ったコンニャクです。
この大なべでいっぱいあったのですが、あっという間に知り合いに配ったらしい。
これが又喜ばれる、それが楽しみで両親は芋作ってるようなものなのですが(笑)。
ミキサーなど使わずにおろし金ですりおろし、時間をかけてこねて作る。
刺身で食うと何とも言えない食感で美味い。
コンニャク自身に味かある訳じゃないのですが、市販の物とは違います。
作り方は機会があったら書きます。





おまけ
IMG_0017.jpg IMG_0052.jpg

お気に入りの玉さば、カンバンの時の一匹。
日本ブログ村のプロフにも使っている。
右は後姿ですが、この写真はいまいちかな。


こんなのも・・・いる

2012/01/20 Fri

今日は雨降り。
雨降りなんて書き始めはいつ以来だろう(笑)。

雨が降り始めたのは夜が明けてから、昨夜は暖かい夜だった。
これから春先まで、日本海側が晴天だったりこんな暖かで雨降りだと、
太平洋側は雪が降ったり荒れたりする。
当地にとっては嬉しいことなのですが・・・、難しいものです。


今週一週間、冬の中休み的に晴天が続いた。
道路除雪のみに追われていた、除雪隊の方も道幅の確保や、
雪崩の危険のあるところの雪落としと忙しそう、ご苦労様です。

自分も今週末には越冬イケスに今シーズン二度目の様子見に行ってこようと思う。
この雨のせいで雪はとてつもなく重くなっているかもしれないけど・・・。






今日は一匹だけいつもより多めの写真で紹介。
多分こいつは当ブログでは初出しのはず。
以前の今日の一匹にも出していなかったと思う。

さば尾・三才
IMG_0012.jpg


IMG_0026.jpg


IMG_0040.jpg


IMG_0046.jpg


IMG_0019.jpg


IMG_0051.jpg

何時も水槽の底にいてまず滅多に浮いてこない。
この写真も下の6枚目以外は浮かんでない状態で撮っているので色味が黄色いかと。
                           (週末には水替えもせねば)

金魚の模様を言う時に赤勝更紗とか白勝更紗と言いますが、
自分こんな白勝更紗系が意外と好きだったりします。

模様的には頭も留守だし、背びれ周りの緋も無いので通常なら
ハネてしまう様な柄の個体なのですが、
二枚目を見ていただくとわかりますが、緋がきっちり腹を巻いているのです。
こんな柄も実は意外と好きだったりして、残しています。
何よりこいつはでかくなりそうなのも気に入っているところ。


下の6枚目の写真ですが、やっと浮いてきたところを慌てて撮ったので
頭も尾びれも切れまくりの失敗写真なのですが、あえて載せてます。
というか、浮いて来てくれた写真がこれしかない(笑)。
肌の綺麗さや、背鰭周りの鱗に入るシルバーメタリックの
輝きなど見ていただけると思う。


狙って出せる柄の個体じゃないですが、
こんなさば尾も良いと思うのです。


お気に入りたち

2012/01/18 Wed


今日は晴れ

あんまり嬉しいので文字大きくしてみました。
朝から快晴、というよりも昨日の午後から晴れて来て、今日も引き続き晴れてる。
月曜日も曇りで雪は降らなかったから、これで三日連続。
いつ以来なのか覚えてませんが、久しぶりなのは確か。
朝から青空が見えているだけで得した気分になれるお安い奴です(笑)。


天気予報だと今週いっぱい雪の心配は無さそう。
週末位からまた天気崩れるらしいですが、冬の晴れ間を楽しんでます。

今朝の雪景色と青空のコントラスト。
CIMG4698.jpg CIMG4701.jpg

何時も写す山とブナの木で申し訳ありませんが、家の部屋から撮影できるので・・・。

何時も雪が降って大変だとばかり書いていますが、
冬が嫌いなのかと言えばそうではない。
好きかと聞かれれば好きではありませんが・・・。
ただ秋から冬にかけての端境期というか、
雪がもうすぐ降ってくると言う期間は冬が嫌いになっているかもしれない。
でもいざ雪が降ってくれば雪堀だ除雪が大変だと言いながらも
それなりに雪のある生活を楽しむというか、折り合いつけて過ごしてる。

で、大寒波が来て天気予報が山沿いは何十センチの積雪が予想されるとか聞くと、
とっても嫌な気分になるし気も滅入るけど、不思議と一寸だけどれだけ降るのかを
ワクワクというか楽しみにしている自分がいたりもする。
朝起きて予想に反して積もらなかったりすると、ちょっとガッカリしたりして(笑)。

そんな風にして楽しむことが出来ることが、
豪雪地帯と呼ばれる当地で育ってきたことのあかしなのかもしれない。
それが良いことかどうかは別だけどね(苦笑)。





相変わらずさば尾たちの新しい写真は撮ってないですが(笑)、
前回撮影した中から、自分のお気に入りの個体を集めてみました。
と言っても極わずかしか紹介できないですけど。
まだお気に入りは沢山いますが、それはまたいずれ。

FRP水槽の上見写真です。
相変わらずの混雑ぶりで目標個体だけ単独とはいきません。
横に並んだ写真は同じ個体。

三才。
IMG_6962.jpg IMG_6982.jpg IMG_7026.jpg

カンバンというタイトルの時にも出した個体。
ただあの写真は二才の時の物なので、大分大きく丸くなっているかと。
これ位丸くなってくれるとそれだけで価値がある。





四才
IMG_6992.jpg IMG_6963.jpg

左の写真には上の奴が隣に並んで写っていますな(笑)。
正月が明けているので実際は五才になっている個体ですが、雄なのです。
やっぱり雄は雌に比べてでかくならない。
中々腹側というか、後ろからの写真が撮れなくてやっと撮ったのが右。
上見だと背びれの周りの白が目立ちますが、
腹側にも緋を撒いて横見でもかなり見れる個体だったりするのです。
もう二回り大きくなってくれたら最高ですが、雄なので無理・・・かな。





四才
IMG_6999.jpg IMG_7009.jpg IMG_7015.jpg

こいつもカンバンというタイトルの時に出した個体。
水槽の中でも一際目立つ個体の一匹。
まぁ、柄は見た通りですが何しろデカイです。
デカくすれば見れるようになるという見本みたいな個体です。
こいつの存在感は写真じゃ伝わらないと思う、
そのうち動画でも上げて見ます。





三才
IMG_6964.jpg IMG_6976.jpg IMG_7025.jpg

さば尾体型の三才。
写真でも分かると思いますが、緋質の良さは特質ものです。
血のような赤ではなく、鯉の紅白の様な赤。
鯉飼っている方が見るとこの個体は目に留まるらしい。





四才
IMG_6975.jpg IMG_6985.jpg IMG_7010.jpg

こいつの写真はあまり出したことが無いかも。
以前やっていた今日の一匹では紹介したことあると思ったけど・・・。
頭の緋の出が足りないのが玉に傷ですが、まぁ一寸だけ有るので良しとします。
柄だけなら上の二段の四才よりも良いと思うけど、大きさではかなわない。
中々面白い個体なのですが、水槽の底が好きで浮いて来てくれなかったりします(笑)。





四才
IMG_6995.jpg

単純な背一本緋ですが、腹まで巻いているので残っている個体。
何時も柄・模様ばかり言っている自分としては珍しいかも。
でも玉さば好きっていう方にはこんな個体も受ける。
緋質も良いし写真で見る以上に実はデカかったりします。
こいつも二段の奴と同様、でかくすれば見れるようになるという個体。





四才
IMG_7008.jpg

こいつも雄、結構いい仕事をしていると思われる。
我が家の丹頂の子供は多分こいつの血が入っているはず。
肌質鱗なみとも良いので子取りの時の雄の一匹。





二才
IMG_7019.jpg

今日紹介する中唯一の二才。
二才の割に結構大きめ。
背中の差しは気になりますが、それがあってもこれだけの柄の個体は中々いない。
秋までにどれくらいになってくれるか楽しみな奴です。





歳の神

2012/01/16 Mon

今日は曇り。
久しぶりに朝から雪の降らない日。
日差しがある訳じゃないけど、晴れって言いたい気分(笑)。


今日は昨日行われた小正月行事さいの神の様子を紹介。
実は一度全部書き終えたのですが、保存したはずなのに削除されたらしい。
あまりにショックなので、今度は簡単に行きます(苦笑)。





歳の神
CIMG4663.jpg CIMG4667.jpg

午前中に作った後に雪が降ったので雪化粧です。





点火。
CIMG4669.jpg

点火は恵方から、今年は北北西らしい。
直後は表面に積もった雪のせいで煙だらけ。





暫く経過。
CIMG4674.jpg CIMG4676.jpg

やっと火が周り始めた。





更に経過。
CIMG4683.jpg CIMG4684.jpg

表面の藁はもう見えないくらい。





餅焼。
CIMG4687.jpg CIMG4688.jpg CIMG4689.jpg

これ位まで灰になると餅やするめの焼頃。
当地ではさいの神の火では餅とするめだけ焼く。
御神酒も出るのでするめが肴。





名残り。
CIMG4694.jpg CIMG4696.jpg

藁の燃えカスが飛んできて、軽トラは悲惨なことになってます。

写真では伝わりませんが、着て行った服から髪の毛まで、
さいの神の燃えた匂いが付いてます(苦笑)。

それもこれも含めて小正月の昔ながらの行事です。

雪景色

2012/01/15 Sun

相変わらずの雪です。
もう嫌になってきてますが、許してくれません(笑)。

それでも昨日に比べれば少しはましかな。
日中は降ったりやんだりを繰り返して、降る時はいきなり大降りだし。

その止み間を縫って撮った写真で今の積雪の状況を紹介します。
今日は小正月行事もありましたが、それはまた後日です。





まずは、軽トラの周り。
CIMG4615.jpg CIMG4518_R.jpg

左が今日、右は以前ここで紹介した写真。
軽トラの後ろの積雪を比べてもらえれば・・・。





車庫の前の道。
CIMG4620.jpg IMG_6571.jpg CIMG4657.jpg

左が今日、中央は初雪の頃かな。
右の写真は道路の外側、道路の雪を田圃にロータリーで飛ばしたところ。





雪崩止め。
CIMG4627.jpg IMG_6734_R.jpg

左が今日、右は以前紹介した写真。
こうして見ると雪崩止めの上に雪が積もっているのが分かるかと。





杉の木。
CIMG4623.jpg CIMG4649.jpg CIMG4661.jpg

雪の積もった杉の木を三枚。





太陽。
CIMG4653.jpg

雪がちらちら舞っている。
ゴミみたいに見えるのが、降っている雪です。





カーブミラー。
CIMG4625.jpg





雪の壁。
CIMG4631.jpg CIMG4643.jpg IMG_6733_R.jpg

左の写真奥のカーブを曲がると中央の写真になります。
右はこれまた以前紹介したて写真。






道路脇のポール。
CIMG4636.jpg CIMG4645.jpg

上の雪の壁で紹介した道路の両側のポール。
左が谷川で右が山川。





ガードレール。
CIMG4637.jpg

雪の壁で見えなくなってますが、
ガードレールも撤去されているわけではありません。





屋根の雪。
CIMG4659.jpg

一度も雪下ろしされていない屋根の雪。
最近同じ屋根を紹介しましたが、反対側。





鎮守の森。
CIMG4655.jpg

鎮守様と当地では言いますが、
集落毎に神社を持っています、その神社の森。





似てるでしょ(笑)

2012/01/14 Sat

今日も雪です。
朝から止まずに降っていますが、昨日ほどではない。
明日は小正月行事の際の神(さいのかみ)がある、できれば降ってほしくないのですが・・・。


昨日の日中から昨夜にかけては大降り。
天気予報が大当たり。
山沿いは大雪注意報出ましたが、その通りって感じになりました(笑)。



下が今朝までの積雪。
CIMG4601.jpg

昨日の三時頃に親父が除雪をしてくれたので、それから今朝まで。
今シーズン一番の積雪量になりました。
40~50センチ位でしょうか。





新雪の中を歩いた跡。
CIMG4603.jpg

一面白ばかりで、なんの写真か分かりずらいと思います。
雪藪の中を漕いで車庫まで行きます。
除雪機を出さねば話にならない。





除雪した後。
CIMG4605.jpg CIMG4606.jpg

右も左も同じところをちょっとだけ違う角度で撮ってます。
左はロータリー除雪機を比較に入れてみました。
右は奥に少しだけ見えているのが軽トラのナンバー。
軽トラの前の雪を除雪しないと車を移動できない。





下は今の様子。
CIMG4613.jpg

二時半頃の雪の様子。
林の上、空からごみみたいに降っているのが雪です。
これでも昨日よりは大分小降りになったのです。





雪の様子だけじゃ、つまらないのでさば尾も載せます。
今日はいつもと趣向を変えて。

とりあえず下の二匹見てください。
IMG_6987.jpg    IMG_7001.jpg

タイトルどおりですが、似てるでしょ。
同じ魚じゃんとかいっちゃダメです(笑)。
左は二才、右は三才です。
よく見ると鉢の緋模様の形が違います。
口紅は両方ありますが、右はみ出しているし(笑)。
よく見ると肩の緋の巻きが違ったり、背びれの周りの白の形も違います。

同じ親を使って子取りしているので、一つ違いの兄弟なのかもしれませんし・・・。
まるっきり赤の他人で、他人のそら似なのかも。
どちらにしても数代前では繋がっているはずなので、
赤の他人ということは無いか。






やっぱり上見 好き

2012/01/12 Thu

今日も朝からガッツリ降っています。
当初、日中は雪が上がってくるという予報だったのに・・・。
時折止んだりもしますが、かなり強く降るか強く降るを繰り返している。
積雪ももうすぐ二メートルを超えそうです(笑)。

既に道路の周りは雪の壁で景色なんて見えません。
ひたすら雪だけを見て走る。
この時期何時もの事ですけど、気が滅入ります(笑)。


雪国に住む方にとっては珍しくもないというか、
日常の風景だとは思いますが、雪の降らないところで暮らす方には
多分ニュースの中での景色なのかもしれませんが・・・。
今の雪の様子などをちょっとだけ。
と言ってもこの写真は9日のブログ更新後に撮った写真なので今日じゃないです

何時もの車庫の前の道。
IMG_7081.jpg

夕方なのと天気が良くないので暗いですが雰囲気だけ伝われば。



道路脇の電柱
IMG_7084.jpg

この写真だと下の基準が分かりずらいので、
どれ位積もったかいまいち分かりませんね(笑)。
いっぱい積もっているのだと思っていただければ。



屋根の雪
IMG_7083.jpg

こうしてみると大した量に見えませんが、登って掘ると結構な量があるのですよ。
屋根から積もった雪が張り出していますが、これを雪庇と言います。
これを落としておかないと天気の良い時にいきなり落ちてきて・・・。
毎年これで怪我される方いますから気を付けましょう。
この場所は人が近づかないので放置されてますけどね(笑)。



最後は軽トラのつらら。
IMG_7085.jpg

一日乗らないとこんな風になる(笑)。
本当は軽トラはさば尾たちが入っている車庫に冬場は格納されるはずだった。
のですが、自分が車庫にさば尾たちの水槽を設置したため場所が無くななり、
冬空のした野外に放置と相成ってます。
毎日軽トラの駐車スペースも除雪しなくてはいけません(笑)。





上に書いた通り、前回ブログ更新した後さば尾の写真撮影しました。
本当は一匹つづ撮って単独の写真で紹介したいのですが、
当才達は完全に半冬眠体制に入っておりますし、
親達も秋に一度リセットし直しして、
体調崩したりしたので出来るだけ平穏無事ていて欲しい(苦笑)。
そのためには必要以上に触らないことが一番・・・。
唯一12水槽の二才達だけはいじっても大丈夫かなと思っているので
その写真はいずれ紹介できることと思います。

ということでいつも通りの上見です。
出来るだけ一匹だけを狙ったのですが、入っている数が多いので・・・(笑)。





二才
IMG_6958.jpg IMG_6973.jpg IMG_6980.jpg

単純な段模様ですが、玉さばは中々段模様になってくれない。
巻き下がりが少ないですが、上から見る分には十分かと。





四才
IMG_6994.jpg IMG_7012.jpg IMG_7018.jpg

上の二才より更に巻き下がりが無い(笑)。
ただこいつの緋色は血のように赤い、
それと写真じゃ切れてますが、尾びれの綺麗さは半端ないです。
長尾は魚が年取ってくると尾が垂れ下がって嫌だという方多くいますが、
こいつの尾びれの綺麗さは一見の価値ありです。





二才
IMG_6984.jpg IMG_6988.jpg IMG_7004.jpg

際がいまいちですが、玉さばでこれだけの模様はそうはつかない。
頭の緋に窓が空いてなければ尚良いのですが・・・。





四才
IMG_7006.jpg IMG_7014.jpg IMG_7024.jpg

模様的には一本緋でそう面白くないですが、
それでも大きくすれば見れる個体になるという良い例。
頭の緋の出が少し足りませんが、まぁご愛嬌で(笑)。
こいつの兄弟たちは親に使うと面白そうだとよく言われるタイプかな。





二才
IMG_6972.jpg IMG_6977.jpg

三段の更紗模様。
完全なさば尾体型ですが、今年の秋上がりには
もう少し太くなって上がってくれると思う。
鼻垂らしが玉に傷ですが、
それでもここまで綺麗な三段はなかなか出ません。





三才
IMG_7000.jpg

鯉だったら間違いなくハネ。
さば尾でも一番選別でこの模様だったらハネてる。
多分秋まで網にかからず逃げ回っていたのかと・・・。
模様に特筆すべき点は無いし、肩の緋は無い方が良いけど、
白の綺麗さと鱗並みの良さそれに真ん丸さ加減で残してる個体。
横から見た時に鱗がシルバーメタリックに輝く感じは何とも言えない綺麗さです。


たまにはコメント付けて紹介してみました。




山の越冬イケス

2012/01/09 Mon

今日も朝から雪です。
昨日と違って結構一生懸命降っているので朝からだけで10センチ近く積もった。
といってもこの時期これくらいならば許容範囲かな(笑)。


ただ、昨夜は全く雪が積もらなかった。
全く積もらなかった晩はいつ以来でしょう・・・かなり久しぶり。
おかげて今朝は道路凍ってましたけどね。
休みで朝運転しないので、今日は雪が降らなかったことが単純にうれしいかな。
まぁ休みの日は朝の除雪も朝飯後にするから大したことは無いのですが。


この休み中にやろうと思っていたことがいくつかありまして、
大体は昨日までに終了した(昨日の買い物とか)。
残ったのがさば尾たちの写真のストックを作ることと、
越冬している山のイケスに行って久しぶりに様子を見て餌をやること。


昨夜降らなかったので朝の除雪が不要。
ということで、かんじき持ってスコップ・スノーダンプと餌持って
忘れずにカメラも持って山のイケスに行ってきました。
(去年も同じような記事載せてます)
家を出るときには既に雪が降り出してきましたけど、気にせず出発。




イケスに向かう途中の道路でウサギの足跡発見。
CIMG4558.jpg

少し前にウサギが通ったばかりかな。





雪に埋もれたイケスとその周り。
CIMG4559.jpg CIMG4562.jpg CIMG4563.jpg

道路でウサギの足跡撮影しましたが、池の周りはもっと足跡だらけでした(笑)。
左の写真中央よりやや左側のこんもりしているところがイケスです。
中央は田圃に湧水が入っているところ、
少し入っているだけでこうして雪が積もらないのですよ。
右はイケスの排水や田圃からの排水が集まっているところ、ここも穴になってます。

これから降りてイケスを掘り出します。





クレソン
CIMG4564.jpg CIMG4566.jpg

クレソンの耐寒性は大したもの。
雪の中でも青々としてます、摘んで帰ればそのまま食べれると思うけど、
田圃の中なので、降りるのが大変、
というか間違いなくかんじきと長靴泥だらけにする覚悟が必要(笑)。

ウサギたちは餌の無いこの時期少しの雪の切れ間を見つけて
そこに生えている植物を餌にしている。
それでなんとかクレソン食べたくて上のように大量の足跡があったのかと。
ただ、さすがのウサギも降りたら登れないのは分かっているようで
下に降りて食べることはできなかったようですけど。





掘り出したイケス
CIMG4568.jpg CIMG4569.jpg CIMG4570.jpg

イケスの上の雪、上に載せたクレソンの上に投げたので雪をかぶってしまいました(苦笑)。
池の中には湧水とホースで引いた横井戸からの水が入ってます。
少しは温かいのと、蒸発する水分で池の周りは少しだけ空間ができている。
これがまた厄介でうっかりするとそこに足を落としたりするのです(笑)。
右の写真が雪を掘った深さというか、高さ。
池の上にスコップ立てたので、多分150センチくらいかと。





久しぶりの池のさば尾
CIMG4577.jpg CIMG4580.jpg CIMG4581.jpg CIMG4583.jpg

落ちているやつが二匹ほどいましたが、おおむね今のところ元気。
去年のように尾鰭の共食いも起きていませんでしたし。





餌をやったところ
CIMG4590.jpg CIMG4592.jpg

久しぶりの餌。
餌の匂いがしだすとそわそわしだして、初めはしきりに底を探す。
しばらくすると思い出したように写真のように水面に浮いてきて浮餌つつきだします。
夏場に比べたらかわいそうに思えるくらいの量。
かといって大量にあげたら逆にさば尾たちが落ちますし・・・。
この後沈みを少し上げたらそれで終了。





最後に
CIMG4596.jpg

やっと掘ったイケスに風が当たらないよう雪をかぶせて
イケスを後にします。

これだけで半日終わった(苦笑)。
疲れまして、午後からのさば尾のストック写真撮影止めて、
こうしてブログ更新しています(笑)。

このあとちょっとだけ写真撮ってこよう・・・かな(予定)。

何時もの二才たち

2012/01/08 Sun

今日も相変わらずちらちらと小雪が舞っておりますが、
積もるというほどではありません。
ただ、なんとなく嫌そうにというか、だらだらと降り続けている。
意地でも青空なんか見せてやらないという、
何処かの誰かの悪意が働いているのではないかと勘繰りたくなる(笑)。



今日は休みで、買い物に行ってきました。
買い物は金魚ネタじゃないです(初めに断っておきます)。

欲しかったのは除湿機。
全国的には今の時期 除湿機じゃなくて加湿器の需要が高まる時でしょうが、
北陸から東北にかけての雪が降る地方にとって
今は加湿器も除湿機も必要とする時期。
何故って洗濯物が外では乾かないからなのです。
我が家にも軒下に洗濯物干し場はありますが、
日中の最高気温が2~4度位じゃ洗濯物乾かない。
一応乾燥機も装備してはいますが、全ての洗濯物を乾燥機にかけるのも不経済。
結果部屋干しの洗濯物が増えるのですよ・・・(笑)。

諸事情で昨シーズンまで使っていた除湿機は使えない。
そんな訳で買いに行ったのですが、在庫切れ。
夏場用の除湿機は売っているのですが、冬用の除湿機がない。
買い物行って調度良いやつ買ってきてと簡単に思っていたのですが、
そんなに甘くなかったです。
極端にお高いやつとか、逆にお安いけど機能的にちっとというやつは有るのですが・・・。

結局数件の家電量販店を梯子して上に描いたような知識とも言えないような
家電事情を知りえてきただけ(笑)。

一般的に除湿機は梅雨時期が売れ時なので、生産はそれに合わせて行うとか。
その前の時期にモデルチェンジ等を行うので今の時期にはそんなに作らないとか。
今年に限って言うと福島県に優先的に商品が回されているとか・・・。

結局料金リサーチして帰ってきただけになりました。
で、ネットでお買い物。
それなら最初から家でできたのに(苦笑)。


雪の中買い物に行ったのに、
欲しいものが買えなかったので愚痴でした。





愚痴だけじゃ申し訳ないので、さば尾の写真です。
初めは15水槽の当才。
IMG_6660_R.jpg IMG_6663_R.jpg

サムネイルでみると暗いですが、
クリックして見てもらえると雰囲気が違うかと。
何時もと違う雰囲気の写真を撮りたかったので明り無しで撮ってみました。





何時もの12水槽の二才
IMG_6668_R.jpg IMG_6669_R.jpg IMG_6670_R.jpg IMG_6672_R.jpg

IMG_6676_R.jpg IMG_6680_R.jpg IMG_6682_R.jpg IMG_6683_R.jpg

何回も紹介しているので、
何度も登場しているやつがいるかも知れませんが・・・。
気にせずあげます。


黒化

2012/01/07 Sat

今日も終日雪。
降り止むことなく降り続けていました。
結構な量が朝からだけで降りましたよ(笑)。


今日は1月7日、世間一般では七草粥を食べる日。
なのですが、当地では昔から七日正月といっておもちを食べる日。
しかもこの日のためにわざわざ餅をまたつくのです。
前日について用意しておき、朝は雑煮だったり焼いたりして食べる。
我が家はいまだに昔ながらの習慣を守って、本来の正月前に餅つきし、
7日正月前にまた餅つき、更に小正月前にもう一度餅つきします。

小正月の餅は家でも食べますが、祭の神で焼いて食べるため。
祭の神についてはまた書きます。




さて、今日のタイトルですがこんな言葉は無いと思います。
それを使うのかって話ですが、一般的になんというか知らないのでというか、
多分一般的なというか、これを表す言葉は無いのでは無いかと思います。
それとも自分が知らないだけなのでしょうか・・・。

で、自分は黒化(こっか)と勝手に呼んでいるのですが、
下の写真がそれです。
CIMG4528.jpg CIMG4534.jpg CIMG4544.jpg

CIMG4552.jpg CIMG4554.jpg

上の五枚は全部同じさば尾です。
写真が見ずらいとかはこの際なしです(笑)。
自分はさば尾・玉さばしか飼育していないので、
他の金魚でも同じようになるのかは残念ながら不明です。

最初からこんな模様のさば尾を選んで水槽に入れているわけではありません。
実際こんな模様の三色のさば尾できたら嬉しいのですけどね・・・。

何故かは分かりませんが体調を崩したさば尾にこんな風に黒が出てくるのです。
これは昔から見られる現象で風邪ひいたとか言われてきました。
体調を崩していると言われますが、
別に浮いてるわけでも沈んでるわけでもありません。
餌やれば普通に食べてるし。

春になって水温が上がってくれば墨は消えてきます。

こうして墨が浮いてきた奴は意外と落ちない。
体調を崩していると言われますが、何らかの免疫作用なのかも。
こんな風に墨が浮いてくることもなく突然落ちる奴とかはいますし。
その辺の因果関係とかは自分分からないので、
もし知っている方いたら教えてください。





下は墨浮いてきた奴ら。
CIMG4524.jpg CIMG4537.jpg

CIMG4550.jpg IMG_6674_R.jpg

上の二匹と下の左は当才。
下の右は二才。
二歳以上になると上の奴のように全身墨が浮くやつは殆どいない。
星が浮いたり、口紅が墨になっていたりしますが、
こいつらはそんなに体調が悪いようにも思えないのですけどね・・・。




水変え

2012/01/06 Fri

今日も雪。
少しだけ気温が上がっているらしく、湿った雪が降っています。
降雪量は昨夜から今朝までに15センチくらい。
今日の日中で7・8センチ位でしょうか。
去年の同時期に比べるとこれでも積雪は少ない。





そんな現在の様子が下の写真。
まずは積雪量。
CIMG4518_R.jpg

軽トラと比べていただけると大体の積雪が分かるかと・・・。





何時も写す水槽がある車庫の前の道。
CIMG4519_R.jpg

今の時期当地を走ると大体こんな感じで道の両脇に雪の壁がある。
これくらい積もるとカーブ等の先が見えなくなってとっても運転がしずらくなってくる。






この前写したつららのその後。
CIMG4521_R.jpg

屋根の上に積もった雪は、更に上に積もった雪の重みでだんだん屋根からはみ出してくる。
上の写真はそんなはみ出した雪につららが更にできてる様子。





久しぶりにというか、新年始めてさば尾の水変えを決行。
水槽の水に手を突っ込むのはかなり勇気というか、決意が要りますが 
しないで置くわけにもいかないので思い切ってやりました。
金魚を飼っている人にとっては、まぁ年中行事だと思いますが、
これが水温5度以下となってくると辛い。
そんな様子が下の写真です。


まずは水を抜く。
CIMG4501_R.jpg CIMG4503_R.jpg

CIMG4504_R.jpg

上のFRPはバケツで掬って。
他の水槽は水変え用の器具で吸い出して、ホースを繋いで車庫の外へ。





今回は濾材は洗いませんが、上のウールだけ洗う。
CIMG4499_R.jpg

これは15水槽の上部濾過のウール。
水槽の排水で洗うのですが、15水槽は水温が一番低い。
なんと水温0度です(笑)。
冷たいを通り越して、痛い。
ですが頑張ってきれいにしましたよ。
上は一回大雑把に洗った後。
もう一度よく洗ったら後はまた濾過箱の中に再セットするだけ。





下は水を水槽に入れるポンプ。
CIMG4507_R.jpg

去年までは前日に盥に水を入れてエアーレーションしてから
水槽に水を入れていましたが、今年は水槽増やしたのでそんな手間かけられない。
盥に水をためてハイポで中和したら、即水槽行きです。
風呂の残り湯を洗濯機に移す用のポンプで水を移動。





下は水を入れてる所。
CIMG4509_R.jpg CIMG4510_R.jpg

冷たかろうと新しい水は気持ち良いのか、寄ってきます。






水温。
CIMG4515_R.jpg CIMG4516_R.jpg

見ずらいですが、左が15水槽、
右がその下にある12当才水槽です。
15水槽は水槽台の上に置いてあるだけなので、外気温とほぼ同じ。
12水槽は前面以外は発泡スチロールで囲ってあって、
気休めだけど熱源代わりに水中ポンプで上部濾過に水を送っている。
15水槽で約0度、12当才水槽で約3度。





水変え終了後。
CIMG4513_R.jpg

この水槽も周りを発砲で囲って、水中ポンプで水を送っている。
冷たい水を入れたので、少し水温下がった。



今年もよろしくお願いします

2012/01/04 Wed

明けましておめでとうございます。

と言っても既に4日ですので、皆様そろそろ仕事始めかと思います。
かく言う自分も今日から仕事でしたけど。

皆様お正月は如何お過ごしでしたか。
自分はひたすら飲んで寝てを繰り返して終わってしまいましたが・・・。
たまにゆっくりするのも必要だと開き直って何もしない正月でした。

幸いにして31日から3日までは大した雪も降らなかった。
これが大雪だったりすると正月気分も返上で雪堀に汗を流さねばならないのですが、
今年は4日間朝の雪かたずけもしなくて済んだ。

しかも珍しく、1日の朝は雲の中から陽が差した。
急いでカメラ用意して初日の出の写真なんかも撮ってみました。
下がそれ。
CIMG4470.jpg CIMG4471.jpg

取りあえず初日の出の雰囲気だけ分かってもらえれば嬉しいかと。


そんな天気も昨日まで。
今朝は除雪車が出動しので早起きしましたが、
起きてみると昨日の夕方からの積雪量はほとんどない(笑)。
昨日の日中降った分を今朝除雪していたみたいで・・・。
そんな訳で二度寝しました(笑)。


本当は正月休み中に水替えやら、
さば尾の写真撮影するつもりでおりましたが、
書いたように自堕落な生活を送っていたため何もせず。
下は年末に撮った二才達の写真です。
IMG_6795.jpg IMG_6797.jpg IMG_6799.jpg

IMG_6800.jpg IMG_6829.jpg

この水槽だけは餌をくれているので水が濁ってます。
水は濁っていてもさば尾たちの体調はすこぶる良いのですけど。
見る方が面白くないので、水替えしないといけません(笑)。



今年も相変わらずのさば尾・玉さばと田舎の百姓の様子が
メインのブログになると思いますが、宜しくお願い致します。



プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR