花など

2012/05/31 Thu

今日も晴れてます。
気温は昨日より、チョイ高め位。
日差しはすっかり初夏って感じになってきました。
まぁ、明日からは6月ですから何時までも春ってことはないわけで(笑)。
徐々に暖かい日から暑い日に変わっていくのでしょう。

今朝も早起きして、昨日カラスにさば尾捕られた野池に
糸追加で張ってきました。
どれ程効果があるか分かりませんが、
これ以上犠牲が出ないようになると良いのですけど・・・。





写真のネタが無いので、
田圃の畦に親母が飢えている花の写真など、撮ってみました。
その他も含めて紹介です。

まずは花じゃない、椎茸から
E01-5232.jpg E01-5234.jpg

去年も紹介したと思いますが、原木栽培の椎茸。
春のシーズンももうすぐ終わり。
雨が降れば良いのですが、梅雨時期まで降らないと思うので・・・。
椎茸は春と秋二度収穫できるのです。





タンポポの綿毛
701-6543.jpg 701-6549.jpg

他のサイトさんでも色々紹介されていますが、
取りあえず自分も撮ってみた(笑)。





花三種
701-6538.jpg 701-6550.jpg 701-6552.jpg

左がマーガレット、中央は野生の花、右はテッセン。
少し前にもテッセンというか、クレマチス紹介しましたが、
テッセンというとこの濃い紫の花の事って感じがします。





今日のメイン、ジャーマンアイリス
701-6364.jpg 701-6372.jpg 701-6384.jpg 701-6389.jpg

701-6393.jpg 701-6437.jpg 701-6447.jpg 701-6450.jpg

701-6405.jpg 701-6410.jpg 701-6412.jpg 701-6416.jpg

701-6421.jpg 701-6423.jpg 701-6531.jpg 701-6455.jpg

701-6462.jpg 701-6466.jpg 701-6495.jpg 701-6520.jpg

701-6529.jpg 701-6426.jpg 701-6428.jpg 701-6434.jpg

とある田圃の畦一列、こいつが植えられています。
邪魔なのですが、綺麗なのでまぁ許すかって感じです(笑)。
朝が曇っていたため、今一色味が綺麗じゃない。
近いうちにもう一度挑戦してみます。


スポンサーサイト

ダブルショック

2012/05/30 Wed

今日は晴れてますが、穏やかな天気。
夏を思わせるような照り付けは無いかな。
風も適度にあり、過しやすい。

植えた稲も根付き順調に伸び始めてきた。
と言っても糯稲は田植えまだしていないのですけどね(笑)。



今日は駆け足でいきます。

まず、昨日早朝に産卵させていた網池のさば尾たちを回収に行ったのですが、
卵の数は少ない上に腐っている卵多数でかなりショック。

卵の数からみると産んでいない雌が居る。
何時までも網池に入れておくと食卵で更に卵減ると思われるので、
諦めてさば尾たちは野池に放しました。
と言っても大半は網池を張っていた野池にそのまま放すだけ。
暫くすれば二回目の産卵すると思われるので、そこに期待です(笑)。

例年だと産卵後は細っそりする、いつも紹介する二段の雌が、
そのままの状態で上がってきた。
此奴が多分卵産んでいないと思われる。
一匹でもかなりの卵採れるはずなのに・・・。
まぁ乗気じゃなかったものは仕方ない。

この雌は別な野池に放して、
今年はさらなる大型化を目指すことにします(笑)。





次は今朝の話。
毎朝恒例の、田圃の水見とさば尾たちの餌やり。
まだ野池に放したばかりなので、餌の量は少なめなのですが、
胃袋を餌に慣らしていくため、徐々に上げていきます。
餌はくれ始めたばかりの池は浮餌を少々から、
始めに放した山のイケスからの二才が入っている池などはかなり大量にくれます。

いずれの野池も谷側にはアニマルネットを張って、
山側はネットだったり、針金だったり、金属ネットだったりと様々。
池の上部はテグスを張り巡らせてあるのもどの池も一緒。



なのに、カラスがさば尾捕まえてまさに食べてる最中の池があった。
しかも大きさから見ても三才以上と思われる、やつを。
カラスから取り上げて埋めてやりましたが、時間が無いので野池はそのまま。
明日朝糸張り追加してきます。
今日の日中は何もないこと祈ってます。
カラスって頭良いので一度覚えたことって何度でもするので。

更に最後の家の近くの池に来たら、
この池の土手にも鱗が散乱していたし。
今まで何とも無かったのになぜ同じ日にやられる・・・。
偶然なのでしょうが、怒りは最高潮(笑)。


思わずあるもの通販で買ってしまった。
物が何かはいずれまた。





文章とは関係ない、さば尾の雌。
K01-0825.jpg K01-0874.jpg

我が家のさば尾で全長が一番長いやつ。


産卵 とか 野池に放したりとか

2012/05/28 Mon

今日は雨降りです。
朝は薄日が差していたのですが、8時過ぎからパラバと降り出した。
その後は降ったり止んだりを繰り返している。
雨も欲しかったところなので、嬉しいのですけどね。


今日は雨なのですが、土日は快晴。
気温も上がって初夏を思わせる陽気となりました。


そんな週末にやったことを幾つか。
まずは田圃の補植。
当地では方言で「おせなおし」と言います。
何故こう言うかは分かりません。
田圃やって居ない方には補植って何、だと思います。
簡単に言うと植え直しです。
機械で植えられないところだったり
植えたけど抜けてしまった所に苗を再度植え直す作業です。
面倒だったり、腰が痛くなるので
やっていないという方も多いと思いますけど。
田舎なもので、鴨やサギが居るのですが、
此奴らに苗踏まれると、起き上がって来れないのです。
面倒くさがりながらやってます(笑)。
下が写真。
G01-2269.jpg E01-5228.jpg

右が前、左が終了後。
足跡が田圃に残っているのが分かるかと。
この補植って作業が実は滅茶苦茶辛かったりします(笑)。
一日中かがみながら泥の中を歩く訳なので。
今日は腰と太もも、脹脛が筋肉痛。
ついでに首が日焼けして痛いし(笑)。





次はさば尾の産卵。
我が家は例年業者さん方式、当然今年も同じ。
業者さん方式って、要するに雌数匹に雄多数を追わせるやり方。
去年は産卵用の網池、二張り分採ったら多すぎたので今年は一張り。
土曜日の午前中に雌雄とも網池に放した。
G01-2247.jpg

G01-2251.jpg G01-2256.jpg G01-2253.jpg

放す前の写真撮り忘れました。
上は昨日の朝の写真。
今朝もまた産卵してたし。
本当は今朝の産卵が終わったら親、網池から出した方が良いのですが、
仕事の都合で無理だし。
明日の朝と思っていたのですが、
今日雨が降ったので明日の朝も引き続き産卵続くかも。
そしたら明後日です(笑)。





次は明け二才を野池に放す。
701-6235.jpg 701-6239.jpg

先日、選別して立てないものは別の野池に放してある。
今回は秋まで立てるやつら。
水合わせ中。
冷たい水入れられてひっくり返っている奴もいる。
一時的なものなので、慣れれば元に戻ります。

下は水合わせ中に撮影してみた。
701-6247.jpg 701-6250.jpg 701-6255.jpg 701-6258.jpg

701-6310.jpg 701-6317.jpg 701-6329.jpg 701-6262.jpg

701-6265.jpg 701-6269.jpg 701-6276.jpg 701-6290.jpg

701-6297.jpg 701-6333.jpg 701-6345.jpg 701-6347.jpg

701-6356.jpg 701-6359.jpg 701-6309.jpg

701-6302.jpg 701-6337.jpg


で、下が今朝の写真。
E01-5225.jpg

親に使わなかった雌も数匹放してある。

今日も横見

2012/05/24 Thu

今日も晴れと曇りの中間くらい(笑)。
適度にそよ風などもあり、程よい天気。


このところ毎朝、早起きしましてさば尾を野池へ放す準備。
今日で開け二才を放す池の準備が終わった。

明日からは産卵池の準備。
と言っても野池に網池張ってそこに産卵床入れるだけなのですけど。
産卵の準備だけならこれで終わりですが、
例年通り、産卵終ったらそこにそのまま親魚を暫く放すので、
他の池同様、糸とネットも張らねばなりません。
明日と明後日の早朝で終わらせて、
土曜の午後からは親を産卵池に放し、明け二才を野池に放す予定です。

ここまで終わってやっと、
去年の秋から続いた一連の越冬作業が終了です。
野池に放すまでが自分の中では越冬期間なので・・・。

秋に野池から越冬水槽に移す時と、春先の餌のくれ始めの時に
体調崩したり落とした奴が何匹かいましたが、
自分としては許容範囲内かなと思っています。

ただ、当才は水槽に詰め込み過ぎたせいで春先に
十分なというか、増体目的の餌やりが出来なかった。
秋に水槽に入れてから、春野池に放すまでに
もう少しデカくすることができれば尚良かったかなと思ってます。

逆に12水槽の二才達は加温して餌を与え続けたせいで、
一回り以上大きくすることができた。
今回の二才の越冬で自分なりに気づいた点もあったので、
これから夏の飼育と、来シーズンの越冬で確かめてみたいと思う。

自分が思っていることが実証できれば改めてここに
書くことも出来るかもしれません。





撮ってあった当才水槽の横見です。
701-3798.jpg 701-3636.jpg 701-3673.jpg 701-3676.jpg

701-3678.jpg 701-3682.jpg 701-3686.jpg 701-3506.jpg

701-3510.jpg 701-3537.jpg 701-3544.jpg 701-3549.jpg

701-3577.jpg 701-3458.jpg 701-3478.jpg 701-3486.jpg

701-3490.jpg 701-3492.jpg 701-3496.jpg 701-3376.jpg

701-3383.jpg 701-3399.jpg 701-3417.jpg 701-3421.jpg

701-3445.jpg 701-3316.jpg 701-3319.jpg 701-3321.jpg

701-3345.jpg 701-3356.jpg 701-3359.jpg

写真のストックが無くなった(笑)。
次までに何か撮影しておかねば成りません。

水槽横見写真

2012/05/23 Wed

今日は曇り。
朝からどんよりしてますが、何となく蒸し暑い。
こんなに天気ならいっそ雨が降ってくれた方が良いかな(笑)。
ここの所、晴れが続いているのでお湿りが欲しい感じです。



田植えが終わったので、
金魚ブログから百姓ブログに徐々に変わっていくかと思います。

百姓感覚だと何より天気が気になる。
以前も書きましたてが、我が家は天水田なので
雨が降って水が供給されないと困るのです。
今年は雪解けが遅かったとはいえ、春の天気がしばらく続けば
出水は細ってきますので、やっぱり水が気になる。
当地は後一週間くらい雨の予報はない。
田圃だけでなく、畑にも一雨欲しいところです。





今日は先日野池に放した、二才達の写真。
放すときに上見で撮った写真を紹介しましたが、
今日は放す前に寝込みを襲って撮った横見写真です(笑)。
全部二才というか、正確には明け三才。
何匹かは今年の仔採りに参戦させるべく残しましたが、殆ど野池に放した。
前回のやたらの中に参戦していたかも(笑)。

秋上がりの時に比べてみる為に撮った写真を載せます。
たくさんありますが、見てください。
701-5487.jpg 701-5489.jpg 701-5490.jpg

夜、水槽の電気をつけた直後。
寝ぼけて水槽の下に固まっています。





暫くすると動き出す。
同じ写真はないですが、同じ個体は居るかもしれません。
上段右とその隣などは似てますが、違う個体です。
701-5871.jpg 701-5876.jpg 701-5848.jpg 701-5854.jpg

701-5858.jpg 701-5860.jpg 701-5862.jpg 701-5866.jpg

701-5863.jpg 701-5815.jpg 701-5822.jpg 701-5832.jpg

701-5834.jpg 701-5835.jpg 701-5841.jpg 701-5759.jpg

701-5774.jpg 701-5785.jpg 701-5787.jpg 701-5800.jpg

701-5803.jpg 701-5627.jpg 701-5636.jpg 701-5645.jpg

701-5716.jpg 701-5718.jpg 701-5749.jpg 701-5573.jpg

701-5579.jpg 701-5599.jpg 701-5603.jpg 701-5609.jpg

701-5620.jpg 701-5517.jpg 701-5546.jpg 701-5553.jpg

701-5557.jpg 701-5564.jpg 701-5569.jpg

田植え終了

2012/05/21 Mon

今日は晴れ。
快晴じゃないけど、晴れって感じ。

なのですが、朝一は良く晴れた。
おかげで日食見ることが出来ましたよ。
当地では残念ながら金環日食にはなりませんでしたが、
晴れて見れただけでもラッキーかなって。



週末の土日は良く晴れまして、田植えも順調に進み予定通り終了。
大した作付面積がある訳でないので、当然と言えば当然ですが・・・(笑)。
後は補植をすれば終わり。
本当は田植えが終わったらすぐすれば良いのですが、
色んな作業をしたいので、とりあえず田植えだけ終わらせました。
と言っても終わったのはコシヒカリだけで、糯稲は全く手付かずですけどね。
子ンどの週末にやっと糯稲植える田圃の代かきをするという有様です。

取りあえず田植え終了後の田圃です。
G01-2226.jpg

水が多いのと、写り込みがあって
苗が植えられているの分かりずらいです。





で、昨日の午前中に田植えを終わらせて、
午後からはさば尾を野池に放した。
今回は明け三才以上で、親に使わないものを野池に放す。
FRP水槽の上見写真と12水槽の横見写真で紹介していた奴ら。

放した野池。
G01-2244.jpg

本当は先にさば尾たちを放してから、
糸とネット張ったのですが、この際順番はあまり気にせず(笑)。





放したさば尾。
701-5881.jpg 701-5891.jpg

701-5886.jpg 701-5887.jpg

水合わせしているところです。
入っている数が随分違いますが、三袋に入れてきたものを
一袋と二袋ずつ入れているので・・・。





水合わせ中に写真を撮ってみた。
701-5968.jpg 701-5900.jpg 701-5906.jpg 701-5911.jpg

701-5924.jpg 701-5930.jpg 701-5937.jpg 701-5986.jpg

701-6009.jpg 701-6018.jpg 701-6022.jpg 701-6034.jpg

701-5939.jpg 701-5947.jpg 701-5953.jpg 701-5954.jpg

701-5964.jpg 701-6045.jpg 701-6054.jpg 701-6060.jpg

701-6066.jpg 701-6079.jpg 701-6090.jpg 701-5979.jpg

これで、4分の一位。
今回この野池には100チョット入れたので。





自分的には雄は極わずかしか入っていない予定だった。
のですが、実際は違ったみたい・・・。
自分の雌雄判別あてにならないみたいです(笑)。

今朝の野池。
G01-2236.jpg G01-2238.jpg G01-2240.jpg

大やたら大会が開催されてました(笑)。
ここに産卵用のネットでも投げ込んでおけば卵いくらでも採れそう。


花とか

2012/05/17 Thu

今日は朝から曇ってます。
気温はそんなに寒くないかな、
外を見ていると風も若干吹いているようですけど・・・。


昨日は仕事休みまして、田植え準備のため一日田圃にいました。
年間数日は百姓の為に休みを取らねばなりません。
天気任せな作業のため仕方ないのですけどね。
おかげで今日は体中の痛いこと。
ついでに日焼けもしたので、顔まで火照っています(笑)。





今日は、昨日の夕方田圃仕事終った後に撮った写真です。
まずは夕日。
701-5365.jpg 701-5372.jpg 701-5419.jpg 

肉眼では太陽もっと大きく見えたのですが、
つけてたレンズが望遠よりじゃなかったので、太陽大きく写りません。





藤の花。
701-5117.jpg 701-5123.jpg 701-5128.jpg

701-5135.jpg 701-5156.jpg 701-5113.jpg 

701-5481.jpg 701-5484.jpg

上二段は我が家の植木の藤。
下は藤の蔓が絡んだ木。





クレマチス
701-5168.jpg 701-5176.jpg 701-5169.jpg

クレマチスというより、
テッセンという方が自分的にはしっくりきますけど(笑)。






701-5185.jpg 701-5186.jpg 701-5190.jpg

名前が分かりません(笑)。
上の藤やクレマチスと一緒に玄関先に置かれてます。
何故か植木鉢からオダマキが生えてる。
去年種が落ちたものと思われます。
そのオダマキの写真も撮ったのですが、ボケてて使えません(苦笑)。





フキノトウ。
701-5362.jpg 701-5275.jpg 701-5278.jpg

フキノトウも出始めは摘まれてしまいますが、
暫く経つと見向きもされなくなります。
後は好き勝手に伸び放題。
タンポポの様な綿毛を飛ばします。





野草というか、雑草というか
701-5319.jpg 701-5321.jpg 701-5336.jpg  701-5339.jpg

名前の分からない花ばかりかな。
田植えが終われば次は草刈が始まる。
そうなれば刈り払われる運命です。





クレソン
701-5327.jpg 701-5333.jpg

何度となく頂かせてもらいましたが、もうすぐ終了。
花が咲くと茎が硬くなってくるのと、
温度の上昇とともに、虫がつくようになる。
後何回食べれるでしょうか(笑)。





ワサビ
701-5342.jpg 701-5347.jpg 701-5351.jpg

川というか渓流みたいなところをせき止めて作っている
根ワサビと種類的には同じらしいです。
見ての通り、地面に生えてると言うか植えてあります。
当地では根っこを食べるわけではなく、写真に写っている花芽を食べる。
自分作り方知らないのですが、辛いやつが出来上がります。
酒のつまみにはもってこいです。





花桃
701-5200.jpg 701-5203.jpg 701-5218.jpg





芝桜
701-5237.jpg 701-5245.jpg 701-5249.jpg





野池のさば尾たち。
701-5300.jpg 701-5304.jpg 701-5314.jpg

最近少しづつ餌をやり始めたので、人を見れば寄ってきます。
餌やったわけでもないのに、水面の餌を食べるべく口パクパクです。
夕方撮っているので、緋の色がとっても赤く写っています。





去年も紹介した花
701-5266.jpg

正式名知りませんが、当地ではロッパと呼ばれる花。
この花が咲いたら、鯉の産卵をさせても良い時期になったと
昔から言われている花です。
この花を見ると自分も少しそわそわし始めます(笑)。


残念

2012/05/15 Tue

今日は曇り時々雨、
天気予報だとこれから明日朝にかけて雨らしい。


今朝は五時前に起きて、田圃にトラクターで出勤。
日曜日に代かきしようと思っていたけど、水が少なくてできなかった田圃へ。
昨日ポンプで田圃に水を送っておいてもらったので、水量も十分。
田圃的にはとっても小さな一枚。
田圃に入っている時間よりも、いきかえりの移動の方が長くかかるくらい(笑)。
雨降りの中、カッパ着て終わらせてましたよ。

取りあえず着々と土日の田植えに向けて準備中です。



冬場からGW前までは週末にさば尾水槽の水替えやっていたのですが、
最近は週末何かと忙しく、水替えできない。
それなのに餌は普通にやっているので、水が汚れる訳で・・・。
代わりに夜水替えしてしのいでます。
田植えが終われば野池に放す準備も出来ると思うので、
あと少し辛抱してもらいます。






今日のさば尾。
まずは写真。
701-1057.jpg 701-1064.jpg 701-1059.jpg

701-1068.jpg 701-4732.jpg 701-4736.jpg

青っぽい4枚と、黄色っぽい2枚は撮った時期が違います。
青っぽいのが4月12日、黄色っぽいのが5月4日。

約二十日開いてますが、黒い星が消えているのが分かるかと思います。
以前も書きましたが、この黒っぽくなるのは体調が悪かったりすると出ると言われてます。
二十日間のうちにだんだん体調良くなって来たということなのでしょう(笑)。
黒い星が残って三色になってくれないから残念なのではありません。

自分こいつはかなり大きく成ると踏んでいたのです。
というか期待していた部分もかなり含みますが・・・(笑)。
模様的にも悪くないし、これで大きく成ってくれれば
かなり見れる個体になるぞと、勝手に期待してたわけなのですが。

去年の秋上げたら、全然大きくなっていない。
写真だと小さいものはズームを効かせて、大きいものは広角で、
一枚に写る大きさは大体同じような大きさにしてとります。
実際昨日紹介した、雌親とだったら体重で20倍くらい違うと思う。

二才時に大きく成らなかった奴が三才で飛躍的に大きく成ることって
経験的には全くというほど無いのですが・・・。
諦められないので、もうひと夏飼い込んで見ます。


雌親

2012/05/14 Mon

今日は朝から良い天気。
気温も上がって清々しい感じです。
こんな日にトラクター乗っていれば気分良いのでしょうが、
なかなかうまくは行きません(笑)。


雪がやっと消えた当地ですが、
雪が消えれば待っているのは田圃です。
さば尾を野池に放したり、産卵の準備始めたりしたいところですが、
そういう訳にもいきません(苦笑)。
今は野池に水を溜めて水温上げているところです。
さば尾の作業は百姓の合間を見ながら準備して、
田植えが終わったら開始って感じかな。



そんな訳で、週末は田圃にかかり切りでした。
相変わらず作業しているところの写真はありませんが・・・。

土曜日は田圃に肥料をまいて午前中が終了。
今時の田植え機は肥料入れながら田植えも出来るのですが、
我が家の機械はそんなことできない、田植え専用ですので・・・(笑)。
午後からはトラクターで耕せない細かい場所に鍬入れ。
夕方時間が余ったので、三才以上を入れる野池の周りに杭打ちをして終了。
出来れば糸張りまで行きたかったですが、時間切れ・・・。

日曜日は朝からトラクター。
平場の田圃だと、水の無い状態の田圃を最初に耕して、
それから、水を入れて代かきをするのが通常の手順かと思います。
が、今年の我が家は最初から水を入れて田起しも、代かきも一度にやる。

例年だと平場の田圃と同様の手順を踏む田圃が半分、
最初から水入れてやる田圃が半分。
(というか、秋のうちに代まで作ってしまう田圃も何枚かあるのですが)
今年は全部の田圃に最初から水入れてやります。
さすがに一日では終わらない。
次の土日の田植えに向けて、作業進めていきます。

写真無いと文章のみで説明難しい。
次はカメラ持参で作業に行くようにします。





今日のさば尾。
昨シーズン一度紹介したことがある、雌。
カテゴリでは四才にしてありますが年開けているので実際は五才。

取りあえず見てください。
IMG_0082.jpg IMG_7335.jpg IMG_7690.jpg

IMG_8449.jpg IMG_8550.jpg IMG_9116.jpg

見てもらえれば分かりますが、特別柄が良い訳じゃない(笑)。
でも緋の質は自分の魚の中では一番良い、それから大きく成る点かな。
仔の柄は雄に良いのを掛けることで補う予定。

脇腹の疣が目につくところ、
鯉師の友人などは麻酔かけて切り取れば簡単だよと言いますが、
病気というわけでもないので、気にしないことにしてます。
というか、自分そんなことできない・・・。

どなたか簡単になくす方法知っていたら教えてください。


植菌

2012/05/11 Fri

今日は雨。
というか、昨日から雨降りです。
正確には曇り時々雨っていう天気なのでしょうが、
気温も上がらず薄暗い天気のため、気分は雨降りとなってます(笑)。
雨もそうですが、気温がともかく低い。
10度台前半、数日前は20度以上あったのに・・・。
こう乱高下されると体調も狂ってしまいます。
皆様も風邪などひかないように。
と言っても、新潟以西は今日はそんなに天気悪くないのですよね。

さんざん、雪だ残雪だ雪が消えないと愚痴ってきましたが、
要約その雪もほぼなくなりました。
明日からの週末はやっと田圃仕事が出来そうです。
早く田植えまで終わってしまえば、
春仕事的には清々するのですけど・・・(笑)。





今日はGWに行ったキノコの駒打ちの様子。
まだ休み中のネタで引っ張ります

我が家のキノコは昔ながらの原木栽培。
読んで字の如くキノコを生やしたい木にキノコ菌を植え付ける方法。
時間は掛かるし、天候に著しく左右されるのですが、
採れるキノコはその分美味いと思う・・・多分(笑)。

野菜でいうと種植えにあたる作業の様子です。


これは前日に終わらせた、なめこの原木。
E01-5167.jpg

なめこはクルミに植え付けます。
クルミはすぐ木の皮がむけて使用期間が短いのですが、
比較的早く大きく成るのと、何より我が家の山に生えているので。





下は椎茸の様子、まずは道具。
E01-5169.jpg E01-5170.jpg

専門の業者じゃないので、家にあるものを使います。
充電式のドリルドライバーとインパクトドライバー、それに金槌。
右の写真はドライバーに取り付ける専用のドリル。
決まった深さの穴しかあけられないようになってます。




ドリルの穴と、植え付ける種駒。
E01-5176.jpg E01-5186.jpg

写真左がドリルで開けた穴。
木の太さなどによっても間隔を変えて開けますが、
計ってやるわけじゃないので、勘です(笑)。
開けた穴に椎茸菌が植え付けられている右の駒を打ち込んでいきます。
今年の椎茸は楢と栗に植えました。
楢も栗もクルミに比べると硬いのです。





植え付け後
E01-5187.jpg E01-5190.jpg E01-5173.jpg

左は開けた穴にこまを並べたところ。
これを穴の中に打ち込むと中央の写真になる。
椎茸駒打ち終了後。
種駒に植え付けられていた種菌が、原木に菌を広げて行き
菌が原木に張り巡らされるとキノコとして原木から生えてきます。
ナメコはよほど太い木じゃない限り、今年の秋から採れる。
椎茸は逆によほど細い木じゃない限り、来秋からの収穫になります。

ナメコは秋しか出ませんが、
椎茸は種類によっては春と秋に採れる。
ちょうど今、春の椎茸の収穫期です。





いつものさば尾。
二才の雄っぽいかな・・・。
701-0086.jpg 701-0230.jpg 701-1324.jpg

701-0161.jpg 701-1226.jpg

始めて紹介するヤツですが、
今まで紹介した色んな個体に似たところが少しずつ有る。
そのせいか、何となく見たことがある様な印象があるかも・・・。
左右対称とは対極にある様な模様ですが、
上から見る分には面白いので、これも有だと思っています。
胸鰭や尾びれを汚していたり、頭の緋が被っていたりしますが、
まぁ大目に見てやってください(笑)。





おまけ
701-0427.jpg 701-2714.jpg

似てるでしょ(笑)。
拡大してみると、違うの分ると思いますが
サムネイルで見るとパッと見同じ感じかなと思います。

連休中に撮った写真 詰め込んで

2012/05/09 Wed

今日は朝から曇り。
ちょっとムシムシ感がある、けど春の陽気。
こんな陽気が続けばもうすぐ雪もなくなると思う。
田圃 仕事は今週末から始められそうかな。





タイトル通り、連休中に撮った写真色々詰め込んで紹介です。
主に花の写真かな、早く紹介しないと、時期が終わるので・・・(笑)。
写真大量、文章少な目で行きます。
まずはアルパカ。
G01-2054.jpg G01-2055.jpg

G01-2059.jpg G01-2062.jpg

自宅の近くにアルパカ牧場があります。
冬の間は牛舎で過ごしていたのですが、
雪消えとともに牧場オープンです。
連休中はもの凄い賑わいだったようです。





チューリップ。
701-4042.jpg 701-4044.jpg 701-4049.jpg

701-4398.jpg 701-4403.jpg 701-4404.jpg

上はつぼみの頃、この写真は一度紹介した。
下は咲いた直後。
今はもう散りかけてます。





水仙。
701-4379.jpg 701-4383.jpg 701-4383.jpg

水仙ももう終わりが近い。
春の花はあっという間に咲いて、あっという間に終わる。





名前忘れた(笑)。
701-4052.jpg 701-4055.jpg

701-4061.jpg 701-4417.jpg 701-4420.jpg

とっても良い香りのする、花なのですが・・・。
名前を忘れてしまった。
上と下の間には数日のタイムラグがあります。
(二列異常なのは時間差を表してます)





八重桜。
701-4429.jpg 701-4430.jpg





フキノトウ。
701-4428.jpg 701-4451.jpg

左の奴を採らずに置くと、右になります。
タンポポのように綿毛が出来て飛んでいきます。




日本水仙とモンシロチョウ。
701-4455.jpg 701-4459.jpg

日本水仙は花が小さい。
モンシロチョウは普段なら、見たら削除ですがこの時は見逃した。





野草。
701-4396.jpg

名前分からないです。





山桜。
701-4422.jpg

山桜の花はおとなしいというか、慎ましやか。





つつじ
701-4465.jpg 701-4469.jpg

701-4921.jpg 701-4922.jpg

確かつづじだったはず、違ったら御免なさい。





藤。
E01-5161.jpg E01-5164.jpg

701-4920.jpg 701-4901.jpg 701-4917.jpg

藤の花はまだ満開にならない。
今週末が見ごろかな。





石楠花。
E01-5146.jpg E01-5153.jpg

701-4475.jpg 701-4482.jpg

701-4495.jpg 701-4499.jpg 701-4508.jpg

701-4894.jpg 701-4882.jpg 701-4881.jpg

上から咲いてくる様子です。
綺麗な花です。






サンショウウオ。
G01-2198.jpg G01-2201.jpg

天気が良すぎて、ピントが合いませんでした。
お許しを。

明け二才 一次選別

2012/05/07 Mon

今日は朝から快晴。
気温も上がって暑い位の陽気。
GW後半は総じて天気よくなかったのに、終わったら晴れた。
この天気も今日だけで明日は曇り、明後日は雨と
連休明けは目まぐるしく天気変わるらしい。





まずは何時も紹介している、我が家の前のブナの木。
G01-2209.jpg G01-2213.jpg

緑もすっかり濃くなって、新緑という言葉がぴったりくる印象かと思います。
葉が生い茂ると林の中が暗くなるのが分かります。
もうすぐ林の中の残雪も無くなります。

右はいつもの山。
こちらも殆ど残雪は見えないかと。
まだ草が生えないので地面が見えたり、
去年の枯れ草が見えたりしてますが、
暫くすると緑が覆い尽くします。



ここからはタイトル通り。
越冬水槽の当才というか、明二才を選別して取りあえず立て用と
それ以外に分けます。
立て用以外は野池に放してやります。
野池で暫く餌を与えながら飼いこみますので、
調子を崩しているような個体も野池で養生してもらいます。

取りあえずその様子の写真です。
150と120の両水槽を選別しましたが、
写真は120水槽のもの。

まず入っている個体全部をいったんジャンボ盥にあげます。
下がその写真。
G01-2178.jpg G01-2180.jpg

写りこみが激しいですが、ご容赦を。






こちらは選外。
G01-2185.jpg G01-2186.jpg

一匹浮いてますねぇ(笑)。
こいつらは野池に放すやつらです。





こっちが立て用。
G01-2183.jpg G01-2184.jpg

もう暫く車庫内の水槽で過ごしてもらいます。
明二才を立てる用の野池は我が家では一番最後まで、雪がある。
今月下旬ごろまでは車庫の水槽かな。





下はさば尾たちを放した後の野池。
E01-5180.jpg E01-5181.jpg

人を見つけると寄ってきます。
当然餌が欲しいからなのですけどね。
明二才だけで前回分と合わせて約700匹入ってます。





選別後の15水槽。
701-1993.jpg 701-4831.jpg 701-4833.jpg

左が選別前、中央と右は選別後。
約三分の一くらいまで、減らしました。





12水槽。
701-4840.jpg 701-4841.jpg

選別前の写真がありませんが、
こちらは約二分の一くらいに減らしました。

水槽のさば尾には毎日餌やりしてます。
野池に放すまでには少しは大きくしたいのですけどね。
餌やり過ぎて、この前のように落とすこと無いようにしないと(笑)。

追星バッチリ

2012/05/02 Wed

今日は曇り。
昨日書いた通り、今日から天気は下り坂のようです。
それでも気温は高め、若干の蒸し暑さを感じるほどです。

取りあえず今日をこなせばGW後半戦、4連休が待っている。
天気はそん
なに良くないらしいですが、田圃仕事が無いので気にしない。
休みならば贅沢言いません。
代わりに5月後半の土日は天気良くして欲しいです(笑)。

今日も曇りでも気温は高めだし、
GW前半から昨日までも、気温高かったので雪解進みました。
まだ田圃には雪有りますが、一部を除いてあと少しで消えそうです。
まぁ、この残った一部の雪が問題なのですけどね(笑)。





4月の下旬にさば尾取り込んでますと書きました。
今は落ち着きましたので、何があったか書いてみます。
自分の失敗談なので、笑い飛ばして読んでもらえればと思います。

暫く前から、
越冬水槽のさば尾たちに与える餌の量を増やしていていたのですが、
今年は水槽を非常に混ませている。
分かっているつもりで餌をやっていたのですが、
つい餌くれダンスに負けて(気温も上がって水温も15度超えたし)、
いい気になって餌やり過ぎた。
ここまで書けば金魚飼育に詳しい当ブログの読者様なら予想がつくでしょう。
金魚に詳しくなくても、想像はつくかもしれませんが・・・(笑)。
水温の上昇と排泄物で一気に水質悪化、頼みの濾過も追いつかずで・・・。
何匹か落としてしまった。
水は見た目には普段通り、でも硝酸や亜硝酸値が上がってる。
毎年のことで分かっているつもりなのに、やってしまうミス。
情けなくなりますが、戒めのために書くことにします。
まぁこんな時は決まっているのですが、お気に入りの模様の奴から落ちる訳で。
もう暫く水槽飼育が続くので、こんなことを起こさないよう、
昨日書いたように立て用以外は昨日の野池に移します。





暗い話は止めて、FRP水槽の雄です。
写真は何回か紹介している個体、明け三才になる。
701-3221.jpg 701-3298.jpg

水槽を肉眼で見ても見えませんが、
カメラで撮った写真を見ると手と頬に追星がくっきり出ているのが分かるかと。
まだ、追星だけで済んでますが、もう暫くすると放精が始まるかも。
そうなったらまた水替えが大変になります(笑)。





いつも通り、今日の紹介魚。
此奴も上見専用って感じかな・・・(笑)。
701-2266.jpg 701-2676.jpg 701-2918.jpg

701-3014.jpg 701-3104.jpg

体型・緋質・肌共に良いのですが、横から見た時の緋が足りません。
雌だと思うので、デカく真ん丸にして楽しめるかな。

野池に放流

2012/05/01 Tue

今日も晴れ。
朝から快晴、気温もぐんぐん上がってます。
天気予報だと28、9度位まで行くらしい、7月並の気温だとか。
でもこの天気も今日迄かな。
天気予報だと明日はもう曇りになってる。
GW前半は晴れて気温も上がったのですが、
後半の天気は今一のようですね。



そんなGW前半の快晴時に撮った桜の写真からまずは。

G01-2129.jpg G01-2133.jpg

G01-2151.jpg G01-2167.jpg

G01-2157.jpg G01-2162.jpg

夕方なのですが、天気が良かったので日中みたいです。
中段の桜は結構人気で、カメラマンさんたちがこの桜のために集まります。
今年は特に残雪と桜の組み合わせが良いのか、早朝から人が居ました。





さて、昨日のブログで書いた通り、イケスのさば尾たち野池に放しました。
タイトルだと放流って書いたけど放流じゃない、イケスから野池に移動って感じ。
昨日も気温は上がって半袖Tシャツで作業してましたが、空は曇り。
なので写真がいまいちスッキリしないですが、お許しを。


まずは動力ポンプでイケスの水抜き。
大型ポンプだと5分で排水できる程度の大きさなのですが、
やっぱり水を抜かないと、捕るの大変なのです。

何時もの事ながらさば尾を捕っている写真は無い。
あっさり捕まえて、野池に放した。
明け二才が、300匹位と3歳以上が50匹位。

池に放した直後の様子が下の写真。
E01-5117.jpg E01-5120.jpg

放した直後は泳いでますが、すぐに慣れて泥をつつき始めます。
この時、いつまでもボーとしたまま泳がない奴や、
浮いたままの奴は落ちる確率大です。





野池に放した、さば尾たち眺めているのは飽きないのですが、
何時まで経っても作業が終わらないので、程々にして作業開始。
まずは池の周りに杭を立てます。
E01-5124.jpg E01-5128.jpg

左が杭打ちが終わった所。
右はこれから張る糸、糸と書いてますが、正確にはテグス。
残り少ないですが、小さいこの池一枚分位は有る。
この杭に糸とネットを張るので少し引っ張った程度では
抜けないように掛矢を使って打ち込んであります。

ネットって網なので、風の影響なんて受けないと思われるやもしれませんが、
そんなこと無い、かなり影響受けます。





糸張りが終わったところ。
E01-5129.jpg E01-5138.jpg

見た目大雑把に張ってあるように見えますが、かなり細かく貼ってあります。
杭打ちから糸張りまで、多分一時間以上かかっていてる。
右の写真は泥をつついて濁し始めたさば尾たち。





更にネット張り終了。
E01-5145.jpg E01-5141.jpg

緑のネットが50メートルありますが、池一周にあと数メートル、足りない。
右の白いネットは足りない分を追加してある。
これで完成。

暫くは餌抜きで、泥を舐めさせる。
何が良いのか分かりませんが、
こうすると不思議と調子よくなってきます。


これでさば尾たちの収容場所が出来た。
車庫の中で越冬させた、明け二才も選別して、
立てないものはここに入れるつもり。
GWの後半には選別できるはず・・・。






おまけ。
701-2578.jpg 701-2579.jpg 701-2580.jpg

701-2581.jpg 701-2582.jpg

頭の緋が足りませんが、そこはご愛嬌。
デカくしたとき、腹にある鹿の子の緋がどうなるか・・・かな。


プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR