終わった

2012/09/28 Fri

今日も晴れてます。
台風のフェーン現象で気温も高め。
秋晴れって感じの空です。


遅れていた稲刈りですが、我慢が出来ず仕事休んで終わらせた。
収量的には去年の三分の二も無いですが、刈り取ってしまえば終了です。
今年の事はリセットしてまた来年に備えたいと思います。
百姓の良いところは一年でいったん終わること。
来年は又一から始められる。

刈取り前と後。
E01-7080.jpg E01-7082.jpg

何時も出してる田圃ですが、
場所によっては田面が柔らかくて大変だった(笑)。
まぁ何時までも水路に水を溜めていたので当然ですが・・・。
この田圃は稲の出来が良くなかったので終了少なめ。
倒してしまうよりは良いと思って自分を慰めます(笑)。





二才の入った野池。
E01-7007.jpg E01-7009.jpg R01-0541.jpg R01-0542.jpg

この池日当たりが悪いので、水温低下も早い。
最盛期よりもだいぶ餌食いも落ちてきた。
餌の量は加減しながらもう暫く飼い込みです。





昆虫二種
R01-0088.jpg R01-0091.jpg

R01-0101.jpg R01-00951.jpg

上のカマキリは写真撮ろうとしたら、思いっきりガン飛ばされた(笑)。
何も掴まるところが無いビニールでも落ちないってすごい。

下は女郎蜘蛛。





夕焼け。
E01-7022.jpg R01-0067.jpg

E01-7113.jpg

上は水曜日、太陽が隠れる瞬間。
下は木曜、太陽が隠れた後の空。


スポンサーサイト

困った

2012/09/24 Mon

今日は雨降り。
昨日に引き続き朝から雨が降ってます。

というか、昨日は雨の予報なんてなかったはず。
昨日で稲刈り終わるはずだったのに雨の為できませんでした。
しかも今日は結構な勢いで降っているし(笑)。
満水にならない野池の為には雨も良いのですが、
それは稲刈りが終わってからにして欲しい。

これだけ降られると明日晴れても、田圃に機械は入れられないと思う。
しかも強く降っているので、今まで倒伏しなかった稲も
倒れてしまうかもしれないし・・・。

以前、夏場に降らなかった分稲刈り時期になったら
降り続けるかもしれないと書きましたが、その通りになってます。
平場の田圃はほぼ刈り終わっている、羨ましい限りです。





その刈り取りが終わらない田圃。
E01-7002.jpg E01-7005.jpg

何時も紹介していた田圃だったりします。
ここは夏場に水の心配が無い場所なのですが、
逆に田面が柔らかくなる心配をしなくてはならない。





キノコの原木
R01-0154.jpg R01-0156.jpg

今回の雨はキノコの原木には良い雨だったと思う。
夏場の高温と水不足で菌が死んでいなければですが・・・。
上手くいっていれば来年には収穫できるはずなのですが。





野草
R01-0242.jpg R01-0243.jpg

相変わらず名前の分からない雑草です。

夏の名残り

2012/09/21 Fri

今日は雨のち曇り。
午前中というか10時前頃までパラついていましたが、その後曇り。
天気予報だとまた夕方雨が降るらしい。


台風16号のフェーン現象が収まったら突然秋が来たって感じ。
丁度、お彼岸 暑さ寒さも彼岸までとは良く言ったものだと思いました(笑)。

これから一雨ごとに涼しさ、寒さが増していくのかもしれません。
が、我が家まだ稲刈り終わっていません。
今週末は晴れが無理でも曇ってもらって稲刈り終わらせねば。
秋は後ろが使えているので、順次作業をこなしていきたいのです。





まずはタイトルの夏の名残りの
ノコギリクワガタ。
R01-0294.jpg R01-0295.jpg R01-0301.jpg

R01-0305.jpg R01-0308.jpg R01-0312.jpg

先週末に撮ったものですが、涼しくなったせいで随分昔の気がする(笑)。
何時ものように朝の餌くれの途中で拾った。
こいつ片側の角が歪んでいるようですが、気にしないように。
写真だけ撮らせてもらって放しました。
突然涼しくなったので、夏の昆虫たちも戸惑っていることでしょう。





上が夏の名残りなら、下は秋本番かな。
ススキ
R01-0211.jpg R01-0212.jpg

少し前にもススキの写真は載せましたが、
気づいたら至る所ススキの穂だらけになっています。
もう少しするとここにセイタカアワダチソウの黄色が加わります。





ツユクサ
R01-0433.jpg R01-0437.jpg

自分の中ではツユクサは夏の花ですが、
今もまだ至る所で咲いているのを見かける。





布袋葵の花
R01-0408.jpg

ホテイソウの花も以前紹介した。
ホテイソウは毎年野池に入れているけど、
こんなに一度に揃って花が咲くのは珍しい様な気がする。
今はこれよりもっと花数あります。





コンバインの鍵。
E01-6994.jpg E01-6996.jpg

農機具屋さんが昨日修理してくれた。
鍵だけ新品なので周りと調和しませんが、気にしない。
明日からの作業に間に合ってラッキー。
右が交換してもらったユニット。





ついでにもう一品。
E01-6997.jpg

コンバインの鍵と一緒に乾燥機の部品も交換してもらった。
コンバインも乾燥機も自家用プラスアルファ程度しか作っていない我が家は
年数日間しか稼働しない。
それでも動かないと始まらないので、こうして修理するしかない。
兼業農家が儲からないと言われる所以です。

まぁ、百姓は趣味だと割り切らないとやっていけませんけどね(笑)。

似てるでしょ

2012/09/19 Wed

今日は曇り時々雨。
雨は長くは続かない、降っては止んでを繰り返してます。

ここ数日以上に暑い日が続いていたので、
この雨で平年並みの気温に下がってくれると過ごし易いのですが・・・。
ここまで晴れていたので、
いっそ稲刈りが終わるまで晴れていてくれればよかったのにという思いも有。
かと言って降ってくれないと出水(湧水)が増さないという、
ジレンマも有でこまってます(笑)。





当才池。
R01-0529.jpg

なのですが、鷺の襲撃以来全く浮いてくれない。
年を取るほど用心深くなるので、再度浮き出すまでに時間がかかるのですが、
当才だと普通一週間もすれば少しずつ浮き出すはずなのですが・・・。
毎朝浮餌を撒いては待ってみますが、浮きません。

浮いてきた様子や餌の食べ具合を見て、その都度様子を観察するのですが、
浮いてくれないことには見ようもない訳で、
毎朝規定量だけ餌を撒いて大きく成っているものだと勝手に思っているしかない(笑)。





それが久しぶりに見れた。
E01-6954.jpg E01-6956.jpg E01-6959.jpg

昨夜から降り出した雨で、水質が少し変わったらしい。
口上げするほど大事ではなく、新水が落ちるところに集まっていた。

程々のサイズには育っているようなので、一安心。
後は半月後の池上げまで、順調に育ってくれれば良しとします。
ただ、写真で改めてみると、型付のよさそうなのが居ないかも・・・(笑)。





アスパラガス
R01-0506.jpg R01-0513.jpg R01-0514.jpg

アスパラガスは雌雄異株。
要するに雄株と雌株があると言う事です。
左は熟して赤くなった実、中央は熟す前、右は雄株。
プロの方は雌のアスパラは淘汰するのだそうですが、自分素人なので気にしません。
雌株は実を付ける為雄株より収量が落ちるからだそう。
淘汰しない自分の畑では同党比率で雌雄があるものと思ってましたが、
雄株の方が圧倒的に多いです。
どちらにしても、春に美味しくいただければそれでよいのですけど。





タイトルの似てる植物。
R01-0453.jpg R01-0455.jpg R01-0460.jpg

R01-0515.jpg R01-0520.jpg R01-0517.jpg

去年も紹介したような、しなかったような・・・。
上は蔓性の雑草、下は小豆です。
小豆も肥料をやり過ぎると蔓が伸びてきますが・・・。
豆が入る莢も同じような感じになります。
ただ、雑草の方の莢は黒くなりますが、小豆は茶色くなる。

蔓の雑草の方は夏ごろから旺盛に伸びて、
草刈り機に絡みつき作業効率を落としてくれる大敵。
こいつと葛が無ければ草刈りももっと楽だと思う(笑)。





おまけ
R01-0522.jpg R01-0524.jpg R01-0525.jpg

カナヘビ、当地では「かなぎっちょ」と呼びます。
朝餌くれに入ったらアニマルネットにいた。
動かないので最初死んでいるのかと思ったら生きてる。
何かの理由でここで夜明かしし、
気温と一緒に体温も下がり動きが鈍くなっていたのでは、
真相は分かりませんが・・・。


稲刈り一回目、終了したけど・・・

2012/09/18 Tue

今日も晴れてます。
気温も上がって暑いですが、昨日・一昨日よりは雲も多めかな。


三連休中は天気も良く、雨の心配もなく絶好の稲刈り日和。
以上に暑かったですが雨よりは良い。
今日はそんな連休中の稲刈りの様子などを・・・。





稲刈りの様子と書いて、いきなり違う写真からですが。
今朝の野池。
R01-0530.jpg

台風の影響からか昨日から風が強い。
日照り続きで枯れてしまった葉っぱが水面に浮いてました。
この時期台風でもこんなに葉っぱ落ちないのですけど。





稲刈り終わった田圃。
R01-0376.jpg R01-0378.jpg

去年も紹介しましたが、糯稲植えている田圃。
ここだけは手刈り。
除草剤も田植え後に一度使うのみなので、草生え放題です(笑)。





手で刈ったら今度は稲架(ハザ)掛け。
R01-0360.jpg R01-0364.jpg

稲架は以前作った時に紹介しましたが、それに稲をかけて自然乾燥です。
上の方隙間が空いてますが、糯稲は架けてあるだけで終了。
後は藁と豆が干される。
それでも全部なんて埋まりませんけどね(笑)。

こんなに段数いらないと言っても親父が作るので・・・。





土曜に糯稲を刈って後はコシヒカリをコンバインで刈り取る。
ただ、我が家のメインは来週なので今週は比較的楽のはずだった。

のですが、アクシデント発生。
R01-0539.jpg R01-0534.jpg

左コンバインの鍵です。
車体に刺さっている所から切れました(笑)。
別に無理をした訳ではありません。
普通にエンジン掛けたら取れた。
右の鍵穴の奥に切れた先端部分が埋まってます。
鍵穴の写真で分かるように年期物の機械なので、経年劣化なのでしょうが・・・。
これには困りました。
ペンチで回そうにも掴めるところはないし。
マイナスドライバーでとも思ったのですが、壊したら嫌だし。
仕方なく農機具屋さんを呼ぶことに。

そしたら自分が壊れるかもと思ってやらなかった、
マイナスドライバーを鍵穴に突っ込んで鍵を回してエンジンをかける荒業。
どっちみち本体のキーボックスごと交換しないとダメなので、
部品が届くまではそれでエンジン掛けてくださいとのこと。
昨日はずっとドライバーでエンジン掛けてました(笑)。





稲刈り終わった田圃。
R01-0495.jpg R01-0503.jpg

鍵以外は別に異状ないので、順調に終了。
周りは緑が多くて、いかにも田舎の田圃って感じでしょう。





ついでなので何時もの田圃も。
R01-0488.jpg R01-0471.jpg R01-0479.jpg

ここは今週末の連休で刈り取る予定。
ここが終われば我が家の田圃はすべて終了と何っているはず。
何時も早朝に撮っているので暗い写真が多いですが、
今回は夕方なので明るいかと。





上の田圃脇の水路。
R01-0475.jpg

クレソンを植えたと紹介した場所。
根づいたみたいなので、雨が降って水量が増えても流されることはないでしょう。





色づいた田圃と青空、それから何時もの棚田棚池
R01-0451.jpg R01-0398.jpg

野菜の花

2012/09/13 Thu

今日も晴れ。
朝から晴天です、気温も上昇して30度オーバー。
それでも空は夏に比べると高い。


これだけ毎日暑い日が続いているのだから、
米の刈取りも早くできるだろうと、当初は予想していたのですが、
結局いつもより早くできるわけでもなく、
刈取り開始は例年並みと言う事になりそう・・・。

ちなみに当地でコシヒカリの場合は、出穂後1000度が目安と言われている。
1000度って何ですかって話ですが、
日々の気温の合計が1000度を越したら刈りいれ始められますよという温度。
最高気温が30度の日が続けば33・4日で1000度に達する。
という計算になるのですが、物事計算通りにはいきません(笑)。
そこに日照時間や雨量・水等が加味されて実って来るわけで
田圃毎に刈り入れ適期は変わってくる訳です。
今年の1000度なんて全くあてにならない数字(笑)。
我が家ではやっと今週末から稲刈り始められるかな。





今日は野菜の花を載せてみます。
まずはキュウリから。
R01-0068.jpg

R01-0078.jpg R01-0076.jpg R01-0079.jpg R01-0075.jpg

上の1枚が、まだ花を付けたキュウリ。
下の4枚は蕾や花の写真。
こうしてみると、蕾も花も実も結構な棘で覆われているのが分かるかと。





次は茄子
R01-0008.jpg R01-0021.jpg

茄子の花もアップで見ると意外と綺麗かと。





かぐら南蛮
R01-0022.jpg R01-0027.jpg R01-0032.jpg

R01-0035.jpg

上の三枚はかぐら南蛮の写真、赤く色づいたのもかぐら南蛮です。
下の一枚は花、ナスほど綺麗じゃないかも(笑)。





黄色南蛮
R01-0061.jpg R01-0063.jpg

外見はピーマンが黄色くなっただけのような色合いですが、
辛さはかぐら以上かも。
こいつやピーマンの花も上と同じ様な花が付きます。




ミニトマト
R01-0057.jpg R01-0058.jpg R01-0072.jpg

既に収穫された後らしく、色つきの実が成っていないトマト(笑)。
赤い実のトマトでも花の色は黄色です。





今年の残念くん。
R01-0040.jpg

R01-0043.jpg R01-0045.jpg

上は生姜、、下は里芋。
両方暑さと水不足にやられて悲惨です。
ここまで来ると雨が降っても回復の見込みはない・・・かな。

やっと秋が来た

2012/09/12 Wed

今日も晴れ。
ようやく秋らしい、気候になった。
暑いし、湿度も高めですが、昨日までの天気とは違う。


今年は野池の水、満タンにすること諦めましたので、
このまま、少し降ったら暫く晴れ続きのサイクルを繰り返してほしい。
去年の様な集中豪雨も、いまさら台風もいりません。
なので、今発生している16号は間違っても日本に近寄らないように(笑)。
田圃の稲が転んでしまいます。





今日も色んな写真を詰め込んで、駆け足で行きます。
まずは今朝の空。
R01-0209.jpg

朝一、5時半ころ。
最近は日が短くなってきた。
少し前までは五時には活動できたのに、今だと五時半活動開始。

4時から4時半位には一度目が覚める。
時間の無い時はもう少しだけ寝れると思って実際眠れるのに、
時間があって後一時間とか30分なんて思うと眠れないのは何故でしょう。
ただ単に年取っただけですかね(笑)。

そう言えば今朝は寒かった。
今シーズン初でTシャツの上に上着羽織って朝の餌くれに出かけた。





何時もの山。
R01-0251.jpg R01-0255.jpg

最初ガスが掛かって見えない写真が左。
ガスが晴れて見え始めた写真が右。





ギンヤンマ
701-7167.jpg 701-7171.jpg

ヤンマは警戒心が強くてこんな写真はなかなか撮らせてくれない。
シーズン終盤でトンボも疲れているのかも。
前の奴、羽が半分切れているし。





ホテイソウの花
701-7185.jpg 701-7209.jpg

少し前蕾を紹介したので今回は花。
バッタが花に泊まってます。





さば尾
701-7225.jpg

ホテイソウの花の写真を撮っていたら、
餌がもらえると思ったらしく、浮いてきた。
残念ながら餌は持ち合わせていないので、夕方までお預けです。





鶏頭の花
701-7249.jpg 701-7255.jpg

これも少し前に出したけど、もう一度。





ここからは、畑の秋野菜。
まず、キャベツ。
R01-0012.jpg R01-0276.jpg

何度も収穫できるように、日付をずらして植えてある。
左はもうすぐ収穫できる、右はまだ先。





大根
701-7264.jpg R01-0280.jpg R01-0283.jpg

左は土曜日、中央は今朝。
数日でも大きく成って来ているのが分かるかと。
右は大根のまねぎ菜。
大根のまねぎ菜で作る菜飯が滅茶苦茶うまい、好物です(笑)。
味噌汁の具にしても最高。





白菜
701-7275.jpg R01-0288.jpg

上同様、左が土曜、右が今朝。
何時もの年なら白菜もまねぎ菜が採れるのですが、
今年は苗植えしているので採れない。
数日で意外と大きく成るでしょ。





菜っ葉
701-7271.jpg R01-0285.jpg

これが何の葉っぱなのか、確認してない。
野沢菜だと思うけど、自信無し。

笑うしかない

2012/09/11 Tue

今日は曇り時々雨。
雨は時折激しく降ってます。
雨が降って気温が下がって、過しやすくなれば良いと思うけど、
思いの外と気温は下がらず湿度が高いので不快指数は異常に高い。

以前も書いたように、
夏に降らない分がこれから降ってくることになるのでしょうか。
稲刈り本番を迎えるので、今まで降らなかったのだから
もうしばらく降らなくて良いです(笑)。





いつも通り、天気の愚痴から始まってますが、
最初の写真もそれに関連する。
まずはタイトルの写真。
R01-0160.jpg

早朝に撮っているので暗いですが、雰囲気は伝わるかと。
これのどこが笑うしかないのか、って思われるやもしれません。
まぁ、小さな田圃なのですが、手前が緑で奥が黄色いのが分かるかと。
今ごろはだんだん黄色くなって奥側の様な色味になってくるのが普通・・・。
なのですが、手前側今頃になって肥料が効いたかのように緑色を出してきた(笑)。
夏場水が足らなくて肥料が効かなかった分、雨で肥料が効いてきたものと思われる。
秋まで葉色が落ちないってことはあっても、
秋になってから葉色が出て来たなんてことは初めて。

こんな症状経験したこと無いので、どうなのか分かりませんが・・・。
タイトル通りまぁ、笑うしかないわけで。
毎年やっていると色んな事があります。





比較のために何時もの田圃と、穂のアップ。
R01-0189.jpg

R01-0182.jpg R01-0186.jpg

大分黄色くなってきているのが分かるかと。
こんな風になってくるのが普通。





泥上げ
R01-0173.jpg R01-0174.jpg

上の写真の田圃の脇にある水路。
最近まで水汲みのために水を溜めていましたが、
雨が降ったのでそれもお役御免。
水を抜いて底にたまった泥を上げて、水路の底を田面より低くする。
終わったら、右の写真のようにクレソン植えて終了。
植えると言っても投げておくだけですけどね。





ここからは駆け足。
二才の朝食風景。
R01-0095.jpg R01-0100.jpg R01-0105.jpg

相変わらず水位は低いままですが、
水温が下がるにつれ、食欲は増していくようです。
それでもいつもの年より、サイズは小さい。





萩の花
701-7133.jpg 701-7136.jpg

前回も載せましたが、もう一度。





野草
R01-0142.jpg

名前は分かりません。





稗と猫じゃらし
R01-0136.jpg R01-0139.jpg





夕焼け、三枚
R01-0149.jpg R01-0121.jpg R01-0126.jpg

日曜の夕方です。

秋の気配

2012/09/08 Sat

今日も朝から晴れてます。
昨日までの天気予報だと今日の午後からは雨の予定。
だったのですが、雨マークなくなりました(笑)。
終日晴れるようです。

明日も同じように、雨マークが消えた。
月曜日の雨マークだけが残ってますけど・・・どうなることか。

木曜日の雨のおかげで、とりあえず当面の心配は不要。
この後も定期的に降ってくれると助かるのですが・・・(笑)。
畑の水汲みから解放されるでしょうか。






野池の水はまだまだ不足中。
左が雨降り後、右が雨前。
G01-3882.jpg E01-6836.jpg

少しは溜まっているのが分かるでしょうか。
池の表面がアオコに覆われて大変なんてことは見なかったことに(笑)。





ススキの穂
E01-6947.jpg

暫く前から、ススキが穂を出し始めている。
いくら暑くても、ススキの穂とか見ると秋を感じる。

ススキが穂を出して暫くすると、夏の間は目立たない、
セイタカアワダチソウのつぼみが見えてくる。






G01-3897.jpg G01-3902.jpg

萩の花はススキよりも前からチラホラしてたかも。
お盆頃に早いものは花が咲き始める。

そう言えばセミの鳴き声を最近はとんと聞かなくなった気がする。
秋の虫は賑やかに泣いてますけど。
何時の間にか、セミの声ピタット止んでいたような。





おまけ
E01-6951.jpg

萩に似ていますがちがう花。
当地では西洋萩とか呼ばれている。

今日も色々詰め込んで

2012/09/06 Thu

今は曇ってますが、午前中は雨降り。
久しぶりというか、何時以来という位の激しい雨が降りました。
野池の水溜まっていると良いのですが・・・。

この雨で秋らしい天気になってくれるでしょう・・・多分。
まぁ、土砂崩れが起きるほどの豪雨でもなかったし、
纏まった雨が降ったのは久しぶりなので、満足です(笑)。





今日も色んな写真を駆け足で紹介。
まずはこんな写真。
E01-6879.jpg

こんな雨が続くようになるとは、週頭には思ってもみなかった。
秋野菜の種を蒔くためにここにも水の準備をしたらしい。
道の下に畑有るので、草を刈って水槽を設置。
小さく見えますが、これで250ℓ入ります。





野草
G1-3793.jpg G1-3799.jpg

去年も紹介したと思うけど、名前は相変わらず分らず。
ピンクの綺麗な花です。





朝顔
G1-3815.jpg G1-3817.jpg

去年の朝顔の種が落ちたものが勝手に発芽して、
大変なことになって来た。
夏場は暑すぎ水も無かったせいか大して目立たなかったのに、
何時の間にか勢力拡大中です。





長ネギ
E01-6828.jpg E01-6829.jpg

暑くて太りがいまいちだったネギも、やっと元気になって来たような(笑)。
それにしても混めて植え過ぎなのでは・・・。





落花生
E01-6833.jpg E01-6834.jpg

右の黄色いのが花です。
落花生もこれからに期待です。





枝豆
E01-6846.jpg E01-6848.jpg

少し前に花を紹介しましたが、莢が成って来た。
食べれるまでにはあと一月位かな。





糸瓜
G1-3857.jpg E01-6865.jpg

此奴には狸もカラスも悪戯しないので放任。
今年の夏の暑さにも負けず、畑にごろごろ成っている。

漬けて食べても美味いし、熟して果肉が糸になってきたら、
硬く茹でてからきんぴらにしても美味いです。





菊芋
E01-6866.jpg E01-6873.jpg

此奴らは本当に暑さ知らずというか、暑いの得意らしい。
背の高さ既に3メートル超えている。
木ばっかり成長して、掘ってみたら芋はからっきしとかいう事ないように(笑)。





おまけを二つ
まずはホテイソウの花
E01-6875.jpg

やけに紫色が濃い様な気がする。





蜘蛛二種
G1-3847.jpg G1-3840.jpg

花蜘蛛と女郎蜘蛛

やられた

2012/09/05 Wed

今日も晴れてます。
でも先日までの真夏の様な晴天とは少し違う。
秋の気配が混じってきました。

先日、これを書いた後にも夕立があり。
昨日も午後から夕立があった。
ようやく真夏の様なくそ暑い日差しが少しは和らいできたような気がします(笑)。
特に早朝はかなり涼しくなってきた。

ここ数回の夕立のおかげで、田圃の水はもう不要。
というか後は刈り入れを待つのみなのですが、
何度も書くように野池の水が溜まりません。

やっぱり夕立程度では出水(湧水)は増さない、あくまでお湿り程度。
一度きちんと降ってもらって野池の水キッチリ溜まって欲しい。
切実な願いです。

相変わらず天気の愚痴ばかりです(笑)。





ところで、我が家の当才育成用の野池。
何とか水を出さずに水位は9割位をキープしているのです・・・。
池の周りにはアニマルネット、池の上はテグスとキラキラテープで防除。
毎年これで鳥害は防いでこれた。

今年も例年以上にテグスを張って置いたつもり。
だったのですが、鷺が入った。

通常鷺は直接水の中には舞い降りない。
土手の水の無いところに一旦降りてから、
歩いて水の中に入っていくと言われています。
なので基本アニマルネットが張ってあれば大丈夫なはず。
土手際はテグスも特に密に張って置くし・・・。

なのりですが、朝餌くれに入ったら池の中に鷺がいる。
何処から入ったか、どうやって出たかも見えないので不明。
近づいた時には飛び立った後なので・・・。
じゃ何で見えたか、この野池上から下って行くのですがその途中で。
この時はそれで終わり。

なのですが、夕方親父が餌くれに行ったら、一匹落ちて浮いてた。
その落ちた奴が自分のお気に入りの雄親。
ブログ村のプロフ画像に使っている玉さば。
多分鷺に咥えられ抵抗して捕られるのは免れたのに、
力尽きて落ちてしまったものと思われる。
自分見てませんが、鱗とかも大分はがれていたようなので・・・。

さすがにショック大きいです。
元々この野池親はもう入れておかない。
二・三番を採った後は地引網引いて別の池に親は移してある。
たまたま網にかからなかった引き残り。
その後の選別の時にはかかっていたのですが、ここに残していた。
網も糸も張ってあるので、採られるとは思ってもみなかった。

そんな訳で、上にも網張り増ししました。
E01-6822.jpg

キュウリネットとしてホームセンターで売っている奴。
これ張って以後見ていないので、大丈夫だと思いたいのですが・・・。
未だにさば尾たち餌食いに浮いてこないけど。

先週の話なのですが、気持ちの整理がついた今日書いた。





ここからは駆け足。
ついでに二才の入っている野池の写真。
E01-6837.jpg

満水なら、杭の根本のところまで水がある。





アスパラ
E01-6819.jpg

今のアスパラ畑。
肥料やって水くれしてますが、アスパラ以上に雑草が伸びます(笑)。
これでももう春から何度も草取りしているのですけどね。
来年は畝間に防除シートでも張ろうかな。





マコモダケ
G1-3860.jpg





田圃の罅
G1-3786.jpg G1-3791.jpg

写真だと大した用には見えないかもしれませんが、
田圃にこの罅だと結構大事だったりします(笑)。






G1-3759.jpg G1-3756.jpg

何時も出している田圃を別の角度から。
この角度だと田圃の外側に水が溜まっているのが分かるかと。
ブルーシートが掛けてあるのがポンプ。
この水をポンプアップして汲んで来て、畑に撒く。






秋野菜。
G1-3809.jpg G1-3825.jpg G01-3811.jpg

G01-3827.jpg G01-3834.jpg

その水を貰っている野菜たちが上。
レタス・大根・ブロッコリー
野沢菜・白菜。





白菜の苗
G1-3836.jpg

例年白菜は畑に直播なのですが、
今年は上のように苗を作って畑に移植した。
というか、余っているこの苗どうするのでしょうか・・・。

お盆過ぎから続いている水汲みも
最近の雨で終わりになってくれれば良いのですが・・・。

今日は景色を

2012/09/03 Mon

今日は、晴れのち曇り。
午前中は真夏を思わせる陽気でしたが、
お昼すぎたら曇ってきました。
かなりどんよりした厚い雲がかかってます。

夏の陽気から、秋に変わっていく途中って感じでしょうか。
今まで降らなかった分これから毎日雨っていうのも、
それはそれで困る(笑)。

最近、人と良く交わす会話が、
今まで降らなかった分、
稲刈り時期になったら雨降りが続くのではないか・・・と言う事。
誰もが思うことは同じ様で、最近この会話何度かしました(笑)。

9月に入り雨が降り始め、
気温もぐっと秋らしくなってくることでしょう・・・多分。





今日は週末に撮った風景を中心に行きます。
まずは週末と書いたにも関わらず今朝の写真から。

E01-6825.jpg

朝、空に浮かんでいた月。





昨日の朝の棚田・棚池。
G1-3762.jpg G1-3780.jpg

田圃は大分黄色くなってきましたが、
この写真だとまだ夏の風景。





昨日の夕方。
G1-3869.jpg G1-3870.jpg

G1-3875.jpg

上は夕日に染まる雲。
下は野池に写った夕焼け。





稲架
G1-3802.jpg 

E01-6843.jpg

週末に稲をかける稲架を作った。
上は作る前、下は完成後。

糯米を掛けるだけなので、こんなにいらないのですが。
藁も掛けるし、豆も掛けるのでこんな感じ。
それでも余りますけどね(笑)。





何時もの田圃。
G1-3753.jpg

大分実が入ってきました。
稲刈り、個人的には15からの3連休で刈りたいのですが、
実際は22からの連休になりそうかな。





おまけ
G1-3849.jpg

やっと雨が降った・・・けど

2012/09/01 Sat

今日も晴れて朝から暑いです。
9月に入ったというのに、残暑じゃなくてまだ夏のまま。
一端気温が下がってから、
暑い日があると残暑って気分になるけど今年はずっと暑いまま。
天気予報だと後しばらく高温に注意だそうです。


一昨日、これを書いた後の夜に結構いい雨が降った。
今回は夕立じゃなくて雨降って感じで。
まぅそれでも数時間ですけど(笑)。
田圃や畑の土には十分な水分補給となったはず。
ただ、枯れてしまった稲にはいくら降ってももう遅いですけど・・・。
この雨がもう一週間早く降ってくれただけでも
ずいぶん違ったのですが遅すぎました。
当然降らないよりは降ってくれた方がずっと良いのですけど。
これでまた一週間くらい雨マークありません。


8月が終わって降雨量の例年との比較が出てましたが、
ピンポイントでの当地の比較はありませんが、
少ないところだと例年の3割程度。
しかも、その前の6・7月の雨も少なかったので、
記録的な水不足となってます。

今回少時間でもまとまった雨が降ったので、
これからは徐々に降ってくることを待っています。
そうしないと、さば尾たちの最後の飼い込みができません(笑)。
二才以上を少しでも大きくしたいのですが・・・。
当才だけは普通に餌やれてますけどね。

それにしても雨が降ったので、
少しは気温が下がってくれるのかと思いましたが、
全くそんな気配すらありません。
月の初めから天気の愚痴になってしまった(苦笑)。





ここからは駆け足で行きます。
と言っても写真が無いのでストックでしのぐ。
まずは人参。
G01-3690.jpg

夏採り用の人参です。
形は揃っていませんが、この天気じゃそれもしょうがない。





かぐら南蛮
G01-3692.jpg G01-3693.jpg

茄子と並んで植えられているのが分かるかと。
かぐらはこれから昼夜の寒暖の差が出てくると辛くなってくる。




シシトウと唐辛子
G01-3703.jpg G01-3714.jpg






G01-3695.jpg

何豆だったか忘れてしまった(苦笑)。
ただこいつも厚くて成りは良くないらしい。






G01-3699.jpg

暑い中無理して植えられた、蕪。
水を貰いながら成長中。





おまけ
G01-3710.jpg G01-3711.jpg

ニラの花。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR