出費と、水と

2012/11/30 Fri

今日は曇り。
朝からどんよりしていますが、降ってはいない。
ただ、天気予報だとこの後降り出田雨は明日まで続き、
明日は雪に変わると言っている。
12月に入った途端雪でしょうか・・・。
まだ積もりはしないと思いたいけど。
どうなることか。





まずは水曜日の朝。
E01-7606.jpg E01-7607.jpg

今年初氷でした。
霜は何回か降りていましたが田んぼの水が凍ったのは初。
何時もの年より遅いような。
昨日は写真が沢山あったので、今日紹介です(笑)。





タイトルの原因。
E01-7544.jpg

三才以上の入っている水槽の水中ポンプ、壊れた。

少し前の事なのですが、
車庫に行くと「キーン」という小さな金属音がする。
最初は気のせいかなと思ったけど、
そんなことは無く小さい音だけど確実に聞こえる。
そこから原因探し、プロアーやポンプを一つずつ止めて確認。
結果が上のポンプ。
この時点で水は濾過槽に普通に送っていたのですが・・・。
プロアーなら替えが有るので、止まるまで使っても良いのですが、
水中ポンプはそういう訳には行かない。
日中に止まっても夜まで位ならプロアーのエアーだけで
死ぬことも今の時期ならないでしょうが、でも嫌。
同じポンプを買って即取り替え。

そのまま壊れたポンプは駄目になるまで、
水替え時の送水用ポンプにでも使おうかと思ったのですが、
直れば予備に取って置けるしと、修理に出すことに。
暫くして連絡が来たけど、直すには新品買うより、かかりますとの事。
何故部品交換で新品買うより高い・・・。
修理に出した時の状態で返品してもらおうと思ったけど、
それも無理らしい・・・。
バラしたので組み立てるには云々、
送り返してもらうには送料もかかります、との事。
面倒なのでそのまま廃棄にしてもらった。

やっぱり壊れるまで使えばよかったと思ったのは後の祭り(笑)。

水槽は中古を探すとか、濾過槽なら自作するとか、
お金を出来るだけ掛けない方法もある。
でもポンプは無理(笑)。
自作なんて問題外だし、
中古も以前の使用状況が分からないのは不安だし。
ポンプだけは買うしかない。
という訳で今シーズン二台目。

このポンプ24時間連続稼働可能なのと、
送れる水量が多いことが気に入っているのですが、
問題はお値段が張ること(笑)。
二万数千円は痛いです。





もう一つのタイトル、水。
701-9728.jpg 701-9997.jpg

左が少し前の水槽、右が昨夜撮った写真。
今月上旬にも水が出来たと言って紹介したし、
少し前にも一軍水槽の様子で紹介した。

もちろん飼育水としての水という意味では、
問題無く出来上がっていたのですが。
自分の好きなのはこの状態の水。
透明感が全く違うのが分かると思います。

一軍水槽と紹介した時はまだ水温があったので餌をやってた。
水温が下がってきたので、
餌の回数を減らして最近やっとこの水になった。
後は春先に餌の量を増やすようになるまで、
この水をキープできればさば尾、落とすことも無いと思う・・・。





ついでにもう二枚。
702-0445.jpg 702-0437.jpg

水の透明感というか、キリットしまった感じが伝われば。
ただ、上の二枚ストロボ無しでiso感度上げて撮っていてるので、
写真のざらつきはご勘弁ください。
高感度に強いカメラ欲しいです。





二才水槽。
702-0904.jpg

こっちはまだ上の水槽の様な水になっていない。
水になんとと無く、ざらつきがあるのが分かると思います。





ここからは何時ものさば尾。
701-8246.jpg 701-8252.jpg

701-8281.jpg 701-8267.jpg 701-8276.jpg 701-8287.jpg

701-8320.jpg 701-8328.jpg

下の一匹、上とは緋の質が違うのが分かると思います。
自分が言う血の様な赤とかワインレッドの赤という緋質がこれ。
この緋質中々出ないのですけどね。

スポンサーサイト

写真を満載で

2012/11/29 Thu

今日は朝から雨降り。
ですが、天気予報通りなのか少し前から降っていない。
予報だと午後からは曇りの予定。
雨続きにうんざりしているので、降らないだけでも嬉しい(単純)。





タイトル通り写真を詰め込んで今日は行きます。
一度に出さずに徐々に紹介すれば良いのですがもうすぐ雪が降りそう。
そうなる前に一挙に紹介します。

春から紹介していた畑の様子もこれで終わりかな。
雪さえ降らなければまた機会あるかも。
因みに今日のも前回同様日曜撮影分です。

写真多いのでサッサとと行きます。
まずは、とある日の収穫物。
R02-0366.jpg R02-0368.jpg R02-0369.jpg

蕪と、赤カブ、赤大根。
赤カブと言いますが、赤大根があまりに鮮やかな赤なので、
紫蕪と言った方が良いくらい(笑)。
でも漬けると綺麗な赤になるのです。





菊の花。
R02-0430.jpg R02-0375.jpg R02-0377.jpg

食用菊を何度も紹介してきましたが、これは花菊。
満開になった花が重くて、頭傾げている。





ネギ。
R02-0481.jpg R02-0417.jpg R02-0416.jpg

左は成長が遅く最後まで、収穫されなかったネギ。
今はもう収穫済み。





下は万能ねぎ。
R02-0533.jpg R02-0535.jpg

夏場に全部収穫せずに畑に残された万能ねぎ。
太くて普通のネギみたいになってますが、硬い。
後はスープの臭み採りとかに使えるかな。





トマト。
R02-0394.jpg R02-0550.jpg

左はまだ木に成っているトマト。
右はもう収穫を終え片付けた後、残骸だけ残ってる。
この時期になると成っていても気温が上がらないから赤くならない。





かぐら南蛮。
R02-0531.jpg R02-0539.jpg

上のトマトもそうですが、夏野菜は既に収穫を終え、撤去済み。
唯一かぐらだけが畑に残っている。
トマト同様成っていても大きく成らない。





唐辛子。
R02-0552.jpg

成っている分だけ収穫したらこれも終わり。





ここからは秋野菜。
キャベツ。
R02-0414.jpg





白菜。
R02-0395.jpg





大根。
R02-0482.jpg





野沢菜かな。
R02-0558.jpg





ブロッコリー。
R02-0420.jpg R02-0422.jpg

右はブロッコリーにいた、青虫。
青虫も折角頑張ってここまで大きく成っても時間切れ。
とはいっても、捕まえて烏骨鶏達の餌にしますけどね(笑)。





青菜。
R02-0484.jpg





アスパラ菜。
R02-0389.jpg

白斑病にかかったので、途中で収穫をやめた。
そのせいで今花盛り。





ホウレンソウ。
R02-0387.jpg





黒豆。
R02-0373.jpg

我が家の今年の丹波の黒豆は大不良。
夏場の暑さのせいで例年の数分の一の出来。
枝豆でも一度も食えなかったし。
来年分の種豆がやっとかな。
これが最後の黒豆、この後車庫の二階で乾燥させます。





ナメコ。
R02-0465.jpg R02-0464.jpg R02-0467.jpg

これはよそ様のなめこ、右に米は収穫遅れで黒くなってる。
ナメコにも早生系と晩成系がある。
我が家に晩生は無い。





マコモダケ。
R02-0443.jpg

収穫期に採らずに放置するとこうなる
マコモダケはマコモに寄生する菌のせいで、根本が膨らんだもの。
採らずにいると黒穂菌が成長してこんな感じになる。
当然ながら硬くて食えませんし、中は多分もう真っ黒です。





稲の二番穂。
R02-0441.jpg

ピントが合っていなくてすみません。
稲刈りした後の株から出た二番の穂。
実は入っていませんけどね。





アスパラ畑。
R02-0498.jpg





春の薹菜用。
R02-0434.jpg

雪消えの早い場所に植え替えておく。
来春の一番で食える、菜っ葉。





にんにく。
R02-0565.jpg





人参。
R02-0559.jpg

これも来春用、というか秋取りには小さすぎるので春に回す。
ネズミに食べられなければ、春人間の食糧になる。





今日はさば尾を三匹。
701-8031.jpg 701-8025.jpg 701-8022.jpg 701-8035.jpg

701-8081.jpg 701-8084.jpg 701-8079.jpg

701-8188.jpg 701-8187.jpg 701-8177.jpg 701-8193.jpg

どれも模様は結構好きかも。

冬が来る前に

2012/11/27 Tue

今日は曇り。
天気予報だと終日雨の予定だったので、雨よりは良しとします。
でも気温はかなり低め。
朝は霙や霰が降ってたし・・・。
最高気温も上がらず、12月下旬並みなのだとか。
夕方には雪の予報が出ているのですがどうなることか。
週末にタイヤをスタットレスに変えたので、
雪降っても取りあえず大丈夫なはず(笑)。

その週末日曜は久しぶりに良い天気。
小春日和って感じだった。
今日は日曜に撮った秋というか初冬の風景を紹介。





まずは何時もの山。
R02-0473.jpg

少し前までは色が残っていましたが、
今は茶色です。





我が家の前のブナ林。
R02-0371.jpg R02-0584.jpg

左が日曜で右が今朝。
昨日からの風で落ちずに残っていた葉っぱも飛ばされた。
バックが青空か雲がで印象が随分違う。





遠くに臨む山並み。
R02-0400.jpg

写真の山の名前は不明。
多分越後三山の一つではないかと(?)。





霜柱。
R02-0488.jpg R02-0489.jpg

日曜日、天気は良かったのですが朝は冷え込んだ。
その名残です。
この時間日向の霜は既に融けてた。





二才池に向かう途中の農道。
R02-0456.jpg R02-0499.jpg

左は上から、右は下から撮っている。
ブナの葉が落ちてかろうじて舗装されているのが分かるかな。
迂闊にブレーキ踏むと滑りますし、登る時は四駆で・・・。





夏場二才を入れていた野池。
R02-0459.jpg R02-0476.jpg

この夏は水が無くて困まった。
ここまで水が溜まったことも無かったし・・・。
今は畑で採った大根の泥落としに使われてる。
野池にホースが浮かんでいると思いますが、
夏場使ったホース、本当は丸めて車庫に仕舞うなりが理想ですが、
面倒なのでそこまでしない。
そのままにすると雪の重みでホースが潰れるので、
池に入れて翌年まで放置。
これだとホース潰れないのです。





野池の脇のキノコの原木。
R02-0474.jpg

落ち葉に埋まって半分見えない(笑)。
キノコの収穫は既に終了。





二才池の上のブナ林。
R02-0462.jpg R02-0478.jpg

この落ち葉がみんな野池に落ちる。
来年また水が腐って苦労することでしょう(笑)。





上の農道のその先。
R02-0502.jpg R02-0523.jpg

我が家の池や田圃は途中で曲がる。
曲がらずに進むとここに来る。
誰も通らないので道路は落ち葉で埋まってる。
自分も必要が無い限り車でここを通りたくない・・・。
間違いなく滑るし、歩いて撮影しました(笑)。





農道の脇のブナ林。
R02-0509.jpg R02-0519.jpg R02-0529.jpg

葉が落ちて木漏れ日が差し良い感じかと。





越冬イケス。
R02-0453.jpg

R02-0447.jpg R02-0451.jpg

雪が降るまでは週一くらいで餌を上げに来る。
何時もは落ち葉予防に葦簀をかけてある。
最近は餌をもらうことになれたのか、すぐに浮いて来るようになった。
最初は下ばかり突いて中々浮いてこなかったのですが・・・。





下は何時ものさば尾。
701-7992.jpg 701-7998.jpg 701-8012.jpg

701-8119.jpg 701-8110.jpg 701-8127.jpg

701-8145.jpg 701-8137.jpg 701-8135.jpg

上の越冬イケスに入っている奴ら。

下のは去年は水槽で越冬したのですが、
今シーズンはイケスに降格。
やっはり片側が・・・。

ライトに付いて

2012/11/23 Fri

今日も雨降り。
今年の秋は本当に晴れが続きません。
ただ、秋に雨が多い年は雪は少ないという方も居ます。
まぁ、今年も大雪だという方の方が多いですけど。
出来れば前者であって欲しいのですが。
一雨毎に気温も下がってきて、冬が近い事を知らせます。
3連休は日曜に晴れ間が有りそうな天気予報なので、
そこでいよいよスタットレスタイヤの装着かな。

ついでに、日も短くなってきました。
朝も六時半を過ぎないと明るく成らない。
少し前までは5時に目が覚めると、二度寝が出来なかったのですが、
最近は逆に六時半に起きるのが辛い(笑)。
まぁ、寒いから布団から出たくないだけです。
後しばらくすればまた、朝の雪堀が始まる。
ますます起きたくなくなる(笑)。





今日はサクッと。
まずはとある日の収穫物から。
大根。
E01-7543.jpg





白菜。
R02-0357.jpg





白菜とブロッコリー。
R02-0355.jpg

冬に向けて野菜も備蓄が始まります。
上の写真はまだ備蓄用ではありませんが・・・。





少し前に蛍光管を買いましたと書いた。
今回はそれでどんなに見えるか載せてみます。

まずは三才以上水槽。
701-9411.jpg 701-9451.jpg

左がビオルクス、右がビオルクス+フラッシュ。





二才水槽。
701-9537.jpg 701-9522.jpg 701-9550.jpg

左がフィッシュルクス、中央がフィッシュルクス+電球型蛍光灯、
右はフィッシュルクス+フラッシュ





当才大水槽。
701-8972.jpg 701-8976.jpg

左がフィシュルクス、右がフィシュルクス+フラッシュ。





当才小水槽。
701-9692.jpg

二灯式の60センチ用が載っている。
蛍光管の種類は忘れた(笑)。



蛍光管はいずれも20ワットタイプ。
三才、二才水槽は吊り下げ方の蛍光灯に付けて、
自分の頭位の位置にぶら下げてある。
当才大水槽のフィシュルクスは一灯式のライトに付けて使用して。


好き嫌いはあると思いますが、フィシュルクスの赤さは凄いと思う。
上では撮ってないけど、ビオルクス+LEDもかなり良い感じになる。
ただLEDの光が反射しすぎて、写真には撮れないけど(笑)。

個人的にはフィシュルクスまでの赤さは要らないかな(笑)。
次買うとしたらビオルクスにしようかな。





また、越冬イケスから。
まずは三才。
701-8363.jpg 701-8354.jpg 701-8360.jpg


二才の丹頂を二匹。
701-8343.jpg 701-8348.jpg

701-8420.jpg 701-8413.jpg

相変わらず盥の水位が低すぎて上の三才は上見が撮れない。
何となく感覚的に分かってください。

本当にきれいな丹頂は片に緋が掛かっちゃいけないし、
頭の緋は真ん丸じゃないといけない。
そこまで厳しく言うとなかなか丹頂を名乗れないので、
この程度で許しいただく。

前から思っていたのですが、
この盥より青の濃い盥の方が緋色が映えるような気がする。
次とる時は濃い盥にします。
まだこの続きはありますが・・・(笑)。

温度対策

2012/11/21 Wed

今日は曇り。
朝から曇ったまんま。
天気予報だと午後から晴れ間があると言っていたのですが、無い。

朝晩の気温が大分低くなってきた。
それでもまだ今シーズン初霜・初氷は見ていない。
これから週末にかけて気温が下がるらしいので、そこで初霜かな。





今日は週末に行った越冬水槽の冬対策を載せてみます。
と言っても格段珍しいことをした訳ではないです。
以前からある大きい方のFRP水槽には既にやってあるのですが、
今年導入した小さい方の水槽に設置した。

35ミリの発泡スチロールをサイズに切って側面に貼り付ける。
それが下の写真。
701-8595.jpg 701-8601.jpg

ついでに家にあった、プチプチを水槽周りに巻きました。
左が今年設置した水槽、右が以前からある水槽、プチプチは両方に巻いた。
以前からある水槽も側面の発泡スチロールがダメになっていたので、
そこだけ交換した。
(ネズミってなんで食べれない発泡スチロール齧るのでしょう)
冬対策というか温度対策はこれだけです(笑)。
これで水中ポンプが出す熱を出来るだけ逃がさず、水温をキープ。
以前からある水槽の水温はプチプチ巻いただけじゃ変わりませんが、
二才が入っている方は発泡スチロール取り付ける前は13℃だったのが
今朝で16℃になっている。
外気温が少しずつ下がっている事を思うと、それなりの効果はあると思う。
本当は水槽上部もそれなりの保温効果を施せばもっと効率が良いのでしょうが、
上は今のところ見ること優先なので・・・。
そのうち考えます。

ところで、発泡スチロール同士を貼り合わせるテープって何が良いのでしょう。
ガムテープで貼っても暫くするとはがれる。
良いもの知っていたら教えてください。





ここのところ越冬イケスの金魚を紹介してた。
まだイケスの金魚たちの写真残っているので随時紹介しますが、

たまには一軍の越冬水槽組を出します。
まずは我が家の一番大きい雌親。
701-8611.jpg

以前から何度も出しているので、見覚えのある方もいるかと。
今シーズンも暑いというのに餌食いまくり、
二回りくらいアップして上がってきた。
写真だと大きさ分かりずらいかもしれませんが、デカいです(笑)。
金魚見に来てくれた方から、ビックリしてもらってます。
いずれまた、紹介します。





三才。
701-8540.jpg 701-8579.jpg

701-8582.jpg 701-9137.jpg

4匹とも違う魚です。





二才。
701-9056.jpg 701-9102.jpg





当才。
701-8700.jpg

当才の頭。
当才はアクリルの水槽に入れているのですが、
唯一こいつだけ二才水槽にいる。
日の質が二才以上と比べて淡いのが分かると思う。
デカいのと模様が良いので、上から見れる二才水槽で越冬。

晴れ間に

2012/11/20 Tue

今日は雨降り。
午前中は降ったり止んだりしてましたが、午後からはずっと降ってる。
最高気温も上がらずだんだん冬が近づいているのを感じさせます。


日曜日も朝から雨。
雨降りだと山仕事もしたくないので、
近くの金魚仲間のところに遊びに行くことに・・・。
自分と同じようなさば尾・玉さばを作っている、競争相手みたいな感じ(笑)。
色んな情報交換やらお互いの金魚に付いての意見交換やら、
金魚見ながら好きなこと話してくる感じかな。
ただ一つ飼育スタイルは全然違うけど。
彼は大きな水槽にゆったり金魚泳がせて眺めてる。
方や自分は詰められるだけ詰めて飼育(笑)。
(最初に断っておきますが、彼の水槽写真・金魚写真は無しです)


その友達のところに行って来た。
二才をデカくしているのには驚いた。
毎年当才から親までデカいのを泳がせているのですが、
今年の二才は別格に大きく成ってた。
当才・親は我が家と同じ様な感じでしたが、二才は別。
自分の二才は例年に比べ半分程度の大きさでしたが、
我が家の二才に比べると、三倍から四倍以上大きい・・・。
しかも柄の良い仔を揃えていたし。
当才も去年に比べるとかなり良い型の仔を残していたし。
来年はこの当才を大きくしてくると・・・凄いことになりそう。
好きなこと話して金魚堪能させてもらって帰ってきた。
この友達品評会に出品もしないし、ブログ等にも興味ない。
そんな訳で自分がここに書くだけで、実際見るのは難しいのですが・・・。

中々文章だけで表現するのって難しいです。
まぁ、凄いさば尾見てきましたてって事で・・・。
だったら写真撮って来いって話ですが(笑)。





天気の悪かった週末とはうって変わって昨日、月曜は晴れ。
何回も載せてますがブナ林。
E01-7590.jpg

葉っぱも紅葉というより、
すでに枯れてますが青空がバックならそれなりに見れるかと。





そんな晴天を利用して我が家は豆干し。
E01-7601.jpg

稲架にかけてあった豆、やっと落とした。
晴れ間が続かない今年は色々手間掛けましたが、やっと。
後は黒豆が残っているだけになりました。





太白。
E01-7596.jpg





肴豆。
E01-7594.jpg





一人娘。
E01-7591.jpg E01-7599.jpg

太白は皆さんが大豆って言われて思い出すときの豆。
豆腐作ったりするのもこのタイプ。
肴豆は青豆、お正月の酢豆等で出てくるかな。
一人娘はその中間くらいの青。
肴豆よりも若干粒は大きい。
こうして乾かしたら、ゴミを篩って傷物や虫食いを拾ってやっと完成。
結構手間が掛かったりします。





小豆。
E01-7598.jpg E01-7592.jpg

小豆も乾かしたら、傷物・虫食いを拾って完了。





今日の金魚たち。
701-7890.jpg 701-7895.jpg 701-7903.jpg

701-7911.jpg 701-7916.jpg

701-7932.jpg 701-7941.jpg 701-7945.jpg

701-7955.jpg 701-7963.jpg

701-7973.jpg 701-7978.jpg 701-7985.jpg

一番下は面白い柄。
特に野池で餌くれている時には目が行く。
真ん中が上見ですが左右で二段と三段、違って見える。

色んなタイプがいた方が賑やかで好きなのですよ。

お買いもの

2012/11/17 Sat

今は曇り。
朝から今にも降り出しそうな空なのですが、
取りあえず今のところ降ってない。
天気予報だともうすぐ降ってきそうです。

一雨ごとに、風が吹く度に葉っぱが落ちてます。
葉の色も既に紅葉ではなく、枯れた色に変わっているし。
後は何時から積もり始めるか、かなぁ(笑)。
寒いの嫌いなのですが・・・。





さて、タイトルの買い物です。
越冬水槽が置いてあるのは車庫の中なので、暗いのです。
しかもその車庫、積雪仕様なので、一階は後ろに窓があるだけ。
入口は車庫らしく、シャッターだし。
車庫と言っても農作業所も兼務しているので、
後ろ側の窓の前に、デーンとコメの乾燥機が置いてある。
これにさえぎられて光はほとんど入ってこない。
日中でも電気点けないと作業は出来ない。
まぁ、シッター全部解放すれば十分明るいですが、
この時期そんなことしたら寒くて、居られない。

さば尾を見る時は何時も電気付けて見ることになる訳です。
で、この電気は蛍光灯。
アクリル水槽の照明は普通に観賞魚用のライト置いてるので
こちらは可もなく不可も無い。

FRP水槽は上からしか見れない。
水槽の上に照明用の蛍光灯を吊り下げて見ている。

今回この蛍光管を変えてみることに。
で、買ったのが下。
E01-7498.jpg

フィッシュルクスとビオルクス。
どちらが良いか迷ったので取りあえず比較の為両方購入。
今まで蛍光灯の光だと緋色がオレンジに見える。
これを何とかしたかったというか、
まぁ要するに綺麗に見えたらいいなぁという、
勝手な思い込みです、ハイ(笑)。





ついでに三才以上が入っている水槽用に下も買った。
E01-7499.jpg E01-7501.jpg

流行のLED電球です、しかも奮発して大きいやつ買ってしまった。
と言ってもこれで上の蛍光管一本分程度の電力しか食わないらしい・・・。





二才水槽。
E01-7486.jpg E01-7528.jpg

左が交換前、右が交換後。
魚の緋色が全然違って見えると思います。
最初はあまりの変わりように若干戸惑いましたが、今は慣れた。
結構いい感じに見えると思いませんか。
自己満足(笑)。





三才以上水槽。
E01-7490.jpg E01-7523.jpg

相変わらず魚が混んでると言うツッコミは無しです。
写真だとかなり明るそうに見えると思いますが、実際明るいです。
と言ってもLED電球の光が当たっている所だけ。
当然、水槽中央付近に光が当たるようにしてあるので、
ある程度拡散というか、光は広がります。
実際はお客さんが来た時しか点けてないけど(笑)。
何か勿体無い気がするのは自分が貧乏性だからでしょうか。

そんなに大きな出費でなく、改善出来たので今回は満足。
これから春まで毎日のように眺めていることを思えば
費用対効果は十分だと思う。





もう一つかなりの金額のお買いもの。
E01-7537.jpg

スタットレスタイヤ。
お値段は高いですが冬はこれ無しで車に乗れない。
スタットレスタイヤだけは許す限り良いものを買うことにしてる。
何かあってからでは遅いので・・・。
後はこれを何時車に装着するか。





越冬イケスから。
701-7811.jpg 701-7816.jpg

701-7829.jpg 701-7835.jpg 701-7841.jpg

701-7850.jpg 701-7866.jpg

いつも思いますが、
写真撮るの下手ですみません。
頭から尻尾まできちんと写っている写真載せたこと無い。
雰囲気が伝わればと言う事でご勘弁を。

初雪と二才・三才

2012/11/15 Thu

今日は曇り時々雨って感じ。

ですが、昨夜から今朝にかけて初雪。
今季一番の寒気が降りてくるって天気予報でやってた。
そしたら、昨日の夕方から雷鳴り出すし・・・。
やっぱりって感じ。
当地では雪降ろしと言って雪の降る時に雷が鳴る。
朝まで断続的に雷は続き、夜半から雪も降ってきたし。
道路にだけは積もりませんようにって思いながら就寝。
祈りが届いたらしく道路はシャーベット状の雪のみ。
これ位なら普通タイヤで走れる。

取りあえず今回の寒波は今朝のみらしいので、
週末までタイヤ交換はせずに済む。





で今朝の様子が下の写真。
車庫の前の道路。
E01-7541.jpg E01-7566.jpg

左が昨日、右が今朝。
日中は降っていないので、これ位ならすぐ消えるでしょう・・・多分。





何時もの山。
E01-7585.jpg

なのですが、ガスが掛かって見えません。





雪景色。
E01-7577.jpg E01-7579.jpg

一寸違う場所を写してみた。
初雪としては、妥当な感じ(笑)、積もり過ぎもせず。
紅葉した葉っぱがまだ残っているので、色味的にも綺麗かと。





軽トラ。
E01-7568.jpg

露天駐車の軽トラのフロント。





ブナ林
E01-7556.jpg E01-7587.jpg

左は昨日、右は今朝。
一日で随分葉が散ったのが分かるかと。





野池の土手。
E01-7546.jpg

自分が休みの日に晴れ間が無くて、
ランマ締め出来ずにいたら先日の晴れ間に親父がやってくれた。
既に水が溜まっています。
有難うございました。





越冬イケス。
E01-7552.jpg E01-7554.jpg

去年よりずいぶん数は減らした。
落ちずに春を迎えてもらいたいところ。





イケスの脇のクレソン。
E01-7550.jpg

自分がクレソン好きなので、湧水のある色んなところに植えてある。
ここは家から近いので、欲しい時に採りにこれる。
やっと食べれるサイズに育ってきた。





ここから、さば尾と玉さば。
こいつは上で紹介した、越冬イケスにいるやつら。
701-7714.jpg 701-7710.jpg 701-7718.jpg

701-7761.jpg 701-7771.jpg

701-7790.jpg 701-7792.jpg

上、三匹は二才、下、二匹は三才。

701-8205.jpg 701-8220.jpg 701-8217.jpg 701-8215.jpg

701-8225.jpg 701-8236.jpg

三才の二匹と、二才の中断はさば尾。
二才の上段は玉さば、下段は微妙なところ(笑)。
来年の飼い込みで丸さと肩からの上がりを出したいところ。
そうなれば玉さばで通用する。

三才の上段は体高があるタイプ。
上げた盥の水深が低すぎて直立していられない(笑)。
一番右がブレブレですが、上見の写真。
三才下段は誰が見てもさば尾。
体高の無いこいつでさえ、背びれが水から出ている。

やっぱりさばさば尾は三才になって真価が発揮されると思う。
二才までは中々太くならない(前後に伸びて)。
さば尾は太くなって何ぼだと思うので。

2才と紅葉と

2012/11/12 Mon

今日は曇ってます。
今にも降り出しそうな空してますが、
朝一は少し降ったのですが・・・、とりあえず降ってない。
天気予報だと午後からは晴れのはずですが。


週末も忙しかった。
というか、平日より週末の方が忙しい(笑)。
あいにく晴れ間が続かないので、ランマ締めは出来ませんが、
それでもやること山積み。

取りあえず今シーズン1度目の水替えもしたし・・・。
水替え自体は難しいことなど無いのですが、
水道水を一旦溜めてカルキ抜きしてから使っている自分は
この水道水を溜める手間というか時間がかかる。
結局水槽4本やると半日近くかかってしまう。
今はどの水槽も、水出来てバッチリです。
近いうちに水槽写真はアップします。





今日は近場の紅葉などを紹介。

その前に何時もの我が家の前のブナの林。
R02-0362.jpg E01-7479.jpg

左が昨日、右は数日前。
ここ数日でかなり色づいたのが分かるかと。
昨日も朝一は晴れ間が見えましたが、この後ずっと曇ってた。





何時もの山と、棚田・棚池。
R02-0352.jpg R02-0353.jpg

こちらを見てもらっても大分色付いてきてます。





ついでに我が家にある、銀杏の鉢植え。
R02-0360.jpg

もう落葉寸前かも。





滝の又の紅葉。
G01-4094.jpg G01-4096.jpg

G01-4081.jpg G01-4083.jpg

我が家から、車で20分位。
ダム湖の周りの紅葉。
遊びに来たお客さんと一緒に紅葉見物してきた。
今年は紅葉綺麗じゃないと、言っている人いましたが、
例年以上に綺麗な気がする。
何時もだと赤が少ないのですが、
今年は葉っぱが枯れて赤くなっているような・・・。
気のせいか(笑)。
標高の高い山は既に雪景色。
気温も低かったのですぐ車に引き返しましたけどね。

ここは誰でもが知っているというようなメジャーな場所じゃない。
地元の人だけ知っているというスポット。
売店も無ければトイレも無かったような・・・。
それでも見に来ている車は結構いました。





前回のブログで書いたように、
週末にイケスのつり網にいた2才以上の写真を撮った。
本当は当才の写真も撮る予定だったのですが、
予定狂って撮らなかったし。
暫くは今回撮った写真を紹介します。
横見もとリクエストいただいておりましたが、
水槽セットするのが面倒で盥なので上見だけです。

では、イケスの2才。
701-7726.jpg 701-7733.jpg

701-7740.jpg 701-7753.jpg

701-8043.jpg 701-8065.jpg 701-8071.jpg

701-8092.jpg 701-8095.jpg 701-8100.jpg

野池からあげてから、つり網暮らしをしていたさば尾たち。
つり網外してイケスに全部放した。
来年の春まで元気でいてもらわねば・・・。

秋野菜

2012/11/10 Sat

今は雨ふり。
天気予報だと今日は終日雨らしい。
この時期、田圃や野池の後片付けをやりたいのですが、
雨降りに合羽着てはどうも気が重い。
空の様子見ながらかな。
水槽の水変えもしなければいけませんし・・・。

夏場の癖で今日も五時に目が覚めた。
まぁ当然ながら周囲はまだ夜です。
暗くて何もできない(笑)。
この時期そう寒くもないのと、夏の癖が抜けないので、
この時間に目が覚めますが、
これが何故か雪が降って、朝除雪が必要な頃になると起きれない。
というか寒いので起きるのが嫌なだけか(笑)。
もうすぐ初雪が降ったなどという記事をお届けすることになると思います。





昨日は今採れる収穫物を紹介しましたので、
今日は秋野菜の現状を。
その前に前回紹介した収穫物と秋野菜の違いって何って話。
当然種類が違うとかって話しではなくです(笑)。

自分の言う秋野菜って、
基本夏の野菜が終わってから種を蒔くなり、植えるなりした野菜。
前回の収穫物で紹介したものは春に撒いて、今採れる野菜。
人参は春播きではないですけどね、それからキノコも違うか(笑)。
今日紹介する野菜はお盆過ぎから、9月上旬ころに植えられているはず。

キャベツ
R02-0314 R02-0316

キャベツはこれが三番かな。
植える時期をずらして、収穫時期を変えていく。
一番は稲刈り頃には採っていたかな。
今年は暖かくて、三番でも割れてしまうらしい。




大根
R02-0321 R02-0326 R02-0333

大根も当初暖か過ぎて大きくならないと言ってましたが、
ここに来てようやく太り始めているようです。





野沢菜だと思う。
R02-0320

野沢はもう採って漬けた。
これはあまりかな。





白菜
R02-0323 R02-0325

この畑の葉物全体に言えるけど、白斑病が出てる。
10月中旬までが暖か過ぎた。





ホウレンソウ
R02-0328






R02-0329





アスパラ菜
R02-0331





ブロッコリー
R02-0339





カリフラワー
R02-0344





何時もの二才。
701-7639.jpg 701-7641.jpg

701-7644.jpg 701-7653.jpg

二才の写真のストックもこれで終わり。
週末に何か撮らないと来週以降の写真が無い。

以前も書いたけど、
越冬イケスの二・三才の写真を撮って紹介したいのですが。
週末雨が降らなければ出来ると思う。

秋の収穫物

2012/11/09 Fri

今日は曇り時々雨。
激しくは降らないけど、上がってもくれない。
思い出したように時折降ってくる。

以前も書きましたが、随分日が短くなってきた。
それでも少し前までは6時には外で作業開始できたのですが、
今6時だちと辛い。
薄明るくはなっているけど・・・、まだ暗いみたいな。
天気が悪とい尚更。
時期なのでしょうがないのでしょうが、辛い。
それなのに夏の名残りで目だけは5時過ぎに覚めるし(笑)。





タイトル通り、最近の我が家の収穫物を。
色々有るので駆け足で行きます。
まずは菊芋。
G01-4036 G01-4038

以前これの事をカライモとも紹介しましたが、
当地では菊芋と呼ばれるより、カライモと呼ばれる方が一般的。
ただ、通常カライモってサツマイモの事を言うようですが。
見た目は根ショウガみたいです。
かなり灰汁が強い芋らしくそのままにしておくと、色が悪くなる。
土から掘り上げて洗ったら、暫く水に浸けて灰汁抜きをする。
こうすることで色が悪くならないのだとか。
右は一輪車のバケットに積んである。

味噌漬けにしたり、塩漬けしたものを
甘酢に漬けたものを食べましたが、
菊芋自体の味はないと言ってよいと思う。
カリカリというか、シャキシャキした食感を楽しむ食べ物。
味噌漬けはなかなかうまかったです(笑)。

因みに畝一列で、
一輪車のバケットに積んである量の3倍以上採れたらしい(笑)。
二畝作ったけどこれ以上とっても食べきれないから、
来春まで畑で寝かせておくのだとか。





里芋
G01-4041

田んぼから水を出して、随分水やりをした里芋。
おかげで出来は良かったらしい。





青豆
G01-4046





人参
R02-0273





ピーマンとかぐら南蛮
R02-0275





長ネギ
R02-0278 R02-0268

冬の越冬用には左のように土付きのまま干して。
今食べる分は右のように皮をむいて。

以前ここでも随分混ませて植えていると書きましたが、
やっぱり混み過ぎだったようで、ネギが細い。





椎茸
G01-4060

気温が上がらなくなって大きく成るまで時間がかかる。
その間にナメクジにかじられた(笑)。





ナメコ
G01-4063 G01-4064

R02-0291 R02-0292

上が原木に生えているところ、下は収穫したなめこ。
一本がかなり大きいサイズのなめこが採れた。
これ位大きく成ると肉厚でシャキシャキ感がたまらなく美味い。
味噌汁も良いけど、
シンプルに茹でたナメコに大根おろし掛けて食べると美味いのです。





タカノツメ
R02-0281

一見同じように見える、タカノツメと唐辛子を作ってますが、
タカノツメは唐辛子より数倍辛い。
乾燥させておけば来夏まで使えます。





食用菊
R02-0271

左右で花弁の色が違うのが分かるかと。
色が違っても食べ方は一緒です。





ついでなので菊の花。
R02-0309 R02-0312 R02-0313

これは食用ではありません。
食べようと思えば食べれるのかもしれませんが・・・。





何時もの二才。
701-7583.jpg 701-7594.jpg

701-7617.jpg 701-7622.jpg

赤勝ちですが、中々可愛いかと。
でも多分両方雄かな。
オスだと中々大きく成らないのが辛いところです(笑)。

水が出来た

2012/11/07 Wed

今は雨降り。
今日の天気は忙しい。
朝一は曇りで、その後一寸だけ晴れ間があったと思ったら、
大粒の雨が叩きつけるように降ってきた。
それも暫くで止んで、基本午前中は曇ってた。
それが昼過ぎから雨が降り出して、今に至るって感じ。

夏に晴れが続きすぎたせいか、
秋になったら晴れ間が続かない。
二日続けて晴れが無い。
曇りと晴れが続(苦笑)と後は又雨降り。
そんな天気の周期を繰り返している。
稲架にかけた豆と、ランマで締めなければならない、
野池の土手が待っているのですが・・・。
何時になったら仕事できるでしょう。
夏は雨が降らないと困り、秋は晴れが無いと行って困る。
本当に百姓って天気任せな商売です(笑)。


前回、写真のストックが尽きたと書きました。
昨日と今朝、とりあえず近くのものを撮ってきた。
今日はそれで行きます。





何時もの山
G01-4077

晴れていればもう少し、カラフルに見えるのかもしれませんが、
曇天ではこんなものでしょう。
山の上の方は紅葉進んでいるようです。





棚田・棚池
G01-4074 G01-4079

田んぼはとうに終わっていますが、
野池も水は有っても鯉が入っている池は既にないと思う。
右側の写真、つり網が張ってある池が一枚あるかと。
知り合いの金魚がいるはず。





夏場二才を入れて居た野池。
G01-4070

R02-0284 R02-0285

本当は水を溜めず冬の雪で土手を締めたいのですが、
春水を溜められなくなるので仕方ない。

下の二枚は野池の周りの木が色づき始めたのが分かるかと。
この葉っぱが落ちて来て来年水を腐らせる。





ついでなので、三才以上の入ってた野池。
G01-4071

晴れ間が続かないと、ランマ締めが出来ない。
締めたら水を溜めずに冬の雪に土手を押させる。
来春パイプを立てて、水を溜める。





上が二才以上、下が当才のイケス。
701-7657.jpg G01-4050

701-7692.jpg G01-4054

両方とも左が池上げ直後、右が現在。
色んな方にお買い上げいただき、すっかり数が減った。
後はつり網外して、このままこのイケスで越冬かな。
こいつらには春にもう一仕事してもらわねば。





タイトルの三才以上水槽。
G01-4057

写真だと分かりずらいですが、
キリットしまった透明感のある水になった。
この水が出来れば後は維持するだけ。
水温があるうちは餌も少しは上げられる。

こうなると毎晩、水槽を眺めるのが楽しみになる(笑)。
二才水槽はまだ水が出来上がらない・・・。
当才のアクリル二本はとっくにできてるけどね。
濾材が違うので仕方ありません。





何時もの二才。
701-7599.jpg 701-7600.jpg 701-7597.jpg

701-7552.jpg 701-7555.jpg

701-7607.jpg 701-7613.jpg

最近同じような上見の二才を紹介してます。
実はこいつら横見で楽しもうかと思い、
当才の大サイズ水槽に入れたのですが、混み過ぎであえなく中止。
二才水槽も超過密につき三才以上水槽に入っている。

上の三才以上水槽に写っている、小っちゃいのがこいつら。
サイズはかなり違いますが、負けないように頑張って泳いでますよ。

在庫切れ

2012/11/05 Mon

今は曇り。
天気予報では終日晴れだと言ってましたが、
お昼前位から雲が多くなってきました。

つい此間まで、暑いと言っていたのに
何時の間にか寒いです(笑)。


夏の癖で朝五時過ぎには目が覚めますが、まだ真っ暗。
水見も餌くれも無くなったので、二度寝してます(笑)。
それでも六時過ぎには起きて、明るく成ったら活動開始。
烏骨鶏の餌やったり水槽とイケスのさば尾様子見、
後はキノコ見に行ったりとまぁやることは有る様な無いような・・・。
今までは朝の水見の時にここに載せる写真撮ってた。
それが出かけなくなったもので、写真を撮らない。
ついにストック切れてしまいました(笑)。
小出しにすれば良いのでしょうが、
いつの間にか時期外れになっていたりするので、
撮ったものはサッサと使う。
結果こんなことになる(笑)。


だったら土曜日の品評会の写真載せろってことですが、
カメラ持って行ったのになんと一枚も撮らずに帰って来たし。
写真撮るのすっかり忘れてました(バカ)。
品評会の様子はリンクいただいている、
「古志の玉は静かに暮らしたい」のつよ玉さんのところに
載ると思いますのでそちらをご覧ください。

結果は聞かないでください(涙)。
惨憺たるものでしたとだけ書いときます(笑)。

ただ、今年の品評会は去年より全体的にレベルアップしていた。
正直ちょっとびっくりする位に上がっていた。
これが今年だけなのか、来年以降上がり続けるのかは不明ですが、
上がり続けたとしたらとんでもなくなる、と思う。

出品数も来客数も増えていた。
遠方からわざわざお見えになっている方の多いこと。
しかも遠方から来る方は見るだけじゃなくて、
買うのも楽しみにして来られていたと言う事。
玉さば・さば尾の人気を改めて感じた。
色んな人と話せてとっても楽しい一日でした。
自分のブログを見て、さば尾に興味持って下さっている方は
来年も品評会あると思うので、
ぜひ足を運んでみてください。

写真の無い文章ばかりが長くなってしまった。
申し訳ない。





唯一今朝撮った写真。
E01-7475.jpg

去年の今頃も良く出した、我が家の前のブナ林。
何時の間にか色づいてます。
でも、今年の紅葉は綺麗じゃないらしい。
夏の暑さと、秋の寒暖の差が無かったせいで、
色づきは今一とか。





何時もの二才。
701-7484.jpg 701-7493.jpg

701-7529.jpg 701-7537.jpg

701-7544.jpg 701-7545.jpg

さば尾の写真だけはまだあります(笑)。
横見の写真も載せてと言うリクエストいただいてましたが、
もう少しこのストックがあるので使います。

ストック切れる前に写真撮らねば。
たまには越冬イケスの奴等の写真でも撮ってみようかな。

今日は品評会

2012/11/03 Sat

今は雨ふり。
天気予報だとこの後上がって終日曇り。


今日はリンクいただいている、
「古志の玉は静かに暮したい」のつよ玉さんが主宰する玉さば品評会。
自分も少しだけ出品してきます。
ついでに販売も。

できれば晴れの晴天下が良かったけど、
雨が降らないだけまし。

ガンバってお手伝いしてきたいと思いますよ(笑)。





今日も二才の玉さば貼っておきます。
701-7467.jpg 701-7470.jpg

701-7525.jpg 701-7528.jpg

701-7475.jpg 701-7479.jpg

701-7512.jpg 701-7515.jpg

結果はまた後日。
まぁ、参加することに意義がある程度の仔達を連れていきますので、
大した結果にはならないかな(笑)。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR