今年も有難うございました

2012/12/30 Sun

今日は雨。
天気予報通りです。
明日には霙から雪に変わるらしい。
年末年始はどうやら雪かな。


今年も残すところ後二日となりましたが更新は年内最後です。
一年見に来て下さった方、コメント下さった方有難うございました。
それからいつも読みにげだけでコメントも残さないけど、
遊びに行かせていただいているブログ先の方、有難うございました。
ブログ初めて二年経ちましたが、
飽き性の自分が続けていられるのも見に来て下さる方々と
コメント下さる方がいればこそだと思います。
マイペースで自分のことだけ発信し続けるブログですが、
来年も頑張って続けていく予定ですので、宜しくお願い致します。





今年最後の一匹。
IMG_3226_R.jpg IMG_3155_R.jpg IMG_3154_R.jpg

IMG_3371_R.jpg IMG_3362_R.jpg IMG_3158_R.jpg

IMG_3215_R.jpg IMG_3346_R.jpg

以前こんなのもいると紹介したやつ。
鉢のブーメラン形の緋模様がトレードマーク。


それでは今年も一年お世話になりました。
良いお年をお迎えください。
皆さんに来る年が良い年でありますように。

スポンサーサイト

ランダムに

2012/12/28 Fri

今日も曇り。
昨夜は道路が白く成る位の積雪がありましたが、
朝には上がっていました。
今朝は早朝除雪しないですんだ。
この天気明日までは持つらしく
今晩も雪で明日はまた晴れるとか。
ただ気温は上がらない日中の最高気温で三度位。
もう少し暖かくなってくれると雪も解けるのですが・・・。

取り合えず明日から休み。
また一週間分の屋根から落ちた雪を片付けねば(笑)。





雪が降ってから外の写真が撮れない。
撮っても毎回同じ様なものにしかならないので・・・。
夏場と違って毎朝の水見も無いですし。
何しろ外を出歩かないので撮る機会も無く。
言い訳してます(笑)。

そんな訳で何時ものさば尾たちです。
何度も紹介したものもいれば初出しもいるかと。
702-3032.jpg 702-1140.jpg

702-1199.jpg 702-1924.jpg

702-1876.jpg

702-1170.jpg

702-1192.jpg

702-1734.jpg

702-2470.jpg

702-2544.jpg 702-2546.jpg 702-1251.jpg

一番上は昨日尻周りの感じが好きと言って紹介した奴。
今日は上見で。

今日はあっさり以上です。

好きなアングル

2012/12/27 Thu

今日は曇り。
時折陽が差したり雪がチラついたりしていますが、
天気予報だと終日雪の予定だったので、とってもラッキー。
これからの時期雪が降らないだけで得した気分。

夏は雨が降らないと騒ぎ立て、
秋から冬は雨続きだ、毎日雪が降ると騒ぎ立てる。
百姓は天気に我儘です(笑)。





今日はサラッと行きます。

以前も書きましたが自分金魚が餌を食べ終え、
頭を下に向け潜って行く後姿が好きなんですねぇ。
正確には後姿というより、尻周りの模様なのですけど、
これが綺麗というか好みの模様だと良い訳で。
上見好きなのですがマニアな部分もありまして・・・(笑)。

下は好きな感じ。
702-3044.jpg





これだと模様的にいまいち。
702-3021.jpg





お気に入りを三匹。
702-1412.jpg 702-1421.jpg

702-1881.jpg 702-1372.jpg 702-2871.jpg

702-1703.jpg 702-1698.jpg 702-1699.jpg

上はさば尾の雌親なのですが背鰭が無いかと。
夏場の野池で獣にやられたらしく、付け根から欠損した。
鰭部分だけなら再生するのでしょうが、根元からだと無理。
売りものじゃないのでこれでも良い。
底に居て滅多に浮いてきませんが、中々迫力ある個体です。

雪の様子

2012/12/26 Wed

今日も雪です。
朝から止まずに降り続いていますが、そんなに積もるほどではない。
時折風が強く吹いて窓の外の雪は横殴り状態。
その風のせいで気温も上がらず寒い一日。
それでも天気予報だと今日は暴風雪だったのですがそれほど酷くはない。
風のせいで今朝の積雪もそんなに無かったし。
ただ、風のせいでロータリーで飛ばした雪が舞って大変でしたが。





今日は週末に撮ったの積雪の様子です。
今は月曜からの雪のせいでもう少しあるけど。

嫁会えず何時もの山。
E01-7705.jpg

もう墨絵の世界です。
それでも曇りの日に撮ったので、木は黒い。
雪の降っている時だともっと真っ白です。





棚田・棚池。
E01-7703.jpg E01-7685.jpg

同じ所を撮ってますが、若干角度が違う。
左側の写真の左下側にまだ地面が見えているところがあるかと。
ここは湧水が出ているところ。
もう少し降ったらこれも隠れてしまう。





我がの車庫。
E01-7680.jpg

当地に多い丸車庫という造り。
これだと屋根の雪堀しなくて良いのでこの形が多い。
作業所としては本当は向かない形ですが、雪堀したくないので仕方ない(笑)。
両側同じように雪で覆われてます。
自分が雪室と呼ぶ所以。
こうなってしまうと春までほとんど気温は変わらない。
ずっと低いままです(笑)。





車庫の前の道。
E01-7679.jpg

この前切り倒された杉の木は後日業者が撤去してくれました。
まぁ、幹だけで葉っぱは大分置いてったようなので、
春になったら大変かも。





幹線道路。
E01-7687.jpg E01-7691.jpg

これでも立派な幹線道路なのです。
この時で切々120~30センチくらいかと。





道路脇のポール。
E01-7689.jpg

もう少ししたら見えなくなります。





お気に入りを三匹。
何度も紹介していする奴ばかりなので
見覚えがある方も居るかと。
702-1523.jpg 702-1987.jpg 702-1882.jpg

702-2856.jpg 702-2855.jpg 702-2844.jpg

702-2847.jpg 702-2846.jpg 702-2746.jpg

上下はさば尾、中段は玉さばで良いと思う。

中段の奴は模様は良くないし、背びれの始まり部分を怪我して欠いてる。
でも形が面白いので残してある、超がつくほど真ん丸です。
(福だるま形の丸さとは違うけどネ)
小さそうに見えるかもしれませんが、実はそんなに小さくない。
とは言え我が家の三才平均サイズよりは下ですが。
来年の子取りは一腹、遊ぼうと思っているのでそこに入れてみる予定。

除雪

2012/12/24 Mon

今日も雪です。
しかも天気予報通り大雪です。
日中で大雪という場合は朝からで30センチ以上かな。
因みに夜間で大雪だと50センチ以上って感じです。
今晩はそれくらい行きそうです(笑)。





週末は屋根から落ちた雪片付けをしますと書きますが、
今日は土曜日にやったその屋根からの雪片付けの様子を紹介。
といっても先週はそんなに降らなかったので
落ちている雪はいつもの半分程度です。

まずは下が屋根から落ちた雪。
CIMG7663_R.jpg

真っ白で陰影がないので分かりずらいですが、
これでも180センチくらい積っています。





ロータリーで飛ばした後。
CIMG7665_R.jpg

端の方から作業スペースを作っていきます。
今回はロータリーだけで端は飛ばせるので楽。
端までもっと積ったらスノーダンプで崩しながら
作業スペースを作っていきます。





スノーダンプとの比較。
CIMG7668_R.jpg CIMG7672_R.jpg

このスノーダンプで多分120センチくらいあるのかな。
今回は雪が締まっていないので、アルミのスノーダンプでOK。
前回は鉄でも刺さらないくらいでしたが・・・。
アルミと鉄だと重さがずいぶん違うのでアルミで作業ができると楽。





雪山をスノーダンプで崩したところ。
CIMG7674_R.jpg

上のような感じで崩した雪をロータリーで飛ばしてを繰り返していきます。
作業スペースというのはこの雪を崩しておける場所のこと。

こんな風にせずに二段掘りとかの方法もあるのですが、
二段掘りで亀になったことが何度かあるので止めました(笑)。





終了。
CIMG7676_R.jpg CIMG7677_R.jpg

今回は一時間ほどで終了。
又機会があったらもう少し多い雪と格闘している場面でも。

工作 その後

2012/12/21 Fri

今日は曇り。
火曜から降り始めた雪も昨晩で終わり。
一時の止み間。
また、明日の日中は雨でその後雪だとか・・・。
年末までにどれくらい積もるでしょうか。

天気予報で本格的な冬の寒さが、とかって表現を最近聞きますが、
今って本格的な冬ではないのですかね。


さて今日は冬至。
一年で一番日中の短い日。
てことは明日からだんだん陽が長くなる訳で。
嬉しい限りです(笑)。
朝 除雪のために起きた時に暗いと明るいでは気分が違う。
やっぱり同じことをするでも明るい方が何となく良い。
と言っても雪が降っていると日中でも暗いですけどね・・・。
朝の明るさを実感できるのは二月の中旬くらいからかな。
暗くとも頑張って除雪しますけどね。
今朝も六時前からしましたし。





で、タイトルの工作後なのですが・・・。
これが効果アリアリで作った本人も一寸びっくりしてます(笑)。
蓋を作る前は親水槽で10度切る位、二才水槽で12度位だったものが、
今朝で親水槽、13度、二才水槽で16度ある。
最近は雪が降って日中の気温も上がっていなかったので
外気温につられて上がったものではないと言える。
それでこの数字はかなり満足のいく数字。
ただ、ヒーター入れた訳ではなく水中ポンプの熱量だけで
温めているので水温は一気に上がらず徐々にって感じです。
昨日と今日で同水温なのでこの水温で安定とみてます。
とは言え、これからの厳冬期にどうなるのかと、
水替えした後にどれくらいまで復活するか引き続き観察です。
まぁ明日からの連休中には水替えしますので、
それは確認できます。

それにしても発泡スチロールとプチプチ巻いて、
ビラダンで蓋作っただけで随分違う。
去年の親水槽が最低で6度だったことを思えば倍以上ある。
まぁ2月くらいになればもっと下がると思うけど。
親と二才水槽の水温差は多分水槽の大きさの違いかと思う。
後は親水槽はシャッターの入り口付近だし、
二才水槽は車庫の奥にあるとかも原因の一つかもしれない・・・。
それから親水槽の発泡スチロールはネズミにかじられた後が無数にあるとか(笑)。

ただ、二才水槽は騒がしくなった(笑)。
人みれば餌くれダンスする。
親水槽も餌をねだりますが二才ほどじゃない。
まぁ、これ位水温有ればさば尾ならやろうと思えば毎日餌やれる。
さすがに水替えと濾過槽洗いがついて行かないので、やりませんが・・・。
様子見ながら与えていきます。
(車庫に水道あれば絶対毎日餌やりますけどね)





今日は親水槽にいる二才。
こいつら二才の中じゃ小さい方なのですが、
自分のせいで親達と同居。
親に負けじと餌食ってますよ。
702-0468.jpg 702-1148.jpg

702-1151.jpg 702-0058.jpg

702-2484.jpg

702-1712.jpg

702-2829.jpg

上三匹はデカくなる予定(笑)。
下二匹は雄っぽいかな。


連休中に写真撮らねば・・・。

カナ

2012/12/19 Wed

今日は雪。
強く降る訳でも無くかと言って止むでも無く
面倒くさそうにチラチラ降ってます。

昨日夕方に雨から雪に変わって今朝までに我が家で20センチ位。
これ位なら除雪せずとも車を動かすことは出来ますが、
その後ドカッと降られると次が大変なので、
結局こまめに除雪するのが一番と言う事になってしまう。
そんな訳で二日酔いの今朝も、早朝除雪しましたよ。
超気持ち悪かったけど・・・。





タイトルの「カナ」ですが、雄又は雄親の事を言う。
錦鯉業界の呼び方。

自分金魚業界に詳しくないので、
この呼び方を金魚にも使うのか分からないですが、
少なくとも自分の金魚関係の知り合いの方は使わない、かな。
金魚の書籍やブログでもそう言えば聞きません。

雄をカナと呼びますが、雌をメナとは呼びません。
雌は普通にメスです。
カナという呼び方がどこから来たものなのかも分かりませんが、
子供の頃から使っていたので、金魚の事も雄はカナって呼んでしまう。





そんな「カナ」の写真です。
702-1175.jpg k01-2296.jpg

ピンボケですがご勘弁を。
以前、落としたと思っていた雄が生きていたと紹介した奴。
普段濾過槽の下や物陰に隠れて中々浮いてこない。
浮餌さにも反応せずひたすら沈みが落ちてくるの待っている。
飼い主の自分も滅多に水槽で見ないという変な奴なのです。





今回下の写真が撮れたので載せてみる。
702-2058.jpg 702-2059.jpg 702-2061.jpg

702-2063.jpg 702-2065.jpg 702-2066.jpg

泳いでる感があって面白いかと思い、
同じような写真ですが並べてみました。

工作

2012/12/17 Mon

今日は曇り。
朝一時青空が見えましたが、その後は曇っている。
天気予報だと夜には雨、その後雪。
折角消えた雪また積もらないで欲しいのですが・・・。
(全部消えたわけじゃないですけど)


週末は先週降った雪の片づけ。
我が家の屋根は自然落下ですが、
自然と言う事は同じところにしか落ちない。
落ちた雪が山になってますので、
これを崩しながらロータリーで飛ばす。
書けば簡単ですが自分でやるのは大変(笑)。
しかも一度に降ってその後温度も上がったりで雪の締まっていること。
鉄のスノーダンプでも刺さらないほど・・・。
苦労してロータリーで飛ばしましたよ。

久しぶりの肉体労働でかなり疲れましたが・・・。
取りあえず今季初作業。
来春まで何回同じ作業するでしょうか・・・(笑)。





週末除雪作業以外にしたことが、今日のテーマ。
工作なのですが、何の事は無い水槽の蓋を自作してみました。

その前に、
以前水槽自体を発砲スチロールとプチプチで保温作業したと書きました
結構効果があったようで去年より水温が下がらない気がする。
気を良くしてまだ余っていたプチプチを二重にして
濾過槽を巻いてみたら水温が上がった(と言っても一度位なのですが)。

濾過槽にプチプチ巻くだけで効果があるなら、
水槽の上部はもっと効果があるでしょうと言う事で
保温対策用の蓋を作ってみることにした訳です。

水槽の上部は板で端を囲って、真ん中は鑑賞スペース。
鑑賞スペースは普段はすだれで覆ってあるだけ。
上から水温は逃げ放題になってる。


今回はちょっと手間をかけて蓋を自作。
枠は木材、蓋は養生用のブラダンで今回は作った。

ネタが無い時期なので今回はそれを紹介。
まずは濾過槽を巻いたプチプチ。
E01-7641.jpg E01-7644.jpg

もう作った蓋も写っていますが・・・。
プチプチを透明のガムテープで貼って、紐で縛っただけ。





出来た蓋が下。
E01-7634.jpg E01-7647.jpg

水槽の周りの余計なものを写したくないので、
苦しいアングルかも(笑)。
開いているところが鑑賞スペース。





蓋を閉めきったところ。
E01-7636.jpg E01-7639.jpg

左が親水槽、右が二才水槽。
始めは透明のブラダンで作ろうかとも考えたのですが、
金魚的には透明じゃない方が落ち着くかと思いこの色にした。





完成後の水槽の様子。
E01-7654.jpg E01-7656.jpg

この写真じゃ以前との違い分かりません(笑)。

土曜の午後に作った。
親水槽は特に面倒も無く今までの木枠と交換しただけ。
二才水槽は外部濾過のホースが邪魔。
土曜は時間切れでそのまま上に被せただけ。
日曜に外部濾過の設置場所をずらしてホースを移動。

今朝の段階で土曜より水温あがってる。
ただ、土曜から外気温自体も上がっているので
今のところ純粋な比較にはならず。
次に雪が降った時にどこまで下がるかかな。

水温あがると金魚が動くので
すべてが良い点だけではないですが、
低水温のリスクよりは許せる。





最後はお気に入りを一匹。
702-2408.jpg 702-1750.jpg

702-1746.jpg 702-2794.jpg

以前も紹介したのですが、また。
白地の多いスッキリした模様が好きなもので。

やっと止んだ

2012/12/14 Fri

今日は朝から晴れてます。
快晴とまでは行きませんが、青空が見えるので気分が良い。

先週末から降り始めた雪、やっと昨日止んだ。
気温は水曜位から徐々に上がり始めていましたが、
降りやんだのは昨日の午前中。
このまま降ったら積雪二メートル行くかもとか、
思う位でしたが暖気したせいで雪の嵩はかなり減りました。
代わりに雪は締まったし重くなりましたが・・・。

明日からの週末は降り積もった家の周りの雪片付けです。
我が家の周りは多分今で150センチ位だと思う。
車で少し走って長岡まで行けば雪が無くて別世界ですけどね。


昨日は雪が降らなかったおかげで久しぶりに今朝はゆっくりできた。
起きる時間は早朝除雪すると時と変わりませんが、気分が違う。
それから起きてすぐ火の気のない部屋で着替えをしなくて良い訳で、
これが一番違うかも(笑)。
除雪始めればすぐ体は温まるのですけど・・・。





今朝の玄関脇の積雪。
G01-4114.jpg

7時前なので暗いですが、ご勘弁を。
スコップの長さが1m位かな。





車庫の前の道路。
G01-4116.jpg G01-4118.jpg

月曜日に紹介した道路と電柱です。
昨日朝までは圧雪に覆われていた道路も、
昨日の晴れ間で除雪が進みアスファルトが久しぶりに覗いてます。





雪の被害。
G01-4121.jpg

上の車庫の前の道をほんの20メートルも進んだところ。
雪で折れたものもありますが、基本は折れたわけではない。
雪の重みで電線に被さった木を業者の方が切ったもの。

ところでこの杉の木片付けてもらえるのでしょうねぇ。
このままだと次に寒波が来た時に今度は除雪の邪魔になるのですが・・・。





話は変わりますが、
二才水槽の水も良い感じになってきました。
G01-4124.jpg G01-4128.jpg

少し前までは白濁りが混じっていたのが、
親水槽同様透明度上がってきた。
もう少しすればキリット締まった自分の好きな水になる。

ところで上の写真、二本のサンクションホースが写っているかと。
茶色に汚れている方は水中ポンプから上部濾過に水を送っているホース。
もう一本は外部濾過に水を吸いこんでいるホース。
両方同じ時期から使い始めて、使用期間は同じはずなのに、
何でこんなに汚れ方が違うのでしょう。





お気に入りたち。
702-2666.jpg 702-2469.jpg 702-2330.jpg

702-2298.jpg 702-2795.jpg 702-2756.jpg

今日は一匹集中じゃなく、いろんな奴を。
下段右は自分にしては珍しい素赤系。
親水槽に二匹だけ入っている。

ところで上段と下段の各三匹の違い分かりますか。





おまけ
702-2679.jpg

頭に他魚のひれが掛かって良く写っていませが、こんなのもいる。
何時も物陰に隠れていて、写真撮る時出て来てくれない。
餌の時は別ですけどね(笑)。
いずれ紹介したいと思っているのですけど、中々写真撮れない。
何時かゆっくりと・・・。

水感

2012/12/11 Tue

今日も雪です。
午前中は大降りでしたが、午後からは止み間も出てきました。
このまま雪上がって欲しいのですが・・・。

昨日の夕方から降り出した雪は今朝まで降り続け、
我が家で7~80センチ積もりました。
それまでに降った分を入れて1.5m位かな。
12月の10日頃としては異例の大雪です。
しかし、今年の天気は夏の日照りと言い、
この時期の大雪と言い何の罰なのでしょう(笑)。
新雪なので少し暖気して来れば嵩はかなり減るとは思いますが・・・。





まずは昨日に引き続き我が家の前のブナ林。
E01-7631.jpg

毎度同じで申し訳ない。
昨日は見えてたブッシュが殆ど見えなくなっているかと。
墨絵の世界です。
電線が邪魔ですが・・・。





昨日が長かったので今日はシンプルに行きます。
以前、水槽の水が良い感じですとお伝えした続編です。
702-2040.jpg 702-2042.jpg

702-2044.jpg 702-2047.jpg

ストロボ焚かずに感度上げて撮ってます。
水の揺らぎみたいなものを見て貰えればと。

やっと気に入った水に成ったと思ったのに、
雪のせいで寒すぎで車庫に長居出来なくなった(笑)。





最後はお気に入りの一匹。
702-2118.jpg 702-2127.jpg 702-2109.jpg

702-2133.jpg 702-2137.jpg

上見向きのスッキリした自分好みの模様。
ただ、中々大きく成らないのが偶に傷なのですが。

大雪です

2012/12/10 Mon

今日は曇り時々雪。
時折強く降りますが、止んでる時間もある。
予報だと終日雪降りだったので、それよりは良い。
昨日は朝からずっと降りっぱなしだったのでそれを思えば・・・。
それでも明日まではこの雪が続くと天気予報言ってます。

まぁ昨日が大雪だったので辺りはもう真冬の様相を呈しましたけど。
これだけ降るともう消えないと思われる。
12月10日で根雪は早いと思うのですが・・・。
このままだと今シーズンも大雪確定という感じです、困ったことに。





取りあえず我が家の前のブナの木と何時もの山。
E01-7623.jpg E01-7628.jpg

朝は昨夜からの雪が降っていたのです。
何とか止み間をぬって撮った写真。
真冬の景色になってしまった。





土曜と日曜の様子を並べてみました。
R01-0602.jpg 702-1799.jpg

我が家の越冬水槽が置いてある車庫の前。
左が土曜の朝、除雪作業する前に撮った写真。
右は日曜の朝、除雪作業後の写真、ゴミみたいに写っているのは雪です。
カメラが濡れるのが嫌なので車庫の中から、そのせいで角度が違うけど場所は同じところ。
因みに手前の窪みは自分が除雪機で雪飛ばした後、
奥の二本の窪みは車の轍です。





車庫の向かい側。
702-1800.jpg 702-1796.jpg

左の写真、よく見ると車の轍が分かるかと。





ついでに同じ電柱。
R01-0603.jpg R01-0640.jpg

右の写真の足跡は、自分が車庫に歩いてきた後。





軽トラ止めてあった後。
R01-0606.jpg

土曜日の朝の写真。





日曜日に雪が降るとは言われていたけど、
前日も雨だったし12月もまだ上旬だしで、
自分これほど積もるとは思っていなかったのです・・・。
というか、思いたくなかったという方が正しいか(笑)。

そんな訳で次のブログのネタにと用意していたのが下の二枚の写真。
R01-0607.jpg

R01-0600.jpg

上はロータリー除雪機のオーガ部分。
昨シーズン雪が刃に張り付いてとっても作業効率が悪かった。
シーズン入る前に再塗装してもらったのです。
土曜から今朝まで何度も使いましたが、快適です(笑)。

下は除雪作業時に使う、手袋。
これ使い始めて何シーズンになるだろう、
地震後からなので8シーズンかな。
ウエットスース素材で作られている手袋です。
濡れるのですが冷たくならない。
ただ手のひら側の加工が摩擦に弱いらしくすぐボロボロになりますが・・・。
一シーズンにこれを二束使う。
色々使ってみますが、今のところ自分的にはこれが良い。
シーズン途中で品切れするので、始まる前に二束買っておきます。





土曜日の水替えの様子。
長くなって来たので、駆け足で行きます。
R01-0627.jpg R01-0634.jpg

R01-0620.jpg R01-0616.jpg

各水槽の水を抜きながら、足し水用の水槽に水を溜めます。
上は水を抜いた各水槽。





足し水を溜めているところ。
R01-0613.jpg

以前は前日に水ためて爆気して塩素抜いてから足すという、
手間をかけていましたが、水槽増やしたのでそんなことしてられません。
水が溜まったらハイポ融かして、即水足します。
四本みんなで、700~800位使うかな。
上が250水槽。





下が水替え終了後。
702-2821.jpg 

702-2223.jpg 

702-2258.jpg 702-1842.jpg

水槽のガラスが汚れてると言う突込みは無しで(笑)。
綺麗にしているつもりなのですが、写真だと汚れてますねぇ。
水温計は150のアクリル水槽、3.5度位。
この温度になるとさすがに底で寝出すやつがいます。
浮かないようなら大丈夫でしょう(笑)。
当然浮くやつも出てきます。





いきなりですが、唐辛子。
R0010590.jpg R0010591.jpg

雪が降る前に採って来たらしく、ストーブの前に干されてました。
横に有る少し大きめの奴はシシトウ。
今シーズンシシトウの畑の中に一本唐辛子が混じった。
おかげでシシトウが辛くて食えない(笑)。
全部が辛くなる訳ではないのですが、確率2か3分の一位。
さすがに二本に一本辛いと誰も食わない。
しかも唐辛子より何故か辛いのです。





塩抜き中。
R0010596.jpg

夏から秋にかけて色んな野菜を塩漬けしておきます。
それを塩抜きして、酒粕に漬ける。
粕漬けは温度が高いとダメらしく、雪が降る頃の作業になる。
因みにキュウリ・かぐら南蛮・ハヤト瓜・糸瓜・菊芋あたりが見えますが、
ナスやミョウガも沈んでいるはず。
正月すぎ頃には食べれるようななるのでは。





おまけで、二才。
K01-2238.jpg K01-2235.jpg

K01-2233.jpg K01-2231.jpg

K01-2234.jpg K01-2171.jpg

K01-2170.jpg

色んなタイプを取り混ぜてみました。

まだあった

2012/12/07 Fri

今は雪。
降り始めの時期らしく、湿った重そうな雪が降ってます。
昼前から雨が降り出し、霙になり雪って順番。
既に道路にはシャーベット状に積もりだしましたが、
夜までに本格的に積もるでしょうか。

昨日は大荒れの天気だった新潟。
兎も角風が強かったのです。
台風並みの風と天気予報で言ってましたが、
あながちはずれじゃなかった。
イヤ、凄い風でした。
場所によっては停電等の被害も出たみたいですし。

風は昼過ぎには止み、その後は雨降りだった。
自宅付近も雨だと思っていたら・・・、さすが山そんなに甘くなかった。

町場はずっと雨。
途中からはそれが霙に変わって、
山に登り始めたら道路にはシャーベット状に積もり始めてる。
家に近づくにつれ、シャーベットがだんだん白くなってついには積もってる。
我が家付近は5センチ位の積雪でした。

一旦は止んだようですが、
夜半から降り始め今朝はついに除雪車出動。
主要道は今シーズン二度目ですが、我が家の前は初出動。

朝っぱらから除雪車の音で目が覚め。
かなり積もったかと嫌々外を確かめるとまだ10センチ位の雪。
取りあえず車庫からは車田せるので、
今朝はまだ除雪せず二度寝しましたけどね。

この降りだと明日の朝は我が家の初除雪機出動かな。





今日の写真は越冬イケスの二・三才。
イケス組の写真撮った分は全部紹介したと思ってたらまだあった。

撮影終盤の写真なので水も汚れ気味ですが、
折角撮った分なので全部紹介しようかと・・・。
これで本当に最後です(笑)。
701-8292.jpg 701-8305.jpg 701-8307.jpg

701-8314.jpg 701-8317.jpg

701-8371.jpg 701-8373.jpg 701-8385.jpg

701-8397.jpg 701-8401.jpg

701-8427.jpg 701-8430.jpg 701-8434.jpg

701-8437.jpg 701-8443.jpg 701-8452.jpg

701-8458.jpg 701-8467.jpg

一軍と比べなければそれなりに見れる魚ではないかと。
こんな感じの大模様の奴らは、
余り狂うことが無いので安心して大きくできる。
大きくして迫力付けることで結構見れる魚になると思う。


個人的に、玉さばは二才でも良いけど、
さば尾はやっぱり三才になってからが良いと思う。
玉さばも出来れば三才だけどね。
そこまで飼って置く場所が問題なのですが・・・。

二才をランダムに

2012/12/05 Wed

今日は朝から雨降り。
止んだかと思えば降って来るを繰り返してる。

折角土曜日に降った雪も昨日までで消えたと思ったのに、昨夜はまた雪。
積雪は5センチ程度でしたが、雪が積もると風が冷たい。

我が家の水槽が置いてある車庫の中も当然寒い。
水槽の水温も徐々に下がってきました。
それでもFRP水槽は先日の発泡スチロールを巻いた効果か、
10度以上をキープしていますが、アクリル水槽は今朝で6度。
それでも電気付ければ餌をねだって水面に浮いてきます。
飼い主に似て食い意地張ってます(笑)。

天気予報だと明日まで雨、週末から来週にかけてはずっと雪マークが付いた。
まだ根雪には早いと思うのですが・・・。
車庫の周りを雪が覆うようになれば更に水温下がるし。
取りあえず、今頃からは落とさないことを目標に
水温が上がる春先まで越冬していく。





ついに写真のネタ切れです(笑)。
雪が降ってくると採る対象そのものが見えなくなる。
かと言って雪が積もりましたと書いて、
それ以前の写真を載せるのもどうかと思うし。
まぁ、それで雪降り前の写真を大量にアップしたのですけど。

という訳で今日は二才水槽から。
K01-2168.jpg K01-2239.jpg

K01-2212.jpg K01-2226.jpg

K01-2230.jpg

K01-2169.jpg

もう一本のFRP水槽に比べると透明度が落ちます。
(上から二匹目のみ別水槽)
似たような模様の奴を集めてみましたが、微妙に違うかと(笑)。

雪が積もった

2012/12/03 Mon

今日は朝から快晴。
気温は上がりませんが、気持ちの良い晴れ。
毎日こんな天気だと助かるのですが。

月も変わり12月、今年もあと一か月。
結局いつもの年と変わらないまま、一年が過ぎていきそう・・・。


月が変わった一日・土曜日は朝から雪。
途中強く降る場面もあったりで、昼頃には道路も薄っすら白く成り始め。
夕方までには完全に積もった、積雪10センチ位かな。
降ってる途中の写真も撮ったのですが、使い物にならないので、ボツ。





まずは何時もの我が家の前のブナの木。
E01-7619.jpg E01-7611.jpg

左が日曜朝、右は金曜日の朝。
これ位の雪だとまだ、雪化粧で綺麗でしょうとか言える。





何時もの山。
E01-7622.jpg





ついでにもう一枚。
702-1601.jpg

山の雪景色。
ここからの写真は日曜の夕方に取っているので暗い。





田圃。
702-1589.jpg 702-1631.jpg

これでも日曜の日中で大分溶けているのです。
朝一だともっと真っ白だった。





睡蓮鉢。
702-1626.jpg 

夏の間楽しませてくれた睡蓮ですが、
今は野池の中。
春までここで越冬してもらいます。





畑。
702-1658.jpg 702-1594.jpg

雪が多くて、何が何だか分からないかも。
左は大根や白菜野沢菜などの菜っ葉類が植えてあった。
右はブロッコリーとカリフラワー。
ブロッコリーはまだ未収穫のままのものが有ったらしく、
採りに歩いた足跡がありますねぇ(笑)。





食用菊の花。
702-1613.jpg

黄色の菊の花なのですが、霜にやられて茶色くなってます。
取り切れない花は勿体ないですが・・・。





三才以上水槽から五匹。
702-1174.jpg 702-1485.jpg

上の二匹は両方とも雄。

左は以前も一寸紹介した、鷺にやられて落ちたと思っていた奴。
ブログ村のプロフもこいつ。
まず浮いてこないので、水槽の中では全く目立たない。
しかも上見だと赤ばっかりだし(笑)。

右も何度か登場はしているはず。
写真では分かりずらいですが、こいつの尾ビレと腹ビレは凄い。
長い尻尾振って泳いでいるので、水槽では目立つ。

この二匹の共通点は緋色です。
前回も紹介した血の赤の様な緋色をしてます。
体型は全く違いますけどね。
この緋色で良い柄のものがなかなか出ない。
この二匹はその中でも親に使える。
この色の仔が多く採れると面白いと思っているのですけど、
そう簡単には行きませんねぇ(笑)。






702-1165.jpg 702-1176.jpg 702-1198.jpg

この三匹は多分雌。
左右が四才で、中央は三才。
左と中央は似たような柄、白地が逆だけど。
共通点は体型、上見だと同じ様な感じかと・・・。
大きさは実はかなり違うのですけどね。
昔ながらの玉さばらしい、体型。

以外にデカくなるし転覆もしないので、飼っていて楽しい。
後は模様をどう付けて行くか、かな。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR