たまには当才

2013/03/29 Fri

午前中は小雨が降ってましたが、午後からは曇り。
気温が上がらず肌寒い一日です。
昨日がとっても暖かい日だったので落差が激しい。
皆様も風邪などひかれませんように。





久しぶりに当才水槽の様子を。
と言っても撮ったのは暫く前なのですけどね。
水は完璧、さば尾の調子もすこぶる良い。
150センチ水槽。
C01-0155.jpg C01-0152.jpg

120センチ水槽。
C01-0162.jpg C01-0159.jpg

最近の気温につられて当才水槽の水温も徐々に上昇。
ただ、むき出しで水槽の周りを保温材で覆う等の処理をしていないので、
外気温が高い日とひくい日で水温にも結構差がある。
我が家の金魚たちは普段から水温差が出ることに慣らされているせいか
特に調子を崩すことも無く過ごしてくれています。
もうすぐ水温が10度以上をキープするようになるので、
餌を週一から週二位に増やそうかと思案中。

去年よりも各個体が大きいので、
無茶な餌やりすると水質崩してしまいそうなので、
今シーズンの春は水槽でデカくするのは止めようかと・・・。
気が付いたら毎日餌やっているかも(笑)。





今日の一匹。
703-1774.jpg 703-1779.jpg 703-1777.jpg

703-1791.jpg 703-1787.jpg 703-1806.jpg

703-1802.jpg 703-1797.jpg

こいつも雄っぽいかな。
雌でデカくなってくれれば言うこと無しです。
スポンサーサイト

色々詰め込んで

2013/03/27 Wed

今日は曇り。
天気予報だと晴れると言ってましたが、
終日曇ったままです。
昨日は雪が舞いましたのでそれを思えば上出来です。





今日はタイトル通り写真を詰め込んでいきます。
まずは今朝の様子、霜柱。
R01-0746.jpg R01-0742.jpg

昨夜は晴れて放射冷却。
今朝の気温はグンと下がった。
雪が消えて土が見え始めたところはどこも霜で真っ白。





昨日の朝。
R01-0738.jpg R01-0740.jpg

昨日は最初に書いた通り、雪が舞った。
道路に積もるほどではありませんでしたが、
杉の木はご覧の通り雪化粧です。
右はその杉の木の根本。
雪が消えて土が見えていたのですが此処も真っ白。





何時もの車庫前の道。
R01-0687.jpg

何とかここで春らしい写真でもと思って探してみました。
撮れたのが下。





木の芽。
C01-0428.jpg R01-0691.jpg

左から右の間一週間。
一週間で大分成長しているのが見えるかと。





スミレ。
R01-0697.jpg R01-0694.jpg

これは同じ日の違う株。
カタクリにはまだ早い・・・。





夏坊主の花。
C01-0504.jpg

野外では野生の花がこれ以上無理なので、
玄関に置いてある植木鉢の夏坊主の花。





越冬イケスとその前の田圃の様子。
3月17日
E01-7945.jpg E01-7947.jpg

3月20日
C01-0447.jpg C01-0441.jpg

3月24日
R01-0714.jpg R01-0710.jpg

一週間で大分雪が解けているのが分かるでしょうか。
イケスの前の雪が無くなっているし、
田んぼの面積も随分と広がってきているのですが・・・。





これも雪の様子。
E01-7965.jpg C01-0434.jpg R01-0736.jpg

車庫前の道の反対側。
左から17日・20日・24日です。
暖かいと一週間で驚くほど雪消えます。





ふきのとう。
C01-0487.jpg





越冬イケスの金魚。
R01-0727.jpg R01-0721.jpg

こいつらの様子は変わり映えしませんが、
折角イケスの様子を出したので(笑)。
順調というか元気にしてます。
イケスにかけてある簾を開けると餌を貰えることを覚えたので、
簾が開いて明るく成ると餌を求めて浮いて来る。

それにしても秋に比べて随分減った。
ドブネズミにかなりやられたみたいです。





何時もの棚田・棚池。
C01-0532.jpg

この写真見るとまだ雪が随分ある様に見えると思いますが、
実際にまだかなりあります(笑)。
それでも写真の右下と左上の野池の水が見え始めている。





おまけ。
703-1749.jpg 703-1747.jpg 703-1765.jpg

703-1764.jpg 703-1760.jpg 703-1770.jpg

今日の一匹じゃない、ただのおまけです(笑)。
撮影用の水槽に入れたら、撮られるのを拒むがごとく暴れる。
こいつの写真は結局断念。
そんな訳でおまけにしかならない(笑)。
元の水槽に戻したらケロッとして普通に泳いでますけどね。

玉さば

2013/03/24 Sun

今は晴れてます。
天気予報だと今日は終日降らない。





早起きしたので、お気に入りの写真だけアップ。
玉さば、二才。
703-1704.jpg 703-1701.jpg 703-1689.jpg

703-1685.jpg 703-1683.jpg 703-1680.jpg

703-1741.jpg 703-1730.jpg 703-1732.jpg

703-1727.jpg 703-1723.jpg

見る角度によって色んな表情を見せてくれる金魚。
上見でも横見でもいける。
こんな感じの柄は好き嫌いが分かれるかもしれませんが、
個人的には有りだと思う。
こんなのばっかりだったらつまんないけど・・・(笑)。

やられた

2013/03/22 Fri

今日は晴れ。
朝から日差しが有り良い天気です。

今日はこんなに晴れてますが、昨日は終日小雪が舞ってた。
しかも朝は少しだけど雪積もっていたし(笑)。
と言っても道路とかではなく、
外駐車の車の上や積もった雪の上ですけどね。
こうして三寒四温を繰り返して暖かくなって行くのでしょう。
というか、暑さ寒さも彼岸までって言葉ある訳なので、
彼岸が来たから寒くならなくても良いはずなのですが・・・(笑)。





定期的に水替えして濾過槽洗っている我が家の水槽ですが、
こちらの都合よく水が汚れて濾過槽が汚れてを繰り返してくれるわけはなく。
濾過槽が汚れてくればいくら水替えしても、間に合わない。
特にこれから水温が上がってくれば尚更。

水曜日は春分の日で休日。
前日から親水槽の水の調子が良くない。
と言っても今すぐ金魚にどうこうというレベルまで
水が痛んでいるわけでもないのですが、
鑑賞するにも濁りがあるより無い方が良い。
という訳で急遽水替えと濾過洗いを決行。

水替え前の水槽。
E01-7970.jpg E01-7971.jpg





水替え直後。
C01-0411.jpg C01-0419.jpg





半日後。
C01-0540.jpg C01-0548.jpg

白濁りが採れてきているのが分かると思います。
今週末位になれば濾過が効いて来てもっとクリアな水になっているはず。





で、タイトル。
C01-0559.jpg

水替えの前日、朝から一匹尻を上向けて調子悪そうな奴がいる。
普通この時期水温が上がり始めるので、調子落としたりはしない。
急に餌の量を増やしたりすれば別ですが、餌も増やしてないし。
翌日水替えする時に見てみるかとその時はスルー。

翌日水替え前に確認すると、片目が無い。
写真に写っている側の目が無いのが分かるかと・・・。
越冬イケスなどではたまに起こることですが、
水槽の中では初めての様な気がする。

多分親のどれかに吸われてしまった。
調子落としているので、写真でも墨が浮いているのが見える。

この辺が親とサイズの違う子を入れておく難しさ。
どうしてやりようもないので、このまま見守るしかない。





今日の一匹。
703-1654.jpg 703-1656.jpg 703-1644.jpg

703-1652.jpg 703-1642.jpg





703-1666.jpg 703-1660.jpg





703-1678.jpg 703-1676.jpg

上見写真だとさば尾っぽく、長めに見えるかもしれませんが・・・。
実は結構体高もある。
デカくなると思うので秋上がりに期待します(笑)。

ふきのとう

2013/03/19 Tue

今日は曇り。
天気予報通りです。
今朝も暖かかったし・・・。
やっと春が来たって感じがします。





ふきのとう。
C01-0417.jpg C01-0421.jpg

家の脇の雪が消えたところに生えてた。
ふきのとうを雪の下から見ることが出来るようになると
取りあえず雪の心配が無くなる。

それにしても今年の3月は雪が降らない。
とっても嬉しいことなのですが、
本当にこのまま春になってくれるかいまいち信じきれない(笑)。
また寒波が来て除雪車活躍なんてことにならないと良いのですが・・・。





今朝の風景。
C01-0409.jpg C01-0413.jpg

家の窓から撮っているので電線が打っていますが、
気にしないでください。

今朝のように暖かいと靄が降りるというか上がる。
雪が解けて水蒸気になって靄になる。





何時ものブナ林。
C01-0415.jpg

この写真見ていただくと、
木の根本側から靄が上がって行っているのが分かるかと。





春っぽい写真(笑)。
C01-0438.jpg

靄が完全に消えてないので、何となくスッキリしないのはご愛嬌。

この雪の写真のどこが春っぽいのかと思われると思いますが、
地元民はこのような景色を見ると春が近くに来ているのを感じるのです。

雪の割れ目から至る所で地面が見え始めている。
これが気温が上がってきた証拠。
一般的に何と見ぶのかクレバスとは違う気がする。
当地ではむ「いぎれ」と呼びます。
と言っても若い人は使わないけど(笑)。
厳冬期は白一面だったものが少しづつ茶色が見えてくる。
こうして雪が消えたところからふきのとうが顔を出してきます。





お気に入り。
702-9074.jpg 702-8374.jpg 702-9055.jpg 702-8370.jpg

703-3126.jpg 703-3402.jpg IMG_1106.jpg

何度か紹介していると思いますが、
今シーズンは初めて。
上見に特化した個体、
横からは見るものじゃないですねぇ(笑)。
個人的にこんな柄が大好き。

これで尾付の緋が腹を巻いていたら言うこと無い。
頭を下げながら潜って行くときの後ろからの見た目が全然違う。

デカくならないのが面白くないところですが、
無理に食わせても落とす様な気がする個体なので、
このままじっくり楽しめれば良いかな。





お気に入り、その二。
703-1593.jpg 703-1589.jpg 703-1585.jpg

703-1637.jpg 703-1614.jpg

703-1619.jpg 703-1607.jpg

上と違って横見でも十分いける個体。
上見だと背割れと言って背鰭れの周りに緋が無い。
けど、頭から肩にかけての緋が十分あるので上見でも楽しめる。
こいつも雄っぽいというか、間違いなく雄でしょう(笑)。
デカくならなくてもこれなら親に使っても十分だし。
長く楽しめると思う。

二才

2013/03/15 Fri

今日は晴れ。
朝から気持ちよく晴れてます。
が、期待したほど気温は上がらない、かな。
カラッとしてますが肌寒い感じ。

朝も冷え込んで道路は凍っていた。
もう暫くスタットレスタイヤが欠かせない。
4月に入ればタイヤ交換できるかな。

去年の3月と違って今年は暖かいと思う。
雪が積もるほど降りもしないし。
この分ならGWに田圃始められるかもしれない。
まぁ、この後の天気次第ですけど(笑)。





今日もさっくり行きます。
タイトル通り2才を3匹です。
(本当は年開けているので3才ですけどね)
703-1545.jpg 703-1554.jpg 703-1547.jpg

703-1559.jpg 703-1569.jpg

703-1573.jpg 703-1563.jpg





702-8546.jpg 702-7618.jpg 702-7621.jpg

703-2570.jpg 703-2941.jpg



703-3089.jpg 702-7289.jpg 702-7291.jpg

703-3097.jpg 703-3111.jpg 703-3208.jpg

上は昨日も紹介した先週末に個別撮影した内の一匹。
完全なさば尾体型です(笑)。
下の2匹はわざと同じような柄の物を選んでみましたが、
親水槽にいる2才。

見ても分かると思いますが、
上の一匹と下の2匹じゃサイズが全く違います。
口から尾付までの胴長だと3倍近く違うかな。
上の一匹はさば尾なので胴が長いというのはありますが、
下の2匹も体型的にはかなり長め。
この3匹特別違う育て方とかした訳じゃありません。
去年の夏は同じ野池で同じ期間育っている。
放した時のサイズはかなり違ったかもしれませんが・・・。

この辺が野池飼育の難しいところ。
均一に餌が行き届かない。
食う奴は好きなだけ食って大きく成り、
大きく成るから更に食う、これの繰り返し。

本当はもっと薄く飼えばここまで差は出ないのですが、
そこまで池の枚数持っていないので仕方ない。
小さい奴のほうが柄が良かったりするので達が悪い(笑)。
今年の夏でどれだけ取り返せるかですが・・・。
ここまで違うと難しいかな。

二才と当才と

2013/03/14 Thu

今は曇り。
午前中は積もるでも無い雪が嫌そうに
ちらちら舞ってましたがお昼頃には上がった。
雪は止みましたが気温は上がらない一日になりそう。

天気予報だとは明日から暫くは暖かくなりそうなのですが・・・。
早く雪消えて野池が顔を出してくれると越冬イケスの
金魚を野池に放してあげられるのですが・・・。
もう少し先の話ですねぇ(笑)。





タイトル通りです。
今日はサクッと行きます。
まずは当才。
703-2812.jpg 703-2809.jpg 703-2807.jpg

703-2763.jpg 703-2815.jpg 703-2758.jpg

703-2744.jpg 703-2742.jpg 703-2730.jpg

703-2762.jpg 703-2712.jpg 703-2706.jpg

703-2690.jpg 703-2724.jpg 703-2717.jpg

水槽だと横見が出来る半面、上見が出来ない・・・。
さば尾の模様は上見で記憶しているので、
横から見ても上見の記憶と連動しない(笑)。
三才以上位になって数が絞れて来ればまた別なのですが・・・。
現状の自分にとっては当才水槽は見ながら楽しむというより、
春まで落とさず飼うための設備。
来シーズンは当才も上見で楽しめるよう水槽変えようかな。





次は二才。
昨日少し書いたように久しぶりに個別撮影した。
その一匹。
703-1509.jpg 703-1504.jpg 703-1512.jpg

703-1532.jpg 703-1517.jpg

703-1523.jpg 703-1526.jpg

個人的にこんな柄好き。
ただ雄っぽいのでデカくはならないかな。
肌の白が綺麗なままで緋がどこまで上がって来るかかな。

週末の出来事

2013/03/13 Wed

今は曇り。
天気予報だとこの後雨だとか。
いつ降って来てもおかしくない感じの空です。

昨日は土曜日の火祭りの様子を紹介しましたが、
今日は土日の事色々取り混ぜていきます。
写真多めで文章短く行ければと思ってますが・・・。
そう思いながら何時も文章長い(笑)。





週末の様子と言いながらまずは昨日の朝。
何時もの山。
C01-0352.jpg

春の山にはまだ少し早いか・・・。





朝日。
C01-0342.jpg

思いっきりフレアが出てますが、
これはこれで朝日っぽい味が有って面白いかと。





スキー場。
C01-0338.jpg

日が当たっている所だけ明るい。





遠くの山(笑)。
C01-0349.jpg C01-0347.jpg

何と表現して良いか分かりませんが遠景の山です。
右の写真の何れかの頂が越後三山のどれかにあたるはず・・・多分。





何時ものブナ林。
C01-0354.jpg C01-0359.jpg

右の写真、気の根本の雪が解けてきているのが見えると思う。
気温が上がってきた証拠。
冬の間は晴れてもこうならない。





車庫の前の道。
703-2553.jpg

杉の枝が散乱してますが、
これでも地元民が見ると春が近いなって感じるのです。





土曜日の車庫の気温。
703-2622.jpg 703-3330.jpg

車庫の温度が二桁になったのは今年初。
因みに今朝は比較的暖かくて三度くらいあった。





当才水槽の水温計。
703-2634.jpg

水温五度。
この日は室温に引っ張られて水温もあった。
今は三度前後です。





越冬イケス。
E01-7894.jpg E01-7895.jpg

気温が上がり葦簀の上の雪は解けた。
行ったらこの状態。
帰りも雪を掛けてこなかった、
多分もう暗くしなくても大丈夫だと思う。





イケスの様子。
E01-7897.jpg E01-7899.jpg E01-7887.jpg

この日も暖かかったので雪解け水が横井戸に浸み込んでいる。
右の一枚が前回の様子の写真。
かなり盛大に水が落ちているのが分かると思う。
おかげで金魚の様子が良く見えませんけど。





クレソン。
E01-7906.jpg

越冬イケスの前にはクレソン栽培している田圃がある。
湧水が有るので冬もずっと田圃が出ている。
此処にイケスの前の雪を掘って落とす。
手前側にクレソンが生えていない場所は自分が雪の塊落としたせい。
まぁ、暖かくなればまた密生してくるでしょう。





変な奴。
703-3788.jpg 702-6330.jpg 702-6423.jpg

702-6347.jpg

親水槽にいる三才。
人が水槽に近づいている間中ずっとこの体制。
餌を待っているのか頭を上にしている。
一応普通に泳ぐことも出来るというのが下の写真。
沈みの餌をやれば普通に沈んで食います。





撮影風景。
703-1477.jpg 703-1476.jpg

土曜日の好天気の助けも借りて久しぶりに
水槽に二才を上げて撮影してみた。
二才水槽が混み過ぎで一匹ずつ撮れないので。
その一匹目。
水温合わせたつもりだったのですが、
有っていないと猛烈に講義中。
中にはいくら合わせても水槽に入れると
真っ直ぐ泳いでくれない奴もいるし。

二才の写真撮ったのでしばらくはその紹介でしのげるかな(笑)。





今日の一匹。
703-3870.jpg 703-3872.jpg

少し前に紹介した奴。
上見で体型がよく分る写真が撮れたので載せてみます。
今シーズンもう一回り大きくしたら転覆しそう。
もう少し前後に伸ばしながら丸くしないと行けないのですか、
そんな思うような成長をしてくれるでしょうか。

火祭り

2013/03/12 Tue

今日は晴れ。
気温も上がって雪解けも進みそう
嬉しいことです。





今朝の様子を撮った写真も有るのですが、
今日は土曜日に当地で行われた「古志の火祭り」の様子を
紹介したいと思います。

毎年3月の10日前後の土曜日に開催されてる歳の神(さいのかみ)です。
歳の神は本当は小正月の行事で新潟の中越地方ではわりと一般的。
此処でも紹介したことある。

古志の火祭りは日本一の歳の神を謳い文句に行われている。
小正月に行わないのは雪の関係で大変だから(笑)。
この時期だと大雪の峠は越しているので、
会場の除雪や駐車場の確保が比較的やりやすいからでしょう、たぶん。

祭り自体は午前中から色んな催し物が行われていますが、
自分が紹介するのはメインの歳の神点火後の様子。
それでは写真たっぷりで行きます。

先ずはその歳の神。
C01-0194.jpg

直径10メートル、高さ25メートルある。

自分が会場到着したのが5時半頃。
6時点火予定なので調度良いころあいかと・・・。
まだ少し昼の明るさが残る頃合い。
太陽が隠れると気温がぐっと下がります。





雪灯篭。
C01-0202.jpg C01-0205.jpg

暗くないので今一・・・かな。





6時頃。
C01-0216.jpg

大分暗くなって来たかと。





雪灯篭。
C01-0217.jpg

これ位だと雰囲気も違う。

市長の挨拶やらが有っていよいよ点火。





点火隊。
C01-0230.jpg

今年成人式を迎える5人。
前口上が終ればいよいよ点火。
(顔が分かるのはまずいかもしれないのでボケ写真使用)





点火直後。
C01-0234.jpg

至る所に油をしみこませたり撒いたりしているので
点火すればすぐ燃え広がります。

因みに小正月の歳の神の時は油なんて使いません。
それから小正月の時は歳の神の火で餅を焼いたり
スルメをあぶって食べますが火祭りの際は近づくこと禁止です(笑)。

今年は久しぶりに花火も復活。
天気が良かったのでさいの神と花火の共演はとても良かった。
ただ歳の神の煙のせいで花火が隠れたのはご愛嬌かな。

以下はその様子を載せました、
同じ様な写真ばかりかもしれませんが、
見ていただければと思います。

C01-0238.jpg C01-0244.jpg C01-0253.jpg

C01-0256.jpg C01-0257.jpg C01-0266.jpg

C01-0274.jpg C01-0294.jpg C01-0304.jpg

C01-0321.jpg C01-0327.jpg C01-0333.jpg

C01-0335.jpg

今年は途中で崩れたり茅が落ちたりせず
骨組みになるまで綺麗に燃えた。
こんなに綺麗に燃えるのは珍しいのですよ。

天気も良かったし
花火が上がると言う事でカメラマンの多かったこと。
自分もデジイチ持って行くべきでした。
まぁ、コンデジこれだけ撮れれば自分的には上出来かと。

たまには金魚のいないブログでした(笑)。

何故か

2013/03/10 Sun

今日は雨のち雪。
朝起きたときが一番暖かかった。
そこからだんだん気温下がり始めて午前中は雨。
お昼過ぎからは雪に変わりました。
まぁ、積もるほどの酷い降りではありませんが・・・。
その雪も今はとりあえず止んでます。
昨日までの暖かかった天気は何処へやら・・・です。





自分にしては珍しく土・日共に更新です(笑)。
といってもお気に入りを紹介するだけですけどね。

上でお気に入りと書きましたが、今日のやつらはちょっと違う。
別に気に入らないわけではありませんがいつも紹介する
お気に入りとは趣が異なります。

下に紹介する三匹。
柄は似たような三匹を選んであります。

とりあえず見てください。
702-5402.jpg 702-8677.jpg 702-7157.jpg

702-9296.jpg IMG_1153.jpg


702-7922.jpg 702-8231.jpg 702-7945.jpg

702-8199.jpg 702-8180.jpg

IMG_0969.jpg 702-9854.jpg 702-9366.jpg

IMG_0961.jpg IMG_1424.jpg

五枚に理由はありませんが、なんとなく(笑)。
この模様良いと思うのかと聞かれたら・・・否です。
が、こんな感じの模様を無意識でたぶん好きなのでしょうか、
良いとも思わないけど毎年越冬水槽の中に何匹かいます。

この柄だとでかくしてもそれほど見れるようになるわけじゃない。
でかくしたときは白勝ちより赤勝ちのほうが見栄えがする。

それでもタイトルどおり何故かこんな感じの柄を何匹かは
残してしまうということは好きなんでしょうねぇ(笑)。

お気に入り

2013/03/09 Sat

今日は晴れ。
天気予報よりも気温が上がって温かい。

さっきまで車庫の中で金魚の写真撮っていたのですが、
車庫の室温ついに二桁表示。
といっても10度何分って感じですけど。
それでも二桁には違いない。
普段より防寒具一枚少なくても大丈夫でしたよ。

その温度計の写真も撮ってあるのですが、
写真の取り込みしていないので紹介するのは後日また・・・。

当才水槽の水温も少しは上がって来ましたし。
二才・三才の入っているFRP水槽に至っては水温15度超え。
おかげで今までとは金魚たちの活性が違います。
やっぱり15度超えてくると動きが全然違って来ますね。





今日の一匹。
702-8744.jpg 702-8115.jpg 702-8146.jpg

702-7246.jpg 702-7354.jpg 702-8113.jpg

片側一本緋、片側段模様もどき(笑)。
頭の出は良い感じですが、かぶっているのがいただけない。
いつも言うようにこちらの都合良くばかりいくものではありません。
緋の質は良いので、でかくして楽しめると思う。



お気に入り

2013/03/08 Fri

今日は曇り。
早朝雨が屋根を叩く音で目が覚めましたが、
次第に小降りになり止みました。
このまま降らずに持ちそうです。

それにしても昨日・一昨日と暖かかった。
今年になって15度超えた日は初めて。
多分10度越えも初めてだったのではないかな・・・。
おかげで雪消えがとっても進んだ。
週頭とは比べ物にならないくらい減りました。
この調子でどんどん消えてくれると嬉しいのですが。





お気に入りの金魚を紹介してだけじゃ味気ないので小ネタを。
蒟蒻です。
E01-7881.jpg C01-0191.jpg

左がコンニャク芋の皮をむいたもの。
右が完成したコンニャク。
本当は作り始めから完成までの行程でも紹介しようと思っていたのですが、
色々事情がありまして完成形だけになった。

簡単に書くと皮をむいたコンニャクを水にすりおろして、
水ごと煮ながら粘りが出るまでひたすらかき混ぜる。
粘りが出たらそこに凝固剤の炭酸ソーダを入れて更に書きませ続ける。
ポタポタな餅状になったら容器に入れて成型してお湯の中に入れる。
後は灰汁抜き(炭酸ソーダ)をしっかりやって完成。

文章で書くと簡単ですがこれがかなり大変な作業。
と言っても作るのは両親なので自分はやりませんが・・・。
皮をむいたコンニャク芋は滑るし直接に障ると痒くなる。
ゴム手袋をしておろし金でするのは結構な作業だったりします。
ミキサーでやられる方もいますが、
食べる時の舌触りがおろし金とでは全然違う。
ミキサーだと完成した時、市販品のように硬くなってしまう。
おろし金ですると適度にやわらかで口当たりが良いのです。
後ソーダ入れてから煉るのも大事らしい。
ソーダ入れたらあんまり煉らないと方もいるらしいですが、
よく煉った方が滑らかになると言います。

当地では各家庭で作られますが
その家ごとに分量とか色んなやり方があるらしい・・・。
上はあくまで我が家の両親流です。
この時期ストーブを着けているのでそこに掛けて灰汁抜きします。

普段だとワサビじゃなくて練辛子を付けて食べるのですが、
去年作った山わさびを擦って、こいつで食べると絶品です(笑)。
こんにゃく自体に味がある訳ではないですが、
やっぱり自家製は一味もふた味持ちがう。

大量に作っては米やみそ漬け・なら漬などと一緒に親戚に送る。
故郷の味ってところでしょうか。





短めにするつもりだったのですが・・・(笑)。
タイトル通りお気に入りのさば尾です。
IMG_1376.jpg 702-9832.jpg IMG_1329.jpg

702-8916.jpg 702-9133.jpg 702-9030.jpg

702-9131.jpg 702-9822.jpg 702-8885.jpg

こいつはさば尾ですがとっても体高があります。
その感じを出したくて上段右を載せてみましたが、失敗かも(笑)。
間違いなく雌だと思うので今シーズンでも特別飼育して丸くしてみようか
などと思ったりもしてますが、まだ未定。
肩に開いた白地の窓がアクセントというか、チャームポイントかな。
無くても良いけど(笑)。

これだけ体高のある個体ってなかなか居ないというか出ない。
デカくして迫力付ければかなり見せる個体になると思う。

メディア

2013/03/05 Tue

今日は雨降り。
朝の出がけ我が家近辺は吹雪でした。
その雪も山を下るにつれ雨に変わってきましたけどね。
予報だと雨から曇りになるはずなのですが・・・。
今のところ気温が上がらず寒いです。

まぁ、明日からは気温もぐっと上がって
春らしくなってくるとの予報なので期待したいと思います。

天気はこんなですが、
季節は確実に春に近づいているようで、
朝の日の出時間は早くなって来たし、
夕方も六時頃まで明るい。
とは言え、今日の啓蟄を感じるにはもう少し先かな。





最近ネットで衝動買いしたもの。
下のSDカード。
E01-7888.jpg

フラストレーションフリーパッケージを謳って920円也。
それどんなパッケージって思うかもしれませんが、
要するに簡易包装の事らしい。
自分的に包装なんてどうでも良いのでこれで十分。
200倍速がSDカードの速度として
どれくらい早いのかよく分りませんが自分的に不満は感じない。
というか、自分が持っているコンデジだとこれ以上速くても
ボトルネックでその性能は発揮できない気がする(笑)。
と言う事でこれで十分満足。
正直16ギガなんていらないのですけどね(笑)。
自分ほとんど動画を撮らないので・・・。





ついでなのでデジ一用のCFカード。
C01-0179.jpg

実はこれかった時の値段はほとんど一緒(笑)。
当然買った時期は全く違いますよ。
デジ一を一番最初に買った時に一緒に買ったのが
右上のレキサーの512メガ。
当時で一万数千円くらいだった記憶がある。
自分が買った当時の機種は連射なんてほとんど無理だったので、
512メガでも必要十分だと思ってた。
ただ、やっぱり容量不足を感じることはあったけど、
メディアだけに何万円も出せなかったのでこれで我慢してた。

暫く経ってから某ネット安売り店で4ギガを
9800円で売っていると聞き買いに行っても何時も品切れ。
たまたま夜中にネットしている時見に行ったら在庫が有って速攻注文。
届いたのが右下のトランセンドの4ギガ。
当時のデジ一では4ギガあれば本当に必要十分。
因みに速さは80倍速と120倍速ですが自分的には分かりません(笑)。

で、さらに時が流れて新しいデジ一かった時に一緒に買ったのが、
左上のレキサーの8ギガ、これも1万円弱だったと思う。
取りあえずいくら連射してもRAWで撮らない
自分の場合書き込みでまたされることは無いです。
しかもjpegだと1000枚以上撮れるし。

レキサーの8ギガで十分なのですが、
ネット眺めていて何となく買ってしまったのが、
左下のトランセンドの16ギガ。
これも確か9800円だったような・・・。

右の二枚は今ほとんど使っていないのですけどね。
取りあえず比較のために載せてみました。
一番高かったものが容量の少ない512メガかな(笑)。
こんなこと書いてたら新しいデジ一欲しくなってきます。





今日の一匹。
IMG_0876.jpg IMG_0874.jpg IMG_1394.jpg

IMG_0872.jpg IMG_1183.jpg IMG_1186.jpg

IMG_1216.jpg IMG_0883_20130304141527.jpg 702-8290.jpg

金魚の柄は左右均等が良いとされるそうですが、
自分そんなこと思ったことも無いのでこんなのもいる。
上段が出来るだけ真ん中上見の写真。
中段が白勝ち模様側、下段は赤勝ち模様側。
中段と下段では別の個体のようですが・・・。
これはこれで面白くて好きなのです(笑)。

オーソドックス

2013/03/04 Mon

今日は晴れ。
朝から快晴で気持ちの良い一日。
そんな晴れ間も今日一日で今晩からはまた雪とか。
でも今週は気温高めらしいので、
雪解期待できそうです。





今日は写真多め文章短めで行きたいと思います。
まずは何時ものブナの林。
C01-0184.jpg

天気良かったので撮ってみた。





ウサギの足跡。
C01-0186.jpg C01-0187.jpg

ブナ林にカメラむけたら
野兎の足跡があったのでついでに撮った。
左写真の左下側からは林に向かって上った後があるかと。
ウサギは急な斜面も駆け上がるの得意ですが下りは苦手。
降りれなくて右往左往した足跡。
此処は諦めて別な場所から下ったみたい。





越冬イケスのさば尾。
E01-7884.jpg E01-7883.jpg

日曜日に久しぶりに
越冬イケスに様子を見に行って来た。
イケスの雪堀の様子は以前も載せたので割愛。
一度掘っているのでかなり楽ですけどね。

実は肉眼だとこんなにハッキリ見えなかったりする(笑)。
明るさに目が慣れているので暗い所が見えない。
デジカメのモニターの方がよっぽどよく見える(笑)。
取りあえず元気そうなので餌少し撒いてきた。





土曜日に全水槽とも水替えしたので、
たまには全水槽の様子でも。
まずは親水槽。
C01-0177.jpg C01-0173.jpg

水に写ったライトに引っ張られて
全体的に暗めに写っていますが
これはこれで雰囲気有るのでそのまま載せます。





二才水槽。
C01-0171.jpg C01-0166.jpg

写真の写りが変ですが、
ライトの関係で手を伸ばして反対から撮っているので
こんな写真です。
土曜日にこの水槽の上部濾過を洗ったので、
水にいつもより色が付いてないかな。





当才上水槽。
C01-0153.jpg C01-0151.jpg





当才下水槽。
C01-0160.jpg C01-0163.jpg

当才も今シーズンはまだ一匹も落としていない。
例年だと他の個体が調子よくとも
何故か突然一匹だけ落ちたりする個体がいたりする。
今シーズンは何時もより混ませていないからかな・・・多分。
いずれにせよ今のところどの水槽も調子良いので問題なし。





今日の一匹。
702-7779.jpg 702-7251.jpg 703-0011.jpg

702-9457.jpg 703-0020.jpg 702-9475.jpg

タイトル通りオーソドックスな柄の玉さば。
金魚の種類を紹介する本などでもこんな柄の個体が
玉さばでよく紹介されてると思う。
面白みという意味には欠けるかもしれないけど、
上から見ても横から見てもそれなりに見れると思う。
体型が良いのでデカくすれば面白くなる。

オーソドックスな柄ではありますが、
じゃあこんな模様ならいくらでも出るかというとそうでも無い。
三段模様に比べたら出現率ははるかに高いけど、
探すと綺麗な個体に意外と巡り会えない模様だったりします。

三段

2013/03/01 Fri

今日は曇り。
昨日に引き続き気温も上がって過ごし易い。
ただ、天気予報だとこの止み間も今日まで。
今晩からは雨になり、週末はまた雪とか。
ここの所週末が雪ってこと多い様な・・・。

今日から三月です。
何時も書きますが、早く温かくなってくれないかな・・・。





昨日文章いっぱい書いたので今日はあっさり。
今日の一匹。
702-8876.jpg 702-7555.jpg 702-7517.jpg

702-8874.jpg 703-0050.jpg 703-0008.jpg

タイトル通り三段模様のさば尾です。
が、肝心の背中の緋が中央でつながっていない(笑)。
以前紹介したもののように緋が巻き下がっていないのも
困りものですが、これはこれで困る。
緋と白のバランスは良いので見ていて綺麗に見えるけど、
やっぱり二段目の緋が惜しいかな(笑)。
個人で楽しむ分には十分ですが。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR