あーあ  (野菜2)

2013/06/29 Sat

今日は曇り。
朝からどんよりしてます。
天気予報だと陽が差すこともあるって言ってますが・・・。

梅雨真っ只中のはずなのですが一向に降りません。
新潟も場所によっては夕立降ったり午後からは雨なんて天気になっている
所もあるようですが当地は降りませんねぇ(笑)。

まぁ、今のところは水あるし
梅雨明けまでにはまた降ってくれると信じて待ちます。



で、タイトルですが
お気に入りの親を落としてしまった。

昨日の朝餌くれに行ったら餌食べに浮いてこない。
どっかでやたっているかと思っていた。
何時ものように野池を一周して帰ろうと思ったら
土手際でボーとしている奴がいる。
これがお気に入りのさば尾の雌。
我が家では最年長でサイズも最も大きいやつ。
ここ何年かは子取りには使っていないけど、
模様も良くて大事にしてた。

ですが夕方親父が餌くれに行ったら既に浮いてたとの事。
拾ってきて埋めてくれてた。
残念ですが仕方ない。

気を取り直して残っている奴らを秋まで飼い込まねば。
生き物飼っていれば良いことだけじゃなくて
こんなこともあるって事です(苦笑)。
普段は良くないことってあんまり書かないのですが、
落とすことはまぁそれなりにある。
何故か落ちる時はお気に入りだったり、
形・柄の良いやつから落ちていく傾向にあるし・・・。





気を取り直して写真行きます。
前回に引き続き我が家の畑の野菜です。
キュウリ。
C01-3007.jpg C01-3008.jpg C01-3012.jpg

最近は大分採れるようになって来た。
我が家で食べる分は十分採れる。





ミニキュウリ。
C01-3014.jpg C01-3016.jpg C01-3018.jpg C01-3020.jpg

上のキュウリよりも小さい分だけ早く収穫できるし数も採れる。
味は普通のキュウリとほぼ同じ。
キュウリ独特の香りは弱いし実も少し柔らか目かな。
普通に美味いです(笑)。





いんげん。
C01-3023.jpg





ミニメロン。
C01-3014.jpg C01-3026.jpg

以前も載せたけどこいつはネットに這わせて
上に登らせるみたい。





スイカとメロン。
C01-3029.jpg C01-3048.jpg C01-2791.jpg

C01-3045.jpg

別々に囲うのが面倒らしく隣り合わせて植えられてる。
これだと収穫が大変そうです。





トウモロコシ。
C01-3040.jpg C01-3046.jpg C01-2793.jpg





枝豆。
C01-3039.jpg C01-3036.jpg

多分あと半月くらいで収穫できるのかな。





南瓜。
C01-3033.jpg





オカヒジキ。
C01-3042.jpg





夏大根。
C01-3044.jpg





紫蘇。
C01-2879.jpg

これは植えたのじゃなくて、
去年の種が落ちたのが自然に生えてきた奴。
それを残して大きくしている。





にんにく。
C01-2886.jpg

秋遅くに植え過ぎで春になっても肥大しない。
これはもっと大きくなるのでしょうか(笑)。





最後はコンニャク。
C01-2830.jpg

以前花を紹介したけどやっと芽が出てきた。
スポンサーサイト

野菜 その一

2013/06/26 Wed

今日は曇りのち雨。
天気予報だと夕方まで曇りでその後雨の予報でしたが、
お昼前からポツポツ当たりだして昼過ぎには普通に降ってます。
梅雨入りしたと言っても雨が降っては晴れるを繰り返して、
数日間ジメジメ降り続けるなんてことは無い。
この雨も明日には上がって明日は曇りだとか・・・。
もう少し梅雨らしいジメジメした天気が続いても良いと思うのですが(笑)。
そうは言っても毎朝の水見と餌くれ
カッパ着ないで済むと楽なことは確かなのですけどね。


金魚は全部野池ですし、
田んぼの稲は毎日見ても劇的に変化するわけもない。
そんな訳で今日は我が家で作っている野菜の
今の状況でも紹介します。

と言っても野菜は自分が作っているわけではありません。
両親が趣味と実益を兼ねて作っています。
自分達はおかげで美味しい採れたて野菜を食べれてる訳で。
感謝でございます。

そんな訳で我が家は色んな野菜を作っている。
自家消費+α 程度だとそんなに量は要らない。
けど場所はそれなりにあるので多品種栽培と言う事になる。
たまになぜこれを作るっていう野菜まで
作られてることが有りますけどね(笑)。

一度に紹介しようとしたのですが、
結構な量(写真)が有るので別けて紹介することにしました。
まずは第一弾から。
トマト。
C01-2628.jpg C01-2619.jpg C01-2631.jpg

トマトも何種類か作られているはず。
普通の大玉に中玉、ミニトマトの赤と黄色。
それの一番と二番があるかな(笑)。
上は一番。





夕顔。
C01-2625.jpg C01-2626.jpg

我が家のこだわり、
夕顔とキュウリだけは木の枝を立てて支柱代わりにする。
ネットよりもその方が成りが良いのだとか。
ミニキュウリは普通にネットで作っているけど
結構な量を収穫出来ているけど・・・。

夕顔も二種類作られていて、
実の長くなるタイプとあまり長くならないタイプ。
自分から見た時の見た目は全く同じ。
実がなって初めて違いが分かる。





ズッキーニ。
C01-2724.jpg C01-2773.jpg

C01-2782.jpg C01-2786.jpg

我が家のズッキーニはみどりの濃くならないタイプらしい。
下の花は左が雌花で実が付く方右が雄花。





ネギ。
C01-2797.jpg

ネギも普通の長ネギと下仁田の二種類が有る。
これがどちらかは不明ですが。





ジャガイモ。
C01-2801.jpg C01-2804.jpg

C01-2949.jpg C01-2945.jpg

上がトウヤの花。
下は比べる為に撮らせてもらったよそ様の花。
男爵イモも作っているのですがそれも白い。
ムラサキの品種が何かは分かりません。





山芋。
C01-2842.jpg C01-2844.jpg

山芋も自然薯と銀杏芋を作っていますが、
葉っぱとむかごだけ見ても区別はつきません(笑)。
掘ってみて初めて分かる。
まぁ、植えてる両親は何処に何を植えたか分かっているのでしょうが。





枝豆。
C01-2846.jpg

C01-2888.jpg C01-2892.jpg

以前も書きましたが、
畑の空きスペースがあれば豆を植える。
なので至る所に色んな品種の枝豆が植えられています。

畦豆は太白と一人娘、肴豆、丹波黒豆なのですが、
枝豆用は色んな種を買ってきては植えて味を比べて楽しんでいる。
なので写真が何の種類かはこれまた不明。
今年は秘伝とただ茶の五号湯上り娘、その他が植えられているはず。





オクラ。
C01-2854.jpg





蔓なしいんげん。
C01-2857.jpg





茄子。
C01-2871.jpg

茄子も丸茄子と長茄子・米茄子が作られている。
米茄子は気を見れば分かりますが後は実を見ないと分からん。





サツマイモ。
C01-2935.jpg C01-2936.jpg






落花生。
C01-2940.jpg C01-2939.jpg C01-2834.jpg

落花生も普通と黒を作っている。
多分左二枚が黒で右が普通かな・・・自信無し。





赤蓼。
C01-3002.jpg

蓼食う虫も好き好き、という諺の蓼です。
これは作っているというより毎年同じ場所に生えてきて、
種を落として翌年も生えて来るを繰り返す。
沢山は要らないけど夏の暑い時の冷やし汁には欠かせない。

雨その後と紫陽花

2013/06/25 Tue

今日は晴れ。
朝からカラッと爽やかに晴れてます。
梅雨時期のジメジメした暑さじゃないので30度近くても、
比較的楽に過ごせてます。


前々回のブログで雨降って助かったと書いた。
前回はそれを野池に溜めるべく色々やっていると・・・。
で、金曜の深夜から土曜日の午前中に更に雨が降った。
しかもかなりの降りの良い雨。
丸一日続いたらちょっと被害で出るかもって位の降り。
おかげで空に近かった野池も満水にすることができました。
湧水も増したし。
梅雨の期間中に後二度位同じ様な降りがあると助かるかな。
まぁ都合の良い事とばかり言ってますけどね。

取りあえず当面の水不足は解消できました。
また梅雨明け後が待っているのですけどね・・・(笑)。





今日はそんな様子やら
梅雨なので紫陽花の花の写真やらを載せていきます。

が、まずは何時もの山。
C01-2993.jpg

今朝の写真。
空気のスッキリ感みたいなものが伝わればと。





これも何時もの棚田・棚池。
C01-2989.jpg

こちらもすっかり初夏って感じの色合いになって来たと思う。





満水になった野池。
C01-2970.jpg

ネットの周りは草刈り機で雑草刈れないので伸び放題。
除草剤撒かねば。





給餌風景。
C01-2966.jpg C01-2964.jpg

広くて深い池に戻してもらったのでゆったりしてます。
今まで明け二才と一緒だったのでせわしなかった。





やたら中。
C01-2976.jpg C01-2975.jpg

水が変わってしかも新水が多いので当然こうなる(笑)。
これは昨日の朝ですが今朝も別な奴らがやたってた。





提灯花。
C01-2916.jpg C01-2996.jpg C01-2999.jpg

正式にはホタルブクロが正しいのでしょうが、
当地では提灯花が一般的かな。
品種改良して園芸用になった色つきのものが我が家の庭にもある。





紫陽花4種。
C01-2911.jpg C01-2902.jpg C01-2904.jpg

C01-2907.jpg C01-2909.jpg C01-2913.jpg

蕾から開花直後位まで。





満開。
C01-2985.jpg C01-2986.jpg

こっちは真っ青。





野生の額紫陽花。
C01-2961.jpg C01-2959.jpg C01-2957.jpg

道路脇に普通に咲いてる。





我が家の植木の額紫陽花。
C01-2561.jpg R01-1193.jpg R01-1192.jpg C01-2566.jpg

モリアオガエル

2013/06/21 Fri

今日は曇り。
朝からずっとどんよりした一日です。
天気予報は場所によって時々雨が降るかもと言ってましたが、
今のところ降る気配はないです。
出来れば降って欲しい所なのですが・・・。

前回のブログでやっと雨が降ったと書いた。
結構良い降りの雨だったので本当に助かりました。
田んぼに出来るだけ水を溜めて野池にポンプアップしたり、
湧水を溜めてポンプアップしたりで何とか野池の水を増やしてる。
満水まではまだほど遠いですが週末にはまた金魚野池に戻せそうかな・・・。





タイトルのモリアオガエルですが、
実はちょっと正確じゃないというか端折っている。
実際にはモリアオガエルの卵が正しいのかも。

この雨で新潟も梅雨入りしたというので、
毎年みられる卵を何時産み付けるか気にして見ていた。
昨日の朝は無かった卵が今朝は産み付けられていた。
多分夜間に産卵するのでしょうから、
昨晩に産み付けたものと思われます。
その卵塊。
C01-2733.jpg C01-2730.jpg C01-2734.jpg

C01-2740.jpg C01-2741.jpg

C01-2717.jpg

上段・中段は毎年みられる二才を放す野池の上。
上段が表側から見たところで、中段が裏側から見たところ。

で、下段の卵塊 上と同じように見えますが全く別の場所。
ここでモリアオガエルの卵を見たのは初めて。
しかも田んぼの上だし。
もうすぐ中干しするのですがどうするのでしょう・・・。
野池の上の卵は我慢してほって置きますけど(出来れば駆除したい)、
田んぼの中干し我慢するなんて出来ませんが(笑)。





コンニャクの花。
C01-2697.jpg C01-2698.jpg

前回蕾だけ載せたこんにゃくの花です。
もう終わりに近い状態。
別段きれいでも無いのですが載せてみました。





畦豆。
C01-2684.jpg C01-2686.jpg

以前紹介した田圃の畦の豆。
雨のおかげで大分伸びてきた。
早く大きく成って枝豆食べたいのですけど(笑)。





どくだみの花。
C01-2751.jpg C01-2752.jpg

個人的にどくだみの匂いが苦手。
なのでパクチーも食べれません(笑)。

自分が通っていた中学は夏休みにどくだみを採ってくるという課題があった。
しかも量がハンパなくて確か一人乾燥したどくだみを5キロだか3キロだか。
これが全校生徒に夏休みの課題として科せられるのです。
どくだみに限らずよもぎやオオバコ・ゲンノショウコでも良かったのですか、
他だとどくだみより大量に採る必要があったので皆どくだみ採ってた。

要するに漢方というかお茶というかの原料になる材料。
これを売って生徒会費に充てていたのです。
今だったら絶対PTAとかからクレームが来るのでしょうが昔は無かった。

夏休み明け全校生徒が指定された期日内に体育館に
乾燥どくだみを運び込むのですが、この匂いの壮絶なこと。
業者が取り来るまでは体育館には近づきたくなかった。
乾燥すると生の時の数分の一の重さになるので、
集めるのかなり大変だったことを覚えている。
田舎の学校の昔話でした(笑)。





最後はキノコ。
C01-2736.jpg

ナメコを植えてあった原木に生えてた。
今年の秋はこの木からなめこ生えないだろうな(笑)。

やっと雨・・・待望の雨

2013/06/19 Wed

今日は雨。
タイトル通り待望の雨降りとなってます。
昨日も日中は降ったり止んだりでしたが、
野池の水の足しになる様な雨ではなかった。
今日の雨はちょっと強め。
これ位の雨が降ってくれると出水も増します。
田植えしてからこんな良い雨が降ったのは初めてです。

毎度天気の愚痴を書いてますが、
今日は雨に感謝です(笑)。
今年の梅雨は去年の様に空梅雨なんてことなく、
しっかり降ってしかも例年通り7月後半に
雨量を確保してから上がってもらいたいと切に願います(笑)。





今日は雨も降ってくれたので
愚痴を書くことも無く文章短め、
写真は撮り溜めたもので行きます。

とは言ってもまずは今朝の雨。
C01-2677.jpg

何時もの我が家の前のブナ林。
写真に降る雨が写る位しっかり降ってる。





野池。
C01-1441.jpg

C01-2598.jpg C01-2616.jpg

日付を調べたら上が5月16日撮影、下が6月17日撮影でした。
調度一か月で野池の水使い切ったことになる。
というか後半はかなりセーブして水落としていたのですけどね。
後は梅雨が終わるまでにここを満タンにせねば・・・。





アマリリス。
C01-2036.jpg

R01-1057.jpg

S01-2300.jpg R01-1195.jpg

C01-2567.jpg S01-2294.jpg S01-2298.jpg

芽が出てから開花までの様子。
今が満開。





サツマイモの苗。
C01-2019.jpg

R01-1056.jpg R01-1053.jpg

C01-2511.jpg

我が家は例年だとサツマイモの苗は買って植える。
親芋を上手く越冬させる場所が無い。
昔何度か挑戦したことが有るらしいですが
その度に親芋腐らせてしまって諦めたらしいのです。
が、今年知り合いが親芋を春にくれた事で、
サツマイモの苗取りに挑戦してみた。
結構うまく行ったらしくかなりの数の芋苗
確保することができたようです。

因みに上の写真は、
上段がい物目が出てきたところ。
中段は芽の育成中。
下段は芽を取って植えた後。
この後もまだ芋の芽出てくるらしい。

親芋くれた方に芋の芽を返すのだとか(笑)。





桑いちご。
R01-1182.jpg S01-2342.jpg S01-2347.jpg

去年も紹介したと思います。
イチゴと聞くと中央の赤いやつがイチゴっぽい色ですが、
食べるのは黒っぽく色づいたやつ。
と言っても今これを食べる方っていないだろうけど。
有っても果実酒位かな。





コンニャクの花。
S01-2378.jpg S01-2381.jpg

正確にはまだ咲いてないので蕾です。
去年も紹介しましたが今年もまた花咲かせたようです。
こんにゃく芋は花咲かせてはいけないのですけどね・・・。
今朝見たら咲いてましたが雨で写真撮らなかった。
撮れたらまた紹介します。

お買いもの

2013/06/17 Mon

今日は晴れのち曇り。
朝は快晴でしたがお昼頃から雲が広がってきました。
天気予報だと明日は雨だとか・・・。
被害が出ない程度に沢山降って欲しいのですが無理かな(笑)。

それでも土曜日の午後からと日曜の早朝に雨が降った。
野池の水が出せなくなっている場所には少量でも恵の雨でした。
まぁ、その後日曜の日中は晴れましたが(笑)。


話はいきなりですが前々回腰を痛めたと書いた。
当然あっという間に腰痛が治る訳も無く
日々折り合い付けながら生活している訳ですが・・・。
なってみて腰の痛いことの大変さが身に染みる。
前傾姿勢は駄目だし中腰なんてもってのほか。
階段を上がるのもつらしいジッとして寝ていても痛い。
しかも寝返りうってもいたくて目が覚める。
最近では寝返りうつ時に起きるわけじゃないけど、
何となく半覚せいというか意識がある。
痛くないようにゆっくりとか腰を少しずらしてからとか
思いながら寝返りうってる。
慣れと言うのかは分かりませんが眠っていても出来るものなのですねぇ(笑)。





長くなりました。
何時もの場所を今日は紹介。

まずは何時もの山。
C01-2601.jpg





何時もの棚田・棚池。
C01-2605.jpg





ここも以前紹介した撮影スポット。
今朝の様子。
C01-2580.jpg C01-2578.jpg





何時もの田んぼ。
C01-2591.jpg C01-2587.jpg C01-2586.jpg

田植え後約一か月。
もう少ししたら中干し。
場所によっては強制的に中干しになってますけどね(笑)。





タイトルの買い物、ヘキサゴンブレード。
C01-2671.jpg

写真は草刈り機の刃を写していますが、
買ったのは刃の内側に付いてる小さい六枚刃のもの。
刈払い機使う人は分かると思いますが、
葛の蔓やナイロン紐などが刃の周りに巻きつく。
その度にエンジン止めて外さなければいけない。
エンジン掛けたままは危ないので絶対禁止。

まぁ、作業中にそれが面倒なのです。
で巻きついた蔓などを切ってくれるという商品を買ってみた。
二枚入りで約千円。
取り付けて使ってみましたがなかなか良い感じ。
腰が痛いので昨日は親父用の軽い草刈り機で試しましたが、
一度もエンジン止めずに済んだ。
次は自分用の機械で試して見ます。





カエル。
G01-4382.jpg C01-2652.jpg C01-2653.jpg

アオガエルがオタマジャクシからカエルに変体。
稲の葉に止まっている。
餌の虫でも狙っているのでしょうか。

餌と給餌風景

2013/06/15 Sat

今は曇り。
気温は上がっていませんが湿度はハンパない。
少し動いただけで汗が出る。

天気予報だと今頃降っているはず(笑)。
夕方までは雨降り予報なのですがあざ笑うように降りません。
この後降ってくれると良いのですけど・・・。
というかも、降ってもらわないと田んぼが干上がります。

未だ梅雨入りもしていない新潟。
どうなるのでしょうか。
梅雨時期に例年以上に降ってもらわないと出穂時に水が足りません。
天気の話になるといつも以上にエキサイトしてしまいます(笑)。





今日は金魚にやっている餌。
と言っても別段変わったものも特別なものもやってはいない。
普通に配合飼料です。

まずは当才用。
S01-2314.jpg

粉餌。
鯉師の方はミジンコ湧かしてそこに稚魚を入れますが、
自分以前も書きましたがミジンコ湧かすの下手なのです(笑)。
今は諦めてミジンコ湧かそうともしません。
なので生まれたら速攻で粉餌です。
もう少し大きく成ったらこれにサナギの粉を混ぜますし、
更に大きく成れば粉からクランプル→沈みの極小と変えていきます。





浮餌。
S01-2317.jpg S01-2319.jpg

確か左が4号で右が6号。
各池に色んなサイズが混泳しているので混ぜて撒きます。
後は勝手に自分に合ったものを食べてもらう(笑)。
と言っても、浮はメインの餌じゃない。
さば尾たちの調子を見るのが目的。
当然自分の鑑賞も大事ですし。





沈み。
S01-2321.jpg S01-2323.jpg

左が4号で右が5号だったと思う。
メインの餌はこっちの沈み。





給餌風景。
まずは二才と親。
C01-2433.jpg C01-2435.jpg C01-2436.jpg

C01-2442.jpg C01-2439.jpg

上の三枚はエサを蒔く前。
下は浮餌を巻いた後。

親は二才の10分の一の数しかいないのですが、
何かすごく数が居るように見える(笑)。
ここにいるのは今年子取りに使った親たち。





なんでもあり。
C01-2464.jpg C01-2454.jpg C01-2460.jpg

当初越冬イケスから上がったさば尾たちのみ入っていた。
少し飼い込んでこれから市場に出荷する予定だった。
のですが、先日水が無くてあげたさば尾たちも此処にいる。

なので数は居るしサイズも二才から親までと色々。
超が付くほど込み合っている(笑)。
早く雨降って野池に水が溜まって元に戻してあげたいのですが・・・。
何時になることやら、というか今シーズン中に可能なのか。

取りあえず雨降って欲しい毎日が続きます。

ダブルショック

2013/06/13 Thu

今日は曇り。
朝から気温は高いですが天気は曇り。
湿度も高くてジメジメ。
とっても過ごにくい気候です(笑)。


タイトルのダブルショック、
一つは期待していた台風ですが本当に期待外れで終わった(笑)。
雨の一粒も降らずただフェーン現象で気温が上がって、
適度に風も吹いたので田んぼの水を蒸発させて終わっただけ。
少しは雨の恩恵が有るかと思っていましたが全く無し。
おかげで野池の水は減る一方です。


もう一つは腰痛。
いきなり年寄りくさい話題ですが、
50も間近になってくれば体のそこかしこに
異状が出て来てもおかしくない訳で・・・。

週末位から腰に違和感はあったのです。
左の腰というか尻の上が痛いというか違和感がある。
バンテリン買って塗ったり湿布薬張ってみたりしていた。
土日と草刈りをして月曜の朝も違和感があるかなって感じ。
なのでまぁ、筋肉痛と同じで湿布張って
しばらく経ては治るかな位に思っていたのです。
が、昨日の朝起きて屈んだら腰が痛くて立てない(笑)。
歩く分には支障はないのですが、
前かがみとか中腰になるとともかく痛くて立てない。
うめきながら立ち上がって
暫くじっとしてからでないと次の動きが出来ない。
腰が痛くてこんなになったの初めて。

仕事休んで整形外科行ってきました。
が、行く前から言われていた通り整形行っても何もしてくれない。
レントゲンとって痛み止めの薬貰って電気当てて湿布薬貰って帰ってきた。
どうやら時間が解決してくれるのを湿布張って待っているだけらしい。
病院行ったら少しは改善するかと思ったのですが甘かった。

かと言って毎日の水見や餌くれ行かないでは済まないし。
暫くは腰痛と付き合いながら生活するしかないようです・・・。





今日の写真は明け二才・三才の給餌風景。
S01-2390.jpg S01-2387.jpg

C01-1916.jpg

上は今朝の様子。
下は野池に入れた直後。
入れて直ぐは透明な水が今は濁ってハッキリ見えない。
元気に餌食いに浮いて来るので順調かな。





おまけ、当才。
S01-2357.jpg

先日孵化したばかりの当才。
取りあえずこうして見えるので無くなってはいない。
暫くすれは浮いて来るようになるでしょう。

本気で困った

2013/06/11 Tue

今日も朝から快晴。
憎たらしくなるほどの良い天気です(笑)。
しかも台風のフェーン現象で気温は高いし・・・。
しかも風なんかも適度にあって最悪です。

最初から悪態ついてますが相変わらず雨が降らない。
最近は全国ニュースでも各地の水不足や空梅雨の影響を
放送しているので見た方も多いと思うけど。
我が家もそんな一地方です。

一応土曜日の早朝というか夜中に雨は降ったのですが、
田んぼの水を土日と掛けなくて良い程度。
野池の足しには全然足りない。
本当に困っているところにこの台風のフェーン現象です。
気温が上がって適度に風が有れば折角の田んぼの水も
みんな蒸発してしまう・・・。
しかも雨を期待している台風なのですが、
なんか進路がだんだん東にずれてく。
気温だけ上がって雨降らずに終わるなんてことありませんよね。
取りあえず台風で雨が降ることと、
台風の影響で梅雨前線が日本にかかってくれること期待してます。

業界によっては雨が降らない方が良かったり、
台風は困るなんて方は沢山いると思いますが、
雨が欲しくて切羽詰まっている人間もいたりします。
まぁ、水が無くて困っている奴が書いていることだと思って読んでください。





前置きが長くなりました(笑)。
あんまり雨が降らないので愚痴が長くなった。
とは言え上に書いたのは本音ですし。

週末に週間天気予報をチェック。
テレビやらネットやらスマホのアプリやら・・・。
結果、今週末まではどう転んでも雨は降りそうもない。
しかも、六月に入って日々の最高気温はだんだん上がって行くし。
と言う事で一枚の野池のさば尾たち上げることにした。
取りあえず出せるところまで水を出す為に。

相変わらず作業中の写真は有りませんが・・・。
日曜日、地引網引いてさば尾を捕獲。
水の心配ない野池に移動。

今朝の野池。
R01-1141.jpg R01-1140.jpg

これでもまだ水深40センチ位有る。
満水時の十分の一・二位の水量。
金魚居なくなったので水が濁らないこと(笑)。





比較。
R01-0942.jpg R01-1137.jpg

左がさば尾を入れた直後。
水位を撮るのが目的ではなくやたらしているところを撮った写真。
比べなくても水無いのは一目瞭然ですが(笑)。

去年の夏でさえも池のさば尾を上げたりはしなかった。
それだけ切羽詰まっているってことかな。
まぁ時期が違うというのも大いに関係有りますけど。
田植え後から中干しまでの期間は稲の育成時期。
この時期水やらないと分けつしなくて大きく成らない。
なので出来るところまではやる。

と言っても、これで梅雨時期に雨が降らず
野池に水が溜まらなければ出穂時に掛ける水が無いので、
米にはならないのですけど・・・。





暗い話ばかり続けたので、
困ってない場所もあるという写真(笑)。
R01-1131.jpg

ここは水には困らない田んぼ。
去年の日照り時にも水は有った。
この水を上の野池に回したいのですが、
数キロも離れているので無理です。





何時もの田んぼ。
R01-1133.jpg

大分稲も大きく成ってきました。
この田んぼの右上が上の水を入れてる場所。
水が足りなくなれば上の田んぼからも回せますが、
田んぼの周りから湧いて出る水だけでほぼ足りる。





ついでに畔豆。
R01-1127.jpg R01-1129.jpg

先週月曜日に植えた畔豆。
土曜日の朝の雨のおかげで芽が出てきた。
昨日も今朝も土日に草刈りをした田圃の畦に豆植えてた。
今年も畔豆は丹波黒豆と太白・一人娘・肴豆らしい。
お盆頃から畦豆の枝豆が食べられるかな。
その前は畑に植えた枝豆。

野菜

2013/06/07 Fri

今日は曇り時々雨。
とは言っても、溜まるほどの雨ではなくポツポツとあたる程度。
それでも降らないよりはマシですが、
野池に水が溜まる位降って欲しいです・・・。





今日は写真多めなので文章少な目で行きます。

我が家で作っている野菜。
自分は基本畑仕事はやりません。
頼まれてトラクターで耕す程度かな。
後は親が趣味の延長って感じで作っている。
多品種を少量ずつ。

まずはジャガイモ。
C01-2199.jpg C01-2198.jpg

今年はトウヤと男爵らしい。
写真がどちらかは分かりませんが・・・。





トウモロコシ。
R01-1104.jpg C01-2208.jpg C01-2205.jpg

左側が先取り用、右二枚は後取り用。
植え付ける時期をずらすことで収穫期をずらします。





山芋。
C01-2221.jpg C01-2218.jpg





落花生。
C01-2215.jpg C01-2217.jpg





ネギ。
C01-2211.jpg





夕顔。
C01-2251.jpg C01-2249.jpg





トマト。
C01-2246.jpg C01-2248.jpg

この中に大玉・中玉・ミニトマト、他にイエローとか
いろんな品種が混ざって植えられていするはず。





イチゴ。
C01-2257.jpg





色々。
C01-2224.jpg C01-2225.jpg

畑に行くとこんな風に肥やし袋を被った苗がある。
植え付け直後のダメージを和らげるのが目的。
風だったり気温だったり。
暫くして苗が根づいたら袋は外す。





アサヅキ。
C01-2261.jpg





山わさび。
C01-2267.jpg





スイカ。
R01-1098.jpg R01-1100.jpg C01-2209.jpg

スイカも上のトウモロコシ同様植え時期ずらすことで
収穫期をずらしてます。
右が遅い方。





メロン。
R01-1109.jpg R01-1108.jpg





南瓜。
R01-1103.jpg





キュウリ。
R01-1083.jpg R01-1077.jpg R01-1079.jpg

やっときゅうりの花が付いてきた。
後20日もすれば自家産キュウリが食べれるはず。
キュウリと夕顔は市販のネットじゃなく木の枝を立てる。
当地では「くね」と呼びます。
これはいくら面倒でも譲れないらしい(笑)。





ミニキュウリ。
R01-1091.jpg R01-1087.jpg R01-1088.jpg

こっちは市販のキュウリネットです(笑)。
上のキュウリと比べても違うのが分かるかと。





ミニメロン。
R01-1097.jpg R01-1095.jpg

コロタンとかいう品種らしい。
こいつもキュウリネットに絡ませて、
上に登らせるつもりのよう。





枝豆。
R01-1106.jpg

上のどこかの写真にも写っていたと思いますが、
兎も角開いたスペースがあれば豆が植えられてる(笑)。
これは我が家で一番早いやつ。





二十日大根。
R01-1111.jpg





サラダ蕪。
R01-1113.jpg





オカヒジキ。
R01-1116.jpg

この他にもまだ色々野菜は植えてある。
長い夏の間に色々紹介する機会もあると思います。

撮影スポットとカマキリ

2013/06/06 Thu

今日は曇り。
朝からずっと変わらない。
普通に曇り空って感じの天気。
気温は高め、ついでに湿度も高めです。





今日はサラッと行きます。
何時も自分が紹介する棚田・棚池の撮影場所は
カメラマンには有名らしく週末になると結構人が来る。
ここは西向きなので、
本格的に撮る方たちには夕日の写真スポットとなってる。
とは言え朝から撮ってる方もいれば日中撮ってる方もいる。
多分、それ目的じゃないけど、
車を止めて写真撮ってる方が沢山いるので、
じゃあ自分もって感じで車を止める方も多いと思う。
前者の方はデジイチ三脚付き。
後者の方は携帯だったりスマホだったりコンデジだったり。
持ってるカメラで大体分かる(笑)。

何時もの棚田・棚池。
C01-2186.jpg C01-2187.jpg

右の写真のように水車が回ったり電柱が有ったり。
後はこれをカメラマンがどう処理するかなのでしょう。
自分そこら辺は素人なので分かりませんが。





今日は別な撮影スポットを紹介。
と言っても棚田棚池の場所。
C01-2176.jpg C01-2173.jpg

ここは朝の場所。
写真の様に春秋の冷え込んだ朝は朝靄が上がる。
それを狙って皆さん集まる。
朝から大型バスが止まっていてびっくりすることも・・・。
ここは何時もの場所よりちょっと分かりずらい所。
道も狭いし。
ガードレールの無い山道ですので気を付けて。





カマキリ。
R01-1025.jpg R01-1017.jpg

R01-1019.jpg R01-1024.jpg

夏坊主の植木にいたカマキリ。
この植木だけでも20匹以上いたと思う。
夏坊主の隣の植木にカマキリの卵が産み付けてあった。
そのうち見れるろうと待っていた子カマキリ。
この大きさってことはもう一週間前くらいたっているかも。
今シーズンもカマキリ写真多分載せていきます。

毛仔

2013/06/05 Wed

今日も晴れ。
朝から暑いです。
しかも天気予報に雨のマーク一向に付かないし。
このままだと田んぼ干上がります。
今の時期水を切ると稲は分けつをやめる。
そうなるととっても困るのですけど。
まぁ、何時もの事ですが天気の愚痴を言っても始まりません。





気を取り直して、週末から始めた草刈りの様子から行きます。

草刈り前。
C01-2080.jpg





草刈り後。
C01-2182.jpg

まだ中畦の草が残っていますが、
時間切れというか体力切れでここは今週末に回します(笑)。
まだ上の段の田んぼの畦の上側も刈ってない。

ここは水の心配のない田んぼ。
なので水はたっぷり張ってあります。

青いブルーシートをかぶったのはエンジンポンプ。
別の田んぼに水を送るのに使ったり、
畑の野菜のために水を汲むのに使ってます。

先週雨が降ったので親は起こした野菜苗を喜んで植えた。
そしたらこの日照りで苗は枯れそうらしい。
ここから軽トラの荷台に積んだタンクで水を汲んでは
畑の野菜に蒔いてます。





ついでに除草剤撒いた後。
R01-0997.jpg

田んぼの周りの草は草刈り機でひたすら刈りますが、
農道の脇の草は草刈り機使いたくないのです。
砂利に草刈り機の刃が当たってチップがとんだり、
最悪石が自分めがけて飛んできたりするので。
なので、農道の周囲だけは除草剤使います。





畦豆。
R01-0989.jpg

自分が草刈りした翌朝には田んぼの畦に豆が植えられた(笑)。
高雨が降らないと豆植えても芽が出ないと思うのですが。





タイトルの毛仔です。
R01-1001.jpg R01-0999.jpg

前回のブログに産卵しましたとだけ書いた。
卵の写真は載せなかったけど。

昨日の朝、孵化の様子を見に行って来た。
というか孵化しているはずなので
網を下げに行ったというのが本当の所なのですけど。
予定通りかなりの数の毛仔がいた。
上の写真のような感じで網の何処も毛仔でいっぱい。
しかも二張り共。

どっちか一枚が少ないなんてこともあるかと思いましたが、
そんな心配は全くの不要だった。
どちらかというと、多すぎて困る位(笑)。





網下げ後。
R01-1003.jpg R01-1006.jpg

毛仔の孵化を確認したら網を下げる。
上の写真の様に網の半分位を下げておけば毛仔はそこから野池に散らばる。
今朝見たらの池中にいた。

後は無くさない様、飼い込んでいくのみです。

五月の花とか

2013/06/03 Mon

今日も晴れ。
朝から良く晴れて気温も上昇してます。
ただ、そんなに湿度が無いので日陰に入ればなんとかなる。

それにしても雨が降りません。
先週水・木と少し雨が降りましたがその後は晴れ続き。
週間天気予報も晴れマークが並んでます。
毎日のように田圃に野池の水を出し続けて、
もうすぐ出せる水が無くなります(笑)。
去年は7・8月に雨が無くて切ない思いをしましたが、
今年は梅雨前から困ってます。
なんとか雨降って欲しいのですけど・・・。


話は変わって先週木曜日に仕掛けたさば尾の産卵。
土曜日の朝見に行っても全然産卵の様子はない。
雌を追いかけてる雄もいない感じ。
ひょっとしてもう産卵終ったかなって思いまして、
朝食後胴付き履いてつり網の確認に。
しっかり産卵してました(笑)。
しかも未受精卵は白く白濁してるし。
と言う事はやっぱり金曜日の朝産卵したってことです。

多分自分が見に行ったときには既に終わっていたか、
その後産卵始めたかなのですが・・・。
まぁどっちでも良いです(笑)。
結構な数の卵は確保できたようなので、
今年一年飼う分は十分確保できると思う。

親はつり網から出して別の野池に移動。
明日くらいにはもうつり網の中で
毛仔がツンツンしていることでしょう。
これから餌くれに明け暮れる毎日が始まります。

先週放した明け三才を入れた野池は
池の何処に行っても毛仔が見えるくらい生まれてる。
こいつらが順調に大きく成ると大変な数が居そう。
そう言えば、
この野池に金魚仲間が杉の枝を入れたと書いた。
それを自分の所の野池に持って行って入れておいたのですが、
見に行ったら4本の杉の枝の卵だけで、
野池一枚分の稚魚確保できたみたい。
何処でも毛仔が見える。
金魚の話はこれ位にします。
写真もないことですし。





タイトルの五月の花。
五月中に撮って紹介してない花の写真が結構ある。
今日はそれを載せます。
以前折角紹介する時は名前くらい載せたいと思って
本を買ったと書いたのですが、
いくら本だからと言って全ての花を紹介しているわけではない。
自分の探し方が良くないのかもしれませんが、
結局名前分からない花だらけでございます(笑)。
調べるのも面倒になったというのも有りますが・・・。
分かる奴だけ名前書きます。
間違っているものもあるかもしれないので、
笑ってみてやってください。


最初から名前の分からない花です(笑)。
R01-0806.jpg R01-0810.jpg





これも不明。
R01-0814.jpg R01-0824.jpg





スズランに似た花。
R01-0903.jpg R01-0910.jpg R01-0904.jpg R01-0907.jpg





ワラビ。
R01-07991.jpg R01-0804.jpg





ムスカリ。
R01-0887.jpg R01-0883.jpg





ツツジ。
R01-0913.jpg R01-0911.jpg





これは我が家の鉢植え。
R01-0967.jpg





八重桜。
R01-0949.jpg R01-0954.jpg

時期外れに咲いた八重桜。
まだ若い木なのですが今年は鳥にやられて、
この花だけしか咲かなかった。





これも植木。
R01-0956.jpg R01-0960.jpg





タンポポの綿毛。
C01-1748.jpg





クレソン。
C01-1674.jpg C01-1947.jpg C01-1677.jpg C01-1941.jpg





シロツメグサ。
C01-1726.jpg C01-1722.jpg





野草その一。
C01-1680.jpg





野草その二。
C01-1699.jpg





野草その三。
C01-1939.jpg C01-1935.jpg





野草その四。
C01-1770.jpg C01-1774.jpg C01-1778.jpg





野草その五。
C01-1950.jpg C01-1953.jpg





色違いの植木。
C01-2039.jpg C01-2040.jpg

C01-2041.jpg C01-2043.jpg





クレマチス三種。
R01-0963.jpg R01-0966.jpg

C01-2049.jpg C01-2052.jpg

C01-2061.jpg C01-2062.jpg
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR