最近の野菜の様子

2013/10/31 Thu

今日は曇り。
終日どんよりした空ですが降り出してくる感じはない。
この時期晴れなくても雨が無いだけで作業が出来る。
晴れなら収穫物を干したりもできますが、
贅沢を行ったら限が無い。
雨が無いだけでも良しとせねば。


夏場にずっと五時起きしていたので
今も五時になると目が覚める。
真っ暗で何も出来ませんが
取りあえず起きてパソコンでもが最近の日課。
それもだんだん寒くて暖房なしだと辛くなってきた(笑)。
6時過ぎれば明るくなってくるので活動開始。
と言ってもせいぜいキノコ採ってくる程度。

まだ野池に張ったテグスがそのままになっているので
それも外さねばならないのですが気分的に無理(笑)。
春のこれから野池に入れようかって時だと
早起きして糸張りするのですが、
片付けるだけだと思うと朝無理してやろうって気力が湧かない。
どこかの週末で暇見つけて片付けねば。





今日は最近の野菜の様子。
とは言え写真の中には一週間くらい前のものもある。
秋野菜がどんな感じか紹介です。
まずは大根。
C01-7086.jpg C01-7084.jpg

今はもう少し太くなって来てます。
大根は寒くなってこないと太くなってこない。
今年は例年より暖かいらしく太りが良くないと言ってた。





キャベツ。
C01-7079.jpg C01-7088.jpg C01-7120.jpg

秋野菜の中じゃ一番手を掛けてもらっている。
寒冷紗掛けないと青虫で穴だらけにされる。
同じ葉っぱしてますがブロッコリーはキャベツほど青虫いない。





レタス。
C01-7075.jpg

レタスは殆ど虫の被害は心配しなくて良い。
代わりに病気が出やすいけど。





菜っ葉。
C01-7107.jpg C01-7097.jpg C01-7099.jpg

多分蕪だと思うけど野沢菜も交じっているかも。
この辺は自分は写真見ただけじゃ分からない。





長岡菜。
C01-7102.jpg

これは茎が白いので違いが分かる。





ミニトマト。
C01-7090.jpg

トマトは成ってももう赤くなる頃には実が割れる。
この写真のも実が割れてる。
夏野菜はやっぱり温度が無いと辛いです。





ネギ。
C01-7109.jpg C01-7113.jpg

今年の我が家のねぎは良くない。
取りあえず越冬用位は確保できると思う。





菊。
C01-7080.jpg C01-7081.jpg C01-7125.jpg

食用菊、赤と黄色。





ナメコ。
C01-7195.jpg C01-7240.jpg

右は今朝の収穫。
取り立てをみそ汁の具にして頂きました。





豆。
C01-7206.jpg

畦豆を稲架にかけて干してる。
乾いたら稲架から下ろして豆落とし。
このまま行くと稲架じゃ乾燥しきれなくて
持ち帰って車庫で乾燥ってことになるかも・・・。





ひこばえ。
C01-7255.jpg

切った株の後に出てくる芽の事。
稲の場合は二番穂。
これは糯米の株。





おまけ。
C01-7160.jpg

狸か貉の足跡。
スポンサーサイト

当才水槽

2013/10/30 Wed

今日は曇りのち雨。
天気予報通り午後から雨に成りました。
このまま天気予報が当たるのであれば夜には雨上がるらしい。


毎年この時期は何かと物入りでお金が出ていく(笑)。
水槽をセットしたり金魚を上げて来たりしているとあれが無い、
これが欲しいとアマゾンだ楽天だでポチッとしていると
何時の間にか結構な金額に(笑)。
それ以外にも近場のホームセンターで買ったりして
何時の間にか金が無い(笑)。

因みに去年も買いましたが、
今年も水槽用の水中ポンプ二台買った。
二台で55000円オーバーは貧乏人には辛いです。
まぁ、水中ポンプのおかげで
今の時期の水槽はかなり温かだったりしますが。

愚痴になってしまいました。





写真行きます。
まずは我が家の前のブナ林。
C01-7212.jpg C01-6621.jpg

左が今朝で右は今月上旬。
少しですが色づいて来ているのが分かるかと。





二才が入っていた野池の周りの林。
C01-7187.jpg

ここもブナですが色付き始めてきました。
もう金魚はいないので餌くれの必要はないのですが、
ここに椎茸とナメコの原木が置いてあるので
定期的に観察と収穫に行きます。
明日はここのなめこ採れるはず・・・。

段々寒くなってきたので椎茸もナメコも中々大きくならない。
今月上旬は一日採り忘れただけでデカくなりすぎたのに。





上の二才池に向かう農道。
C01-7199.jpg

秋が深まると落ち葉で道が覆い尽くされ
四駆かけないと登れなくなる。





漆。
C01-7202.jpg 

赤くなる木が少ない当地で
いち早く赤く紅葉するのが漆です。





今日のタイトルの当才水槽。
703-4292.jpg 703-4301.jpg

703-4511.jpg 703-4313.jpg

上が大サイズで下が小サイズ。
まだ水槽に入れたばかりなので慣れていません。
前回のリベンジ映り込みの無い夜にライト付けて撮っているので、
ライト付けられた最初は上り写真の様に水槽の下の隅に集まります。

餌を上げるようになり慣れてくると
ライトが付くと餌を貰えると学習すると
水面に集まってくるようになるのですが・・・。
それはもう暫く先かな。






703-4496.jpg 703-5374.jpg

時間が経てば上の写真の様にばらけてくるのですが。





一寸だけ撮ってみた。
703-5317.jpg 703-5278.jpg 703-5233.jpg


703-5183.jpg 703-5345.jpg 703-4412.jpg

今年の二才の上がりを見ると模様的にいまいち面白くない。
なので今年の立ては上見を重視した選別にした。
結果横から見ると巻き下がりが足らないものが多いかも。

取りあえず越冬体制に入ったばかり。
まずは落とさないことを目標に一冬乗り切りたいと思います。

池上げ終了

2013/10/28 Mon

今日は晴れ。
スッキリした秋晴れですが今一つ気温が上がらない。
段々日中の気温も上がらなくなって来た。





今日は週末の池上げの様子。
と言ってもいつも通り写真は無いですが。

土曜の午後には雨は上がり、
寒さ対策にカッパを着ての池上げでしたが、
山笠被らなくても良かったのでのまぁラッキーかな。
糸張ってある池を上げる時は
山笠被っていると邪魔になるのですよ。

いつも通りある程度水を抜いたら地引網引いて金魚を捕る。
デカい奴等は選別の必要が無い。
網引いた時に吸い込んだ泥を吐かせるために
エアレーションした水槽に入れて飛び出さない様簾を掛ける。

でここからが大変。
大量にいる当才を捕って袋に入れてイケスに運ぶ。
イケスには吊網張ってあるのでそこに入れて泥を吐かせる。
我が家の越冬イケスは車の入らない場所なので
一輪車にコンテナ付けてそれに袋入れて運ぶ。
文字にするとこれだけですが、
一袋が水と魚で15キロくらい有る。
これを四つ積んで運ぶのですが運ぶ途中が田んぼの畦。
雨でぬれてグチャグチャの畦は滑るはタイヤは取られるはで大変。
泣き言を言ってもやらなければいけないことに変りはない。
土曜は一回の地引で結構かかったので運ぶ量も多い。
おかげで二回目引かなくて済みましたけどね。

この池も底が平らなので最後はポンプで水出し。
とは言っても先週末に上げた池に比べればずっと小さい。
途中でガソリンが無くなるという笑える準備不足もありましたが、
順調に水も抜けて引き残りを取って終了。
引き残りをイケスに入れて当日は泥出しの為そのまま。

春から野池でエアレーションをしていたプロアーを
コード延長して今度はイケスに設置。
かなりの数の当才を入れたので酸欠防止のため。

後は泥だらけの道具を洗って撤収。
そのころになって止んでいた雨が降りだしてきた。

道具を片付けたら泥を吐かせていたデカいやつらを
水槽に移して土曜は終了。
なのですが 思った通り親水槽がかなり混み合う(笑)。
他のとこに入れたりして何とかしましたけどね。

   
日曜は当才の選別。
水槽に入れる大サイズと小サイズにけて拾う。
数が居るので選別の終わらないこと(笑)。
まぁ今年はサイズも型も良かったのでやっていて楽しいですけどね。
とは言え冷たい水にずっと手を入れっぱなしはきつい。
大サイズを300強と小サイズを200強拾って取りあえず終了。

午後一で遠方よりお客様。
鯉を飼っているとの事で選ぶ金魚も良いのを選ぶ。
選別の途中だったのでお構いも出来ず申し訳ありませんでした。

その後もひたすら選別続けて終了。
なのですが、
今朝気付いたけど土日と写真一枚も撮ってない(笑)。
文章だけじゃ何なので慌てて撮った写真が下。

150水槽。
C01-7171.jpg





120水槽。
C01-7174.jpg

昨シーズンまでは車庫に置いた当才水槽なのですが、
今シーズンは玄関先に持ってきた。
というか置き場所がここしかなかっただけですが(笑)。
車庫と違って明るいですが映り込みがハンパない。
結局使える写真は上の二枚のみ。

取りあえずこれで今シーズンの池上げは終った。
後は片付け物と水槽管理だけなのですが、
中々思うようにはいきません。
という話はまた後日。

秋の収穫物

2013/10/26 Sat

今日は雨降り。
朝はかなり降っていましたが、
段々小降りになって来たような・・・。
天気予報通り午後から雨上がってくれるでしょうか。
午後から今シーズン最後の池上げ予定なので
雨が降っていないととっても嬉しいのですが・・・。


午後からは各池から集まった当才をあげるのですが、
これがまた数が居るのですよ(笑)。
二・三才と仔採りに使った親は既に水槽入りしている。
午後から上がる親はほぼ水槽入り組み予定なので
かなり込み合うことになるかも。
状況見ながら調整です。

で、後は当才を選別して水槽組とイケス組に分けたら
越冬体制完了になる。
後は野池に残ったテグスや杭を片付けて
土手のランマ締めをしてようやく作業終了かな。
まだ結構作業残っているかも(笑)。

今日の池上げの様子は後日また紹介します。
以前も書きましたが
今シーズンの当才良い出来なので楽しみなのです(笑)。





最近は金魚の話題ばかりだったのでたまには野菜です。
秋の収穫物を載せてみます。

まずは茸。
C01-6689.jpg C01-6984.jpg

ナメコと舞茸。

今年の当地は雨が多かった割に天然のキノコ良くないらしい。
当地でアマンダレと呼ばれるキノコ全然でないと言ってた。
我が家の植菌した原木茸も出がいまいち。





山芋。
C01-6946.jpg

早々と地上部が枯れたので山芋採れないのではと心配してましたが、
例年に比べるとかなり小ぶりですが取りあえず採れる。
味は何時もの年は変わりません。





サツマイモ。
C01-6969.jpg C01-6970.jpg

サツマイモも例年より小ぶり。
子芋の数は有るけど・・・って感じです(笑)。





こんにゃく芋。
C01-6951.jpg C01-6983.jpg

C01-7048.jpg C01-7046.jpg

C01-6977.jpg

こんにゃく芋は例年通りかむしろ大きめ。
上は収穫直後。
中段はそれを干すために並べたところ。
下段は大玉のもの。

昨夜、こんにゃく作っていた様なので
今晩の食卓に上るでしょう。
手作りコンニャクの刺身は美味いのですよ。





黒落花生。
C01-6961.jpg C01-6959.jpg C01-6972.jpg

採ってきたら豆だけ取って後は干す。
その後炒ってやっと落花生で食べれる。





菊芋。
C01-7073.jpg





ササゲ。
C01-6975.jpg

ササゲも干したら虫食い拾って後は保存。





最後は牛蒡。
C01-7067.jpg C01-6956.jpg C01-7069.jpg C01-7070.jpg

今年の牛蒡は色々。
左の普通に牛蒡と呼べるものから
太いけど短いもの、長いけど何又にも別れたもの。
右の箸かこれって位細いものまで。
それでも調理してしまえば味は同じでしょうけど。
でも見た目もむ大事だとは思う(笑)。

選別

2013/10/23 Wed

今日は晴れ。
朝は良い感じの秋晴れでしたが、
段々雲が多くなってきた。

この時期晴れてくれると秋仕事が進んで嬉しい。
畦豆刈って稲架に干したり、
春に植えた芋やネギ・牛蒡に人参等を掘ったりと
しなくてはならない農作業が意外とあります。
と言っても畑は両親の担当なので自分が直接やる訳じゃないですが。
それでもやっぱり気にはなる訳で・・・。
家の車庫やビニールハウスに収穫物が並ぶと
秋が深まってきたのを感じます。





今日のタイトル選別。
週末に上げた二・三才は日曜に選別して水槽に収容してある。
のですが、二才水槽はもう少し数を入れられそうな雰囲気。
当才の大きいところを入れようかとも思ったのですが、
当才は三才水槽に少し入れることにして
二才水槽の収容をもう少し増やすことに・・・。
という訳で追加で入れる分を選ぶことに。

日曜日が雨降りで様子を撮れなかったのでかわりに。
と言っても作業はとっても簡単。
イケスの二才を丸桶に上げて良いものを選ぶだけ。
選ばれなかったものはまたイケスに戻す。
とは言えイケスの水かなり冷たいのでそれなりに大変です(笑)。

と言う事でその様子。
イケスの二才。
C01-7149.jpg

冷たい水に順応できず寝たままのものも居ますが、
入れて数日たっても寝たままや浮くものは多分回復しない。
いくら体型が良かったり模様が良くてもダメ。
体型が良くて真ん丸すぎるやつに限って
転覆したり寝たままだったりします。





丸桶に上げた。
C01-7051.jpg

取りあえずイケスの二才全部。
とは言え既に一度選別して水槽に入れた後なので数は少なめ。
一度目は丸桶二つ分居たので・・・。





選んだ奴ら。
C01-7065.jpg C01-7063.jpg

この中から数匹落として今回は15匹水槽に追加した。

今日は一匹づつの写真有りません。
また機会を作っていずれ。





おまけ。
C01-7057.jpg C01-7056.jpg C01-7054.jpg

今年の二才で一番小さく上がった奴。
体型は超真ん丸ですし丸い割に転覆もしていませんが、
当才の大きいサイズの者より小さい。
60センチ水槽あたりで飼うには良いかもしれません。
いくら小さくても二才なので当才よりはずっと丈夫です。




おまけ、その2。
C01-7152.jpg C01-7154.jpg

左の写真ほぼ中央に真っ白な奴が写っているかと。
右はアップで撮った写真、中央の真っ白い奴。

春に野池に入れる前はこんな。
IMG_3375.jpg

上の写真はブログを始めた頃に撮ったので数年前ですが。
基本大きくなっただけで代わってはいなかった。

雄で模様も緋質も良いので毎年の仔採りに使っていた。
今年も何時ものように使ったし。
仔採りした後は二才池に入れてあった。
こいつは野池でも水槽でも浮餌を食べにほとんど浮いてこない。
たまに気が向くと一寸顔を出す程度。
野池でなんか白っぽいやつがいるとは思っていたのですが・・・。
上がってきたメンバー確認するこいつの緋が落ちたらしい。
二・三才で緋が落ちるやつはいるけど6才になってとは。

現在こいつを水槽に入れるか思案中。

二・三才池上げ終了

2013/10/21 Mon

今日は晴れ。
秋晴れという言葉がぴったりな爽やかな陽気です。
こんな天気が暫く続いてくれればうれしいのですが、
この天気は今日だけ明日はまた終日曇りらしい。
雨が降らないだけましかもしれませんが。




今日は週末に行った池上げの話。
と言ってもいつも通り作業中の写真は有りません。
が、まずは何時もの山の写真から。
C01-6986.jpg

10月も下旬に成り少しですが色つき始めてきたような。





こちらも何時もの棚田・棚池。
C01-6993.jpg

池上げも終盤に入り残っている池もあとわずか。





今朝の月。
C01-6991.jpg

今朝山廻りした時の写真。
空気が澄んできたようで月がくっきり写ります。





ここからは週末の様子。
週中から水出しをして準備していた二才池と、二・三才が入った池。
面積的には二・三才池の方が広いのですが深さは二才池の方がある。
共通しているのは両方周囲を林に囲まれていること(笑)。
ゴミが多くて地引網が引きにくい。
それから底が平らで水が抜けにくいのも共通でした(笑)。

とは言え、事前に水は抜いてあるので出来れば
午前に一枚と午後から一枚を上げるのが目標。
土曜日は終日曇り。
気温も上がらず日陰は寒いくらいでしたが、
池上げするのには金魚に負担が掛からず良い天気。

二才池は前日目標地点まで水を抜いてあったので一旦停止。
土曜の早朝は再度その水を出すことから。
水位が下がっているので手こずるかと思いましたが、
順調に水抜くことできた。

朝飯食ったらまずは二・三才池を網引き。
取ったさば尾をイケスに放したら今度は二才池の網引き。

二・三才の池は前回紹介したように一度網引いてあるので
そんな数はいないので比較的楽。
比べて二才池は一度目。
しかもやたらの当才もかなりの数居るし。
後子取りした親も此処に入ってる。
かなり水を抜いた後なので掛かりは良かった。
それもイケスに運んで後はポンプを使って水抜き。
地引網の引き残りを取って終了。

午前中は予定通り。

昼食とって休憩もそこそこで午後の部開始。
水が少なくなってくるといくらネット張って糸張ってあっても
カラスや獣に何されるか分からないのですよ。
ここも水の出が悪いのでポンプ併用で水を抜く。
ですがやたら面積があるのに底は平。
まぁ、水の抜けないこと。
ヘタに水があるうちから野池の中歩いて引き残りを取ると
泥に残った足跡の中に金魚が入ってしまうのでぐっと我慢。
水が減って金魚の陰が見えるようになって来ると
カラスが周囲で騒がしいこと(笑)。

でも夕方までには何とか引き残りを採ることが出来た。
鯉と違って金魚は地引網に掛からない。
デカいやつですら抜ける。
引き残りが出ない網ないでしょうか(笑)。

取ったさば尾二・三才はイケスの中で
一晩泥履かせて翌日選別。
当才は野池に張った網池で選別待ちです。


日曜は雨降りでしたが遠方よりお客様。
雨の中カッパ着てになりましたが金魚見ていただきました。

で、午後からは当才の選別。
数だけはハンパなく居るのに入っているのは玉石混交。
まぁ大部分が石の方ですが(笑)。
今年は水に困らなかったのでやたらの網引きしなかった。
なので素白と素赤のオンパレード。
ただ二・三才の入っていた野池は一度だけ網引いて赤白は捕ってある。
おかげでというか二・三才池の当才の大きいこと。
二才池で春入れたままほとんど成長しない奴より大きい(笑)。

日曜は朝から晩までずっとカッパ着ての作業でしたが、
とりあえず予定通り終了。


で、結果。
二・三才池から上がった奴らはどれも大きい。
二才なのか三才なのか区別に悩むほど大きくなってる二才もいたし。
先に書いた通り当才・二才・三才ともに良い上がりでした。

二才池の二才は普通。
期待していたほど大きくならなかった。
けどここに入れた親は滅茶苦茶大きくなってた。
まぁ、水見の時から分かっていたと言えばその通りなのですが、
いざ上げて見るとここの親は凄くよくなっていた。
と言う事は二才が親に食い負けたと言う事でしょうねぇ。
親の数入れ過ぎたのかも(笑)。
ここの当才は水見では期待してなかったのですが、
いざ上げて見ると結構良いのものが居たし。

疲れましたが楽しい週末でした。
何より順調に水が抜けたのが大きいかな(笑)。

文章が長くなりました。
最初に書いた通り作業中の写真は無いので、
今日は上げた二才の写真です。

玉サバ、その一。
C01-7002.jpg C01-7001.jpg C01-70101.jpg

今日の二才はお気に入りとか目に付いたとかじゃなく
池にいたものを適当に掬って撮りました。
これも今朝撮っているのですが、
場所が日陰なせいか写真が暗い。
おかげでやたらと赤が濃く見えますが、これはカメラのせいです(笑)。
右のストロボ焚いた写真の色が近い。





玉サバ、その二。
C01-7015.jpg C01-7019.jpg C01-7022.jpg

上の写真を撮って金魚を池に放した後
たまには横見の写真も見たいと言われていたのを思い出した。
ここからは上見と両サイドです。
この魚、上から見たら素赤に近いですが、
横からならそれなりに模様らしく見えるかも。
上見より横見が向いてるタイプですね。





玉サバ、その三。
C01-7025.jpg C01-7030.jpg C01-7032.jpg 

これなら上からでも横からでも見れると思う。





玉サバ、その四。
C01-7037.jpg C01-7041.jpg C01-7044.jpg

上見の時の頭の芯の緋が抜けているのが超残念。
ここが真赤なら言うこと無いのですけどね。
横見は左右結構違うけどどちらも面白いと思う。

しかし今日の四匹はみんな同じ体型を選んでしまった(笑)。
まぁ今年の二才がこんな体型が多いと言う事なのですけどね。
とは言え当然さば尾もいますけどね。

こんな体型の奴はさば尾と違って一年で劇的に大きくならない。
でも毎年少しずつは伸ばすことが出来る。
五才くらいまで飼うと体の厚みが出てさらに丸さが強調されて
とっても見ごたえのある魚になると思います。
自分がブログ村のプロフに使っている魚がこんな感じの体型です。

今日は長々が書きました、読んでくださりありがとうございます。
後、野池は当才を寄せたもの一枚に成りました。
これを週末に上げて今シーズンの野池飼育は終了です。

二・三才も良い感じ

2013/10/18 Fri

今日は晴れ。
朝から快晴で気温も高くなくとっても過ごし易い。
毎日こんななら良いのに(笑)。





今日はサラッと行きます。
今朝の朝靄スポット。
C01-6906.jpg





上の30分後。
C01-6929.jpg

上とは離れた場所から撮っているのでちょっとだけ雰囲気が違うかと。

放射冷却で今朝は朝靄が立ち込めると予想されていたのでしょうか、
平日なのに写真撮影されている方の多いこと。
皆さん三脚と一眼で写真撮っているところに
軽トラを止めてコンデジでパッパと写真撮ってくる自分は
カメラマンさんたちにどう思われているのでしょう(笑)。





こちらは昨日。
C01-6892.jpg

前日からの雨を引きずって降っていないけどグズグズって感じ。
それでも二台車止まっていたと思った。





週末の池上げに備えて水抜いている野池。
C01-6897.jpg C01-6902.jpg

左は昨日朝 水の様子見に行った時。
右は何時もの習慣で餌がもらえると思って寄って来たさば尾。

ここは日曜日に池上げする予定で水抜いてる。
のですが、昨日は所要で休みを取ってた。
自分の用事なので無理すれば時間を作ることは出来る。
と言う事で急遽午後から網引きすることに。
完全に池あげるのは土曜か日曜日なのは変わりありませんけどね。

何時もの事で作業中の写真は有りません。
が、上の水抜き中の写真でも分かるようにこの池も周りは林。
しかも春に掃除は出来ない。
落ち葉はまだ良いのですが枝が落ちていると辛い。
網の底に掛かると隙間を作ってそこから魚が逃げる。
二・三才で200匹ちょいと当才多数入っているのですが、
何度網引いても掛かりの悪いこと。
しかも時間的に余裕がある訳じゃないので・・・。
二・三才を三分の二程度捕って終了。
それにしても当才が捕れなかった。





今朝の様子。
C01-6936.jpg C01-6940.jpg C01-6939.jpg

C01-6942.jpg C01-6945.jpg

左が大サイズ、右は小。
冷たい水の中に入れられて寝てい奴とかいますが気にしないでください(笑)。
時間が無くて一匹づつの写真はまた後日ですが、
かなり良い感じで上がってきました。
緋の真赤なこと。
水見の写真だとサイズ感が分かりずらいと思いますが、
結構大きいですよ。

写真無いですが、
この池の当才の大きかったこと。
水見の時から分かってましたが捕ってみるとやっぱり違う。
先週上げたものの1.5倍くらいある。
しかも結構良かったし。

週末はこの池の残りと二才池あげて
翌週当才の纏まった池あげたら今年の秋の池上げ終わりです。

今年の当才はかなり良い

2013/10/15 Tue

今日は曇り。
気温も上がらず肌寒いくらい。
お昼頃にぱらっと雨降りましたが直ぐ止んだ。

天気予報だと台風の影響で今晩位から
明日一日雨降りらしい。
被害が出るほどの土砂降りに成らないと良いのですが・・・。
とは言え稲刈りが終わった今は気分的にはかなり楽ですけどね(笑)。


取りあえず週末の様子など。

土曜の午後からは当才本命池の池上げ。
出来れば写真撮るつもりでおりましたが、
雨で写真どころではない。
しかも選別中は風は吹くは雨脚は強くなるはで大変。
マジで風邪ひくかと思う位寒かった。
まぁ、上がった当才は大きさも揃っていたし形も良かったので
写真でお見せできないのが残念なくらいです。

明けて日曜は翌月曜日に池上げする予定の野池から水を出し、
その水で田んぼの代かき。
代かき終了後は一年間使ったトラクターを洗って
夕方まで日当たりの良い所で乾かし。
車庫に仕舞って今年の田圃仕事はほぼ終了。


月曜は朝から三才以上の入った親池の池上げ。
本当は親は最後に上げたいのですが、
田んぼの代かきをする都合があるので二・三才より先。
二・三才は今週末の予定。

何時もの事ながら作業中の写真は無い。
親池なのですが大量に採ってしまった当才も入っている。
というか、当才選別するために何度も網引いたし(笑)。

親達もデカくなりかなり肉付きも良く上がってきましたが、
その写真は相変わらずありません。
まぁ、冬期間中にゆっくり紹介できるでしょう。





前置きがかなり長くなってしまいました。

タイトルの当才ですが、
本命池は上で書いたように雨で写真撮れなかったのですが、
昨日は朝から快晴でした。
絶好の池上げ日和 暑くも無く寒くもない。
午前中かけて野池から上げたものを昼から選別。

中から面白そうなもの、
個人的に好みのものを拾ったのが下の写真です。


まずは夏場に選別した時の写真。
R01-1631.jpg R01-1893.jpg

左が7月下旬、右が8月中旬。

今はこんな感じ。
C01-6747.jpg C01-6752.jpg C01-6753.jpg

夏場の選別の時から全くと言ってよいほど狂わずに上がったてきた。
出来れば写真手前側の巻き下がりがもう少し太いと言う事ない。
何時もの事ですが無いものは仕方ないしこれだけでもかなり良い。

緋も水温が下がってきて良い具合に上がって来てる。
個人的にはかなり好きな感じ。





ここまで文章かなり書いたので写真をお楽しみください。
C01-6754.jpg C01-6756.jpg C01-6758.jpg

C01-6764.jpg C01-6768.jpg C01-6769.jpg

C01-6776.jpg

C01-6782.jpg

C01-6788.jpg C01-6790.jpg C01-6791.jpg

C01-6792.jpg C01-6798.jpg

C01-6799.jpg C01-6803.jpg

C01-6807.jpg C01-6810.jpg C01-6814.jpg

C01-6820.jpg C01-6822.jpg

C01-6825.jpg C01-6828.jpg C01-6831.jpg

C01-6835.jpg

C01-6838.jpg C01-6840.jpg C01-6841.jpg C01-6844.jpg

C01-6848.jpg

C01-6851.jpg C01-6854.jpg C01-6857.jpg

C01-6859.jpg

やっぱり水が綺麗で天気が良いと写真も綺麗。

今年は丸い個体を作るつもりでやってきましたが、
キチンと成果は表れていると思う。
当才時から超真ん丸な個体にしてしまうと前後に伸びなくなる。
今年位のちょっと頭でっかちくらいがちょうど良い。
二才以降も多分順調に大きくなるはず。

問題はサイズが良くて水槽に収容できる数が少ないことかな。

気になったものを撮ってみた

2013/10/12 Sat

今日は雨降り。
時々止み間も有りますが、
いきなり強く降ってきたりもします。
折角の連休初日ですが雨降りスタートとなりました。

個人的にはここの所の晴れ続きでイケスの湧水が
かなり心もとなくなって来たので雨が降るのは歓迎なのですが・・・。
地元の鯉屋さんたちは連休に当て込んで
各地で即売会やら品評会を行うようなので出足が心配かな。

今、鯉屋さんは池上げ真っ最中というかもう終盤なのかも・・・。
そのあげられた鯉を目当てに全国から業者個人色んな人が入って来てる。
今朝も広島ナンバーのワンボックス見たし。
業者さんは当然仕入れですし
個人の方でも遠方から買い付けに来られます。
そういえば国内の他に海外からのバイヤーさんも多数いますね。





今日も朝の餌くれの途中で撮った写真からです。
まずは何時もの朝靄スポット。
10月7日
C01-6576.jpg C01-6580.jpg C01-6598.jpg C01-6605.jpg

10月8日
C01-6626.jpg

10月9日
C01-6633.jpg

10月10日
C01-6649.jpg

段々日の出が遅くなる。
ここに通うのももうすぐ終わりです。

出来れば7日の様な晴天で靄がかかっているのが
綺麗なのでしょうが天気なので都合よくはいきません(笑)。
少し前は毎朝いたカメラマンさんたちも最近は少ない。
今朝は雨降りで誰もいなかった。





アカガエル二匹。
C01-6568.jpg C01-6565.jpg

茸の原木のところにいたアカガエル。
体の色が結構違うので分かるかと。





トノサマガエル二匹。
C01-5875.jpg C01-5878.jpg

こっちは同じようなので違いが分かりずらいかも。





何時もの蜘蛛。
C01-6322.jpg

当才の野池のネットとテグスを利用して網を張っている。
たびたび写真撮らせてもらっている奴。





C01-6405.jpg

ある朝行ったら卵産んでた。
胴体も心なしか細くなった様な気がする。
この後しばらく様子を見なかった。






C01-6431.jpg C01-6433.jpg

数日後同じ池の別な場所で発見。
写真を撮ろうとカメラを近づけると逃げます。





翌日。
C01-6526.jpg

また蜘蛛の巣を張り直したようです。

エサ。
C01-6427.jpg

たまにイナゴを捕まえて差し入れしてます。

この野池も今日の午後から池上げの予定。
もう餌くれも行かなくなるので見なくなってしまう。


最後まで見てもらってありがとうございます。
お帰り前に一押し宜しくお願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

上手く撮れない

2013/10/10 Thu

今日の朝は雨降りでしたがその後上がって晴れ。
台風が行ったら秋らしい天気になるのかと思ってましたが、
まだ気温は高めでついでに湿度も高めです。

昨日の台風24号新潟沖を通過する前に温帯低気圧に成りましたが、
それでもお昼過ぎからはかなりの風。
雨を伴わず風のみだったので最近の晴天で乾いたグランドなどは
モウモウと土煙が上がってました。
期待した雨は夜になってから少しだけ降りましたがお湿り程度。
今朝の雨も大したこと無かったですし・・・。
湧水が増すほどの雨が欲しいところです。


段々と夜明けは遅くなり日暮れは早くなるこれからの時期。
夏場は5時に起きれば既に明るかったのが、
少し前は5時半でやっと活動開始。
最近は5時半でもまだ薄暗くて5時50分位から動き出す。
夏場と違って田んぼの水見は無くなっていますが、
二時間で回っていたのを一時間だと慌ただしい。
それもまぁ今週いっぱいなのですが。
週末に池上げにすれば残りはあと少しです。
春からずっと早起きして餌くれした成果がもうすぐ分かります。





前回の一回目の池上げの写真があまりにも・・・。
自分的にもかなり不本意。
と言う事で再チャレンジしてきましたがそれでもダメダメでした(笑)。
でも折角撮ったので今日はそれを載せますけどね(笑)。
理由は簡単です綺麗な水が無かったから。
前回同様の理由でバカ丸出しですが本当なので仕方ない。

野池の水だと前回と同じになるので
わざわざ野池が有る場所からかなり下まで降りて
湧水が湧いている場所に水汲みに行った。
水道水だと塩素抜きが面倒だからとかもあったのですが、
ここは夏場の選別の時の写真撮るのに使っていた水なので・・・。
なのに行ったら湧水白濁りしている。
多分最近の晴天続きで出る水の量が減っているのと
溜まっている場所の問題なのでしょうけど。
引き返して別の水探すのも面倒なのでそれを使用。
折角袋持って水汲みに行ったのに・・・。
まぁ前回よりは見れる写真任なっていると思いますが。

写真撮った場所が気の陰で暗かったというのもあったかも。
取りあえず見てください。
703-4121.jpg 703-4125.jpg

703-4138.jpg

703-4145.jpg

703-4154.jpg 703-4160.jpg

703-4176.jpg

703-4187.jpg

703-4193.jpg 703-4200.jpg

703-4208.jpg

703-4222.jpg 703-4234.jpg

玉さばも居ればさば尾もいますが
今年の玉さばの丸さはなかなか良い感じ。
秋になって緋も上がって来ているのが写真でも分かるかと。

問題はデカくし過ぎて水槽に数を入れられないことかな(笑)。

池上げ一回目

2013/10/07 Mon

今日は晴れ。
朝から快晴で空には雲一つない青空。
台風のフェーン現象で気温はこの時期としては高め。
ついでに湿度も高めです。
でも夏場と違って朝晩は気温が下がるので過ごし易い。


この週末我が家の池上げ第一弾を行いました。
家から近い一番小さな野池をひとまず空にして、
其処にこれから上げる野池の金魚たちを寄せ集める。
そのための云わば準備の池上げ。
とは言え入っているさば尾は本命池と同じもの。
今年の行方を見るという意味では大事な一回目です。

その前に・・・。
ずっと以前池の排水パイプにゴミが閊えて流れないと書いた。
それがこの池なのですよ。
夏場にも機会を見て排水パイプを傾けては様子を見てた。
でもゴミは閊えたままで流れる気配無かった。
出ないものは仕方ないのでホースで水を抜き始めた。
ホースだとパイプと違って細いので水を抜くのに時間がかかる。
今回空にしてパイプのつまりを解消するべく
ポンプで水圧掛けてみるつもりだった。

ホースで水は出し始めたけど、
何となく排水パイプ傾けると「ポッコ」とか音がして水が通った。
なんともあっけなく(笑)。
案の定排水パイプには杉の葉っぱが詰まってた。
夏場ずっと水にひたされた杉の葉が腐って
小さくなって押し出されてきたのだと思われる。
折角準備したホースですが排水パイプが通ればお役御免。
こんなことなら最初からパイプ倒して見れば良かった(笑)。

なんて一騒ぎが有りましたが、
さば尾の池上げは順調に進みました。
例によって捕っているところの写真は有りません。

で、本当は近くに越冬イケスが有る。
この前池上げの事前準備で掃除もしたし湧水も出ている。
のですがこの湧水が曲者で水温が低いのです。
まだ暖かい野池にいたさば尾たちを入れるには低すぎる。
と言う事で別な野池につり網を張ってそこに移動。
そこで選別して残すものとハネる物を分けたのですが、
その池入水が無いのです。

なので写真は野池の水を使って撮ったので濁ってます。
まぁ雰囲気だけと言う事で今回はご勘弁ください。
今週末からまた池上げしていくので
その時はもう少しましな写真撮ります・・・きっと。





取りあえず集合写真。
C01-6443.jpg

水見ではちょっと小さいかと心配していたのですが、
上げて見ればそれなりのサイズになってました。
取りあえず一安心。

今年の当才は丸いものを作るべく親を掛け合わせた。
結果は予定通りというかきちんと丸くなりましたよ(笑)。
と言っても自分はただ丸いだけじゃなくて
デカくなるというのが絶対条件。
其処も多分クリアしていると思う。
まぁデカくなるかは三年後くらいに成らないと結果出ないけど(笑)。

後は更紗模様ですがこっちも結構良い感じ。
好みの柄が結構いた。





目に付いたものを撮ってみました。
C01-6448.jpg C01-6449.jpg

C01-6453.jpg

C01-6456.jpg C01-6459.jpg

C01-6468.jpg C01-6469.jpg

濁ってますけど更紗模様は分かるかと。
一番上や一番下が自分的には好みかな・・・。





次はまとめて。
C01-6470.jpg C01-6476.jpg

C01-6478.jpg C01-6483.jpg

更水持って行かないのは失敗でした。
網にかけて横からを撮ろうかとも考えたのですが、
やっぱり自分の金魚は上見だろうと言う事で濁り水でも上見です。

でも予定が狂った。
当初の天気予報だと土日は雨のはずだった。
その雨を当て込んで野池の水を溜める予定でいた。
のですが土日とも雨など降らず。
しかも昨日は台風のフェーン現象で時期外れの高温だったし。
今回の台風で雨降ってくれないと
次週からの池上げに支障が出るのですけど・・・。
雨降りますよね。

野菜その二

2013/10/03 Thu

今日の日中は曇り。
昨日の夕方から降り始めた雨は午前中で止んだ。
昨日までの曇りとは違って低い雲に覆われて日中でも薄暗い感じ。
これからの時期こんな天気が増えていくのでしょう。
カラッと晴れて欲しいところですけどね。


天気が悪いと朝方も暗い。
今朝も五時半から活動開始しようと思いましたが、
余りに暗いのでしばらく待機。
六時近くなって漸く明るくなってきた。
さすがに10月に入ると早朝に餌くれしているのは自分だけかも(笑)。
誰とも合わなくなってきた。
日中の最高気温が20度超えているうちは餌やり続けるつもりです。





今日は先日に引き続き我が家の畑から。
一部畑家じゃないところで育っている野菜も有りますが気にしない。
まずはマコモダケ。
R01-2313.jpg R01-2310.jpg R01-2314.jpg





クレソン。
R01-2317.jpg





菊芋。
R01-2335.jpg





里芋。
R01-2325.jpg R01-2327.jpg





茎芋。
R01-2328.jpg





糸瓜。
R01-2330.jpg R01-2338.jpg R01-2332.jpg





唐辛子。
R01-2341.jpg R01-2342.jpg





鷹の爪。
R01-2344.jpg





キュウリの二番。
R01-2364.jpg R01-2362.jpg





山わさび。
R01-2356.jpg





大根。
R01-2352.jpg R01-2372.jpg R01-2366.jpg





野沢菜。
R01-2354.jpg





白菜。
R01-2359.jpg





レタス。
R01-2361.jpg

今朝の風景

2013/10/02 Wed

今日も曇り。
昨日よりも雲が厚いし気温もそんなに上がらない。


それでも予想最高気温が24度ある。
最低気温で18度とこちらは比較的高めだし。
そんな訳でさば尾たちまだ食う気満々。
浮餌撒くと餌に群がってくる。
もう暫くは朝の餌くれ続ける予定。
と言っても全盛期から比べると量はかなり減らしていますし、
平日の夕方の餌くれは暫く前から止めてる。
休日は自分の一日の締めくくりに餌少しだけ上げてますけどね。





そんな餌くれの途中で撮って来た写真です。
今日のは今朝撮ったもののみです。
まずは何時もの山から。
C01-6385.jpg C01-6330.jpg





何時もの棚田・棚池。
C01-6379.jpg





朝靄スポット。
C01-6252.jpg C01-6254.jpg





別な場所の朝靄。
C01-6272.jpg C01-6269.jpg





田んぼの野焼き。
C01-6282.jpg





山栗。
C01-6297.jpg





ススキ。
C01-6327.jpg





野草を四種。
C01-6286.jpg C01-6287.jpg

C01-6310.jpg C01-6311.jpg

C01-6302.jpg

C01-6392.jpg C01-6389.jpg





山ウドの実。
C01-6361.jpg C01-6358.jpg





最後は蜘蛛。
C01-6320.jpg C01-6316.jpg

畑の野菜その後

2013/10/01 Tue

今日も曇り。
昨日と同じような天気です。
どんより曇っているわけじゃなくてスッキリとした青空じゃない感じ。
気温も湿度も昨日同様高めです。





今日は最近の野菜の様子。
駆け足で行きます。
まずは大根。
R01-2120.jpg R01-2122.jpg





菜っ葉。
R01-2134.jpg R01-2123.jpg





ネギ。
R01-2142.jpg R01-2143.jpg





バナナ南瓜。
R01-2148.jpg R01-2147.jpg R01-2161.jpg





コンニャク。
R01-2152.jpg R01-2160.jpg





落花生。
R01-2156.jpg R01-2155.jpg R01-2174.jpg





サツマイモ。
R01-2176.jpg R01-2179.jpg





オクラ。
R01-2182.jpg R01-2183.jpg





人参。
R01-2185.jpg





牛蒡。
R01-2186.jpg R01-2190.jpg





キャベツ。
R01-2187.jpg R01-2188.jpg





ミニトマト。
R01-2199.jpg R01-2200.jpg R01-2203.jpg





ブロッコリー。
R01-2204.jpg





紫蘇の花。
R01-2211.jpg





かぐら南蛮。
R01-2215.jpg R01-2217.jpg R01-2216.jpg





豆。
R01-2229.jpg R01-2225.jpg





山芋。
R01-2208.jpg R01-2221.jpg

山芋堆肥やったら全部枯れたらしい。
発酵済のものを取っているのですがまだ生だったのか?
いずれにせよ今年の山芋全滅。
らいねんの種位地中に残っているかな。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR