今年の雌親候補

2014/04/30 Wed

今日は雨のち曇り。
午前中はシトシトと雨が降っていましたが、
お昼前位に止みその後は曇り。
気温も上がらず肌寒い感じの一日。

なのですが、ここの所ずっと晴天続き。
気温も上がって雪も消えたのですが晴れ続きで水が無い。
なので今回の雨は調度良いお湿り。
恵の雨って感じです。

大きくなれずにいた椎茸やこれから芽を出して来るだろう、
アスパラには本当に喜んでいることでしょう。
それから山菜もこの雨でグッと大きくなると思います。


世間的にはゴールデンウィーク真っただ中なのでしょうが、
今年はカレンダーの並びの関係か自分としては全く普通。
三日からの4連休まではあんまり関係ないかな(笑)。
とは言え、昨日は昭和の日でお休みでした。

で、昨日は野池の糸とネット張り。
まだ二才と三才を放す野池には雪が有りますが、
親を放す野池の雪はとっくに消えてる。
当初、午前中に糸張りしたら午後一に金魚放して、
その後ネット張りをしようかと思ったのですが、
天気予報だと今日・明日が雨模様。
当然水温も下がるし。
と言う事で金魚を放すのは3日以降にすることにして、
昨日はひたすら糸張りとネット張り。
ついでにゴミ出しもした。
何時でも野池に入れる準備は出来た。
何時もの事ですが、作業中の写真は無い。

ところで自分、サンショウウオの卵塊は今まで保護してきた。
保護と言っても別段何をするわけでなく
ただ見て見ぬふりをしていただけなのですけどね。
仔採りする野池は春になってから水を溜めるので、
サンショウウオは来ない。
他の池に産み付けられたものは放置が去年までの方針だったのですが、
これが功を奏したのかそれともいけなかったのか、
昨日糸張りした野池は去年の数倍の卵塊がある。
親を入れる野池なので、食われる心配がある訳じゃない。
まぁ、金魚がやたらした子は確実に食われるだろうけど・・・。
やたらの仔なので食われても別段気にしないし。

なのですが、酸素だけは消費するわけです。
これが問題なのです。
今までの保護政策を打ち切って今年からは間引くことにした。
全部捨てるのは忍びないので、三分の二位を破棄。
まだ二才を入れる野池には大量にあるのですが、
これも破棄しないといけないかな。

サンショウウオとかモリアオガエルとかって
如何にも自然豊じゃないと居ないってイメージでしょうけど、
結構普通にいたりするのです(笑)。






ここの所、花や景色の写真を紹介してばかりで、
金魚が少なかったのですが、今日は金魚です。

今年の雌親候補。
候補というか、使う予定の雌です。
他にも何匹かは使うので、こいつだけじゃないですが・・・。

土曜日に仔採りする野池のランマ締めをして、
日用から水を溜めだした。
多分今日で満水になっているはず。
田植えが終わってからの子取りになるので、
まだ20日以上先の話ですけどね。

五才の玉さば。
704-5183.jpg 704-5549.jpg 704-5668.jpg





704-5546.jpg 704-5424.jpg 704-0465.jpg





704-3843.jpg 704-5189.jpg 704-5058.jpg

上から見ても横から見ても、真丸です。
スポンサーサイト

畑の準備とその他色々

2014/04/28 Mon

今日は曇り。
といっても早朝なのでこの後どうなるのか分りませんが・・・。
久しぶりの早朝更新です。
土日と晴天に恵まれ外仕事を色々やったら、
久しぶりの肉体労働に疲れて昨日は早々に熟睡。
正直何時に寝たかもよく覚えてない(笑)。
今朝はおかげで早くに目を覚ました。
体中が筋肉痛でさすがに動きたくないので、ブログの更新。

夜が明けるが早くなって五時前には明るい。
これ書いたら野池の様子でも見に行ってきます。





今年は小雪だったし、春陽気もすこぶる良い。
ということで、畑の準備も着々と進んでます。
今日はそんな様子と色々詰め込んでいきます。

まずは畑から。
C01-9775.jpg C01-9776.jpg

耕して、畝立てして植える野菜によってはマルチしたり。
といってもここは自分が耕したわけじゃないですが。
肥料を入れて耕しているのでしばらく於いたら野菜を植え付けます。





ネギ苗。
C01-9779.jpg

秋ネギの苗を作るべく種を撒いてある。
ネギは春先から秋まで、一番長く畑にいる野菜。





野菜の苗。
C01-9751.jpg C01-9757.jpg C01-9768.jpg C01-9766.jpg

C01-9761.jpg C01-9762.jpg C01-9755.jpg C01-9773.jpg

C01-9771.jpg C01-9760.jpg C01-9764.jpg

畑に植える野菜苗を自家産してる。
写真撮った時は何の苗か覚えてましたが、すでに忘れたし(笑)。
これは全部母親の仕事。

畑の準備ができた所から植え付けていきます。





野草。
C01-9715.jpg





ブナの葉。
C01-9705.jpg C01-9708.jpg C01-9707.jpg

芽吹きたてのブナの葉細かい毛だらけ。
今はブナの葉殻が落ちて我が家の周りを舞ってます。





満開の桜。
C01-9723.jpg C01-9727.jpg C01-9730.jpg C01-9796.jpg

C01-9785.jpg C01-9782.jpg

C01-9744.jpg C01-9740.jpg C01-9748.jpg

前にも桜載せましたが、あのときで8分咲き位。
その二日後くらいに取った写真。
角度は全然違いますが。

今は桜の花も散って葉桜になりつつあります。





コブシ。
C01-9787.jpg





水仙。
C01-9797.jpg C01-9799.jpg

これも前回はまだ咲き初めだった。
水仙は次から次に花を咲かせるのでもうしばらく楽しめます。





石楠花のつぼみ。
C01-9737.jpg C01-9735.jpg





野池の金魚。
C01-9719.jpg C01-9721.jpg

先日、野池に放した金魚たち。
ここ数日とっても気温の高い日が続き、
当然水温もそれに伴って上昇。
昨日も一昨日の朝も池の土手の至る所でやたらしてました。
その卵も明け二才が食べてしまうでしょうが。
運良く残ったやつらがしばらくすると見れると思う。





玄関の当才水槽。
C01-9810.jpg C01-9809.jpg C01-9801.jpg

C01-9811.jpg C01-9813.jpg C01-9815.jpg

気温の上昇と日照時間が長くなってきたこと、
餌をやる回数も増えたことで苔が繁殖する速度もました。
水変えのたびに壁面の掃除してますが、
次水変えするころには酷いことになってます(笑)。

昨日も水変えしたのですが、夕方見ても何か調子よくない。
そういえば水温上がったらエアレーション追加しないといけないと
思っていたのをすっかり忘れていた。
ブロアーを持ってきて水作を付けて水槽に投げ込んだ。

なんとなく調子よくなった気がする。

色々詰め込んで その二

2014/04/25 Fri

今日は晴れ。
朝から快晴で春というより初夏のような陽気。
雪解が進むのは歓迎ですが、晴れ続きで田植え後の水が心配(笑)。

今日も前回に引き続き週末に撮った写真です。
枚数あるので駆け足で行きます。





スミレ。
C01-9393.jpg C01-9394.jpg

C01-9414.jpg C01-9404.jpg C01-9580.jpg

薄紫と黄色。
ムラサキの方が早く咲くかな・・・。





野草。
C01-9410.jpg C01-9408.jpg

良く見かける草ですが、相変わらず名前を知らない(笑)。
一寸ボケてます。





フキノトウ。
C01-9413.jpg C01-9401.jpg C01-9403.jpg

今年は一気に雪が消えたので、フキノトウも一斉に出た。
しかも例年より雪解早くて直売所も始まらないので、
フキノトウを採る人があまりいません(笑)。
至る所で薹が立ってます。





野草、その二。
C01-9416.jpg C01-9420.jpg

実際はもっとムラサキが濃くて綺麗なのですが、
写真だと色薄く写ります。





ショウジョウバカマ。
C01-9492.jpg C01-9569.jpg

何故これが猿の袴と呼ばれるのかは知りませんが、
名前は有っているはず。
もっとピンクの濃いのもありますが、
この日撮ったのは薄紫。





スミレ。
C01-9497.jpg C01-9553.jpg C01-9552.jpg C01-9558.jpg

何度も出してますがこりもせず。





イチゲ?。
C01-9562.jpg C01-9556.jpg C01-9572.jpg C01-9563.jpg

名前にはちと自信無し(笑)。





水仙。
C01-9525.jpg C01-9608.jpg C01-9614.jpg C01-9617.jpg

水仙の花にも色んな種類がある。
写真は無いけど小ぶりな花のとかもあった。





何かの実。
C01-9573.jpg






ウド。
C01-9612.jpg

気温が上がって来たので、これからが山菜の最盛期。
ウドは誰にでも分かりやすい。





ゼンマイ。
C01-9659.jpg C01-9660.jpg

ゼンマイは取った後の始末が大変。
綿取って茹でて干して揉んでと手間が掛かるけど、
その分やっぱり美味い。
当地ではゼンマイの煮物っておもてなし料理の一品。





葉わさび。
C01-9621.jpg C01-9619.jpg

根っこを食べるワサビと基本は一緒の種類らしいです。
あっちは水に植えますが、これは地面。
と言っても日当たりの良くないちょっと湿ったような場所が良いらしい。
花芽を摘んで食べるのですが、
これを辛くするのにもコツがいるらしい・・・。





アサツキ。
C01-9628.jpg C01-9631.jpg

我が家の周りには至る所にアサツキが生えてる。
母親が採って来て小さいやつは来年用と言って
そこらへんに投げておくと自然に増えていく。
個人的には食べないのでどうでも良い野菜だったりします。





マコモダケ。
C01-9601.jpg

芽を出したばかりのマコモダケ。
イネ科の雑草のように見えますねぇ(笑)。





クレソン。
C01-9607.jpg C01-9602.jpg

何時も出しますが、
自分が好きなのと生長が早くて分かりやすいので。
右の手前側は収穫した名残です。





西洋わさび。
C01-9632.jpg

去年収穫せずにそのままにしておいたもの。
またここから葉っぱが出てデカくなります。
その前に株分けしてやる必要がありそうですけどね。





藤の花芽。
C01-9645.jpg C01-9649.jpg

左が紫、右が白い藤。
藤の黄なメモ大分膨らんできた。





梅。
C01-9635.jpg C01-9634.jpg C01-9639.jpg





八重桜。
C01-9651.jpg C01-9653.jpg

この桜は鉢植え。
週末は蕾でしたが、今は満開です。





花色々。
C01-9670.jpg C01-9669.jpg C01-9664.jpg C01-9672.jpg

C01-9673.jpg C01-9674.jpg

C01-9684.jpg C01-9687.jpg

C01-9690.jpg C01-9691.jpg C01-9694.jpg 

C01-9696.jpg C01-9698.jpg

下段はシクラメン。
冬には咲かず今頃満開になってます。



最後は虫とか。
C01-9647.jpg C01-9655.jpg C01-9681.jpg C01-9805.jpg

花を撮っている時に花に居た虫。
と言っても左はカマキリの卵ですけど・・・。
右の蜂だけはかなり活性高くて恐る恐る撮ってます。

色々詰め込んで

2014/04/22 Tue

今日は曇り。
早朝は雨が降ったようですが、
起きだす頃には上がってた。
そこから終日どんより↓空。
昨日よりは気温は上がっているかも。





今日は写真大量にあるのでとっとと行きます。
写真は週末に山廻りしてきたときに撮って来たもの。
山廻りって言ってもまだ雪が有ったりで
特にすることは無いのですが、
田んぼや野池の現状確認に行って来たと思ってもらえれば。
それでは行きます。

こんな時は恒例の何時もの山から。
C01-9454.jpg

大分雪が減って来たのが分かるかと。
天気良い青空の時に山に行ったのですが、
この写真は暗いですねぇ(笑)。





棚田・棚池。
C01-9542.jpg

こちらも日当たりの悪い場所以外順調に解けてます。





別な場所の棚田。
C01-9379.jpg

ここは去年の夏、朝靄写真を頻繁に載せてた場所。
草が生える前だと地震で土砂崩れがあった場所がはっきりわかる。
10年経ってこんな感じです。





同じ場所から見る遠くの山。
C01-9369.jpg C01-9373.jpg





芽吹き始めの木。
C01-9375.jpg





野池。
C01-9383.jpg

ここは去年三才を入れてた場所。
回りを杉に囲まれて日当たりそんなに良くないので、
雪消え遅いです。





田んぼ。
C01-9390.jpg C01-9396.jpg C01-9399.jpg

例年定点観測と称して、
同じ田圃で稲の成長具合を載せてますが、その田圃。
と周辺にある田んぼ。
左の写真手前に水たまりがあるのは去年コンバイン埋めた場所。
後で穴ふさいでおかねば(笑)。





カエルの卵塊。
C01-9411.jpg C01-9502.jpg

多分親ガエルが卵産んだ時は田んぼに水あったのでしょうが、
水が乾いてきた。





別な場所の田んぼ。
C01-9548.jpg

まだ雪が残ってますが、
雪を消すために田圃に水を入れているので満水(笑)。





別な野池。
C01-9484.jpg

ここは去年二才を入れてた場所。
ここも周りをブナの林に囲まれているので、
日当たり良くなくて雪解け遅いのです。





サンショウウオの卵塊。
C01-9499.jpg

まだ雪が残った野池に既にサンショウウオが卵産んでます。
早く卵から孵って少しでも大きくなった奴は
後から生まれてくる別なサンショウウオも餌にしてしまう。
その辺親も分かっているから冷たい水でも早く卵産むのでしよぅか。
サンショウウオの親は一年中で今しか見れない。





椎茸。
C01-9488.jpg C01-9490.jpg 

昨日も書きましたが、日照り続きで大きくなりません。
昨日の雨で少しは成長すると良いのですが。





フキノトウ。
C01-9474.jpg C01-9471.jpg

もうフキノトウは珍しくも何ともない(笑)。
雪が解ける後から生えてきてあっという間に大きくなる。
こんなに生えていても誰も採らない。
雪から出たばかりなので柔らかくて美味いと思いますが・・・。





ウサギに齧られた後。
C01-9624.jpg C01-9625.jpg C01-9640.jpg

今シーズンは雪が少なかったのでこの辺までしか積もらなかった。
雪から上に出ている枝の皮をウサギが餌にした。





野菜の残骸。
C01-9477.jpg C01-9478.jpg C01-9480.jpg

去年の秋収穫しなかった物や、
脇芽が大きくなったものが雪の中から出てくる。
人間が食うには硬かったり味的に美味くなかったりしますが、
烏骨鶏にやる分には十分だったりする。





桜色々。
C01-9426.jpg C01-9449.jpg C01-9434.jpg

C01-9438.jpg C01-9441.jpg

C01-9455.jpg C01-9461.jpg C01-9462.jpg C01-9465.jpg

C01-9521.jpg

C01-9532.jpg C01-9541.jpg

この桜いずれも我が家から歩いて数分のところにあります。
この時は山廻りの途中なので車で移動してますけどね(笑)。
特に上段の桜は車止めて三脚セットして写真撮っている方結構いる。
自分には桜の写真は難しいです。
世ってマクロ的に写す方に逃げてしまう。





最後はブナ。
C01-9509.jpg C01-9508.jpg C01-9516.jpg C01-9518.jpg

秋の紅葉の時も此処のブナ林の写真載せましたが、
新緑の時期もまた良いかと。
右の写真は同じ場所にあってもまだ芽吹かないブナの木。

御引越

2014/04/21 Mon

今日は雨降り。
朝は曇り空でしたが、9時前ころから降り出した。
その後は降ったり止んだり。
特に強く降ったりもしませんが、
気温は上がらず肌寒い天気。

ここの所ずっと晴天続きだったのでたまには雨も良い(笑)。
雪が解けて原木椎茸が顔を出し始めたのですが、
晴れ続きで椎茸が成長しない。
この雨で大きくなってくれるでしょう。





早速ですが、本題に行きます。
前回のブログで週末に越冬イケスの金魚を
野池に放す予定と書きましたが、その様子です。

当初、土曜日にさっさとやってしまうつもりでいたのですが、
土曜日は曇り空、気温も上がら無さそう・・・。
天気予報だと日曜日は晴れて気温も上がりそうなので、
土曜日は諦めて日曜日にすることに。
なので土曜日の午前中は水槽の水替えと濾過槽掃除。
今回は当才水槽の上部濾過を洗ったのですが、
まぁ、汚いこと(笑)。
ここの所餌の頻度も増やしているので当然なのですが。

で、午後からはイケスの金魚を放す野池の糸張り。
杭打ってテグスを張り巡らすだけの単純作業。
とは言えこれやらないと金魚はすぐ鷺に捕られるので、
放す前には絶対必要な作業なのですけどね。
ここまでは写真有りません。

で、日曜日は朝一から作業開始。
朝一は曇っていたので着込んで作業に当たります(笑)。

まずはポンプでイケスの水出し。
C01-9329.jpg

このポンプだと10分かからないで水が抜ける。





水抜き中のイケス。
C01-9327.jpg C01-9332.jpg

大分水は減ってきている。
あと少し減ったらポンプ止めてイケスに入って金魚取り。
当然胴付き履いて作業してます。

で、何時もの事ですが作業中の写真は無い。
狭い空間なんであっという間に金魚取りは終了。





野池の脇に移動して水合わせ。
C01-9360.jpg C01-9365.jpg

写真撮るの忘れて実は少し放した後(笑)。
それにしても今シーズンはかなりの数を落とした。
まぁ、死んだだけじゃなくて鳥や獣に
捕られた個体もかなりいるとは思いますが・・・。
去年の秋にイケスに入れた5分の一位しか生きて無かった。

これだけ悲惨な結果だとイケスでの越冬は
止めた方が良いのかなって考える。
真冬に何度も餌くれに言ってその度に雪堀してって
作業考えたら馬鹿らしくなる(笑)。
秋までにどうするか考えます。





ランダムに撮ってみた。
C01-9347.jpg C01-9346.jpg C01-9341.jpg C01-9338.jpg

C01-9336.jpg C01-9351.jpg C01-9359.jpg

肌は荒れて調子はどれも良いとは言えませんが、
野池に放して泥なめさせると不思議と回復するのですよね。





全体像。
C01-9661.jpg

実はさば尾たちを放した後の写真。
なので奥の方で泳いでいるのが分かるかと・・・。

糸張ってネット張った後の写真がない事に気づいて撮った。





野池に放した後。
C01-9582.jpg C01-9584.jpg C01-9588.jpg

C01-9590.jpg C01-9663.jpg C01-9592.jpg

上の左はボーと浮いてた明け二才。
こんなだと多分落ちる。

この頃には陽も出て暖かくなってきている。
気持ちよさそうに泳いでます。

暫く野池で養生したら市場に出荷します。

春らしくなってきました。

2014/04/18 Fri

今日は雨のち曇り。

朝起きたら雨の音がしていてびっくり。
天気予報だと今日は曇りのち晴れのはずだったのに・・・。
その雨も午前中には上がり、その後は曇ったままです。
ここの所晴れて気温の高い日が続いてましたので、
こんな日が有っても良い(笑)。
まぁ、週末は晴れて欲しいのですけどね。




今日は写真満載で行きますので、文章は短めに(笑)。
とは言え、今朝起きたら撮るつもりだった写真が一部取れないので、
以前撮ったものと混在しています。

まずき何時もの山から。
C01-9276.jpg

と言っても霞で殆ど見えませんが・・・。
少し前にも同じような写真載せましたが、
このところの晴天でかなり雪解進みました。





何時ものブナ林。
C01-9282.jpg C01-9284.jpg

C01-9220.jpg C01-9225.jpg

ブナの葉っぱも芽吹いてきた。
根本の雪も消えました。
下段はブナの新芽。





車庫の脇の田んぼ。
C01-9245.jpg C01-9243.jpg

一週間前は雪まだあったのですが、
現在はご覧の通り。
雪はとけても田圃仕事は当分できませんけどね・・・。





田んぼの隣の野池。
C01-9247.jpg

こちらも回りの雪はほぼ消えました。
池のゴミ出しするために水が抜いてあります。





山椒魚の卵塊。
C01-9250.jpg

ここにあるってことは山の野池には
かなりの卵が産みつけられているはず・・・。





カエルの卵塊。
C01-9272.jpg C01-9275.jpg

左は産んた翌日かその次位。
右は産み付けられて数日たったもの。





越冬イケスの金魚。
C01-9255.jpg C01-9258.jpg

前回はこの写真撮ろうとしたら電池切れ(笑)。
今週末に上の写真の野池に移動の予定。





クレソン。
C01-9253.jpg

一部収穫後が写っています(笑)。
この時期のは柔らかくて美味いのです。
もう少しして独特の食感が出てきたころのも好きですけどね。





冬菜。
C01-9270.jpg

田んぼの畦に植えてある。
こいつも少し前から食卓に上がってます。





水仙。
C01-9265.jpg

よそ様の庭先のもの(笑)。





何かの花。
C01-9240.jpg

去年も紹介した気がしますが、名前は知らない。





スミレ。
C01-9230.jpg C01-9232.jpg





カタクリ。
C01-9235.jpg C01-9238.jpg

スミレとカタクリは前回も載せましたが、
春の花ってことでお許しを。





雑草。
C01-9261.jpg C01-9264.jpg

昭和天皇は雑草という名の草は無いと言ったそうですが、
田んぼの畦に生えていた何かの花です。





烏骨鶏。
C01-9290.jpg C01-9292.jpg

超久々に登場の我が家の烏骨鶏。
去年の夏に白・黒一匹づつ行ってしまったので今は二匹。
何時からか忘れるくらい前から卵を産まなくなった。
それでも食欲は旺盛で良く食いますけどね。





桜。
C01-9295.jpg C01-9297.jpg

本当は今朝晴れてたらこの写真撮りたかったのです。
カメラぬらさないように軒下から望遠で。
週末に晴れたら再チャレンジです。





今朝の給餌風景。
親水槽。
C01-9298.jpg C01-9299.jpg C01-9301.jpg

C01-9320.jpg C01-9322.jpg C01-9325.jpg

上が餌撒く前で下は食事中。
と言っても親水槽は餌撒いたらそばにはいられない。
黙って見てたら水かけられて大変(笑)。
下の三枚は落ち着いてからの写真。

水温が安定し始めたのでしばらく前から毎日少しずつ餌くれてる。
そのせいで白濁りしてます。





三才水槽。
C01-9302.jpg C01-9303.jpg C01-9305.jpg

C01-9310.jpg C01-9312.jpg

電気がついて水槽の蓋が空くと
餌早くよこせってことで水面が大変なことに(笑)。
それでも親ほど水は飛ばしませんけど。





二才水槽。
C01-9307_20140418131238c87.jpg C01-9309.jpg

C01-9315.jpg C01-9316.jpg C01-9317.jpg

二・三才水槽の上下の枚数が有っていないのはご愛嬌。

数は居ますがここが一番水の汚れ少ないかな。

観賞魚フェアに行って来た

2014/04/15 Tue

今日は晴れ。
朝から快晴です。
気温も上がって雪解けも順調に進んでいます。

今年の様に春の陽気が崩れないのも珍しい。
寒の戻りで雪がチラついた日もありましたが、
温かくなってから突然「雪」的な激変は少ない。

桜やこぶしの花も咲き始めてきたので、
ここから突然雪ってことは無いでしょうし・・・。
というか降られたら困りますけどね(笑)。





週末に東京に行って来た。
どうしてもという訳ではないけど、許すなら行きたい的な用事。
何とか都合をつけて行くことにしたのですが、
どうせ行くなら開催中の観賞魚フェアも見たいしと言う事で、
土曜の早朝に出発して観賞魚フェアも見ることにした。

頑張って早起きして目的地までは車。
後は駐車場に車いれて電車で移動、目的地は船堀。

土曜の開場後すぐ位に到着できましたが、
会場内は既に大混雑。
金魚の品評会コーナーは人・人・人で通るものやっと。
そこに写真撮っている人もいるのでまぁ時間がかかる・・・(笑)。
かく言う自分も写真撮ってた一人ですけどね。

田舎だと同好の士というのを見つけるのも難しいというのに、
人がいっぱいいるとこはやっぱり違うなって感心(笑)。

でも出品魚に玉さば系はとっても少なかったですけどね。
やっぱりマイナーな魚種だと改めて感じました。
その出品者の中に知り合いの名前見つけた時は嬉しかったですけどね。
開場後すぐだったせいか自分がついた時は学生らしきボランティアの方が
各水槽に入賞魚の札を張って回っている最中だった。
金曜から搬入しているのだから開場前に入賞魚の札ぐらい張って置くのが
来場者へのマナーなのではと思ったけど・・・。
自分が見た時はその知り合いの水槽には何もなかったのですけど、
別な方から入賞していたとお知らせいただきました。
おめでとうございました。

マナーと言えば水槽に囲まれた通路で名刺交換していた方もいた。
狭い通路を二人並んでふさいでいるのにはかなりムッとした(笑)。


前置きがすごく長くなってしまった。
撮って来た金魚の写真です。

まずは大賞魚から。
C01-9114.jpg C01-9116.jpg

本当はもっと綺麗に撮りたかったのですが、
大賞魚の前はかなり混雑。
適当に写真撮って早々に退散しました。
水泡眼ってこんなに大きくなるんだって基本的なことに感心してました(笑)。





お次は知り合いの玉さば。
C01-9128.jpg C01-9130.jpg C01-9133.jpg

長尾と短尾で入ってた。
綺麗な体型の玉さばというよりも福だるまでしょうねぇ。





ここからは気になった魚の写真。
というよりも撮って使い物になった写真かな(笑)。
C01-9137.jpg C01-9153.jpg C01-9156.jpg





C01-9162.jpg C01-9164.jpg C01-9169.jpg





C01-9172.jpg C01-9174.jpg C01-9177.jpg





C01-9183.jpg C01-9185.jpg C01-9188.jpg





C01-9189.jpg C01-9191.jpg C01-9196.jpg 

この時期なのでしょうが無いのかもしれませんが、
水槽によっては卵産んでいたいたり放精していたり。
中には雄が雌を追いかけている水槽もあったし。
落ちかけの魚もいた気がするし。

色んな金魚見て楽しんできた報告でした。

既出のお気に入りたち

2014/04/11 Fri

今日は晴れ。
朝から晴れてますが、気温は今ひとつ上がりません。
今朝起きたら霜が降りてたし・・・。

週末に寒気が来る前は20度近くまで気温上がっていたのですが、
ここに来て足踏み状態・・・かな。
おかげで膨らんできた桜の蕾もまだ硬いまま。
まぁ、山を下りて町場に行くと既に桜咲いてますけどね。



今年の雪解けは去年よりもずっと早い。
去年の今ごろってどんなだったかと過去を覗いてみた。
確かに雪は残っているけど、スミレやカタクリは
同じ時期に写真を載せているのを発見。

雪が残っていたので花も遅かったのだろうと
勝手に思っていましたが、忘れていただけのようです。
気温が上がって雪が解けたところから
周りに雪が有っても同じ様に花は咲いてたんだと、ちょっと納得(笑)。

そう言えば越冬イケスの周りに生えてるクレソン。
我が家の冬菜はまだ収穫できないので、
密生しているクレソンを間引きの意味合いも含めて食べだした。
自分冬菜のお浸しよりクレソンの方が好き。
同じ様に茹でて鰹節と醤油で和えていただいてます。
この時期のクレソンはとっても柔らかくて美味いです。





今日はタイトル通り既出の金魚たち。
何時も書きますが、写真は目の前を泳いでいる奴を
なんでもかまわず撮ってるわけです。
ただ、今シーズン一度紹介した奴は
中々もう一度って機会が無かったりする。
そんな訳で今日は今シーズン一度は紹介されている
奴等の再登場です。
と言っても同じ写真は無いはずです。
今日はランダムにいろんな金魚を並べてみました。
では。
501-0043.jpg 501-0058.jpg 501-0063.jpg 501-0071.jpg





501-0086.jpg 501-0102.jpg 501-0119.jpg 501-2626.jpg





501-0133.jpg 501-0208.jpg 501-0303.jpg 501-0315.jpg





501-0363.jpg 501-0657.jpg 501-0668.jpg 501-0839.jpg





501-0855.jpg 501-1155.jpg 501-1180.jpg 501-1181.jpg





501-1189.jpg 501-1526.jpg 501-1597.jpg 501-1785.jpg





501-1816.jpg 501-2428.jpg 501-2472.jpg 501-2500.jpg





501-2522.jpg 501-2524.jpg 501-3659.jpg 501-2624.jpg





501-2637.jpg 501-3628.jpg 501-3657.jpg 501-1211.jpg

eZv[gw@何枚も登場している奴もいれば
一枚しかないのもいるかもしれない。
とりあえず目に付いたものを出してみました。
御目に留まる金魚がいればよいのですが。

今朝地震があったので・・・

2014/04/08 Tue

今日は曇りのち晴れ。
午前中は曇っていましたが、
お昼前位から青空が広がってきた。
明るくなるのと一緒に気温も上がってきた。

タイトルに書いたように今朝、地震があった。
それまで熟睡していたと思いますが、揺れ一発で目が覚めた。
時計を見ると五時少し過ぎ。
揺れはあっという間に収まったけど、
いきなりガツンと来た感じ。

まだ時間あるから二度寝しようと布団にもぐりこんだけど、
さすがに時間が五時過ぎだともう眠れない(笑)。
6時過ぎまで布団にいましたが、
寝れないので諦めて起きた。

と言ってすることもないので、カメラ持って外に出てきた。
その時撮った写真を今日は紹介。
何となく春を感じられるようなものを探して
撮りたかったのですが・・・。
まぁ、ご覧いただければと思います(笑)。





まずは何時もの山から。
G01-4856.jpg

少し前にも紹介したばかりですが、
こんな写真を出すときは定番と言う事で・・・。
白よりも大分茶色が目立つようになって来たと思います。





ブナ林。
G01-4824.jpg G01-4826.jpg

ブナの木自体は変化ないですけど、
根本の雪はかなり減ってきました。





何時もの棚田・棚池。
G01-4858.jpg G01-4868.jpg

野池の場所は雪が解けてきて色が違います。





家の前の法面。
C01-9085.jpg G01-4835.jpg G01-4836.jpg

G01-4853.jpg C01-9087.jpg

ブナ林の下側だと思っていただければ。
ススキの枯れた中に緑が見えると思いますが、
みんなフキノトウです。
最初の一番は採るますが、
それ以降は採らないので伸び放題です(笑)。

下段は少しアップで。
雪が消えて出た直後のと暫く経ったもの。





法面から落ちた雪。
G01-4863.jpg

雪崩止めの隙間から道路に落ちてた。
これは量も少しですし見通しも良い場所なのでなんてことは無い。
カーブの真ん中や少し先に落ちていると
夏タイヤに変えた後だと怖い思いをすることがあります(笑)。





夏坊主の花。
C01-9076.jpg

夏坊主はもう終わり。
もうすぐ実がついてくるはずです。





桜。
G01-4846.jpg G01-4849.jpg G01-4850.jpg

我が家の家の前にある桜の木。
やっと咲き始めたけど、折角のアップがピンボケ(笑)。





つくし。
C01-9080.jpg C01-9081.jpg





スミレ。
C01-9088.jpg C01-9091.jpg





カタクリ。
C01-9099.jpg C01-9101.jpg C01-9102_20140408120732329.jpg C01-9103.jpg 





よもぎ。
C01-9104.jpg





車庫の横の田んぼ。
C01-9094.jpg

道路の雪をロータリーが吹き飛ばすので
春になるとそれをユンボーでかき混ぜてくれます。
田んぼの水も見え始めたので、
雪解けももうすぐでしょう。





上の田んぼの隣の野池。
C01-9105.jpg

ここ池の上の雪は無くなった。
後は周りの雪が消えるのを待つのみ。
回りの雪が消えたらゴミ掃除して越冬イケスの金魚を放す。





更に野池の上流の田んぼ。
C01-9108.jpg

ここも田面の雪は解けた。
既にカエルの卵があった。





クレソン。
C01-9109.jpg

クレソンも大分大きくなりました。
組み過ぎている気もしますが、気にしません。
早く食べたいのですが・・・。





越冬イケス。
C01-9112.jpg

イケスに掛けて置いた葦簀がボロボロになった写真は以前も載せた。
その葦簀の隙間から下の金魚を狙って鷺がいたらしい。
折角冬を超えたものを捕られるのは癪に障る。
と言う事で、親父が畑に使うネットを掛けてくれた。

で、ネットを退かして金魚の写真撮ろうとしたら
デジカメの電池が切れた(笑)。
そんな訳で折角イケスまで行ったのに金魚の写真が無い。
さっき書いた、カエルの卵の写真も帰りに撮ろうと思っていましたが、
電池切れの為ありません。

その写真はまたいずれ。

今日もお気に入り

2014/04/07 Mon

今日は晴れ。
昨日までの荒天とはうって変わって良い天気。
週末の土曜は朝起きたら雪積もっていたし。
日中も時々猛吹雪って位に降った。
といってもこのところの晴れ間で道路は蓄熱しているで、
道路に積もるまでではありませんでしたけど。
ついでに昨日も雪が降ったり雨が降ったりの天気。
週末は天気には恵まれませんでした。
折角満開になった関東の桜も散ってしまったようですし・・・。
テレビで嵐の中花見している風景を写してましたが、
新潟の人はあんな天気の中花見はしないって思った(笑)。

まあ、小雪が降る中タイヤ交換はしてましたけどね。
これでやっと車も春使用に変った。
スタットレスから夏タイヤに変えると幾分静かになります。

春らしい風景写真でも週末に撮れたらって思ってましたが、
カメラ持ち出すような天気じゃ無かった(笑)。
そんな訳でいつも通り撮り溜めた金魚写真で行きます。





お気に入りの五才・・・だったはず(自信無し)。
704-2211.jpg 704-1533.jpg 501-0194.jpg





501-0200.jpg 501-2541.jpg 704-3779.jpg





704-1557.jpg 704-1561.jpg 704-2231.jpg





501-0204.jpg 704-4666.jpg 704-4109.jpg

自分こんな感じのスッキリはっきり模様の固体が大好きです。
残念なのは期待したほど大きくならないタイプ。
でもこれなら十分に柄で魅せられます。

腹を緋が巻いた方が好きだった方もいらっしゃいますが、
個人的は巻いても撒かなくても良い。
この個体の様な模様なら絶対巻かない方が良い。
横見だと下が寂しいかもしれませんが、
上見が良いのでそれで十分。
腹はすっきり白が良い。

お気に入りの長老

2014/04/04 Fri

今日は雨降り。
気温も上がらず寒い一日になりそうです。

昨日まで異様に暖かい日が数日続いたので、
尚更寒く感じます。
人間だけじゃなく金魚の体調管理にも気を付けないと。

それでももう雪の心配はないと思われるので、
今週末には車のタイヤをスタットレスから
夏タイヤに履き替えられそうです。
この作業を終えると何となく春になったって毎年感じます。





今日は時間ないので、
早速タイトルの金魚写真の紹介です。
6才の雌。
501-1121.jpg 501-1253.jpg 501-0901.jpg





501-1889.jpg 501-1558.jpg 501-1479.jpg





501-0846.jpg 501-0814.jpg 501-0681.jpg

実際は年開けているので7才になってます。
頻繁に登場する我が家の二段と兄弟です。
結構な年の割には食欲も衰えず電気が点くと
写真にあるように水面に浮いて来ては餌の催促してます。
年取ってからも良く食う奴はやっぱり老けない気がします。

写真でも分かるように緋の中に白地の隙が有って
見た目的には今一ですが長年飼っていれば
そこもこの魚の味ってことになってくる。
緋質は良いので、勿体ないのですけどね・・・。

年取って来たので無理させず長く楽しみたい一匹です。

今朝の様子

2014/04/01 Tue

今日も晴れ。
朝から気持ちの良い青空です。
気温も上がっていて、
少し厚着をして作業すると汗ばむほど。
なんかあっという間に春が来たって感じです。
寒の戻りとか来ないと良いのですが・・・。

今日から4月。
新年度なのですが、自分的には何が変わるという訳でなく・・・。
子供が小さかった時は春から小学生とか、今度は何年生とか。
そんな楽しみもあったのですが、とんとご無沙汰してます。
今では1年の中のとある1日でしかないかな(笑)。





最近の陽気につられて
車庫も玄関も水槽の温度はかなり高めになって来た。
玄関の当才水槽で11~2度位。
車庫の親と3才水槽は17~8度位。
2才水槽に至っては20度超えてます。
おかげで活性上がって人を見れば餌の催促してます。
自分はコンスタントに15℃を切らなくなったら
徐々に与える餌の量を増やしていくようにするのですが、
車庫水槽の餌の量を増やしていこうか否か思案中です。

餌を増やすのは簡単なのですが、
当然水が汚れるのも早くなるので、
濾過槽掃除も頻繁に行わなければならなくなる。

これからの時期水槽の水温と水道水の水温差が大きくなる。
それも金魚には負担かなと思うので、難しいところです。





前書きが長くなりました。
ここからはタイトルの写真をさらっと行きます。
まずは何時もの山。
C01-9060.jpg C01-9064.jpg

何時も横撮りのものばかり紹介するのですが、
たまには縦の物も一緒に、縦だと電線がかなり邪魔ですが(笑)。
雪に一面覆われていた斜面も徐々に土が見えてきました。
下の方程地面が見える範囲が広いのが分かるかと。
雪って低い所から消えていくってのがこれだと実感できる・・・かな。





何時ものブナ林。
C01-9066.jpg C01-9071.jpg

残念ながらブナの芽吹きにはまだ早い。
それでもブナの根本の雪が消えているのが見えるはず。
こうなってくれば雪消えももうすぐ。





親水槽。
C01-9057.jpg C01-9048.jpg C01-9054.jpg

餌くれと水面を泳ぎまくります。
うっかりしているとすぐ水を掛けられる。





3才水槽。
C01-9037.jpg C01-9042.jpg C01-9035.jpg

一番敏感に反応してくるのがこの水槽。
それでも方医が親たちほど大きくないので、
側で見てられますけどね。





2才水槽。
C01-9043.jpg C01-9044.jpg C01-9046.jpg

2才達は餌が投げ込まれるまでは比較的おとなしめ。
水面下をグルグル回っています。
餌が落ちると狂喜乱舞が始まりますけどね(笑)。

当才水槽は水温の上昇と共に水槽壁面の苔の成長もとんでもない事に。
水替え時に壁面の苔落としするまではとってもお見せできません(笑)。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR