最近の野菜の様子

2014/08/31 Sun

今は雨上がったみたいですが、
起きたら道路濡れてた。
夜なか起きた時は降っていなかったのでその後降ったのかな。
久しぶりの早朝更新です。
天気予報だと日中は降らず夕方から目で、
明日は終日雨降りとか。
ここのところ降らない日が続いたので、
もう少し晴れてほしいところです。

現在、四時半過ぎですが、まだ外は真っ暗。
夏だともう明るいのですが、季節の移り変わりを感じます。
もう少しして、外が明るくなったら活動開始。
それまでにブログ書かねば。





今日は最近の野菜の様子などを載せてみようかと。
何時も書きますが、自分は野菜作りには参加してない(笑)。
様子見に行って写真撮って来て載せるだけ。
見に行ったときに肥しが切れているようなら、
追肥した方が良くないか、とかいう程度。
なので、野菜に関してはモノを言う資格ないのです。
何にもしてないので(笑)。

今は夏野菜のスイカやメロン瓜やトウモロコシを植えたところを
耕し直して秋野菜の大根や白菜・野沢菜などの種を入れる時期。
春から育て続けてる野菜の端境期的な時期でもあります。
一番のキュウリや南瓜が終わって二番に入れ替わる。

そんな今の畑の様子ですが、
畑に行く前に何時もの田んぼから始めます。。
C02-5532.jpg

段々実が入って黄色くなってくる時期なのですが、
今年は雨ばかり降ってしかも涼しい。
暑くなって実入りを促してほしいところです。





大根とか色々。
C02-5549.jpg C02-5552.jpg C02-5554.jpg

ここはジャガイモを植えてあった場所。
左の写真には何か獣が来た足跡が写っています。





枝豆。
C02-5555.jpg C02-5556.jpg

畑に開いている場所が有ると、とにかく豆の種を入れたがる。
なので至る所に豆が植えてある。
もう少ししたら枝豆で食えそうです。





サツマイモ。
C02-5560.jpg

我が家は今年二か所にサツマイモ植えてありますが、
もう一か所は悲惨でお見せできる状態じゃない(笑)。
サツマイモの茎を芋の手と言ってきんぴらにして食べる。
これが意外と美味いのです。





茄子。
C02-5562.jpg





唐辛子。
C02-5565.jpg





南瓜。
C02-5571.jpg C02-5572.jpg 

バナナ南瓜と黄色南瓜は既にたたまれてる。
残るはこの普通の南瓜のみ。





落花生。
C02-5575.jpg

少し前まで、何の養生もしてませんでしたが、
そろそろ落花生の実が入る時期。
カラスに悪戯されないようにネットと糸が張られた。
ネズミはこんなの関係なく荒らしますが。





こんにゃく芋。
C02-5579.jpg C02-5581.jpg





山芋とむかご。
C02-5586.jpg C02-5587.jpg

C02-5590.jpg C02-5593.jpg

山芋の大事な蔓を草取りの時に切ってしまったらしい。
一部枯れてきた場所がある(笑)。





里芋。
C02-5603.jpg C02-5607.jpg




小豆。
C02-5608.jpg





生姜。
C02-5610.jpg





牛蒡。
C02-5614.jpg





人参。
C02-5617.jpg

人参も一部葉が枯れ始めていますが、
大丈夫なのでしょうか・・・。





ブロッコリー。
C02-5620.jpg





キャベツ。
C02-5621.jpg





オクラ。
C02-5623.jpg C02-5625.jpg





ガーデンハックルベリー。
C02-5629.jpg C02-5627.jpg

此奴、全然ガクが枯れてきませんが、
何時になったら枯れるのでしょうか。

撮った野菜の写真使いきれない(笑)。
なのでもう次も野菜の様子になりそうです。
スポンサーサイト

給餌風景

2014/08/29 Fri

今日は曇り。
時々青空ものぞきますが、
晴れってほど良い天気じゃない。
ここの所雨ばかり降っているので、
雨が降らないだけでも上出来って感じなのですけどね。
天気予報だとまた今晩から月曜まで降ったり止んだりらしい。
晴れが続いてくれないと困るのですけど・・・。





少し前、娘が帰ってきたとき一緒にテレビ見てた。
よく有る旅番組、昔のアイドルが連れ立ってローカル線やら、
地元の公共の交通機関を使って名所旧跡を巡る的な。
旅館に泊まって宿の食事を紹介する時に、
イタドリの煮物だったか、きんぴらだったかが出された。
地元で採れた山菜を塩漬けしたものを
戻して使ってますって感じなのだと思うのですが・・・。

それを見ていた娘がイタドリってこの辺にも生えてるのかと聞く。
当地だと「すかんぽ」とか「かんぽ」と呼ばれてるものだと教えてやると、
あれって食べれるんだって言う。

ちょっとびっくりした。
標準和名を知らないのはまぁ仕方ないかもしれないけど、
食べれるって知らないのかって、感じ。
自分達が小さいころは学校の帰りに、
道草喰いながら帰って来るとき、
食える野草を取って食ったり、
山菜を取って家に持ち帰ったりしたもの。
その中で自然と食える野草や山菜を覚えた。
当然生で食っても全然おいしくないから、
少しかじって酸っぱいと言って投げ捨ててしまうのだけど。
まぁ、自分が小さかったころとは環境が違うけど・・・。
食えることくらい知っていると思ってた。
確かに、自分は娘にこれって食べれるものだと教えた覚えはない。
でも、自分も親にそんなこと教えてもらった覚えはないけど。

その同じときに山菜の話から、町の居酒屋で
フキを食ったら美味かったという話になった。
家で食べるのと違って、
全然フキ臭くなくて食べやすかったという。
あの香りと言うか臭いが嫌いな人には嫌なのかもしれませんが、
フキって良くも悪くもあの香りが有ってフキなのだと思うのですが・・・。
思うに、娘が食べたのは天然ものじゃなくて、
養殖されたものなのではないかと。

山菜全般て香りだったりアクだったり、苦みだったりが独特。
それを食べて季節が巡って来たのを感じる。
そんなものだと思うのですが・・・。
どうやら娘は違うらしい(笑)。





前置きが長くなってしまいました。
タイトルに行く前に何時もの写真。
朝靄スポット。
C02-5466.jpg C02-5504.jpg

左が昨日で右が今日。
朝靄は出ますが曇った日ばかりで思うような写真が撮れない。
今朝は朝焼けが綺麗だったので撮ってみた。
それが下の写真。

C02-5507.jpg C02-5519.jpg

左は本当はこんなに暗くないのですが、
朝焼けに露出合わせるとこんな感じ、これも悪くないかと。
左は上より少し時間が経ってる、山のシルエットが綺麗かなと・・・。





タイトルに行きます。
まずは三・四才池。
C02-5477.jpg

C02-5508.jpg C02-5510.jpg C02-5512.jpg

上は昨日で下が今朝。
同じ様な時間なのですが、天気が違うと明るさが全然違う。
よく食いますが、もう夏の食い気じゃなくなってきた。
もう少し伸ばしたいところですが、
気温が上がらないと無理できないかな・・・。





№1の当才池。
C02-5540.jpg

逆光でよく写っていませんが、こんな感じです。
まだ小さい。





二才池。
C02-5566.jpg C02-5567.jpg 

少し前に鷺が付いて浮かなくなったと書いた二才池。
最近やっと少しずつ浮くようになりましたが、まだこんな感じ。
突然来るので、シャッター間に合いません(笑)。





親池。
C02-5644.jpg C02-5645.jpg C02-5655.jpg 

こちらはゆったり。
浮いて浮餌を何粒か含むと沈んでく。
一度に来ないので、
三才池の様なみんな浮いてる的な写真にならない。
ここも三才池もやたらの当才達がデカい。





№2の当才池。
C02-5661.jpg C02-5663.jpg C02-5666.jpg

大分明るくなってきているのが分かるかと。
ここに餌を撒いたら、朝の餌くれ終了。
今度は自分の朝飯です(笑)。

オレーヌがオレタ

2014/08/27 Wed

今日は曇りのち雨。
午前中はどんより曇ってましたが、
午後からは土砂降りの雨。
しかも風まで吹いているし・・・。
ここまで倒れずにいた稲がこの雨で倒れそう・・・。

去年もでしたが、梅雨明けしてから雨ばかり降っている。
しかも今年は気温も低い。
去年は雨が多かった割に気温は高かったですが、
今年は気温かなり低め。
昨日も今朝も8月だというのに肌寒い。
困ったものです(笑)。





早速タイトル。
以前、書く物に若干のこだわりが有ったりしますと書いた。
その時はこれだっていう、ボールペンが無いって話だったと思う。
これは今はもうあきらめて、適当なところで手を打った。
と言っても探すの全く諦めた訳じゃなく、
暇が有ればしっくりくるボールペン探しはしてますけど。
因みに今はユニのシグノ0.5を使ってます。

で、今日はボールペンの話じゃなくて、シャーペンの話。
シャーペンはプラチナのオレーヌと言うの物の、重い方を愛用。
軽い方も持っているのですが、重い方が書き味が滑らか。
ずっと愛用してましたが、折れた。
その写真。
E01-8099.jpg E01-8103.jpg

使っていて、芯出そうと思って上押したら、こうなった(笑)。
さすがにこれだともう使えません。
まぁ、結構使わせていただいたので、十分元は取れたと思います(笑)。
が、こいつが壊れたので予備の軽いの使っていたのですが、
やっぱり何となく、使い心地がよろしくない。

で、同じの買おうと思って捜したのですが、中々売っていない。
同じの無くてどちらかと言うと、軽い方の進化版みたいな感じの、
オレーヌ シールドと言うのを売っていたのでつい二個買ってきた。
このブログ書くにあたってここが壊れたんだよなって感じで、
先を外したらバネがどこかに落ちた。
これがいくら探しても見つかりません・・・(泣)。
買ってきて速攻で一本駄目にしました。
しかも外観新品なのに。






ここからは何時ものように朝だったり、
休みだったりに撮った写真です。
今日は花で。
まずは昼顔から。
C02-5228.jpg C02-5232.jpg





ニラの花。
C02-5271.jpg C02-5280.jpg





朝顔。
C02-5284.jpg C02-5285.jpg C02-5292.jpg

C02-5291.jpg C02-5297.jpg





萩。
C02-5322.jpg C02-5324.jpg C02-5327.jpg





提灯花。
C02-5333.jpg C02-5335.jpg





ツユクサ。
C02-5362.jpg





野草その一。
C02-5367.jpg C02-5370.jpg C02-5373.jpg





オクラ。
C02-5374.jpg C02-5382.jpg C02-5389.jpg





クサネム。
C02-5390.jpg





葛。
C02-5401.jpg C02-5394.jpg





野草その二。
C02-5438.jpg C02-5439.jpg




最後はおまけで、バッタ。
C02-5355.jpg C02-5359.jpg C02-5360.jpg

これかいたらもう一度、シャーペンのバネ探しです(笑)。

選別

2014/08/25 Mon

今日は曇り。
昨夜は雨降りだったし、
今朝も小雨がぱらつきましたが、
日中はどんよりと曇ってます。
曇ってますが、気温も湿度も高めで動くと汗が出ます。





タイトルに行く前に。
まずは写真。
C02-5403.jpg C02-5405.jpg

毎朝餌くれに行く途中で見る景色。
暫く前まで、中央の炎は無かったのですが・・・。
気付いたら燃えてたみたいな感じ。

多分天然ガスの採掘場なのだと思いますが、
こんなに燃やして良いのって位燃えてます(笑)。
もう少しすれば炎見れなくなるのでしょうけど。

デジタルズーム全開で撮っているので、
画質がボケボケなのはお愛嬌と言う事で・・・。





本題行きます。
まずは土曜の午後分。
№2の当才池。
C02-5191.jpg C02-5195.jpg C02-5200.jpg

以前紹介した奴も順調にデカくなって上がっている。
ここは玉も良いし、模様もまあまあって感じ。
秋になれば結構立て分拾えると思う。




ハネ。
C02-5203.jpg C02-5208.jpg

土曜の午後分のハネ。
ハネって言っても玉は良いので、それなりに見れます。
ホームセンターのペットコーナーで売っている
玉さばよりは良いと思います(笑)。





続いて、日曜の午前分。
№1の当才池。
C02-5341.jpg C02-5345.jpg C02-5350.jpg

サイズは二番池よりもかなり小さめ。
ここには写っていませんが、
むけていない黒いのもまだかなりの数居ました。

それなりの模様になっていますが、
今はまだ二番池の方が綺麗かな。
後はまだハッキリしていない小さい奴らが
どんなふうに仕上がって来るか・・・。

ここはデカくなる質の親で採っているので、
これからサイズアップしてくれると思うのですが・・・。
玉はどうでも良いと思っていたのですが、
それなりに腹も張ってきましたし。





ハネ。
C02-5351.jpg

日曜分のハネ。
トータルでこれの倍くらいハネたかな。
まだ小さい分緋色も薄いですし、玉も良くない。

これ位のサイズになると、
網に掛けただけで、拾う奴は略わかる。
当初に比べれば数も格段に減っているので、
選別にかかる時間は少なくなってる。

これで模様の良いのがバンバンいると
時間なんてあっという間に経ってしまうのですが、
中々そう上手くは行きません(笑)。

今日は花を

2014/08/23 Sat

今日は雨のち曇り時々晴れって感じ。
朝起きた時は雨降り。
結構強く降ってましたが、その後上がって、
陽が差したり曇ったりしてます。

昨日、ブログを書いている時から天気荒れ始めたと書きましたが、
その後雷と風と雨とで大荒れ。
かと思えば暫くしたら雨も風も止んで、曇り空。
それがまた夜になって降り出すという忙しい天気でした。
その雨も一旦上がって、今朝四時頃からまた降りだしたですが。

来週は予報によって少し違う。
週初めに雨が降ると言っているウェザーニュースと
来週は降らないと言っているヤフーと気象庁どっちが当たるでしょう。





タイトルに行く前に少し。
今当地に東洋大学陸上部の長距離の選手が夏合宿に来てる。
自分が朝水見に回っている時間と
彼らが走っている時間が重なっているので、
我が家の田んぼの下の道を走って行くのを餌くれしながら見てる。
その走るのスピードの速いこと。
多分自分の全速疾走よりも速いスピードで
山坂の続く当地を走り抜けてく。
しかも今朝の様な雨の中でも走っているし。

毎年この時期合宿に来るので見ますが、
毎年のようにその速さに感動と言うか、衝撃を受けます。
走っているとこの写真。
C02-5188.jpg

もっと近くから撮ることも出来ますが、
勝手に載せて良いものか分からないので、
ブレブレの写真を載せときます(笑)。
因みにこれ今朝です。
多分、もう帰るのかな・・・。





タイトルの花。
これも今朝の止み間に取ったものから、
以前撮り駄目ていたものまで、何でも有です。
では。
C02-4832.jpg C02-4836.jpg





C02-4837.jpg C02-5138.jpg





C02-4841.jpg





C02-4926.jpg C02-4927.jpg C02-4931.jpg





C02-4935.jpg C02-4936.jpg C02-4938.jpg





C02-4940.jpg





C02-4946.jpg C02-4948.jpg C02-4950.jpg





C02-5078.jpg C02-5080.jpg





C02-5164.jpg C02-5165.jpg C02-5169.jpg





C02-5179.jpg C02-5182.jpg





C02-5183.jpg C02-5185.jpg

今日明日はまた、選別の予定なので、
来週はその写真載せれると思う。
雨の心配はないと思うので載らなかった時は、
たいして良いやつがいなかった時です(笑)。

水見の途中で

2014/08/22 Fri

今日は晴れのち曇り。
天気予報だと夜から雨。
午前中は晴天で本当に雨になるのって感じの
良い天気だったのですが、お昼過ぎから曇ってきた。
稲の穂が出た後なので、
あんまり強い風雨は遠慮したいのですが・・・。
どうなりますか。





最近ネタ切れです(笑)。
と言う時は何時ものように
朝の田圃回りの途中で撮った写真になります。

まずは何時もの田んぼから。
C02-5032.jpg C02-5027.jpg

これ昨日の朝なのですが、
ここがこんなに霧に覆われるの珍しい。
何時もの朝靄スポットや二才池のある場所は
比較的霧出やすいのですが、ここはめったに靄らない。
珍しかったので撮ってみた。





オクラの花。
C02-4982.jpg C02-4989.jpg C02-4987.jpg

以前も紹介したことありますが、懲りずに。
野菜の花の中じゃ、オクラの花が一番きれいだと思う。





ムカゴ。
C02-4923.jpg C02-4924.jpg

長芋の蔓に出来るムカゴ。
花が咲いて種が出来る代わりに、
ムカゴを植えると翌年芽が出る。
ムカゴから長芋になるまで、早くて三・四年かな。





イネ科の植物三種。
C02-4954.jpg C02-4956.jpg

C02-4965.jpg

C02-5103.jpg C02-5109.jpg





クサネム。
C02-4967.jpg

これはマメ科の植物だったと思う。
田んぼの嫌われものの雑草です。
田んぼの周辺に生えているの見たら即座に抜きます。
此奴の種は米と同じくらいの大きさで米選機でも拾えない。
色は黒いので全然違いますけど。





ゴアツキの花。
C02-5106.jpg





畦豆の花。
C02-5110.jpg C02-5112.jpg

少し前に畔豆の花が咲きだしたと載せた。
今は畦豆の花盛りです。
と言っても見て分かるように豆の花はとっても小さいので、
気にして見なければ気づきませんけどね。





蜘蛛を二種。
C02-5009.jpg

C02-5013.jpg C02-5015.jpg





最後はエアーに戯れる金魚。
C02-5072.jpg C02-5074.jpg


ブログを書いているうちに空は暗くなり、
風が吹き始めたと思ったら、雷も鳴りだした。
なんか大荒れの天気になりそうです・・・。

あーあ

2014/08/20 Wed

今日は晴れ。
天気予報だと曇りだと言ってましたが、晴れてます。
自分的には暫く晴れが続いてほしいので、
この天気は歓迎なのですけど。
でも、天気予報明日は雨だと言っている・・・。





今日のタイトルの写真は無し。
何が「あーあ。」なのかと言うとに二才池に鷺が付いた。
鷺が付くと当然、金魚を食われてしまいます。
それも困ったことなのですが、金魚が浮かなくなる。
浮餌に反応しなくなるのです。
一度この状態になったら以前の様に
浮いて浮餌を取るようになるのに最低二週間はかかる。
これも困ったことなのです。

春、二才を野池に放す前に池の周りに、
ネット張りと池の上にテグスを張り巡らす。
二才以外の金魚池もみんな同様ですけどね。
毎年の事なので、かなり周到に糸張りするのですが、
それでもその隙を鷺は探す。
まぁ、相手は毎日24は時間かけて入れる場所を探す訳ですから、
隙があれば其処を突かれます。
で、一度美味しい思いをした池には何度も来る。
一か所綻びをふさいでも別な綻びを探す。
これの繰り返しで、完全に入れなくなるまで
池の周りに来ては何処か探してく。

なので、春に完璧な状態にして
一度も近寄らせないというのが理想なのですが、
中々思うようにはいきません。
今はなんとか綻びも修繕できたようで、
鷺来なくなっていますが、またいつ来ることか・・・。

浮餌を食べなくても、沈み撒いとけばそれ食っているので、
金魚には浮餌は巻かないという人もいますが、
自分は毎朝、水見に回りながら金魚眺めてくるのが楽しみ。
毎日の事なので、そう変化が有る訳ではありませんが、
それでも毎朝眺めるのが楽しい訳で・・・。
まぁ、楽しいだけじゃなくて、
見ることで色んな事が分かるので、
それが分からなくなるのも困る。

もう暫く浮かない期間が続きそうです。
まぁ、他の池が順調なのが救いです・・・(笑)。





ここからは写真。
何時もの朝靄スポットの今朝。
C02-4862.jpg

餌くれに向かう時は霧で真っ白でしたが、
帰って来るときはこんな感じで、良い感じに靄ってました。

もう少しして稲が色づいて来ればまた違う感じになるかと。





水滴。
C02-4806.jpg C02-4807.jpg C02-4811.jpg

これは昨日の写真。
昨日は霧で真っ白だったのですが、
その水滴が池に張った糸だったり、蜘蛛の糸に付いてた。

今年の夏は本当に熱くない。
今朝の様に気温が下がれば池からは
湯気が上がるのが何時もの年なのですが、
野池の水の温度が上がらないので、湯気も立たない。





何時もの田んぼ。
C02-4870.jpg C02-4825.jpg

穂も上がり切って今度は実入りを待つ。
実が入ってくれば稲穂が頭を垂れます。





稲一株。
C02-4821.jpg

何故か田圃の脇の水路に一株だけ生えてる。
植えた覚えもないので、苗を落としたものと思われる。
刈るのも何なのでそのままにしてあります(笑)。





畦豆。
C02-4818.jpg

畦豆も良い具合に成長してます。
これからの時期は朝露でズボンが濡れますけどね(笑)。





白穂。
C02-5010.jpg C02-4680.jpg

田んぼついでにもう一つ。
何故か知りませんが、こんな白い穂がまれに上がってくることがある。
これ籾の形はしてますが、中身は無い。
中身が無いから花も咲かないので実こともない。

穂上がりの時に風が吹くと穂が擦れて、
白穂になるというのは知ってますが、
こいつは穂が出てくる時から白い。





ガーデン ハックル・ベリー。
C02-4971.jpg C02-4970.jpg

以前母親が貰ってきた何とかベリーって紹介した奴。
その後思い出したのか、再確認したのかハックルベリーとい
品種だと教えてくれた。
で、ネットで調べたら本当のハックルベリーと言う木は別にあって、
それと区別するためにガーデンと付けているらしい。

実は完熟しないと毒が有って、しかも生色には向かない。
ジャム専用の実らしい。
まぁ、茄子の仲間と言うから生色美味くないとは思うけど(笑)。

もう少し熟れさせてから収穫するものらしい。
収穫したらまた載せます。





最後は沢がに。
C02-4882.jpg C02-4878.jpg

今朝水見に行ったらいた。
右はブレブレだけど何となく良いかなと。

週末の様子など

2014/08/18 Mon

今日は晴れと曇りの中間。
朝は曇ってましたが、その後は薄曇り。
ちょっとだけ青空が覗く程度。

折角稲の穂が上がり揃ったところなので、
ちょっと照りつけるような天気になって、
実入りを促進させてほしい所なのですけど・・・。
中々思うようにはいってくれません(笑)。





タイトルに行く前に、風景写真などを。
今朝の朝靄スポット。
C02-4765.jpg

朝靄じゃなくて霧で真っ白、何も見えません(笑)。





三・四才池の様子。
C02-4757.jpg C02-4761.jpg

こちらも霧で真っ白です。
いくら霧で視界が悪かろうと、
金魚たちの食欲はいつも通りですけどね。





更に霧の様子。
C02-4771.jpg C02-4773.jpg

現地にいた時は霧と相まってかなり幻想的な雰囲気だったので、
写真撮ったのですが、こうしてみるとただの霧の写真ですね(笑)。





朝焼け。
C02-4718.jpg

霧の写真ばかりでは何なので、
昨日の朝の朝焼けです。





何時もの山と棚田・棚池。
C02-4705.jpg C02-4712.jpg

C02-4789.jpg C02-4792.jpg

しつこいとか言われそうですが、こちらも霧の様子。
上は土曜日で下は今朝。
土曜日ここが霧に覆われていた時、朝靄スポットは霧も靄も無し。
今朝あちらは霧だったですが、ここは霧の気配もない。
直線距離だとほんの数キロしか離れていませんが、
けっこう違いが有るものです。





前回のブログで土曜日に選別した話を書きましたが、
今日は日曜日の午前中の話。

昨日も小雨降りの中の作業でした。
まぁ、土曜の様に土砂降りの中ってわけではありませんが・・・。
やったのは家の隣の車庫から№2当才池までの電線引き。

毎年の事なのですが、
この池、田んぼの水が不要な頃になると、
エアーポンプを稼働させなければならない。
理由はこの池通って下の田んぼに水を送っているので、
田んぼに水を送れる間は随時新鮮な水が入る。
それが田んぼに水が不要となると水を入れられないから。
この池の排水先が田んぼしかないのです(笑)。

で、酸欠防止のためエアーポンプの出番となります。
雨で濡れた草の中を電線引きながら移動。
当然ズボンはあっという間にびしょ濡れ(笑)。
それでも電線引くのは片付けるのに比べればずっと楽。

電線引いてポンプ濡れないように一寸した雨除け作って、
エアーポンプもってきて、さあ稼働と思ったら動かない。
春まで越冬水槽で使っていた奴なので、動かないはずはない。
調べたらやっぱり電気が来てない。

びしょ濡れになりながら100メートルコード引いたのに(笑)。
電気とか全く詳しくないので、理由も分からない。
取りあえず自分のできることっ言ったら、
雄口と雌口を分解して調べてみるくらい。
後は一か所草刈り機で断線させたところが有るので、
其処をもう一度確認。
何処も悪くなかったように見えましたが、
一通り調べたら通電してました。
結局何処が悪かったかも分かりませんが、
電気が通ったので良しとします(笑)。

今朝の様子。
C02-4799.jpg

エアーストーンを底から稼働させると泥が沸くので、
杭を打ってそれに縛ってあります。

これでも今朝酸欠気味だったけど・・・。
選別して数減らすしかないかな。





№1当才池。
C02-4778.jpg C02-4781.jpg

こちらは土曜日に選別した野池。
まだ、赤や白いのが沢山いるのが分かるかと。





花を四種。
C02-4742.jpg C02-4796.jpg

C02-4692.jpg

C02-4744.jpg

C02-4750.jpg





最後はススキの穂。
C02-4753.jpg C02-4756.jpg

左がススキで、右は茅。
ススキの穂が見えるようになると
夏も終盤って感じです。

買い物 と 虫

2014/08/17 Sun

今日も雨降り。

昨日もほぼ終日雨だった。
途中止み間が有って少しだけ草刈りしましたが、
露が有ると草はよく切れますが、足場が良くない(笑)。
平らなとこなら問題ありませんが、法面はちと危ない。
何度か足滑らせました(笑)。


で、昨日の午前中は多雨降りの中、選別してました。
一応ビーチパラソル立てて雨をしのぎながらやるのですが、
風が吹いたり自分が動いたりてで、頭から靴下までずぶぬれになりましたけど。
本命当才池をやったのですが・・・。
でかいのはみんな巣白と巣赤ばかり。
形付き率超低い。
小さいサイズはそれなりに形付きいたのですが、
そいつらもでかくなるにつれどうなることか。
今年の本命はともかくでかくなる組み合わせを重視したのですが、
秋上がり次第ではちょっと考えなくてはいけないかも。
といっても極良いと思えるやつも数本いたのが
悩ましいところだったりします。

雨降りの中なので、写真は有りません。
今朝餌くれに回ったら、昨日選別して巣白と巣赤、
かなりハネたはずなのに選別前と変わらない位いる(笑)。
来週も選別確定って感じなので、写真はその時にでも。
まぁ、天気次第ですが(笑)。





今日はダブルタイトルです(笑)。
と言っても大したもの買ったわけでないので、
間が持たないだけですけどね。
まずは買ったもの。
エアーポンプ。
C02-4416.jpg C02-4418.jpg

去年が一昨年のブログでも夏場の選別の必需品で
G社のエアーポンプを紹介したことがある。
けっこう便利に使わせていただいていたのですが、
少し前の選別時に突然2台動かなくなった。
電池は変えたばかりなので、無くなったはずがない。
2シーズン使ったからしょうが無いのかと思ってネットで変わりを物色。

アマゾンやら楽天やら価格やらを見てたのですが、
G社のエアーポンプあんまり評価高くないのですね(笑)。
自分としては必要十分と思っていたのですけど。
評価が高かったのはハピソンと言う所の商品。
元はパナソニックだった会社の様ですけど・・・。
でもここの製品高い(笑)。

で、評価も良くて値段も手ごろなニッソーにした。
ニッソーは熱帯魚用品じゃ大手ですし、まぁ心配はないかと。

数回使いましたが今のところ全く問題なし。
と言うか、G社の残りの一台も元気に動いているし。
G社の製品に比べてエアーの吐出し量が
特別多いってわけでもなさそうですし。
ただ、一応防滴対応は謳っているだけあって
少し水が入りにくい構造になっているみたいです。

取りあえず二台買ったので、
今シーズンはこの体制で大丈夫だと思います。





次は水見の途中で撮った昆虫の写真。
まずはシジミチョウ。
C02-4515.jpg





多分ウスバカゲロウ。
C02-4592.jpg





ウマオイ。
C02-4593.jpg C02-4595.jpg





カマキリ。
C02-4600.jpg





コオロギの仲間なのか。
C02-4607.jpg C02-4611.jpg





トンボを二種。
C02-4622.jpg

C02-4679.jpg C02-4678.jpg





脱皮中のオンブバッタ。
C02-4633.jpg C02-4639.jpg C02-4641.jpg





イナゴ。
C02-4645.jpg C02-4647.jpg





蜘蛛を二匹。
C02-4650.jpg

C02-4658.jpg C02-4662.jpg C02-4664.jpg






コガネムシ。
C02-4685.jpg

金魚に付いて思う事 その二

2014/08/15 Fri

今日も曇り。
朝方はもしかして今日は晴れるのって感じで、
青空が覗きましたがそん後雲に覆われました・・・。
昨日も書きましたが、今日は夕方から雨降りだとか。
そんなに激しく降らないで欲しいところです。


毎年この時期になると書くことの様な気がしますが、
お盆が近づくにつれ日の出か遅くなって来た。

朝の五時頃から活動を始められるように起きるのですが、
暫く前は起きれば外は明るかったのですが、
最近は四時半頃に起きても薄暗い。
間違ってもう少し早く起きたらまだ暗かったりする。
もう田圃の水もいらないので水見と言うより、
田圃回りと金魚の餌くれに変っているので、
それ程時間必要なわけではないのですけどね。
もう少ししたら、五時半頃が始動時間に変るかな・・・。





今日はお盆で少し時間が有るので、
また金魚に付いて思うことなどを
適当に書き綴ってみたいと思います。


自分は三才の秋上がりに
目指す魚に仕上がってくれれば大凡良しと思って飼っています。
当然当才時にも二才時にもそれぞれ目指すものが有って
三才の秋を迎えるわけですけど・・・。

取りあえず当才時は更紗模様に重点を置いた選別。
更紗重視なので、さば尾でも玉さばでも良い訳です。
ひたすら気に入った更紗模様が出れば良い。
二才時は体型の確認に重点置いて飼います。
当才時はさば尾か玉さばか分かっても細かいことは分からない。
デカくなる質なのか、玉の形はどうなって行くのかを確認。
三才時でその魚が持つ本来の形が
大体出来上がって秋上がりしてくる。
言葉にするとイメージとしてはこんな感じ。


とは言え、当才時にさば尾だった魚が二才の秋上がりで、
玉さばになって上がってくることはまずない。
逆に当才時は玉さばだったけど二才の秋上がりでは
何か長くなってしまったというのはよく有る事。
何が言いたいかと言うと、玉さば作りたかったら、
当才時から玉さばになるのを作らないといけないと言う事。

さば尾同士を掛けても玉さばは出ますが
確率がかなり低い。
玉の良い仔を採りたいなら玉の良い親同士を掛けること。
それでもさば尾はかなりの数出ますけど・・・。

更紗の良い仔を採りたいなら
玉と同じように更紗の良い親同士をかけること。
とは言え、玉と違って更紗は掛け合わせが有って
良いもの同士だと必ずよくなるとはかぎりませんが・・・。

まぁ、そこら辺は書きだすと限が無いので、
別な機会に譲りますが・・・。
ただ、以前も書いたことありますが、
更紗同士を掛け合わせると素白率が高くなります。

要約すると、
当才時でその魚の持つ性質は決まっているって事。
まぁ、飼い方で変わってきたりはしますけど。
でも、質として持っていないものは現れてこないわけで、
更紗模様も玉もデカくなるか否かも。


で、二才のひと夏かけてそいつが持っているモノの
確認作業になる訳です。
当才時に特別デカくなるタイプみたいなものを除くと、
玉さばかさば尾かは分かってもその後どうなるのか確実ではない。
一番わかりやすいのはさば尾がデカくなりそうか否か。
何がどうならデカくなるのかって一言では書けませんが、
要するに持っている雰囲気がデカくなりそうってことです(笑)。
ただ、当才時にデカくなれなかった奴でも二才時に伸びる奴は居る。

玉さばでも丸いけどデカく成る奴と
丸いけど全然デカくならない奴がいる。
ここら辺の見極めまだ確実にできません・・・。

で、二才の秋には大体そこら辺が見えてくる。
まぁ、中には真っ白になって上がってくるやつもいますし。
当然期待してたのに、上がらなかったというのもいる。
二才の秋で大体どんなふうになって行くかの
方向性と言うか持っている質が表に出てくるわけです。


後は自分の好みに合わないものをハネて、
三才のひと夏で更に伸びて秋に上がって来てもらう訳です。
とは言え、さば尾は三才の夏もまだ前後に伸びます。
全長が伸びてるうちは太実が増してこない。
本当の迫力あるさば尾は伸びが略止まって
太さが付いてきた個体なのですけどね。
玉さばは三才までで、大体大きさ決まります。
後は毎年少しづつ伸びていく感じなので。

こんな感じで、
三才の秋で大体持っているものを表現してもらう。


で、そこからが難しいところ。
三才の秋で見えてきたものを更に如何していくか。
さらに丸く、更に長く太くと欲を出すと
前回書いたようなことになる訳です(笑)。

ただ、落とすことになったとしても、
全体として大きくしたい、迫力ある個体にしたいという、
基本的な部分は変わらないので、
飼い込んでいくのは多分止めないかな(笑)。


もっと書こうと思っていたことあったのですが、
長くなって来たので今日はここまで。
気が向いたらまた書きます。





最後は写真。
当才の形付候補。
C02-4472.jpg C02-4474.jpg C02-4478.jpg

C02-4483.jpg C02-4484.jpg C02-4487.jpg

上と下は違う魚です。
№2の当才池。

大分更紗模様もしっかりしてきたので、
これくらいに成るとみても楽しい。
たた、網引かれるのに慣れてきたせいか、
掛りが良くないのですけど・・・。





最後は二才。
C02-4492.jpg C02-4495.jpg C02-4499.jpg

№2の野池に濁し要員で入れてある二才。
この倍くらいの数は居るはずなのですがかからない(笑)。
二軍ですが、それなりに見れるかと。
当才池に二才は20数匹なので、
もっとデカくなるかと思ってましたが、
当才の数が居るので思うほどデカくなりません。

目に付いたものを撮ってみた

2014/08/14 Thu

今日は曇り。
青空が覗くわけでもなく、
かと言って降ってきそうなわけでなく、
本当に終日曇り(笑)。

本当ならお盆の今頃が一番熱いはずなのですが、
先日の台風が過ぎ去ってからはこんな天気が続いてる・・・。
夜が涼しくて寝やすいのは歓迎ですが、
暑い時期はそれなりに暑くないと金魚に餌を食わせこめないし。
辺に涼しくなくて良いのですけどね(笑)。

天気予報だと明日の夕方からまた雨だとか、
暫く暑い晴れの日が続いてほしいのですけど・・・。





今日はタイトル通り、
朝の水見の途中で撮った写真です。

まずは何時もの山と、棚田棚池から。
C02-4621.jpg C02-4617.jpg

今朝の写真なのですが、曇っているのが分かるかと。
朝からと言うより昨日の午後からずっとこんな感じです(笑)。
スッキリした青空が見たいのですが・・・。





三・四才池。
C02-4446.jpg C02-4449.jpg C02-4447.jpg

先週末、台風の影響で大雨。
梅雨時の最大時よりも更に水が溜まった。
もうすぐアニマルネットを超えてくる所まで来た。

水が変わったので何時ものように
大やたら大会が開催されてました(笑)。
中央の写真がそれなのですが、
こんな時に限って何故か貼ってある糸にピントが来てる。
何となく、赤とか白いのが草の側に見えると思いますが、
それがやたら中の奴らです。
当然、その後を追って当才達が生みたての卵狙います。

右は草の株に入り込んで身動きできなくなった奴。
餌くれ時に見つかったので助けてやれましたが、
タイミングが悪ければ獣に取られる。





ついでに三・四才池の給餌風景。
C02-4529.jpg C02-4531.jpg

やたらの当才がデカくなり、
親にやる4号の浮餌を普通に食べるようになった。
それでやたらの網引きしたと以前書いたのですが、
きれいに捕れる訳じゃない。

4号は二才用の浮餌にすることにして6号の浮餌に変えた。
当初はサイズが変わったことで当才達口に入らず
浮餌を取ることは中々難しそうだった。

サイズ変えた甲斐があったと思っていたのですが、
網引いたおかげで当才の飼育密度はかなり余裕が出来た。
と思ったら、あっという間にデカくなって来て、
6号の浮餌を咥えられるサイズになった(笑)。

親にやる浮餌の三分の一は当才が咥えて潜る。
これ以上サイズアップしてもしょうが無いので、
秋までこれで行きます。





栗。
C02-4534.jpg C02-4535.jpg

上の野池に餌くれに行ったときに
車を止める場所の前に山栗の木が生えてる。
まだ実が入るには早い時期ですが、
栗のイガが落ちてたので撮ってみた。





畦豆の花。
C02-4596.jpg

多分「一人娘」と言う品種のはず。
丹波の黒豆の花はもう暫く先です。

枝豆は花が一輪咲いたら、追肥を上げる。
中には一株に一握りの肥料をやって大株にするなんて
生育方法もあるみたいですが我が家は普通にパラパラと。
稲刈り前位には枝豆で食えるようになるはず。





オモダカの花。
C02-4629.jpg C02-4643.jpg C02-4632.jpg

以前も載せましたが、オモダカは田んぼの雑草。
田んぼの中に生えていれば除草剤で退治されますが、
田んぼの外の水路にまで除草剤撒かないので。
右はオモダカの実。





萩。
C02-4655.jpg C02-4652.jpg C02-4654.jpg

こちらも以前載せた萩の花。
前は花の奔りでしたが今は何処でも見れます。
個人的に萩って夏だったりお盆のイメージだったりします。

今日は花を

2014/08/08 Fri

今日は雨降り。
天気予報だと午後から雨のはずでしたが、
朝食後すぐ位から降り出して、
お昼前位からは時折非常に激しく降る。

まだ、穂上がり途中なので
この雨で稲が倒伏することは無いと思いますが、
実が入ってからだと稲が倒れるのを心配する位の雨の量。

そのおかげで出穂時に田圃に掛けた分の水、
元に戻ると思います。
と言うか、まだ台風大分遠くてこの雨なのですが、
近付いてきたらどうなるでしょう。
まぁ、今日の雨は前線による雨で、
直接の台風の影響じゃありませんが・・・。





今日は花を色々。
朝の水見の途中だったり、今日じつの日中だったり、
取った日付は多岐にわたり、かなり前の物もありますが、
折角撮った奴なので取り混ぜて紹介です。
野生の花も有れば園芸種も有の
なんでもありで行きます。

それでは。
C02-3736.jpg





C02-3738.jpg C02-3740.jpg





C02-3748.jpg





C02-3749.jpg C02-3751.jpg





C02-3973.jpg C02-3978.jpg





C02-3979.jpg





C02-3985.jpg C02-3988.jpg





C02-4015.jpg C02-4021.jpg





ひまわり。
C02-4160.jpg C02-4162.jpg C02-4165.jpg

近所の学校の花壇に咲いてたやつ。





C02-4180.jpg C02-4182.jpg





山ウド
C02-4184.jpg C02-4194.jpg





水連
C02-4200.jpg

以前も紹介しましたが、また(笑)。





C02-4275.jpg C02-4280.jpg





C02-4282.jpg C02-4284.jpg C02-4286.jpg





オクラ
C02-4307.jpg C02-4309.jpg






C02-4330.jpg C02-4332.jpg

葛の事を当地は藤蔓とも呼びます。
花が藤に似ているからだと思うのですが、
これがけっこう良い香りがするのです。





C02-4339.jpg C02-4342.jpg





C02-4358.jpg C02-4363.jpg





C02-4364.jpg C02-4369.jpg C02-4366.jpg





C02-4383.jpg C02-4374.jpg C02-4376.jpg

C02-4377.jpg C02-4388.jpg C02-4391.jpg





C02-4395.jpg C02-43931.jpg

C02-4403.jpg C02-4406.jpg

写真アップするのが大変(笑)。
まぁ、その分文章は短いですけど。

週末は雨の予定。
選別又しようと思っていたのですが、出来るかな。

出穂

2014/08/06 Wed

今日は晴れ。
天気予報は曇りだと言ってましたが、良く晴れてます。
で、天気予報だと夕方から雨降りで、明日も雨の予報・・・。
晴れ続きで湧水も細って来たので、
ここらで雨が降ってくれると田んぼも畑も助かるのですが、
と言ってあんまり極端な雨は困りますが(笑)。
中々調度良くとはいきません。



前々回のブログで書きたいこと有るけど、
時間ないのでまたって書いた。
その話を一つ。

梅雨の最後の雨を田圃に溜めて、
出穂に備えていたのですが、連日の晴れ続きで田んぼも空に。
そこは我が家では唯一水の心配ない場所。
田んぼの側を流れる沢水は一年中切れることが無い。
水が必要な時はその沢の水をホースで田んぼに掛けてる。
普段はホースの水は流れっ放し。
必要な時田んぼに入れて、要らない時は又沢に返してる。
ですが、梅雨時は水かける必要ないので、放任。

梅雨明け一度目に水かける時はホースの水取り口に詰まった
ゴミを取り除いてやらないと水が流れてこない。
何時ものように田圃から一度斜面を登って沢に降りる。
はずだったのですが、降りる途中沢まで階段状に段差が有る。
ここにあると思って踏み出したら有るはずの段が無い。
階段を踏み外したのと同じ状態。
体重は前に掛かっていてつかまるものもない。
顔から沢に落ちました(笑)。
まぁ、何ともなかったので笑い話で書けますが、
一歩間違えてれば大変危険な状態。
早朝なのに頭から泥だらけになりました。
当然着ているものも泥だらけです(笑)。

顔に切り傷造った程度で済んだけど、
落ちたそばには玉石もたくさん落ちてる場所。
それに直撃してたらヤバかったかも。
慣れている場所だからって
確認もせず歩いては駄目だって痛感しました。





タイトルに行く前に今朝の景色。
何時もの朝靄スポット。
C02-4209.jpg C02-4214.jpg C02-4226.jpg

左と中央は同じ時間帯、少し角度を変えて。
右は餌くれから帰って来た時。

ここはこの時期毎朝通りますが、綺麗だと思う。
同じ場所なのに毎日違う表情を見せてくれる感じ、
とでも言えば良いのでしょうか。





タイトルの出穂。
C02-4106.jpg C02-4108.jpg

今月初めから穂上がり始まりました。
また、ヒカリは走りが出始めた感じですが、
糯は今が盛りって感じで穂があがってます。





今朝のヒカリの田んぼ。
C02-4230.jpg

穂は畦の脇から上がり始める。
田んぼの真ん中よりも畦の側は光も充分浴びれるし、
風通しも格段に良いので。





今朝の糯の田んぼ。
C02-4262.jpg C02-4263.jpg

上の田んぼと違って、
田圃全面の穂があがってきているのが分かるかと。
右の写真の奥に金魚の餌バケツが写ってましたねぇ(笑)。

百姓をやっていると田植えだ、稲刈りだと作業のポイントは幾つもありますが、
出穂は直接の作業とはそんなに関係ないけど、
一年間の大きなポイントの一つです。





ここからは何時ものように、
目に付いたものを撮ってみたコーナーです。
三・四才池。
C02-3904.jpg C02-4139.jpg

左が週末の地引を引く前で、右が引いた後。
やたらの当才達がかなり減っているのが分かるかと。

当才魚は減りましたが、
三・四歳魚を虐めてしまったので、浮が良くない(笑)。
網引いて構うと暫く浮餌の食いつきが良くなくなります。
一週間もすれば以前の様に浮くようになるとは思いますけどね。





蜘蛛を二種。
C02-3983.jpg C02-4104.jpg

ここからの写真は左の蜘蛛以外みんな田圃にいた奴ら。
左の蜘蛛は我が家の植木に巣を繰ってた





カミキリムシ。
C02-4086.jpg 
普段カミキリムシは田んぼの稲に居ることは無いのですが、
この時はたまたま。
個人的にはカミキリムシってそんなに好きじゃなかったりします。





カマキリ。
C02-4241.jpg C02-4242.jpg

カマキリは逆に好きな昆虫なのですが、
此奴はカメラむけられたのが気に入らなかったのか、
写真撮ろうとしたら大慌てで逃げて行きました。





イナゴ。
C02-4259.jpg C02-4240.jpg

左はイナゴの顔面のアップ、右は脱皮中。





最後はよく分らない。
C02-4249.jpg

蝶か蛾なのか、それとも別な奴・・・。

選別三昧

2014/08/04 Mon

今日は晴れ。
ですが、雲は多め。
気温は高くて湿度も高いので、超不快。
朝、水見の途中で金魚の餌くれをしている訳ですが、
基本餌くれ中はただ立って餌食べてる金魚を眺めているだけ。
それなのに早朝なのに汗が噴き出して来て止まらない。
この夏の暑さが無いと金魚伸ばせないのは分かってますが、
暑くても良いので湿度低目でお願いしたいです(笑)。
それに湿度が高いとやぶ蚊やアブが飛んでくる。
これまた超不快なわけで・・・。
黙って立っていると何処からともなく蚊のハネ音が聞こえてくる。
アブはまだでかいので何処にいるか分かる。
でも蚊って何処にいるかもわからない。
何時の間にか刺されて家帰ってから薬塗る事になる(笑)。





当地は梅雨明け後ずっと晴れ続き。
この週末も快晴。
選別には気温が高すぎるくらいですが、しょうがない。
暑い中頑張って選別したので、今日はその様子。

まずは土曜日、午前中。
三・四才池のやたら引きから。
C02-3947.jpg

何時もの事ですが、
作業中の写真は無いので網引き終えたところから。
三・四才池なので当然ながらメインはそちら。
なのですが雌雄ごちゃまぜなので、勝手にやたる。
やたらの当才が親たちにくれる
浮餌を勝手に食べれるサイズになったので網引き。
地引網なので当才も親も関係なく引いてきます。
上はそこから三・四才を野池に放した後。
右上にまだ捕まらなかった三才が見えます(笑)。
 
たいした数居ないように見えますが、
かなりの数が掛かってます。





ジャンボタライに入れたところ。
C02-3951.jpg

夏場の選別時の定番エアーブローで空気を送りながら。
出来れば冷たい澄んだ水が有るとそれを半分くらい入れれば
全然金魚の弱り方が違うのですが、無いものは仕方ない。
地引からタライに移したものを網に掛けて選別していきます。





網に掛けたところ。
C02-3954.jpg

本来、当才だけの池ならこのサイズになるまでに二回位選別して、
素赤や素白をハネて行くわけですが、それをしてない。
なのでこのサイズとしては異例で素白が沢山いる。
素赤はこのサイズになれば市場に出荷できる。

タライから網に掛けて形付になりそうなものを拾って
あとは池に張ってあるつり網に戻す。
永遠にこの作業を繰り返して地引網の中の金魚全部見る。
でも、これくらい大きくなっていると拾うの
一目で分かるので作業は楽。
まぁ、時間はかかりますけどね・・・。





形付候補。
C02-3959.jpg C02-3966.jpg C02-3967.jpg

水が濁っているので見ずらいですが、悪しからず
全体の数が居たので、それなりに形付になりそうな奴は居たのですが、
何せ気温が高いので、ボールに長時間入れとくと金魚が痛む。
そんな訳で、数が少ないですが、雰囲気と言う事で。

網に掛けたところの写真見てもらえばわかるように
サイズは大きいし、玉も極上でした。
その割に拾ったやつらは丸くないのが多いですが・・・(笑)。

左の写真の中央より一寸左目に
白くて肩に緋が少しだけある奴がいる、
それと中央右側に頭を下にした胴が赤いやつが
写っていると思いますが、こいつら二匹は透明鱗。
我が家には透明鱗の親金魚一匹もいませんが、
こうしてたまに生まれます。
白はハネたけど赤は取りあえず残した。
秋に上がったら誰かにあげます。





次は日曜日の午後。
C02-4037.jpg

上と同じようですが、網で寄せたところから。





網に掛けたところ。
C02-4041.jpg C02-4039.jpg

ここは一度白拾いしているので、素白率は低い。
ですが、型付率も超低め(笑)。
素赤のオンパレードって感じです。

右の写真に写っている小さい丸網で選別する。





形付候補。
C02-4046.jpg C02-4047.jpg C02-4048.jpg

ここは湧水あるので、澄んだ水で撮影できる。
正直特別これはっていうのは居なかった。
まぁ、左の写真の一番右側に写っている奴は
デカくなれば可愛くなると思う。

右側の写真の中央付近にいるデカいやつ。
7月22日の写真に載せた一番デカいと書いたやつ。
前回載せた時とはだいぶ雰囲気替わりました。
緋がばらけて鹿の子模様になって来た。
このまま鹿の子で仕上がってくれれば良いのですが、
緋が飛んで白くなるのが落ちって感じがする(笑)。

まぁ、こんな風に前回からの変化などを楽しめるのも
選別の良い所なのですけどね。
ただ、大半が良くなるよりも悪くなる方が多いですが・・・(笑)。





次は日曜日の午前中。
C02-4022.jpg C02-4028.jpg

時間軸がバラバラですが、わざとです。
本命当才池。
前回雨降りで写真紹介できなかった池です。

まずは、網引いて寄せたところから。
この時点で金魚どれだけ小さいか分かると思う(笑)。
青仔サイズの奴らが無数に泳いでいるのが写っているかと。





網に掛けてみた。
C02-4031.jpg C02-4034.jpg

上で紹介した二枚に比べるとずっと小さい。
前回も赤白拾いしましたが、新たに剥ける奴が順次いるので、
剥け終わるまで赤白拾いは終らない(笑)。





形付候補。
C02-4075.jpg C02-4064.jpg C02-4061.jpg C02-4068.jpg

ここも湧水あるので、綺麗に撮れたと思っていたのですが、
カメラの液晶だとそれなりだったのですが、
PCのモニターで見たらネットが映り込んで見えにくい。

前回の選別後のブログでも書きましたが、
サイズは小さいですが形付になりそうな奴結構います。
長いのが多いですが、だいぶ丸くなって来たのもいるし・・・。
秋には丸いのと長いのの比率も調度良くなるかも。
ただ、前回いた目に付いた一匹は今回いなかった。

色んな池から色んな奴らが上がって来ると思うので、
秋にはそれなりに楽しめると思います。


土曜日分と日曜の午後分何時もの方が持って行ってくれた。
自分の所からで既にかなりの数が行っていると思われる。
それでもいらないって言わないのは凄い。
素赤だけで野池二枚飼っているって言ってた(笑)。


今朝、何時ものように餌くれに回ったのですが、
当才池、選別前と全然変わらない位、素赤素白が泳いでいる(笑)。
バケツ3杯分捨てたのはなんだったのでしょうか。





おまけ。
C02-4045.jpg

天然ドジョウ。
我が家の野池でもドジョウが掛かるのは一か所のみ。
ドジョウは捕まえてもまた池に戻してあげます。

野菜

2014/08/01 Fri

今日の天気晴れたり、曇ったり。
天気予報だと終日曇りだと言ってましたが、
時折青空も見えます。
相変わらず気温も湿度も高い。
気温が高いのは台風の影響でフェーン現象なのかな。





今日も写真多めなので、文章短めで行きます。
まずは南瓜を三種。
C02-3709.jpg C02-3708.jpg

C02-3830.jpg

C02-3813.jpg





落花生。
C02-3713.jpg





こんにゃく芋。
C02-3715.jpg C02-3720.jpg





長芋。
C02-3721.jpg C02-3723.jpg C02-3729.jpg





茄子。
C02-3819.jpg C02-3821.jpg





かぐら南蛮。
C02-3824.jpg





二番のスイカ。
C02-3825.jpg C02-3829.jpg

一番はもう終わって蔓がたぐまれてた。





牛蒡。
C02-3832.jpg





人参。
C02-3834.jpg





オクラ。
C02-3835.jpg C02-3836.jpg C02-3840.jpg





トマト。
C02-3845.jpg C02-3856.jpg C02-3859.jpg





キャベツ。
C02-3841.jpg





ササゲ。
C02-3853.jpg





長ネギ。
C02-3848.jpg C02-3850.jpg 





なんちゃらベリー。
C02-3862.jpg C02-3861.jpg C02-3864.jpg 





里芋。
C02-3867.jpg C02-3869.jpg 





小豆。
C02-3870.jpg





二番のズッキーニ。
C02-3871.jpg





二番のキュウリ。
C02-3876.jpg





糸瓜。
C02-3877.jpg C02-3879.jpg C02-3880.jpg

右側は二番。





菊芋。
C02-3882.jpg

書きたいことあったのですが、
時間ないので今度。
ではまた。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR