出荷と色々

2014/10/31 Fri

今日は曇り。
時々薄日が差しますが、晴れはしない感じ。
秋の晴れ間は貴重なので、降らないだけ儲けもの。





今朝は曇ったせいもあってか昨日ほど気温下がりませんでした。
何もなければゆっくり寝ているのですが、今日は金曜日。
市場の開催曜日です。

越冬イケスにいる金魚たちかなりの数がいる。
いずれプロアーも撤去しなければいけないので、
それまでにある程度数を減らさなければいけない。
と言う事で、今日は市場に出荷です。

朝起きたら道具を一輪車に積んで、イケスまで運ぶ。
寒さ対策のためと濡れ防止を兼ねて胴付き長を履きこんで。
で、何時もの事ですが作業中の写真は有りません(笑)。

イケスの当才。
O01-3816.jpg

此奴らを一旦タライに取って市場に出荷する分を選別。





選別後。
O01-3967.jpg O01-3968.jpg

今日はこいつらを出荷します。
選ばれたのはデカい奴や形の良くない奴ら。
後は又イケスのつり網に放した。
次は市場指定の高透明の二重袋に入れて、
家の脇まで一輪車で運ぶ。
それに酸素を摘めて密封。





袋詰め後。
O01-3970.jpg O01-3975.jpg

今日は五袋。
タライに入れて後は軽トラで市場に運び、
荷受けしてもらって出荷伝票貰ったら終了。
ここら辺は自分出来ないので、お願いした。

簡単そうに見えるかもしれませんが、
結構大変です。
何が大変かってまず水が冷たい(笑)。
水と金魚入った袋運ぶのも重いし。
まぁ、雨が降っていないだけ良しとします。

前回、次回はあっさりしますと書いたけど、
チョットあっさりすぎのような気もするので
後は撮り溜めた写真から。





菊の花。
O01-3680.jpg O01-3684.jpg

玄関に飾ってあった菊。
この菊は多年草。
上手く仕立てて菊人形展なんかに使えるタイプの
菊なのでしょうが我が家は放任なので・・・です(笑)。





パンジー。
O01-3687.jpg O01-3688.jpg O01-3689.jpg

苗を貰ってきたのが玄関に置いてあった。





鶏頭。
O01-3906.jpg O01-3907.jpg 

何故か畑の隅に植えられている鶏頭。
綺麗に咲いてますが、誰も見る人いません。





豆稲架。
O01-3747.jpg O01-3748.jpg O01-3952.jpg

種類ごとに分けて干されている。
干した時期によって色が違う。





色付きだした木。
O01-3873.jpg O01-3876.jpg

二才が入っていた野池の脇。
ここだけは茸の原木が置いてあるので、
餌くれ終わっても通っている。





ニラの種。
O01-3913.jpg





ガーデンハックルベリー。
O01-3893.jpg

ようやく収穫できるようになったガーデンハックルベリー。
ヨーグルトソースにして食べてます。





ナメコ。
O01-3744.jpg O01-3878.jpg

とある日の収穫。
市販の物に比べて歯ごたえが有って美味い。


明後日は品評会。
天気が少し心配です、晴れてくれれば一番ですが、
曇りでも雨が降らなければ良いのですが・・・。
当日出品しますし、多分販売もしてるはず(笑)。
見かけたら声をかけてやってください。
スポンサーサイト

今シーズンの越冬体制とまた出費

2014/10/30 Thu

今日は晴れ。
朝から気持ちの良い青空が広がってます。
ただ、今朝は冷え込んだ。
放射冷却なのでしょうが今シーズンで一番の冷え込み。
段々布団から出るのが億劫になってきます(笑)。
池上げするときの水見の様に
絶対これしなければならないって作業が無くなった。
精々キノコの収穫程度。
後は毎朝の金魚の様子見位なので・・・。
野池の糸外し等が残っているのですが、
休みの日に片付けたいと思いますがどうなることか。





昨日は文章書いたので、今日はあっさり行きます。
まずはタイトルとは関係ないけど、
何時もの山と家の前のブナ林。
O01-3963.jpg

O01-3959.jpg O01-3957.jpg

山もブナも少しづつ色付き始めました。
本格紅葉にはちと早いですが。





何時もの朝靄スポット。
O01-3932.jpg O01-3938.jpg O01-3943.jpg

これは今朝じゃない。
池の水見に行った時に撮ったもの。
もう少し色付いて来ると、もっと綺麗なのでしょうが・・・。
もう餌くれに通う事もないので、
朝写真撮りのためにワザワザ行くことは無いかな(笑)。





最初は買ったもの。
エアーポンプ。
O01-3951.jpg 501-4721.jpg

日曜日に選別した物を各水槽に収容した。
一晩して月曜の朝に各水槽の確認をすると、
どうも当才の大きい方を収容している水槽の
金魚たちの元気がいまいち無い気がする。
口上げしている訳じゃないけど・・・。
もっと気温が下がれば多分問題ないと思われますが、
まだ水温15℃くらいあるし・・・。
出来れば餌も少しはやりたいし・・・。

なのですが、自分が持っているプロアーは3台。
一台は車庫でFRP水槽用に使っている。
後は野池のハネ用に一台と、イケスに一台。
野池は後一週間でいなくなるけど、それまでは必要。

予備の小型のエアーポンプだと60センチ水深が有ると、
かろうじてエアーを吹きだす程度。
取りあえずそれを水作につないで出勤。
帰りにこれを買ってきた次第。
どうせならそれなりにエアー出せるものの方が使い勝手良いかと。
吹き出し口二か所あるので、水作二台体制で。

小型のポンプの方は下の小サイズの当才に回しました。





ここからは今シーズンの越冬水槽を紹介。
以前にも少しづつ紹介してましたが・・・改めて。
でも昨シーズンとと全く変わってませんけどね(笑)。
サイズの小さい方から。
当才の小サイズ。
501-4568.jpg 501-4566.jpg 501-4581.jpg

小サイズと書きますが、例年に比べて結構でかい。
何時もの年より数は少ないですが、混んで見える。

で、肝心の出来ですがかなり良いです。
玉も良いのいるし柄も良いのいます。





当才の大サイズ。
501-4647.jpg 501-4648.jpg 501-4656.jpg

此奴らはかなりデカめです(笑)。
これだけ平均で当才をデカクしたのは初めてかな。
何時もの年より100匹以上少ないですが、混んでます。

こちらの出来は小よりももっと良い。
かなり面白い奴とかいて選別していて楽しくなる位。
それを写真で見せろってところなのでしょうが・・・。
機会が有ったらと言う事で。





二才水槽。
501-5011.jpg 501-5022.jpg 501-5024.jpg

便宜上二才水槽としますが、当才や三・四才も少しだけいます。
水槽には去年に比べると数入れたのですが、
サイズが小さくてスカスカしてます(笑)。
なのでもう少し拾ってこようかなどと良からぬことを思ってまして。

二才は何でデカくならないのかと、一夏中思ってた。
数を入れ過ぎたせいかとか思っていたのですが、
中には例年並になっている奴もいるし。
デカくならない奴は食い負けているのだろうと思ってましたが、
上げて見たら理由が分かった。
小さい奴らとっても丸いのです(笑)。
毎年自分が作る金魚とは明らかに体型が違う。
去年は丸いのを作ろうとしたのですが。
この上がりはちょっと予想外。
三才でデカくなってくれればそれはそれで面白いですけどね。
来年は様子見です。





三・四才水槽。
501-4765.jpg 501-4785.jpg 501-4941.jpg

三・四才の他に当才が少しだけ。

ここの奴らはとっても良い上がりでした。
デカくなったし、丸くなったし、太くもなった。
見ていて飽きない水槽になりました。





親水槽。
501-4744.jpg 501-4747.jpg 501-4748.jpg

ここには二才から7才までいる。
親池からの他に二才池でひと夏過ごした奴らも合流したので、
かなり込み合った水槽になりました。

ここは以前も書きましたが、とっても良いです。
上の三才水槽も見ていて楽しいですが、ここはもっと楽しい。
金魚を肴にお酒が進みます。

結局今日も長くなった(笑)。
次こそあっさりにします。

池上げと選別

2014/10/29 Wed

今日は曇りのち晴れ。
天気予報通りです。
午前中は終日曇りなのかと思わせる空模様でしたが、
お昼過ぎから秋晴れって感じになって来た。
出来れば気温も上がって欲しいところですが、
一回雨が降るごとに天気予報の最高気温の予想が下がって行く。





で、今日は週末に行った池上げと
その後の選別の様子です。
ただ、何時ものように作業中の写真は有りません。

土曜日も早起きして野池の水見。
二才池は前日に水出すのを一旦止めているので、
まずはそこの水出しを再開。
満水近く水がある時は圧が掛かるので、
サイフォンの原理で簡単にホースで水が抜けるのですが、
水が無くなって来ると圧も掛からないし、
一旦吸い上げてから排水しなければならない。
とはいえ、水を出さないことには金魚取れないので、
何が何でもホースで出す(笑)。
まだ結構水残っているので、こちらは午後から。

三・四才池に行ったら二本出しているうちの一本があがっている。
まぁ、水は良い感じに抜けていますけど・・・。
こちらも改めて上がっている方を出し直す。

三・四才池は予定通り水出せているので、
朝食済ませたら必要なもの軽トラに積んで網を引くべく出発。
ここからは何時ものように網引いで、
掛かった金魚を袋に詰めて軽トラに積むの繰り返し。
三・四才だけじゃなくて当才もかなりの数居るので、
野池に軽トラ横付け出来ていてもかなり大変。
しかも天気良いのに胴長履いているので暑いし・・・。
積み終わったら、家の脇の野池に吊り網張っているので、
其処へ移動して今度は網の中に放す。
文章だとこんな感じですが、けっこう疲れます(笑)。

放すの終ったら、また池に戻って水が出るのを待つ間に
池の周りに張ったアニマルネットを外したりして、時間をつぶす。
時々二才池の水の様子を見に行ったりしながら・・・。
後は水が抜けたら引き残りを手で拾うのですが、
ここの池はデカい奴の引き残りがかなりいた。
デカいやつがいるってことは当才はもっといるってことで。
全部取るまでかなりかかった(笑)。
終ったら調度昼。

二才池の水も順調に抜けているので、
昼飯取ったら、今度は二才池に向かう。
ここは日陰なので涼しいというか、寒いくらい。
池の水も午前中のよりずっと冷たい。

まぁ、やることは午前中と一緒。
網引いて取ってそれを午前中のつり網に更に放す。
こちらは網の引き残りが少なかったのと、
毎年いる大量のやたらの当才が
何故かほとんどいなかったのでスムーズに行った。

ちょっと早めに終わったので、
夕方少しだけ選別して土曜日は終了。
残りの選別は日曜日。

とっても疲れた一日でした(笑)。
ただ網引いて袋詰めする時や
野池で引き残りを拾う時にゆっくりじゃなくても確認できる。
ついでに夕方の選別時は好きなように見れるし。
とっても良い上がりをしてくれたので、
疲労感もありますが心地よい疲れです(笑)。


日曜日は選別。
この日も晴天、土曜日も暑かったですが、
日曜日はもっと暑かった(笑)。
暑い中前日同様、胴付き長履いての作業は堪える。
まぁ、真夏の選別に比べれば何てことありませんけどね。

前置きの文章が長くなりました。
ここからは写真有ります。

まずは取り終わった野池から。
O01-3721.jpg O01-3723.jpg

O01-3736.jpg

上が三・四才池で下が二才池。
水が無いというか、
金魚の入ってない池見ても何ともないと思うので・・・。
さっさと行きます(笑)。





吊網。
O01-3691.jpg

以前当才のハネを入れていたのと同じ。
当才のハネは隣のつり網に移動してもらった。
当才から四才までごちゃ混ぜです。
当然ながらかなりの数入ってます。





選別の様子。
O01-3785.jpg O01-3782.jpg

当才から四才までいるので、結構大変。
最初は三・四才の水槽行と当才の水槽行を拾う。
三・四才はもうハネの分はそう居ない。
どれも良くなっているので、ハネるのが勿体無い位。
ただ、全部は残せないので気に入ったものを拾う。

二才は残す分とハネの分が半々くらい。
これを他と同時にやると時間がかかるので、
最初は二才は全部まとめるだけ。

当才も本当は別にしたいのですが、
何度も網に掛けるの可哀想なので水槽行を拾う。
当才のハネは野池に張った別のつり網に。





無選別。
O01-3788.jpg

上の写真の中央。
吊網から大網で掬ってここに入れて選別開始。





二才。
O01-3789.jpg

一部二才以外も写っている(笑)。
三・四才と当才の選別が終ったら、
今度はここから拾う分とハネる分を分ける。





当才。
O01-3786.jpg

当才の拾い分。
本当は大小で行く水槽違うのですが、
そこまでしてられないので、水槽に入れる時に分ける。





三・四才。
O01-3787.jpg

此奴らは選別終わったら、水槽行。
結構綺麗です。

こんな感じで年齢ごとに分けて選別して終了。
何時もならここでお気に入りの写真を紹介するところですが、
何しろ一人で大量に選別しなければいけないので、
写真撮っている暇がない。
いくらエアーレーションしていても口上げしてくるし。
選別した分から何度かに分けて、水槽に運んで入れてを
繰り返して気が付いたら写真撮っていなかったという訳です(笑)。
上の写真は選別開始時に取っているので。





お気に入りの写真はまた機会見て紹介します。
ただ、どんな上がりなのか見たい方もいるかもしれないので、
少しだけ紹介。

イケスの様子。
O01-3693.jpg

親池から上がったハネと土曜の夕方のハネが入っている。





無選別。
O01-3769.jpg

上の奴ら全部入ってます。





選別後。
O01-3773.jpg O01-3779.jpg O01-3781.jpg

此奴らは水槽に収容。
ペタッと張り付いたような緋色と抜けるような白が
中々良い感じではないかと・・・。





おまけ。
O01-3828.jpg O01-3815.jpg

今朝の越冬イケス。
左が二才以上のハネで、右が当才のハネ。
他に素赤や素白の全くのハネは野池のつり網にいます。

明日の準備とお買いものと

2014/10/24 Fri

今日は晴れ。
朝から秋晴れの言葉がふさわしい気持ちの良い日です。
今日は気温も高めですし・・・。





今朝も起きて水見。
前回書いた、三・四才池の様子と、
昨日から出し始めた二才池の様子を見に。
金魚上げの準備は何と言っても水がどれだけ出ているか。
鯉だと少しくらい水が有っても網引けば大概取れるのですが、
金魚は網引いてもなかなか全部掛からない。
最後は水抜いて手で拾うしかない。
網を引く時に残してあった方が良い水の量と、
その後全部抜けるまでにかかる時間、この辺を見ながら。
なおかつ少なくし過ぎると、夜間に獣等に狙われるので、
そうならない位の水深を確保しながら。
書くと小難しそうですが、要は勘です(笑)。

一番悪いのは水抜きすぎて鳥やイタチに取られることですし、
逆に水を残し過ぎて翌日に持ち越しなんてことになったら最悪だし。
池の底に水抜き用のパイプが有れば何のことは無い。
少し多めに残して、網引いたらパイプ倒せばよい。
なのですが明日予定の二枚は両方ともそれが無い。
マメに見ながらホースで抜くしかないのです。

二才池は良い具合で水が抜けてる。
多分今日の昼位には一度水抜くの止めなければならない。
三・四才池は微妙。
明日に間に合うかって感じです。





写真。
何時もの朝靄スポットの今朝。
O01-3595.jpg O01-3605.jpg

O01-3625.jpg O01-3630.jpg

上は水見に行く途中、下はその帰り。
写真からも池上げが進み、
野池の水が無くなっているのが分かるかと。





色付き始めた山。
O01-3612.jpg
 
朝靄スポットの脇の山。
少しづつですが山に色が付き始めた。





水出し途中の三・四才池。
O01-3623.jpg O01-3622.jpg

残っている総量としてはかなり減っていますが、
水深が少なくなると圧が掛からないので抜けが悪い。
これ位からが時間がかかる。

二才池の様子取るの忘れました(笑)。





池の金魚。
O01-3617.jpg O01-3624.jpg

水が少なくなったので、さすがに口パクはしませんが、
いつも餌をやる場所で待ってます。





ここからはお買いもの。
マウス。
O01-3646.jpg

少し前に壊れたと書いた無線マウス。
昔使っていた、有線が有ったのでそれを使ってみましたが、
無線に慣れると、有線はやっぱり使いづらい。
しかも自分のパソコン、USBの差し口が右にあるので線が邪魔。
と言う事で壊れたのはエレだったので、
今度はロジにしてみました。
今のところ問題なく使ってます(笑)。





吊網。
O01-3281.jpg

2×3メーターの産網、既に当才のハネが入ってます。
一度全ての池から上がったものをこの池に寄せようと思ったのですが
そうするとまた池上げしなくてはいけない。
吊網張ってそこに収容することにした。





水温計。
O01-3589.jpg

O01-3642.jpg O01-3645.jpg

買ったのは上を二本。
これはお風呂用の温度計なので、適温が40度前後(笑)。

これと同タイプの鯉用を貰って使っている。
これがデカくて見やすいし、落としても壊れずらい。
いっそのこと全水槽これにしようかと思いましたが、
さすがにアクリル水槽にこれは一寸なので・・・。
そちらは今までのものを。

下は壊れた水温計。
このままでも使えないことは無いのかもしれませんが・・・。
水の中で縦に浮くように下におもりが入っている。
毎年ですが春の水槽片付けの時に落とす。
重い下から落ちるとこうなります。





浄水器の濾材。
O01-3641.jpg

こちらは買った物じゃなくて、今まで使っていた方。
と言っても買ったものも同じものですけど。

自分が一シーズンに水替えに使う総量は
これの交換目安よりも少ないですが、
取りあえず新しいものに変えて、今シーズン始めました。





最後は小間物。
エアーストーンとビニダン。
O01-3637.jpg

毎年同じような場所に同じセットで飼育を再開する。
去年の様に水槽増やしたとかなら別ですが、
今年は去年と全く同じ陣容。
水槽数も濾過もポンプも濾材も照明も。

なのに何故か足らないものが出てくる。
昨シーズンまで使っていたものを保管しているはずなのに。
この他にも二口タップや延長コードやらを買い足した。
まぁ、去年の様に大物のポンプが壊れたとかないので、
大きな出費にはなりませんが、何時の間にかお金が出ていく。
毎年の事と言ってしまえばそれまでですが、困ったものです(笑)。

そう言えば買ったビニダンは新規の使い方。
当才150水槽の片脇に張って遮光しようかと。
少しでも藻の発生が減ってくれればと。

実験取りあえず・・・成功なのかな?

2014/10/22 Wed

今日は雨降り。
当初の予報だと午前中雨で、午後からは曇りの予報。
何時の間にか終日雨に変ってます(笑)。
しかも今日は気温が上がらない。
朝と日中が同じくらい、なので寒いです。


今朝は野池の水だし。

夏の癖で目が覚める時間は同じですが、
田んぼの水見も金魚の餌くれも無いので、
活動開始はその日の気分次第(笑)。
天気が悪ければ金魚の様子見もパスするし。
ですが、今朝はそんなこと言ってられない。
土曜日にあげる予定の野池の水出しをしなければいけない。
雨の降る中、胴付き長とカッパ着て水出ししてきました。
また明日、今度は二才池の水足しの開始です。
順調なら土曜の午前と午後に一枚づつ取って
終わらせてしまいたいところなのですが・・・。
そう順調にいくとは限りませんが(笑)。





ここの所何時も長めなので今日はあっさり行く予定。
昨シーズン当才水槽の濾材の夏越しに成功した。
と言ってもそれまでやってた金魚放した後の
濾材洗って天日干しして秋まで保存の作業を一寸変えただけ。
洗うまでは同じで、干すのやめて120水槽の飼育水を少しだけ残して、
其処に濾材を漬けておくだけ。
これで秋に再セットしたらすぐ使える状況にすることできた。

これに気を良くしたので当才水槽の濾材だけじゃなくて、
FRP水槽の濾材でも同じことが出来ないか、今年は試した。
ただ、FRP水槽三本の濾材全部だと結構な量になる。
水槽の下に水を残して、濾材をそこに漬けてという、
当才水槽と同じ手法はちょっと難しい。
秋の農作業時は水槽移動しないといけないので。
間違ってボウフラでも湧いたら大変なことになるし(笑)。

で、市場に出荷する時の袋に洗った濾材を入れて、
口を密封せず軽く絞って、後は水槽に入れて秋まで放置。
この濾材を使って水槽立ち上げた訳ですが、
立ち上げ直後は何時もの年と同じ(笑)。
正直違いは分からなかったのですか、
先日親を上げてその水槽に収容した。

何時もだと収容直後は白濁するのですが、
今年はそれが無い。
かといって水が完全に出来上がった、
キリット感が有る訳でも無いのですけど・・・。
取りあえずこの後白濁しなければ成功なのかと。
ただ、水温20度以上あるので、
もう暫く餌やろうかなとか、良からぬことを考えているので、
そのせいで濁るかもしれませんし・・・。
この後、三・四才と二才水槽も同様に収容してみて、
それで結果判断します。
それは又いずれ書きます。

夏場に野池に入れて秋に水槽立ち上げるを
毎年繰り返している人がどれ位いるかは分かりませんが、
これで水槽の立ち上げ負担が減るなら
楽な方法だと思います。

因みに当才水槽は昨シーズン同様にしましたが、
全く問題なく立ち上げ直後から金魚入れて使えてます。

前回も紹介しましたが、親水槽。
O01-3564.jpg O01-3568.jpg O01-3587.jpg

前回は収容直後の写真で、
塩投入後だったので泡立ってましたが、
それも消えて良い感じです。
ただ、上にも書きましたが、キリット感はまだない。





120水槽。
O01-3525.jpg O01-3527.jpg O01-3542.jpg

水槽立ち上げ三日後に魚収容し始めて、
この数入れて濁らなければ、濾過は出来ているかと。





150水槽。
O01-3547.jpg O01-3551.jpg O01-3557.jpg

こちらはまだ、スカスカ(笑)。
週末にあげる中からどれだけ拾えるかかな。





おまけ。
O01-3468.jpg O01-3470.jpg O01-3476.jpg

三・四才野池。
今朝水出し始めた池。
これは数日前の様子。
餌きりしているので、餌をねだって口パクパクしてます。

短めで上げる予定でしたが、
結局いつもと同じになった(笑)。

池上げ二・三回目、当才と親池。

2014/10/20 Mon

今日は曇り。
予報だと午前中は晴れ、午後から曇り、夕方から雨。
ですが、朝少しだけお日様出ましたがその後はずっと曇り。
いつ降ってきてもおかしく無い様な空してます。

タイトルに行く前に。
前回のブログでカメラの液晶が壊れたと書いた。
のですが、池上げ後の選別の写真撮ろうとしたら、
普通になっている(笑)。
別に何をした訳でも無いですが、直ったのか・・・。
それともまた再発するのかは分かりませんが、
メーカーも病状でなければ分からないと思うので、
もう暫くこのまま使うことにしました。
おかしかった時の写真撮っておけばよかったと後で後悔(笑)。





タイトルに行きます。
土曜日の午後は№1の当才池を上げました。
ここは75のパイプが立っているので、それを倒せば水が抜ける。
朝一でパイプを倒せば午後には取ることができる。
で、行ったらよい具合に水が抜けているので、早速網引き。
でも、あんまり水が無さ過ぎても、実はよくない。
引き網の泥除けがねじれてしまう。

数がいるのは分かっていたのですが、
網引いたら思った以上にいます。
それを袋に入れて軽トラに運ぶのですが、
ここは軽トラ横付けできない場所。
移動距離はほんの50メートル位なのですが、
それが昇りで袋担いで登るのの辛いこと。
取りあえず網引いて取った分を一度運ぶ。
で、引き残りを拾って池上げは終了。
この間1時間半くらい。
もっと手間取ると思っていたのですが、あっけなく終了。

で、引き続き選別です。
ここからは何時ものように写真有ります(笑)。
まずは取って来た当才。
O01-3284.jpg

野池に吊り網張って収容してあります。
たいした数に見えないかもしれませんが、結構います。





選別の様子。
O01-3287.jpg 
これも前回同様です。
奥に見える柄の長い大網で吊網から上げたら、
中央のタライに入れて後は形付とハネに分ける。
今回はその他に水槽収容組も別に拾う。
なので、タライが4つあるのです。





無選別。
O01-3289.jpg

選別する前はこんな感じ。
夏場まではかなりサイズ的に小さかったのですが、
秋の追い込みで例年並みと言うか、それ以上にデカくなった。
ただ、さば尾の多いこと(笑)。





水槽組。
O01-3293.jpg O01-3297.jpg O01-3300.jpg O01-3301.jpg

今年の型付率の低さと言ったら近年で最低。
まぁ、素赤や背一本緋の多いこと。
しかもそいつらがまたデカくなっているわけで・・・。
ただ中にはこれはっていうのも居たりして。
ただ、来年は親の組み合わせ変えます(笑)。

写真からも分かるように良い天気。
なのですが池の吊網から金魚取る時は当然池に入る。
ずっと胴付き長はいて選別してたら、暑いこと(笑)。
選別終わらせて土曜日は終了。





選別おえて翌日取る親池の様子を見に行った。
その時の一枚。
O01-3360.jpg

これでもまだ水深50~60センチ位ある。
ある程度水を残して、水出し終了。
中央に立っているのが、75のパイプですが、
さすがに水量ある池でいきなりこれを倒す訳に行かない。
なので、右奥に見えているホースで最初は水だし。





明けて日曜日。
早起きしてホースで更に水を出す。

で何時ものように写真無いのですが、
網引いて金魚取って運んでっていう作業は終了。
ここは軽トラ横付けできるので、楽なのです。

で、上と同じような写真ですが、
この時すでに網引き終了してます。
O01-3367.jpg O01-3370.jpg

右の写真で引き残りの奴が足搔いてます(笑)。
この時は上手く引けて親で引き残り4匹しかいなかった。
後、当才は沢山(笑)。

水が出るまでの間は池の周りのネット外したり、
ネットが有って刈れなかった草刈ったりして時間をつぶす。
水が少なくなってくると付いてないと動物が狙いに来るので。

引き残りを拾ったら、池上げ終了。
引き続き選別。
とは言え、ここの親たちはアクシデントがあったもの以外、
水槽行なので選別するのは当才のみ。

選別の様子は同じなので、割愛。
水槽組。
O01-3376.jpg O01-3373.jpg





型付。
O01-3379.jpg O01-3384.jpg
 
親池の当才は数が少ないことも有って、デカくなってた。
しかも玉も良くて半端ないサイズ。
これだけデカくなっていると素赤でもハネるの勿体ないくらい。
と言っても、ハネはハネですけど(笑)。





ハネを網に掛けてみた。
O01-3385.jpg O01-3389.jpg O01-3390.jpg O01-3396.jpg

網にかかっているので、
上見じゃないですが雰囲気は伝わるかと。
なんで、素白に限ってこう玉よくなるのか不思議です。





午後からは先週とった№2の当才達から、
水槽に入れる分を選別。
選別の様子は上同様省きます。
150水槽行。
O01-3398.jpg O01-3400.jpg O01-3402.jpg 

サイズのデカい奴ら。
二才も数匹混じってますが、大して変わらない。





120水槽行。
O01-3403.jpg O01-3404.jpg O01-3406.jpg 

写真で見るとそんなに変わりませんが、
実物見ると上とサイズだいぶ違います。





最後は親。
O01-3509.jpg O01-3512.jpg O01-3516.jpg

抜群の上がりを見せてくれた親達。
池の水見でもデカくなっているとは感じてましたが、
予想以上にデカくなっているし、丸くなっているし、太くなってた。
緋は上がって白は抜けてとっても良い上がりをしてくれました。
まぁ、その分何匹かは落としましたけどね。
分かっていたけど、一匹だけとっても惜しいやつが上がってこなかった。

後、何時も紹介する我が家の最長老の二段の雌。
7歳にしてまだでかくなって上がってきた。
こいつがデカくなるのを見ていると、
まだ先が有るのかって思えてしまう。
全ての魚にそれをもとめるのが無理なのは分かっているのですが、
此奴を見ているとついもう少しと欲が出る。

今回の親池はさばも玉も極上でした。
これで毎夜また金魚を肴に
お酒飲むのが楽しみになります(笑)。

親の様子はこれから一冬かけて、
一匹づつを紹介していきます。





最後はおまけ。
O01-3363.jpg O01-3366.jpg

土曜の夕方に池の様子見に行ったときに撮ったイナゴ。
気温が下がって動けないのか、カメラ近づけても逃げもしない。


何時の間にか雨が降ってきた。

またトラブルと収穫物

2014/10/18 Sat

今日は晴れ。
朝から秋晴れの良い天気でございます。

午後から池上げの予定ですが、
絶好の池上げ日和になりました。
今日は№1の当才池を上げて、明日は親池。
来週に二才池と、三・四才池を上げて終了となる予定なのですが、
予定通り行くかどうかは分かりません(笑)。
上手くいけば週明けに又、池上げの様子を紹介します。





昨日はパソコンのオフィスが壊れた話を書きましたが、
今日はカメラです(笑)。

問題は、夏に買ったばかりのXZ-2なのですが・・・。

今朝も何時ものように池周り。
今日取る予定の野池のパイプを倒し、、
明日取る予定の親池の水をホースで抜いて、
なんてことをしながら各池の様子を見て回りながら、
ついでに色んな写真を撮る訳なのですが・・・。
何時もの朝靄スポットに行ってカメラの電源入れたら、
液晶に何やらゴミが映り込んでいる。
最初レンズにゴミが付いたのかと思って
ティシュで拭こうとしたのですが特にゴミなんて付いていない。
まぁ、少しのチリ程度は有りますが明らかに違う。
電源の入れ直しやら電池抜いてみたりとか、
メニュー画面にしてみたりとか、色々するけど治らない。
センサーにゴミが付いたかとも思ったけど、
コンデジなのでいきなり大量のゴミは無いと思うので。
後はドット欠け位しか思い浮かばない。

取りあえず撮った写真をパソコンで見ると
写真には映り込んでいないので、やっぱりドット欠けなのかと。
でも、ついさっきまでは何ともなかったのに・・・。

液晶では携帯の時に嫌な思いしたことあるので、
使い方が良くないとか言われるかと思いながら
サポートに電話したら某ド○モとは違って丁寧な対応。
ただ、やっぱりメーカーに送って様子見ないと
何とも言えないとは言われたけど。

これから金魚の池上げ時にカメラ無いと困る。
やっぱり新しいやつは書き込み速かったりで、
使いやすいので・・・。
かといってこのままも使いづらいので、
送るしかないのですけどね。
今日も愚痴でした(笑)。





ここから写真。
収穫物色々。
まずは長ネギ。
O01-3248.jpg

今年のネギは調子良いらしい。





カブ。
O01-3250.jpg





大根各種と小カブ。
O01-3251.jpg





二十日大根。
O01-3252.jpg





長芋。
O01-3254.jpg O01-3257.jpg

長芋はネギと違って絶不調らしい。
全然長くならないと嘆いてました。





こんにゃく芋。
O01-3261.jpg

こちらも絶好調。
例年にないくらい大きくなった。





最後は落花生。
O01-3263.jpg

収量は例年並み。
ただ、ネズミの被害がけっこうあったらしい。

今日はここまで後は池上げします。

朝靄スポット色々

2014/10/17 Fri

今日は雨のち曇り。
昨夜から降り出した雨は今朝まで降り続け、
午前中は降ったり止んだり。
降り出すととんでもない大降りだったり。
お昼過ぎからは時折陽も射す天気になった。

台風が行ったら急に寒くなった。
金魚の餌くれももう終わりかな・・・。





タイトルに行く前に。
自分まだXPのパソコンも使ってます。
そろそろ買い替えかなって思っていたら、10が来年発売ってニュースになった。
ならばそこまで引っ張ろうかと思っていた矢先なのですが・・・。
オフィスのワードが何故か保存できなくなった。
エクセルの保存は出来るのにワードだけ。
色々調べて試したけど、治らない。
ならばと一度削除して再インストール。
この時は再インストール スムーズにできたのですが、
それでも文章の保存が出来ないのは変わらない。

更に色々調べて色々試すけど、保存できないのに変わりない。
そのうちに今度は全てのオフィスが何故か立ち上がらなくなった。
しかも再インストールもアンインストールも出来ない。
インストーラーが壊れたらしいことは分かるのですが、
どうやったら治るのかが分からない(笑)。

結局色々試したけどダメで、
アップグレードする前に使っていた、以前のバージョンのオフィスを入れた。
これは普通にインストールできたし、保存も出来る。
半日以上掛けて色々やったけど何もする前の方がまだ良かった。

後はOSの再インストールして、
最初からやり直すくらいしか自分には思いつかない。
誰か直し方知っていたら教えてほしいです。





タイトルに行きます。
何時も紹介する朝靄スポット。
靄が有ろうと無かろうと写真撮ってはいるので、
今日はそれを載せます。
10月8日
O01-2429.jpg O01-2435.jpg O01-2454.jpg

O01-2477.jpg O01-2481.jpg





10月9日
O01-2594.jpg O01-2610.jpg O01-2621.jpg





10月11日
O01-2904.jpg O01-2905.jpg O01-2914.jpg O01-2919.jpg





10月12日
O01-3007.jpg O01-3008.jpg O01-3012.jpg O01-3034.jpg

O01-3035.jpg O01-3062.jpg





10月13日
O01-3116.jpg O01-3125.jpg O01-3129.jpg





10月15日
O01-3155.jpg O01-3163.jpg O01-3173.jpg

寒くなって餌くれまわらなくなれば、
ここの写真も撮らなくなる。
と言うか、来週には池上げするので、
それ迄ですけどね。

池上げ一回目、当才池

2014/10/14 Tue

今日は雨のち曇り。
天気予報だと終日雨の予定でしたが、
お昼前位に雨上がりました。
空はどんより曇ってますけどね・・・。

今回の台風、当地は被害なかったと思う。
雨も風ももっとすごいことになるかと思ってましたが、
こんなもんって感じで終わってくれた。
風は18号の時より、若干吹きましたがその程度。
雨に関しては18号の時の方が降雨量あったと思う。
被害にあわれた方には申し訳ないですが、
当地に関しては特に問題も無く過ぎ去ってくれたって感じです。





前回のブログでも書きましたが、
日曜日に№2の当才池の池上げを行いましたので、
今日はその様子です。

と言っても作業中の写真は無いので、文章で。
野池の水を抜いて、引き網引いて取れるだけとって、
掛からなかった分は更に水を抜いて取るだけなのですけどね。
文章だと二行で済みますが、そんなに簡単でもない(笑)。

午前中に池の金魚を全部取ったら、
イケスに入れて泥を吐かせる。
で、午後から選別。

写真はここから。
選別前。
O01-3067.jpg O01-3072.jpg

日曜日は天気良かったので、
日が当たっている所とそうでないところの差が激しい。
この状態だと形付もいれば素白も素赤もいる。





選別。
O01-3080.jpg O01-3074.jpg O01-3079.jpg

中央のタライに上のイケスの金魚を取って、
形付を左、ハネを右に分けていくだけ。
最初に写真撮るの忘れて、
作業始めてから慌てて写真撮ったので、
既に数匹づつ入ってますねぇ(笑)。





形付。
O01-3082.jpg O01-3087.jpg

取りあえず拾った形付がこちら。
二才も当才も交じっているので、大きさはバラバラです(笑)。

まだ他からも上がって来る。
それを全部合わせた中から越冬水槽に入れるものを拾う。
今回は取りあえず水槽候補ってことで。





目に付いたものを拾ってみた。
O01-3088.jpg O01-3091.jpg O01-3093.jpg

O01-3095.jpg O01-3101.jpg O01-3105.jpg

こうして目に付いたものを拾うとかなり綺麗かと。
サイズもそれなりですし玉も今年は良いです。
他からはこいつ等よりもデカい当才達が上がってくる予定なのですが、
数を残せないかもしれない・・・と言う心配が。

ただ、野池の宿命。
上げたらシラミがいた。
イカリと違ってシラミは駆除が簡単なので、
まぁ、楽なのですけど。
それでもシラミいたのにはがっくりでした。





一日置いて。
O01-3130.jpg O01-3145.jpg

左は形付、右がハネです。
何度も選別しているので、ハネの数は比較的少なめ。
ハネの中にも玉は良いけど、素白や素赤は沢山います。





こんなのもいた。
O01-3102.jpg

中央のほぼ素白。
上の目に付いたものの中にも写っていたので、
気づいた人もいるかもしれません。

ずっと以前選別の時に玉の良い素白がいると紹介した奴。
自分はその時ハネたつもりでいたのですが、残したらしい。
凄い体型になって上がってきた(笑)。
さすがに越冬水槽に入れるつもりはありませんが、
これ位だと面白い。

今年最後の給餌風景

2014/10/13 Mon

久しぶりの早朝更新。
なので今日の天気は分らない。
ですが、天気予報だと曇りのち雨。
たぶんそんな感じになるのかと。

昨日・一昨日と天気が続いた。
台風のフェーン現象なのか気温も上がったし。
おかげで残っていた稲仕事もみんな終わった。
後は田んぼの秋起こしですがこれは金魚の合間見ながらします。
とりあえずここからは金魚優先ということで(笑)。





今日は金魚の給餌風景。
餌やりはもうしばらく続ける予定ですが、
順次池上げしていくので、
給餌風景として紹介するのは今年最後になるかな・・・。

まずは三・四才池から。
O01-2921.jpg O01-2924.jpg O01-2927.jpg O01-2929.jpg

ここの奴らはみんなデカくなりました。
夏場に水に困らなかったこともありますが、
充分エサはやれた感じ。
出来れば8・9月の気温がもう少し高いと良かったのですけど。

ここに入っている四才はさばも玉も良くなっていると思う。
サバは伸びたし太くなった。
玉もデカくなったし丸くもなっている。
しかも両方とも緋上がりは申し分ないし、白も綺麗。
最終的には上げないと分かりませんが、あんまり心配してない。

三才は四才に少し負けたかなって感じて、
四才ほど伸びなかったけど、
三才としては普通以上になっていると思う。

おまけで、ここの当才。
とってもデカくなりました(笑)。
親達にやっている色揚げを拾って食うせいか、
当才じゃ無い様な色しているし。
水見なので断言はできませんが、
上見の模様も期待できそうです・・・。





二才池。
O01-2956.jpg O01-2959.jpg O01-2960.jpg O01-2965.jpg

個々の二才はかなりサイズにバラつきが出た。
デカい奴らは例年並みになったけど、
食い負けた奴らは上の3・4才池の当才程度かも(笑)。
やっぱり放した数が多すぎたのだと反省してます。
ただ、緋上がりや白質は問題ないので、
サイズだけ不満って感じです。
まぁ、模様の良いのは来年大きくすることにします。





親池。
O01-2984.jpg O01-2985.jpg O01-2986.jpg O01-2987.jpg

ここの奴らはある程度出来上がっているので、
もう少しだけデカクとか、もう少し丸くとかって感じで飼ったのですが、
多分期待には応えてくれていると思う。
まぁ、その分何匹かは落としましたが・・・。
結構良い感じで上がって来てくれると思う。

ここの当才もデカい。
でもあんまり良いのいないかも(笑)。
まぁ、上げて見てのお楽しみって感じでしょうか。





当才池、№2。
O01-2535.jpg O01-2540.jpg O01-2541.jpg O01-2545.jpg

最初数が居過ぎでサイズアップしないかなって感じでしたが、
池上げ前には例年並み位の感じになって来た。
ここは丸いし柄もそれなりに良い感じ。

実は、ここは昨日池上げしたのです(笑)。
上に書いたように良い感じで上がりました。
採っていみたら水見よりでかくなっていた感じ。
池上げの写真は後日載せます。
といってもいつものように作業中の写真ありませんが。

池上げしたと同時に遠方よりお客様。
何匹かつれて帰っていただきました。
日帰りで遠くから、お疲れ様でした。


№1の当才池の写真有りませんが、
浮かなくて面白くないのでカットです(笑)。





おまけ。
O01-2976.jpg O01-2977.jpg O01-2980.jpg

二才池のネットにいた、カエル。
近付いたら逃げるかと思いきや、全然動かない。
朝で気温低かったせいでしょうか。
多分モリアオガエルだと思うけど、自信無し。
普通のアマガエルのサイズじゃないので、
シュレーゲルかもしれない。

目に付いたものを撮ってみた なんでも編

2014/10/11 Sat

今日は晴れ。
朝から快晴です。

昨日の午前中ちょっと雨が降ったけどその後は晴れた。
稲架に掛かっている糯稲を台風が来る前に下ろさなければ。
昨日雨は降りましたが、稲はそんなに濡れず乾いているので、
今日の午後から稲架下ろしのつもり。
出来れば昨日の雨、降って欲しくなかったのですが。
何時もの事ですが天気には勝てません(笑)。





今日はサクサク行きます。
何時もの山と棚田・棚池。
O01-2793.jpg O01-2780.jpg

まだ紅葉には少し早いですが、手前の木は色づいてきました。
田んぼの稲も無くなり鯉上げが本格化してます。





先週埋めた集水桝。
O01-2807.jpg O01-2810.jpg

蓋の上に角材が載っているのはカエルの侵入防止用。
取りあえず水が流れるかどうかを確認するまでは、
完全に埋めてしまえませんでしたが、
水が来るの確認できたので後で埋めてしまいます。
このままの方が管理は楽なのですが、
雪が降ると蓋が割れたりして面倒なので埋めてしまうのです。





イケス。
O01-2570.jpg O01-2805.jpg

左は直後で右は昨日。
泥が沈殿して水は澄みましたが、
金魚入れれば泥が撹拌されて又濁る。
それが流れ出れば完全に澄み切る。





糯稲のヒコバエ。
O01-2801.jpg





クレソン。
O01-2778.jpg O01-2776.jpg O01-2770.jpg

植え付け直後に二度雨で苗が流れたので、
去年より生育は遅い感じですが、やっとここまで来た。
ここまでくれば収穫できる。
取りあえずクレソンのシャブシャブかな(笑)。





花の綿毛。
O01-2471.jpg





季節外れのスミレ。
O01-2475.jpg

野池の土手に一輪だけ咲いた。





名前の分からない花と実。
O01-2841.jpg O01-2838.jpg

葉っぱと実の形はガーデンハックルベリーにそっくりですが、
全体の大きさはずっと小さくて、実も小さい。
ナス科の何か。





ジョロウグモを二匹。
O01-2820.jpg O01-2825.jpg

O01-2827.jpg O01-2829.jpg O01-2837.jpg

今年はカマキリの写真あまり撮れなかった。
見なかったわけじゃなく、見つけた時にカメラもっていない。
蜘蛛は常時同じ場所にいるので、撮りやすい。
何故か分かりませんが、ジョロウグモのフォルム好きなのですよね(笑)。

目に付いたものを撮ってみた 苔編

2014/10/09 Thu

今日は晴れ。
朝一は少し曇ってましたが、その後は快晴。
秋晴れの良い天気です。

台風18号が行ってから晴天が続いてますが、
週末から来週頭にまた19号が来襲しそうです。
しかも今回は日本縦断しそうな予想円。
更に新潟も直撃しそうだし・・・。
メディアは19号は超大型とか言ってます。
被害が出るようなことにならないと良いのですが。

まだ毎朝の餌くれに回っていますが、
最近はめっきり軽トラとすれ違わなくなった(笑)。
まぁ、毎年一番最初に餌くれ始めて、
一番最後まで餌くれまわっているのは自分なのですが(笑)。
夏場は同じような時間帯で同じ顔ぶれの軽トラと
行きかっていたのですが、それももう無い。
まぁ、自分もあと一週間も餌やりすれば終わりでしょうけど・・・。
田植えして、糸張りして、金魚放して、餌やりしながら水見して、
溝切して、穂が出て、稲刈りして、金魚の池上げしたら春から秋まで終わる。
半年あっという間に終わってしまいます(笑)。


実は今日の気分は下げ下げ。
朝からよくない事や面白くないことが重なって、
気分は沈みっぱなしです。
なんか面白くて、気分がパット高揚するような
出来事ないでしょうかねぇ。





で、タイトルの写真です。
新しいカメラ買って、マクロが面白い。
何時も見ているけど気にしていないというか、
気にも留めていないものですけど、
面白いかなと思って撮ってみた写真です。

被写体としては面白いのですが中々思うようにはいきません。
苔。
O01-1577.jpg O01-1580.jpg O01-1582.jpg O01-1584.jpg





O01-1588.jpg O01-1595.jpg O01-1602.jpg O01-1605.jpg





O01-1608.jpg O01-2339.jpg O01-2348.jpg O01-2349.jpg





O01-2343.jpg O01-2346.jpg O01-2351.jpg O01-2352.jpg

花と同じように苔にも○○苔とかって名前が有るのでしょうが、
自分疎くてちっとも知りません。
なので纏めて全部苔です。

そういえば明治や大正時代の百姓は
本当にたくさんの植物の名前を知っていたと聞いたことがある。
なのでどんな植物にも名前がついてた。
それが今の百姓は当時の数分の一の植物の名前しか知らないらしい。
確かにその通りだと思う。
親父に聞くと名前知っているる草花の多いこと。
まぁ、親父は明治や大正生まれじゃありませんが(笑)。

自然を大切にとか、自然を生活の中に取り入れてとかって
言っている割に個々の物には興味ないのが現代の人なのだろうか。
まぁ、自分が知らないだけなのかもしれませんけどね。

疲れた話

2014/10/06 Mon

今日は雨降り。
朝からずっと雨。
時折強く降ったりしますが、
水害や土砂崩れの心配が必要なほどではない。
風もそんなに吹かないし・・・。
天気予報だと明日の午前中位までは雨のよう。





今日は週末の様子を。
自分の予定ではコンバインが入らず、
バインダーや手で刈り取った稲の藁を集めて、
軽トラで畑に運んで邪魔にならないところに積む。
それが終ったら田んぼの秋起しをするつもりでいた。
ただ、天気予報だと雨降りの予定だったので、
何処まで出来るかは分からないけど、
最低、藁片付けまでは終らせるつもりでいた。

のですが、
その前にイケスの水が出ていない。
稲刈り前の3連休にイケス掃除だけは終らせていた。
掃除の時はチョロチョロ程度の水の出で
水が細っていたのは仕方ないと思っていたのですが、
先週土日に糯稲刈った時に見たら水が出ていない。
それから何度か見に行っても水が出てくる様子が無い。

湧水を集めて池に入れているので、
ホースに泥が詰まったか草の根っこでも詰まったのだろうと
単純に考えていたので、
取りあえずそれを取り除いてから藁片付けするつもりでいた。
で、湧水を集めている集水桝を掘り起こし、
ホースの先を確認するけど、特に泥が詰まった様子もない。
木の根も集水桝に入り込んでいるけど、
これまた詰まった感じじゃないし。
しかも集水桝にはそれなりに水は溜まっている。
なのに水は出ていない。
岩でもホースの途中に引っかかったかと、
より細いホースを貫通させてみたり、
下水のつまりを取り除く用のワイヤーを通して見たりするけど、
特に詰まった様子はない。

ではと言う事で、
エンジンポンプを持ってきて、水を送ってみることにする。
普通に送れるし、送った水はポンプを止めれば流れてくる。
でもある一定の水位になると水が流れてこない。
どうやら長年の間に集水桝が沈んでしまって、
水の取り口の方が、排水口よりも下がってしまったらしい。

しかも何時埋めたか分からないような集水桝は
ヒビだらけで一部崩れ落ちているし。
更にイケスの周りコンクリートで囲ってあったりする。
当然ホースはその下を通っている。
取りあえずコンクリートを割って必要な分だけ撤去。
その後穴掘ったりしてホースを露出させる。

意外とと言うか、
かなりデカい集水桝が埋まっているので、
その中に小型の物買ってきて埋め込むことにした。

で、集水桝買ってきて出来るだけ上にホース通したいので、
本来の穴をあけるようにコンクリートが薄くなっている所じゃない場所を
斫って穴開けてホースの通り道の確保して、
まぁ細かいことは色々ありますが、
とりあえず新しい集水桝を古い桝の中に設置した。
後は水が溜ってイケスに流れ込んでいってくれれば完了。

ここら辺で雨が大降りになって来たので、
土曜日の作業は終了。
湧水が溜まって水が流れるまでには時間がかかるので、
確認は翌日ってことに・・・。
日曜の朝見に行ったら水入ってないし・・・。

色々考えたけど、
今まで同じサイズの集水桝を入れ直すしかないという結論に。
水が湧いている場所が数か所あるので、
それをカバーするにはデカい奴しかない・・・。
で、もう一度ホームセンターへ買い物。

でも、昔の物に比べると今のってコンクリートの厚さが違う。
昔の物の3~4倍位の厚さが有る。
当然重い、50キロ以上ある(笑)。
米半俵だって30キロしかないわけで、約倍。
車に積むのも一苦労。
軽トラで行けばよかったのに
自分の車で行った自分が馬鹿なのですけどね。

買ってきたら前回同様ホースを通す穴を開けなければいけない。
ですが、前日の物と違ってコンクリート厚すぎて薄くなっている場所以外に
穴開けるの機械でも無ければ無理。
と言う事で、水位はなんとかするしかない。
その為に作業始めたのに本末転倒な気もしますが、
ここまで来たら引き返すわけにはいかないわけで・・・。
穴開けた集水桝を一輪車に載せて、
雨でぬかるむ田んぼのあぜ道をイケスの側まで運ぶ。
ただ、すぐそばまでは行かないので後は自分で持って行くしかない。

ここからも色んな苦労があった。
ホース通すの苦労したりやっぱりサイズは若干違うので
穴掘り直すの大変だったりはしましたが、何とか設置。
設置したら今度は周りに水が逃げないように、
集水桝の周りを土で囲って取りあえず終了。
後は水が溜まってイケスに流れてくれれば完了。

なのですが、やっぱり水の取り口は排水口より低い。
ただ、新品の集水桝は満水にならない限り
水は逃げて行かないので圧が掛かれば流れることに期待。
駄目なら立ち上げ口作って取り口を上げるしかない。
取りあえず一晩様子見。

昨日の午後は雨降りだったので、ずっとカッパ着て作業。
当然泥だらけ(笑)。
雨降りに土いじりしたくないのですが、
昨夜から今日の雨で水溜めたいので頑張りました(笑)。
今朝見に行ったらチョロチョロ程度ですが、水入ってた。
今日の雨で湧水も増すと思うので、週末までには満水になるかと。
と言っても色々やったのでイケスの水は泥で色づいてしまいましたが、
数日流せばクリアになると思います。


稲刈りも疲れますが、雨の日の土木作業は疲れます。
まぁ、水も入るようになったので、やっと金魚上げの準備に入れます。
その前に田圃が残ってますけどね(笑)。
長い駄文にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。
何時ものように写真無いのですが、
晴れたら新しく設置した集水桝でも撮ってきます。





おまけの写真です。
昨日の朝。
O01-2312.jpg O01-2327.jpg O01-2329.jpg

何時もとは違う場所の朝靄。
何時もの場所の様にすぐ下ってわけじゃないですけど。
こんな日は何時もの場所に朝靄無かったりします。





今朝の霧。
O01-2356.jpg O01-2357.jpg

我が家の前の道路と、近くの杉の木。
この杉の木の向こうには何時も紹介する山が有るのですが・・・。





朝靄スポットの霧。
O01-2362.jpg O01-2370.jpg

こちらも濃霧で何も見えない(笑)。





二才池から。
O01-2376.jpg

今朝は何処に回っても霧だったのですが、
この時だけチョット晴れた。
と言っても上の方は霧で真っ白ですが。

目に付いたものを撮ってみた

2014/10/03 Fri

今日は曇りのち時々雨。
夜に降った雨は朝には上がっていて、
自分が餌くれに回る時は曇ってた。
その後午前中は曇りで、
午後からは雨が降ったり止んだり。
チョットだけムシムシします。

朝、明かるくのが遅くなったので、
自分の活動時間も大分遅くなって来た。
目はいつも通り覚めるのですが、起きない(笑)。
外が明るくなってから動き出します。
もう田圃回りは無いので、餌くれのみ。
後は精々写真撮る位。
なので時間押しても途中で調整して、
帰って来る時間はいつも通り。
その分金魚見ている時間が減るけど・・・。





今日はタイトル通り、撮り溜めてたものや、
今朝撮って来たものを紹介します。

まずは何時もの山と、棚田・棚池。
O01-2298.jpg O01-2295.jpg

なのですが、山は霧で見えない(笑)。
棚田の方は我が家と同じで、田圃にコンバイン入らなくて大変そう。
でも、なぜ水を溜めているのかは謎・・・。
野池は鯉上げが進み空の池が目立ってきました。





今朝の朝靄スポット
O01-2128.jpg O01-2149.jpg O01-2176.jpg

昨日も出したのでしつこいと言われそうですが・・・(笑)。
まぁ、折角撮ったのでと言う事で。





錦鯉。
O01-2004.jpg

鯉師の方が選別ハネを捨てたものかと。
集水桝の中で右往左往してました。





ススキ。
O01-2011.jpg

中央が道の様になっているのは、自分が歩くから。
この先に水取り場がある。
そのためにわざわざ草刈っているのです。





ここからは花を幾つか。
まずは白い萩。
O01-1657.jpg O01-1658.jpg O01-1662.jpg

萩も何度も紹介しましたが、白は初めてかと。





イヌタデ。
O01-2018.jpg O01-2015.jpg O01-2021.jpg





菊芋の花。
O01-2059.jpg O01-2066.jpg





花、その一。
O01-2073.jpg O01-2076.jpg O01-2078.jpg





花、その二。
O01-2033.jpg





菊。
O01-2088.jpg





花、その三。
O01-2080.jpg O01-2085.jpg





シロツメグサ。
O01-2192.jpg





花、その四。
O01-2209.jpg O01-2206.jpg





セイタカアワダチソウ。
O01-2199.jpg O01-2201.jpg O01-2248.jpg





花、その五。
O01-2270.jpg O01-2273.jpg





稗と葦。
O01-2266.jpg O01-2269.jpg

左が稗で右が葦。





タンポポの綿毛。
O01-2275.jpg





一本だけ色づいてた木。
O01-2241.jpg





採り残しの椎茸。
O01-2231.jpg O01-2301.jpg

取り残すことを当地では目残しと言います。
原木の陰で見えずらくなにっていた。
普通の椎茸の四倍位の大きさ有ります。

小ネタ色々

2014/10/02 Thu

今日は晴れ。
午前中は快晴でしたが、午後からは雲多め。
夕方からは雨になるとか。
稲刈りもやっと終わったので
雨降らないで下さいという意識は失せた。
今後は適度に降って後は快晴が希望(笑)。
去年は秋陽気が悪くて、
池上げした後雨ばかり降ってた、
おかげで野池のランマ締めが出来なかった。
今年は秋のうちにランマ締め終わらせたいところなのですが・・・。





今日は最近の日常で起こったことや思ったことなど
色々をランダムに書いてみます。

その一。
FC2カウンターが30000を超えました。
キリ番とかに特にこだわりが有る方ではないので、
もうすぐ3万になるなっては思ってましたが、
気が付いたら3万超えてた。
何時も見てくださる方、コメント下さる方のおかげだと思います。
ありがとうございます。
引き続き宜しくお願い致します。



その二。
全く別な話、実は手を切った。
と言っても病院で縫ってもらうほどの怪我をした訳ではないですが、
先日書いた糯稲を手刈りしていた時稲刈り鎌でぐっさりと。
切ったのは左手の小指の先端。
爪の先から指の頭を一直線。
まぁ、痛いこと(笑)。
稲刈り鎌って要するに鋸鎌なのです。
鋸で手を切るとカッターとかで切るのと違って肉を持ってく。
カッターで切った傷がシャーペンの0.3ミリで書いた線だとすると、
稲刈り鎌で切った傷って0.9ミリの芯で書いた傷って感じ。
しかも指の先端なので尚痛い。

いくら痛くても稲刈り途中で投げ出すわけにいかないので、
カットパン何枚も巻いて稲刈りしましたよ(笑)。
先日の写真で見て分かるように水の張った田圃なので、
速攻濡れますけどね。
取りあえず破傷風にはならずに済んでいると思います。
まだ痛いけど・・・。



その三。
自分今、ガラケーとタブレットの二台持ち。
で、ガラケーはパケット通信料二段階プランにして、
タブレットは上限7ギガまでLTEで通信できて、
それ超えると128Kに通信速度が落ちることになるプラン。
なのですが自分タブレットで動画見ないし、ゲームもしない。
いくら使っても3~4ギガあたりで月末を迎える。
なんかそれだと損したというか、ドコモに負けた気がしてしまうのは
自分が貧乏性だからでしょうか(笑)。
翌月に使ってない分繰り越せるとか、家族に分け合えれば別なのですが。

で、頑張って9月はパケット通信量使ってみました。
最初、使っていたアプリがいきなり動かない。
アプリの調子が悪いかと思い色々設定見直しても動かない。
そこでやっと気が付いて、パケット通信量確認したら7ギガ超えてた。
何というか一寸した達成感が有ったのですが、
その後月末まで128Kの速度にはまいった。
天気予報見るにも時間がかかる(笑)。
今後は使い切らずギリギリで月末を迎えるようにしようと決めた(笑)。

でも、今思うとADSLや光通信が無かった時代は
ISDNで128Kって普通だったのですよね。
昔はこれでパソコンしていたのだと思うと時代の流れを感じます。



その四。
引き続きデジタル機器の話。
自宅では自分ノートパソコン使ってます。
その無線マウスの話。

ナンチャラデザインとかの、手になじむ形状をした奴。
最初は違和感たっぷりでしたが、慣れると使いやすい。
こいつが突然動かなくなった。
最初は電池切れかと思って電池を交換したのですが、
それでも動かない。
ドライバーかと思って色々やってみたけど、結局ダメ。
結論としては壊れた。
ノートパソコンにはタッチパットもついてますが、
自分はマウスの方が使いやすい。
以前のように有線の物にしようか、引き続き無線にしようか物色中。
しかし、マウス無いとノートパソコン使いづらいのですが・・・。



その五。
ずと以前、選別が始まる時に中網を買ったと書いた。
買った理由はそれまで使っていたものを無くしたから。
だったのですが、無くした中網が出てきた。

稲刈りをする前に、農作業小屋を片付けるのは毎年恒例。
片付けてスペースを作りそこで乾燥した後の調整やら袋詰めを行う。
その片付けの時に出てきた。
場所は合板の間。
車庫には何枚か合板が仕舞ってある。
網探しする時に合板の前と後ろは探したけど、
一枚一枚の間までは探さなかったことは事実。
けど、ぴったり重ねられている合板の間に
何故中網が落ちたかは謎。
とは言え、自分が置かなければそこにあるはずがない訳で、
山にでも落としてきたと思った居たのですが、違った。
まぁ、見つかったので良しとします(笑)。



その六。
カメラの話。
少し前、新しいコンデジ買ったと書いたし、
レンズキャップを落として買い足したとも書いた、そのカメラ。

結論から言うととっても使いやすいし、
写る絵も気に行ってます。
まず単純な話、起動が早くて、書き込み時間が短い。
簡単なことですが毎日使っていくと結構大事。
暗い場所でのピントの合掌は苦手なようですが、
それはこのカメラに限ったことじゃないし。
サイバーショットのプレミアムオートと同等の機能が付いていてくれたら、
もっと嬉しいのですが、無いものはしょうがない(笑)。
後、ズーム倍率も低いですが、そこら辺は割り切り。
スーパーマクロも面白いし。
値段も安く買えたのでお値打ちだったと思ってます。

後、別売りで買ったレンズキャプ。
これもとっても便利です。
純正であるのに最初からパッケージして売らないのか、不思議。
別にレンズキャップで儲けなくても良いと思うのですが・・・。


今日は思った事やあったことを好きなように書きました。
最後は何時もの朝靄スポットの今朝。
撮ったのはXZ-2です。
O01-2097.jpg O01-2102.jpg

O01-2110.jpg O01-2112.jpg

O01-2121.jpg O01-2125.jpg

上の二段は餌くれに行く前。
下段は餌くれの帰り。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR