今年も有難うございました

2014/12/30 Tue

今日は雪。
予報だと雨だと言ってましたが、雪です。
湿った重い雪が降ってます。
それでも午後からは小降りになったのですが、
午前中はすごい勢いで降ってた。
夕方出かけなければいけないのですが、
あまりの降りに行きたくないって思うほど・・・。
そうこうしてたらお休みのはずの除雪隊が出動してきた。
道路の除雪をしてもらえれば出かけるのも楽。
後はドーザーが残していった雪を除雪機で払うだけかな。





今年も今日を入れてあと二日。
金魚も後は眺めるだけのつもりでいましたが、
昨日の夕方何気に二才水槽の濾過槽覗いたら、
ウールの目詰まりが凄いことになっている。
見なければ良かったのですが、見てしまった(笑)。
濾過槽が溢れるのも困るし、別段忙しいわけでもない。
ということで午前中は急遽車庫水槽の水変えと濾過槽掃除。
二才水槽と、三・四歳水槽のウールだけ洗いました。
親水槽は水変えだけ。
正月明けにでも親水槽の濾過槽は洗います。

玄関の当才水槽と違って車庫の水槽はそれでも水温が少しはある。
痛いような痺れるような思いはせずに濾材洗いできます。





今日もお気に入り。
7-9505.jpg 7-9734.jpg 7-8325.jpg 7-8457.jpg 





5-6174.jpg 7-7778.jpg 7-8461.jpg 7-8617.jpg 





7-8613.jpg 7-9540.jpg 7-9541.jpg 7-9492.jpg 





7-9474.jpg 7-9505.jpg 7-9549.jpg 7-9689.jpg 

こいつも毎シーズン紹介しているうちの一匹。
玉さばのたぶん六才くらいかな(毎度のことながら年齢に自信なし)。
最初からまん丸になってしまった個体で、後半の伸びが今一。
それでもこの体型はなかなかいない。
もう少し大きくなってくれるともっと迫力出るのですが、
すでにこの下の年のやつらにデカさじゃ負けてる。
これ以上無理させるとロクなことにならないので、
現状維持で楽しみたい個体です。
といっても、ご覧のように緋質も肌の白もとってもきれいなので、
他と比べなければ良いことなのですけどね(笑)。


今年もあと二日。
今年の更新もたぶんこれか最後。
気が変わって明日も更新するかもしれませんけど・・・それは無いか(笑)。
今年も色んな方にご覧いただき、コメントいただき有難うございました。
見ていただけると思うので、ブログ続けていられます。
感謝です。
また来年も宜しくお願いいたします。
何でも良いので、気が向いたらコメント残していただけると喜びます。
来年もさば尾・玉さばと田舎の日常を紹介していきたいと思います。
それでは来年も宜しくお願いいたします。

皆様、よいお年を。
スポンサーサイト

今日もお気に入りを

2014/12/29 Mon

今日は雨ふり。
当初は雪の予報だったのですが、雨に変わった。
明日も雨だとか・・・。
その後年末から年始は雪の予報。
あまり大降りしないと良いのですが・・・。

でも、昨日は終日晴天。
この時期としては珍しいくらいの良い天気。
昨日の晴れと雨で、少しでも雪が減ればよいのですけど。
思うようには行かないでしょうが。





先日、車のオートロックの電池が無くなった。
数日前から開け閉めの時の反応が今一だったので、
電池切れ直前かなとは思っていたのですが、
いざ電池切れると不便なこと(笑)。
雨や雪の時は特に。
普段は何気なく当たり前に使っていますが、
いざ使えなくなると不便です(笑)。
速攻でホームセンターに行って電池交換頼んだら、
電子機器の電池交換はお断りしてますって言われた。
時計の電池交換はしてくれるのに何故って感じ。
仕方ないので、じゃあ精密ドライバー貸してもらえますか、
開けて自分で交換しますって言ったらそれは貸してくれた。
いざ開けて、型番調べて電池買おうと思ったら、丁度売り切れ。
取り寄せますかって聞かれたけど、そんなに待ってられない。
ドライバーの御礼言ってお店を後に。
家電量販店で電池買って自分で交換。

電池切れを予感したら、完全に切れる前に
電池買って事前に交換しましょうってことで(笑)。





今日もお気に入りです。
こいつも今一年は不確定ですが、
前回と同い年だと思う。
間違っていたら後で訂正します。

六才のさば尾。
7-8286.jpg 5-6525.jpg 5-5962.jpg 5-6436.jpg






7-8281.jpg 7-8509.jpg 7-8518.jpg 7-8288.jpg





7-8293.jpg 7-8488.jpg 7-8845.jpg 7-9223.jpg

前回紹介した玉さばと同じ緋質をしてますし、
肌質というかは白の質も同じです。
が、こいつは丸くない。
さば尾の分だけサイズもデカいし、太さもやっと付いてきた。
水槽の中にいると前回紹介した玉さばより目立ちます。

個人的にはいつも言っているけど、別に玉じゃなくてもよい。
さば尾にはさば尾の良さがある。
玉さばの方がさば尾より上に見られがちですが、
決してそんなことはないと思っている。
こいつもそんなさば尾の魅力を十分に伝えてくれる一匹です。

お気に入り

2014/12/26 Fri

今日は雪時々曇りなのか、
雲の時々雪なのか微妙。
ただ、降る時は猛烈に降ってきたりしてましたが、
夕方になって空に薄日が差してきたような。

昨日も雪でしたが、そんなに積もらず。
こんな感じで大降りせず新年を迎えていただきたいものですが・・・。





時間ないので文章短め、
代わりに写真多めで行きます。

お気に入りの玉さば。
年は忘れたけど一応六才にしといた、
後で間違いに気づいたら直します。

毎シーズン一度は紹介していると思うので、
見覚えのある方もいるかと。
お気に入りの雄です。

5-6224.jpg 5-6018.jpg 5-6446.jpg 7-9115.jpg





7-8572.jpg 7-8369.jpg 7-8346.jpg 7-9303.jpg





7-9715.jpg 5-6005.jpg 5-6375.jpg 7-8341.jpg





7-8304.jpg 7-8305.jpg 7-8318.jpg 5-6456.jpg





7-9118.jpg

最後は何故か一枚(笑)。
露出オーバー気味ですが、こんなのも有かと思って。

何時も紹介している金魚たちと同じに見えるかもしれませんが、
緋質が違います。
赤が深いというか濃いと言うか・・・。
この質を持つ奴は毎シーズン何匹か出ますが、
この体型と形が揃ったのは難しい。

雄なのでデカくはなりませんが、
毎年子取りで活躍してくれる一匹です。

雪の様子とか水替えとか給餌風景

2014/12/24 Wed

今日は曇り。
朝からどんよりしてますが、降らない。
これから春先までは晴れなくても、
降らないだけで良しとするって感じになってくる。
今日もそんな一日。

昨日も日曜の夜から昨日の朝までに積もった雪が
屋根から落ちた分の片付け。
日曜日には家の周りの雪なかったはずなのに・・・。
今シーズンで一番多くあったかも。
年末だクリスマスだなんて雪には関係ありません(笑)。
クリスマスと書いて思いますが、
子どもが家を離れるとクリスマスもイブも関係ない。
子どもがいた時はプレゼントだケーキだと用意しましたが、
いなくなると365分の一でしかないかな。
写真がいっぱいあるので、サッサと行きます(笑)。





まずは何時もの山と棚田・棚池から。
O-0078.jpg O-0101.jpg

土曜日に撮った写真です。
遠景だと雪の量も分かりません。





カーブミラー。
O-0075.jpg

何年か前の年末でミラーの下まで
雪が積もったことあったから、
それに比べればまだなのかも知れないけど。

誰かが雪の写真でも撮る為でしょう、
ミラーの横を掘って有る。
そこにガードレールのワイヤーが写っているのが分かるかと。





県道とその法面。
O-0090.jpg O-0094.jpg

日曜日は雨が降ったので、
クラックが入ったところの下は崩れて道に落ちた。
当然除雪車が出動して雪を片付けてくれます。




此処からは土曜日と昨日の対比。
まずは我が家の車庫前の道。
O-0062.jpg O-0137.jpg

左が土曜日で右が昨日火曜日。
過ぎの木の根本の雪が増えているのが分かるかと。





車庫の横の雪。
O-0067.jpg O-0141.jpg





電信柱。
O-0065.jpg O-0142.jpg





水道ポンプ小屋の屋根。
O-0069.jpg O-0139.jpg

いずれも結構な違いが有るのが見て取れると思います。





最後は車庫前の道脇の杉の木と、鎮守の森。
O-0144.jpg O-0147.jpg





水替えの様子です。
金魚や熱帯魚飼っている方にはお馴染みかな。
まずは水替え前。
O-0008.jpg O-0013.jpg O-0021.jpg

餌もやっていないので、
水もそんなに汚れませんが、
定期的に一定量だけ交換します。
今時期は水替えの度に水温が少しづつ下がる。
ある一定まで下がるとそこからは
春までそんなに変わらない。
今回は濾過槽掃除が無いので、楽。





水を抜いたところ。
O-0038.jpg O-0045.jpg

水中ポンプで一気に抜くだけなので楽。
ただ、その水中ポンプの写真が無かった(笑)。





水を追加中。
O-0035.jpg O-0111.jpg





浄水器とホース。
O-0050.jpg O-0109.jpg

上の水を追加する前に浄水器を通して塩素抜き。
車庫には水道ないので、家からホースで水を引く。
雪の上をホースが張っているだけで
水温低下しそうですがもう限界まで低いので実は関係ない。





水替え後。
親水槽。
O-0129.jpg O-0122.jpg O-0127.jpg

三・四才水槽。
O-0116.jpg O-0121.jpg

二才水槽。
O-0131.jpg O-0136.jpg

水替え前よりは幾分かは綺麗になっているはず(笑)。
これで一晩くらいポンプと濾過槽を通すと、
もっとこなれた良い感じになる。





最後は久しぶりの給餌風景。
O-0158.jpg O-0163.jpg

O-0148.jpg O-0150.jpg

O-0174.jpg O-0175.jpg

水槽に収容したばかりの頃の様に頻繁にはやらないし、
量的にも極わずか。
背肉が落ちない程度の餌を週一回やるだけです。

早く水温が上がって餌やれるようになると、
楽しいのですけどね。

かなり使える

2014/12/22 Mon

今日は雪。
天気予報通り、朝から大降りです。
この降りも明日までとか・・・。
早く小降りになって欲しいのですけど(笑)。

昨夜起きている頃はそんなに積もっていなかったし、
降りもたいしたこと無かったので、今朝は油断した。
夜中から朝方まで雷が断続的に鳴っていたのは
寝て居ながらも何となく分かっていたのですけど・・・。
そんなに積もるとは思っていなかった。
除雪のため外に出たらびっくり、4~50センチ位有る。
それでも昨日までに降った分は片付けてある。
昨夜積った分だけなので比較的楽。
除雪機も直してもらったし。

でも、明日はまた屋根から落ちた雪片づけです。
終わりなき雪との戦いって感じ(笑)。
12月でこれだけ断続的に降るのは珍しいかも。





一昨日はブログ投稿後は水変え。
水変えだけなので車庫の水槽は簡単。
水中ポンプで水抜いて水足すだけなので・・・。

けど、玄関の当才水槽は壁面が大変なことになっている。
苔だらけ(笑)。
少し前のブログの当才水槽も酷かったので分るかと。
それを落とさねば。
何時もクレスパーか窓ふき用のワイパーで落とすのですが、
酷くなるとなかなか落ちないし時間がかかる。
当然ながら今時は水温低いので、
出来るだけ水に手を浸けている時間を短くしたい。

ということで、
使ったことのないものを使ってみることに。
それはメラミンスポンジ。
我が家の台所にも常備されていますけど・・・。
水槽に使っている方もいるらしいとは聞いてはいたのですが、
なんとなく生体には良くなさそうな気がして使ったことなかった。

苔が凄いことになってくると、
クレスパーだけではなかなか大変。
我が家の水槽年代物のアクリルなのと、
以前飼っていたのが大型プレコなのも有って傷だらけ。
その傷に苔が入り込むと擦ってもなかなか取れない。
スポンジも使っているのですが、
スポンジだと落した苔が水に舞ってしまうし。

ネットで色々調べていたらメラミンスポンジ絶賛されているし、
しかもビー水槽でも全く問題ないとも書かれいてるし。
水質に神経質なビーで問題なければ
金魚には大丈夫でしょうと言う事で使ってみることにしました。

結果もっと早く使えばよかったと・・・。
よく落ちるし簡単。
スポンジ同様落とした苔が水に舞うかなとも思ったのですが、
緑苔は都度バケツで洗うかすればそんなに舞わない。
茶苔は緑苔よりも水に舞うかなって感じですが、許容範囲。

冷たい水に手を浸けている時間も短縮できた気がします。
と言っても水槽一本分終える頃は冷たいじゃなくて、
痛いって感じになってますけどね。
取りあえず二本とも綺麗になった気がします(笑)。

コメリで百数十円で買ってきたものを
適当な大きさに切って一回使い捨て的な感じで、
使ってみましたが、5,6回は使えそうなので、
コスパも十分かと思います。

此処からは水温も落ちているので、
春先まで苔も生えないでいてくれると助かるのですけど、
こちらの思うようにはいかないでしょうねぇ(笑)。






掃除した水槽の写真は又いずれ、
と言う事で今日は別な写真。

帰ってこなかった奴ら。
704-3246.jpg 704-3758.jpg 703-7425.jpg 704-3017.jpg

かなり特徴的な体型してたので、
面白がって子取りに使ったりしていたのですが、
今シーズン途中で落ちた。
さすがにこの体型だとデカくすると無理が掛かる。
もう少し楽しませてもらいたかった個体です。





704-3769.jpg 704-3490.jpg 704-3469.jpg 704-1119.jpg

去年の品評会の玉さば親魚で一席貰ったやつ。
飼い主のもう少しって思いが良くないのでしょうねぇ。





704-4284.jpg 704-3096.jpg 703-7558.jpg 703-7466.jpg

最後はさば尾。
とっても面白い自分の好きな形をした個体だっただけに
残念ですけど仕方ない。

以前の写真を見ていると
それなりに入れ替わり有るなって感じます。

二才水槽から

2014/12/20 Sat

今日は今のところ曇り。
予報だとこの後雨だとか・・・。
空はいつ降ってきてもおかしくないような感じ。
その雨も明日は雪に変わるって言っている。
年内に積雪2メートルとか止めてほしいのですけど。
もう少し降ったらとどきそう(笑)。

今日も午前中は屋根から落ちた雪片づけ。
除雪機からベルトが滑っているような音がするので、
見もらったら駆動用のベルトと、
ロータリーのベルトが両方ともダメダメでした(笑)。
切れる寸前だったようで
首の皮一枚で繋がってましたねって言われた。
直してもらって順調です。
切れる前に気付いてよかった。





今日はタイトル通り、二才水槽から。
ここ、込み合っているのと明かりが投光器で、
写真が赤くなりがちなのが重なって中々紹介しない。
一匹の魚の写真を続けて複数枚撮るのが難しい。
それと、光のせいか水のせいなのか不明ですが、
他の水槽と比べると魚にピントが行かず、
水にピントが有っている写真が量産できる(笑)。
水替えしたら変わるのか様子見ですが・・・。
そんな訳でここの水槽の金魚たち中々紹介していない。

今日はその様子だけでもと言う事で、行きます。
まずは全体から。
7-7247.jpg 7-7249.jpg





次は何時ものような感じで。
7-6750.jpg 7-6762.jpg 7-7254.jpg 7-7257.jpg





7-7264.jpg 7-7271.jpg 7-7273.jpg 701-6410_20141219161614b31.jpg





701-6451.jpg 701-6414.jpg 701-6421_20141219161740f98.jpg 701-6434_20141219161733ef9.jpg

少し前、もう少し丸いやつを作ろうかと思った時に、
同時に思ったのが横見で見れる奴も良いかなって・・・。
何時も何時も「上見・上見」と言ってますが、
一応気にして見たりはしているのですよ(笑)。

で、暫く横でも見れる魚をって感じで選別してた、
今の三・四・五才あたりはそんな感じが漂っているかと。
特上の奴らは上見だろうが横見だろうが
見れる奴らを揃えられたと思うのですが・・・。
その下の奴らの上見が面白くないことになって来た。
一匹だけ取り上げて言うのではなく、
水槽全体とか夏の水見の時とかに何となく感じること。

やっぱり自分の金魚は上見重視だよなって事で
元に戻して立てはじめたのが去年から。
でもまだなんか違うかもって二才水槽見ながら思うのです。
まぁ、何が違うかハッキリ言葉で言えるわけはないのですけどね。
それを言葉で表せるようにするのが今シーズンの課題です。

午後からは金魚たちの水変えと、
当才水槽の壁面掃除。
冷たいですけど、やらねばということで。

一夏で

2014/12/19 Fri

今日は曇り。
どんよりして時々雪が待ってきそうな雰囲気ですが、
取りあえず降っていません。
でも空は暗くて今にも降り出しそう。
出末からの雪も昨日で一休みのようです。
週末は雨マークが付いてますが、
そこから来週はずっと曇り雪が続く。
もう降らなくて良いのですけど(笑)。
そんな訳にはいかないでしょうねぇ。

週頭に早起きして、
早朝除雪で片付けた家の周りの屋根から落ちた雪も、
その後の降りでまた同じような状態。
週末は又除雪機の相手が待ってます(笑)。
先週しなかった金魚の水替えも有りますし。
何にもしてない年賀状も有るし・・・。
やることは絶えません。





今日は昨シーズン撮った写真と
今シーズンになって撮った写真で、
金魚たちの成長具合を見てみようかと思います。

本当は劇的に変わるのは
当才から二才になる時なのですが、
それは又の機会に置いときまして、
今日は親魚になってからの一夏です。

いずれも最近紹介してたやつらを選んでいるので、
最近の写真がもっと見たかったら前を探してみてください。
まずは何時もの三姉妹。
501-5292.jpg 

ロングテールのこいつから。
501-52801.jpg

704-0658.jpg 704-2030.jpg 704-0838.jpg 704-1143.jpg






501-5294.jpg 

703-8580.jpg 704-0375.jpg 501-0294.jpg 704-1261.jpg





501-5276.jpg

704-0586.jpg 704-0189.jpg 704-3736.jpg 704-1266.jpg

いずれも上が今で、下が昨シーズンです。
昨シーズンの写真は出来るだけ特徴が分かりやすいのを選んだら
みんな同じような写真になってしまった(笑)。





好きな形のさば尾。
7-76411.jpg

704-3320.jpg 703-8682.jpg 703-9646.jpg 703-9478.jpg





赤勝ちの玉さば。
7-714211.jpg

704-4461.jpg 703-9968.jpg 703-7450.jpg 704-5047.jpg





四才のさば尾。
7-77151.jpg

704-4364.jpg

こいつだけ昨シーズンの写真一枚しかないのですが、
理由は簡単全然変わってないから(笑)。
サイズ的には成長しているのですが、
バランスが変わらないので写真で見ても分からない。

今回は四才のさば尾に変わっていないと書く以外は
あえてどう見えるかとかの感想や批評は書かない。

どの魚もサイズはアップしているのですが、
上の四才の所で書いたように写真で見た時に
変って見えるのはバランスが変わった時。
サイズ的に変わっても写真ではなかなか伝わりません。





最後は上の三姉妹と同い年のこいつ。
704-0914.jpg 704-3301.jpg 704-1045.jpg 704-3791.jpg

704-5311.jpg 704-4706.jpg 704-4156.jpg 704-5317.jpg

昨シーズンの写真です。
個人的にはこいつに一番期待していたのですが、
秋に上がらなかった個体です。
こいつの秋上がりを見て見たかったのですけどね・・・。
残念でした。

当才水槽から

2014/12/18 Thu

今日は雪が降ったり止んだり。
天気予報だと終日雪だったので、それよりは良い。
けど、一旦降り始めると途端に大降りになったりしますが。

昨日の晩の風の凄かったこと。
台風並みって事前に聞いてはいましたが、
本当にそれくらい風は有った。
その割に雪の量はたいしたこと無かったけど。
今朝も早朝除雪しましたが、
吹き溜まりとそうでないところの差が激しい。
風に吹きさらされているところは数センチ。
吹き溜まりは1メートルって感じ。
それ位差が有った。
でも全体としての降雪量は少なかったので
除雪自体は楽でしたけどね。





先日、ネット眺めて暇つぶししていた。
そしたら思いがけないものを発見。
ヤフオクの過去記事なのですが、
○○○ △△産玉さばなる履歴が有った。
〇は地名で△は名前なのですが、
この名前と地名が当方と一致する。
しかも出品されている金魚も当方産出で間違いない。
けど、当然ながら自分が出品したはずもなく、
どなたかがそんなタイトルでヤフオクに出品してる。
しかも煽り文句までつけて(笑)。
確かに産出先が自分なのは間違いないですが、
市場に選別でハネて出荷したものを落されて、
それをさも産出者も了解済み的に
出品されるのはいかがなものかと・・・。
少なくとも自分の水槽なりイケスから相対で買って行って
△△産として販売なり出品されるのならまだわかるけど、
仕入れ先が市場で産出者を入れのはどうなのって感じ。
まぁ、落としてもらって言えた義理じゃないのかもしれませんけど。

ついでに言うと自分なら絶対さば尾だと思う個体まで、
玉さばで表示している。
それもどうなのって思う一因。
玉さばって書いた方が売れるからでしょうが、
落札者さんに対する誠意と言うか
正直さが足りないのではないかと・・・。

先日ネットを徘徊していて見つけたことでした(笑)。
自分が作った魚ってやっぱり自分なりの特徴あるので
見ているとすぐ分かるものだと別な意味で感心。
いきなり覚えもなく自分の名前で自分の魚見つけると
何でって思うものですねぇ(笑)。
今回は地名も名前も伏せましたが、
知っている方は沢山いると思うので、
興味が有ったらGoogleででも検索架けると見つかると思います。
まぁ、オークションは終ってますけど(笑)。

とは言え、落札された方が自分のこと
知っているとは思われませんが(笑)。
自分の金魚欲しいと思ってくださる方ってどれ位いるのか
興味がわいたのも確かですけどね。





今日は当才水槽です。
少し前にも同じようなの紹介してますが・・・。
懲りずに行きます。
7-7875.jpg 7-7880.jpg 7-7883.jpg 7-7983.jpg





7-7988.jpg 7-7994.jpg 7-8034.jpg 7-8047.jpg





7-7947.jpg 7-7950.jpg 7-7956.jpg 7-7954.jpg





7-7960.jpg 7-7966.jpg 7-7971.jpg 7-7973.jpg

上段が二列が大サイズで、下段二列が小サイズ。
大サイズの水槽壁面が汚れているのは見なかったことに。
金魚だけ見てください(笑)。

我が家の水槽見られ結構多くの方から出る質問に、
鹿の子って残りますかと言うのが有る。
そんな時は即答で残りませんと答える(笑)。
自分のブログ見ていただければ分かるし、
車庫の親水槽見てもらえば分かりますが、
綺麗な鹿の子の残った個体なんていません。
二才位までは残っていても
そのまま鹿の子でいてくれる個体は中々いない。
それでもたまにいるのですが、
そんな個体って翌秋上がってこなかったりするのですよ。
今シーズンも期待してたやつ、上がってこなかったし。

綺麗な鹿の子の固体、出来たら紹介したいすですが、
先は長そうです。

お茶目なヤツ

2014/12/17 Wed

今日は吹雪。
朝起きた時から吹雪いてます。
けど、積雪量は思いの外少ないかも・・・。
もっと積もると思っていたのですけど、
外を見るとそうでも無い。
とは言え充分積っているのですよ(笑)、
ただ、天気予報やニュースで大雪・大雪と連呼しているので、
もっと積もるかなと警戒していてたので・・・。

そんな今朝も早起きして屋根から落ちた雪片づけ。
昨日しなかった場所と車庫の周りを少し。
今朝は昨日に比べれば狭い場所。
屋根から落ちた雪だけ片付けて終了。
明日も早起きして、
今度は降った雪の除雪が待っていそうです(笑)。
まだ、12月なのですけどね。





写真行きます。
我が家の前のブナ林から。
O-0003.jpg

今朝の様子。
まだ降り始めてそんなに経っていないので、
ブナには雪は積もっていない。
ゴミみたいに見えるのは降っている雪です。





ついでに杉の木。
O-0006.jpg

本当ならこの向こうに何時もの山が見えるのですけど、
吹雪で何にも見えません。
こっちの方が降る雪がはっきりわかります。
結構大きい雪が降っているのが分かるかと・・・。





タイトルの奴。
年忘れた、多分6才かな。
7-6588.jpg 7-6605.jpg 701-6521.jpg

上の写真の様に何時も餌をねだって水面近くを泳ぐ。
同じ日に撮った写真の様に見えるかもしれませんが、
違う日付の撮影です。





701-6469.jpg 7-6787.jpg 7-7825.jpg





7-7821.jpg 7-7823.jpg 7-7826.jpg

去年から子取りの雄親に使っている。
玉さばと言うには丸みが足りない気もしますが、
体高も有るし緋・肌とも質は良いので
雄に使うには充分。
何よりも食い負けない内臓を持っているのが良い。

雄なのでいくら食ってもデカくならないという
欠点は有りますがそれは仕方ない。

何時も水面で愛想ふりまいてくれる可愛い奴です。

色々取り揃えて

2014/12/16 Tue

今日は曇りのち雨。
午前中はどんよりしてましたが、
お昼過ぎから雨降り。
この雨も明日にはまた雪だとか。
しかもまた寒波来襲だとか。
12月なのにいい加減にしてほしいところですが・・・。
天気には何時もの事ながら叶いませんので。

今回の寒波がまた前回並みになったら
家の周りの雪片づけが大変なことになる。
と言うことで今朝は雪も積もっていないのに早起き。
屋根から落ちた雪片づけを行ってから朝食。
夏場の五時起きは全く苦になりませんが、
寒い時期の6時起きは滅茶苦茶辛い(笑)。
起きること次第は目が覚めているので何ともないのですが、
着替えて活動するのが面倒。
寒いってだけで全然違うものです。

と言っても昔と違って機械が殆どやってくれる。
スノーダンプ押したり、スコップで投げたりしていた頃に比べたら
とっても楽なのですけどね。





ここの所お気に入りを一匹だけ紹介のパターンが殆ど。
たまには色んな魚を載せてみます。

まずは二才のさば尾から。
7-7128.jpg 7-6694.jpg 7-7540.jpg

肩からの巻き下がりが左右で随分違う。
両側が写真左の様だとかなり
見ごたえのある個体になったと思いますが、
何時もの事ですが無いものは仕方ない。
これだけでも滅多に居ないのですけどね・・・(笑)。





親水槽から、玉さば。
7-7120.jpg 7-71431.jpg 7-7146.jpg

綺麗な更紗模様が特徴かと。
雄親に同じような模様の固体がいますが、
そいつの血をもろに引き継いでいる感じ。
こいつも雄なら良い仕事してくれそうです。
もちろん雌で更にデカくなってくれれば
もっと良いですけど。





親水槽から、玉さば。
7-7131.jpg 7-7309.jpg 7-7307.jpg

本当は今日はこいつの紹介にしようかと
思っていたのですがなんか同じパターンも飽きたので、
色々取り揃えてみた。

左右の横見で全然違う印象を与える個体。
こいつも更にデカくなれば面白くなると期待している奴です。





三・四才水槽から、さば尾。
7-7162.jpg 7-7165.jpg 7-7171.jpg

今はさば尾ですがさらに丸くなって来れば
玉さばになるかもって個体。
多分来秋は玉さばで紹介することになると思う・・・。
前回紹介した個体と同じ感じで、赤勝ち。
緋も肌質もとっても良い奴です。





三・四才水槽から、さば尾。
7-7184.jpg 7-7187.jpg 7-7188.jpg

見ての通り真ん丸です。
先般無くなった親分と同じような体型してる。
こいつの他に何匹か同じような体型した四才がいる、
その中から時期親分が出たら面白いのか、
それともその上の奴らから面白いのが出てくるのか。
来秋の楽しみ。





三・四才水槽から、さば尾。
7-7196.jpg 7-7197.jpg 7-7198.jpg

こいつは品評会に連れて行った個体。
上のと同い年ですが、こいつの方が長い。
模様はこの方が好きですけど。





三・四才水槽から、さば尾。
7-7210.jpg 7-7219.jpg 7-7224.jpg 7-7226.jpg

お気に入りの形です。
特に左から二番目の様に
真上から見た時の感じが好き。
こいつは三才なのですが、
来夏はもっとデカく丸くを狙いたくなる形してます(笑)。





親水槽から、さば尾。
7-7327.jpg 7-7329.jpg 7-7842.jpg

こいつも前回紹介した個体と同じような感じの、赤勝ち。





親水槽から、さば尾。
7-7561.jpg 7-7562.jpg 7-7809.jpg 

写真だと随分細く見えますが、こんなに細くない(笑)。
これも好きな形です。
上と同じように来夏にサイズアップを狙う個体の一匹。





最後はこいつ。
7-7662.jpg 7-7665.jpg 7-7669.jpg 7-7676.jpg

親水槽から、玉さば。
以前三姉妹で紹介した内の一匹。
品評会に連れて行かなかった方の個体。
正直、形も体型も殆ど同じ(笑)。
尻尾の長さが違うのですぐわかるけど・・・。

今日紹介した奴らもみんなお気に入り。
何れ一匹ずつ紹介すると思います。

玉さば、四才

2014/12/15 Mon

今日も雪。
金曜から降り始めた雪は止むことを知らず。
週末は降りっぱなし。
今日は土日に比べれば小降りですが、
それでも休むことなく降ってます。

おかげで土日は殆ど除雪。
休みなので早朝除雪をしない代わりに、
家の周りの屋根から落ちた雪を除雪機でひたすら飛ばす。
土曜日の午前中はずっと除雪機の相手して終わった。
で、家の周りが綺麗になったと思ったら、
日曜日の朝はさらに積もっていたし(笑)。
多分金曜から今朝までの総降雪量は150センチ位有ったかと。
まぁ、積雪量としては100センチ強くらいだと思いますが。

おかげで新潟県は結構テレビ出てましたねぇ。
長岡の投票所とか十日町の山間部とか。
雪が降るのは毎年のことで、積るのもこれまた毎年のこと。
別に珍しくないのですけどね。
ただ、12月の中旬でってことが珍しいのか。
投票日とも重なったし・・・。





休みを利用して金魚の写真撮るつもりでいた。
時間は有ったはずなのに結局一枚も撮ってない(笑)。
これから写真と思うと何故か別の用が降りかかる。
仕様が無いかと用を済ませて後でと思っていると、
写真は結局後回しになり、
そのうち夕方になって面倒臭くなるを二日繰り返した。
まぁ、頑張って除雪もしたので良いことにします(笑)。

今日は撮り溜めた写真から紹介。
玉さばの四才です。
7-71421.jpg 7-7135.jpg 7-71371.jpg 

7-7140.jpg 7-7125.jpg 7-7141.jpg

我が家の水槽で圧倒的に多いパターンの赤勝ち更紗。
とは言え、当然こいつは中でも良い形の物ですけどね・・・。

こんな感じで上見だと赤が8割位の固体が何故か多い。
まぁ、遺伝とか血統で同じような形が出やすいのは当たり前なのですが。
こんな感じだとやっぱりデカくして何ぼかな。
来年の夏にはもっと丸くなると思うし。

個人的には玉さばも3・4才位まではこれ位で良いと思っている。
当才や二才で丸くなりすぎると、前後に伸びなくなるので、
全体的な大きさを求めにくい。
ある程度前後の長さを確保してから更に
丸みを付けて行くって感じでしょうか。
と言っても同じ様な体型していても、
丸くなるものも居れば更に長くなって行くものも居て、
これならば絶対丸くて大きくなりますよって
言えるまではまだ見極められないのですけどね。

好きな形

2014/12/11 Thu

今日は雨降り。
朝起きた時はまだ道路濡れていませんでしたが、
朝食を食べ終える頃には濡れてた。
それでも午前中はそんなに強い降りじゃ無かったですが、
午後からは時折強く降ってくる。
まぁ、雪よりは良しと思わねば・・・。





時折去年の今ごろって何していたろうかと、
思い出すためにブログを振り返ることが有ります。
久しぶりに去年のブログを覗いたら、
まだ今頃水が白濁してた。
今シーズンは濾過菌の夏越しに成功したのと、
気温が上がったり下がったりがあったので、
早々に餌は控えめにやる方向に転換。
結果どの水槽も水はクリアですが、
去年の今ごろの親水槽は白濁りしてる。
当たり前のことですが、
そり年によって結構環境も違うことを実感。

同じ様にしていても隣り合う水槽でさえ、
結構違うことを思えば当たり前なのですが・・・。
今頃白濁していたことを思うと
濾過菌の夏越し出来たのは大きいかなと。





今日のタイトルのさば尾。
6才。
7-7641.jpg 7-7637.jpg 7-7349.jpg

7-6651.jpg 7-77871.jpg 7-77841.jpg

白勝ちの魚が好きだとことあるごとに書きますが、
こんなのが好きです(笑)。
過去にも何度も登場しているので、
見覚えが有る方もいるかもしれない。
一匹で写っているので、
そんなに大きさ感じないかもしれませんが、
かなりデカいです、しかも太いし。
おまけに、緋質も肌質も抜群です。

一昨年の秋上がり時に何故か知らないけど、
緋のところに鯉の衣のような黒を滲ませて上がってきて、
このままでいてくれって期待しましたが、
水槽入れたら速攻でそれは消えました。
依頼同じような感じになることは無い。
あれはなんだったのか未だに謎。

後悔はその時写真撮っておかなかったこと。
口で説明しても誰もそうなのって言うだけで
スルーされてしまいます(笑)。
実物見たらかなりの衝撃なのですけどね。

まぁ、そんなの無くてもこれだけの形が付いたさば尾は
そうそう見れないと思いますけどね。
頭の緋の具合や肩からの巻き下がり。
尾筒に付いたアクセントの緋と言い、
どれもバランスよく配置されていると思ってます。
個人的には赤目よりも普通の方が好きですが、
まぁ、言い出したらきりがないのは何時もの事。

もう太らなくても良いので、
このまま長く楽しませてくれると良いのですけど。
また、来年更に太くなるんだろうなぁ。



お気に入りのさば尾

2014/12/10 Wed

今日は曇り。
天気予報だと晴れると言ってましたが、
曇ったままで晴れてきません。
明日からは又雨で週末は雪だとか。
しかもまた大型の寒波が来襲だとか・・・。
今年は初雪が解けずに根雪でしょうか。
例年だと11月中旬くらいに降る初雪が、
12月まで降らなかったのですが、
仕方がないのかもしれません。

週末にその初雪の様子でも写真撮って
ブログで紹介しようかと思っていたのですが、
結局週末はずっと雪だったので、写真もない。
しかも撮り溜めたストックも無いので、
今日は有るもので間に合わせます(笑)。
よって今日のお気に入りの写真は
同じ様なものが並びます。
後日撮ったら追加で載せときます。





まずは何時もの山の写真から。
O-4432.jpg O-4433.jpg

月曜日の朝の撮影。
今日晴れたら撮ろうと思っていましたが、
今朝は生憎の曇り空。
青空との対比の方が綺麗なのでそちらを載せます。
もうすっかり雪景色です。





ついでのブナ林。
O-4436.jpg

電線が無いともっと良いと思うのですが・・・。
ブナの木に付いた雪と青空のコントラストが良い感じ。





お気に入りのさば尾。
4才。
7-6733.jpg 7-6713.jpg 7-6872.jpg 701-6394.jpg





7-7854.jpg 7-7522.jpg 7-7849.jpg





7-6729.jpg 701-6395.jpg 7-6734.jpg

少し前(12/1)に紹介した奴とは兄弟なので、
雰囲気と言うか柄も似ているかと思いますが・・・、
こちらは頭が坊主。
これで丸点でも乗っていれば言うこと無いのですが、
無いものは仕方ない。
サイズは先日の物よりこちらの方が大きい。
丸みも有るかもしれないけど、柄は向こうが上かな・・・(笑)。

まだまだデカくなると思いますので、
来秋と言わず、再来年の秋くらいにピークを
持ってくるように飼えれば
とっても迫力のある個体になると思います。

今のままでも十分見ごたえは有りますけどね。

微妙な違いは大きな違い

2014/12/06 Sat

今日も雪。
昨日からの雪は降り続け、
今朝迄で40~50センチ位。
昨日の午後から除雪車出動して、今朝も。
当然我が家の除雪車も今朝が今シーズン初仕事。
毎年のことですが、始めは慣れない。
暫くやると感覚取り戻すのですけど・・・。

慣れないと言えば車の運転。
こちらも雪の降り始めは慎重になります。
毎年巡ってくる雪ですが、嫌なものは嫌ですねぇ(笑)。
今年も小雪だと助かるのですが。





まずは昨日と同じ我が家の前のブナ林。
O-4424.jpg O-4430.jpg

昨日に比べて結構積もっているのが分かるかと。





ここからは金魚ネタ。

今日もお気に入りなのですが・・・。
何時も好きな個体をただ紹介している。
普段の紹介方法とちょっとだけ見方を変えて、
他と比べてみるとどう見えるのかって話。

当然自分がやることなので、そんな難しいことはしません(笑)。

以前紹介した似た感じの三姉妹。
501-52591.jpg

こいつら雰囲気も良く似ていると思います。
どれが好きって聞かれてもそんなに違いはないかと・・・。





こいつも同い年の姉妹。
701-6506.jpg 703-6287.jpg 703-6295.jpg





703-6290.jpg 703-6356.jpg 7-6784.jpg





7-6785.jpg 7-6782.jpg 7-6781.jpg

姉妹だけあって此奴も同じ様な柄してます。
鉢の所から緋が背鰭の真ん中くらいまであって、
一旦切れて尾筒のところにアクセントの様にもう一段入る。
ただ、上の三匹は腹に緋が周っているのに、
こいつは巻き下がりは有るけど、腹に緋は回っていない。
鉢の緋も目迄は来ていないとか・・・。
でもって一番の違いは丸さが違う。
見る人によっては微妙じゃなくて、全然違うという方もいれば。
そんなに違わないという方もいると思いますが、
タイトル的には微妙な違いとしましたが、
自分から見ると全然違うって感じです(笑)。
じゃあなんで微妙な違いとしたのかと聞かれると
その方が面白いかなと思っただけなのですが。

上の三匹は玉さばですが、こいつは現時点ではさば尾。
自分はさば尾でも玉さばでも物が良ければどちらでも良いのですが・・・。
客観的に見て現時点では上の三匹の方が上かな。

微妙に足りない鉢の緋の出だったり、
もうちょっと遊びが欲しい肩周りの緋だったりが
一寸なんだけど大きな違い。

ただ、上の三匹はこれ以上無理に飼い込めないけど、
こいつはもう二回りくらいはデカくできると思う。
現時点でもサイズ的には上の三匹より大きい。
それがもう少し体高が出て、丸みを帯びてくれば
多分かなりの迫力が出るようになると思う。

折に触れて書きますが、
個体ごとにそのピークの時が違う。
当才時にピークを迎えて、
後は見る影もなしと言うのもいれば、
当才時はどんなだったか覚えても居ないけど、
デカくなったら見ごたえのある個体になる奴もいる。

こいつのピークはもう少し先になると思って、
来夏は飼い込んで見たいと思います。
まぁ、その前に春まで落とさないようにせねば(笑)。

玉さば二才

2014/12/05 Fri

今日は雪。
ついに雪になりました(笑)。
降ったり止んだりを繰り返してる。
天気予報だとこれから明日に掛けて更に降るとか。
止めて欲しいところですが、
そうもいかないのでしょうねぇ・・・。

まずは今朝の様子から。
C-5964.jpg C-5967.jpg

我が家の前のブナ林とその根本。
今はもっと積もっているかと。
何時もの山も撮ろうとしたのですが、雪で見えず。

週末に晴れ間が有れば初雪後の景色でも紹介します。





天気が悪くなれば気温も下がる。
当然水槽の水温も低くなる。
先週位までは餌も上げてましたが、
今週からは餌切り。
自分は完全に春まで餌無しとかにはしないので、
当分は週一回くらいづつ少しづつかな。

で、餌をやらなくなるので水も汚れなくなってくる。
水の具合もかなり良くなって来たと思われる。
今週末に雪の中水替えすれば
さらに良くなるはずなのですが、
様子見て考えます(笑)。

今日はサラッと。
玉さばの二才。
7-6848.jpg 7-6849.jpg 7-6839.jpg





7-6843.jpg 7-6819.jpg 7-6812.jpg





7-6816.jpg 7-6835.jpg 7-6821.jpg





7-6824.jpg 7-6827.jpg 7-6831.jpg

品評会に連れて行った個体です。
この体型でもう少し更紗模様が良ければ
言う事ないのですが・・・、そう上手くはいきません。

電気が点けば餌がもらえるって習慣が付いているので、
水面を餌を探して泳ぎまくってます。
いくら探しても有りませんけどね。

お買い物。

2014/12/02 Tue

今日は忙しい天気。
基本は曇りですが、風が吹いたり、雨が降ったり。
風が吹き出すと音がする位だし。
かなり荒れた天気です。
我が家では出勤前は雪が舞ってました。
積もる感じではありませんが、いよいよかなって思わせる。
週末の雪マークに信憑性が出てきた。
と言うか、週末を待たずに降るかもしれないし・・・。




今日は久しぶりの買い物ネタ。
と言っても大したものを買ったわけではありませんが、
金魚関連の物を買ったので取り上げて見ました。

まずはサンゴ砂。
701-6380.jpg

サイズは50で量は20キロ。
今シーズン水槽を立ち上げるのに、
買い置きのサンゴ砂をみんな使った。
で、ショップに行ったらサイズの小さいものしか置いてない。
最低15出来れば25が欲しいのですが、その下しかない。
あまり細かいと濾過槽の中で溶けてネットからこぼれるので、
ある程度の大きさの奴が使いやすい。
25を探したのですが、見つからなかったので50を買った。
着いたらことのほかでかいですが、
まぁ使っているうちに小さくなるでしょってことで(笑)。

サンゴ砂は濾材と言うより、
PH安定剤としての役目が大きい。
何時の間にか酸性に傾くのを止めてくれる。
代わりに自信が解けますけど。
鯉飼っている方は牡蠣殻使いますが、
水槽の濾過槽はそんなにデカくないので、
自分はもっぱらサンゴ砂を使ってます。
これだけあれば2シーズンは持つと思う。





エアーストーン。
7-6552.jpg 7-6697.jpg 7-6557.jpg

買ったのは左。
中央は同じメーカーの丸ストーン。
左は使っていたのが壊れた(笑)。
自分エアストーンなんて基本何でも良い人なのですが、
今回は中央の丸ストーンが良い仕事するので、
同じメーカーの物を買ってみました。

壊れた丸ストーンで車庫のFRP水槽のエアレーションをしていたのですが、
さすがに小さくて軽すぎてエアーの吐出し量に耐えられない(笑)。
ストーンには水槽中央に居て欲しいのですが、直ぐに動く。
なので今回は重めの物に変えるために買った。
で、今までついてるストーンをチューブから外そうとしたら
写真右の様に壊れてしまったと言う事で。
調度よかったというか、間が悪いというか・・・。
外そうとしなければもう暫くは仕えた訳で。
取りあえず三本買って車庫水槽は同じものにした。





お気に入りの七才。
7-6614.jpg 7-6687.jpg 7-6643.jpg





7-6597.jpg 7-6600.jpg 7-6618.jpg





703-6239.jpg 701-6511.jpg 501-5335.jpg

これをさば尾と言うか、玉さばと言うかは微妙(笑)。
個人的にはそんなのどうでも良い。
先日落した親分の兄弟、と言うか姉妹か。
こちらは二回りくらい小さいかな。
それでも十分な大きさは有るのですけどね。
こいつの売りは何と言っても緋の厚さ。
アクリル絵の具で色付けたような厚みを感じる。
緋の中に白の鱗を咬んでいるのが難点ですが、
体高のある体゛からの迫力で見せる個体かな。

お気に入り

2014/12/01 Mon

今日は曇りのち雨。
午前中は降り出しそうな空でこらえてましたが、
お昼前から雨に変わった。
でも今日はそんなに気温低くない。
明日から寒気の影響で寒くなるとか・・・。
週末にはついに雪だるまマークも付いたし。

今日から12月。
あっという間にまた一年が終わる。
毎年同じようなこと書きますが、
進歩が無いってことでしょうねぇ(笑)。

取りあえず金魚の作業的にはもう一年終わった気分。
後は来春まで落さず越冬させるのみなので(笑)。
水槽導入時に毎年何匹か体調崩しますが、
今年も親分を見送ったし同じような感じ。
後は調子の悪そうな奴も見当たらないので
変わったことしなければ大丈夫かなと目論んでいます。

今年の金魚たち。
親から三才までは申し分なし。
親も思った以上にデカく・丸くできたし、
他の奴らも期待通りの上がりをしてくれた。
唯一、三・四才池で虫が付いて上がって来たのが、
想定外でしたが虫は野池飼いの以上しょうがない。
病気と違って消毒すれば駆除できるので、
そんなに大騒ぎもしなくて良いし。
その縁はあまり気にしない。

問題は二才。
個体差は有りましたが、全体的に小さかった。
多分夏8月の気温が上がらず雨ばかり降って、
その後も雨が続いたのが、響いたかと。
野池が深いので、水温があまり上がらなかったのも
原因ではないかと考えてます。
まぁ、何より詰め込み過ぎてしまった自分が悪いのですけどね。
物は良かっただけに小さかったのが残念。

当才は二才とは逆にデカくし過ぎた(笑)。
何時もの数を越冬水槽に収容できない。
デカくても物は良いので、気にしてはいないのですが、
数を飼うのも好きなので、ちょっと物足りないかも(笑)。

まぁ、振り返れば例年並みの仕上がりで
この一年も終ったかなって感じです。
後は無事春を迎えられれば問題ないのですけど・・・。





なんか12月と言う事で前書きが長くなりました。
本文はあっさりと行きます。

何時もの山から。
O01-4417.jpg O01-4420.jpg

すっかり茶色に変ってしまった、何時もの山。
後は雪が降って白くなるのを待つのみって感じかな。





ブナ林。
O01-4414.jpg

少し前までは葉っぱが残っていたのですが、
気付けば丸裸って感じ。
すっかり冬支度です。





お気に入り。
四才のさば尾。
701-6485.jpg 701-65081.jpg 7-6580.jpg


701-6499.jpg 701-6502.jpg 7-6663.jpg


7-7342.jpg 7-7715.jpg 7-7660.jpg



頭の点の緋がもう少し大きければ言う事ないのですが、
何時もの事ですが、無いものは仕方ない(笑)。

スッキリした余裕のある体系をしているので、
結構でかくできると期待している個体です。
このまま、落ちた親分の様な体型に持って行ければ
かなり面白くなると思うのですが・・・。

来秋の上がりが楽しみな個体です。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR