お気に入りから

2015/01/31 Sat

今日は曇り時々雪。
といっても、それほどの降りではなく、
さらっと白くなる程度。
風は強いですがね・・・。
予報で降るかもって言ってましたが、
外れてラッキーかな(笑)。

今日もお気に入りだけ紹介して、
短めで。





今日の写真。
さば尾の4才。
7-9147.jpg 7-21421.jpg 7-9764.jpg 7-9195.jpg





7-0159.jpg 7-1535.jpg 7-2060.jpg 7-0744.jpg





7-9193.jpg 7-1148.jpg 7-8376.jpg 7-9764_20150130141222857.jpg

さば尾のショートテールです。

先日スタンダードというタイトルで紹介した魚に似ているので、
似てるでしょ その三のタイトルにしようかと思ったのですが、
魚が良いので、それじゃ申し訳ないと言う事で
何時ものタイトルお気に入りにしました(笑)。

先日紹介した個体に比べると、
写真で見ても若いっていうのが感じられると思います。
その分体高は有りませんが、それはこれから。

この柄も何処にでも良そうですが、
これだけキッチリ両肩からの緋が巻き下がっている個体は
居そうで捜すと中々いないのです。
なので、上見でも見れますが横からでも十分いけます。
しかもショートテールなので、愛嬌も有るし。

さば尾の短尾は有りか無しかという話になるかもしれませんが、
柄が良ければ自分は何でも有なので、これで良しです。
スポンサーサイト

たまには当才を

2015/01/30 Fri

今は雪。
早朝は降っていなかった雪も
午前中から降り出した。
積もりそうな感じではなく、
嫌そうというか、面倒臭そうな感じで降っている。
ただ、この雪も明日は本格化するとか。
あまり積もらないと良いのですが。

時間が有るので、
珍しく、本日二度目の更新です(笑)。
珍しくというより、初なのかもしれないけど。





二度目なので、文章は無く写真のみ。
当才の横見。
水槽の壁面が傷だらけなので、
鮮明な写真じゃないのは何時もの事と、
笑ってみてやってください。
では。
7-2396.jpg 7-2400.jpg 7-2411.jpg 7-2429.jpg





7-2452.jpg 7-2454.jpg 7-2467.jpg 7-2496.jpg





7-2510.jpg 7-2517.jpg 7-2525.jpg 7-2528.jpg





7-2557.jpg 7-2558.jpg 7-2577.jpg 7-2599.jpg





7-2608.jpg 7-2626.jpg 7-2630.jpg 7-2583.jpg

思惑通りにはいかないものです

2015/01/30 Fri

今は晴れというか、降っていない。
久しぶりの早朝更新で、外の天気ははっきりしない。
ただ、新聞屋さんの車がガリガリ言っていたので、
外の雪は凍りついているのだと。
だとすると、今朝は滑りそうです、気をつけねば。

夏場は毎日五時起きして、別段眠くもありませんが、
秋が終わって冬に入るとだんだん起きるのが遅くなってくる。
雪が降れば除雪のために早起きしますが、
それ以外はゆっくりすることになるのですが、
今朝のように格別早く目が覚める日もたまにはある。
ということで久しぶりの早朝更新です。





まずは写真から。
タイトル通り、こちらの希望とは違うこいつ。
五才なのですが、玉さばとさば尾の中間位かな。
5-7131.jpg 7-0432.jpg 5-7284.jpg





5-8025.jpg 5-8187.jpg 7-9200.jpg

見た通り柄的に引き付けるものが有る訳じゃない。
どちらかというと、素赤に近い。

此奴をここまで残してきたのは、
二才位の時はもっと真丸だったから。
素赤系でも玉が良くなれば
体型で見せられる個体になるかと期待した。
毎年親と一緒の野池で食わせるのですが、
全然伸びてこないし、丸くもならない。
むしろ細くなった感すらあるし(笑)。
丸くならないならいっそさば尾で伸びて体高出てくれれば
それなりの見れる個体になるのですが、そうもならず・・・。
どっちつかずの中途半端な感じ。
で、柄的にも取り柄というか変ったところがある訳じゃない。

中にはこんな感じで、
こちらがこんな感じでデカくなってくれるかなって
期待を裏切るというか、こちらの読み間違えというか・・・。
そんな個体も毎シーズン秋上がりします。
大概は三才の秋でダメだと諦めるのですが、
何故かこいつだけは未だに親水槽にいる。
まぁ、自分が残しているだけなのですけどね(笑)。

さすがにこの春立てるのは止めようかって考えたりしてますが。
どうしても良かった時期の印象が捨てきれなかったりする個体です。





参考でもう一匹。
二才の玉さば。
5-7781.jpg 5-7815.jpg 5-7894.jpg





7-0956.jpg 7-1204.jpg 7-0972.jpg





7-0967.jpg 7-0957.jpg 7-2199.jpg

此奴は今シーズン既に紹介済み。
柄は上で紹介しているのと大して変わらない。
何が違うって丸さが違うのと、年が違う。

ただ、二才で体型がここまで出来上がってしまうと、
大きくはなってもデカくはならない。
この違いなんとなくわかっていただけるかと。
とは言え、ここまで丸ければそれはそれで有りですけどね。

上の固体もこんな感じで、
まん丸じゃないけどデカくなるものと思っていたのですが、
なんか違うスイッチが入ってしまった(笑)。

同じ様な柄でも一寸丸いか否かで
随分印象が違うのが見れ取れると思います。
年齢の違いというのも多分に有るとは思いますが・・・。

スタンダード

2015/01/28 Wed

今日は雪が降ったり止んだり。
天気予報だと終日雪で所によっては積もる
みたいなことを言っていたのでちょっと拍子抜け。
ここの所降らなかった反動が来るかと思ってましたが・・・。


最近肩こりが酷い。
まぁ、年を取ったってことでしょうが・・・。
昔、職場の先輩(と言っても今の自分より若い)が、
肩がこるとか、腰が痛いとか言っていたのを聞いて、
なに年寄りくさいことを言っているのかと聞き流していた時に、
何れはお前もなるんだと言われ、
肩こりなんて絶対ならないと思っていたのですが、
そんなことはやっぱりなく(笑)。
冬場の寒い時期は非常に肩が凝ります。

で、同じような悩みというか肩こりを持った人は世の中に沢山いる。
まぁ、同世代だとどこかしら具合悪い所は有るらしく(笑)。
呑みの席や世間話で最近肩こりが酷くてさっというと、
その人の経験を踏まえ何が効くかを色々教えてくれる。
ピップエレキバンが効くという方、温湿布と懐炉が良いという方。
いや飲み薬が良いという方、ストレッチが効くという方色々です。
エレキバンが効くなら磁気のネックレスはどうかと聞くと、
それは効かない一重じゃ駄目だったので二重にしたけど、
効かなかったとか・・・。
そこまで試したのかと突っ込みたくなるほど(笑)。
程度の差はあれ、
みんな同じような悩みを抱えているのだと、変に関心。

という訳で、色々教えてもらった事を試して見ようと思ってますけど、
三日坊主が常の自分が長続きするかが問題。

そういえば腰の痛みに低周波治療器が効いたので、
一番最初に低周波治療器を肩こりに試しましたが、
自分の肩こりには効かないようです。





前書きが長くなってしまった。
タイトルの写真から行きます。

さば尾の六才。
7-0950.jpg 7-1395.jpg 7-9821.jpg 7-0006.jpg





7-0003.jpg 7-0042.jpg 7-0167.jpg 7-1409.jpg





7-1186.jpg 7-0053.jpg 7-1395_20150128114016a00.jpg 7-1672.jpg





7-1836.jpg 7-9819.jpg 7-1690.jpg 7-9943.jpg

よく居そうなというか、有りそうな柄のさば尾です。

自分はどちらかというと、シンプルな柄よりも、
一ひねり有った柄の方が好きなのですが、
そんなのばかりの水槽だとそれはそれで面白くないわけで。
こんな感じの何処にでもいそうなさば尾も
定番としてやっぱり必要なのです。

ただ、その分デカさだったり、緋質だったりに拘って、
何処にでも良そうなんだけど、
他とちょっと違う的な何かをプラス出来たら良いなって思っている。
そんな感じで見てもらえると、面白いさば尾だと思います。

水槽の中で泳いでいる時は別段目を引きませんが、
網に掛けて初めて良さが分かる敵な魚です。

似てるでしょ その二

2015/01/27 Tue

今日は雨ふり。
今は小雨ですが、夜には雪になるらしい。
その後今週はずっと雪マーク。
今時はこれが普通。

寒い毎日が続いてはいますが、
段々夜明けが早くなってくる。
少し前までは7時前にならないと明るくならなかったのが、
6時半過ぎには明るくなってくる。
寒くはありますが、時間が流れているのを感じます。
 
今日も時間ないので、とっとと行きます。





まずは写真。
雄親。
5-7887.jpg 5-7880.jpg 7-9034.jpg 5-7888.jpg

今年で8才になる雄です。
以前こいつの兄弟を紹介してまして、
そいつは本当に老けない。
何時も水槽の中を縦横に泳いで浮餌にも反応する。

此奴はその正反対。
何時も濾過槽の陰に居て滅多に出てこない。
浮餌に反応して、浮いてきたと子なんて見たこと無いし。
沈みはしっかり食っているようですが(笑)。
今日の元はこいつ。





で、上に似ているのがこいつ。
5-6952.jpg 5-6958.jpg 5-7828.jpg 5-6959.jpg





7-1197.jpg 5-8093.jpg 7-1415.jpg 7-1277.jpg





7-1958.jpg 7-1198.jpg 7-1961.jpg 7-2077.jpg

三才の玉さば。
此奴も雄のようです。

まだ若いので、雰囲気は若干違いますが、
柄とか鰭の感じなんかはよく似ている。
本当の親子か否かは自分の子取りの仕方だと
分かりませんが、多分間違いないかと。
これで雌ならデカくなるし、面白いところですが、
性別も一緒かな・・・。
それはそれで活躍してくれそうな雰囲気有るので、
歓迎なのですけどね。

前回は兄弟で、見る角度によっては似てるかなってのを紹介した。
こいつらは何処から見てもそれなりに似ていると思う。




おまけ。
7-1418.jpg

こんな感じの写真も好きなので・・・。

似てるでしょ

2015/01/26 Mon

今日も晴れというか、薄曇り。
この時期雪が降っていなければ感覚的には晴れ。
天気予報は気温も上がると言ってましたが、
そんなには感じないかな。

この晴れ間も今日までとか・・・。
明日は雨から雪に変わるらしい。
まぁ、この時期それが日常です。




まずは週末に取った雪の様子から。
何時もの山。
O-0288.jpg 

真っ白にしか見えないでしょうが、
よく見るとところどころに雪の裂け目が有るかと。
このところあたたがった証拠。
更に暖かい日が続くと、雪崩の後が出来るはず。
それはもう少し先でしょうが・・・。





棚田・棚池。
O-0291.jpg O-0304.jpg

こちらは尚真っ白です。
左右だと撮った角度が違うのですが、
一面真っ白じゃ分かりません。





車庫の前の道路。
O-0283.jpg O-0318.jpg

今の時期としては珍しく、
アスファルトが見えてます。
右は道路の法面の杉の木の根本。
過ぎの根本が曲がっているのが分かるかと。
若い時に雪で押されて曲がると、
そのまま成長するのです。
なので商品価値としては下がるらしい。
というか、今時地元の木材になんて誰も見向きもしませんが。





雪崩止め。
O-0309.jpg O-0296.jpg

写真左の奥側は重機で雪を落としてあります。
そんなに有りそうに見えないかもしれませんが、
実はかなりの重量の雪が雪崩止めの上には載ってる。





カーブミラー。
O-0287.jpg O-0312.jpg

以前紹介した時より、雪は減っているかと。
右はそのミラーの根本。
道路の外は崖なので
雪の壁の厚さは2mも無かったりします。





何かの実。
O-0313.jpg 

例年だと冬囲いされた周りを雪が覆い雪ですっぽり埋まる。
それがここの所の暖かさで雪が解けた。
色んな小鳥が群がってきて実を啄んでいった。
まわりの殻だけ残っている。





たまには当才水槽の上見。
O-0225.jpg O-0245.jpg O-0253.jpg

水替えの時に撮った写真。
本当はもう一本の水槽写真も撮ったのですが、
ブレブレで使えるのが無い(笑)。

取りあえず今のところは大過なく過ごしてます。
と言っても底で寝ているのもいれば、
腹見せて浮いているのもいますが、
それは毎年のことなので・・・。





タイトルの写真。
まずは写真から。
7-2054.jpg 7-0119.jpg 7-2257.jpg

パッと見昨日紹介した個体に似てるかと。
ただしこの角度限定ですけど。





7-2334.jpg 7-9088.jpg 7-22601.jpg





7-9097.jpg 7-23321.jpg 7-9107.jpg

真上付近から見たり、
肩から緋が巻き下がっている側を見ると全然違う。
同い年の兄弟なので似ていても当たり前なのですけどね。

柄的には昨日の方が好きですが、
これはこれでアリかな。
とは言え、特別柄が良い訳ではないので、
大きさだったり迫力で見せる個体です。

実はデカいんです

2015/01/25 Sun

今日は快晴。
この時期としては珍しいくらい良い天気。
昨日の午後からも晴れたので、二日続き。

先週から雪は小康状態が続いてまして、
殆どといってよいくらい降っていない。
嬉しいのですが、なんかいつもと違うのも怖いような(笑)。
油断させといて、いきなりドカンなんてのは勘弁してほしいところです。

今日はその晴れ間を利用して、水変え。
濾過槽掃除をやろうと思っていのですが、
思いっきり指先切ったので、今回は見送り。
次回に回します(笑)。

今日は時間ないので、サラっと。





まずは写真。
7-1160.jpg 5-6135.jpg 5-6126.jpg





7-11501.jpg 5-6323.jpg 7-1163.jpg  

六才になる玉さば。
この下の世代は頻繁に登場しますが、
この世代のやつらは少ない。
理由は簡単残ってないから(笑)。
下のやつらの出来が良かったのと、
年齢やら色々で数を減らしたから。

代わりに残っている奴らはデカイのが多い。
こいつもそんな中の一匹。
警戒心が強いのか、
単にフラッシュの光が嫌いなのかは分りませんが、
ともかく濾過槽の下から出てこない。
なので、紹介できる写真も少ない。
浮餌を撒いたときは上がってくるのですけどね。

白すぎる上見の印象からは分りませんが、
実は緋が腹を撒いている。
なので、横見の方が見栄えはします。
個人的にはこの上見でも十分なのですけどね。

もうそんなにデカくできるわけじゃないことは分っているので
長生きを目指してゆっくりしてもらおうかとも・・・。

背割れ

2015/01/23 Fri

今日は曇り。
天気予報だと雪の予定でしたが、降りません。
この後夕方から降るようですが・・・。
で、当初明日は曇りだったのに雪に変わった。

1月も中旬を過ぎ、
本当は今頃から2月までの一か月間が一番降る時期。
なのに今週は晴れたり雨だったりで早朝除雪も無し。
楽で良いのですが、雪が降らないと何もしない。
食べてばかりで消費しないので体重が増すばかり(笑)。
毎年のことですが、冬になると太る。
困ったものです。





まずは写真から。
確か四才のはず・・・?。
5-7868.jpg 7-0776.jpg 7-1094.jpg 7-2068.jpg

真上付近からの写真。





7-0762.jpg 7-0775.jpg 7-1972.jpg 7-2097.jpg

白が目立つ側。





7-1312.jpg 7-1092.jpg 7-0474.jpg 7-1314.jpg

赤が目立つ側。





7-0911.jpg 7-1577.jpg 7-0908.jpg 5-7277.jpg

背割れがよく分る写真。


一般的に背割れの固体って
嫌われる傾向にあるようですが、
自分的には気にしない。
というか、こんな感じの固体は我が家には沢山いる。
見る側によっても随分印象も違うし。
それが結構おもしろいなって思う訳で・・・。
個人的にはこの個体に関して言えば、
背割れよりも頭の出が足りない方が残念。

少し前にも書きましたが、
左右均等なんて全く気にしないので、
面白ければ・綺麗ならばそれで良い。

此奴もデカくなりそうな感じなので、
この先が楽しみな個体です。

柄は極上なのですが・・・

2015/01/19 Mon

今日は雪時々曇り。
曇り時々雪でも良いのですが、
降ってくる時の勢いが半端ないので、雪が先です。
雷鳴っていかにも積もりそうって雪が突然降ってきて、
暫くするとパッと止んでを繰り返す。
不安定な天気です。
降り続かないので、
実際にはそんなに積もりませんけどね。


先日、五徳(ゴトク)を買いに行って来た。
五徳って何よって言われそうだし、
五徳と聞いてガスコンロの鍋置くやつねと
思う方もいるかもしれないですが・・・。
それじゃなくて山笠に付ける台座の五徳です。

去年山笠と富士笠が手に入ってラッキーって記事を書いた。
正確には自分が被っているのは富士笠ですが、
我が家ではそんなに細かく区別せず、
あの形のかぶり物はみんな山笠と呼ぶ。

山笠自体は去年買ったばかりなので、
壊れてもいないし普通に使えるのですが
五徳だけが壊れた。
なので壊れた五徳を替えて使うべく
それだけを買いに行った次第。
生産量自体が少ないのか、
それとも数売れないからそんなに仕入れないのか、
その辺は不明ですが、春先になると品切れになる。
その前に買ってこようかってことで。

ホームセンターに行ったのですが、
欲しいLサイズの五徳は品切れ。
Mサイズはいっぱいあったけど、
頭のデカイ自分はMじゃ合わないし。
で、五徳の隣に山笠も売ってた。
去年は笠と五徳は別売りでしたが、
今年は笠に五徳を付けたものが売られてる。
Mサイズの五徳を付けたものはまだ幾つかあったけど、
Lサイズのは残り一個。
自分何を思ったのかじぁこれでって
Lサイズの五徳付きの山笠買った。

お店では山笠が買えてラッキーとか位に思ったのか、
今となっては何故山笠まで買ったのか不明ですが、
時々こんな買い物をする、自分。
我に返ってから何故これを買ったのか
我がことながら理解に苦しむことが年に何度かあります。

今はこの山笠は予備にして、
五徳のLをどこか別で捜してこようと思っている。





前置きが長くなってしまった(笑)。

まずは写真から。
7-1120.jpg 5-7670.jpg 7-0791.jpg





5-7361.jpg 7-0430.jpg 7-9779.jpg





7-1489.jpg 7-0465.jpg 7-0676.jpg

自分こんな感じの上見の柄大好きです。
上見だと白が多そうに見えますが、
中段の写真で分かるように、
緋が腹を巻いているので、横見でも行ける。

なのですが、体型が中途半端。
全体的には玉さば体型なのですが、
腹の丸みは今一。
いっそさば尾でデカくなってくれた方が
ずっと迫力出る個体になると思うのですが・・・。

これでひと夏飼ってがっちりした玉さば体型になれば
言うこと無いのですが、どうだろうって感じ。

柄が良くて秋上がり期待ていると、
上がってこなかったなんてのも良くある話。

このままでも、柄だけで十分に見れる個体なのですが、
柄が好きな分次ってなるのは欲張りなのでしよょうねぇ(笑)。
そうは言っても結構でかいのですが、
長さが有る分細く見える。
そこが勿体無いのです(笑)。

先を見る・読む目

2015/01/18 Sun

今日は雪というか吹雪。
吹雪なので、逆に積もりません。
風邪が雪を飛ばすから。
降っている量自体もそんなに多くないらしく、
吹き溜まりでもそんなに溜っていない感じ。
予報だと大雪と言っていた昨日もそんなに積もらず、
この週末は風は強いですが、
積雪自体は少ない。
かなりの降りを覚悟していたので、
嬉しい誤算です(笑)。





今日はサラッと行きます。
まずは写真から。
玉さばの二才。
7-0170.jpg 5-7859.jpg 5-7782.jpg 5-6772.jpg





5-7870.jpg 7-0200.jpg 5-7864.jpg 7-0183.jpg 





5-7786.jpg 7-0186.jpg 7-0218.jpg 7-17371.jpg

実はこの個体、
年明けたので一昨年の品評会時に、
さば尾の部の当才で二席をもらった個体。

一昨年の秋上がり地はまだ、
形の上がりも無くてのっぺりしていたので、
玉さば部門への出品はどう見ても無理(笑)。
玉さば部門の当才は別なのつれて行って
そいつで確か一席もらってきたはず。

去年一夏親魚と一緒の野池で飼った。
そんなに大きいわけではないけど、
玉さばって言える体型になってきたかと。

何時も玉さばでもさば尾でも柄さえよければ
何でもよいと言っている自分ですが、
この柄でさば尾だとやっぱり見応えがしないわけで・・・。
どちらでも良いけど、見て面白い方が好きな事に間違いはない。


こいつのように、当才の時はどっちつかづという個体は結構いる。
生産者産から買うときはやっぱり玉さばのかっちりした
個体の当才の方がお高めなわけで・・・。
上手く二才から三才で化けそうな個体を見つけて
飼い込んで見るというのも魚飼育の楽しみだと思うのです。
思い通り化けてくれなくてもそこはまぁ、ご愛敬(笑)。

出来上がった個体買ってきて大きくするのも楽しみだし、
出来上がっていない個体を買ってきて自分で仕上げるのもまた楽しみ。
自分で仔採りして作るのもまた楽しいわけですけど。
仔採りできる環境や時間がすべての人に有るわけじゃないとも思うし。
色んな楽しみ方が有ってよいと思う。
そんな中で先を読む目が養われていったら尚楽しいわけで。


最後はおまけ。
7-1987.jpg

ストロボの光がもろ写りですが、
こんなのも良いかなと。

さば尾のおもしろさ

2015/01/16 Fri

今日は曇り。
天気予報通り、降りそうで降らない。
今週は目まぐるしく天気が変わった。
明日はまた荒れ模様らしい・・・。


超が付く程ど田舎の当地ですが、
去年の暮れからようやくフレッツ光のサービスが始まった。
と言ってもフレッツの全てのサービスを受けられる訳じゃなくて、
電話とネット回線がメインですけど。

で、当然我が家も申し込んでありました。
ただ、我が家はNTTの局舎から比較的近いので、
ADSLでもネットするのに不自由はなかった。
そんな訳で工事は何時でも良いよって言っていたら、
じゃあ年明けでねってことになって工事したのが昨日。

知り合いの電気屋さんに頼んだので、
NTTの工事の立会とネット接続の確認はその方がやってくれるという。
自分としてはわざわざ休まなくても良いので大助かり。

で、帰ってネット繋いだら爆即で驚き(笑)。
仕事でも光を使っているけどそれより全然早い。
今までもネット接続でストレス感じたことありませんでしたが、
次元が違う。
ここまで違うのかと正直驚きました。
どんな大きなファイルであろうと落とすのに躊躇うことなく、
クリックできそうです(笑)。
まぁ、中にはダウンロード元が速度調整している所も有るので、
全てとはいかないのは分かりますが・・・。

ヒカリでも局舎から近い方が良いとは聞いてましたが、
やっぱり田舎だと使う人の絶対量が少ないから尚更なのでしょうか。





タイトルの写真に行く前に、
何時もの山の写真から。
O-0271.jpg

朝日に染まった雪が薄っすらピンクなのですが、
分かるでしょうか。
肉眼だともっとピンクに見えるのですけど。
中々調整難しいです。





ブナ林。
O-0270.jpg O-0263.jpg O-0279.jpg

左二枚は吹雪の雪がブナの木に着いてる。
これはこれで花咲か爺さんの桜みたいで綺麗かと。
右はその雪が落ちた後。





スキー場。
C-5979.jpg

天気が良くてナイターのゲレンデが見えたので。
さすがに暗いとこで、高倍率のズームだとこんなものかな。





タイトルに行きます。
まずは写真から。
7-8454.jpg 7-0029.jpg 7-0067.jpg

7-1209.jpg 7-1217.jpg 7-8819.jpg





7-8877.jpg 7-0651.jpg 5-6367.jpg

7-8787.jpg 7-8879.jpg 7-8981.jpg





7-8412.jpg 7-8259.jpg 7-8408.jpg

7-9375.jpg 7-9249.jpg 7-9383.jpg

7-9138.jpg 7-9380.jpg 7-9681.jpg





7-9555.jpg 7-8999.jpg 7-1656.jpg

7-8401.jpg 7-9561.jpg 7-9742.jpg

上段と下段の二匹は今シーズン既に紹介済み。
中段の二匹は今シーズンはまだですが、
以前には紹介したことが有ると思う。

タイトルのさば尾のおもしろさについて。
さば尾について語る前に、玉さばについて。
玉さばのおもしろさはその体型が一番。
玉さばでさらに更紗が良ければ言う事ないけど、
いくら更紗が良くても玉が良くなければ
玉さばとしての価値は落ちるわけで、
そんな意味から玉さばはやっぱり体型ありきだと思う。
逆に言えば素赤系でも玉が良ければ
ある程度見栄えはする訳で。
さらに丸くて柄が良いものを作りたいと思っているのですけど(笑)。

じゃあさば尾のおもしろさって何って言ったら
まずはデカくなること、それと更紗模様だと思う訳です。
太みと体高の出たさば尾はやっぱり迫力が違う。
それで柄が良ければ言う事ない訳で。
玉さばの素赤はそれなりに見れても、
さば尾の素赤なんて面白くも何ともないし(笑)。
素赤のさば尾とデカくした姉金とでは大した変わりないし。

もう一つさば尾の魅力って自由度が高いってことだと思っている。
(まぁ、勝手に自分がそうしているだけって話もありますが)
錦鯉の紅白のような決まりごとにとらわれなくて良い。
頭に緋が無くちゃいけないとか、頬に緋が無い方が良いとか、
そんなことを気にせず色んな柄で表現できる。
それもさば尾のおもしろさの一つだと思う。

中段の二匹は両方とも三段ですが、
これを玉さばで作ろうと思ったらちょっと・・・。
(二段目のさば尾の巻き下がりが足りないというのは無しで)
こんな感じの柄って緋と白のバランスが有って成立する。
玉さばの背中でそれをやろうと思うとキャンバスが足りない。
玉さばの丸点三段出来たら面白いし目指しはしますけど・・・、
っていう感じです。

自分が思う良いさば尾って
柄が良くてデカくなりそうなこと。
まぁ、あくまで理想なので柄が良いけどデカくならないのもいれば、
デカくなったけど柄は今一つっていうのもいる。
それら全部をさば尾って言えるのが魅力なのかと。

左右対称なんて気にしない

2015/01/13 Tue

今日は曇り。
時々小雨か霙が落ちてきているようですが、
雨降りって感じじゃないかな。
今週は今日から数日は晴れたり
雨だったりの予報です。

今シーズンはこうして、雪降りの中休みが有る。
降っている総降雪量はもうかなりになったと思われますが、
中休みが有る度に結構な雨が降る。
降った雪の嵩がその度に減る。
結果として降った量の割に積もっていない。
ただ、除雪車で飛ばした先は
雨降っても締まってるので嵩が減らない・・・。
なので例年以上に山になってます(笑)。
まぁ、田んぼなんかも嵩が少しくらい減っても
代わりに下の方が締まってくることに変りはないので、
雪解には時間かかるかもしれません。





今日は写真に行く前にちょっと寄り道。
昨日の記事のコメントをピットブルさんから頂いた中に、
我が家の系統を知りたいという質問を頂いた。
我が家に金魚見に来る方からも時折頂く質問。
コメントの返信に書くには少し長くなるので、
本文に書かせていただきます。

と言っても実はそんなに難しくない(笑)。
自分エラそうなこと書いていますが、
本格的な金魚飼育の経験年数は極浅い。
中越地震以後なので、まだ10年に満たないかな。
物心ついた時には家に錦鯉いたので、
最初は錦鯉、その後熱帯魚をやりながら金魚を少し。
で、熱帯魚は全部やめた。
熱帯魚やりながらも錦鯉はずっと家にいましたけどね。
地震でその錦鯉も全部止めざるを得なくなって止めた。

簡単に言えば仮設暮らししてたから。

その仮設暮らしも終わって家に戻った。
それまでと同じように田圃したり、
畑したりするようになった。
何時も書きますが、
当地は田んぼをするにはため池がいる場所。
錦鯉止めたので、ため池の中が淋しい。
又、鯉を飼うとか親父が言い出したのですが、
調度鯉ヘルペスとかの騒ぎが大きく取り上げられ始めたころ。
趣味で鯉飼っても売り買いも出来ないのはつまらない。
かといって真鯉飼っても面白くないし。
そうこう言っていたら、
親戚の家から金魚の選別のハネを貰ってきた。
これが我が家の金魚の初め。
そう、最初はハネ金から始めたのです(笑)。

それをひと夏飼って冬は越冬イケスで越させ、
で、二才になった翌年それを使って仔採りした。
その我が家で採った最初の子達が昨日紹介した、
7才になると書いたやつ。
落ちたけど毎年紹介してた、二段の親分とかもその兄弟。
今も思うけど、その時の子達は滅茶苦茶当たりだった。
で、その年も越冬イケスで冬を越させたら、
春になったらイケスに全然いない(笑)。
その時に残っていた奴らが我が家産の第一陣。
あまりにイケスじゃ生存率悪かったので、
車庫で水槽使って越冬するようになったのが、ここから。

子取りを二春続けたら、
そこそこの子を採れるようになったので、
我が家産以外の物は全部出荷した。
まぁ、最初が選別のハネなので、
ほとんど素赤系統ばかりですけど(笑)。

最初は玉さばなんてどうでもよかった。
と言うか、丸くなくても更紗模様さえ良ければ良かったから。
そんなでデカくなる質と更紗の柄で子取りしてた。
そのうちに金魚飼っている色んな方と交流するようになって、
丸いのいないですねぇ、と言われるのも癪なので、
じゃあ丸いのも作ろうかって作り始めたのが
今五才で紹介している奴ら。

そこら辺からはブログ始めたので、
後は書いてある、と思う。

で、肝心の我が家の系統の話。
なのですが系統を語れるほど、
長くやっていないというのが、上の文章で分かるかと(笑)。
一つ言えるのは我が家に来てからはよそ様の血を入れていない。
つよ玉さんの所の玉さばの血を入れようかと、
お分けしてもらったことありましたが、
結局子取りには使わずに終わってしまった。

毎年春に書きますが、
自分は金魚屋さん方式の子取り。
雌5・6匹に雄をその三倍程度入れて後はご自由に。
年によってはこれを二網とったり。
なので、厳密にどれとどれの子っていうのは不明。
まぁ、後は柄見てあいつの仔かなって感じで推測する。
他にやたらもいれば二番三番を野池で取りもするので、
厳密にはゴチャゴチャすぎて分かりません。

それでも不思議とデカくなる親で採った時は
それなりの仔が採れるし、
丸い親の時もそれなりなので、
上手くいっているのでしょう(笑)。

回答にならない話で申し訳ありません。
ただ、雄親だけは毎年ほとんど同じ奴らが
出動しているのでその意味では毎年の奴らが
皆兄弟って考え方も出来るかも。
まぁ、全部の奴らがなんだかの親戚なのは間違いないかと。





文章長くなったので、後は短く。
まずは写真。
5-7865.jpg 7-1581.jpg 7-1602.jpg 7-2141.jpg





5-6113.jpg 5-7351.jpg 7-1367.jpg 5-8050.jpg





7-0693.jpg 7-0697.jpg 7-09161.jpg 7-1443.jpg

よく金魚の柄は左右対称が良いと聞きますが、
自分左右対称じゃないといけないと思ったこと無いので、気にしない。
結果こんな奴がいます。

個人的には中段側も白が一筋欲しいとは思いますが、
これはこれで面白いかと。


もう一枚。
5-8194.jpg

良いと思いませんか。

雄親

2015/01/12 Mon

今日は雪時々曇り。
昨日までは日中ずっと降っていたことを思えばまぁ、良い方。
三連休はずっと除雪機と戯れてた(笑)。
おかげで家の周りは片付いてます。

年始にひいた風邪もやっと治りかけ・・・。
この休みは親水槽の濾過槽掃除の予定でしたが、
さすがにチョット無理っぽい。
せっかく治りかけの風邪がぶり返してもねぇ。
ということで水槽の水変えのみしておきました。
今は餌もそんなにやってないので濾過槽はもうしばらく大丈夫でしょう。





今日は時間ないので、短めに。
もしかしたら後日追加で書くかもしれないし。

今日は我が家の雄親。
毎年使い続けて何年たったか。
今年も使うつもりですし。

まずは写真。
5-6346.jpg 7-8263.jpg 7-8711.jpg





5-6213.jpg 5-5899.jpg 7-8916.jpg





7-8812.jpg 7-8782.jpg 7-8740.jpg





7-8723.jpg 7-9632.jpg 7-9330.jpg

こいつも毎年紹介するやつなので、
見覚えのある方もいるかも。

こんなに見えますが、結構でかいのです。
雄でこのサイズが有れば立派ってとこかな。
何よりも良いのはこいつは老けない。

こいつと同じような柄の親を何匹か使っているせいもありますが、
こいつらの血を引いているだろうなって子たちが結構います。

こんなのもいる

2015/01/07 Wed

今日は雪。
予報だと大荒れですが、
それ程でもない、かな・・・。
風は有りますが吹いたり止んだり。
雪もそれほど積もりそうな降りではない。
まぁ、突然突風が吹いてきたりはしてます。
風が止んでから本格的に降り出すのでしょうか。

まだ、風邪が直らず本調子でない。
今朝も早起きしたくないと思っていたのですが、
しないで済んだし。
雪片づけはもう少し体調良くなってからにしたいところですが、
天気は人の体調なんて慮ってくれないでしょうし。
まぁ、ここ数日具合が悪い時期に
大荒れしなかっただけでも良しとするしかないでしょう(笑)。


その体調なのですが、熱は下がった。
寒気もしなくなりましたが、いまいちパッとしない。
何時も風邪ひいても食欲落ちるなんてこと無いのですが、
食欲もないし、何食べても口内炎のせいで美味くない。
おまけに酒まで美味くないし・・・。
自分が酒を美味くないと思うって
よっぽど体調よく無いのだろうと自分で思ったりします。
まぁ、どれだけ卑しいのって事ですが(笑)。





タイトルの写真行きます。
さば尾の五才。
5-6465.jpg 7-9554.jpg 7-9560.jpg





7-0072.jpg 7-9744.jpg 7-8400.jpg





7-9558.jpg 7-9563.jpg 7-8998.jpg

こいつも過去に何度もしかも
同じようなタイトルで確か紹介したはず。

さば尾と一括りにしても、さば尾にも色んなタイプがいます。
此奴は和金みたいに前後と上下には伸びるけど太さが無いタイプ。
なので一見すると鮒尾の和金みたいな感じ。
以前はもっと錦鯉みたいで細かったのですが、
この秋上がりでようやく少し太さが付いてきた感じ。

何時も上見・上見と書きますが、こいつばかりは横見がお勧め。
腹を豪快に巻いた緋が肌の白さと相まってかなり見ごたえあります。
ですが、水槽飼育じゃないのでその写真は無い(笑)。
飼い主の自分も普段は上見で見るだけ。
池上げや野池に放す時だけに見る真横からの柄。
何時も見えないのに何でって思うかもしれませんが、
それで良いんです。

玉さばの丸も良いですけど、
こんなのがいてその対比が有るから尚面白い。
出来れば、もう少し太くなってもらいたいのは本音ですが・・・(笑)。

親水槽のちび助

2015/01/06 Tue

今日は雨降り。
この雨も今晩からは雪で、
その後今週いっぱいは雪マークが続く。
何時もの年のいつものこと(笑)。
とは言え、雪が降れば早起きも有るし、
休日の片付けも有るので何かと面倒。
降らないでいてくれるに越したことは無いのですけど・・・。
この時期それは言うだけ野暮。
程々でと言う事で(笑)。

風邪ひきでも雪降れば片付けなければならない。
そこら辺が夏の草刈りと違うところ。
夏は具合悪ければ今週末は休みって割り切ることも出来る。
まぁ、その後が大変にはなるけど・・・。
雪はそういう訳にはいかない。
降ったらその都度片付け。
片付けないと車庫から出られないし、
車庫に入れることも出来ない。
具合悪くしている場合じゃないってことで(笑)。





今日はタイトルにも書いたように、
親水槽にいる唯一の当才魚です。
秋の品評会に連れて行った当才のうちの玉さば。
当初はさば尾もいたのですが、お譲りしまして、
今はこいつだけが親水槽にいます。

まずは写真から。
5-6763.jpg 5-5875.jpg 5-6747.jpg

5-6761.jpg 5-6731.jpg 7-8225.jpg

5-6765.jpg 5-6766.jpg 5-6767.jpg

5-6768.jpg

中段の中央はサイズ感が分かるように
他の魚と一緒に写つしましたが、
当才として小さい方ではありません。
と言うか、他の当才と比べてもサイズでは見劣りしない。

でもこいつの売りは何と言ってもその更紗模様。
当才時これだけ整っていてるものはそういないかと。
逆に二才以降どれだけ伸びられるかが勝負でも有りますが・・・。
無理して伸ばさずこのままを維持って方法も有りますが、
自分のもとにいる限りそんなことはしないし(笑)。

何時ものみことですが、あらを探せばいくらでもある。
口紅は無い方が良いとか、頬紅も無い方が良いとか、
背鰭に緋が掛かっているとか等々。
でも当才時でそんな些細なことを気にするよりも
こいつがこの先デカくなった時にどれだけ良く出来るかを
思い描いた方が楽しいに決まっている。
選別時は厳しくても、鑑賞時は甘々で良いと思ってます(笑)。

写真四段目の一枚だけは偶々撮れた写真。
こんなのも良いかと思って載せてみました。

お気に入りから

2015/01/05 Mon

今日は晴れ。
薄日が差す程度ですが、
この時期降らなければ晴れです。
年末からずっと雪や雨だったので久しぶりです。



皆様、遅ればせながら
明けましておめでとうございます。
今年も又宜しくお願い致します。

正月早々風邪をひき、新年の出だしとしては
最悪な感じな今年なのですが、どうなることでしょう(笑)。
今年も平々凡々何事も無く一年が過ぎてくれれば良いのですけど・・・。

年末から何だかんだで飲んじゃ寝を繰り返し・・・。
二日酔いで体が怠いとか思いながらも
朝の餅を食えば胃も働いて二日酔いも抜けるだろとか
思っていたのですが、段々具合が悪くなる。
しかも段々寒気とかしてくるし・・・。
熱計ったらその時は微熱で7度少し。
暖かくして寝ていようとおとなしくしていたのですが、
具合は悪くなるばかり。
夕方には8度5分まで上がった(笑)。
体中怠いこと。

そんなこんなで正月は終りました(笑)。
まだ熱が少しありますが、寝込むほどでもないかな。
健康に留意して一年を送れってことだと思います。





去年の最初はライジングサンにあやかってて
丹頂もどきを紹介した。
今年も同じ様に丹頂で行こうかと思ったのですが、
毎年同じも芸が無い。
良い丹頂はいるのですが、良い写真が無いし(笑)。

と言う事で、年明け最初からお気に入りです。
こいつもかなり良いと思います。

まずは写真から。
7-9497.jpg 7-0104.jpg 7-0098.jpg

7-8134.jpg 7-0105.jpg 7-0094.jpg

7-8142.jpg 7-8151.jpg 7-8252.jpg

7-9342.jpg 7-9361.jpg 7-9215.jpg

以前紹介した三姉妹と同い年。
もしかしたらこいつは雄かなって感じ。
例の三匹よりは一回り小さいですが、
緋質はこちらの方が良い。
こいつ雄ならかなり良い仕事してくれそうなので、
デカくならなくても良いので、
雄であってほしい所なのですが・・・。
どちらであっても今年の子取りの親候補です。

こんな感じで春まではさば尾と玉さば。
春から秋までは田舎暮らしの様子。
秋からはまた金魚って感じの
いつも通りのブログに成ると思いますが、
今年も宜しくお願い致します。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR