水見の大切さ

2015/09/30 Wed

今日は晴れ。
秋らしい気持ちの良い晴れです。
今日は終日天気の予報ですが、
ここの所日中は晴れても朝パラついたり、
夕方降ったりと一日中晴れという日が無い。
だから何って訳ではないですが、
どうせ晴れるのなら
終日全く降らない方が良いのですが・・・(笑)。

暑さ寒さも彼岸までという諺がありますが、
そのお彼岸過ぎたら目っきり涼しくなってきた。
日中の最高気温も25度を超えないし。
何よりも朝晩が涼しくなった。
朝の餌くれ時に薄手のジャンバー羽織って
出かけるようになったのはもうずいぶん前からの事ですが、
最近までは途中で暑くなって脱いでいたのが、
帰って来るまでそのまま。
しかも下のTシャツ汗で着替えなくても良い。
段々秋が深まって来たと言う事なのでしょうけど・・・。
もう少しゆっくりで良いかなと(笑)。






大げさなタイトルですが・・・。
野池の金魚たちに浮餌をやりながら
金魚の様子を見ることを水見と言います。
それについてちょっと書いてみます。

野池で飼っていると水槽と違って
一匹一匹の様子をきちんと見るのはほぼ不可能です。
鯉の様に親だけ数匹入れてというのであれば出来るかもしれませんが、
何しろ自分の野池は超混雑しているので。
それでも金魚たちのコンディションを知ることは必要不可欠。
なので餌を食べる様子や浮いてきたときの様子で
状況を把握するようにします。

見るところは色々。
一番は浮いて来て食いが良いかですが、
その他は例えば虫がいないかとか、
池の水の状態はどうかとか気にすることは様々です。

今時は水温下がっているので酸欠や
ガス湧きは気にしなくて良いですが
夏場は常に気を付けるポイント。
なので朝一の一番池の状況の良くない時に回る。
酸欠ぽっい様なら水を入れるとか網引いて数を減らすとか
ガスが湧いていするようなら別の対処するとか。
その時の状況と自分が出来ることを照らし合わせて対応する。

餌食いに浮いてこない様なら、
何故浮いて来ないのかを知る必要がある訳で。
鷺がついたから浮かなくなったのか、
酸欠ぼっいから浮かないのか。
同じ餌食いに浮かなくなるでも対処方法は全然違う。
それを前後の状況等と合わせて判断して適切な対応を取る。
書くのは簡単ですが、実際は結構難しい(笑)。
色々試行錯誤しながらというのが本当のところ・・・。

ただ、それも含めて楽しめないと
野池での金魚飼育なんて出来ないと思うけど。
春の野池に放す前の糸張りから秋の池上げの間には
様々なことがある訳で・・・。
毎年のように夏の間にお気に入りを何匹も落として
これ以上餌くれるのやめようかとも何度も思う訳なのですが、
やっぱりデカくなった金魚が好きなので・・・。
てなことを毎年繰り返してますねぇ(笑)。

実はもっと詳しいことを書こうかと思っていたのですが、
野池で金魚飼っている人なんてほぼいない。
ってことに気が付いたので(笑)、
こんな感じなんだよってさわりだけです。





写真無いのはつまらないので、
何時もの様に給餌の様子。
三才以上池から。
O-6676.jpg O-6678.jpg O-6681.jpg

秋になって以上という位食欲あるこの池。
当才がデカくなったので当才池のようですが、
メインの三才以上のやつらもかなりデカくなってます。





当才、その一。
O-6697.jpg O-6698.jpg O-6701.jpg

当初その二の方がデカかったのですが、
何時の間にか追い越してこちらの方が大きい。
形付の良いのもその二よりいるみたいですし。
それでも三才以上池の当才の方が大きいかもしれませんが。





当才池、その二。
O-6704.jpg O-6706.jpg O-6711.jpg

絞ったつもりだったのですが、
結構な数がいるようです。
それがデカくならない原因と思われる。





二才、小サイズ。
O-6718.jpg O-6719.jpg O-6721.jpg

途中までは順調に伸びてましたが、
ここに来て成長は止まった感が有り・・・。
やっぱり入れ物に対しての収容数が多すぎたかな。





二才、大サイズ。
O-6744.jpg O-6745.jpg O-6748.jpg

一斉に浮いてくれないのでまばらですが、
数は結構います。
玉さばのまん丸なのが結構いるかな。





親池。
O-6762.jpg O-6767.jpg O-6771.jpg

ここも上の三才以上池同様当才が凄い(笑)。
しかもここは親の数は三才以上池ほど居ないので・・・。
ただ、ここの当才はかなり小さめで数がいる。
網引いてやたらのハネは大分取ったはずなのに。
と言う事は、後から生まれたやたらってことか。





最後は混合池。
O-6789.jpg O-6791.jpg O-6795.jpg

ここのやつらは他から苛められないせいなのか、
とってものんびり。
餌も争って等食わない。
その割にデカくなってますけど・・・。





おまけ。
O-6793.jpg

混合池に生えてきた睡蓮。
スポンサーサイト

今日も目についたものを撮ってみた

2015/09/28 Mon

今日は晴れ。
雲は多めですが、気持ちの様秋晴れって感じ。
気温も低すぎず高すぎず過ごし易い感じかな・・・。
毎日こんな風だと過ごし易いの二とか思いますが、
そう上手くはいきません(笑)。

秋分の日を過ぎ日中の時間が夜よりも短くなる。
暫く前までは5時半位に活動開始してましたが、
最近は五時半でも薄暗い。
四時半に目が覚めてもまだ真っ暗だし(笑)。
もう田圃も終わって水見も無いので金魚の餌くれのみ。
六時前に起きて餌の準備してから回っても十分間に合う。
その代わりゆっくり餌くれながら見てられませんけどね。





今日もタイトル通りその餌くれの途中で撮った写真から。
まずは何時もの朝靄スポット。
O-6997.jpg O-7001.jpg

これは今朝。
靄というより霧ですが、
これはこれで良い雰囲気かと。





餌くれの帰り。
O-7021.jpg

上と同じ場所ですが、
すこし霧が晴れて棚田が見える。





同じ場所で違う日二枚。
O-6841.jpg O-6867.jpg

こちらは靄のかかりが良くないバージョン。
やっぱり今朝のような感じの方が自分は好きです。





何時もの山と、棚田・棚池。
O-7032.jpg O-7040.jpg O-7035.jpg

空がすっかり秋モードに切り替わっている。
こちらの田んぼはまだ稲刈りしないようですが、
コンバインが行っているのでもうすぐって感じでしょうか。





こちらは夕焼け。
O-6956.jpg O-6971.jpg

両方とも昨日。
左は三才池の土手でたまたま木の切れ間に
太陽が沈んでいくところ。





夏の間紹介した田圃。
O-6865.jpg

日曜日の朝。
全日雨降ったのでどんなになっているか見に行った。
水たまりになってました(笑)。
稲刈り終わったので良いのですけど・・・。





蜘蛛の巣。
O-7041.jpg O-7043.jpg

稲の切株の脇に作られた蜘蛛の巣。
それに朝露が降りてこんな感じ。





ウドの実。
O-6940.jpg O-6943.jpg

何度も紹介したけど、やっと真っ黒になった。
これ一粒が種じゃなくてこの中にいくつもの小さい種が入っている。





アケビの実。
O-6946.jpg

どれ程美味しい訳じゃないけど、
これ見ると秋だって感じる。





椎茸。
O-6948.jpg

何時もなら一斉に出るはずなのですが、
三個だけ採れた。
というかもう少し遅いくらいですけど。





長ネギ。
O-6951.jpg

これは我が家産じゃなくて頂き物。
我が家からネギの苗持って行ったからと頂いた。
というか、我が家の物よりずっと立派。





最後は待宵草。
O-7059.jpg O-7056.jpg O-7050.jpg

たぶん間違ってないと思うけど、自信無し。

それでは、また。

今日は花でも

2015/09/25 Fri

今日は雨のち曇り。
今は曇ってますが予報だとまたこの後雨だとか。

自分はなんとか連休を利用して稲刈り終わらせましたが、
当地は今稲刈りの真っ盛り。
折角連休で晴れたのに又雨では・・・。
明日も予報は良くないし、日曜も曇り困ったものです。





連休中は稲刈り三昧。
今朝は雨降りと来て、写真撮っている時が無い。
なので最近撮った花の写真で今日は行きます。
相変わらず名前の知らない花ばかりですが、
そこは笑って見てやって下さい(笑)。
まずは以前のリベンジから。
C-6168.jpg C-6174.jpg C-6183.jpg

C-6186.jpg C-6193.jpg C-6202.jpg

この形状というか形好きなのですが、
ピントが何処に会うか難しい。
コンデジの液晶だとバッチリに見えても
モニターで見ると辛いものが有ったりして・・・。
その中から良さげなものを。





ツリフネソウ。
C-6234.jpg C-6236.jpg C-6242.jpg C-6243.jpg

こちらも以前のリベンジ。
ここ暗い場所なので中々辛いのですが・・・。

ここではないのですが、
連休中にコンバインの調子を見に来てくれた農機具屋さんが、
こちらだとツリフネソウもただの雑草扱いですねぇ、と言ってた。
自分も邪魔なものは草刈り機で刈るし、除草剤も散布する。
なのでこんなの珍しくもないでしょって話したら、
場所によっては既に絶滅危惧種扱い受けているところも
あるのですよって言ってた。
やっぱり除草剤散布が原因なのだとか・・・。
保護するのか雑草とみなすのかは難しい問題です。






C-6179.jpg





C-6341.jpg C-6345.jpg





C-6347.jpg C-6349.jpg





C-6351.jpg C-6354.jpg





洋種山牛蒡。
C-6358.jpg C-6359.jpg

今回これだけ花じゃなくて実。
とは言っても食えない実ですけど。





O-6663.jpg O-6667.jpg O-6669.jpg





O-6805.jpg O-6807.jpg O-6809.jpg





最後は朝顔。
O-6812.jpg O-6815.jpg O-6819.jpg

今シーズン何とが紹介しましたが、
アサガオはこれが最後かな。

今日はこれにて。

稲刈り終了

2015/09/24 Thu

今日は曇り。
朝からどんよりした空。
当初の予報だと明日まで快晴だったはずなのですが、
何時の間にか今日は曇りで明日は雨だとか。
雨ばかり降ってもういらないって感じなのですけど・・・・。
とは言え、この連休で何とか稲刈りは終了。
とりあえず田んぼの心配しなくても良いだけ
気分的に楽になりました(笑)。





今日はその稲刈り収量の写真から。
何時も出している田んぼの稲刈り前と後。
O-6631.jpg C-6332.jpg

最終的には大分転んでしまいましたが、
根本からポッキリと折れているところが少ないのが救い。
なんとか端以外は手刈りせずコンバインで刈り取ることが出来た。
中央部手前側がぐちゃぐちゃですが、
ここを何度も通るので仕方ない。
機械で全部刈れたってだけで十分に良しとします。

とりあえず春からの田圃作業は子の連休で終了しました。
後は乾燥した後の籾の調整作業が待ってます。
それはこの週末かな。





稲架。
O-6752.jpg

稲刈り終了ってことで稲架に藁が掛かります。
縦紐とれている場所ありますが、
気にしないことにしてます(笑)。





ここからは何時ものような写真。
まずは朝靄スポット。
C-6265.jpg C-6283.jpg

同じ場所ですが、
日が出ているか否かで随分雰囲気違うかと。





朝露。
C-6324.jpg

C-6290.jpg

C-6294.jpg C-6296.jpg

上からススキ、猫じゃらし、アスパラガスに付いた朝露。
それぞれに違って同じ朝露で雰囲気違うかと。





蜘蛛。
C-6274.jpg C-6276.jpg

多分卵を守っているのだと。





蟻の巣。
O-6714.jpg O-6717.jpg

野池の畦。





畦豆。
O-6779.jpg

O-6774.jpg O-6777.jpg O-6781.jpg

稲が無くなったので、豆が目立ちます。
ここの所の暖かさで豆にも随分実が入ってきた。






どんぐり山栗。
O-6782.jpg O-6786.jpg O-6785.jpg

O-6798.jpg

上は同じ所に落ちてたどんぐりと山栗。
下は道路の上から落ちた山栗。
山栗は粒が小さいので拾う人があまりいない。
結果車に引かれることになる。





収穫物。
C-6251.jpg C-6256.jpg C-6260.jpg

左から豆と、サツマイモと、マコモダケ。





最後は金木犀。
C-6316.jpg C-6320.jpg

それではまた。

目に付いたものを撮ってみた

2015/09/19 Sat

今日も雨降り。
予報通りと言えばそうですが、
今日からの連休を予定して
稲刈りを進めて行こうと思っていた身には辛い。
まぁ、自分だけじゃなくて
同じように思っている方大勢いるとは思いますが・・・。
しかも明日の天気もあまりかんばしくない。
困ったものです。
まぁ、何時ものように天気を呪っても仕方ないので、
さっさと写真に行きます。





何時もの朝靄スポット。
P-4707.jpg

P-4701.jpg P-4702.jpg

朝靄も写っていますが、
今日は始まった稲刈りの様子と、
野池のゴミ出しをした様子。
池はアオミドロじゃなくて
浮き草が浮かんでいたように見えたけど・・・。





田んぼの稲。
O-6529.jpg O-6526.jpg

もう何時刈っても良いのですが・・・。
こう雨ばかりじゃ田圃に入れません。





イケス。
O-6635.jpg

先日掃除したイケス。
とっくに水は溜まって排水口から出てる。





電柱掃除。
P-4681.jpg P-4695.jpg P-4697.jpg

電柱やその支線に絡まった草を除去する。
のですが、かなりのやっつけ仕事(笑)。
まぁ、一本いくらで請け負っているので
手間など掛けていられないのでしょうが・・・。





猫じゃらし。
O-6610.jpg O-6613.jpg

O-6615.jpg

何時も紹介するのは下。
上は少し小さくて茶色い。





クサネム。
O-6618.jpg

田んぼの天敵クサネム。
田んぼに関係ない場所なので放置。





ここから花を。
多分、ツリフネソウ。
O-6639.jpg O-6642.jpg

位性もあるけどピントが甘い。
再チャレンジかな。





名前は不明。
O-6554.jpg O-6557.jpg O-6559.jpg

多分園芸種かと。
それにしてもこれもピントが・・・。





人参。
O-6591.jpg O-6592.jpg

花咲かせちゃいけないはずなのですが・・・(笑)。





白い萩。
O-6600.jpg O-6597.jpg O-6603.jpg

萩は何度も登場してますが、
今回は白。

今日はこれにて。

朝靄のゆくえ

2015/09/17 Thu

今日は曇りのち雨。
天気予報通りと言えばその通りなのだけど・・・。
出来れば当たって欲しく無かった、かな。
曇りのまま雨降らなければよいのに・・・。
まぁ、予報は明日も降ると言ってますけどね(笑)。

今は金魚の端境期。
選別も終わっているし池上げには早い、
というか、稲刈りが終らなければ金魚は始められないのですけど。
そんな中、何人かの方から何時金魚あげられますかという、
電話を頂いた。
皆さん自分のブログなんて見ない方ばかりなのですが。
嬉しいのですが、
田圃が終らないと予定も立ちません(笑)。
もう暫くお待ちくださいって感じです。





ここからは何時ものように写真。
まずはタイトル関係から。
数日前の朝。
P-4504.jpg P-4502.jpg

我が家から朝靄スポット方面を。
右の写真、前回載せたスキー場のリフトの支柱が分かるかと。

濃い靄というか霧が立っている時はこんな感じで
我が家からも見える。





で、何時もの朝靄スポット。
P-4509.jpg

P-4517.jpg P-4522.jpg

良い感じで朝靄立ち込めてます。
カメラマンの方もどうゆう気象条件なら靄が立つか
分かっていらっしゃるようでこの日は大勢いた。





流れる朝靄。
P-4515.jpg

上の写真の左側方向に靄は上がってくる。
此処でも写真にスキー場のリフトの支柱が写っていまが、
スキー場のふもとを抜けて反対側に降りてく。





反対側に抜けていく朝靄の中。
P-4545.jpg P-4547.jpg

左は何時もの山が写っているのですが、
靄で霞んでます。
ここを超えると靄は水蒸気に変る様で見えなくなる。
ここら辺を撮ったのが我が家からの写真。

だから何て訳ないですが、
何時も撮っている朝靄のその後です。





何時ものようにここからは目に付いたものを撮ってみた。
まずはジョロウグモ。
P-4617.jpg P-4616.jpg

P-4673.jpg P-4675.jpg





蝉の抜け殻。
O-6482_20150915125456ac9.jpg

これ何故か長靴の内側にいた。
よく見ると足に埃がついている、
一度外側を登ってきて内側に落ちて
再度登って来たのかと。
でも、長靴の外側ツルツルのはずなのですけど。





花を幾つか。
P-4623.jpg P-4636.jpg

朝顔と南瓜の花。

P-4605.jpg P-4610.jpg

左はイタドリの花、右は不明。





最後は収穫物。
P-4671.jpg P-4680.jpg P-4677.jpg

左から白菜の間ねぎ菜と茄子。
中央は解説不要の南瓜。
右は山芋のむかご。

では、また。

イケス掃除完了

2015/09/14 Mon

今日は曇り。
予報だと今日は終日快晴のはずだったのですが、
朝からどんよりしたまま。
これじゃあ田んぼは硬くならない。
困ったものです。

今日も朝方雨が降って起きた時、
道路は濡れてた。
9月に入って終日全く雨が降らなかったのは、
12日の土曜日のみ。
後は朝降ったり夜降ったりの違いはあっても、
なんだかで雨が降っている。
去年も稲刈り前は雨続きで困りましたが、
今年は更にひどい。
地球温暖化の影響で
これから毎年こんななのでしょうか・・・。





ここから写真。
何時ものように目についたものを撮ってみたシリーズ。
まずは土曜の朝。
O-6403.jpg O-6407.jpg

濃霧の三才以上池。
今年は良く霧が出ますが、この日が一番濃かった。





何時もの朝靄スポット。
O-6415.jpg

これは土曜日。
靄じゃなくて濃霧ですが、その上に太陽が出てきた。

O-6505.jpg O-6510.jpg

こちらは今朝。
すこしだけ朝靄たってる感じ。
田んぼが大分黄色くなって来た。





棚田・棚池。
O-6491.jpg O-6495.jpg

此処は何時も紹介するのとは別なところ。
此処もカメラマンさんが結構いる場所の一つ。





ススキの穂と秋の空。
O-6484.jpg O-6489.jpg

すっかり秋らしい空になった。
お盆明けからこっちずっと涼しい。
今年の秋は残暑なんて言葉関係ないようです。





スキー場。
O-6499.jpg

金魚の餌くれに行くときいつも通るスキー場。
今年二度目の草刈り終了。





稲架場。
P-4432.jpg

我が家の稲架。
この写真撮った時はまだ未完成。
この後土曜日に不足分作って完成させてある。

今年はここに稲は架けない。
去年まで糯稲作っていましたが、今年はそれが無い。
脱穀した藁を少しと後は豆用の稲架。
なので掛けるものがそんなに重くない。

例年なら柱の間に単管を一本づつ入れるのですが、
今年はそれを省いて作った。





タイトルのイケス。
P-4484.jpg P-4486.jpg

土曜日にイケス掃除を決行。
ポンプで水を抜いてデッキブラシで壁面擦って、
ゴミを洗い出して終了です。
書けば二行ですが行うとなると半日仕事。
今年は雨ばっか降っているので
水はじゃんじゃん出てるのですが、
その冷たい事(笑)。
池上げしてきた金魚ここに直で持ってくるの
無理かもって位冷たい。

雨ばかりのせいか架けて置いた葦簀のひもがボロボロ。
掃除しようと持ち上げたらグザグザになった。
なので新しいのを買ってきて架けた。
細かいゴミが浮いているのは新しい葦簀のグズかと。

とりあえずイケス掃除しておけば
後は水槽立ち上げるだけかな。

まぁ、稲刈り終わったらの話ですけど(笑)。





最後は花。
O-6394.jpg O-6402.jpg

O-6412.jpg O-6410.jpg

上が萩で下は不明。
だんだん撮れる花も無くなってきた。

と言う事で今日はこれにて。

山廻りの途中で

2015/09/11 Fri

今日は曇り時々雨。
相変わらずの雨降りです。
とは言え、当地はそんな激しい雨が降ったわけではない。

今回の大雨で被害に遇われた全ての方々にお見舞い申し上げます。
大雨と地震の違いは有れど自分も仮設暮らしを経験している身、
被害に遇われた方のこれからを思うと胸が痛みます。

そうは言っても暗くなるのは性に合わないので、
いつも通り進めさせていただきます。
相変わらず朝の山廻りの途中で撮った写真です。





まずは何時もの朝靄スポットと、
何時もの山と棚田・棚池。
O-6310.jpg

O-6389.jpg O-6386.jpg

段々日の出が遅くなってくる。
天気が悪いと五時半過ぎでもまだ薄暗い。
朝靄スポット行った時はまだ雨降ってましたが、
餌くれているうちに取りあえず上がった。

棚田の方は大分稲が黄色くなって、
秋っぽい景色になって来たかと・・・。





農道脇のススキ。
P-4417.jpg P-4415.jpg

こちらもススキの穂が出てくると一段と秋っぽくなってくる。





オニヤンマ。
O-6183.jpg O-6175.jpg O-6181.jpg

ネットの向こう側にいたのですが、
周り込んで取ったのが右の二枚。
疲れているらしく黙って被写体やってくれました。





バッタ。
O-6322.jpg O-6325.jpg

こちらもネットに止まっていた奴。
右の写真ネット奥で菌議が浮餌喰っているのが
薄っすらわかるかと。





雑草色々。
O-6316.jpg


ヨシ。
O-6330.jpg O-6332.jpg

ススキに似ていますが、ちょっと違う。


よもぎ。
O-6336.jpg


O-6339.jpg O-6343.jpg


O-6353.jpg O-6356.jpg


O-6361.jpg O-6359.jpg


O-6364.jpg


稗。
O-6365.jpg


最後はススキ。
O-6375.jpg O-6376.jpg

同じススキでも穂が赤っぽいのと白っぽいのがある。





今度は花を幾つか。
と言ってもまだ蕾のセイタカアワダチソウから。
O-6383.jpg


ゴアズキ。
O-6344.jpg O-6349.jpg O-6348.jpg

当地ではこう呼びますが正式名称は不明。


P-4409.jpg P-4412.jpg


赤蓼。
P-4435.jpg P-4437.jpg


大葉。
P-4440.jpg P-4444.jpg

花もザッサウも相変わらず名前を知らないものが多い。
分からないものは白紙です。





夕顔の種。
P-4450.jpg

以前の種用の夕顔を干している画像を載せた。
それから採った種がこちら。
来年まで保存です。





クルミ。
P-4453.jpg

拾ってきたクルミの外側を洗って干しているところ。





最後は糸瓜。
O-6307.jpg O-6308.jpg

軒下に大量の糸瓜が有ったので、
二番の蔓をたぐんで収穫してきたのかと思ったら、
貰ったものだそう・・・。
糸瓜の苗を上げた方がお返しだと持って来たとか。
こんなに大量にどうするのでしょう(笑)。

給餌の様子

2015/09/09 Wed

今日は曇り。
今にも降り出しそうな空してますがとりあえず降っていない。
とは言っても、今朝までは降っていたけど・・・。
9月に入ってからは毎日何かしらで雨降っている。
いい加減に晴れて欲しいところです。

今日は写真多いのでとっとと行きます。





困ったときの給餌の様子です。
頻繁に餌くれ時の写真を載せますが、
その日によってだったり気温や色々な条件で
微妙に餌の食いつきが違ったりします。
そんな様子を伝えられたらいいなと思って
給餌の写真を日を替え時間帯を替え撮ってみましたが、
結局同じ様な写真の羅列にしかならないと
並べてみてから思ってます(笑)。
ならやるなって話ですが、
折角撮ったしアップするのも大変だったモノを
ボツにするのは忍びないので同じ様な写真の
大量羅列になりますが、そのまま行きます。

まずは三才以上。
O-5920.jpg O-5923.jpg O-5931.jpg

O-6159.jpg O-6164.jpg O-6166.jpg

O-6246.jpg O-6247.jpg O-6249.jpg

上から数日前の早朝、中段が数日前の夕方。
下段が今朝です。
並びは下の野池も同じ、上段と中段は別の日です。

今朝が一番浮いている。
とは言え、デカい奴らより当才が圧倒的に目立つ(笑)。
三才以上もかなりデカくなっているのですが、
当才達の数に押されてます。





因みに今やっている餌。
O-6258.jpg O-6259.jpg O-6261.jpg

上から浮餌の6号、
中段は沈みの4号と色揚げのMサイズ。
下段が当才用の沈みの2.5号(ブレブレですが)。

色揚げは今あげている分が無くなったら終了予定。
水温が低くなってきているので・・・。
夏場は色揚げと沈みを半々くらいの割合でくれていましたが、
今は沈み5対色揚げ1位の割合かな。





当才池、その一。
O-5949.jpg O-5951.jpg O-5954.jpg

O-6169.jpg O-6171.jpg O-6173.jpg

O-6264.jpg O-6265.jpg O-6266.jpg





当才池、その二。
O-5960.jpg O-5963.jpg

O-6194.jpg O-6195.jpg

O-6270.jpg O-6271.jpg O-6272.jpg

最初は浮餌に反応しなかったのですが、
やっとな慣れたのか今朝は浮餌にも反応してくるようになった。

当初その一池よりデカかったはずなのですが、
今は同じくらいに成った。





二才池、小サイズ。
O-5968.jpg O-5967.jpg O-5972.jpg

O-6198.jpg O-6200.jpg O-6205.jpg

O-6273.jpg O-6274.jpg O-6276.jpg

普段夕方の餌やり時に浮餌をやらない。
なので浮いてきません。
当初良い具合で伸びていたのですが、
やっぱり詰め込み過ぎだったようで伸びが止まった。
ただここは形の良い奴らが結構います。





二才池、大サイズ。
O-5985.jpg O-5988.jpg O-5989.jpg

O-6210.jpg O-6211.jpg O-6217.jpg

O-6281.jpg O-6282.jpg O-6283.jpg

ここは日によって浮き具合がとっても違う。
濃い青水になっているので水面近くまで浮いてこないと
いるのかどうかも分からないし(笑)。

ここに来て伸びたり丸くなって来たりしているので、
秋上がりは期待できそうな感じです。
後は緋色がもっと上がって欲しいところですけど・・・。


やっと満水。
O-6289.jpg

梅雨時ですら満水にならなかった二才池。
この時期で満水。





親池。
O-6061.jpg O-6064.jpg O-6080.jpg

O-6222.jpg O-6224.jpg O-6225.jpg

O-6291.jpg O-6294.jpg O-6296.jpg

一時鷺がついて浮が悪くなってた親池。
糸を張り増ししたり満水になったりで鷺も来なくなった。
餌への反応もやっと良く来なって来た、かな。





混合池。
O-6081.jpg O-6083.jpg O-6086.jpg

O-6233.jpg O-6235.jpg O-6238.jpg

O-6300.jpg O-6303.jpg O-6306.jpg

ここの池の奴らが一番緊張感が無い。
民家の近くってのも有ってサギや獣に全然警戒心が無い。
餌貰ってもボーとしてゆっくり食うのみ。

そのせいか何か大して食わせていないつもりですが、
ここのやつらはサイズも揃っているし色も良い。
中々飼い主の思惑通りには行きません。

ビックリした

2015/09/05 Sat

今日は今のところ曇り。
予報だと晴れるはずなのですが・・・。
薄日はさしてますが、曇ったまま。
晴れの日が続いてほしい所なのですが・・・。
上手くいきません。

昨日、帰ったらカミさんが
「今日の日中、もの凄い土砂降りの時が有った」という。
実が入って頭がだんだん重くなってくる稲には過酷。
困ったものだと話しながら夕食。
そしたらまた雨が降り出してくる・・・。
で、暫くしたら物凄い雨。
しかも短時間じゃなくて暫く降り続いているし。
お天道様のやることなので文句言っても始まりませんが、
愚痴りたくなります(笑)。





何時ものように朝の山廻りの途中の写真。
まずは何時もの朝靄スポット。
O-5933.jpg O-5939.jpg

今朝は靄じゃなくて霧でした。
でも何台もの車でカメラマンさんたち来てました。





何時もの山と棚田・棚池。
O-6013.jpg O-6053.jpg O-6010.jpg

なのですが今朝は霧で覆われていて山は見えず。
右は何時もと趣向を変えて棚田・棚池なのですが、
やっぱり下からのアングルはダメですねぇ。





土砂降りの跡。
まずは何時もの田んぼ。
O-5944.jpg O-5946.jpg

O-5981.jpg O-5983.jpg O-6127.jpg

やっぱり倒伏が進んでいます。

下の右は野池の水取り口。
ここに土でホースを固定して土が流れないように
その上から土嚢袋に土入れて載せてある。
土嚢袋もホースに被せていた蓋もなくなってました。
幸いホースの先は葉っぱが詰まっていたので
野池には水はそんなに入っていませんでしたが・・・。
しかしホースの蓋は何処に行ったのでしょう(笑)。

中央は農道。
敷いていた砂利が一部だけ流されている。

左は畑。
この後何かを植えるように耕運機で耕してだけあった場所。
水が流れた跡がある。





親池。
O-6055.jpg O-6057.jpg

おかげで親池もついに満水。
まぁ、良かったこともあると言う事で。





タイトルのびっくりしたこと。
O-6001.jpg

二才の大サイズが入っている野池。
ここもほぼ満水。
てなことを思いながら写真を撮って。
ついでに雨ばかり降るからきのこの具合はなんて思って
きのこの原木置いたところの確認。
に、行ったら下が居た。





貉の子供?。
O-6015.jpg O-6020.jpg

普通獣は人間が近づくと逃げるので
こんな感じで出くわすことはそうない。
夜に道路で鉢合わせするのはよくあるけど。
その時はこちには車に乗っているけど。

こいつ全然逃げないし。
しかも一著前にフー、フー言ってこっちにのこと威嚇してくる。
軽トラにスコップ積んであるので持ってきて
殴りつけてやろうかと思いましたが、
無駄な殺生もしたくないので写真撮って逃がした。
本当は石でもぶつけて怖い思いさせて
二度とここに来たくないと思わせるべきなのですけど。

何気なく歩いていて突然予期しないものに出くわすと
相手が子供でもびっくりするものです。

で、上の二才池の写真よく見ると奥にこいつ写っているし(笑)。





トマト。
O-6116.jpg O-6119.jpg

餌くれ終えて家に帰ったら水道の所に有った。
最初随分早い柿かと思ったけど、
さすがにこの時期柿はまだ早い(笑)。





最後は花を幾つか。
ササゲの花。
O-6130.jpg O-6132.jpg O-5919.jpg





朝顔。
O-6122.jpg O-6124.jpg





韮の花。
O-6034.jpg O-6088.jpg O-6096.jpg

前回紹介した時は蕾でしたが花が咲いた。
韮の花も綺麗かと。





O-6105.jpg O-6107.jpg O-6114.jpg





日々草。
O-6152.jpg O-6158.jpg

今日はこれにて。

山廻りの途中で

2015/09/02 Wed

今日は曇り。
今にも降り出しそうな空してますが、
今のところ降っていない。
ただ、予報だと今日は雨なので何時降って来ることか。
降らないで欲しいところですが・・・。
何故か今日は風が強い。
この風に雨が加わると堪えている稲が転んでしまう。
なんとかそれは避けたいのですが。
と書いていたら雨が降ってきた。





写真行きます。
まずは何時もの山。
O-5881.jpg

これは今朝の写真。
山の様子というより空の色の確認かな。
すっかり秋の空になっている。





きのこ。
O-5840.jpg O-5846.jpg

O-5836.jpg O-5838.jpg

ここの所の雨続きでジメジメしているせいか、
同じ様なきのこが色んな所に生えている。





稲穂。
O-5864.jpg O-5865.jpg

大分黄色く色づいて着た稲穂。





畦豆。
O-5897.jpg

O-5884.jpg O-5885.jpg O-5888.jpg

上のような稲と豆の間を歩いているので、
ズボンは雨だったり朝露だったりで直ぐ濡れる。

下は今の畦豆の様子。
花が終わって莢が出来てくる。
まだ莢は薄っぺらです。
後二十日くらいで食べれるようになるかな。





枝豆。
O-5818.jpg

これは上の畦豆とは別の品種。
木から外しただけでまだ洗ってもいないところ。





キュウリ。
O-5898.jpg

今朝の収穫物。
取り残していたものが有ったらしく随分デカくなっている。





ここからは色んな実。
ノブドウ。
O-5800.jpg O-5802.jpg

ブドウと付いているけど食べれない。
鳥も食わないので落ちるまでそのまま。





ガーデンハックルベリー。
O-5733.jpg O-5736.jpg O-5738.jpg

色付いてきましたがもう暫くは収穫できないかな。





アスパラの実。
O-5756.jpg O-5757.jpg





山ウド。
O-5777.jpg O-5779.jpg





食用ホオズキ。
O-5768.jpg

これ作るのやめたと思っていたのですが、
まだ少しだけ作っていたようです。





ここからはは実じゃない。
トコワラビ。
O-5815.jpg O-5824.jpg

すこし前にも紹介した。
緑が綺麗です。





カエル。
O-5690.jpg O-5692.jpg

ネットに頭を挟まれたカエル。
よく有る光景なので珍しくもないので、
気がついた時はネット振って外してやるくらいはする。
なのですが今回はちょっと珍しい。
普通は畦側から池に飛び込む途中で頭を挟むのですが、
こいつ野池側から畦に向かって挟まれてた。
写真撮らせてもらったお礼に外してあげました。





獣の足跡。
O-5847.jpg O-5849.jpg

この雨で満水になった野池の畦の周り。
池の周りじゅう足跡だらけ。





親池。
O-5877.jpg

雨は要らないと毎回のように書いていますが、
雨降って助かっていることも実はあったりします。
出穂時に出した水が要約8割程度まで溜った。
もう少しで満水になるのですが、なかなか難しい。





水揚げ。
O-5895.jpg O-5894.jpg

上の親池に水を溜めるべく
田んぼ脇の水路に水を溜めてポンプアップしてる。
田んぼに溜めれば簡単ですが、そういう訳にはいかない(笑)。
右の写真はブルーシートで覆ったポンプ。
毎朝上げるわけじゃないので使わない時は濡れない様こんな感じ。





親池の給餌の様子。
O-5871.jpg O-5870.jpg

一時浮かなかった親達ですが、
最近は浮くようになった。
のですが、採った写真にはあんまり写っていない(笑)。
まぁ、雰囲気と言う事で。





おまけの二才池。
O-5850.jpg O-5852.jpg O-5857.jpg

上の浮かない親池の写真で締めるのも何なので、
二才の小サイズが入っている野池の給餌の様子。
もう少しデカくなって欲しいのですが、
こう涼しいと秋の追い込みが出来るかな・・・。

今日は花を

2015/09/01 Tue

今日も曇り時々雨。
降らなくても良いのに思い出した様に降ってくる。
もう暫く雨は要らないのですけど・・・(笑)。

今日から9月。
と言ってもお盆過ぎから随分涼しくなってきているので、
気分はすっかり秋になってますけどね。
とりあえず今月は稲刈り。
これが終らないと金魚に本格的に取り組めない(笑)。
とりあえず稲刈りが順調に終わってくれると良いのですけどね。

その前に作業小屋の片付けや稲架作りが待ってますけど(笑)。
とは言え、今年は糯稲作っていないので、
稲架は本格的なものでなくて良い。
端刈りした藁を架けたり、豆を架けたり様かな。
天気の様子見ながら準備せねば。





今日も今朝撮りの写真から。
タイトルの花に行く前に、何時もの朝靄スポット。
O-5667.jpg O-5677.jpg

O-5688.jpg

最近5時はまだ薄暗い。
起きる時間は同じですが活動開始時間が少し遅くなった。
それでも夏に比べると写真がずっと暗い。
まぁ、天気が悪いというのも有りますが・・・。

上が餌くれに向かう前の写真。
下は餌くれして帰って来るときの写真。
たった10分位ですが全然違います。





ここからはタイトル通り花を。
O-5682.jpg O-5684.jpg O-5686.jpg

ナツジオンに似てますが何かは不明。
もうすぐこの花も終わりかと。





ゴアズキ。
O-5703.jpg O-5706.jpg O-5708.jpg





韮の蕾。
O-5713.jpg O-5715.jpg O-5716.jpg

まだ花咲いてません。
勝手に花が咲いて種が落ちるのでやたらと韮が増えてます。





紫陽花。
O-5718.jpg O-5720.jpg

こちらももう終わり。
随分長い間楽しませてもらった。





蔓豆の花。
O-5722.jpg O-5725.jpg O-5726.jpg

豆って言っても雑草ですけど。





萩。
O-5780.jpg O-5786.jpg

萩とススキの穂が写っている写真で
秋っぽい感じを出して見たかったのでねらって撮ったのですが、
てんでダメダメでした(笑)。






O-5793.jpg O-5794.jpg





葛の花。
O-5807.jpg O-5809.jpg O-5811.jpg

道路は我が家の車庫の前。
葛の花びらが散乱して紫になってます。
本当はもっと紫っぽいのですが、
雨のせいか自分の腕のせいか、色がいまいち。

今日の花は殆ど野生種なので派手さは無いですが、
咲いている花を見ても確実に秋になっているかなって感じます。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR