除雪と周囲の様子など

2016/02/29 Mon

今日は雨ふり。
起きたばかりはどんよりして今にも降りだしそう。
それが朝飯食べ終わったら降りだした。
以来、結構強めに降ってます。
でも、この雨も夜には雪だとか・・・。
積もるでしょうか(笑)。


2月も今日で終わり。
今年はうるう年ということで今日は4年に一度の2月29日。
折角なので更新しておこうかと(笑)。
そんな理由でって感じですが、
そんな理由です。





まずは土曜日の午前中の除雪の様子から。
と言っても大して積もったわけでなく。
我が家の車庫前で20センチ強くらい。
することないので暇つぶし代わりに除雪(笑)。

その時の屋根から落ちた雪を片づける様子から。
まずは屋根から落ちた雪。
P-5474.jpg

これで70~80センチくらい。
奥の高いところで1メートルってところでしょうか。

本当はこれくらいなら、かまわなくても消えるのですが・・・。





相棒はこいつ。
P-5486.jpg

ロータリー除雪車。





最初に。
P-5477.jpg

まずは屋根から落ちた雪が積もっていないところを。
いきなり屋根から落ちた雪に行くと、くっていけないので。





徐々に。
P-5479.jpg

ロータリーを斜めにしながら屋根から落ちた雪を飛ばす。





奥の高いところ。
P-5487.jpg

行っては戻りを繰り返して少しずつ減らしていく。





更に。
P-5482.jpg

屋根から落ちた雪を更に飛ばして。





終了。
P-5493.jpg

最後は残してあった下を飛ばして終了。
家の脇はわざと残してあります。

この雪も昨日の天気でほぼ消えましたが・・・。





お次は何時ものように家の周囲の雪の様子。
まずは車庫前の道。
C-0266.jpg

道路わきに雪が無い(笑)。





フキノトウ。
C-0271.jpg

先週見つけたのとはまた別。
誰もとらないので花が開き始めてる。

ちなみに我が家では先週フキノトウの天ぷらが食卓に出た。
さすがにこの時期のフキノトウはまだ苦い(笑)。





田んぼ。
C-0273.jpg C-0275.jpg C-0277.jpg

上の写真の道路の下にある。
もう畔際が消え始めている・・・。
例年なら道路の雪をここに飛ばすので
まだ4~5メートルくらいあるころなのに・・・。





野池と田んぼ。
C-0279.jpg C-0282.jpg

先週は池の表面全部出ていませんでしたが、
もう表面の雪が無い。
田んぼの畔もだいぶ出てきたし。
2月の景色とは信じられない。





シダ。
C-0288.jpg

なんか春っぽいもの探しましたが、
上のフキノトウ以外見当たらず・・・。
とりあえず緑のものってことで(笑)。





杉の木。
C-0291.jpg

先週よりだいぶオレンジがかってってきたような。
花粉が飛ぶのももうすぐでしょうか・・・。

春は歓迎ですがこれだけは勘弁してもらいたい(笑)。





夏坊主の花。
C-0293.jpg C-0296.jpg C-0300.jpg

先週は咲初めだった花も、今は満開。





最後はお気に入り。
既出のさば尾。
7-1335.jpg 7-1254.jpg 7-1416_20160229132242830.jpg





7-1412_201602291322403f4.jpg 7-1286.jpg 7-1522.jpg





7-1284.jpg 7-1337.jpg 7-1249.jpg

この緋色と肌の白さ。
なかなかお目にかかれないかと。

なんてブログ書いていたら、
雨から霙に変わってきました。
雪になるのは夜じゃなかったの・・・。
スポンサーサイト

こんなのもいる

2016/02/28 Sun

今は曇り。
夕べは雨が降ったらしく道路は濡れてる。
予報だと夜は雪のはずだったので、
それほど気温が下がらず雨だったのかと・・・。
雨で雪が解けて家の周りに無い。
することないです(笑)。
おかげで、太ります。




今日はお気に入りを一匹紹介。
カテゴリでは四才ですが年明けているので実際は5才。
まずは魚。
7-8360.jpg 7-9370.jpg 7-0260.jpg





7-0292.jpg 7-0358_20160226141247cd8.jpg 7-9376.jpg





7Ⅱ-7271 7-9549_20160226141446dc8.jpg 7-0294.jpg





7-0263.jpg 7-9463.jpg 7-0256.jpg

頭周りの模様が特徴的なやつ。
本当はもっと大きくなるかと期待したのですが、
胴やら雄のようです。
それはそれで子取りに使えるので歓迎なのですけど・・・。
そうはいってもやっばりこの形ならデカくしてみたいわけで。
いつも書きますが、
思ったようにはいかないもので・・・。





最後はおまけ。
7-0142.jpg

大きく成り方は色々ある

2016/02/26 Fri

今日は曇り。
昨夜は予報通り雪になり・・・。
今朝は久しぶりに早朝除雪。
と言っても積雪量は20センチくらい。
例年の今頃なら面倒なのとガソリンももったいないので、
この程度の雪なら除雪はしないのですが、
久しぶりに降ったので今朝は除雪してみた。
のですが、
積雪量が少なすぎて雪が思うように飛ばない(笑)。
車庫前だけサッとやってあとはパス。
今日の日中も荒れると言ってましたが、
曇ったままです。


パソコンを新調したって話はずいぶん前に書いた。
そのパソコンで金魚の写真等を管理しているのですが、
先日ふと、そういえばこのパソコンにはUSB3が二口付いていることを思い出した。
普段はカードリーダーをパソコン前面にあるUSBに刺して写真撮りこんでいるのですが、
前面にあるのはUSB2。
背面に更にUSB2とUSB3がある。
はっきりは覚えていませんが、
確か理論値で10倍くらい速度が違うとか。
まぁ、体感でどれくらい違うかは分かりませんが、
とりあえず使ってみることに・・・。
当然カードリーダーは3対応機種です。
ただカードリーダーのUSBケーブルが微妙に短い(笑)。
背面のしかも下部についているUSB3に刺すと
パソコンの上にチョンと乗っかっているだけ状態ですが・・・。
まぁ、使うのに差しさわりはない。

ってことで先週末撮ったかなりの量の写真をパソコンに転送。
一眼で使っているCFカードだと劇的に早さが違う。
SDカードでも以前よりはずっと早いけど、
CFカードほどの違いは実感できない・・・。
それでもこれ使ったらもとには戻れないなって感じ。
気づいてよかった(笑)。

今までは使うときだけカードリーダー取り付けて使ってましたが、
写真撮り込む度にパソコン動かすの面倒なので、
カードリーダーはつけっぱなしになってしまいますが、
その程度は問題ないし。

電子機器は日々進化していることを実感しました(笑)。





タイトルの写真行く前に、
今朝の様子。
C-0256.jpg C-0258.jpg C-0263.jpg

この時はまだ雪降っていた。
先日の地元紙で例年雪の多い山沿いは
今年は雪解け一月位早くなると出てた。
それも納得の少なさです。





先週写真撮れたら紹介しますと出した個体。
中々何時ものホースの下から出て来ない。
写真撮っているとき一度だけ水槽内を徘徊。
その様子です。
7-0585.jpg 7-0589.jpg 7-0591.jpg





7-0600_20160226120518b2e.jpg 7-0601.jpg 7-0608.jpg





7-0611.jpg 7-0613_20160226120617822.jpg 7-0616.jpg





7-0618.jpg 7-0618_20160226120659e46.jpg 7-0622.jpg





7-0628.jpg 7-0630_20160226120704f80.jpg 7-0634.jpg

先日2月2日に極上玉さばのタイトルで紹介した個体の兄弟。
と言うか姉妹か。
このほかにこいつらと同い年の個体は親水槽にたくさんいますけどね。
我が家の親水槽の玉さばではこの二匹が天辺です。





で、この二匹を並べてみる。
7-4083.jpg 7-9467.jpg 

7-0623.jpg 7-1077.jpg
 
7-0617.jpg 7-0913.jpg

いずれも左が今日紹介した個体。
同じ個体を14年の11月11日にも紹介しているので
もしよかったらそちらとも見比べてもらうと
より良くわかると思います。

外見的には左短尾で右は普通。
模様的には尻尾の付け根の柄が特に違う。

一昨年の記事を見てもらうとわかりますが、
その時点で体形はもうかなり違っている。
左はずんぐりむっくりの玉さばですが、
右は真丸に近い玉さば。
それでも一昨年の秋は結構似ていたのですけど・・・。

それが去年一夏の池で飼って秋上がってきたら、
全然違う体型になっている。
ここで表記するときは6才なのですが、
実際には年明けているので7才になるのですが、
これだけ年取ってからの一夏でも
全然違う体型に仕上がってきたことに驚きというか、
金魚の奥深さを感じました。

年取ってからってそんなに変化ないものなのですが、
デカくして楽しめる個体って大きくなってからも楽しませてくれる。

ただ、写真ではそんなに言うほどの違いが伝わらないのが残念というか
自分の写真技術の未熟さというか・・・。
実際見てもらえれば全然違うのですけどね。

デカくなってからの変化は劇的じゃないかもしれませんが、
飼っている方にはそれ以上の面白さを見せてくれます。

買い物やら面白かった本など

2016/02/25 Thu

今日は雪のち晴れ。
午前中は雪でしたが、
お昼前に止んで
午後からは日が差してました。
予報だと結構荒れると言ってましたが、
今年の天気は荒れてもこの程度ってことでしょうか・・・。
深夜からはまた雪だとか。





今日は最近の買い物と読んで面白かった本の紹介。
買い物は以前も何買ったって感じで何度も紹介してますが、
カテゴリに書評という欄を作ったのははるか昔。
一度も紹介したことない。
最初は金魚だけじゃなくていろんな日常を書くつもりでいたのですが、
いつの間にか金魚と百姓ブログに代わっていた(笑)。
それはこれからも変わらないでしょうが、
たまにはいろんなこと載せたいなってことで、
今日は最近読んだ本の紹介もしてみます。

最初は買い物から。
充電ケーブル。
C-0199.jpg C-0231.jpg

なぜに同じものを二個もって事ですが、
なんとなくとしか書きようがなく(笑)。
気が付いたら二本届いてました。

充電ケーブルは当然何本か持っているのですが、
そのうちの急速充電対応の奴が急速充電しなくなった(笑)。
充電はできるのですが時間がかかる。
理由はたぶん右の写真。
コネクタの部分が曲がった(笑)。
最初もっと曲がっていたのですが力づくで戻した結果がこれ。
以来充電はできるけど時間がかかるようになった。
それならばってことで買ったのが左の二本。
順調に充電できるようになりましたが、
またコネクタが曲がった時用の予備ということで(笑)。





次はホットサンドメーカー。
C-0202.jpg

買ってから何度か使ったので使用感ありますが・・・(笑)。

こいつはさかのぼること数か月前。
何時ものようにネットで色々遊び中。
とあるサイトでホットサンドなるものを紹介しているのを読んだ。
電気で作るものもあるけど直火で作るタイプの方が
時間がかからず簡単にできる、
ってな紹介と一緒にバナー広告が貼ってあった。
バナー先を覗くとそれは欠品中。
そうなるとなんとかほしくなるもので(笑)、
別なショッピングサイトを探してクリック。

翌日か翌々日には到着すると思って待ってたら来ない。
何故って思って買ったサイトよく見るとメーカーから取り寄せで、
商品入荷次第順次発送ってなってた。
何故にこんなものがメーカー欠品しているのかって思って
調べてみたら少し前に、
テレビのマツコの知らない世界という番組で
ホットサンドを取り上げたことでそのメーカーの商品が
売り切れしているらしいってことが判明。

それでも所詮フライパンだし少し待てば届くでしょうと待ってた。
サイトからはひと月に一度入荷状況を連絡くれる。
で、待つ事三か月。
二月の初めに来たメールにはいまだ取り寄せ中とだけ書いてある。
いったいいつまで待てばってことで確認すると、
来年まで自分の順番は来ないと判明(笑)。
速攻取り消しました。
待っていたのはイタリア商事のバウルーのシングルという商品。
結構お高くて4千円弱くらい。
当然どこに見在庫など無く、
売っているところはとんでもないプレミア価格つけているし。
ってことで、同じような商品買ったのが上。
1300円くらいだったような。


作ってみた。
C-0205.jpg C-0208.jpg C-0213.jpg

欲しかったバウルー(こんな名前ですが国産)は結局買わなかったので、
それと比べることはできませんが・・・。
ハムカツサンドとハムとチーズのホットサンド。
これで十分旨いと思えるもの出来ます。
多分違いは見た目とか、
パンの端のくっつき具合とかなのだと思う。

普段の朝食は米の飯派ですが、
休日の朝食やおやつに作って食べるのには
調度良いもの買ったと思ってます。
もう少しして、
バウルーが呈すかで買えるようになったら
それも買ってもいいかななどと思えるくらいには
ホットサンド気に入りました(笑)。




ここからは書評。
と言っても大したこと書かないので、
読書感想程度に思ってくれれば。

まずは、大沢在昌の魔女の封印(敬称略)。
C-0023.jpg

魔女シリーズ三段目。
面白く読ませていただきました。
大沢さんの本はほとんど読んでますが、
相変わらずのエンターテイメントです。
ありえない存在をさも実在するかのように
作り上げて書かれているのはいつものことですが、面白い。

出来れば魔女シリーズの一から順番に読まれた方が
より楽しめると思いますが、これだけ読んでも面白いかと。





東野圭吾のラプラスの魔女。
C-0025.jpg

最初の大沢さんのと魔女被りです(笑)。
しかもありえない存在をさもそれっぽくというのも同じ。

実は東野さんの作品読んだの久しぶり。
初期から中期くらいの作品はほとんど読んでるはず。
さまよう刃とか容疑者Xの献身とか、
あたりからなんとなく読まなくって久しぶりの東野さんの作品。

此方も面白く読みましたが、
実在しなさ加減が読みながらもずっと消えないのは残念。
とはいえ一気読みしましたが(笑)。
これ読んで最近の東野さんの作品また読もうかなって
思わせるくらい面白かったです。





間山仁の当確師。
C-0029.jpg

経済小説というかハゲタカのイメージ強いですけど、
新しいというか今まで間山さんが書かなかったジャンルの小説。

自分的には間山さん得意の上下二巻の超長編にして、
書き上げて欲しかったかなって感じ。
まぁ、選挙の裏側あからさまに書くと色々差しさわりがあって
これくらいかなって妥協点がこの本なのでしょうけど、
さらっと流さずにもっと深みまで書いたら面白いのにって思った。

ハゲタカ同様これも続いていくのかもしれませんけど。
その時はまた楽しみに読みます。





孤独のグルメ。
C-0015.jpg

此方は漫画。
久しぶりの第二巻。
テレビドラマで今はシーズン5までやっているので、
そちらで知っている方の方が多いかも。

相変わらずの鉄板で面白かったですが、
久しぶりの五郎さんはテレビドラマに影響されたような
セリフが多かったのがちょっと目についたかと。
それでも三巻出たら買うでしょうけど(笑)。





きのう何食べた?の11巻。
C-0020.jpg

自分上でホットサンドメーカーなんて紹介しているくらいで、
食べ物関係大好きです。
特に食べ物作っている漫画はなぜか好き。
食べ歩き系のテレビもよく見ますが。

漫画だと、クッキングパパとか、深夜食堂とか、ワカコ酒とか、
以前は美味しんぼも読んでましたが、100巻当たりでやめた。

これもそんな食べ物関係の漫画。
で、この漫画作っている食べ物が日常の食べ物が多い。
同じものを作ったりはしませんが、
日常の料理の参考にしてもらわせています。
主人公が同年代というのも大きいかも。

久しぶりに文章いっぱい書いた気がします。
相変わらずの乱文失礼ということで、
今日はここまで。

水替え

2016/02/23 Tue

今日は曇り。
午前中一時青空も見えましたが、
後は終日曇ってます。
予報だと夕方から雨で、
夜中には雪に変わるとか・・・。
まだ2月ですからいくら降っても不思議じゃないのですけど、
今シーズンに関してはもう降らない気がしてきた(笑)。





今日は昨日も書いたように週末の水替えの様子。
何時も載せますが、いつもと同じです(笑)。
しかも今回は濾過槽洗いもないので、
水抜いて入れるだけという簡単作業。
なので写真撮影していられる。
濾過槽洗っているときは手が濡れているのでカメラ触れない。
しかも水槽に水足している間暇だったので、
昨日載せた写真撮影もしたし(笑)。
ということでその様子。

まずはポンプで水抜きます。
C-0042.jpg C-0048.jpg C-0045.jpg

ポンプに備え付けているホースは3メートル。
当初、このポンプは盥に溜めた水を水槽に入れるときのために買った。
なのでホースはそんなに長くない。
ホースの長さが足らない分は塩ビ管つないで排水。


親水槽注水中。
C-0032.jpg C-0070.jpg C-0197.jpg

水道水をマーフィードに通して直接注水。
水温下がりますが気にしない(笑)。


浄水器。
C-0049.jpg C-0091.jpg C-0092.jpg

車庫には水道無いので家からホースで水を引き、
マーフィードに繋いでます。
外れないように水道用のホースコック付けてあります。

中央はマーフィードの上部。
しょっちゅう躓いて転ばすのでボコボコです(笑)。


三才水槽。
C-0036.jpg C-0084.jpg C-0126.jpg C-0189.jpg

左から水抜き終わった状態。
後は順次注水して、満水状態が右。


二才水槽。
C-0122.jpg C-0130.jpg C-0178.jpg

此方も三才水槽同様です。
が、一寸ばかり目を離したすきに通常より水が入りすぎた(笑)。
溢れなかったので良しとします。


水温系。
C-0181.jpg

お風呂用の水温系ですが水温表示のところ以外は
錦鯉用と同じ。
新水足したので若干水温下がっている。
何時もだと10度前後です。

濾過槽洗わなければ水替えは超簡単(笑)。
面倒なのは家からホースを引いてきたり、
終わったらホースを片づけることくらい。
何時もだとこの時期雪の上をホース這わせてくるので、
きっと水温それだけでも下がっていると思う。
雪の付いたホース片づけるの冷たいし(笑)。

こんな感じで車庫の水槽の水替えしてます。





玄関の当才水槽。
C-0238.jpg C-0239.jpg C-0243.jpg

此方は先週水替えした。
このとき汚くなっていた水作だけ洗ったのですが、
水が冷たくて面倒だったの水槽の壁面洗いはパスした。
例年より暖かいのと晴れが多くて光が多いのか、
あっという間に壁面と言わずいたるところに苔が・・・。
次の水替え時は冷たくても壁面掃除もします。

しかし、苔って少し目立ってきたかなと思うと、
あっという間に繁殖してくるのはなぜって言いたい(笑)。


此方は水作。
C-0245.jpg

写真だと汚そうに見えますが・・・、
実際に汚いのですけど(笑)、
しっかり糞吸い込んでくれてます。

水作のフラワー、
安売りしているの探そうかと思う今日この頃。

春はまだ遠いようです・・・

2016/02/22 Mon

今日は晴れ。
午前中は曇ってましたが、
お昼ころから日が差してきた・・・。
これくらいの天気なら晴れで良いかと。

週明けにいつも書きますが、
休日にすることがない(笑)。
例年なら週末ごとに屋根から落ちた雪片付けが
待っているのですが、それもなく。
畑には雪は売るほどありますが、
それを除雪するほどの必要も感じない。
結果、週末の行事は金魚の水替えのみ(笑)。
だいたい土曜日の午前中に終わってあとは暇。
今回もそんな感じでした。

そんな中、昨日は金魚仲間のWさんが遊びに来てくれた。
水槽見ながらの金魚談義。
楽しいひと時を過ごすことができました。
何時ものことですが、同好の士と共通の話題についての
とりとめのない話はいくら時間があっても足りません。
また機会があったら遊びに来てください。





今日はそんな土曜日の水替え中。
車庫や家の周りの様子の紹介。
ここのところ暖かかったので
何か春っぽいものの写真が撮れないかなと
思って出かけたのですが、
さすがに二月中旬だとまだ早すぎたようです(笑)。

まずはいつものように車庫前の道路。
C-0093.jpg

例年なら3月下旬か4月の上旬くらいの雪。
道路わきの法面の雪が無い(笑)。





フキノトウ。
C-0095.jpg C-0096.jpg

今回唯一春っぽかったもの。
大量にあれば採ってきても良いのですが、
二個じゃさすがに少なすぎる。





ウサギの落とし物。
C-0099.jpg





イケス脇の田んぼ。
C-0109.jpg C-0112.jpg

個の田んぼは例年一番最初に雪がなくなるのですが、
此方も何時もの年より一月以上早い。





野池と田んぼ。
C-0108.jpg C-0115.jpg

上の田んぼから水が流れ込む野池が左。
その水がさらに流れてくる田んぼが右。
個の田んぼの畔は毎年雪消えが早いので、
ここに春一番で食べる冬菜を植えてあるのですが。
いつ食べられるように成るでしょうか。





いつもの山。
C-0134.jpg

少し前までは真っ白だった景色も、
だいぶ茶色が目立つようになってきた。





此方も何時もの棚田・棚池。
C-0146.jpg C-0149.jpg

ここも湧水が有る野池は表面が溶けてきてる。





県道。
C-0144.jpg

ガードレールが見えるし。





カーブミラー。
C-0132.jpg

此方の雪も足元はほぼ無い。





道路の法面。
C-0137.jpg C-0156.jpg





道路わきのポール。
C-0143.jpg

積雪120センチくらいでしょうか。





稲架場
C-0155.jpg





杉の木。
C-0117.jpg

花粉が飛ぶにはまだ早いのか・・・。
もう少しオレンジがかってって来たらやばいのかな。





法面除雪の作業中。
C-0053.jpg

この時点でほぼ終了間際なのかな。
道路下にグレー色で飛ばされているのが、
法面にあった雪。

例年ならこれくらいの雪じゃこんなことしない。
今年は異様に雪がないので、
除雪業者の救済という意味合いが強いようです。





最後はちょっとだけ春らしい色のあるものを。
夏坊主の花。
C-0056.jpg C-0059.jpg C-0060.jpg

ここのところの陽気で花開いた。

夏坊主は春と秋に二度花が開くと思ってましたが、
勘違いだったようで秋のつぼみが今開きだした。





提灯花。
C-0062.jpg C-0065.jpg

こいつに季節は関係ないらしく、
一年自由つぼみをつけては花を咲かせている。
ある意味冬場は貴重な種類かと。





南天の実。
C-0066.jpg





アマランサスの実。
C-0068.jpg





昨日の夕方。
C-0220.jpg

午前中は雨ふりで午後からは曇り。
夕方一瞬だけ晴れ間があって、
その後は雪が降ったりしていた昨日。
その夕方の晴れ間に。

本当は引き続き水替えの様子も紹介するつもりでしたが、
長くなったのでそれは次回。
と言っても、水替えは頻繁に紹介してますが。
気分ということで・・・(笑)。

雄親について

2016/02/19 Fri

今日も晴れ。
昼前は曇ってましたが、今は晴れてる。
外は気温も高くてこの時期じゃないみたい・・・。
車の中なら上着不要って感じです。





今日はこれからの産卵時期に備えて、
雄親についてちょっと書いてみます。
と言っても何時ものように答えがあるわけでも、
決まりがあるわけでもない自分の思うことでしかないのですけど。
それに何度か書いたことがあることばかりのような気もしますし・・・。

自分の思っていることを要約するとこんな感じ。

体型は雌親から引き継き、
体質はオス親から引き継ぐ。

当然これが全てはないですが、
これを意識して子取りの時の親の組み合わせを考えます。
簡単に書くと、
例えば今年はデカいタイプの子が欲しいと思ったら、
雌親にデカいやつを使う。
丸くてデカいやつが欲しいならそれに合った雌親。

で、その雌の体質に何を乗せたいのか。
肌の質なのか緋の質なのか・・・。
形なのかさらに体型を追うのか等々です。
当然全てそろっていれば文句無いわけですが、
そうそうすべてがそろった親がいるわけもなく。
自分の優先したいものを持っている雄を掛けるわけです。


脱線しますが、
雄親ってなかなか大きくならない。
同じように飼っても絶対にメスの方がデカくなる。
代わりに形の良いのだったり、
緋質の良いものだったリが雄には出る。
その雄の特徴を子に引き継がせたいわけで・・・。

文章にして書くとこの程度ですが、
これを実践するとなるとなかなか難しいわけで。
赤勝ちが良いとか、白勝ちが良いとかを
そこにはめ込んでいくと無限ループにはまるわけです(笑)。

毎年子取りしてますが、
中々思うような子が取れなかったりで、
難しいわけです(笑)。

まぁ、選別の仕方とかもあるので
一概には言えませんけどね。

こんなこと書いてますが、
自分の子取りは雌複数に雄をさらに複数っていう、
金魚屋さん方式で採るので最終的には
何と何が掛かっているかはわからないのですけど・・・。
それでも仕上がってきた子を見れば
どれの血が入っているかはなんとなくわかるわけで。


ここまでは掛け合わせの話ですが、
やっぱり最終的には形の良いもの同士を掛け合わせる。
するととんでもなく素白の出現率が高くなるというのは
また別の話(笑)。





実際のオス親。
7-9120.jpg 7-9168.jpg 7-9727.jpg

こやつはかなり以前から使っている
我が家の定番。
前々回出したやつと同様。
あれとは全然体型違っているのが魅力。





7-9054.jpg 7-9047.jpg 7-8674.jpg

これはたぶん前々回のオス親の子。
体型も形もそっくり。





7-9035.jpg 7-9113.jpg 7-8697.jpg

こいつはオス親の中じゃデカい方。
以前極上玉さばで紹介したものの兄弟。
こいつの形や緋質は抜群。





7-8542.jpg 7-9174.jpg 7-9089.jpg

とっても特徴的な緋質をしている。
この真っ赤な緋を継がせたいわけで・・・。





おまけ。
7-9718.jpg

上段のオスの後姿。
このアングルで綺麗に見える個体は特に好きです(笑)。





予告。
7-9620.jpg

この週末にこいつの写真撮れたら
来週はこいつを紹介したいのですが・・・。
写真のようにいつもホースの下にいて、
中々思うように写真撮らせてくれないのです。

金魚色々

2016/02/18 Thu

今日は晴れ。
朝から気持ちの良い青空。

ですが、今朝は早朝除雪。
昨夜、自分が帰ってから今朝までの積雪量は2センチくらい。
なのですが、昨日の朝から夕方までが結構積もった。
車庫の前だけは親父が夕方除雪してくれてたので、
車を入れるのに支障有りませんでしたがそれ以外は手つかず。
ということで小一時間の除雪作業。
以前は六時に起きてもまだ真っ暗でしたが、
今は六時だとそこそこ明るい。
寒さは変わりなくても真っ暗なのと明るいのとでは、
外に向かう気分も違う(笑)。
予報だと今日明日晴れてその後雨だとか・・・。
今回積もった分くらいはあっという間になくなりそうです。





まずはいつもの山とブナの木から。
C-0011.jpg

C-0003.jpg C-0007.jpg

代り映えのない景色だとは思いますが、
今頃の様子ということで(笑)。





今日も金魚ですが、まずは水槽の写真から。
親水槽。
7-8162.jpg 7-9007.jpg 7-8165.jpg

7-8482.jpg 7-8483.jpg
 
上の写真見るとそんなに混みあってもいない感じに見えるかもしれませんが、
実際は結構窮屈なのです。
その様子が下。





三才水槽。
7-8166.jpg 7-8168.jpg 7-4730.jpg





二才水槽。
7-4181.jpg 7-4339.jpg 7-8171.jpg

今時期そんなに餌もやらないので、
どの水槽も水はビカビカです。
いつもこれくらいでいてくれると見る方は楽しいのですが(笑)。





メインは三才水槽から。
いろんなやつを。
7-4421.jpg 7-4417.jpg 7-4424.jpg 7-4428.jpg

7-4437.jpg 7-4439.jpg 7-4504.jpg 7-4509.jpg 

7-4737.jpg 7-4747.jpg 7-4751.jpg 7-4752.jpg 


7-4756.jpg 7-4757.jpg 7-4762.jpg 7-4868.jpg

7-4871.jpg 7-4874.jpg 7-4878.jpg 7-4882.jpg

7-4892.jpg 7-4903.jpg 7Ⅱ-5865 7Ⅱ-5872

7Ⅱ-5873 7Ⅱ-5876 7Ⅱ-5879 

7Ⅱ-5885 7-4349.jpg 7-4356.jpg

当才がいたり五才がいたりで、かなりなんでもありの三才水槽。
でも呼ぶときは三才水槽ですけど・・・(笑)。

親水槽には入らなかったけど、
実は結構な奴がいたりもします。

長老

2016/02/15 Mon

今日は雪。
時折止んだりしますが基本降っている感じ。
降るときは激しく降ってきたりもするし。

土日の高温で雪がだいぶ解けた。
半分は大げさにしても三分の二くらいまで積雪は減った感じ。
今シーズンは積もった雪の上に更に雪降ってという
繰り返しがない。
なので積もっている雪はそんなに締まっていない。
一度暖かい雨降るとあっという間に溶けます。
しかも昨日の午前中は土砂降りの雨だったし・・・。
この分だと雪消えは早そうかな。





この時期書くことがない(笑)。
何時もの年なら除雪や積雪の様子で日を稼ぐのですが、
今年は紹介するほどの雪も降らないし・・・。
なので唯一金魚頼みです。

ということで今日の魚。
この個体は毎シーズン紹介している。
ちなみに去年だと1月12日、
一昨年だと2月16日に出してます。
それ以前の年も紹介しているはず・・・。
そのほかでも紹介しているかもしれませんが。
年明けたのでもう9才になりました。
その割に老けませんけどが。

オスの親です。
7-8788_20160215142408170.jpg 7-9068.jpg 7-9889.jpg





7-0035.jpg 7-9897.jpg 7-0038.jpg 7-9064.jpg





7-9523.jpg 7-9069.jpg 7-9525.jpg 7-9873.jpg





7-0017.jpg 7-9877.jpg 7-9513.jpg 7-0047.jpg





7-9906.jpg 7-9207.jpg

特徴はなんといっても長い鰭。
最近は短尾が人気でこんなに長い尻尾ゆらゆら降って
優雅に泳ぐ魚は見なくなった気もしますが・・・。
個人的には長尾の方が好きなので
こんな個体は大好きです。

写真だとそんなに大きく見えないかもしれませんし、
我が家の親水槽にいると特別大きな個体ではないですが、
単独で見ればけっこうな大きさのあるオス親だったりします。

模様もそうですし緋質・肌質もこれから引き継いでいると思われる、
子たちはかなりいます。

何事もなく冬を越せたら今シーズンも
子取りのオス親として働いてもらう予定です。

さば尾

2016/02/14 Sun

今日の午前中は激しい雨ふり。
その雨もお昼過ぎには上がって午後からは曇り。
ですが、気温は高くて室内だとファンヒーター不要。

で、今日は二日酔い(笑)。
昨日は金魚のお仲間との飲み会。
大変楽しく飲みましたが、飲みすぎた・・・。
朝から具合悪いです。
そのせいで朝からご迷惑かけた方に
この場を借りて謝りたいと思います。
朝っぱらからお騒がせして申し訳ありませんでした。
でも、楽しい飲み会だったので機会があったらまた飲みましょう。

夕方になっても具合悪いままなので、
今日はあっさり行きます(笑)。





まずはさば尾の写真から。
7-8330_2016021214002557d.jpg 7-8277.jpg 7-8537.jpg
 




7-8187.jpg 7-8192.jpg 7-8251.jpg 





7-8274.jpg 7-8174_20160212140419e46.jpg 7-8622.jpg 





7-9261.jpg 7-9267.jpg 7-9122.jpg

前々回に次ぎ紹介するって書いた子です。
上の9枚の写真撮った時は機嫌悪かったらしく、
頭に白い点が着いているし、
肌もなんとなく荒れ気味でしたが、
数日したら機嫌も直ったらしく肌も治まってきた。
それが下段の三枚。

前回のさば尾も良かったと思いますが、
この個体はまた違う魅力があるかと。
体型としてはこちらがよりさば尾っぽいかな。
もう少し形に面白みというか、
遊び心があれば尚良いとは思いますが、
いつものことでないものは仕方ない(笑)。

ということで今日はここまで。

もう一度

2016/02/12 Fri

今日は晴れ。
朝から気持ちの良い青空が広がってます。
この時期としては珍しいほどの良い天気。
昨日から晴れが続いてますが、
おかげで今朝は放射冷却で寒かったこと。
道路はかなり凍ってた。
融雪剤撒いてあっても冷え込みが厳しくて、
綺麗には溶けていなかったりする場所もある・・・。
とばしていると足元救われます(笑)。

以前も書きましたが、
こう雪降らないと休日することがない(笑)。
昨シーズンは越冬イケスに金魚残さず秋内にみんな出荷した。
こんなに降らないならイケスに金魚残しておけばよかったかも・・・。
これくらいの雪なら毎週のように様子見に行ける。
しかもそれですることできるし(笑)。
休みに何もせず飯だけ食べていると春にはさらに太りそうです。
大丈夫か、自分。





今日は1月25日に紹介したさば尾をもう一度。
かなりのお気に入りなのですが、
十分に紹介できなかったので・・・。
前回、体高有るけどそんなに太くならない個体として紹介してる。
写真見てもらえれば分かりますが、
太さもそれなりにはあるのです。
ただ、これだけ体高ある割に太さが付いてこないってことで。

それでは写真です。
7-9234.jpg 7-9964.jpg 7-9272.jpg





7-9644.jpg 7-9754.jpg 7-9270.jpg





7-9772.jpg 7-9270.jpg 7-9183.jpg





7-9793.jpg 7-9640.jpg 7-9185.jpg





7-9240.jpg 7-9959.jpg 7-9188.jpg





7-9762.jpg 7-9451.jpg 7-9142.jpg

ほとんどがストロボ炊いてとっているのですが、
一番下の左だけストロボ無しの画像です。
実際に見た緋と肌の白さはこちらの方により似ている。

今は太さ無いですが、
今年一夏飼えばもう少し太くなる予感はするのですが・・・。
それに個体が耐えられるかっていう問題をクリアすればですけど。

そういえば今日は別の個体を紹介するって前回書いた。
それは繰り越しということで。

さば尾の体形、色々

2016/02/10 Wed

今日は午前は曇り時々雪。
午後からは曇り。
天気予報通りです。
予報だと先週末は大荒れで、
昨日今日も大雪のはずだったのですが・・・。
降るには降りましたが大したことはなく。
期待外れというか降らなくてよかったというか、微妙です(笑)。
それでも今朝は久しぶりに早朝除雪しましたけど。

予報だと今週末からだいぶ暖かくなるらしい。
体調管理に気を付けましょう。





さっさと行きます。
今日はさば尾の体形の話。
何時ものように結論が出るような話ではなく、
一口にさば尾と言ってもいろんな体形の魚がいるって話。
興味のない人が見ても違いは判らないかも(笑)。
それくらい微妙な話というか違い。

本題に行く前に一つだけ・・・。
さば尾は上見を楽しむ魚だと思っていますが、
横見で楽しめるタイプのさば思います。
どちらが良いとか正解とかはないと思っている。
自分が好きなように楽しめばよい。
ただ、玉さばの素赤は体形が良ければ有だと思いますが、
さば尾に関してはいくら体形が良くても素赤は無しです。
当然素白なんて問題外だと思いますし。
とはいえ、これも自分の個人的な見解ですけど・・・。


今日は分かりやすいように紹介する魚みんな親魚ばかりです。
ということで、
まずはスタンダードタイプ。
7-4358.jpg 7-4628.jpg 7Ⅱ-7073 7-8594.jpg

7Ⅱ-5822 7Ⅱ-6552 7Ⅱ-5825 7Ⅱ-6833

7-4224.jpg 7Ⅱ-7189 7Ⅱ-6052 7Ⅱ-6048

さば尾という魚を知っていてさば尾ってどんなのって聞かれたら、
思いつくのがこの体形のさば尾たちだと思います。

昨シーズンは全部出しているし、
中断の魚は今シーズンも以前紹介している。
ちなみに下段の魚は一昨年の品評会の
さば尾の部で一番だった個体。

形が良くて太見のある体形がさば尾の基本だと思いますが、
これらは基本通りって感じでしょうか。





次はこれ。
7-4375.jpg 7-5233.jpg 7-8797.jpg 7-8811.jpg

上と同じような感じですが、
それほど太さが付いてこないタイプ。
最初に挙げたやつらとの違いは微妙ですが、
太さと迫力で見せるさば尾にとっては
微妙なその太さの不足が、
やっぱりかなりの問題なわけで・・・。

とはいえ、
このタイプが一番飼いやすいことも確かなのですけど。
この二つの体形がほとんどを占める、かな。





次。
7-4776.jpg 7Ⅱ-6037 7Ⅱ-6027 7Ⅱ-6152

それほど太くならずに大高が出るタイプ。
これも今シーズンすでに紹介している。
個人的にはかなりのお気に入り。
上見だとそれほど太さ無いので目立ちませんが、
気づくと目を引かれる、かと。





次。
7-8829.jpg 7Ⅱ-6923 7-8470.jpg 7-4997.jpg

これをさば尾と呼ぶか玉さばと呼ぶかは微妙。
玉さばだと言ってしまえば玉さば(笑)。

以前、二段の親分と呼んでいた魚と同体形。
どうせならみんなこんな体型になってくれれば面白いですが、
中々こんな体型の子は出ません。





次。
7-8707.jpg 7-8278.jpg 7-8536.jpg 7-8275.jpg

玉さばが間延びしたような体系とでも呼べば良いのかな(笑)。
体高もあって太さもあってでも最初に紹介したタイプとは違う。
去年はもう少し丸かったように覚えてますけど、
昨秋あがってきたらかなり伸びてた。
これで又玉さばと呼べるくらい丸くなってくれれば面白いですけどね。
まぁ、それは無理かと(笑)。

次はこの魚紹介しようと思っています。





最後はおまけ。
自分が良いと思ったさば尾たち。
7-1208.jpg 7-3729.jpg 7-5381.jpg 7-1214.jpg

7-0630.jpg 7-6687_20160210133800432.jpg 7-9316.jpg 7-6218.jpg





7-3637.jpg 7-2177.jpg 7-3983.jpg 7-5393.jpg

7-1260.jpg 7-6100.jpg 7-6482.jpg 7-6769.jpg

上段は普通体形のさば尾にさらに太美が付いた感じ。
形も良くて自分的にはさば尾では過去最高に好きな個体です。

下段は太さが付いてこないさば尾だけど体高はあるやつ。
この魚は上見だと白が目立ちましたが、
横見がとっても綺麗なさば尾だった。

二匹とも今はいませんが・・・。

雪の様子と当才水槽 その三

2016/02/08 Mon

今日は晴れ。
朝から気持ちの良い快晴。
その分今朝の冷え込みはきつかったですけど・・・。
車の車載温度計でマイナス4度。
寒いところの方から見るとそんなに低くないとは思いますが、
雪は降るけど気温はそんなに下がらない当地としては低い方、かな。

ただ、先週末当たりの予報だと今日は曇り雪だったはず。
こんな晴れの予報じゃなかったはずなのですが。
今週は週中から気温も上がり
だいぶ春めいた陽気になるといってますが・・・
どうなるでしょう。





今日も写真大量なのでさっさと行きます。
今朝の様子から。
O-8719.jpg O-8712.jpg

いつもの山とブナの木。
青空が気持ちよいかと・・・。





厳冬期なので雪の写真も(笑)。
O-8648.jpg O-8657.jpg

先週の金曜日。
積もりそうな雪が降っている。





週末に撮った我が家周辺の雪の様子。
いつもの山と棚田・棚池。
O-8671.jpg O-8675.jpg O-8684.jpg





湧水の湧いている野池。
O-8685.jpg

何時もの年なら真っ白のはずですが、
今年は湧水が分かる。





ちょっとした雪崩。
O-8687.jpg

上の野池の法面。





我が家の車庫の前。
O-8658.jpg O-8665.jpg

電柱の埋まり具合で積雪量が分かるかと。
つまりたいして積もってない(笑)。





田んぼ。
O-8663.jpg

道の雪をロータリーが田んぼに飛ばす。
といっても何時もの年ならもう道路より高く積もっている頃なのですけど。





カーブミラーとその道路。
O-8668.jpg O-8682.jpg

此方の道路は融雪剤撒くので車庫前の道と違って
雪は残っていない。





雪崩止め。
O-8681.jpg

何時もの年な比べてずいぶん軽そうです(笑)。





稲架場。
O-8695.jpg

ここも例年なら横の短カンくらいまで雪が積もる。

今シーズンの雪いかに少ないか・・・。





前回に引き続き当才水槽の写真。
最初は小サイズ。
7Ⅱ-7662 7Ⅱ-7673 7Ⅱ-7797 7Ⅱ-7800

7Ⅱ-7920 7Ⅱ-7911 7Ⅱ-7910 7Ⅱ-7908

7Ⅱ-7907 7Ⅱ-7942 7Ⅱ-7937 7Ⅱ-7935

7Ⅱ-7932 7Ⅱ-7955 7Ⅱ-7949 7Ⅱ-7947

7Ⅱ-7945 7Ⅱ-7923 7Ⅱ-7965 7Ⅱ-7963

7Ⅱ-7961 7Ⅱ-7960 7Ⅱ-7957 7Ⅱ-7982

7Ⅱ-7980 7Ⅱ-7977 7Ⅱ-7968 7Ⅱ-7967






大サイズ。
7Ⅱ-7421 7Ⅱ-7416 7Ⅱ-7413 7Ⅱ-7402

7Ⅱ-7397 7Ⅱ-7493 7Ⅱ-7492 7Ⅱ-7480

7Ⅱ-7460 7Ⅱ-7436 7Ⅱ-7528 7Ⅱ-7524

7Ⅱ-7503 7Ⅱ-7497 7Ⅱ-7496 7Ⅱ-7563

7Ⅱ-7548 7Ⅱ-7544 7Ⅱ-7542 7Ⅱ-7541

7Ⅱ-7600 7Ⅱ-7598 7Ⅱ-7595 7Ⅱ-7568

ということで、また。

当才水槽から その二

2016/02/05 Fri

今は雪降り。
積もりそうな雪が深々と降ってますが・・・。
夕べからの積雪量的には多くない。
除雪必要かと思って起きたけど、
たいして積もっていないので、
除雪せずにブログ書いてます(笑)。
ってことで、今日も早朝更新です。

旧暦では昨日から新年。
でもって春ってことですけど、
春が当地に来るのはもうしばらく先のこと。
雪のある生活を何とか謳歌できないものかと
思いますが難しいです。





今日は前回に引き続き当才水槽。
で、今回は小サイズ水槽。
こちらの壁面はそれほど傷着いてないので、
それに理に見やすいのですが・・・。
ほぼ床に直置きに近いので、
写真撮るのに苦労します(笑)。

まずは全体像から。
7Ⅱ-5404 7Ⅱ-5401 7Ⅱ-5399

7Ⅱ-5395 7Ⅱ-5390 7Ⅱ-5408

こうして改めて見ると混んでますねぇ(笑)。
以前、水替えの様子を紹介したときは
転覆している奴一匹でしたが今は二匹います。
まぁ、この水温じゃ仕方ないか・・・と。





それでは個別に。
7Ⅱ-5425 7Ⅱ-5435 7Ⅱ-5438 7Ⅱ-5443

7Ⅱ-5474 7Ⅱ-5478 7Ⅱ-5479 7Ⅱ-5481 

7Ⅱ-5486 7Ⅱ-5608 7Ⅱ-5604 7Ⅱ-5603 

7Ⅱ-5598 7Ⅱ-5597 7Ⅱ-5675 7Ⅱ-5636

7Ⅱ-5619 7Ⅱ-5616 7Ⅱ-5610 7Ⅱ-7408

7Ⅱ-7407 7Ⅱ-5763 7Ⅱ-5702 7Ⅱ-5677

7Ⅱ-7610 7Ⅱ-7448 7Ⅱ-7443 7Ⅱ-7439

7Ⅱ-7410 7Ⅱ-7625 7Ⅱ-7621 7Ⅱ-7620

7Ⅱ-7617 7Ⅱ-7612 7Ⅱ-7659 7Ⅱ-7647 

7Ⅱ-7637 7Ⅱ-7631 7Ⅱ-7627 7Ⅱ-7660

前回よりは格段に見やすいかと(笑)。
いろんな雰囲気の写真を載せてみましたが、
どんなものでしょうか。

まだ当才写真沢山あるのですが、
続きを載せようか別のものにしようか思案中です。

ではまた。

当才水槽から

2016/02/03 Wed

今日は雪のち曇り。
天気予報通りって感じかな。
午前中は小雪が舞うって感じでしたが、
お昼ころから晴れた、というか止んで曇り。

今朝は数日ぶりに早朝除雪。
積雪量的には15~20センチくらいで、
これくらいなら除雪せずとも車庫からの車の出し入れは
十分可能なのですが、
屋根から落ちた雪があまり多くたまらないうちに
片づけてしまった方が楽。
屋根からの雪片付けするついでって感じで、
車庫前も早朝除雪したって感じ。
降っては止んで程々融けてを繰り返しているので、
思いのほか雪は積もらず・・・。

2月も長期予報だと大して降らないらしいですが、
どうなることでしょう・・・。





金魚の写真だけも何なので、
といってもこれも見飽きたとは思いますが・・・。
今朝の様子。
O-8642.jpg O-8646.jpg

雪が降っていたので、
ゴミみたいに雪が写っていますねぇ。





タイトルに行きますがその前に・・・。
当才水槽の水温計。
7Ⅱ-7396

見えにくいかもしれませんが、
2°ちょいってところ。
これでほぼ終日変わらない。
それでも例年よりは一度くらい高い(笑)。
何時もの年だと1°くらいかな。





最初。
7Ⅱ-5362

7Ⅱ-5363 7Ⅱ-5365 7Ⅱ-5368

水槽に明かりつけると最初は沈んだり隅に固まったり。
光に慣れてバラけて浮いてくるのを待つ・・・待つ。





それでは写真です。
7Ⅱ-5376 7Ⅱ-5380 7Ⅱ-5444 7Ⅱ-5420

7Ⅱ-5417 7Ⅱ-5413 7Ⅱ-5389 7Ⅱ-5463

7Ⅱ-5459 7Ⅱ-5457 7Ⅱ-5450 7Ⅱ-5446

7Ⅱ-5503 7Ⅱ-5497 7Ⅱ-5472 7Ⅱ-5469

7Ⅱ-5465 7Ⅱ-5526 7Ⅱ-5525 7Ⅱ-5522

7Ⅱ-5521 7Ⅱ-5508 7Ⅱ-5555 7Ⅱ-5547

7Ⅱ-5544 7Ⅱ-5539 7Ⅱ-5528 7Ⅱ-5706

7Ⅱ-5698 7Ⅱ-5695 7Ⅱ-5693 7Ⅱ-5672

7Ⅱ-5735 7Ⅱ-5728 7Ⅱ-5725 7Ⅱ-5723

7Ⅱ-5712 7Ⅱ-5743 7Ⅱ-5751 7Ⅱ-5763

折角撮ったので大量投下です(笑)。
いろんなやつがいるってことで見てもらえれば。

こうしてみると頭の坊主や背白もけっこう残しているのが分かるかと。





失敗例。
7Ⅱ-5636 7Ⅱ-5702

電気つけてしばらくして光に慣れてくると、
今度は餌がもらえるのではと水面を気にするようになる。
実際は左のような体制でいる個体が多い。
これだと形もわからないので・・・。

何時ものことですが、この水槽壁面が綺麗じゃない(笑)。
壁面から少し離れた個体の写真撮ろうとすると、
右のようなピンぼけ写真になる。
まぁ、同じような写真上で紹介してますけどね。

極上 玉さば

2016/02/02 Tue

今日も雪。
昨日は嫌そうに降ってましたが、
今日は結構な降り。
かと思えば今にも止みそうな小ぶりになったりしてますが、
基本今日は良い降り続けてます。
ただ、今年の特徴で降るのですが、
そんなに積もりそうな雪じゃない・・・。
それでもさすがに明日は早朝除雪でしょうけど。
まぁ、たまには運動しないと・・・本当は面倒ですけど(笑)。





今日も写真紹介してあっさり行きます。
6才の玉さば。
7Ⅱ-6759 7Ⅱ-6792 7Ⅱ-6576





7Ⅱ-5846 7Ⅱ-6761 7Ⅱ-6822





7Ⅱ-6802 7Ⅱ-6579 7Ⅱ-6748





7Ⅱ-6547 7Ⅱ-6823 5-0882.jpg





7Ⅱ-6544 7Ⅱ-6815 7Ⅱ-5849





7Ⅱ-6753 7Ⅱ-6791 5-0880.jpg

同じような写真並べましたが、
同一個体でしかも左右均等に近い形しているので、
おのずと同じような写真になります。

この個体昨シーズンの13年11月11日と、
14年の2月5日にも紹介していますので、
興味があったら一年でどれくらい大きくなっているか
見比べてみてください。
といっても並べて比較ってわけじゃないので
分かりずらいとは思いますが。

鉢が坊主でも背割れでも窓空きも気にしないで
綺麗なら立てるとは言ってますが、
できるならば坊主でなく、背割れでない方が良いのは
言うまでもない話で・・・。
そういう意味ではまさに極上といってよい玉さばだと思います。
体系も形も揃った個体ってそうはいないわけで・・・。


この個体も一昨年の11月に紹介している個体も、
個人的には昨シーズンがピークなのだろうなと
漠然とながら思っていた。
(一昨年の秋上りが良かったので・・・)
玉も良いし形も良いってことで昨シーズンの子取りの親にも使った。
で、後は親池に放してゆっくり秋まで休養って思っていたのですが、
去年の秋上げたら前シーズンより丸くなくなっている。
この辺は去年の写真と見比べてもらえばわかるはず。
サイズ的にも一回り以上でかくなっているし。

ということは今シーズン上手く飼えばさらに丸くなるってことで。
我が家の玉さばは前後に伸びてから肉が付くを繰り返す。
つまり今シーズンはもっと丸くなって上がってくるかも。
このサイズを親池入れると秋に無事あがってくるかが心配ですけど・・・。

緋の質・肌質ともに良いので、
この体質と体系が今年立てる明けに際に引き継がれる
面白いことになるのですけどね。

蛇足ですが、一昨年の11月に同時に紹介している三匹のうち、
一匹はお譲りしたので手元にはいない。
もう一匹一昨年の品評会に連れて行った子が残ってますが、
此方は今日紹介した個体と違って
昨シーズンでさらに丸くでかくなって上がってきました。
それはまたいずれ紹介します。
そちらも極上ですよ(笑)。

今日のさば尾は好き嫌いが分かれるところ・・・かも

2016/02/01 Mon

今日は小雪。
朝からずっと面倒くさそうに降ってます。
といっても、もうすぐ止みそうな感じですけど・・・。
この週末も特に降らず(笑)。
降ったのが金曜から土曜日にかけて。
なので土曜日は除雪しましたけど、
日曜日はすることもなく・・・。
この時期休みに除雪がないと体動かすことがない。
水替えはしますが体動かさないし・・・。

まぁ、一応この週末は玄関水槽の水替えしましたけど。
濾過槽掃除もしないし・・・簡単に済ませました。
唯一当才水槽の壁面掃除だけはしましたが、
水は痛いほどに冷たかったですけど、
体動かしたことにはならないですねぇ(笑)。





今日は写真紹介して、さらっと行きます。
まずは写真から、三段のさば尾。
7Ⅱ-6838 7Ⅱ-6836 7Ⅱ-6549





7-4982.jpg 7-3875.jpg 7Ⅱ-5821





7-4985.jpg 7-4159.jpg 7-5028.jpg





7-4157.jpg 7Ⅱ-6839 7Ⅱ-7116





7Ⅱ-6541 7Ⅱ-7117
一見、鯉みたいな模様ですが、
こんなさば尾も有りってことで紹介です。
上見重視の自分的には十分ありの形ですし、
太さ的にはさば尾って感じの太見を持ってます。

ただ、上見重視の自分ですら、
背中の緋はもう少し巻き下がって欲しいと思いますが、
何時ものことながら無いものは仕方ない。
ただ、横見重視の水槽飼育派の方にとっては
この巻き下がりだとちょっと辛いかも(笑)。
横見を重視するなら巻き下がりがあるか、
腹の緋が欲しいところかもしれませんけど・・・。

実は結構大きかったりするのですが、
こうしてみるとそんな実感ないですねぇ。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR