山回りの途中で

2016/04/28 Thu

今日は雨降り。
予報通りで結構な降りの雨です。

いつも書き出しは天気ですが、
当然天気予報はよく見ているわけで(笑)。
予報見ながらいつも疑問に思うことがある。

天気予報につきものの降水確率。
降水確率10%ってことは、
その確率が出た時が10日有れば
一日は雨が降るって確率ってことだと思うし・・・。
90%ってことは、それが10日有れば一日は
晴れるって事じゃないかと思うわけですが、
決してそんなことは無く(笑)。
10%の日は何日集めても雨は降らず・・・。
逆に90%の日はまず確実に雨が降る。
しかも確率が高い時ほど雨は強く降る傾向にあり・・・。

こちらが雨を期待している時ほど、当たらず(笑)。
雪などでもうこれ以上降らないで欲しいと思っている時に限って
予報はあたる訳で・・・。
こちらの期待など予報に関係はあるはずないのですけど、
つい、思ってしまうわけで・・・。
まぁ、今年もそんな天気を気にする時期が来たということなのですけど(笑)。





まだ特に何をするわけでないですが、
朝の散歩代わりの山回り。
昨日の山回りの途中で撮った写真です。

いつもの山から。
C-1920.jpg





チューリップ。
C-1923.jpg C-1925.jpg

朝なので花が開いていませんが・・・。





水仙色々。
C-1934.jpg C-1935.jpg C-1937.jpg

C-1939.jpg C-1941.jpg C-1932.jpg

同じように咲いている水仙もよく見ると微妙に違っていたり。





花。
C-1944.jpg C-1947.jpg





アケビの花のようなもの。
C-1954.jpg C-1956.jpg





スズランのつぼみ。
C-1958.jpg





アスパラガス。
C-1960.jpg C-1962.jpg

今日の雨でアスパラ伸びることでしょう。





キャベツの薹。
C-1968.jpg

去年採ったキャベツの脇芽をそのままで越冬。
その脇芽から薹立ちした。





水菜の花。
C-1974.jpg





ゴボウ。
C-1977.jpg

去年の種が発芽しなかったものが今芽吹いてきたのか・・・?





ラッキョウとニンニク。
C-1986.jpg C-1988.jpg

左の写真、多分ラッキョウで良いかと・・・。
もしかしたらアサツキかも。





ブロッコリーのつぼみ。
C-1991.jpg

こちらも去年収穫した脇芽。





独活。
C-1994.jpg

これは畑に植えられているもの。
大きくなる前にもみ殻かぶせねば・・・。

今日はここまで。
スポンサーサイト

お気に入り色々

2016/04/25 Mon

今日は晴れ。
朝から晴れてますが霞が掛かっているので
すっきり快晴って感じ、じゃない。
それでも気温は上がって暖かいですけど。


週末は久しぶりに山菜取り。
雨が降って土が濡れて予定していた
トラクターでの耕耘が出来なくなったので・・・。
当地の粘土質の畑を濡れているうちに無理やり耕耘すると
大きめの土の塊ができてそれが崩れない。
以前、やる日が無くて少しくらい良いだろってことで
無理やりトラクター動かしたら、
一夏中文句言い続けられたことあるので、
土が濡れているうちは無理しないことに決めてる。

山菜取りに行っても土が濡れていることに変わりはなく(笑)、
長靴で斜面昇るときの滑ること。
しかも久しぶりなのでこちらの膝や腰の粘りもないし・・・。
それでも雨の後はゼンマイが良く伸びる。
気持ちよくゼンマイ取してくることができました。
山菜取りに行くときはカメラはもちろん電話も持ち歩かない。
なので写真はありませんけど楽しんできたってことで。
おかげで今日は筋肉痛ですけど(笑)。

そういえば今朝早起きして、
ジャガイモ植えるという畑だけ一枚トラクターで耕耘してきました。





タイトルの写真行く前にいつもの山。
C-1917.jpg

田んぼの法面が大分緑に彩られてきた。





ブナの木。
C-1913.jpg C-1915.jpg

こちらの緑も濃くなってきた。
林の中も葉っぱで覆われて暗くなってきたし・・・。

そういえば今朝、今年初めての燕を見た。
山菜取りに行ったりシイタケ取りに行って
虫を見るようになったなぁと思っていたところ・・・。
食べるものが無ければ鳥も来ないわけで。
自然って良く出来ているなんて
柄にもないことを思ったりして(笑)。





何時ものようにお気に入りをランダムで。
7-1421.jpg 7-2728.jpg 7-2704.jpg





7-2309.jpg 7-3263.jpg 7-3022.jpg





7-9944.jpg 7-2547.jpg 7-3694_201604221504051ba.jpg





7-3867_20160422150451e90.jpg 7-3005.jpg 7-2991.jpg





7-2995.jpg 7-3193_20160422150524a09.jpg 7-3393.jpg





7-3079_20160422150600e9b.jpg 7-3315_201604221506013de.jpg 7-3373.jpg





7-3257.jpg 7-3344.jpg 7-3252_20160422150618382.jpg





7-3465.jpg 7-3718.jpg 7-3416_20160422150641210.jpg





7-8965.jpg 7-8766.jpg 7-8770.jpg

目に付いた物を撮ってみた

2016/04/22 Fri

今日は雨のち曇り。
予報だと午後からは晴れると言ってましたが、
曇ったままです。
昨日からの雨は期待通りけっこう降った。
湧水が細くなりつつあったので、
嬉しい雨でした。
おかげで明日は畑出来そうもありませんが・・・。
それは仕方ないと割り切って(笑)。





週末から今朝までに撮ったものを取り混ぜて。

まずはシイタケから。
C-1294.jpg C-1296.jpg C-1301.jpg

C-1305.jpg C-1768.jpg

上は違う日の収穫物。
最初は珍しさもあって焼けば結構な量を食べますが、
次第にその量も減ってくるわけで(笑)。






干しシイタケ。
C-1848.jpg

まだ完成前。
明日からの晴れでもっとよく乾くことでしょう。





成長過程。
C-1764.jpg C-1858.jpg C-1898.jpg

最初雨が降らなかったので、水不足で傘が割れた。
今回の雨で一気にデカくなることでしょう。





タラの芽。
C-1783.jpg C-1784.jpg





ゼンマイ。
C-1793.jpg C-1803.jpg C-1807.jpg C-1661.jpg

C-1699.jpg C-1826.jpg C-1850.jpg

下は取ってきたものを茹でで干していく過程。





ブナの葉。
C-1430.jpg C-1431.jpg





野池に散ったゴミ。
C-1552.jpg C-1555.jpg

C-1756.jpg C-1757.jpg

日曜日の風で野池に入っ枯れ葉やゴミ。





苔の胞子嚢。
C-1302.jpg





オタマジャクシ。
C-1557.jpg





マコモの新芽。
C-1625.jpg





ガマ。
C-1635.jpg





花。
C-1907.jpg C-1911.jpg





当才金魚。
C-1869.jpg C-1874.jpg

C-1878.jpg

最近は餌付いているので人を見れば餌の催促。
上に集中しているのは浮餌を探して。

今日は花を

2016/04/21 Thu

今日はと言うか今は曇り。
多分これから雨になる。
日曜日は雨降りだと言ってたのですが、
大した雨は降らず風が強かった。
久しぶりにしっかりした雨が欲しいところなのですが・・・。
どうなりますことやら。





今日は花を。
週末に撮ったものや
その後今日までに撮ったものを取り混ぜて・・・。
何時ものように名前の分からないものも紹介。

まずは水仙から。
C-1333.jpg C-1336.jpg C-1339.jpg





シャクナゲ。
C-1344.jpg C-1348.jpg

C-1834.jpg C-1842.jpg C-1847.jpg

上が土曜日で下が今朝。





藤のつぼみ。
C-1483.jpg C-1487.jpg

C-1856.jpg C-1852.jpg

こちらも同様に上が土曜日で下が今朝。





花桃。
C-1351.jpg C-1355.jpg C-1358.jpg





八重桜。
C-1363.jpg C-1377.jpg C-1386.jpg





花。
C-1392.jpg C-1404.jpg C-1411.jpg





葉ワサビ。
C-1424.jpg C-1427.jpg





花。
C-1549.jpg





ヒヤシンス。
C-1278.jpg





桜。
C-1499.jpg C-1709.jpg

左が土曜の夕方で、
右が日曜の夕方。





花。
C-1607.jpg C-1609.jpg C-1618.jpg





スミレ。
C-1537.jpg C-1541.jpg C-1545.jpg





花。
C-1591.jpg C-1596.jpg





クレソン。
C-1582.jpg





多分、春ジオン。
C-1630.jpg C-1633.jpg





フキノトウ。
C-1642.jpg





花。
C-1656.jpg





蕾。
C-1729.jpg C-1732.jpg





芝桜。
C-1501.jpg C-1504.jpg C-1507.jpg





桃。
C-1449.jpg C-1465.jpg C-1471.jpg

C-1814.jpg C-1818.jpg C-1821.jpg

こちらは上が土曜の夕方で
下が日曜の日中。

最近の金魚の様子

2016/04/18 Mon

今日は曇り。
どんより曇って空も暗い。
気温も上がらず肌寒い感じ。

昨日は春の嵐。
雨が降ったり青空が出たり又、
雨が降ってきたりと忙しい空模様でしたが、
終日風だけは台風かって位吹いてました。
その割に気温は上がりましたが・・・。
散り初めだった桜は一気に無くなり、
日陰に残っていた雪も暖かい風でかなり消えた。

今日は最近の様子を出してなかった金魚を
中心にいきます。





まずは何時もの山と棚田・棚池。
C-1798.jpg C-1794.jpg

もう、雪は見えなくなった。
ただ、まだ水温は上がらないので、
錦鯉を野池に放している場所はほぼ無い。

棚田種池の写真の中央で一枚、
池の周りにネット巡らせ赤銀のテープ張ってある池は、
確か黒鯉が入っていると思ったけど・・・。





ブナの木。
C-1828.jpg C-1832.jpg

数日で新緑って感じの緑になった。
ただ、昨日の風で新芽や葉っぱも大分飛ばされていたけど。





週末の出来事を少し。
まだ、田んぼには早いし
金魚を野池に放すにも少し早い。
糸張りやネット張りを進めて置けば良いのですけど、
暑くなる前に土木作業を先にすることにした。
で、必要な砂利を運んでもらった。

越冬イケスの周りを片づけようかと・・・。
砂利を一輪車に積んでイケスまで運ぶことに。
今年初仕事の一輪車を持ち出し砂利を積む。
イケスまではほぼ平坦なので、
少し位重くても大丈夫だろうってことで、
積んだら押してイケスまで移動。
走り始めてしばらくしたら、
キイキイと言うかグウグウと言うか異音がする。
春の使い始めなので油切れだと思って、
作業終わったらCRCでも吹かなくてはと思っていたところ、
突然一輪車が前のめりに。
平らなところだったので、
ひっくり返さず済みましたが動かない。
何事かと確認するとタイヤが外れてる(笑)。

タイヤ自体はノーパンクタイヤで硬質ゴムで全体が出来ている。
周りのタイヤは大丈夫ですが、
ホイールが錆びてタイヤと離脱している(笑)。
油切れじゃなくてホイールの断末魔だったわけで・・・。

仕方ないので新しいタイヤ買ってきて交換した。
で、新しいタイヤはノーパンクじゃなくて普通のタイヤ。
ノーパンクタイヤだと空荷の時ゴツゴツするのが嫌い。
ってことで写真。
C-1524.jpg C-1535.jpg

壊れたタイヤと交換した新品タイヤ。





ここからは金魚。
まずは給仕風景から。
親水槽。
C-1253.jpg C-1256.jpg C-1258.jpg





三才水槽。
C-1259.jpg C-1261.jpg C-1266.jpg





二才水槽。
C-1270.jpg C-1272.jpg C-1275.jpg

餌は一度に撒いて、
各水槽を順番に撮影してるのですが、
二才水槽にたどり着く頃には
ほぼピークは終わっている(笑)。





次は水替え中の当才水槽。
最初は上段から。
C-1307.jpg C-1308.jpg C-1311.jpg

C-1312.jpg C-1313.jpg C-1319.jpg





下段水槽。

C-1322.jpg C-1327.jpg C-1328.jpg

C-1329.jpg C-1330.jpg C-1331.jpg

こうしてみると上段水槽の込み具合が分かる。

目に付いた物を撮ってみた その二

2016/04/17 Sun

今は曇り。
ですが、予報だとこの後雨だとか・・・。
色々外作業でやりたいことあるので、
出来れば降らないで欲しいところですが、
まぁ、天気には勝てません(笑)。
昨日も外作業。
久しぶりにスコップ持って土木作業。
おかげで今日は体の節々が痛い(笑)。
晴れたら続きしたかったのですけどね・・・。





今日は前回の続き、
先週末に撮った写真からいろいろ紹介。

まずは、水仙から。
P-6267.jpg P-6274.jpg





多分ボケ。
P-6139.jpg P-6138.jpg P-6145.jpg





スミレ。
P-6406.jpg





ヒメオドリコソウ。
P-6345.jpg





花。
P-6322.jpg





花。
P-6290.jpg





董立ちした葉ボタンとその蕾。
C-1229.jpg C-1233.jpg

P-6153.jpg P-6154.jpg





藤のつぼみ。
P-6177.jpg





シイタケ。
P-6070.jpg P-6073.jpg P-6078.jpg

P-6186.jpg P-6188.jpg P-6191.jpg





日光浴している蛇。
C-1139.jpg





オタマジャクシ。
P-6413.jpg





ここからは母親の苗起こしハウスの中。
百合の芽。
P-6424.jpg P-6426.jpg





きゅうりとミニキュウリ。
P-6428.jpg P-6432.jpg





神楽ナンバン。
P-6440.jpg





トウモロコシ。
P-6436.jpg P-6438.jpg





枝豆。
P-6430.jpg P-6433.jpg P-6435.jpg

目に付いた物を撮ってみた

2016/04/15 Fri

今日は曇り。
昨日に引き続きどんよりしてます。
昨夜は雨が降ったようですが、
朝には上がっていた。





もう今日で一週間が終わり。
先週の土日に撮ったものをまとめて紹介します。
まずはタンポポ。
C-1095.jpg C-1097.jpg P-6014.jpg





フキノトウ。
P-6065.jpg C-1119.jpg





クレソン。
P-6419.jpg P-6418.jpg C-1114.jpg





葉ワサビ。
C-1167.jpg C-1164.jpg





ヨモギ。
P-6421.jpg





アズマイチゲ。
C-1146.jpg C-1155.jpg C-1149.jpg

C-1160.jpg C-1161.jpg P-6037.jpg





黄スミレ。
P-6057.jpg P-6050.jpg





カタクリ。
P-6059.jpg





花。
P-6131.jpg





ショウジョウバカマ。
P-6079.jpg P-6082.jpg P-6086.jpg P-6092.jpg





鬼ゼンマイ。
P-6090.jpg





ゼンマイ。
P-6409.jpg P-6411.jpg

まだたくさんあるので続きは次回。
今日はここまでと言うことで。

さくら

2016/04/14 Thu

今日は曇り。
朝市は靄ってましたが、
霧が晴れたら青空が出たのですが、
それもつかの間。
後はずっとどんより曇ってます。
夜にはまた雨だとか。

昨夜も雨降りでしたが、
カエルの鳴き声の煩いこと(笑)。
春が来たって感じさせる声です。





まずは今朝の様子。
何時ものブナの木。
C-1215.jpg C-1217.jpg

ほんの数日で緑が濃くなる。





靄の様子。
C-1221.jpg C-1248.jpg

今朝は濃い目の霧が出た。
それも日の出とともに消えましたが・・・。





ここからタイトルの桜。
なかなかうまく写真撮れませんが、
折角とったので載せます(笑)。
桜色々。
P-6193.jpg

P-6199.jpg P-6205.jpg P-6208.jpg

P-6223.jpg P-6226.jpg P-6240.jpg

P-6248.jpg P-6254.jpg P-6260.jpg





P-6179.jpg P-6294.jpg P-6298.jpg





P-6304.jpg

P-6311.jpg P-6319.jpg P-6331.jpg

P-6348.jpg P-6354.jpg P-6360.jpg

P-6364.jpg P-6365.jpg P-6371.jpg

P-6375.jpg P-6378.jpg P-6377.jpg

今日は、ここまで。。。

濾過槽掃除と濾材

2016/04/12 Tue

今日は晴れ。
昨日の曇り空から一転、快晴です。
ただ、今朝は放射冷却で冷え込んで寒かった。
久しぶりに寝ていて寒くて目が覚めた(笑)。





しかも、昨夜は少し雪も積もった模様。
そんな今朝の様子から。
いつもの山。
O-8841.jpg C-1205.jpg

左が朝食前、右が出勤前。
縦と横で比べずらいですが、
積もった雪が解けているのが分かるかと。





家の前。
O-8838.jpg C-1201.jpg

条件は上と同様。
こちら近い分、分かりやすい。
この時期陽が出れば暖かくなるので、
あっという間に溶ける。





桜。
O-8876.jpg

桜の周りの地面が白くなっている。





水仙。
O-8854.jpg





多分桃の花。
O-8865.jpg

花びらの上に霙の名残。





とう菜。
O-8901.jpg

とう菜は強いので霙に当たった程度では
枯れたり変色したりしない。





玄関の当才水槽。
O-8847.jpg

日曜日は15度あったものが今朝は10度。
それでも体調崩したりしないところがさば尾の良いところ。





昨日は寿命について書いたのですが、
当初書こうと思ったものと全然違うものになってしまった(笑)。
そこら辺はいずれまた書きます。

今日は、昨日のどれ位生きますかって質問と
どれが大きくなりますかっていう問いと、
同じくらいに効かれる質問で、
濾材は何を使ってますかと言うのがある。
文章ではリングとウールの濾材ですって書くけど、
実際はどんな風にどれくらい使っているかって
書いたことないですよねって、言われた。
特別な濾材を使っているわけでも無いので
今日は土曜日の濾過槽掃除の様子と合わせて、
濾過槽のセットと濾材を載せます。

まずは親水槽の濾過槽。
C-1191.jpg

親水槽の濾過槽は水槽とサイズが合っているセット品。
二・三才水槽の濾過槽は市販品に穴開けて自分が作ったものですが、
こちらはセットの既製品です。
なので中の間仕切り等もしっかりしているので、
停電してもサイホンで水が逆流したりしない。

写真の左下に塩ビのエルボとそれに続くパイプが写っていますが、
これが濾過槽の糞抜き孔。
濾過槽掃除するときはこのパイプ倒して、ゴミ出しします。





濾過槽内部。
P-5979.jpg

濾過槽の底部はアーチ形に湾曲してる。
バケツで水槽から水汲んでゴミを流し終えたところ。

手前に移っている青い曲がりが水槽からの給水口。
中央の塩ビが排水口。





濾過槽の底板。
P-5981.jpg

この上に濾材を並べていく。





取り出したリング濾材。
P-5985.jpg P-5986.jpg

リング濾材は洗濯用のネットに入れて濾過槽に設置してある。
洗濯ネットはジ丈夫なのでお勧め。
ネットごと取り出して飼育水の中でジャブジャブ揺すればOK。
もっと汚れが酷いときはネットから濾材出して籠か笊に移して洗う。
右の赤いネットはサンゴ砂。
砂と言ってもLLサイズなので女の人の握りこぶし大。

サンゴ砂は濾材と言うよりも飼育水が極端な
酸性に傾くのを防止するため。
サンゴはアルカリなので溶け出して中和してくれます。





ウール濾材。
P-5983.jpg P-5984.jpg

P-5990.jpg P-5991.jpg

上は濾過槽からとり出した直後のもの。

下段はそれを洗った後。
これで二度洗い後ですが、
この時はもう一度洗って、三度洗い。

リングもウールもそうですが自分が買うときのポイント。
効果と値段はどうか、それと大量販売しているか。
少量を買って使ってみて効果があり、
使い勝手が良くて値段もそれなりなら、
大量販売しているものを一度に買う。

サンゴ砂のように効果を特に確認する必要のないものもありますし。
ウールは製品によって固さや腰、密度が結構違うので、
好みに合うか否かは結構違いがある。





濾過槽に詰める。
P-5989.jpg P-5995.jpg 

リング濾材を下に敷いて、その上にサンゴ砂。
その上をウールの一枚物で覆う。





ウール。
P-5997.jpg P-5999.jpg P-6001.jpg

結構大量のウール濾材を詰め込んであります。
左から綿。
これは最初は一枚物だったのが
洗っているうちに型崩れしてレロレロになってます(笑)。
次にひも状のウール。
更に布施ロック状のウールと積んでいきます。

自分的にこのひも状とロック状のウールが好き(笑)。
物理ろ過も生物ろ過もできるうえ、
洗うとすぐ汚れが取れる。
とっても使いやすいウールの濾材です。
ただどちらも中々市販されているのを見かけない。

ひも状の方は売り先を見つけたのですが、
小売りはしていないので、
100メートル二本からなら出荷しますと言われた。
買って要らない分売ろうかとも考えましたが、
売れなかったら怖いのでやめた(笑)。




ビニロック。
P-6003.jpg P-6005.jpg P-6007.jpg

更にもう一度一枚物のウールで覆う。
ここにビニロックを二枚重ねて濾材は終了。

上段のビニロックは大してろ過の役に立っているとも思いませんが、
とりあえず有るものは入れとけ的な(笑)。
最後にレンガを載せて終了。
レンガ載せるのはウールが水含むと膨張するため。
後は蓋代わりの発泡スチロールのっけて。





注水中。
P-6008.jpg

定位置まで水を溜めて親水槽の水替えと濾過槽掃除が終了。
濾過槽一本洗うのにその水槽からの排水だけでは足りないので、
他の水槽の水替えの排水も利用。

なので水槽と濾過槽は別でも何か病気とかあったら
他にも移ってしまうわけで・・・。
そこら辺は注意するところ。





水温。
P-6022.jpg

最後は水替え後の水温、15度。
水替え前の写真無いですが、
18度だったので3度低下って感じです。

金魚の寿命と突然死

2016/04/11 Mon

今日は曇り。
朝はみぞれが降って積もりましたが、
その後はどんより曇ったまま。
当然気温も上がらず寒いこと。

昨日の夜の天気予報で
新潟県も山沿いは雪の降るところがある、
と言うようなことを云ってましたが、
まさか本当に降るとは思わず・・・。
今朝は外に止めてあった車が真っ白に。
諸事情で自分の車最近は露天なのですが、
出勤前に車の雪落としから。
と言ってもせいぜい3センチ程度、
道路に雪が積もるほどではありませんでしたが。





まずはそんな今朝の様子。
何時ものブナの木。
C-1174.jpg C-1176.jpg

やっと芽吹いて青くなり始めたというのに・・・。





雪が積もった法面。
C-1172.jpg C-1183.jpg

こちらも最近の陽気で草が生え始めてきたところですが・・・。
もう、消えていると思いますけどね。





で、本題。
金魚の寿命について。
我が家に来られる方からの質問でこれも結構多いもの。
何年くらい生きますかって、問い。
それについて今日は少し書いてみたいと思います。
こんな文章を書く時の何時ものことですが、
結論が出るような話ではないので、
さば尾好きはこんな風に考えているんだ
程度に読んでいただければと。

何故、寿命なんてことについて
書こうかと思ったかってところから。

毎年のことですが、
水槽導入直後の水槽の水が完全にできる前と、
春になって気温が上がって水温が上がり始めるころに、
突然落ちる奴が出てきます。
前日までは元気にえさを食っていたにも関わらず
朝水槽覗くといきなり浮いてる。
二才や三才の水槽ではこんなことはなく。
落ちるのはだいたい親水槽の奴ら。
ただ、落ちる奴に決まりがあるわけでなく、
まん丸の玉さばのこともあれば、
長いさば尾のこともある。

金魚飼育している方に聞くと、
同じような経験ある方もいれば、
家ではそんなことは無いという人もいる。

これは秋から春までの場合。
春から秋までの野池飼育期間は
上記の話とはまた別で餌のやりすぎで
落ちていく個体がいるのは当才から親まで同様。
とりあえず今回は野池飼育の場合は
別として書いていきます。


今回、寿命について書こうと思って、
Googleで、「金魚 寿命」で検索してみたら、
飼育下で30年と表示された。
これって人間が120歳まで生きている人がいるって
いうのと同じくらい稀有の数字ではないのかと。
同じ検索結果で最長43才っていうのもヒットしましたが・・・。
金魚って確かに上手に飼えばそれなりに長生きで、
丈夫な魚だとは思いますが、
30年はかなり長生きな方ではないかと・・・。

で、実際はどれ位が妥当な年数かと
言う話になると思うのですが、
個人的には10年が一つの目安だと思ってます。
飼育下で10年生きれば十分長生きな
部類に入るのでは無いでしょうか。

なので、質問された際にも所説はありますが、
10年くらいが目安じゃないですかねぇって話をする。
ただ、自分のようにデカくしたかったり、
品評会での入賞を狙うような負荷をかけた飼い方をすれば、
それなりに金魚にも負担はかかっているとは思いますけど・・・。
みたいな感じで。

余談ですが、
我が家に生まれてきた95%以上の金魚の寿命は
一年です。
選別で淘汰したハネは当然そこで終わりですし、
市場に出荷したものも自分の中では
そこで終わりってことになってます。
中には良い飼い主さんに買われて長生きしているものも、
いるとは思いますが、
自分が飼っていない以上は、それは別な話のわけで。

話を元に戻します。
春先に突然死と言うか
飼い主的には意味不明な死を遂げていく金魚たちを
何とかしたいと思うわけです。
春先の餌をあげなければ良いのか、
はたまた、冬場にしっかり食わせて体力つけさせれば
春先を乗り切れるのか。
何年も色んなことを繰り返して、
何となくですが見えてきたこともあるし、
まだ、分からないので、
試行錯誤を繰り返さなければいけない部分もある。

まあ、その年によって状況は違うし、
個体もそれぞれなわけなので当然なのですが。
色んな実験と言うか、自分なりの飼育方法を
少しづつ試して自分の知識としていくしかないわけで・・・。
しかも相手は生き物なので、
あまり極端なこともできないわけで・・・。

以前も書きましたが、
この結果があるのは何が原因なのかを考える。
で、その原因と思われるものを一つづつ潰していく。
書くのは簡単ですが、これが結構難しいわけで。
とは言え、それを楽しめないと、
結局金魚飼育を長くは楽しんでいけないと思うわけで。

抽象的な表現で申し訳ないですが、そんな感じ。
書き出す前はもっと具体的なことを書こうと思っていましたが、
自分でしっかり検証できていないことを
迂闊に書いてしまうのもどうかと途中から思いまして、
酷くあいまいな表現で終わってしまう(笑)。

また、もう少ししてしっかり分かったことあったら
書いていきたいと思います。





最後は何時もの。
親水槽。
O-8774.jpg O-8775.jpg O-8779.jpg





三才水槽。
O-8766.jpg O-8770.jpg O-8773.jpg





二才水槽。
O-8783.jpg O-8786.jpg O-8788.jpg

お気に入りを

2016/04/08 Fri

今日は曇り。
昨日は冷たい雨降りでした。
その雨は上がりましたが、
気温はまだそんなに上がらず・・・。
と言うか、少し前までが以上に暖かだったので、
今が例年並みと言うことなのでしょうが。





色々ありまして、チョイとバタバタ中。
なので今日はお気に入りの写真を紹介のみとします。
相変わらず今シーズン何度目かの紹介魚もいますが、
好きな個体と言うことでなの度も出します(笑)。

まずはこいつから。
7-0031.jpg 7-1315.jpg 7-1499.jpg

7-0018.jpg 7-1075.jpg 7-3763_201604081317307b8.jpg

7-1591_2016040813172658a.jpg 7-3012.jpg 7-3218.jpg





7-3352.jpg 7-0181.jpg 7-3349.jpg





7-2272.jpg 7-2873.jpg 7-8862.jpg 





7-3149.jpg 7-3496.jpg 7-3677.jpg 





7-3313.jpg 7-2998_2016040813221737e.jpg 7-2986.jpg 





7-3065.jpg 7-3957.jpg 7-3905_20160408132331f6b.jpg 





7-3001.jpg 7-3560.jpg 7-3755.jpg 





7-3251.jpg 7-3340.jpg 7-2157.jpg 

7-3255.jpg 7-3340.jpg 7-3473.jpg 





7-2774.jpg 7-3623.jpg 7-2785_201604081329218b5.jpg 

7-1364.jpg 7-1210.jpg 7-0619.jpg 

7-2776.jpg 7-1365.jpg 7-1604.jpg

今日はこれにて。

今日は花を

2016/04/05 Tue

今日は曇り。
予報だと終日晴れのはずだったのに・・・。
朝は今日は晴れますよーって感じの
青空が広がったのですが。





今日も写真大量にあるので、
文章は短めで行きます。

タイトル通り花を色々。
いつも通り名前の分からないものはただの花です(笑)。

まずはカタクリ。
P-5800.jpg P-5799.jpg P-5804.jpg

C-1015.jpg C-1017.jpg P-5921.jpg

C-1023.jpg P-5926.jpg P-5928.jpg





黄スミレ。
P-5738.jpg P-5739.jpg P-5740.jpg





水仙。
P-5744.jpg P-5746.jpg P-5742.jpg

P-5899.jpg P-5938.jpg





スミレ。
P-5910.jpg P-5912.jpg





花。
P-5867.jpg P-5869.jpg





ショウジョウバカマ。
O-8739.jpg P-5719.jpg O-8734.jpg

O-8737.jpg





アズマイチゲ。
P-5780.jpg P-5783.jpg P-5786.jpg

P-5930.jpg P-5934.jpg





アケビの新芽。
P-5914.jpg





梅。
P-5837.jpg P-5842.jpg P-5845.jpg





桜。
P-5872.jpg P-5874.jpg P-5879.jpg

O-8816.jpg O-8762.jpg





多分ボケ。
P-5853.jpg P-5856.jpg

O-8813.jpg O-8809.jpg O-8822.jpg

上が日曜で下が今朝。





花。
P-5820.jpg P-5822.jpg





チューリップ。
P-5735.jpg P-5733.jpg





花。
O-8751.jpg O-8754.jpg O-8756.jpg





ヒメオドリコソウ。
P-5857.jpg P-5864.jpg P-5865.jpg

梅や桜のように何度も出したものもありますが、
とりあえず今当地で咲いている花と言うことで・・・。
今日はこれにて。

山回りの途中で

2016/04/04 Mon

今日は雨ふり。
朝から止まずに静かに降っている。
ここのところ晴れ続きださったので、
雨は久しぶり。
花粉が飛ばないので雨降りも歓迎です(笑)。





今日は週末に撮った山の様子やら何やら。
色々詰め込んで。
沢山あるのでさっさと行きます。

いつもの山と棚田・棚池。
P-5778.jpg P-5776.jpg





何時ものブナの木。
C-1088.jpg C-1090.jpg

C-1065.jpg

雪は消えてもブナはまだ芽吹かない。
気温よりも太陽の光の加減で季節を感じるのでしょうか。





アサツキ。
C-0968.jpg C-0955.jpg

右は以前出した鉢植え。
食べれないサイズのものを母親が投げておくので、
左のようにいたるところから芽が出る。





土筆。
C-0970.jpg C-1007.jpg





花。
C-0995.jpg C-0999.jpg





水仙。
C-0973.jpg P-5809.jpg P-5900.jpg

左が土曜日。
中央が日曜の日中。
右が日曜の夕方。





野池。
P-5717.jpg

日影の場所だとまだ雪がある。





農道。
P-5726.jpg

がけ下にある場所だとまだこんな感じ。





フキノトウ。
P-5728.jpg P-5760.jpg P-5805.jpg

C-1060.jpg P-5964.jpg

フキノトウは雪が消えた場所から順番に出る。
下段の右は両手でつかめる分だけ。





野池。
P-5731.jpg





ニンニク。
P-5752.jpg

畑の雪が消えたところから、出てきた。





田んぼ。
P-5755.jpg

先週雪一面だった田んぼ。
もう少し雪消えに時間かかる予定でしたが、
昨日までの高温で一気に消えた。





雪解け水。
P-5757.jpg





田んぼ。
P-5769.jpg

場所によってはまだこれくらい雪があるところも。





苔。
P-5724.jpg





サンショウウオの卵塊。
C-1033.jpg





カエルの卵とオタマジャクシ。。
C-1035.jpg C-1037.jpg

P-5949.jpg

下は羽化直後のオタマ。




薹菜。
C-1041.jpg P-5941.jpg P-5945.jpg





グランド。
P-5849.jpg





葉っぱ。
P-5967.jpg  P-5974.jpg

場所と種類によって少しづつ青くなってきた。





烏骨鶏。
P-5824.jpg P-5831.jpg P-5832.jpg

久々登場の我が家のウコ。
ずっと車庫で越冬してましたが、軒下に移動。
人が近づくと餌もらえるかと寄ってきます。





当才水槽。
P-5887.jpg P-5889.jpg

一週間で苔だらけ(笑)。





最後は土曜の夕日。
C-1081.jpg

説明書は読みましょう(笑)

2016/04/01 Fri

今日は曇り。
晴れると言ってましたが、
雲が多いです。
まぁ、気温は高いですけど。

今日はから4月で新年度。
移動だったり進級だったり卒業だったり、
色んなことで環境が変わる方がいると思いますが、
自分は全然変わらず(笑)。
普段通りの生活を続けています。
まぁ、それが一番と言うことで・・・(笑)。
色々環境が変わる方は新しいところでも
頑張ってくださいって感じで。





今日は昨日の続き。
と言っても三才水槽はおかげさまで何の影響もなく。
元気に泳ぎ回っています。
まぁ、ここのところの高温で水温も上がって
餌くれダンスが激しくなっているくらいでしょうか・・・。

続きは壊れたポンプの方。
昨日も書いたように買って一年未満だし、
落として壊した等の問題が有ったわけでないので、
メーカーに修理出して直したら予備ポンプに
回しておこうと思っていたのです。

で、朝に元箱と保証書兼務の説明書と
販売店の販売日の証明書を用意して箱詰め。
仕事が終わったら販売店に寄って
修理依頼して帰るつもりでいた。

お店に行ったら前日レジしてくれた女の子がいて、
怪訝そうに見られましたが、
事情を説明したらポンプの係員を呼んでくれるという。

若いあんちゃんて感じの方が来て受付するので、
別な方へと誘導される。
で、開口一番メーカーに修理依頼で送るのに
送料がかかるけど大丈夫ですかと言う。
いくらと聞くと1500円くらいだと。
まぁ、それで治るなら仕方ないかと思ったのですが、
とりあえずメーカー送れば直してもらえるのでしょうと、確認。
すると、多分治らないと思いますよっていうあっさりした答え(笑)。

なんでって当然聞くと。
今までも同じようにメーカー修理に出したけど、
無料で直してもらえたことはほぼ無いからという答え。
更になんでってなるわけで・・・。
すると、メーカーの保証期間は一年または3000時間の短い方だから
お客さんの場合は3000時間超えているので、
無料修理の対象にはならないからと言うもの。

買ったのは10月頭ですが、
使いだしたのは10月の中旬から。
で、3月まで使ったとして3000時間は超えてます。
説明書にも保証期間の記載有りますよって言われて、
そのページ開いて見せてくれた。

有償なら直してもらえると思いますけど、
多分新品買うのと同じくらいかかると思いますとも言われた。
それは以前別のポンプ修理した時も同じだったので経験済み。

諦めきれないので、
こんな小さいポンプにアワーメーターが
付いているわけじゃないのだから、
何とかならないのかと粘ってみたのですが、
店員さんも同じこと言うお客が過去に何度もいたようで、
2000時間くらいしか使っていないというお客さんもいましたが、
メーカーからはそんなことないって言って
修理してもらえなかったことも有りましたよ、とのこと。
多分ヘタリ具合とかで経過時間分かるんじゃないですかねぇ、とも。

と言うことで、直してもらえないものに
送料をかけるのはバカらしいのでメーカー送りは断念。
予備ポンプにできると思ったのですが、
取らぬ狸のなんとやらで終わってしまった(笑)。

当地は錦鯉の養殖が盛ん。
鯉師と呼ばれる専門家は専門の越冬施設を
各人が持っていますが、
趣味プラス程度で飼っている方は
自分のようにFRP水槽で当才を越冬される方が結構いる。
そんな方たちが同じように壊れたポンプを
修理に持ち込んでいるので
担当者も慣れているのだと変なところに実感(笑)。


で、3000時間と言われたことで、
帰ってから電卓もって計算してみた(笑)。
単純にひと月30日と考えて。
3000時間と言うことは日にちで125日。
4か月ちょっいってことになる。
このポンプが12800円の税込だから、
3000時間で壊れたら一日約百円ってこと。
自分の場合はっきりした時間は分からないけど、
4000時間くらいとして。
一日換算77円位。
これが高いのか安いのかはわからないけど、
金額に直してみると微妙な数字。
まぁ、自分でポンプ作れるわけでも、
代案の当てがあるわけでもないのですが。
嫌なら使うなってことでしょうし。

で、思ったこと。
当才水槽で使ているポンプって壊れねぇなあーってこと。
当才水槽の上段はレイシーのマグネットポンプ。
多分買ってから25年以上たっている(笑)。
まぁ、熱帯魚休んでいた期間は使っていないけど、
それでも10年以上は使っているはずで。
流れの水量は落ちているとしてもこれで
150水槽回しているわけで・・・。
下段はカミハタのリオ。
此方も五年以上使っているはず。

これを思うとシールタイプの水中ポンプは
寿命短いです。
新しく買ったマグネットポンプが近日中に届くはず。
こちらはどうでしょうか・・・。
面白い結果ならまた書きます。

今日は説明書をよく読みましょうという話でした(笑)。





最後はお気に入り。
上見。
7-2632.jpg 7-3040.jpg 7-0307.jpg

7-2340.jpg 7-2593.jpg 7-9343.jpg





右側。
7-1342.jpg 7-2630_201604011305396e8.jpg 7-2989.jpg





左側。
7-3042.jpg 7-2175.jpg 7-3158.jpg





おまけのバック。
7-9330_20160401130608c57.jpg

今日はこれにて。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR