アルパカの赤ちゃん

2016/07/29 Fri

今日は晴れ。
雲は多めながら晴れてる。
エアコンの効いているところにいるので、
外の気温は感じませんが、
予報だと最高気温33度だとか・・・。
外は暑くなっているはずです。





早速写真。
何時もの朝靄スポット。
P-5495.jpg

数日前、霧。

今朝。
P-5564.jpg P-5565.jpg

今年は綺麗な朝靄写真なかなか撮れません。





タイトルアルパカの赤ちゃん。
P-5583.jpg P-5592.jpg

P-5593_20160729131520737.jpg

これだけって思われると思いますが、
これだけです(笑)。

先週末にかけて三頭生まれたと聞いていた。
今朝は晴れていたので写真と思っていったのですが、
いかんせん動いてくれません(笑)。
しかも一頭亡くなったらしく二頭しかいなかったし。
驚かせて動かすのも何なので取りあえず撮って帰ってきた。

いずれ再チャレンジします(笑)。


追記・・・赤ちゃん一頭亡くなったと書きましたが、
     確認ミスでした。
     三頭とも生きてます。





上だけで終わるのも何なので、
何時ものように山回りの途中で撮った写真です。
糸トンボ。
P-5338_20160729131514c34.jpg P-5342.jpg P-5347.jpg

これは野池の周りではありませんが、
春の仔取りする前に薬散布して消毒した。
消毒と言えば聞こえが良いですが、
要するに糸トンボのヤゴを駆除したわけです。
おかげで野池周辺に糸トンボの居ないこと。
何時もの年なら毎朝、
何匹も羽化を見れるのですが、今年はいない。
糸トンボには災難かもしれませんが、
こちらとしては良い事です。

因みに上の写真は水取場のそばの草村です。





セミの抜け殻。
P-5397.jpg





ウシガエル。
P-5352.jpg P-5575.jpg

ウシガエルにとってはとっても住みやすいところなのかと。
ネットと糸が有るので天敵の鷺も獣も来ない。
ただ、分からないのは何食べているのか。
結構丸々太ってます。
金魚食っているのでしょうか、
そこが気がかりなのですけど・・・。





イナゴ。
P-5600.jpg P-5601.jpg

左ピント合ってませんが雰囲気ということで。





何かの実。
P-5520_20160729131612b5f.jpg





トコワラビ。
P-5482_20160729131709b34.jpg P-5485.jpg





葛の花。
P-5523.jpg P-5529_20160729131706936.jpg P-5531_20160729131707834.jpg

P-5535.jpg P-5537.jpg

雑草としての葛は大嫌いですが、
この花は嫌いじゃないのです。





当才の野池。
P-5569.jpg P-5571.jpg

二度選別しているのにも関わらず、
まだこれだけいる。
まぁ、黒が順番にむけてくるわけで仕方ないのですけど。
週末は三度目の赤白拾いです。





水連。
P-5609.jpg

水連鉢をこの野池で越冬させる。
その時株が落ちたようです。

網引いても頑張って花咲かせます。
スポンサーサイト

畑の様子

2016/07/26 Tue

今日は曇りのち雨。
予報だと夜半から雨になると言ってた。
なので今朝の山回りはカッパ来て水見を兼ねて、
餌くれに回ってかなって思っていたのですが、
起きたら降っていない。
アプリ確認しても9時ころまでは降らないと言っている。
ってことで、山笠だけ持って餌くれ出発。
出穂に備えてこの雨で田んぼには水を溜めようかと。
平場では間断冠水とか言いますが、
山でそれは無理。
話がそれましたが、今朝の山回りの間はポツリともせず。
濡れずに帰ってこれました。

その後予報通り降ってきて、
時間帯によっては良い降り。
晴れが続いて湧水が細ってきていたので、
これ雨はありがたい。
で、今日は今朝撮った畑の野菜です。





野菜に行く前に、いつもの山と柵池。
P-5423.jpg P-5425.jpg

今朝のどんより具合が分かるかと。
気温は高くないのですが、
湿度が異常に高くて少し動くと汗が出る。
金魚は水の中居るので、
湿度関係ないとは思いますが・・・。





それでは野菜。
まずはコンニャクイモ。
P-5357.jpg P-5358_20160726133946949.jpg


糸瓜。
P-5353_20160726133942443.jpg P-5355_20160726133943d39.jpg

もう蔓が刈れてきた。
一番は終わり。


豆。
P-5359.jpg P-5360_20160726134016a29.jpg 

今年の畑の豆は失敗らしい。
蔓が出るの嫌って肥し減らし過ぎの様です。


小豆。
P-5364_20160726134018048.jpg

豆の間に小豆が。
豆の収穫終わってからは小豆畑。


ジャガイモ。
P-5368_20160726134019b00.jpg P-5369.jpg

右はすでに収穫済み。
左もこの雨が上がれば多分収穫かな。
此処も畝間に小豆が植えられている。


里芋。
P-5370.jpg P-5371.jpg


ミニキュウリ。
P-5375.jpg P-5376.jpg


オクラ。
P-5378.jpg P-5380_20160726134109e0b.jpg P-5388.jpg


ブロッコリー。
P-5381.jpg

キャベツならトンネル掛かっているはずなので、
多分ブロッコリーかと。


ガーデン・ハックルベリー。
P-5382.jpg


休耕中。
P-5386_20160726134148890.jpg

夏キャベツが植えられていた場所。
もう少しすれば秋野菜が植えられるはず。


モロッコインゲン。
P-5389.jpg P-5393_201607261342474a1.jpg

モロッコとミニキュウリは畝を半分づつ使っている。


長いも。
P-5394.jpg P-5413.jpg


トマト。
P-5398.jpg P-5399_20160726134251a2d.jpg P-5402.jpg P-5412_20160726134330367.jpg

少しでもすきがあるとカラスが来るので、
網をはりめぐらせてある。


ピーマン。
P-5408.jpg

南蛮の近くに植えると辛くなるので、
南蛮とは違う畑で。


一番のスイカ。
P-5431.jpg P-5432.jpg

今年は梅雨時期雨ばかりで、
スイカの出来はとても良くなかったらしい。


メロン。
P-5434_2016072613442731a.jpg

こちらももう終盤。
人間の口に入るより、
獣に取られた方が多かったと嘆いてた。


きゅうり。
P-5439.jpg P-5441.jpg

こちらはもう少し頑張ってもらわねば。
側に植えられていた、
トウモロコシと枝豆が無くなったので、
今は風通し良くなっている。


夕顔。
P-5456.jpg P-5457.jpg P-5467.jpg

干瓢を作りたいと言ってましたが、
この雨では無理。
晴れて来たら干瓢づくりかな。


オカヒジキ。
P-5444_201607261345315f4.jpg

もう固くて食えないので、
食卓には上らない。
多分このまま待って種を落とさせるのかと。


しそ。
P-5443.jpg

家の側にあるし何かと便利。
植えたわけでない、
去年の種が落ちて自生したものが
あちこちに生えてます。
そういえば今年は青じそ見ないような。

選別三昧

2016/07/25 Mon

今日は曇り。
時々薄日は差しますが、雲はあつい。
ただ、気温も湿度も高いので、
過ごしづらいですけど。

予報だと明日は雨だとか。
そのせいで、湿度高いのでしょうけど・・・。
梅雨明けしても晴れが続かないようです。
と言っても自分的にこの雨は歓迎ですが(笑)。





この週末はタイトル通り、選別三昧。
土曜日の午後に一枚。
日曜は午前と午後に一枚ずつ。
好きでやっている事とはいえ、
ずっと同じ姿勢で選別していると疲れます(笑)。

土曜日と日曜の午前は形付候補を放したい池。
形がはっきりしてきたので、
再選別して残すものとハネるものを分ける。

この二枚は選別していて楽しかった。
期待したけど形付にはならず、
赤白になってハネる個体も結構居ましたが、
それでも形付になると思って持ってきただけあって
結構綺麗なの居ました。
この調子なら秋の立てで残せそうなの結構拾えそうです。

ただ、予想外だったのが日曜の午前の選別。
写真撮ったのでまずは。
C-3435.jpg C-3440.jpg

引き網引いて寄せたところ。
上の写真にも写っているので見えると思いますが、
小さな黒いやつらが居るかと。
餌くれしている水見の時は全く気が付かなかった。

よく分かる写真。
C-3438.jpg

濁しで入れているやつらがやたらした、仔。
当才用の餌撒いているので、
当然こいつらにも合うわけで・・・。
結構な数いました。
しかもそれなりにデカくなっているし(笑)。
前日の土曜日はやたらなんていなかったので、
全くのノーマーク。
おかげで選別のしずらいこと(笑)。


で、午後はさば尾が親の池の二回目。
午前中の選別で形付見てたからまぁ、つまらない。
ただ、サイズは大きくなっていたけど。
ひたすら赤白拾い(笑)。
一網もかけても一匹も拾えないこともあったし。
午前中とのギャップが有りすぎて、
ひたすら我慢の選別でした。

ただ、数多くないけど、
たまにハッとする奴が拾えたりするので、
それなりに成果はあったのかな。

ただ、今朝餌やりに行ったら、
拾ったはずの赤白がごまんといてずっこけたけど(笑)。
昨日の選別はなんだったというくらいにはいた。





最後は立て候補。
C-3466.jpg C-3472.jpg

C-3452.jpg C-3459.jpg

結構綺麗かと。
パラソルの下で撮っているので、
写真がちょっと暗いけど、
無いと反射して上手く映らないので・・・。





単品で。
C-3442.jpg C-3448.jpg

特別綺麗な奴を網かけたわけじゃないので、
こんな感じって見てもらえれば。





最後は稲穂。
C-3542.jpg

今年初の出穂。

色々詰め込んで

2016/07/23 Sat

今日は曇り。
予報だと晴れると言ってましたが、
雲多めです。

新潟は昨日梅雨明けした。
おかげで、思いっきり予定狂いました(笑)。
週頭位の週間予報だと今週末から
月曜日位にかけては雨の予報。
その雨あてにしていたのですけど・・・。
ここのところずっと降っていたので、
降るって予報は当たるものと勝手に思ってました。

初期の育成状況が良くなかった田んぼ。
追肥したせいで中干しが遅れた。
やっと田んぼも乾いたので、
今日くらいからの雨で田んぼに
水溜めようと思っていたのですけど・・・。
毎度のことながら思うようにはいきません(笑)。





今日は何時ものように山回りの途中で撮った写真から。
まずは今朝の月。
P-5312.jpg

西の空に浮かんでた。
デジタルズーム使っているので、
解像感ナシナシですが、雰囲気ということで。





道端に咲いてたヤマユリ。
P-5198.jpg P-5192.jpg

これ撮った翌朝には無かった。
どなたか失敬していったものかと。





山栗。
P-5042.jpg





葛の蕾。
P-5033.jpg





パンジー?。
P-5264.jpg

季節外れに一輪だけ咲いてた。





タンポポ。
P-5276.jpg P-5278.jpg

こちらも季節外れ。





ウドの蕾。
P-5222.jpg





何かの芽。
P-5329_20160723102419f0a.jpg P-5331.jpg

毎朝通っている餌くれ途中の道。
昨日は気づきませんでしたが、何時の間に。
と言っても、一日でこれだけ伸びるはずもないので、
気づかなかっただけかと。

山芋の蔓に似てますが、
多分、当地でトコロと呼ばれる蔓草かと。
山芋との違いはむかごが付かないし、
芋は小さい。
美味しくないけど食べられる。
違うかな。





除草車の後。
P-5294.jpg P-5290_20160723102554ecb.jpg

昨日の朝は草有ったので、
昨日のお仕事かと。
結構なトラガリ・・・かも(笑)。





ケラ。
P-5021.jpg P-5023.jpg

久しぶりに撮ったかも。





トンボ。
P-5302_20160723102643642.jpg P-5326.jpg





カエル二種。
P-5282_20160723102641040.jpg P-5332_20160723102646498.jpg

左はウシガエル、右は赤ガエル。
親池にずっと居候しているウシガエル。
こいつがいるせいで、
他のカエルが居なくなった。
見事に太ってますが、
何食べているのでしょう。





最後はやたら。
P-5299.jpg

これは二才池のやたら。
本命の餌やっている当才たちよりなぜデカい(笑)。

入れ物の違いは大きい

2016/07/20 Wed

今日は曇りのち晴れ。
午前中は曇ってましたが、
お昼過ぎから晴れ。
気温も上がって湿度も上がってムシムシです。
それでもまだ30度にはならない。
暑さに体を慣らしていかねば・・・。





今朝の朝靄スポット。
P-5146_20160720134519c70.jpg P-5155_20160720134520d83.jpg

毎回紹介してますが、
今日もいい感じだったので。





昨年まではどの野池に何を放すかはほぼ固定していた。
その年によって親の中に二才や三才を多く混ぜてみることはあっても、
親は何処、二才は何処って感じで決めていたのですが、
今シーズンはあまりに雪解けが早く、
春の雨もそんなに無かったので、
田んぼの水不足が田植え前から懸念されてた。

親を入れる池は田んぼに水をかける池。
数年前はあまりに水が無くて、
引き網引いて親を取って
別の池に移動したこともあった。
今年もその二の前を踏まないように、
今シーズンは例年の親池に二・三才を入れ、
何時も二才を入れている池に親を放した。

二才を入れている池も出穂の時期に
田んぼに水を掛けることはあっても、
田植え後は野池の水出さずに済む。
ってことで、今年は入れ替えてみた。

なぜそこに二才を入れていたかというと、
答えは簡単で水量が有って多く放せるから(笑)。
なので今年は二才がいろんなところに
分散されて入ってる訳なのですけど・・・。
ブナ林の側で青水になるとか、
水温が上がりずらいとかは有りますが、
それでも数放せるのは大きい。
まぁ、酸欠起こしやすいという欠点はありますが。

で、本題。
我が家の親たち自慢じゃないけど、
ある程度はデカい。
なので親池に入る親たちの
サイズアップはそんなに期待していない。
親池に入れる二・三才の奴らは
親に触発されて食いが上がるの事で、
サイズアップすることを期待して入れるのですけど。
こと親に関しては落ちずに帰ってくることが最優先。

なのですが、
入れてまだ二ヶ月位ですが、
かなりデカくなってきているのが分かる。
色艶も良いし。
さば尾・玉さばのサイズ的には
こんなものかなって勝手に決めつけていたのですが、
ちょっと違ったようです。
自分が思っていたよりもまだ大きくできる
可能性あるみたいです。

ただ、そのためにはそれなりの環境を
準備してやる必要があるってことですけど。
今年池を入れ替えてみて感じていること。
まぁ、この先の夏場の酸欠を乗り切れるかは別な問題ですけど。

親たちの食事風景。
P-5182.jpg P-5185.jpg

P-5186.jpg P-5188.jpg P-5190_20160720134559886.jpg

具体的な成果は秋をお楽しみにってことで(笑)。





月曜の成果。
C-3385.jpg C-3387.jpg

P-5253_20160720134600099.jpg

先週と今週の二度の選別で
拾ってきた形付候補。

今度は再度これを選別せねば(笑)。





最後はおまけで、招かざる客。
P-5176.jpg

今朝餌くれ行ったら当才池から何か飛び立った。
羽の鮮やかな緑が目に付いたので、
飛んで行った先を追っていたら近くの木にとまった。
と言っても数十メートル先ですが。

コンデジのデジタルズーム使って撮影。
やっぱりカワセミ。
カワセミは鷺と違ってネットや糸じゃ防除できない。
防鳥網張るしかない。

そんな面倒したくないのですけど。

選別 二回目

2016/07/19 Tue

今日は晴れ。
雲は多めながらこれなら晴れで良い、かと。
今日は朝から天気が良い。
山回りしていた時にはもう快晴って感じだった。
その時に比べると今の方が雲は多めですが・・・。

今日は昨日行った二度目の選別の様子。
曇っていて、朝は小雨も降りましたが、
概ね終日曇りって感じの中選別してました。
毎年の事ですかが、
選別に使う道具やらを紹介しながら
昨日の成果を。





写真に行く前に
何時もの朝靄スポット。
C-3203.jpg C-3214.jpg

同じようですが、左は数日前で、右が今朝。
今朝は出がけに色々してたら、少し遅れた。
もう少し早く行けば朝靄の写真撮れたと思います。





ついでにいつもの山と柵池。
C-3402.jpg C-3393.jpg

こうしてみるともう夏ですね。





選別の様子と言っても
何時ものように作業中の写真は撮れない。
まずは選別の道具から。
P-5065.jpg 

引き網と杭とパラソルと椅子。
杭は下の写真に写っていますが、
網引いた時に引っ掛けておくために使用。

パラソルは日傘の意味もありますが、
選別する桶を覆うためでもある。
日が差すと反射して見難いので。

椅子は当然座るためなのですが、
以前はもっと簡単な二つ折りのパイプ椅子を使っていた。
それだと昨日のような雨上がりの土手だと
パイプが土に刺さる。
試行錯誤の末、今はこれ使ってます。





P-5068_201607191320156b5.jpg

盥と桶、手網と選別網、エアーポンプ・ハンマー・袋。
ここには映っていませんが
エアーポンプの替えの電池も軽トラには常備してある。

ゴムハンマーは上の杭打つときや
パラソルの支柱差す時に使用。





P-5074.jpg

胴付長・酒のケース・中網・吊り網、お茶。

酒のケースは作業台というか、桶を載せる台。
これも人によって高さの好き嫌いや
作業のしやすさが違うので色々。
自分的には上の椅子と酒のケースが
今のところベストマッチ。

吊り網は使うときもあれば使わない時も。
今回は拾ったものを別の池に放すので
移動までのストック場所。

お茶はこれからの時期は必需品です(笑)。

だいたい上の物を一式載せて軽トラで移動。
選別場所に着いてからの移動用に一輪車も積んで。





P-5076_20160719132218021.jpg

後あれば便利なのが冷たい新水。

まだ梅雨で湧水ガンガンあるので
選別している脇まで引いて。
いらない時は野池に注げばいいので・・・。

これ入れながら選別すると、
口上げだいぶ防げます。





セット。
P-5080.jpg

後は水を入れて、
網引いて選別。

今回も赤白はハネて、黒は元の野池に。
形付になりそうなものは別の野池に移動です。





網引いたところ。
P-4939.jpg

なのですが、網引いた時の写真が無い(笑)。
ということで先週のものを流用。

今回は玉さば親の池を選別したのですが、
混み合っていて成長が遅い。
一週間前のさば尾のサイズとやっと同じくらい。
なのでサイズ的にはこれと同じかな。




網にかけてみた。
P-5083.jpg

大分、黒の率が下がって来たかと。
今のところそんなに成長差なく来ている感じ。
まぁ、中にはとび的なサイズのものもいますが、

二回目ですが、実質一度目と同じ。
一度目の形付候補は全部別な池に移動させているので。
ひたすら赤白を拾って
形付になりそうなものを脇の盥に。
ずっとその繰り返し。

前回、選別の翌朝餌くれに行ったら、
前日あれだけ拾ったのに何でって位も
餌食いに浮いてきてびっくりした(笑)。
それもあって二週続けての選別なのですが・・・。
さすがに今朝はある程度減っていて
ホッとしたやらがっかりしたやら(笑)。

あんまり数入れと置くとこれからの時期
早朝の酸素不足で鰓めくれを起こす。
そうなる前にってことで。




立て候補。
P-5088_20160719132350132.jpg P-5090.jpg

P-5093.jpg P-5099_2016071913235459f.jpg P-5105_20160719132438465.jpg

P-5110.jpg P-5113.jpg P-5119.jpg

前回も書きましたが、
結構良い感じです。
一・二回目でこれだけになっていれば上等。
玉さばの子だけあって
玉になりそうなものもかなり見受けられるし。
中にはさばってやつもいますが、
それはそれで良いし。





形付候補。
P-5127.jpg P-5130_20160719132513c23.jpg P-5138.jpg

P-5136.jpg

こちらはまだこれからの奴ら。
多分形付になりそうかなってものを選んでます。

こちらは別の池に移動。
一池当たりの飼育数を減らすことで
上に書いたように酸素の確保と、
一匹当たりの餌の量を増やすことで
増体を図ります。

中に良い形と思ったら三尾のものが居た。
何となくもったいないので、残してみたのですが、
どうなりますか・・・。

下は横にしてみた写真。
こうしてみるとほとんど差が無いのが分かるかと。





最後はおまけ。
白いオタマジャクシ。
P-5085.jpg

比較で普通の取るの忘れた(笑)。
アルビノってわけじゃないのですが、
このまま白いカエルになるのでしょうか。
それとも病気か何かで死ぬ直前とか。
それにしては普通に泳いでましたけど・・・。

今日も花を

2016/07/18 Mon

今は曇り。
ですが、夕べは降ったようで、
起きたら舗装が濡れてた。
疲れて熟睡してたらしく、
その雨降ったの知らないのですけど・・・。
今日は久しぶりの早朝更新。
朝の山回りの前にこれ打ってます。

日中は二度目の選別の予定。
写真撮れたらまた紹介します。
ということで、今回は花。
撮った日は色々ですが、
気にず行きます。





まずはこれから。
C-2933.jpg C-2936.jpg C-2937.jpg





C-2977.jpg C-2982.jpg





C-2923.jpg





C-2927.jpg C-3027.jpg C-3031.jpg





C-2961.jpg C-2962.jpg C-2966.jpg

C-2969.jpg C-2971.jpg C-2975.jpg

C-2945.jpg C-2948.jpg

C-3019.jpg C-3023.jpg

C-3098.jpg

C-3107.jpg C-3109.jpg





C-2951.jpg C-2953.jpg C-2955.jpg





C-2991.jpg C-2992.jpg C-2993.jpg C-2994.jpg

C-2997.jpg C-2998.jpg C-3002.jpg

C-3003.jpg C-3004.jpg C-3006.jpg





C-3011.jpg C-3013.jpg C-3017.jpg





P-4914.jpg P-4919.jpg

C-3087.jpg C-3092.jpg C-3096.jpg





C-3182.jpg C-3186.jpg





O-9093.jpg O-9101.jpg O-9113.jpg





O-9115.jpg





C-3116.jpg C-3117.jpg

P-4522_201607041336347c0.jpg P-4519.jpg

今日は以上で。

ネジバナ

2016/07/15 Fri

今日も曇り。
昨夜も雨が降りましたが、
それも朝まで。
山回りの途中までは降ってましたが、
六時半頃には止んだかな。

今シーズンの梅雨は今日のように夜に雨が降る。
で、朝方から午前中まで降ってその後上がる。
また夜になると降る。
そんなケースが多いように感じる。
日中降った時も有りましたけどね・・・。

梅雨も後半今度はいつ頃梅雨が
明けるかが気になるところですが・・・。





今日はタイトル通りネジバナ。
理由は簡単好きだから(笑)。
ネジバナも今シーズンはもう終わりに近い。
その前に撮った写真を載せます。

最初は生えているところ。
P-4768.jpg P-4769_20160715133615bb2.jpg

P-4581.jpg P-4587.jpg P-4597.jpg <

本当は草刈るのですが、
此処だけ刈らずに残してある。
種が落ちるころを見計らって刈ります。





それでは。
P-4677_201607151345481a4.jpg P-4600.jpg P-4743.jpg P-4749.jpg





P-4745.jpg P-4748.jpg P-4749.jpg





O-8990.jpg O-8992.jpg O-8990.jpg O-8994.jpg





O-8997.jpg O-9001.jpg O-9004.jpg O-9007.jpg





O-9009.jpg O-9011.jpg O-9013.jpg O-9019.jpg





O-9020.jpg O-9026.jpg O-9029.jpg O-9033.jpg





O-9038.jpg O-9040.jpg O-9048.jpg O-9049.jpg





O-9052.jpg O-9057.jpg O-9060.jpg O-9062.jpg





O-9065.jpg O-9068.jpg O-9073.jpg O-9075.jpg





O-9076.jpg O-9084.jpg O-9087.jpg O-9090.jpg

今日は以上で。

色々詰め込んで

2016/07/14 Thu

今日は曇り。
昨日からの雨は朝方には止みましたが、
昨夜は一時物凄い降りの時が有った。
雨の音で目が覚めたくらい。
止んでいる雨も今晩には
また降りだすと予報入ってますし。
梅雨の中盤以降は雨降り続きです・・・。





タイトル通り山回りの途中で撮ったものを色々と。
まずは霧。
C-2874.jpg C-2877.jpg

二・三才池の周辺。
濃霧で何も見えない(笑)。





同じ日の何時もの山。
C-2892.jpg C-2919.jpg

上の池に餌やってから当才たちの居る場所に移動。
来た直後が左まだ霧が残っている状態。
当才に餌やって親池まで戻って来た時が右。
時間的には大して経っていませんが、結構違うかと。





朝日。
C-2915.jpg

親池のところで、木洩れ日が良い感じかと。





やっと満水。
C-3071.jpg C-3148.jpg P-4874.jpg

満水になった時差はありますが、
昨夜の雨ですべての池がやっと満水。

やっぱり池に水が十分あると安心できます。
これで大雨降ったりすると
それはそれでまた大変なのですけどね(笑)。
有るか無いかのことは心配していられないので・・・。





給仕の様子。
C-3142.jpg C-3146.jpg C-3147.jpg

満水になると当然ながら金魚との距離が近い。
写真だとズーム使うので違いはないかもしれませんが、
生身で見ている分だと全然違う。





ホタルブクロ。
C-3034.jpg C-3036.jpg





畔豆。
C-3043.jpg C-3053.jpg

左は野池の脇で、右が田んぼ。





定点観測の田んぼ。
C-3051.jpg

久しぶりの登場かも(笑)。





マコモ。
C-3047.jpg





オニヤンマ。
C-3128.jpg C-3130.jpg

C-3135.jpg

羽化直後。
プラスチックの水路で昇るものが無くて
ゴミにぶら下がって浮かしたすぐ下を水が流れて
羽が濡れていたので、場所を移動。
下は一緒にあったヤゴのから。

ヤゴの時は金魚の子の天敵ですが、
ヤンマ好きなので・・・。





猫じゃらし。
C-3138.jpg





無花果。
C-3083.jpg C-3081.jpg





ブルーベリー。
C-3103.jpg C-3106.jpg





野イチゴ。
C-3168.jpg C-3179.jpg C-3180.jpg





放した当才。
C-3161.jpg C-3175.jpg

先日選別して放した子たち。
左右は別な池。
結構な数がいるかと。

形付になるかと思って放しても
大半は立てるまでの形にはならず・・・。
赤白も結構居るし(笑)。





流れた当才。
C-3165.jpg C-3166.jpg

上の左の池の排水から流れ出たやつら。
白い泡が有って良く見えませんが結構な数流されてた。
写真撮った後レスキューしましたけどね。

中には更に先まで流れて水無くて落ちてたやつもいました。
いかに昨夜の雨が凄かったか。

恋いは水の流れに逆らって泳ぎますけど、
金魚は水の流れに乗って泳ぐ。
結果、排水から流れ出てしまうわけで・・・。
排水口に杉の葉を載せて置くだけで全然違うのですが、
大丈夫だろうと怠った自分のミスです。





最後はクワガタの雌。
P-4879.jpg P-4881.jpg

餌くれに行く前はいなかったはずなのに、
帰って来たら車庫にいた。
何処から来たのでしょうか・・・。

選別 一回目

2016/07/11 Mon

今日は曇り。
予報は晴れると言ってましたが、
この感じは曇り、かな。

今日は週末の様子。
この土日は選別三昧。
と言っても各日野池一枚づつしか
選別してませんけど。
一回目の選別はともかく数が居るので、
時間がかかる。
今回はやたらじゃなくて
網張って仔取りした池なので当然ですが・・・。
やたらだと網引きは大変ですが、
選別自体は数が居ないので、
時間はかからない。
三・四回目位になればあっという間ですけど(笑)。





まずは土曜日。
なのですが、あいにくの終日雨ふり。

ここは玉さばが親の野池。
数がいるのは分かっていたので覚悟で網引き。
網引いて後の選別はパラソルの下なので、
胴付長とカッパ脱ごうかと思ったけど、
肌寒くて脱げない(笑)。
結局ずつと胴付はいてカッパ来て選別してました。
ずっと雨ふりだったので、写真も撮れ無いし(笑)。

ただ、数が多い中なので、
それなりに形付になりそうなものを拾えた。
正直このまま全部大きくなってくれれば
秋の立てには困らないのではって位に良かった。
まぁ、そんな時にかぎって次回選別すると
アレってなるのですけどね(笑)。

土曜日は朝九時から初めて、
夕方6時まで昼飯も食わずにひたすら選別。
正直いくら好きでも疲れた(笑)。





で、今度は写真。
選別行く前に、何時もの朝靄スポット。
P-4925.jpg

早く先行けって感じでしょうが
小休止ってことで(笑)。





で、日曜日の選別。
何時ものように作業中の写真はない。
取りあえず網引いたところから。
P-4936.jpg P-4943.jpg

ここはさば尾が親の池。
前日の池よりサイズ的にはずっとデカい。
黒とむけてるやつの比率的には同じくらいかと。





選別に行く前に。
親。
P-0936_20160711132026f51.jpg

こいつらの親たち。
長いもの好きな人には結構良いかと。





孵化直後。
P-1523.jpg

二か月弱で上のサイズならまぁまぁ、かな。





最近。
P-4754.jpg

黒いのは見えずらいですが、
まだかなりいます。





選別用、セット。
P-4930_2016071113212125c.jpg

地引網から上げてきたものを入れるジャンボタライ。
形付になりそうなものを入れるものと、
赤白を入れるタライが左右。
中央の酒ケースが選別場所。
映っていませんが、座る椅子と、
パイプだけ映っているパラソルも必需品。

今回は赤白はさよなら。
むけてない黒はまた野池に放す。
で、形付になりそうなものは
以前書いた水が漏れる野池に
持って言って放す。

なので、網引いた池の数は大分減るはずなのですが、
そう上手い事にはいかず、
網の引き残りが居るので選別した後見るとがっかりします(笑)。





網にかけてみた。
P-4944.jpg

アオミドロが写っていますが、気にしない(笑)。
この中から、形付になりそうなものと、赤白を拾う。
ひたすら網引いた分が無くなるまで、
同じことの繰り返し(笑)。





形付候補。
P-4947.jpg

こんな感じのを拾うわけですが、
みんなこんなに出来上がっているわけじゃない。

なので、形付くだろうと思って拾った中からも
結構な数の赤白が出ますけどね。
まぁ、一・二回目の選別は何時ものこと。
赤白がいなくなるのが大事。

ついでに網にかかるオタマジャクシが取れることも大きい。
当然オタマは破棄。
餌と酸素の消費が全然違う。





最後は形付候補。
P-4949.jpg P-4955.jpg P-4961_20160711132416cb6.jpg

P-4974.jpg P-4967.jpg P-4970.jpg

さば尾が親ですが、
結構丸いのもいる。
前日の玉さばの選別時は三尾が結構いましたけど、
この日は皆無。

所で、毎年一回目の選別のころに書こうと思っていて、
忘れているのですが、
今日は忘れなかったので書く。

上の親の写真見ても分かりますが、
赤目が結構いる。
赤目と言ってもアルビノのことじゃなくて、
目の周りが赤いやつのことですけど。
最初が黒子なので当然と言えば当然ですが、
この時期赤目はまだいない。
それが何度か選別していくうちに
いつの間にか赤目になってくる。

それっていつ頃の選別からかなって
思い出そうとしてみましたが、
全然記憶にない(笑)。
毎年最初はみんな黒目なんだよなって思いながら
選別しているくせに・・・。
いつから変わっているかは意外と気にしていないようで。

一度選別が始まるとお盆過ぎまで、
また毎週のように選別を繰り返す。
今年は良いのが出ると良いのですけど、
どうなることか。

その前に池の水漏れ止まってくれないと
夏場が大変なことになるのですけどね。

目に付いた物を撮ってみた

2016/07/06 Wed

今日は曇り。
ですが、蒸し暑い。
昨夜は一時激しい雨で目が覚めましたが、
長くは続かなかったようで・・・。

梅雨の初めというか、
直後は雨が降ると予報が出ては消えを
繰り返していましたが、
中盤戦の今は梅雨らしく降ったり止んだりを繰り返してます。
おかげでだいたいの野池の水は
ほぼ満水になってきました。
水が漏れる池は相変わらずですけど・・・(笑)。
後は夏に備えて
地面にたっぷり水を含んでもらえればかな。
台風一号も発生したことですし、
今月の20日頃には梅雨明けでしょうか・・・。





何時ものように山回りの途中で撮った写真。
今朝の朝靄スポット、から。
P-4720.jpg





朝露色々。
P-4604.jpg P-4610_20160706133937c3c.jpg

野池に張った糸。


P-4618.jpg P-4620.jpg

小さな杉の木。


P-4657.jpg P-4659.jpg

葦の葉。


P-4671_201607061340347e3.jpg 

葛の葉(裏)。





つゆ草。
P-4681_20160706134036f31.jpg P-4685.jpg





紫陽花。
P-4358.jpg

P-4359.jpg P-4365.jpg P-4370.jpg





サワガニ。
P-4551.jpg





赤とんぼ。
P-4432_20160706134147676.jpg P-4436.jpg





アマガエル。
P-4665.jpg





ゾウムシ。
P-4668.jpg





キノコ色々。
P-4771.jpg

P-4778.jpg P-4779.jpg

P-4784.jpg





前回に引き続き当才。
P-4755.jpg P-4758.jpg P-4762.jpg

今のところここの子が一番大きい。
良い形のが出ると良いのですけど・・・。

思うようにいかない事と給仕の様子

2016/07/04 Mon

今日は雨降り。
昨日までの予報だと曇りでしたけど・・・。
朝からずっと雨。
しかも時折強く降っているみたいですし・・・。
湧水増してくれると良いのですけど。





最初は思うようにいかないこと。
その一。
当才を釣り網張った二池と、
もう一枚に放した以前書いた。
どの池も気づいたら全然居ないなんてことなく、
取りあえず成長しているのですが・・・。
釣り網から毛子取ってきて放した野池。
ここは湧水も豊富でミズにはそんなに苦労しない場所。

釣り網張った二枚は徐々にむけはじめ
白や赤が目立つようになってきた。
と、同時に餌にも反応して、
粉餌撒けば浮いて食うようにもなっている。
ところが放した野池はいまだ黒ばかり。
時折白が見える程度。
餌撒いても浮いても来ない。

何でだろうなぁ、
って餌撒きながら思っていたのですが、
ふと気づいた事が有る。
この池水温が低いんだろうなぁってこと。
で、触ってみると他の稚魚池より、と言うか、
我が家の全池で一番水温低い。
湧水が有って水に困らないけど、
湧水は水温低い。
それが常時入って水温下げている。

稚魚放す時は水が有って良いと思って放したのですが、
こんな弊害がててくるとは・・・。
色変わりするころになれば多分餌に反応して、
浮いてくるようにはなると思うので、
そこは心配してませんが・・・。
むけてこないと選別もできない。
この展開は予想してなかった。
そういえばこの池、オタマジャクシの成長も遅い。
他の池ではカエルに変態して、
陸に上がっていく個体がいてオタマの数は徐々に減っている。
なのにここは全然減らない。

このまま様子を見るかほかの池に移すか。
問題です。





その二。
野池の水が漏れると書いた。
その、漏れが止まらない(笑)。
笑い事じゃないのですが、
マジ困ってます。
雨降っているのに水が溜まらないとは・・・。
どうしましょうかって感じで。
一度水抜いて重機で締め直してもらえば
完璧なのですが・・・る
当然費用も発生する話なわけで。
それもしたくないし・・・。
どうしましょうって感じです。





ここからは何時ものように写真。
タイトル行く前に今朝の朝靄スポット。
P-4552.jpg

今シーズンは綺麗な朝靄が湧かない。
ここに行く前に色々してから行くので、
以前より遅い時間になっているのもありますが、
そのせいじゃないと思いますが・・・。





給仕の様子。
まずは二・三才池、その一。
P-4305_20160704133433ec4.jpg P-4307.jpg P-4311.jpg

池のサイズがデカい割に、
数はいないのでここの二才はサイズアップしてます。
ただ、ここのところ雨続きで水温上がらないので、
何処の池も餌は控えめですけど。





二才池。
P-4321.jpg P-4324_20160704133458044.jpg P-4327.jpg

此処もサイズ的にはまぁまぁ。
形の良いのが入っているので、
見る分には楽しい池です。





親池。
P-4339.jpg P-4343.jpg P-4345.jpg

数入っているので餌時は賑やか。
今のところこの池と親たちは相性良い感じ。
後は夏場の高温気がどうなるかかな。





二・三才池、その二。
P-4442.jpg P-4444_20160704133602468.jpg P-4451.jpg

ずっと田んぼに水かけていたので、
餌は控えめ。
今日の雨でやっと満水になるのでは。
晴れて水温上がってくれば
餌の量増やせそうですが・・・。

今まで餌絞っていたせいで、
ここの二才は小さい。
数がいるせいもありますが。
これから飼い込んでいかねば。





当才池、その一。
P-4331.jpg P-4332.jpg P-4337.jpg

ここの親はさば尾タイプ。

昨日網引く前のアオミドロ取りに入った。
さばの親ですがそこそこ丸いのも居たし、
形の付いたのも居たので、
それなりに拾えそうな感じ。
後は実際網引いて確認です。





当才池、その二。
P-4540.jpg P-4541.jpg

玉さば、親池。

親は玉さばですが、水見たとさば尾体型かな。
結構な数居るのでどんなのが
出るかお楽しみってところでしょうか。





最後はおまけ。
やたらの子。
P-4575.jpg

ピントが合っていませんが、
むけた当才が写っているのが確認できるかと。

特に当才用の餌やらなくても、
こうして同じ時期にむけてくる。
まぁ、数が少ないからでしょうけど。

野菜の花

2016/07/02 Sat

今日は曇り。
今にも降りだしそうな空してますが、
降っては来ません。
予報だと夜半からとか・・・。
その分湿度高くてジメジメで過ごしずらい。
まぁ、梅雨時なので仕方ないでしょうけど・・・。





今日は野菜の花の写真で行きます。
調度夏野菜の花盛りなので。
まずは南瓜。
P-4219.jpg P-4215.jpg P-4213.jpg





茄子。
P-4245.jpg P-4246_2016070210185478a.jpg





カグラ南蛮。
P-4250_20160702101932619.jpg





糸瓜。
P-4265.jpg P-4268.jpg P-4269.jpg





ミニキュウリ。
P-4377.jpg P-4378.jpg





オクラ。
P-4383.jpg P-4385.jpg





蔓無しインゲン。
P-4386.jpg P-4388.jpg P-4389.jpg





ガーテンハックルベリー。
P-4393.jpg P-4394.jpg P-4396.jpg





大蒜。
P-4400.jpg P-4404.jpg P-4405.jpg





モロッコインゲン。
P-4408.jpg P-4410.jpg





トマト。
P-4414.jpg P-4422.jpg P-4420.jpg 





ピーマン。
P-4427.jpg P-4429.jpg P-4430.jpg





スイカ。
P-4470.jpg P-4471.jpg P-4492.jpg





夕顔。
P-4475.jpg P-4482.jpg P-4478.jpg P-4481.jpg





ズッキーニ。
P-4483.jpg P-4484_201607021025252a6.jpg P-4486_20160702102725f39.jpg





メロン。
P-4497.jpg P-4499.jpg





トウモロコシ。
P-4501.jpg





きゅうり。
P-4503.jpg P-4504_20160702102806e67.jpg P-4508.jpg





ジャガイモ。
P-3070.jpg P-3072.jpg P-3076.jpg P-3747.jpg





最後はおまけのバッタ。
P-4490.jpg

今日は以上で。

面白かった

2016/07/01 Fri

今日は晴れ。
朝一は曇ってましたが、
徐々に晴れて来て梅雨の晴れ間って感じに・・・。

明日はまた曇りとか、曇りのち雨とかで、
日曜からは雨だとか。
湧水のために雨は欲しいけど、
溝切りして中干ししている田んぼは
乾かしたいという矛盾。
まぁ、最終的にはなるようにしか、
なりませんけどね(笑)。

そういえば昨日の雨。
自分的には結構な降りに思えた。
ここにもそんな感じで書いたし、
ところが今朝山回ってみると、
水は全然増えてない。
感覚と現実はちょっと違うようで・・・。


現実と違うというか、
思惑と違うことをもう一つ。
久しく乾いたままで、
やっと水を溜めた野池。 
漏れ防止に金魚入れて
濁し要員にすると書いた。
のですが、餌付いている金魚たち、
入っている匹数が少ないこともあって、
全然濁してくれない(笑)。
暫く餌切れば土手突いて濁すかとも
期待したのですがそんな気配もなく。
人が土手に行けば餌を強請って付いて回る。
根負けして、餌やることに。
金魚が濁してくれないようなら、
仕方ないので、
自分で濁すしかないかと。
胴付履いて暑い中、頑張りますか・・・。
やりたくないのですけど。
と言ってもやっぱり水は漏れるし・・・。





今日は最近読んで面白かった本を。
まずは誉田哲也氏の
ガラスの太陽RとN

帯の煽り文句が無ければもっと楽しめたのでしょうが、
売るためとはいえ煽りすぎでした。
期待した分ちょっとがっかり。
普通に読めば十分楽しい作品だと思いますが、
コラボとかって書かれると、
どこかが繋がっていたり、
結末が被っていたりとかを期待しますが、
そんなことは無く・・・。
登場人物が両方に出てくる程度。

作品としては面白かったのですが、
事前の期待と言うか、煽りが大きすぎた気がする。
コラボと書かずに売ればよいのにと思った作品。

ネタばれになるので内容は書きませんが、
十分楽しめた作品でしたよ。





次は東野圭吾氏の
無限花。
これは最近の刊行じゃなくて、しばらく前。
文庫化されるにあたって何かの書評で、
東野作品ではここ数年で一番面白かったという、
これまた煽り文句につられて買った(笑)。
少し前に読んだらラプラスの魔女が面白かったので、
それに期待したということも有りますが。

で、結果はこれも十分楽しめた。
冒頭で語られたいろんなことを
途中で次々拾い上げながら、
上手くまとめ上げてある作品だと思いました。
まぁ、ちょっと動機弱いとか、
今時そんなってことはあったとしても、
まぁ飲み込んで楽しめばよいかと。
のり始めてからは一気に読みました。
面白かったです。





次は宮下菜都氏の
スコーレ№4.

宮下さんが本屋大賞を取った直後に本屋に行ったら、
本屋大賞受賞者の別作品で紹介してた。
何となく面白そうだったので、衝動買い。

起きる事件で読ませる前に紹介した、
無限花とは違って、
淡々と主人公の心情風景をつづって物語を進める。
どれほどドラマチックな事や、
事件が有るわけでないですが、
何となく面白い。
気分よく読み終えられた作品。

思春期の女性の心情だったり、
内面を読みながらの
成長過程を楽しむてきな作品かな。
自分は男ですが、十分楽しめました。





最後は近藤史恵氏の
スティングマーダ。

最初スティングマーダの意味が分からず
ウキで調べましたけどね(笑)。

久しぶりのサクリファイス、シリーズ。
前作の主人公は別だったし、
その前は短編集だったことを思うと、
久しぶりの長編かと。

近藤さんのサイクル物語好きで、
心待ちにしていたので、
発売日当日に買った。
で、速攻読んだのですが、
やっぱり面白かった(笑)。

前作やシリーズを読んでいなくても、
楽しめるとは思いますが、
出来ればサクリファイスとエデンは
読んでからの方がより楽しめると思う。

内容には触れませんが、
すごく楽しめた作品でした。


どれも面白かったけど、
今回紹介した中では個人的には、
近藤さんの作品が一番だったかな。

久しぶりに写真の無い回でした。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR