品評会終了

2016/10/31 Mon

今日は曇り。
朝からどんよりして気温も上がらない。
それでも降らないだけ良しとします。





昨日は品評会。
前日の雨降りから一転、終日良い天気。
何時もの年だと張るテントの必要もなし。
気温も上がって
日中外にいると上着無しでもよいくらいでした。
ここのところ雨降りに当たっていたので、
準備から片づけまでずっと晴は久しぶりかも(笑)。

土曜日は会場で販売する金魚選び。
取りあえず安い物から、高いものまで一通り。
車庫に持ってきて取りあえず朝までは盥で待機。

その後、品評会の前日から現地入りして、
遊びに来てくれた方と金魚談義。
確か我が家にくるのはこれで三回目。
色々な体型で色々な形が付いた
我が家の金魚は見ていて飽きないと言ってもらえる。
まぁ、それが取り柄ですからってことで(笑)。

引き続き別なお客様が見えて、入れ替わり。
お客さん同士も顔見知りだったりしますけど。
皆さん見るだけが目的じゃないので・・・。

皆さん電話やメールで時々話しても、
直接会うのは一年ぶり。
それでも同じ金魚の愛好家ということで、
合えば途端に金魚話やそれにまつわる色々に
話がはずみました。

楽しかったです、またお越しください。


で、日曜日。
出荷時よりも早く起きて、金魚の袋詰め。
いくら暗くても、車庫だと明かりがあるので問題ない。
袋詰めしたら出品予定魚を水槽から捕まえて、
こちらも同じく袋詰め。
何を連れて行くか事前に決めて置かなかった、
玉さばの当才と二才は水槽見て適当に選んだ。
他はだいたい何連れて行くか決めていたので、
そいつらを捕まえるだけ。
前日、さば尾の親はこれを連れて行くつもりですという話をしたら、
それじゃなくてこっちがいいのではというアドバイスも、
頂いたのですが当初の予定通りの物を同行。
これが良くなかった(笑)。

で、必要な道具を詰めて会場に出発。
朝飯を食えないので、会場近くのコンビニで調達予定。
そのコンビニは会場の前を通り越して少し先。
朝六時半前に会場前通ったら、
すでに販売魚のセットが終わっている。
超びっくり(笑)。
慌ててパン買って会場入りしたら、
朝の必要な事前準備はほぼ終了してた。
遅くなって申し訳ありませんでした。

少々まったりタイムが有った後は、
出品魚の怒涛の袋詰め。
といっても、開始が早かったせいか、
出品者の来場時間がばらけたせいか、
例年ほどの混雑もなく袋詰め完了。
ただ、その間すっと
中腰の前かがみで作業しているので、
まぁ、腰が痛くなること。

出品が終わった後は
何時ものようにみんなで相互審査。
毎年書きますが、
年々出品魚のレベル上がってきてます。
こんなこと書くと、
なに上から目線でと言われるかもしれませんが、
袋詰めする段階から、
・・・・・っていう魚はいなくなりました。
その分一般のというか、
好きで飼っているので出してみたいっていう方には
敷居が高くなったかもしれません。

結果等については主催者のつよ玉さんが
何時ものようにきれいな写真でアップしてくれると思いますので、
何時ものように自分は写真無し。
カメラは持って行きましたが結局今年も一枚もとらず・・・(笑)。
販売が一段落したので、写真撮りに行ったら、
すでに表彰式の準備始まっていたので、
撮らなかったのですけどね(笑)。
一応言い訳。

自分の結果は六分の四。
まぁまぁだったかと。
やっぱり自分の飼っている玉さばたちには
厳しい審査基準かなって感じ。
そこら辺は承知で出している事なので、
来年もまた昔ながらの玉さばで挑みますけどね(笑)。

で、販売。
大分来て下さる方の顔覚えたと思いますが、
いざとなるとまだまだですねぇ(笑)。
ただ、前回のブログでここ見たって声かけてくれたら、
おまけしますよって書いたら、
結構な数の方にお声がけいただけました。
これはマジ嬉しかったです。
感謝です。
会場ではバタバタでろくに話もできなかった方が大半でしたが、
申し訳ありませんでした。
遊びに来たいと言ってくださった方も何名かいて嬉しい限り。
時間あったら連絡ください。

中に、ここのブログのこと全然知らないらしいおばちゃんから、
あの人におまけしてあげたから、
自分にもしてって言ってきた方いたのには
さすがおばっちゃんって思いましたが・・・(笑)。

何だかんだで楽しいひと時はあっという間に終わり。
最後は表彰式。
その前に入賞魚を水槽に上げる。
そこでも我が持ち魚一騒動起こしてくれましたが、
流石にここでは書けない(笑)。


何だかんだと楽しい一日を過ごさせていただきました。
つよ玉さん、皆さん、ありがとうございました。

そういえば当日テレビ取材が入っていた。
で、玉さばとさば尾の違いを分かりやすく説明できるかと、
テレビ局の方から質問受けた。
簡単ですよ、手に取って横から見える様にすれば、
体高があるものとないもので一目瞭然ですって話して、
やって見せたら、それをもう一度カメラの前でやってくれという。
もしそんなシーンが写っていたらそれは自分の魚と、手です(笑)。

相変わらずとりとめのない文章ですが、
今年の品評会も終わったという話でした。





何もないとつまらないので、
最後に親水槽。
P-8734.jpg
スポンサーサイト

今年試したことの結果

2016/10/28 Fri

今日は曇り。
予報だとこの後雨。
明日の朝には止む予報で、
そこかは週末は降らない予定。
日曜日は晴れてほしいところですが・・・。

今朝は金曜恒例の出荷(笑)。
出荷始めたころは五時半過ぎになると
薄明るくなってきましたが、
今は六時近くならないと明るくならない。
かかる時間は同じなので、
段々時間が押してくる(笑)。
数を少なくすれば時間かかりませんが、
そんな訳にもいかないし・・・。
まぁ、後数回の事なのですけど。





今日は自分の忘備録的な部分も含めて。
野池飼育しない方には関係ない話もありますし。
餌の話は知らない方にはちょっとは役に立つかも。

野池飼育の宿敵というか、
必ずついて回る問題に寄生虫というのがある。
春、野池に入れる時は虫なんてついていないのに、
いつの間にか虫がついているなんてのはよくある話。
今日の市場にも虫がついた跡のある鯉を
出品されている方がいましたけど。
それくらい普通に何処からか虫が湧いてくる。
当然、虫を確認すれば
なんだかの薬で対処するわけなのですが・・・。
薬によっては成虫には効いても
卵だと効かないなんてのも有ったり、
劇薬物なので使う量間違うと金魚に影響が有ったりと、
それはそれで結構大変。
それに殺虫剤も何PPMで良いと言っても
野池を必要な濃度にするためには、
結構な量が必要でその代金もばかにならない。
てことで、何か良い方法がないかと思っていた。

去年、とある剤を薬に混ぜてくれると
虫が付かないと教えてもらった。
教えてはもらったのですが、
薬をそのまま餌に混ぜるのはどうも抵抗がある。
ってことで、薬を水に溶いて霧吹きで餌に噴霧。
それを与えてみたのですが、
結果全然効果はなかった。
というか、少しは効果あったのかもしれませんが、
秋上りの時はイカリついている池がやっぱりあった。
ここまでが去年の話。

で、水に溶いた物じゃ効かないって分かったので、
今年は直接餌に混ぜてみることにした。
その様子は一度こここの記事にもしたと思います。
一か月に一度、一週間一日一回だけ薬付きの餌を与える。
7・8・9月と10月の餌きり前の一週間やってみた。
結果、どの野池から上がった魚も虫着き後ありませんでした。
例年だと体には着いていなくても、
尾ひれが長い個体だと、
尾ひれが充血して上がって来る奴もいるのですが、
それもいなかった。
ということで、どうやら十分に効果あったようです。
水に溶いてやっても直接混ぜても
そんなに違いはなさそうな感じがしますが・・・。
全然違いました。

自分たち野池で魚飼う人間は虫など
避けて通れない付き物だと思っているのですが、
普段、野池飼いをしない方にはその辺は伝わらない。
イカリやシラミが着いた後というと、やっぱり引かれる。
飼う法としてもそんな跡ない方が当然良いし。
ということで、今シーズンの金魚たちは綺麗です(笑)。

薬は魚毒性はないけど、
虫のある特性にむけて効果がある薬品。
名前上げたいのですが、本来の使い方と違う。
農薬はそこらへん結構うるさいので、
ここでは名前書きません。
もし気になった方はコメントください。





もう一つは餌の上げ方。
金魚屋鯉を無理やり大きくする方法の一つに、
サイズに合わない餌をあげるというのがある。
といっても全然合わなければ食えないわけで、
魚体の寸法よりも若干サイズの大き目な餌をやる。
例えば咥えられるけど、含めないとか、
含めるけどなかなか呑み込めないみたいな感じで。
こうすることで餌を食べる為に
早くでかくなろうとするって事なのですが。

確かにやたらの当才などは、
当才用の餌を与えるわけでなく、
二才用だったり親用の餌を
横からくすねて食べて、
それでいて本命たちよりデカくなったりするわけで。
ここら辺は当才飼っている環境よりも
密度が薄いからとかってことも当然あるので、
餌のせいばかりではないと思いますが・・・。

今シーズンはそこら辺を意識して、
何時もの年よりも早め早めに餌を切り替えていった。
当才の最初は粉餌、それに途中からさなぎの粉混ぜて、
更に粉餌の代わりにクランブルに変えて、
クランブルとさなぎの粉。
最後は粒餌の2号とか2.5号から4号あたりまで。
例えばさなぎの粉を混ぜるのを二週間くらい早めるって感じで、
今年は餌を切り替えていったのですが・・・。

こちらの結果はよくわかりません(笑)。
当才は例年以上にデカくなりましたが、
今年は皆さんに聞いても、当才の出来は良いという。
少し前に自分もその理由を書いたと思うし。

気候が良くて大きくなったのか、
餌を大量に与えたから大きくなったのか、
それとも自分が仕掛けたことが効果あったのか・・・。
全部があったからよかったのか。
その辺は分からない(笑)。

ただ、間違いなく、
近年では一番数作ったにも関わらず、
サイズは一番デカかった。
もう一つはサイズ大きくすると、
どうしても大きいものと小さい物の差が出るのですが、
それもなく池ごとに均一で上がったきた。

まぁ、とある一枚の池だけ全然大きくなりませんでしたが、
それははっきり理由が分かっているので、問題ない。
ただ、サイズの小さいものはそれはそれで可愛かったりしますけどね。

この小さいものの形付を格安で品評会会場で売ろうと思っています。
小さい水槽しか置けないけど、数を飼いたいとか、
形付欲しいけど、大きいのを数買うとお値段がとか。
デカくする自信はあるので、小さいものでも形良ければ、
それでも良いとかって方にはお勧めです。
こいつらは本当に綺麗ですよ。
中にはデカくすれば来年の品評会狙えるくらいの奴らもいます。

話がそれました(笑)。
餌の件は結果、今年はウェイティングって感じで、
来年も同じように試してみたいと思ってます。
で、来年も同じようにデカく出来たら効果ありってことにしようかと。

そういえば以前、当才デカくするために
一日何回位餌上げるのですか、と聞かれた事が有る。
当才たちには基本一日一度しか上げてません。
中には二度上げる池もありますが、
メインの池は一度きりです。
それでもまぁ、何とか大きくはできるってことで。

今日は文章だけになった(笑)。
味気ないので最後に宣伝。
上でも書きましたが、
30日会場で販売させていただく予定です。
毎年お会いできる方や、初めての方。
色々だとは思いますが、
自分のこと気が付いたら気軽にお声がけください。
会場で金魚談義できるかは不明ですが、
お買い上げの時に「田舎日和」見てますと
声かけていただいた方には何かサービスします。

最後は連れて行く予定の金魚。
P-8723.jpg P-8730.jpg

この中から適当に・・・(笑)。

こいつらから何匹か。
P-8716.jpg

それとも全部???(笑)。
それでは会場で。

池上げ終了

2016/10/25 Tue

今日は晴れのち曇り。
予報だとこの後雨だとか・・・。
朝は本当に午後から雨降るのって位、
良い天気だったのですが、
お昼前から曇って来て、
今はいつ降ってきてもおかしくない空模様です。





写真行く前に今朝のいつもの山。
P-8742.jpg

何となく秋っぽくなってきたかと。





今日は週末にやった親の池上げの様子。
本当は土曜の朝一に網引いて、
午後から取って終わりにする予定でいた。
木曜日から水出していたので、
金曜日の出勤前にここまで水が出たら、
ホース上げてほしいと依頼して出勤。
その際に入っているのが親なので、
くれぐれも水の抜き過ぎには注意してほしいと依頼。
それがどうも効きすぎたようで、
金曜日帰ってから電池持って水見に行ったら、
依頼したよりずっと前の段階でホース上げてある。
自分としては膝くらいまでの深さまで抜いてほしかったのが、
股下くらいまで水が残っている。

土曜日の朝。
P-8648.jpg

これだけ水残っていると
下がゴミだらけのこの池は魚が上手くかからない。
分かってはいますが、とりあえず網引き(笑)。
やっぱりかかりません。
他の池だとこれくらいの水で丁度良いのですけどね。

ここからさらにホースで水抜き。
土曜日一日かけて水出しました(笑)。





日曜の朝。
P-8653.jpg

上と比べて大分減っているのが分かるかと。





ポンプ設置してさらに水抜き。
P-8657.jpg

上の写真だと池の周りにあるネットがなくなっているのが分かるかと。
水が出るまでの間暇なので(笑)。
まだこれでも水ありすぎなので、さらに暇つぶし。





いつもの山。
P-8662.jpg





池の周りの色づき始めた木。
P-8665.jpg P-8667.jpg P-8669.jpg





背びれが見え始めた金魚。
P-8660.jpg

ここまでくればもう少し水抜けば取れる。

こんな感じで写真でも撮って暇つぶし。
本持って行って読んでいるときもあれば、
タブレット持って行って遊んでいる時もありますが、
今回はそんなに時間かからないのでカメラのみ。

そうこうしているうちに取れるようになり。
で、いつものように作業中の写真は無く。





金魚のいなくなった池。
P-8695.jpg

当才がいるともっと水抜かないと、
取り残しがいる可能性がありますが、
相手が親だとここまで水抜けば十分。





泥を吐かせ中。
P-8682.jpg P-8688.jpg

何時も親は早めにとるのですが、
今回は最後。

何時もの年だと早く取るので、
野池の水温とイケスの水温に差がありすぎて、
イケスに入れるひっくり返る奴がいるのですが、
今頃になってくると水温差がなくなってそれが無い。
と言ってもこの写真ではまだイケス入っていませんが(笑)。

越冬水槽に入る分を選別して入れたら残りがイケス行き。





写真を撮ってみた。
P-8693.jpg P-8691.jpg

皆さんが網にかけて金魚の左右を撮った写真を載せている。
それを真似て撮ろうとしたのですが、暴れて無理。
一匹目でカメラに水かけられて断念。
やっぱデカいさば尾は暴れ方が違います(笑)。

水見の時から書いてましたが、
今年の親は良い上がりです。
サイズも良いですが、何より緋色が良い。
この写真だと伝わりませんが・・・(笑)。

ただ、何匹が期待していたやつが上がらなかった。
野池のリスクといえばそれまでですが、
やっぱり期待している分残念です。





今のイケス、二歳以上。
P-8720.jpg P-8724.jpg

この中から品評会の販売魚を連れて行きます。





ついでに当才。
P-8728.jpg P-8731.jpg

こちらはまだかなりの数残ってます。
大量に買ってくれる方いたら是非お願いします(笑)。





上がった親。
P-8706.jpg P-8707.jpg P-8711.jpg

P-8712.jpg P-8715.jpg P-8717.jpg

緋色の良いこと。
まぁ、水が汚いのはご愛嬌ということで。
頭から尻尾の先まで入れれば優に30は超えてる、かな。





最後は今朝の親水槽。
P-8732.jpg P-8735.jpg P-8740.jpg

水溜めて二週間で
この数入れて濁らないのは
水、出来ている証拠。
他の水槽も水は良い感じです。

これで池上げ終わったので、
後は糸や鉄筋棒の片づけのみ。
そういえばまだ代掻きが一枚残っていたけど(笑)。

水槽見に来たい方いたら遠慮なくご連絡を。
鍵付きコメントでお知らせください。
とは言え、会社員の身なので週末しか無理ですが。

ブログ書いているうちに雨が降ってきました。

最近の畑の様子

2016/10/21 Fri

今日は晴れ。
今日も朝から気持ちの良い天気。
金曜日なので早起きして、市場の準備。
出勤前に出荷し来ましたが、
今日は大盛況。
出荷待ちの軽トラが列をなしていました。
10月の第三なので何時もの事なのですが。
と言っても年に一度ですが。
多分今日が一年中で一番出荷が多い日かと。
来週も多いはずですが、
奇数週の方が多くなる。

そんな感じで、毎朝何だかんだで早起きはしている。
のですが、ほとんどが金魚の事。
水を使うのでカメラも持って出ない。
まぁ、朝早いと暗くて写り良くないし(笑)。
ということで、新しい写真がない。





今日は少し前に撮ったものと最近の物を取り混ぜて、
畑の野菜の様子です。
漬物用の大根。
P-8435.jpg

肥しが足りないせいか、
全然大きくないのですが、
これで良いのでしょうか・・・。





長ネギ。
P-8439.jpg P-8441.jpg

手前の一畝はもう直売所に行ったらしい。
残った分は自家産の越冬用。





小豆。
P-8444.jpg





茄子とかぐら南蛮。
P-8445.jpg P-8447.jpg P-8446.jpg

寒くなって来たのでもう実がなっても大きくならない。





ブロッコリー。
P-8448.jpg P-8449.jpg





こんにゃく芋が植えられていた場所。
P-8460.jpg P-8461.jpg

少し前にこんにゃく芋の収穫したものは載せたかと。
右は来年以降用の種イモ。
なのですが、多分沢山有って要らないので、
畑に放置されているのかと。





黒豆。
P-8462.jpg





長いも。
P-8464.jpg P-8465.jpg P-8468.jpg

P-8636.jpg P-8646.jpg P-8645.jpg

上が収穫前で、下が収穫された芋。
出来悪くないのですが、
なぜか筒に入れた芋も細長くならなかったらしい。
ずんぐりむっくりが多いです。
まぁ、味は変わりませんが。





ブロッコリー。
P-8472.jpg 

上とは別な場所に植えられているやつ。
収穫時期をずらすためにこちらは少し早めに植えられた方。





ガーデン・ハックルベリー。
P-8476.jpg P-8477.jpg





キャベツ。
P-8479.jpg





大根と赤大根。
P-8516.jpg P-8522.jpg





野沢菜。
P-8525.jpg





白菜。
P-8527.jpg

夏の野菜はほぼ終わって秋の野菜に畑はシフト。
それもあと一月って感じでしょうか。

来月の終わりころには初雪が何時頃かなんて、
話をしていそうです。

今年の当才を振り返って

2016/10/18 Tue

今日も曇り。
昨日と同じような天気。
夜中から朝方に雨降って、
そこからどんよりした曇り。
まぁ、雨降るよりいいので・・・。

そういえば今朝は暖かかったです。
池上げはあらかた終わりましたが、
まだ金魚が全部終わったわけじゃない。
早起きして金魚の色々。
寒くないと助かります(笑)。





池上げは全部終わっていませんが、
当才の居る池は終わった。
ということで今年の当才の出来について。
と言っても大したこと書きませんけど(笑)。

まずは、写真。
P-8609.jpg P-8610.jpg

P-8623.jpg P-8626.jpg

毎年恒例の玄関水槽。
上下で役600位入っている。

今朝撮りなので、
壁面に反射しまくりですが、
雰囲気ということで。

今年を振り返る前に・・・。
日曜日の夕方。
選別終えて大小分けて水槽に収容。
選別の道具を片づけて
やっと終わったと思ったのですが・・・。
当才水槽のエアーレーションするの忘れてたことに気づいた(笑)。
前の週から水槽には入れてましたが、
数が少ないので特に必要なかったし・・・。
入れた直後は酸素もあるので口上げもしない。
ですが、一晩エアー無しというわけにはいかない。
ってことで、使っていないエアーポンプ持ってきて稼働。
なのですが、久しぶりに動かしたら、振動音がする。
しかも結構うるさいし。
さすがに音のするポンプを玄関に設置するのは・・・。
かといって車庫も同じだし。
ということで、イケスに設置したポンプと交換することに。
真っ暗の中電池付けてポンプ持ってイケスまで往復。

先に設置して置けば問題ないものを・・・。
面倒くさがるのでこんなことになる(笑)。

前置きが長くなりました。
今年の当才。
玉もさばもとっても良い出来でした。
どう良かったのかというと、
まず一番は形付の綺麗なものがいる。
数もとれた。
サイズも良い感じでデカくなった。
後、一部の池の当才を除けばサイズも揃っている。
緋上がりも良いし、肌もきれいです。
それと中に極上って感じのピカ一が居るのも面白い。
良い事づくめじゃんって感じですが、
中には思うようにいかないことも有りますが、
それは今回はちょっと関係ないので割愛。

遊びに来たつよ玉さんに聞いても、
今年はサイズが良いと言う、
自分のところだけじゃなく、
周り全体がサイズは上げてきているとのこと。
飼育者の技術が上がって
サイズアップさせているってこともあるかもしれませんが、
それは自分には当てはまらない(笑)。
どう考えても去年と同じ(笑)。

では何が良かったのか、
夏の気候だったと思います。
梅雨前から結構温度は上がった割に、
真夏の一番暑い時期の
最高気温はそんなに上がらなかった。
35度オーバーなんて日は無かったような気がする。
早くから水温上がって食わせられた割に、
夏場の水温の異常な上昇が抑えられて、
食い気を落とさなかったのでは。
当然水の痛みも違ってきますし・・・。
で、9月に入っても前半は結構暑い日が続いたし。
10月に入って一気に気温下がったところはありますが、
9月の台風が何個も連続で来たあたりまでは、
結構良い感じで追い込めたのでは。
それがサイズアップに繋がったのではって感じ。
後、今年上げてみて気づいたこと。
退色していない個体がいなかった。
墨がまだ残っていたり、
緋色がオレンジかがっているのはいましたが、
黒のままだった個体は皆無だった。
まぁ、夏に生まれたと思われる
青子の親戚みたいなのは別ですけど(笑)。
そんなのはみんな流しましたけどね。

今年実践したデカくするための方法とかも
書こうと思ってましたが、
前置き長かったせいで結構書いた(笑)。
それはまたいずれ。

今日は今年の当才は良かったという報告です。





ここからは何時ものように写真。
まずは畔豆。
P-8384.jpg P-8386.jpg

少し前まで、
実の入りすぎた奴を固いと言いながら、
食べてましたが、さすがにもう無理(笑)。
後は干して豆にする。





ツリフネソウ。
P-8373.jpg





タンポポ。
P-8390.jpg P-8388.jpg





名前の分からない花各種。
P-8399.jpg P-8376.jpg P-8377.jpg P-8381.jpg





花。
P-8413.jpg P-8417.jpg

左右で色違いますが一本の木から。
これ春も咲いてた記憶が。





クレソン。
P-8363.jpg P-8361.jpg

もう少し繁殖したら収穫かな。





ウシガエルのオタマと子。
P-8351.jpg P-8354.jpg 





こんにゃく芋。
P-8332.jpg P-8334.jpg P-8335.jpg

P-8420.jpg P-8422.jpg

上段は収穫直後でハウスの中。
下はそれを天日干し中。





長ネギ。
P-8336.jpg





小豆。
P-8427.jpg

今日は以上で。

池上げの様子

2016/10/17 Mon

今日は雨のち曇り。
というか、雨降ったのは夜中から朝方まで。
起きた時は降ってましたが、すぐ止んだ。
その後ずっとどんよりした曇り空。
ただ、最近は朝冷え込んでいたのですが、
今朝はそんなに寒くなかった。





今日は週末にやった池上げの様子。
何時も載せてますが、
たまには順を追ってどんな風にするのかを、
載せてみたいと思います。
今日載せるのは日曜に上げた、
給餌の様子の時は二・三才池その二と紹介する池。

土曜日も当才・二才池と上げてますが、
いかんせん池が小さい。
小さいと水の抜けるのも早いので、
作業もスムーズ。
なので写真撮っている暇もない。
先週上げた池も有りますが、雨降ってたし。
ということで今日は池上げの様子です。

写真に行く前に何時もの山から。
P-8455.jpg P-8497.jpg

土曜日の朝。
朝日が綺麗だったのですが、
写真にしてしまうと中々うまく伝わるものに
なっていないのが悲しいところ(笑)。





まずは水出しから。
土曜日の朝。
P-8489.jpg

先週代掻きで結構な量を出しましたが、
9月からの長雨で湧水が増えているので、
結構溜まった。
実はもう水出し中。





水抜き用のホース。
P-8481.jpg P-8485.jpg

インチ五分を使用するので吸引力は結構ある。
間違って金魚が吸い込まれないように
ストレーナー代わりの網被せてある。
で、鉄筋棒にホースを縛って棒を射してホースを固定する。

定期的に見に来て、ホースの口が上がらないか、
何か詰まってないか確認。





排水は田んぼへ。
P-8487.jpg

このまま水を出し続けて夕方五時半で終了。
干すの口の位置を固定しとけば
そこまで水位が下がれば後は水は抜けないのですが、
丁度いいところまで来てたので・・・。

あんまり水出し過ぎて鳥や獣にいたずらされても困るし。





日曜日の朝。
P-8534.jpg

前日はここまで水抜いた。
で、これから網引き。
何時ものように作業中の写真はない。





網引いたところ。
P-8539.jpg P-8536.jpg

結構掛かりは良かった・・・と思った。

後は、取った金魚を袋に詰めて釣り網張って有る野池に移動。
その前に立っているパイプを倒して、水抜きを進める。
で、朝飯食ってきたころには良い感じで水が抜けているはず。

なのに倒したパイプからエアーがボコボコ上がってくる。
頭の中は???なのですが、
とりあえずエアーが上がりきるまではパイプを抑えている。
そうしないとエアーの力でパイプが戻ってしまうので。

排水場所を見に行ってみると、全然水出ていない(笑)。
取りあえず袋に詰めた金魚が居るので、
まずはそれを吊り網に放しに。





犯人。
P-8556.jpg

繁殖し過ぎたマコモがパイプの排水口をふさいだらしい。
スコップで排水場所掘り返して水が抜けるように。

水の圧が有るので、
少し掘ってやれば後は勝手に水が場所を広げてくれる。

マコモがぐちゃぐちゃになっているのは
その時にマコモ見て収穫できそうなのが沢山あると話したら
マコモダケを収穫に来た親父がしたこと。





パイプを交換。 
P-8544.jpg

夏の間立っていた長い物から、
短いパイプに交換してさらに水出し。

で、水が有るうちに金魚取るタライと、
移動用の袋に水の確保。

そこまでしたら後は水が抜けるまで暇。
かといって水の量が減っているので
池のそばを離れるわけにもいかないし・・・。





ということでネット外し。
P-8548.jpg P-8551.jpg

50メートルのネットを撤収。
右がネットを外した後。





池の金魚。
P-8562.jpg

二・三才の引き残しが
ある程度いるのは金魚の場合仕方ない。
ですが、結構捕れたと思った当才が、
思ったよりも残っている(笑)。

この後手作業で引き残しを捕獲して、終了。
ですが、何時ものようにその写真はない。
数が思ったよりいたので、多少時間はかかりましたが、
全部拾って終了。





終了後の野池。
P-8567.jpg

この野池が終わったので、
後は親が入っている池を上げたら池上げ終了。

この池から上がった二・三才とあわせて、
前日上げた二才を選別。
したのですが、急いでいて写真撮るの忘れた。
なので上がった個体の写真はない。
ですが、上がりは良かったです。
特にこの日上げた三才以上が良くなっていた。

給餌の様子を載せている時はやたらの当才がいすぎて、
様子がよく見えないので分からないと書いてましたが、
デカくなってなおかつ赤くなって上がってきました。
それはこれからのオフの間にゆっくり紹介していければ。





で、ここからは当才。
土曜日上げた奴ら。
P-8576.jpg

この写真見てもらって分かると思いますが、
まぁ、綺麗(笑)。
笑いごとでなくマジ形付だらけ。
サイズはデカくなっいるし、揃ってもいる。
自分が金魚始めてから一番の出来かもって位。





盥に上げて。
P-8580.jpg





網にかけてみた。
P-8578.jpg P-8579.jpg

素赤や白もたまにはいますが、9割以上が形付。
かなり強めの選別掛けましたが、
それでも例年の水槽には入りきらない。
というか、サイズがデカすぎて数を入れられない。

で、選別の様子はここまで。
ここからが良い所でしょってことなのでしょうが
忙しすぎて写真撮っている暇がない。

そんなところにつよ玉さんがカメラを持って遊びに来た。
自分はろくに相手できませんでしたが、
写真と動画を何やら取っていたようで。
多分その様子がつよ玉さんのところで
いずれアップされると思いますので、
そちらをご確認ください。

途中でさらに玉太さんも遊びに来られましたが、
両氏ともろくに相手できずにすみませんでした。
懲りずにまた遊びに来てください。




取りあえず今朝の水槽。
P-8583.jpg P-8606.jpg P-8587.jpg

左が三才以上、中央が二才、右は親。
ご覧のように親水槽はまだから。
三才も二才も入りきらない当才が入ってます(笑)。





最後はイケス。
P-8595.jpg P-8599.jpg

左は二・三才。
右は当才ですが暗くて写り悪いです(笑)。
まぁ、雰囲気ということで。

秋は何かと物入りです

2016/10/14 Fri

今日は晴れ。
朝一は寒かったですが、
陽が射してきてからは気温上がった。
朝から快晴なのは何時以来だろうって位、
ここのところ天気よくなかったので、
単純に晴天が嬉しいです(笑)。
この週末も天気良さそう、
池上げが進みそうです。





今日は金曜なので市日。
ということで、朝から早起きして、
出荷の準備しましたよ。
今回はそんな出荷だとか
金魚にまつわるお買い物の話。

毎シーズン、水槽の立ち上げ時は
何かしらのアクシデントが有ったり、
不足物が有って買い足したりと
出費に悩まされますが、
今年は水槽関連の買い物は少なめ。
まぁ、この後出てくるとは思いますが(笑)。
取りあえず大物のポンプを買い足さなくて、
スタートできたのは大きいです。

で、最近買った物や
少し前から準備していたものなど、取り混ぜて。
まずは袋。
P-8277.jpg P-8279.jpg

左が通常使用用、右が市場用。
市場は高透明な袋入りじゃないと受け付けてくれない。
なので値段高くても必需品。

因みに毎年の玉さば品評会も、
市場用の高透明の袋に入れて展示されます。
たった0.005ミリの厚さしか違いませんが、
持ってみると全然厚みが違うし、
透明感も違います。
薄い分破れやすかったりはしますが・・・(笑)。





輪ゴム。
P-8280.jpg

中身の写真撮らなかったので、
どんなものか分からないですねぇ(笑)。
直径5センチくらいで厚みと幅のあるゴムです。
機会が有ったら写真撮ってきます。

これで上の袋に水入れて、
魚入れて酸素入れた物の口を止めます。
口の止め方も人によって色々ですが、
基本は引っ張ったら解ける。
でも、絶対に水は漏れないです。





箱。
P-8273.jpg

錦鯉用ですが金魚用を売っていないので、代用。
上のサイズの袋を送る用の箱。

鯉でもっと体長が有るもの様に
長い袋も長い箱も有ります。
因みに自分は送る用にも二重袋しか使いませんが、
鯉のデカいものを送るときには三重袋とかも、
使ったりします。

当然サイズが大きくなれば
料金も高くなるのは仕方ないのですが、
サイズが少し大きくなるだけで
値段が一気に高くなるのはなぜでしょうか(笑)。





酸素。
P-8275.jpg

ボンベじゃなくて、中身です。
これで1.5立米上記の袋で40位詰められる。

多分生酸素をそのまま大量に使うのって、
あまりない業種なのでしょうねぇ。

ここまでが金魚の出荷だったり、
輸送だったりに使う道具。
というか、ここら辺はある意味消耗品的なものかも。





浄水器のフィルター。
P-8287.jpg

これは以前買ったと書いた物。
これも一シーズンごとに買い替える消耗品かな。

浄水器で飼育水を濾過するのは個人的には必要ないと思って居る。
水道水を溜めてハイポで塩素抜きすれば十分。
なのですが、水槽の数増やしたら、
水を溜めて置く場所と容器が無い(笑)。
特に冬場は・・・。
で、今はマーフィードのお世話になっている。
まぁ、一度使いだすと楽でやめられませんが(笑)。





エアーホース。
P-8283.jpg

これも消耗品でしょうか。
同じように使っているはずなのにシーズン毎に
微妙に長さが足りなかったりする。
で、ホームセンターで5メートルくらいのものを買ってきて、
必要な長さにカットして使っているのですが、
腐るもので無しということで、100メートル巻き買いました(笑)。
適当に使っていきます。
10年くらい持つでしょうか・・・無理かな。





交換濾材。
P-8288.jpg

水作ジャンボの濾材。
水作の濾材は洗って使えるので、
結構長持ち。
ジャンボの濾材だと2シーズンくらい使う。
その後も濾過槽に入れて物理ろ過用のゴミ取にするし。





最後は100均。
P-8408.jpg

ペーパータオルというか、ティシュの代わり的な・・・。
水槽回りの必需品。
手を拭くのにも使うし水槽の壁面拭くにも使う。
水にぬれた物を拭いても解けないし、
水の吸水性も良いのでこれを愛用してます。
何より安いし(笑)。





おまけ。
P-8411.jpg

当才水槽。
水溜めた翌日から魚放してる(笑)。
まだ数は少なめ。
週末に上げたらいっぱいになる予定です。

週末の様子、池上げ・水槽セット・選別等

2016/10/12 Wed

今日は曇り時々雨。
時々降ってくる雨はかなり激しかったり・・・。
気温も上がらず肌寒い。
ここのところ朝晩だけでなく、
日中も涼しくというか寒いと思うくらいになってきた。
我が家ではすでに炬燵が登場しました(笑)。





今日は土曜からの三連休の様子。
写真沢山あるので文章短めで行きます。

いきなり休み中の様子じゃなくて、
今朝の朝靄スポットから。
P-8343.jpg P-8340.jpg

自分が行った時の感じは右の方の暗さが近い。
棚田にピント会わせると露出も変わって明るくなる。
もう少し色づけば秋っぽくなるのですが、
今月下旬位でしょうか。





いつもの山と柵池。
P-8392.jpg P-8395.jpg

こちらの池も水が抜かれて、
池上げしましたって雰囲気になってきた。





ここからが土曜日の続き。
朝一に網引きましたが水はまだ結構残っている。
それでも順調なら午後から引き残しを捕れると思って居たのですが、
雨が時折強く降ってくる。
しかも何故か分かりませんが、
水を出していていたうちの太いホースが上がった(笑)。

ということで午後からはやっぱりポンプの出動。
P-8263.jpg P-8265.jpg

左がポンプ動作前で、右がポンプ稼働後。
水がある程度出るまではすることないので、
ネットでも外しながら水の出るのを待つ。
動いていないと雨降って寒いし(笑)。





稼働中のポンプと金魚。
P-8269.jpg P-8268.jpg

これよりもう少し水抜いたら、
金魚取りなのですが、
何時ものように作業中の写真は無し。





因みに今朝。
P-8348.jpg

これくらいまで水抜きます。
本当は池の底に水抜き用のパイプが通してある。
それを抜けばあっという間に水抜けて
ポンプの出動など必要ないのですが、
事情があってここはそれができない。

後は池上げがみんな終わったら
糸外しと糸張って有る鉄筋棒の撤去かな。





取ってきた二・三才魚。
P-8405.jpg P-8404.jpg

別な野池に張った釣り網に収容。
このあと選別もしたのですが、
忙しくて写真撮っていない。

ですが、上りは良かったです。
と、さらっと書いておきます。





日曜日は終日水槽セット。
P-8291.jpg P-8294.jpg

農作業使用になっていた車庫を金魚使用に変更。
例年のように親用・三才用・二才用のFRPと、
当才の大小用のアクリル二本立ち上げました。

ここは大した写真無いので、サラッと。





で、月曜日は代掻き。
P-8370.jpg P-8365.jpg

左は代掻きした田んぼ、右その為に水を出した池。
これだと分かりずらいですが、
代掻きの為にかなりの水を出してます。





で、その合間に金魚取り。
P-8371.jpg

これも何時ものように作業中の写真は無いので、
取った後の野池。
ここは75のパイプが立っている。
なのでそれを寝かせれば水は抜けてく。
最後はパイプを取り外して水を抜く。
それが今の状態。

野池の説明が先になりましたが、
代掻きをする前にまず田んぼを耕します。
そしたら水を入れるのですが、
そんな手間かけていると水が溜まらないので、
耕しながら水を入れてく(笑)。
それでも代掻きできるまで水が溜まるには
結構な時間がかかる。

ということでその間に野池の網引き。
で、大まかなところを取って釣り網に放したら、
また田んぼに戻って代掻きってな感じ。
それでも田んぼ三分の二くらいしか水溜まっていないので、
有るところから随時。
結局お昼までに水は全部溜まらす。
お昼はさんで午後からも代。

で、終わったらまた野池に戻って
引き残しを拾って終了。
それが上の写真、と言っても撮ったの今朝ですが・・・。





最後は選別の様子。

選別も最初は土曜に取った二・三才。
その間に午後から取った当才の泥を吐かせて。
二・三才が終わったら、当才。
ここまで全然写真撮っていない(笑)。
なのですが、当才選別の途中で暗くなって見えん。

ということで昨日の早朝にした選別の様子。
選別前、釣り網から上げたところ。
P-8297.jpg

前日上がったのこの3倍くらい。
以前、一番最初に池上げの様子を書いた
野池からも来ているので池のサイズのわりに多め。





網にかけてみた。
P-8301.jpg P-8302.jpg

夏の間に何度も選別しているので、
赤白は少なめですが、それでもまだいる。

夏場の酸欠の影響で鰓めくれ起こしているやつもいるし。





ハネ。
P-8318.jpg P-8313.jpg





形付。
P-8310.jpg

ハネを拾うと結構綺麗になります。
この中から、まだ立てる奴も出るはずなのですが、
いかんせん本命池の池上げがまだ。
それを上げて立てを拾って状況見てここから残すものを決める。

ただ、今年の当才デカいです。
特に小さいやつらのサイズが有る。
なので数はそれほど残せないかも。





最後は立て。
P-8319.jpg P-8322.jpg

P-8324.jpg P-8329.jpg

下は小サイズの奴ら。

こいつらは本命池が上がる前でも残せる形付。
なので綺麗ですよ。

池上げ開始

2016/10/08 Sat

今日は雨降り。
予報だと夕方から雨のはずでしたが、
午前中から降ってきました。





時間が無いので今日は駆け足。
この週末を利用して金魚の水槽セットと、
池上げの予定。
土曜日にまずは水槽セットして、
日曜から順次池上げするつもりでいた。
中には池の水出しながら
田んぼの代掻きも並行でしなくてはならない、
場所も有ったりで結構忙しい(笑)。

まずは水の出にくい野池から上げていくのは毎年の事。
三日有ればもし水が上手く抜けなくても、
何とかなるので・・・。
で、月曜から水抜き開始。

これは水曜の朝。
P-8150.jpg 

この池事情があって大量に水出せない。
なので少しづつ排水。
その間に大雨降ったりすると大幅に予定が狂う(笑)。
今回も台風で雨降るかと思って居たのですが、
風は強かったですが、大した雨は降らず。


金曜の朝。
P-8251.jpg

大分抜けてきているのが分かるかと。
ただ、この時点で予定よりちょっと出過ぎ(笑)。
これだと日曜じゃなくて翌日かなって感じ。

で、昨日の帰りに寄ってみたら案の定良い感じで抜けてる。
ということで網引くことに。


今朝。
P-8262.jpg

写真撮るの忘れてこれは網引いた後。
これでも深いところはまだ数十センチ有る。





網引いたところ。
P-8259.jpg P-8258.jpg

何時ものように作業中の写真は無い。

正直ちょっと水が出過ぎ(笑)。
あんまり水が無くなってしまうと
それはそれで上手くかからない。
掛かってもみんな網をくぐってにげる(笑)。
これで半分くらいでしょうか。

袋に入れて釣り網張って有る別の池に移動です。
後は網を洗って取りあえず終了。

もう少し水抜けたら引き残しを手作業で捕獲。
雨で上手く水抜けないようなら、
ポンプの出動かな(笑)。

明日の予定でしたが、一日前倒し。
幸いにして、この作業中は雨降って無かった。
午後はカッパ来てかな。

初出荷

2016/10/07 Fri

今日は晴れ。
朝から快晴の良い天気。
気温もそんなに高くなく過ごしやすい。
日中はそんなですが、
今朝は寒かった。
肌寒いとかじゃなくて、
寒いって感じ。

夏からずっと同じ温度に設定してある自分の車。
今朝乗ったら温風が噴き出してきた(笑)。
今日はそんなで結構寒かったのです。





タイトルの写真行く前に
何時もの朝靄スポット色々。
P-8106.jpg P-8110.jpg

P-8125.jpg P-8131.jpg

P-8139.jpg

P-8157.jpg

同じ様に見える写真も
横並びは同一日ですが、
みんな違う日。

今朝も予報だと晴れるからと、
結構な数の車が集まっていましたが、
残念ながら靄は立たず。
なので今朝の写真はありません。

春から通ったこの先にある野池。
今週末には上げる予定なので、
ここの写真を載せるのももうないかも。

ついでに夕方。
P-8089.jpg

朝の写真よりも秋っぽいかと。
野池の水ももうすぐ抜かれることと思います。





別な場所の夕焼け。
P-8100.jpg 

結構綺麗な夕焼け。
出来れば電柱が写らない場所に
移動して撮りたかったのですが、
そこまで上がったらもう赤くなかった。

そういえば写真は撮れませんでしたが、
台風前日の夕方の夕日は格別綺麗でした。





今日は金曜日。
錦鯉の市場の開催曜日です。
ということで、先週末取った金魚の出荷。

何時ものように作業中の写真はない。

指定袋にイケスの冷たい水を詰めたら・・・。
吊り網にいる金魚を盥にすくって、
袋に入れて酸素入れて輪ゴムで密封。
と書けば簡単ですが、結構大変。

それが終わったのが下。
P-8255.jpg P-8256.jpg

ブルーシート掛けてあるのはカラス除け。
今回の当才は数を数えなかったので、
それでも楽。
多分2000以上は出したと思うけど・・・。
これが各袋に何匹入れたとかを数えるとなお大変。

初回分はサイズも小さいし、
物も良くないので大した金額にはならないと思うけど、
捨てるのももったいないので出荷ということで。
次から上がってくる当才はサイズも良くなっているので、
数えて入れる事になるかな・・・。





ここからは何時ものように目に付いた物を。
白い萩。
P-8075.jpg P-8077.jpg

もう萩も終わりですが、
そういえば白い花の萩撮っていなかったということで・・・。





サワガニ。
P-8094.jpg P-8097.jpg

餌くれ途中の野池の土手。
危うく踏みつぶすところ。
片方の鋏が無い。





コカマキリ。
P-8117.jpg





ジョロウグモ。
P-8122.jpg P-8123.jpg





蛾の幼虫。
P-8135.jpg





白鷺。
P-8170.jpg

鯉上げ終わった野池の中を
餌を探していったり来たり。
鯉じゃなくてカエルでもオタマでも良いのだと。





花。
P-8233.jpg P-8236.jpg

春と秋に毎年咲くような気がする。
ということは四季咲きなの。





キンモクセイ。
P-8237.jpg

甘い匂いがすると思ったらもう終わりです。





こんにゃく芋と里芋。
P-8243.jpg P-8242.jpg

こちらも今年の初取り。

今年最後の給仕の様子と予定は未定の結果池上げしたら当才が格別だった。

2016/10/06 Thu

今日は曇り。
朝は雨降ってましたが、
その後はずっと曇ったまま。
今にも降りだしそうな空してますが、
降るわけでもなく・・・。

昨夜は台風。
非常に大型と言ってましたが、
上陸する前に温帯低気圧に・・・。
夜中、それなりに風は吹きましたが、
びっくりするほどでもなく。
雨もそんなに降らなかったし。
当地的にはそんな被害もなく
過ぎ去ったって感じでしょうか・・・。
取りあえず大した被害もなかったようなので
一安心て感じです。





長いタイトルですが(笑)、
でもタイトル読めば何書いてあるかわかる。
二時間ドラマのタイトルみたいな感じ。

前回、浄水器のフィルターを取り寄せた話を書いた。
一回は間違って商品が届きましたが、
土曜日には頼んだものが再送されてきた。
自分の予定では
土曜日にその前の週に稲刈りして乾燥した籾の調整。
日曜日は作業所になっていた車庫片づけと、
水槽セットのつもりでいた。
なのでフィルターが土曜日までに欲しかったのです。

調整は順調に進み、土曜の午前で終了。
玄米が出来上がったとお昼に連絡。
何時もならその日のうちに取りに来てくれる。
ですが、まだ自分家の稲刈りが終わらないので、
もう暫らく玄米預かっておいてくれとのこと。
この時点で日曜の予定は白紙。

米置いたままで、さすがに水槽セットはできない。
万が一水槽の水漏れしたらシャレにならないし・・・。
セットし始めは何かとトラブルも起きやすいので。
先週末に水槽セットして、
今週末から本格的に池上げという予定は
簡単に砕けてしまった(笑)。

ということで、日曜日は取る予定の無かった、
当才池を上げてみることに。
この池、事情があって夏場一度も選別してない。
なので何が居るか自分も見当がつかない(笑)。
今日はその結果発表って感じです。





まずは野池の給仕風景から。
野池の給仕も今シーズンはこれで最後かと。
いつも通りの順番で。
二・三才池、その一。
P-7981.jpg P-7982.jpg P-7983.jpg

例年に比べたらここはやたらが居ない。
代わりに少しだけいる奴らのデカいこと。
びっくりするくらいデカい。





二才池。
P-7991.jpg P-7993.jpg P-7994.jpg

ここはやたらと二才の共存。
一度もやたら取りの網引いていないので・・・。
結果、やたらはデカくなったけど、
その分二才がいまいちの様な気がするのは気のせいか・・・。





親池。
P-7999.jpg P-8001.jpg P-8002.jpg

何度も書きますが、
ここの親は良くなっている。
サイズも色も格別です。
もう暫らくすれば上げますので、
その際にはじっくり紹介します。





二・三才池、その二。
P-8008.jpg

P-8011.jpg P-8012.jpg P-8013.jpg

上は時間になると餌場で待っているやつら。
餌撒くと写真のように当才たちが一斉に浮いてくる。
二三才たちも浮ていきますがゆっくり見れない(笑)。
ここは上げてみてのお楽しみって感じですが、
物は良いやつらを放しているので、
どんなになって上がってきますか・・・って感じです。





ここからは日曜日に上げた当才。
最初に書くとここ選別していないだけあって、
サイズは小さい。
ただ、水温が低い池のせいか
色上げくれているわけでも無いのに、
緋色は格別です。
そんな前ふりを気にしながら見てもらえれば。

形付。
P-8189.jpg

何時ものことながら作業中の写真はない。
取って選別した結果の形付がこいつら。
イケスに釣り網張って放してある。

葦簀掛けてあるのを開けたので、
いっせいに奥に逃げ込む(笑)。

因みにこれの何十倍も赤白います(笑)。





ランダムに一掬い。
P-8201.jpg

ボールに取ってみた。
サイズの小さいのと赤いのが分かるかと。





単体で。
P-8191.jpg P-8199.jpg

P-8204.jpg P-8205.jpg

P-8221.jpg P-8224.jpg

P-8228.jpg P-8232.jpg

上段の奴などデカくしたら映える個体になります。
二段目・四段目は大模様なので、
これも大きくしてナンボって感じに成るかと。
三段目は自分の好きなガチャガチャ模様。
これも二才の秋には面白くなるかと。
まぁ、頭が無いのは気にしないで・・・(笑)。





最後は極上、さば尾。
P-8209.jpg P-8210.jpg P-8214.jpg

今は小さいですが、
このままデカくなってくれたら言うことなし。
緋の質感と言い肌の白さと言い文句なしです。

こんなのが欲しいから
自分で子取りするわけなんです。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR