お気に入り

2017/03/30 Thu

今日は曇り。
天気予報通り。
気温もそれなりに上がって暖かい。
おかげで車庫水槽の金魚たちの動きが良い。
今からあまり動き回らないで欲しいのですが・・・。

週末ちょっと家を空けた。
そのために先週末は水替えも濾過槽掃除もしたのですが。
まぁ、まだ餌を与え始めているわけじゃないので、
数日空けたからといって何があるわけじゃないはずなのですが・・・。
が、帰って来たら玄関上段のポンプから異音がする。
明らかに擦れている音。
今はまだ、水上げてますがポンプどうしようって感じです(笑)。
無駄遣いはしたくないのですが・・・。
ポンプは無駄遣いとは言わないか。





今日もお気に入りを。
雌の親。
7_8458.jpg 7_9096.jpg 72_0627.jpg





72_0379.jpg 72_1019.jpg 72_2732.jpg  

どれ程すごく良い個体ってわけじゃありませんが、
デカいので水槽では目立つ存在。

違う種類の金魚を飼っているわけではなく、
同一種のみなので色んなバリエーションが居た方が楽しい。
良いやつもそれなりの奴もいろんな奴がいるから、
やっぱりいいやつが目立つわけで・・・。
こいつが良くないということではありませんよ(笑)。

やっぱりこんな感じの
オーソトックスの柄はデカくしてナンボかと。
スポンサーサイト

二才

2017/03/28 Tue

今日は曇り時々雨。
朝は曇ってましたが、お昼前から雨。
それもお昼過ぎには上がった。
そのあとはうっすら薄日もさす感じ。

なのですが、
昨日の夕方から夜の初めにかけて、
雪交じりの霙。
大してことはないですが、少しだけ積もった。
こんな感じで先週の半ばから、
夜から朝にかけて少しだけ積もって、
日中には溶けてを繰り返している。
おかげで雪解けも足踏み状態。
彼岸が明けたら
一気に春らしくなるかと思ってましたが、
中々そうはいかないようです(笑)。





まずはそんな今朝の雪から。
C_5858.jpg C_5851.jpg C_5855.jpg

薄っすらと白くなる程度。
霙なのでブナの木にも着かず・・・。
どうせならブナも雪化粧すると綺麗なのですが。
まぁ、こちらの思ったようにはいきません。





今日は親水槽にいる二才。
こいつ。
72_5147.jpg

親がデカいので小さく感じる。
親水槽にいるので、
結構良い感じの奴かなと思われるやもしれませんが・・・、
大したことありません(笑)。
ただ、こんな感じの好きなのでここにいます。
が、時々自分でも何でこれ親水槽に入れたんだっけと
思わないでもありませんが・・・。






72_0877.jpg 72_0017.jpg 72_6133.jpg





72_6164.jpg 72_1912.jpg 72_2688.jpg





72_8217.jpg

両側ともこんなだと尚、良いのですが。

水が良い感じ

2017/03/22 Wed

今日は曇り時々晴れ。
薄日が差し気温も上がって良い感じです。





土曜日に水替えと濾過槽掃除をした車庫の水槽。
濾過槽掃除をした直後は環境の急激な変化のせいで、
濾過能力も一時的に激減しますが、
数時間もすればそこから劇的に濾過能力が回復する。
さらに一晩か二晩経過すると水は驚くほど出来上がる。
以前、冬場の越冬飼育は金魚飼うというより、
水を飼っていると言った方が適切といったことありますが、
こんな時にそれを痛感します。
取りあえず今は絶好調です(笑)。

親水槽。
C_5830.jpg C_5836.jpg





三才水槽。
C_5842.jpg C_5845.jpg





二才水槽。
C_5846.jpg C_5849.jpg

エアー吹かしたままなので見ずらいですが。
雰囲気ということで・・・(笑)。

これだけだと寂しいので、お気に入りを。





今シーズンもう出してますが。
好きなものは何度でもってことで。
72_5590.jpg 72_5686.jpg 7_8409.jpg





7_8337.jpg 72_2069.jpg 72_2072.jpg





72_8463.jpg 7_8409_201703221421335a6.jpg 72_5585.jpg





7_8448.jpg 7_8452.jpg 7_8456.jpg





72_9773.jpg 72_9812.jpg 72_9819.jpg

今日は以上で。

週末の様子

2017/03/21 Tue

今日は雨降り。
朝起きた時は降っていませんでしたが、
朝食後からポツポツ降りだし。
出かけるころにはすっかり雨降り。
雨降りはそんなに好きじゃないですが、
雨が降るってことは気温はそんなに低くないってことで、
道路の凍結の心配はいらない。
下り坂も心配せずに走れます(笑)。

土曜日は朝からお客様の予定。
知り合いだし事前に連絡いただいていたので、
金魚談義でもと思って楽しみにしていたのですが、
朝起きて水槽覗くと水の調子が今一宜しく無い。
金魚の調子というより水の調子が悪い。
まぁ、結果金魚が調子を狂わすのですが・・・。
餌も適当に与えていてるし、思い当る節はある。
ってことで、お見えになるのを待たずに
水替えアンド濾過槽掃除に取り掛かる。
知っている方なのでそこら辺はよしなにということで(笑)。

折角お見えいただいたのに、
濾材洗いに終われていて申し訳ありませんでした。
懲りずにまた遊びに来てください。

で、お見えになったのは親用の金魚探して。
流石に魚をよく知っている方だけあって、
良いやつ選んで行かれました、さすが。

で、肝心の水槽は早めに手を打てたので、
特に問題もなく、今は水キンキラって感じに仕上がってます。
お見えになった方からは、
頻繁に濾過槽洗ってませんかって言われましたが。
過密飼育の宿命でしょうか(笑)。





さて、ここからは週末に撮った写真。
の前に最初は今朝の様子。
いつもの山から。
C_5826.jpg C_5820.jpg C_5823.jpg

この時で雨はパラパラ。

3月の初めに降った雪は消えたかなって感じ。





車庫前の道。
C_5772.jpg





脇の田んぼ。
C_5774.jpg C_5776.jpg

C_5757.jpg

土曜日に重機が来てロータリーが飛ばした雪を
かき回して行ってくれました。
上の二枚は月曜日、下は望遠で撮った仕事の様子。





なんか春っぽいものを探して。
C_5783.jpg C_5817.jpg

芽吹き始めた木の芽。





ヨモギの若芽。
C_5788.jpg





スミレの葉っぱと蕾。
C_5809.jpg C_5819.jpg

唯一何とか春らしいものが上のスミレ。
開き初めの花と蕾。





上だけじゃ春っぽくないので。
夏坊主の花。
C_5795.jpg

結構長く咲いてくれてます。
咲初めは何の匂いもしませんでしたがね
今はなんかよくない匂いがします(笑)。





パンジーとか。
C_5798.jpg C_5799.jpg C_5800.jpg

C_5802.jpg C_5804.jpg C_5806.jpg

玄関にあった鉢植え。





最後は当才水槽の水替え。
C_5767.jpg C_5769.jpg

水抜いて。





注水。
C_5759.jpg





上からパチリ。
C_5762.jpg C_5764.jpg

エアー吹かしたままだったので、
良く見えませんが雰囲気ということで・・・。

今日の赤は良いよ

2017/03/17 Fri

今日は雨のち曇り。
朝は雨降ってましたが、
お昼前には上がって、そこから曇り。
昨夜は少しだけ雪。
道路には積もらないけど、
積もっている雪の上や木は真っ白になる程度。
青空駐車の軽トラの上だと3センチくらい。

日中の熱を溜めた道路に積もらないくらいになってくると、
春の雪だなって感じる。
そう家は今日からお彼岸。
暑さ寒さも彼岸までの言葉通りでしょうか。
もう一度くらいは積もるのか・・・。





今日はこいつ。
7_7694.jpg

以前緋色に付いて書いた時ちょっとだけ出した。
柄的にはちょっと残念なやつ。
背中を巻いている緋が今の倍の幅有って、
この緋質なら言う事なし。
背中の緋は腹まで巻き下がっているし、
鉢の緋もデカすぎず小さすぎずというところ。
まぁ、尾筒の緋ももう少し大きくてもいいけど。
何時もの様に欲を言えばキリがない。

それでもこの三段はなかなか出ません・・・。
加えてこの緋なので、
物としては中々良い個体かと。





72_5391.jpg 72_9936.jpg 72_0544.jpg 





72_5995.jpg 7_7695.jpg 72_1991.jpg 





72_5390.jpg 72_0542.jpg 7_7697.jpg

よく確認していませんが、
多分雄。
雌なら尚良いですが、そうはならないでしょう(笑)。
いずれにしても今年の親には使います。

赤目で坊主 その二

2017/03/16 Thu

今日は曇り。
昨日からの雨は朝まで断続的につづき
起きた時は霙らしきものが少し混じっていたような、
いなかったような微妙な感じ。
それも止んで午前中から薄日が差す程度の晴れ。
予報だと暖かくなると言ってましたが、
それほど感じもせず・・・。





今朝の様子。
いつもの山とブナの木。
P_0017.jpg P_0020.jpg P_0022.jpg

まだ雨が少し残ってたようで、
杉の木の向こうの山は雨でかすんで見えません。

先週降った雪も大分消えたし。
今月中は無理でも、
4月の中旬には雪全くなくなるのでは・・・。





今日はタイトル通り赤目で坊主の奴を。
前回の物より丸坊主って感じじゃなくて、
少しだけ鉢に緋がかかっていますが、
これだとほぼ坊主って感じかと。

赤目の様子も前回の物とはちょっと違う。
こちらの方が一般的かな。

こんな感じ。
7_7653.jpg 7_7890.jpg 72_6461.jpg





72_6579.jpg 72_6604.jpg 72_0745.jpg

色々写真撮ってあるのですが、
何故かその個体によって撮って有る写真は
同じようなものばかり。
こいつは何故か左向いている写真ばかりしかない。

緋や肌については散々言ってきたので、パス。
見てくださいってことで。

水替えと親水槽にいる当才たち

2017/03/13 Mon

今日は晴れ。
快晴とまでは行きませんが、晴れてます。
先週の雪を思えば随分楽です。
当分、早朝除雪は必要なさそうな週間予報です。
流石に三月なので、まだ降るとは思いますが・・・。





土曜日は降った雪の片づけやら、あれこれ。
で、日曜日は恒例の水替え。
散々水替えの様子も紹介しましたが、
ネタもないので、一寸だけ。

まずは、水を抜きの終わった二才水槽。
C_5747.jpg C_5753.jpg

水替え前は大分泡立つようになってきたので、
次回は濾過槽掃除が必要かな。





注水中の三才水槽。
C_5736.jpg

ここは二才水槽より後に濾過槽洗っている。
まぁ、密度が濃いので(笑)。




注水後の親水槽。
C_5739.jpg C_5745.jpg

気温の上昇で水道水を入れても水替え後に
10度を切らなくなってきた。
動きよくなると写真が撮りずらい(笑)。





上だけじゃあまりに味気ないので、
今日は親水槽にいる当才を。
個人的には結構好きな柄の奴が居たりします。
ただ、サイズ的には小さいやつが多いですが・・・。

去年、ここに入れた直後にお気に入りが一本落ちた。
これはかなりショックでしたけどね。
こんな感じ。
72_1916.jpg 72_1964.jpg 72_2464.jpg





72_2467.jpg 72_2475.jpg 72_2478.jpg





72_2481.jpg 72_2486.jpg 72_2495.jpg





72_2540.jpg 72_2547.jpg 72_2554.jpg

写り込んでいる親たちとの比較を見てもらえばサイズ感もわかるかと。

雪が降って・降って積もったので雪片付け

2017/03/11 Sat

今日は雪のち曇り。
午前中の早い時間は結構な降り。
それがだんだん弱くなって昼前まで、チラチラ降ってた。
お昼過ぎからは止んで曇りです。

火曜日から降り始めた雪は結構積もり。
とはいってもこの時期の雪なのでとっても湿ってますが。
結局この雪で去年の同時期より雪増えたかも。
それでも例年に比べればずっと少ないですけど・・・。
で、今回はそんな雪の様子を。





前回書いたとは今朝も写真撮ったけど、
毎度同じなのでと載せなかった水曜から。
いつもの山とブナの木。
P_9997.jpg P_9993.jpg P_9995.jpg

山って書いても雪のせいで全く見えてませんが。
晴れていればこっちの方角に見えるってことで・・・。





木曜日。
この日も積もって前日同様早朝除雪。
日中はそんなに降らなかったのですけど・・・。
出勤前に何故か一時的に青空。
で、上と同様何時もの山とブナの木。
C_5644.jpg C_5648.jpg C_5655.jpg

同じ場所撮っているのですが、
降っているか青空化で全然様子が違うかと。





ブナの気に付いた雪。
C_5651.jpg C_5652.jpg

青空だとたったこれだけの景色でも綺麗です。





電柱。
C_5657.jpg

やっと消えた雪も元通り。





車庫前の道。
C_5658.jpg C_5661.jpg

ここは上に杉の木があるので
同じように降っても下に積もる雪の感じは違うかと。
やっぱり本当の冬に降るのと、
春さ先の雪じゃ雰囲気が違います。





つららと杉の木。
C_5673.jpg C_5679.jpg





雪景色。
C_5691.jpg C_5697.jpg C_5694.jpg





梅。
C_5684.jpg

少し前に紹介した梅の木。
また雪に埋まりました。





家の脇。
C_5682.jpg

ここで1.5メートル位の積雪かと。





家の裏。
C_5687.jpg

屋根から落ちた雪が積もっている。
ここで1.8メートルくらい。
自分の身長よりちょっと多いくらい。

これを週末に片づけ(今日)。





金曜日。
金曜の朝は大して積もらず。
でも早朝除雪。
結局4日間連続。
C_5705.jpg C_5707.jpg





ブナの木に付いた雪。
C_5721.jpg C_5722.jpg

同じ木に付いた雪ですが、
上とは雰囲気がまた違うかと。
雪の湿り気で、木への付き方も都度違う。

これはこれで綺麗なのですが、
出来れば青空バックが良いです(笑)。





今朝は久しぶりに除雪なし。
何時もの様子もあまりに同じなので、カット(笑)。

屋根から落ちた雪片付ける前に写真撮りたかったのですが、
仕事始める前が何故か吹雪き(笑)。
ってことで上の写真で代用してください。

今回の雪は湿っているので屋根方落ちた雪の固いこと(笑)。
アルミのスノーダンプじゃ壊しそうなので、
重いけど鉄のスノーダンプで雪崩し。
崩した順番にロータリーで飛ばして雪片付け。
で、終了後。
C_5724.jpg

この時もまだチラホラ待ってましたが、
写真に写る程でなく。
午前中で雪片付け終了。





最後は雪景色。
C_5728.jpg

鰭も今日の昼頃。
チョットだけ見えた青空と。

スッキリさば尾

2017/03/08 Wed

今日も雪。
雪、昨日から降り続いてます。
相変わらず止み間なく、
しかも時折猛烈に強く降ってくるし・・・。

おかげで今朝は久しぶりの早朝除雪。
何時以来か覚えてないけど二週間ぶりくらいかな。
毎朝やっていても
寒い中起き抜けの除雪は苦痛ですが、
久しぶりに起きるとその面倒なこと(笑)。
まぁ、除雪しないと出勤できないので嫌でもしますが。
この調子手だと明日の朝も確定っぽいです。

除雪しなくても起きる時間は同じなので、
だんだん日の出が早くなってきているのは感じているのですが・・・。
面倒だと思いながらも除雪の為に外に出ると、
前回の早朝除雪時に比べて
あまりに外が明るくなっているのに、驚く。
三月になって雪は降っていますが、
そんなところからも春が近いことを感じます。





外の様子は昨日と同じなので
写真撮ったけど代り映えしなさ過ぎてパス(笑)。
金魚も昨日に引き続き、
赤目の坊主その二とかやろうと思いましたが、
それも芸がないので先に回します。
といっても別段特別な魚要るわけではありませんが、
今日はこいつです。

72_9777.jpg

スッキリとはしていますが、
アッサリなわけじゃない。
この辺大事。
別にアッサリが良くないということではなく。
今日の魚の特徴という意味で。





72_6395.jpg 72_2690.jpg 72_0987.jpg





72_1451.jpg 72_8621.jpg 72_1935.jpg





72_1948.jpg 72_2502.jpg 72_0446.jpg

難点を上げれば色々ありますが・・・。
それを補うだけの魅力もまたある魚です。

こんな感じなので後は魅せる迫力が欲しい所かな。

赤目で坊主

2017/03/07 Tue

今日は雪。
降り始めたのは朝方。
それから止まずに降り続けてます。
先が見えないくらいの大降りだったり、
止みそうな小康状態だったりと
目まぐるしく変わりますが・・・。
この調子だとは明日は久しぶりに
早朝除雪が待ってます(笑)。
ただ、気温はさほど下がらないので、
積もってもすぐ消えそうですが。

人が雪が消えたとタイトル付けて書いた翌日に鈎って
こんなふうに荒れるのはやっぱり日頃の行いでしょうか(笑)。





まずは今朝の雪の様子。
いつもの山とブナの木。
C_5520.jpg C_5524.jpg

山と書きましたが、
凄い降りで見えませんが。
代わりに落ちて来る雪が
ゴミの様に写っているかと。





ついでにブナに積もった雪。
C_5525.jpg C_5529.jpg

今朝は良い感じでしたが、
いかんせん雪降りすぎ。

右は法面。
昨日と比べてもらえれば。





タイトルの個体に行く前に、
車庫水槽の様子でも。
二才水槽。
72_1887.jpg


三才。
72_1879.jpg 72_1882.jpg


親。
72_1875.jpg 72_1876.jpg

今のところ落ちる個体も無く、順調。
週末に撮った時は水温が上がり気味で、
魚が動くこと(笑)。
水温の上昇が何時もの年より一月早い。
といってもこの雪でまた下がると思いますが・・・。
雪で覆われる我が家の車庫は
周りの積雪状態に気温が大きく左右されるので。





今日はこいつ。
72_1520.jpg

タイトル通り赤目の坊主。
赤目の個体は沢山いますが、
こいつは結構目立つ赤目。

水が汚れたり、濾過の調子が悪いと
何故か、目に膜を張る。
そうならないように管理しなければいけないわけですが(笑)。





写真。
72_1720.jpg 72_0843.jpg 72_1716.jpg





72_1737.jpg 72_5926.jpg 72_6095.jpg





72_6089.jpg 72_1727.jpg 72_6101.jpg

光の具合によって肌が真っ白だったり、
黄色味かがって見えますが、
それは自分の腕のせいです・・・。

前に紹介した理想の緋色とはちょっと傾向が違う。
ただ、以前紹介したさば尾同様
本来の緋色ってこの色だと思います。

緋色は厚いし肌は綺麗なので、
もう少しサイズアップしてくれるとかなり迫力出て、
見ごたえのある魚になると思います。

雪が消えた

2017/03/06 Mon

今日は曇り。
朝からどんより曇ったまんま。
というか、昨日からずっと曇りかな・・・。
予報だと今日の夜には雨だとか。
それが夜中には雪に変わるらしい。
まぁ、そんなに積もらないとは思いますが

三月に入って一回目の週末。
久しぶりに外の様子を写真に撮ってみましたが、
何時もよりも雪消えが一月位早い印象。
例年の四月の上旬位しかない(笑)。
まぁ、この後の降りしだいですが、
何時もの年に比べるとずっと早い雪消えになりそうです。

久しぶりに所要があって
越冬イケスがある場所の上の道路を走った。
冬にイケスに行くときは最短ルートで
この道からカンジキでラッセルして降りる。
冬期間は用が無いのでめったに通らないのですが・・・。
イケスの脇の野池。
雪で土手を押させるつもりで底樋を塞がずに置いた。
のですが、水が溜まってました(笑)。
底樋に泥かゴミが閊えた模様。
カメラ持って行かなかったので写真はありませんが・・・。
そんなことなっていると思っていないので、
軽トラで通ったら水が溜まってた。
車庫からホース持ってきて底樋の貫通作業をせねば。
まだ雪解け水なので、メチャクチャ冷たいと思いますが・・・(笑)。
仕方ない。




週末に撮った写真。
何時ものブナの木。
P_9943.jpg

普段と角度を変えて見上げて。





車庫前の道と電柱。
P_9973.jpg P_9974.jpg

雪がありません。





雪解けの雫。
P_9976.jpg





車庫脇の田んぼ。
P_9983.jpg

例年なら今頃まだ道路脇の雪の壁で
田んぼはそれ昇らないと見えないのですが・・・。
今年は普通に見えます。





雪の割れ目。
P_9991.jpg

こんなところにフキノトウの芽があると早めに収穫できます。
上の写真の場所にはありませんが・・・。





梅。
P_9946.jpg P_9949.jpg

畑の中にあるのでズームで撮ってますが、
大分花芽が膨らんできた。





桃。
P_9954.jpg

こちらの芽はまだ固い。





何かの実。
P_9957.jpg

オレンジ色の実は鳥にやられて無くなってます。





杉。
P_9964.jpg P_9966.jpg

大分黄色くなってきた。
もうすぐ花粉が飛びそうです。





湧水。
P_9968.jpg

湧水の有る野池。
水が流れるところは雪が積もらない。





草。
P_9971.jpg

家の周りの雪が消えた場所。
もう雑草が・・・。





スキー場。
P_9960.jpg

隙上の手前を見て欲しい。
雪が無くなっているのが分かるかと。





春らしいものを探して。
P_9979.jpg P_9981.jpg P_9984.jpg

なんか春っぽいものを採りたいと思ったのですが、
流石に三月上旬じゃ難しい(笑)。
シダと椿の葉と膨らみ始めた何かの芽。





玄関の夏坊主の花。
P_9935.jpg P_9941.jpg





最後は水槽。
当才上段。
P_9929.jpg P_9932.jpg





当才下段。
P_9926.jpg P_9928.jpg

今日は以上で。

自分が理想と思う緋色について

2017/03/03 Fri

今日は雨のち曇り。
昨日の夕方から降り始めた雨は、
断続的に今朝まで降り続き。
朝飯食っている時は霙も降ってましたが、
いつの間にか止み・・・。
その後は曇ったまま。

今週は全く早朝除雪なし。
3月には入りましたが、
この時期一週間全く早朝除雪なしは珍しい。
おかげで楽ですが降る時期に降らないのも
後が怖いというか・・・。
複雑な心境です(笑)。





今日は金魚の緋色の話。
金魚の赤を緋色と呼ぶのかどうかも今一知りませんが、
鯉だと赤色を緋とか緋盤と呼ぶ。
長年の鯉飼いの影響が抜けず
自分は金魚の赤も緋色と呼んでいる。
今日はその緋の話。

本当は緋色と対で肌の白さも重要なわけで・・・。
肌が有って初めて赤が映えるわけですが、
それも一緒に語ると長くなるので、
今日は緋についてだけです。

少し前にも書いたけど、
緋色というのは和色の中の色名のひとつ。
厳密にはこれっていう決まりがあって
それだけが緋色。
グーグルで緋色を調べると、
「やや 黄色 みのある鮮やかな 赤 で、平安時代から用いられた伝統色名」
デジタルの配色パターンだと
「#d3381c/R:211 G:56 B:28/C:0 M:70 Y:63 K:5」
これらしいですが、・・・正直よく分からん(笑)。
緋(あけ)と読むとまた違う色の様で・・・。
そこら辺を詳しく書ける程知識もないので・・・。

本題は緋色です(笑)。
上で書いたように本来は朱色というか黄色味かがった
鮮やかな赤色ってことで、
前々回に紹介した魚の色が本来の緋色に当たると思われます。
が、自分が金魚に求める緋色はもっと真っ赤というか、
ワインレッドのような赤であり、人の血の様な濃い赤色。
それを緋色とは呼ばないのでしょうが、
金魚や鯉の赤なら何でも緋色ってことで
ここでは紹介してきましたし、これからもそれでいきます(笑)。

ついでに金魚の模様の事も書きます。
自分は更紗模様の事をカタツキと呼んでます。
形付と漢字を当ててましたが、
これだと「かたち」と区別しずらいので、
「柄」という字を当てて「柄付」でカタツキと
読んでもらうことにしようかと。
まぁ、ここだけの超ローカルな話ですが。
話がそれました(笑)。

で、少し前から緋色について書きますと何度か言って、
その都度自分が良いと思う色の魚を紹介してきました。
今日はそのまとめです。

まずはこいつから。
72_1473.jpg 72_0177.jpg 72_0010.jpg

雄です。
この濃くて厚い緋。
これが次世代に欲しいので、
柄は良くないけど親に使っている。
その成果は出ていると思ってます・・・。





色的には少し物足りないやつら。
72_0915.jpg 72_1008.jpg 72_1140.jpg

左は赤が薄いかな。
中央は年のせいもありますが、
緋盤が揃っていないというか隙がある。
右は赤は濃いけど、色的にもっと濃い赤が好き。

自分が厚くて濃くて真っ赤な緋が好きなのであって、
人それぞれなので、そんな毒々しい赤じゃない方が
良いという方もいると思いますし。
従来の緋色で濃いやつが好きという方もいると思う。
その辺は見る人の好みなのでそれぞれです。

上の魚も自分の理想とする緋色とは違っても、
それとはまた違う魅力を持っているので、
立て様の親水槽にいるわけで・・・。
緋色だけが全てというわけではないですし、
多分、すべての仔が自分の理想とする色に
仕上がるようになったら、
また別なこと言うと思います(笑)。





72_1118.jpg 72_1480.jpg

左魚も少し前に紹介した。
十分魅力的な色しているのですが、
更に右の魚の緋色だったら・・・。
こんな事を思いながら、
この柄でこの色ならもっと良いのになんて、
半分以上妄想と化してますが(笑)、
そんなことを思いながら水槽眺めて、
飲むお酒が美味いわけで(笑)。





下は良いなって思う緋色を持つ魚たち。
72_0191.jpg 72_0310.jpg 72_0304.jpg





72_0257.jpg 72_0263.jpg 72_0466.jpg





72_6586.jpg 72_8340.jpg 72_8636.jpg





72_1289.jpg 72_8242.jpg 72_0335.jpg

雄が多いかな(笑)。

自分がこうやって紹介するせいでしょうが、
我が家に金魚を求めてこられる方々は、
このタイプの緋色を持っているやつらを探して
お持ち帰りされる方が結構いらっしゃる。

でも、実物を見てもらうのが一番なのですが、
やっぱり見れば違うと思います。





我が家の長老。
72_1104.jpg 72_5894.jpg 72_0790.jpg

こいつは今シーズン紹介済み。
既に何シーズンにもわたって我が家の仔取りの雄。
以前は上の個体たちと同様にもっと真っ赤かっでしたが、
年取って来たらちょっと緋が薄くなってきたようです。
全てが年取ったからといって薄くなるわけではないですが、
中にはそんなのもいるってことで。


色々書いてきましたが、
最初に書くべきだったかもしれませんが、
光と水の状態と金魚の体調によっても
撮れる写真は違ってくる。
撮れた写真を加工して紹介したりはしていませんが、
見る方によって感じ方は変わると思いますので、
自分個人の感想ということで、お願いします。
まぁ、金魚に興味ない人から見たら
ぜんぶ同じ色に見えるかもしれませんし・・・(笑)。

久しぶりに文章いっぱい書いた気がする(笑)。





最後はとっておきを。
72_9940.jpg 72_0546.jpg 72_0394.jpg

実際見るともっと緋色は赤いかな。

柄的には言いたいことありますが、
この緋色と肌の白。
チョットそこら辺じゃお目にかかれないと思います。

当才水槽

2017/03/02 Thu

今日は曇り。
朝一は晴れていたのですが、
その後曇ってる。
予報だと夜には雨だとか・・・。
雪に変わらないようなら、
雪解けが進みそうです。





今朝の様子。
C_5616.jpg C_5614.jpg

何時もの写真。
一昨日も同じ風景を映していますが、
山の写真は茶色が大分増えたかと・・・。

ブナの方とそんなに変わり映えしない。
まぁ、二枚ワンセットということで(笑)。
しかし、このままでいくと
今年の雪解けかなり早いことになりそうですが・・・。
それはそれで田植えの後の水が心配になります。





今日は玄関の当才水槽。
撮ったのは暫く前ですが、
代わってはいないので、そのまま。
72_6841.jpg 72_6896.jpg 72_6901.jpg 72_6908.jpg





72_6914.jpg 72_6932.jpg 72_6934.jpg 72_6970.jpg





72_6996.jpg 72_6998.jpg 72_7012.jpg 72_7021.jpg





72_7029.jpg 72_7030.jpg 72_7034.jpg 72_7035.jpg

取りあえず今のところ順調です。
結構な数残してあるので、
秋は色んなタイプを楽しめるでしょうか(笑)。





動画も。
当才上段。






当才下段。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR