FC2ブログ

ご来場、感謝です

2017/10/30 Mon

今日は雨のち曇り。
午前中は雨降ってましたが、
お昼過ぎ頃から止んできた。
終日雨降りと言ってたので、
降らないだけでもありがたい。
出来れば昨日も降って欲しくなかったですが・・・。
今更ですが(笑)。





先ずはいつもの山と、ブナの林。
C_4143.jpg C_4141.jpg

少しづつですが、色づいてきた感じ。
でも、こう立て続けに台風が来ては、
色づいたところから落ちてしまいます。





車庫前の道。
C_4153.jpg

昨夜の雨風で落ちた葉っぱ。
前回より風吹かなかったような・・・。





昨日はかねてより、
宣伝いたしておりました、
直売会を開催いたしました。
先ずは、雨の中にも関わらず
来てくださった大勢の方に感謝です。
ありがとうございました。

初めてのことも有り、
中々思うようにいきませんでしたが、
お許しいただければと思います。
当初は来てくださった方とゆっくり話でもしながら、
金魚選んでもらえればと思ってましたが、
顔見知りの方と話すだけで、
初めての方とはほとんど話すことも出来ず。
こんな時に自分のコミュニケーション能力の低さを恨みます。

それにしても、ご来場された方々が、
それぞれにお知り合いなのには驚きました。
皆さん、色んなところ回っていて、
そこで顔見知りになられているようで。
自分よその業者さんは回らないので、
そういった意味では交友範囲狭いなって感じた。
かといって行っても多分嫌がられるでしょうし・・・(笑)。


日曜日は台風の影響で雨降りは確定的。
なので前日から車庫でするつもりで、
水槽やら水の準備。
していて気づいたけど、
全部の盥に水張って準備すると、
金魚取りに行くとき使うタライが無い(笑)。
ってことで、それ用だけ残して水張り。

本当は販売魚を値段別に分けて用意して、
それをウキコンに入れるところまでを
前日にしたいと思っていたのですが・・・。
出荷の準備してたら何やら空模様が怪しい。
雨降って来たら紙箱を軽トラの荷台に積んでは運べない。
ブルーシートできっちり包むにしても大変だし。
ということで雨降る前にネコさんまで出荷。
結局雨降らなかったけど、
帰って来たら暗くてとても選別は無理。

何時もの様に早起きして準備です。
当然朝起きたらザーザーの雨降り。
カッパ着てやりましたよ。
ただ、何せ初めて。
どれくらいの人が来て、
いくら位の物がどれくらい売れるか、
全く見当がつかない(笑)。
当然数少なく用意した方が楽ですが、
見る人は数の中から選ぶのも楽しいでしょうってことで、
結局かなりの数の用意しました。
まぁ、ほとんど返却しましたが(笑)。

何とか、10時には用意ができたのですが、
早く来ていただける方もいたりで、
最初の方はバタバタで
ろくに話も出来ず申し訳ありませんでした。





会場の様子。
C_4121.jpg

会場って言っても車庫ですが。
しかも車庫なので薄暗いし。

用意した魚。
二才魚。
C_4123.jpg C_4125.jpg 
C_4127.jpg C_4138.jpg





当才。
C_4129.jpg C_4131.jpg 
C_4133.jpg C_4137.jpg

全部定価で売れたら、数十万円分用意しました(笑)。

誰も来てくれなかったらどうしようと思って
始めた直売会だったのですが、
自分が思っていたよりも多くの人に来ていただけて、
びっくりしました。
来てくれた知り合いの方にも、
あんまり人いてびっくりしたって言ってもらえたし。
ただ、その分駐車場が・・・。
止めるところなくて、申し訳ありませんでした。
当然車庫内も人混み。
文句も言わずに魚選んでいただき、
ありがとうございました。

来ていただいた方に、
料金設定とかについても聞いてみたかったのですが、
上記の通りろくに話も出来なかったので・・・。
もし来年も行う様なら
もう少し料金設定変えた方が良いのかなって感じた。

それからずっと以前、
品評会の直売の会場で、
名刺位用意しときなさいって言われたので、
用意したのですが以来使わず(笑)。
折角の機会なので、
宜しくって配ろうと持っていたにもかかわらず、
それも忘れ。
結局ダメダメでした(笑)。



改めて雨の中来てくださった方々、
大変ありがとうございました。
折角来ていただいてたのに、
ろくな対応できず申し訳ありませんでした。
もう少しコミュニケーション能力付けたいと思います。
もしお気づきの点や、料金設定等について、
こうしたらどうか等のご意見ありましたら、
匿名で構いませんので、鍵コメでお寄せ下さい。

本当にありがとうございました。
スポンサーサイト



背割れ好き

2017/10/28 Sat

今日は曇り。
天気予報通り。
どんよりした空が広がってます。

予報だと今晩から雨だとか。
で、明日も明後日も終日雨マーク。
困りました。
明日は出来れば晴れか
無理なら曇りが良かったですが、
何時もの事ですが天気ばかりは仕方ありません。
ただ、前にも書いたように雨でも、
明日の直売会は決行します。
ただ、さすがに外ってわけにいかないので、
我が家の車庫でやります。
狭いし薄暗いですが、外よりは良いかなってことで。
鯉の直売会のように、デカいビニールプールを
設置してだと車庫時や中々つらいでしょうが、
そこは金魚、ジャンボタライで対応できるので・・・。
どれくらいの数用意しますか、って問い合わせもありましたが、
何人の方が来てくれるか、まったく未知数なので、
そんなに数は最初から用意しないつもりです。
もし足りなくなったら我が家なら取りに行けるので。
代わりに物の良いやつを出したいなって思ってます。
とは言え、個人でやる奴なので、
あんまり期待してこないでください。
来たらがっかりとかなると困るので(笑)。





昨日のブログで、発送の件を書いた。
早速ご依頼や問い合わせいただき、
有り難うございます。
チョット言葉が足りなかったので、補足です。
魚は当方の選定にお任せ下さいと書きましたが、
当才・二才魚なら玉サバか、さば尾か。
赤勝ちか白勝ちか、尾びれの長短。
あたりのリクエストにはできるだけ応えるつもりです。
ただ、雌雄判定は出来ないので、無理です。
三才魚以上は数がそんなにいないので、
出来る範囲でって感じに成ります。
三才でお任せで、ある程度の金額出してもらえれば、
結構良い感じの物を送れるとは思いますが(笑)。
他にも聞きたいことあればコメントください。





前置きが長くなりました。
タイトルに行きます。
いつも書いてますが、自分更紗好きです。
体型は玉が良いとか、さばが良いとかにこだわりはない。
ひたすら更紗模様が良いのが好き。
尚且つ、横見じゃなくて上見が綺麗な個体。
結局これを手に入れるために、
自家産してるってことになる。
金魚を作っている方、柄が付かないうちに選別するので、
圧倒的に素赤系統が多いので・・・。

で、今日は更紗で更に更紗のどんなのが好きかって話。
それが背割れ。
要するに背中を白で割っている個体。
肩でも背中でも尾筒あたりでもよいので、
ともかく背中に白があるのが好き。
その方が柄付って感じに成る。
それだけ残すとあまりに白っぽい水槽になるので、
他にも残しますが、絶対的な好みは背割れです。

今日はそんな個体を紹介します。
K5_2432.jpg K5_2445.jpg K5_2471.jpg K5_2472.jpg

K5_2481.jpg K5_2489.jpg K5_2499.jpg K5_2510.jpg

K5_2516.jpg K5_2537.jpg K5_2539.jpg K5_2552.jpg

K5_2570.jpg K5_2602.jpg K5_2609.jpg K5_2618.jpg

一口に根背割れと言っても色んなパターンがあるのが、
見てもらえると思います。
中には明確に割っていないのもいますが、
まぁ、雰囲気ということで(笑)。
これで白勝ちなら尚良いのですが、なかなかいません。

明日もこんな感じの物を多く用意することになると思います。
特に当才は。

それでは明日、お待ちしてます。

金魚の発送の話

2017/10/27 Fri

今日も晴れ。
気持ちの良い秋晴れの青空が広がってます。

今日は金曜日、市場の開催日です。
ってことで今朝も早起き。
明るくなってたら出荷の準備です。
で、ずっと以前浮きコンテナを幾つか手に入れた話を書いた。
なんのためかというと
選別等で使うのもあるのですが、
出荷のためというのが一番なのです。
出荷するときは
袋に何匹入っているかを申告しなければいけない。
物が良くないものは数えずに入れて、
見て判断してくれって意味で、
「みたおし」でって申告もある。
自分もどうでも良いのはみたおしで出荷します。
が、柄付の物が良いものはきちんと入り数申告した方が、
値段も上がる傾向にある。
競り落とす人も、袋に何匹入っているかで、
一箱いくらだと一匹いくらっていう計算がしやすい。
なので柄付は数を数えて袋に詰めます。
が、夜明けが遅くなってくるこの時期、
当日の朝いちいち数を数えていると時間がない。
ってことで、前日のうちに100なら100を数えて、
100毎にウキコンに入れて池に浮かべておく。
(そのためにウキコン幾つか欲しかったのです)
それを昨日やって置いた。
なので今朝はみたおし分と前日数えた物の
袋詰め作業。
って言ってもそう簡単ではないですが(笑)。

途中、今日分は足りると思ってた
酸素がなくなるってアクシデントはありましたが・・・。
これも以前、書いたようにボンベも手に入れたので、
ホースの付け替えだけで済んだし。
で、無事出荷してから出勤しましたよ。
ただ、今日も市場込んでいたので、
予定時間よりは遅くなった。
慌てて出勤、したら携帯持ってくるの忘れた(笑)。
メールの返信も返さなければいけないのに。
返信が来ないと思っている方いたら、
そんなわけで後で返信します。

相変わらず作業中の写真は無いです。
来週は金曜が祝日。
もし晴れてて時間あるようなら、
出荷の様子で写真撮って紹介してみようかと。






前置きが長くなりました・・・。
今日のタイトルの話。

直売会を開催しますって書いたところ、
遠くて行けないので、
送ってもらうことはできませんかという、
問い合わせをいただきました。
希望が有れば送りますって書いたことは無いのですが、
送ってくださいってご依頼で、
この時期や春先に送らせてもらってました。
それを今回は依頼いだければお送りしますと、
此処で書くことにしました。
もし、今まで送ってとは言えないなって思っていた方いたら、
遠慮せずにご依頼いだければと思いますので、
希望が有ったらお願いします。

そう書いておいてなんですが、
条件が一つ。
魚の選定はし当方に任せること。
着いた魚へのクレームや返却には応じられません。
(明らかに当方のミスは別です)
今まで何度も送らせてもらってますが、
一度もクレーム貰ったことはありませんが・・・。

少しだけ具体的に。
一匹からの発送に応じますが、
最低金額3000円以上でお願いします。
500円を6匹とかでも良いです。
5000円未満の場合は箱代として500円頂戴します。
5000円以上なら箱代はサービス。
送料は着払いで発送します。

もっと具体的に知りたい人は鍵コメントで連絡ください。
ただ、品評会終了までは立て込んでいるので、
発送はその後になると思います。





久しぶりに文章いっぱい書きました。
最後は今年の立ての当才の写真。
P_5398.jpg P_5406.jpg P_5415.jpg

P_5423.jpg P_5431.jpg P_5439.jpg

P_5456.jpg P_5464.jpg P_5468.jpg





こんなのも。
K5_2426.jpg

たまにこんなのも残します。
二才の秋までに化けてくれないかと思いまして(笑)。

値段の件

2017/10/26 Thu

今日は晴れ。
秋晴れの気持ちよい空が広がってます。
朝一は我が家周辺濃霧でしたが・・・。

こんな天気だと休んでやり残した、
野池の後片づけしたいですが・・・。
金魚上げで休んでしまったので、
そう休むわけにもいきません(笑)。





今日も時間ないので、要点のみ。
昨日サンプルの写真載せたら、
料金はいくらですかという確認のメールを頂いた。
その返信にも書いたのですが、
実は料金をいくらにするかまだ決めかねてます(笑)。
自分的には高い方が良いに決まってますが、
高くすれば売れないだろうし、
買う人にも負担になると思いますし・・・。
値付けに非常に悩んでました。

ただ、わざわざ来ていただけるということは、
良いものが欲しい、ってことだと思うので、
品評会の時のように一番下のクラスから、
揃える必要もないのかなとも思ったり。
それでもお手軽価格の物も必要なのかなと迷ったり、
魚の料金をいくらにするってこともですが、
どんなラインナップを取りそろえるのか。
悩みどころです(笑。

個人直売会と言っても、
品評会の時の直売を一人でやるって感じなので、
そんな大それたものを期待してもらっても困りますよ・・・。
大体そんな機材持ってないし(笑)。
なのでそんなものだと思ってきてください。
ジャンボタライ並べて行います。
台風近づいてきてますがもし雨降っても決行します。

で、肝心の値段ですが、
当才で500円から3000円くらい。
もしかしたらその上も揃えるかもしれませんが・・・。
二才で3000円から1万か二万円くらい。
その上は我が家なら水槽あるので、
そこからって感じでしょうか。
今は、さば尾の普及の時期だと思っているので、
お安く出すつもりでいます。
で、いつかもっとさば尾が評価されてきたら、
その時は存分に稼がせていただきたいと思ってます(笑)。
まぁ、玉さばもいっぱいいますが。





最後は写真。
いつもの山。
P_5515.jpg C_4118.jpg

左は一昨日で右が今朝。
ちょっとづつ色づいてきたかなという感じ。
ただ、色着いた葉っぱ前科の台風で落ちたようですが。





ブナの林。
P_5517.jpg C_4113.jpg

こちらも同様。
今朝の霧が濃かったのが伝わるかと。





イケス。
C_3863.jpg P_5513.jpg

左が通常モード。
右は台風の後、湧水が多くなって、
網の目にゴミが詰まって、
水が流れなくなった。
去年はこれで、網から金魚がイケスに逃げた。
今回はそこまでは行かなかった。





田んぼ。
P_5505.jpg

時間が有ったら、代掻きしようかと思い、
前回の台風の時の雨を溜めた。
まだ、代掻きしてませんけどね。





水連。
P_5509.jpg

金魚上げしたとき地面から刈り取ったのですが、
あっという間に伸びてきました。
しかも蕾もある。
まぁ、寒いので咲かないとは思いますが。





夏坊主の蕾。
C_3943.jpg





提灯花。
C_3944.jpg C_3947.jpg

直売会開催決定

2017/10/25 Wed

今日は雨降り。
というか今は雨降ってますが、
予報だとお昼頃には上がって、
午後からは曇り・・・。
どうなるでしょうか。





時間ないので今日は要点のみ。
複数の方から直売会開催したら
来てみたいという連絡いただいたので、
開催することを決めました。
つよ玉さんもブログで書いてくださいましたし。
ということで、連絡いただかなくても良いので、
暇が有ったり興味が有ったら是非来てください。
どうせやるなら賑やかな方が良いので、
見るだけでも構いませんので、お待ちしています。

10月29日、日曜日。
午前10時頃から午後4時位までを予定してます。
早く来ていただいても準備ができていないと思われますので、
そこらへん宜しくお願いします(笑)。





当日販売魚のサンプル。
これがいるか否かは不明です。
こんな感じの物ってことで。
サンプルの写真てことで、
大急ぎで撮ったので写真がダメダメですが・・・。
個体はばっちりです。

先ずは柄付の当才。
P_5564.jpg

P_5558.jpg 

P_5557.jpg

P_5551.jpg 

P_5549.jpg





二才。
P_5566.jpg P_5565.jpg

上見はあっさりですが、
腹を緋が巻いているので横見は良いですよ。


P_5568.jpg

P_5581.jpg

P_5582.jpg





今回のメイン。
立て様当才。
P_5541.jpg

P_5539.jpg

P_5535.jpg

P_5533.jpg

P_5529.jpg

P_5524.jpg

取りあえず開催のお知らせと、
販売魚のサンプルでした。

まだまだ、池上げは続くと 直売会のお知らせ

2017/10/23 Mon

今日は雨降り。
台風の影響で午前中は暴風雨。
お昼前から風は止みましたが、
雨は降ったまま、時折強く降ってくるし。
ただ、超大型の台風っていうので警戒してましたが、
当地的には雨台風って感じで風は左程でもなかったかな。
台風で被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

ただ、この台風のおかげで停滞していた秋雨前線が取り払われ、
この後は秋晴れが突くという予報はうれしい限り。




世間的には意味が無い総選挙や、
台風の話題で盛り上がってましたが、
自分はひたすら池上げして選別です。
今日もその様子を中心に。

行く前に、朝靄スポット。
C_4015.jpg C_4021.jpg

これは金曜日かな。
紅葉にはまだ早い。
田圃の稲も無くなったので、
色味的に地味です。
まぁ、朝早くて薄暗いというのが一番の理由でしょうが・・・。





早速ですが、
今回あげた池。
P_5305.jpg P_5315.jpg P_5319.jpg P_5322.jpg

以前最後の山場書いた。
理由は簡単当才がウジャウジャいるから(笑)。
夏の間結局水が全然減らず、
結局一度も選別しないまま秋を迎えた池(笑)。
当然ながら素赤のオンパレード。
なのですが、ここはやたっこじゃなくて、
自家産メインの当才稚魚を相当量放した池。
しかもその後、選別した柄付も放したし(笑)。
なので赤が多いけど、数居るので良いものもいる。
それは餌くれ時に見てれば分かる。
なので、適当でいいやって訳にはいかない。
やっぱりきっちり取らないと。

で、左が水出す前。
その右に行くにしたがって翌日になる。
右の写真の日に地引網引いた。

結果、凄い数かかりました。
自分が網引いて一回で掛けた数の過去最高だと思います。
その写真はってことですが、
何時もの様に作業中の写真は無い。

最初は二度か三度引こうと思っていたのですが、
あまりに掛かりが良かったので、やめた。
これが失敗(笑)。
更に水出して、翌日は引き残りを拾います。
水が抜けて来たら、失敗を悟った。
池の底が赤くなるくらいまだいる(笑)。

水が極端に減ってから網引いても金魚はかからない。
なので引くのは諦めてひたすら網で拾う。
通常の当才池一枚分より残ってた(笑)。
普通の池だつて網引いた後引き残りを拾うわけで、
それ全部拾うってとっても大変です。
ずっと前かがみで作業するので、
腰が痛くなること(笑)。





吊り網。
C_4031.jpg

一番手前の2×3の中に
池から上げたやつらがいます。





選別セット。
C_4027.jpg

夏場も選別の様子載せますが、
基本はそれと同じ。
ただ、分け方が少し違うだけ。
これは土曜日の様子。
日曜日は朝から雨。
これに夏場は日除けに使うパラソルを立てて。
雨粒除け。

角の盥の前にあるブルーシートで包まれたものは、
エアーポンプと電線リール。
ポンプは屋外使用なので濡れても良いのですが、
リールのコンセント部分は濡らしたくない。
両方まとめてブルーシートで包んでます。





網にかけてみた。
C_4038.jpg C_4044.jpg

基本こんな感じ。

これとは別ですが、
当才の本命池を前日に選別しした。
まぁ、柄付だらけ。
当然夏の間何度も選別しているので・・・。
赤白も少ないし、やってて楽しい。

その翌日がこれです。
一網かけて柄付になりそうなのが数匹。
立てられそうなのは一匹いればよい方。
中には数度続けて立て候補なしなんてことも。
それでもひたすら選別。
しましたが、ついに一日では終わらず(笑)。
秋の池上げで一枚分を
一日で選別終わらないなんて初めてです。
ただ、中に極上物がいるのですよ。
それが無かったら嫌で途中でやめてます(笑)。

そうは行っても一日半、選別すれば
かなりの数の立て候補拾えます。

前回も書きましたが、
そんなに入れられる水槽はありません。
前日に拾った本命池分とこちらを合わせて、
立て様に拾った中から更に水槽用を厳選。
全部立てたいですが、物理的に無理。

無理やり拾ったのがこちら。
C_4050.jpg C_4053.jpg

当然ながら柄付しかいません。
サイズ的には去年より小さめですが、
Sって感じじゃなくて、Mって感じでしょうか。
中にはLもLLもいますけど。





お気に入りを拾ってみた。
単独で。
C_4058.jpg C_4067.jpg

P_5340.jpg P_5342.jpg

P_5348.jpg P_5353.jpg

P_5354.jpg P_5356.jpg

P_5359.jpg P_5365.jpg
 
P_5374.jpg P_5378.jpg 

P_5380.jpg P_5382.jpg 

P_5389.jpg P_5391.jpg 

P_5477.jpg P_5483.jpg 

P_5489.jpg P_5494.jpg 

どれをとっても柄は極上かと。

特に一匹目なんて背中を白で三段に割って、
日は腹を巻いてくっ付いてる。
こんなのいそうでなかなかいません。
ついでに二匹目。
今は緋が目立ちますが、
サイズアップすれば白の面積が増えて来る。
三才時位では極上の赤勝ちさば尾になっているはず。

一匹、一引き解説かくと限ないし、
自慢ななりそうなので、
あとは写真見て判断してくださいってことで。





おまけ。
K5_2562.jpg K5_2566.jpg

素赤。
選別見に来ていた、親父が拾った。
本人は猩猩だと言ってますが、
残念ながら背びれと片側の顔の目からしたが白い。
ただ、背びれ以外の各鰭は全部先まで赤い。

素赤を水槽に入れる気は無いので、
はねたら一匹位俺の気に入りも残せというので、
仕方ないから水槽にいます。

素赤でも尾びれの先まで赤くて、
口の下のあごの部分まで赤い素赤はまずいない。
以前リンク先の玉人さんが猩猩を紹介したのを見た時も
玉サバの猩猩初めて見たと思いましたが・・・。
数が取れると色んなのがいるってことで。





タイトルにも書きましたが、
泣く泣く立てられない当才がまだかなりの数います。
その下の柄付も例年なら立てている位の物がゴロゴロいるし。
ってことでそいつらと上がりの良かった二才も混ぜて
我が家で直売会をやってみようと思います。

日付は10月29日の日曜日。
午前10時ころからを予定。
普段は売りに出ないような、
柄付を用意してお待ちしてます。
まぁ、苦労して作ったのでそんなに安くはできませんが、
お店等で買うよりは格安だと思います。
まぁ、お店に柄付の玉サバやさば尾が並んでいるの、
見たことは無いですが。
その写真見せろって話ですが、
昨日は雨の中選別してたので、
写真が無いです。
後日、載せます。

来てみたいという方は鍵コメントで連絡ください。
場所と連絡先をお知らせするので、アドレスの記入をお願いします。
誰からも金曜日までに希望なかったら
恥ずかしいのでこの部分は消します。
土曜日以降に連絡貰ってもやりません。
因みに場所知っていても行くって連絡だけ下さい。
ショートメールでも電話でも何でも良いです。
誰からも連絡なかったら準備しません(笑)。
というか、池のかたずけでもします。
もし大盛況だったら第二弾も考えますが、
そんな可能性はないか(笑)。


というか、まだ一枚池上げ残ってた。
直売会やるという宣伝でした。





最後は当才水槽。
C_4092.jpg C_4099.jpg

小サイズがあまりに綺麗なので、
上段も小サイズが入りました。
しかも限界と言っていた下段にも追加で入れたし。

過去最数数を両方共入れてあります。
まぁ、数は途中で忘れましたが(笑)。
過密水槽得意ですが、
さすがに入れすぎだと思ってます。
これだと、春先が持たないかもしれない。

この水槽見た母親が昨日の夕方つぶやいた一言。
「明日の台風で停電しないといいねぇ。」
ごもっともです。

買い物と一寸だけ選別

2017/10/17 Tue

今日は晴れ。
朝一は曇ってましたが、
徐々に晴れて快晴。
秋晴れって感じの気持ちの良い空が広がってます。
ただ、さすがに気温は上がらなくなった。
まぁ、仕方ありませんが・・・。

自分が稲刈りに行く知り合いの家。
自分がコンバインで刈る以外は全部稲架かけしてる。
ここのところの雨続きでその稲上げが終わらないと嘆いてた。
今日晴れてますが、
昨日は雨降ったのであげられているでしょうか・・・。





今日は久しぶりのお買い物シリーズ。
この時期の買い物と言えば金魚用品です。
単品で結構お高い物から、100均で売っているものまで。
でも、無いと困るものばかり。
最近買った物あれこれを紹介します。
先ずは浄水器のフィルター。
DSC04011.jpg

フィルターの写真撮り忘れたので・・・。
セットされてる本体です(笑)。
毎年シーズン始まる前にコットンとカーボン買ってセット。
春まで使ったら翌年は買い替えるってペースで使ってます。
浄水器なんて必要ないというご意見よく聞きます。
正直自分もそう思います。
水道水とハイポで十分行けます。
が、一度使ってその便利さを享受してしまうと、
やっぱり元に戻れません。
というか、今の水量だとこれ無いと無理です。





水中ポンプ。
P_5295.jpg P_5297.jpg

実はもう一台既に注文済み。
今日には届いていることでしょう。
左は高いの買ったと書いた水中ポンプ。
既に親水槽で稼働中です。
右は水替え様のポンプ。
連続使用はできないですが、
排水量が多いので気に入って使っている。
今まで使っていたのが、これも一つ前のモデル。
もう一つ気にいっている点は安いこと。
ただ、近くに売っている店無いので、
ネットで取り寄せですが。





水作の替えフィルター。
P_5299.jpg

三個入りを二つ買った。
これ自体は大して高くは無いけど、
色んな物との合算で財布にダメージを与えます(笑)。





吊り網。
P_5269.jpg

既に何枚も持っているでしょって言われそうですが、
持ってますがあると便利なのです。
選別した後、色んな種類に分けておいておけるので。

本当はもっと目の細かい産網が良いのですが。
野池に張ることと、
捕って来たばかりの奴らは泥吐くので、
産網だと網目が詰まってしまう。
なので、これにしてます。





袋と箱。
P_5294.jpg P_5303.jpg

袋は手前が市場用の高透明。
奥が普段使い用。
2枚一組なので100枚入りですが、50組。
これが結構お高いのです。

箱は送るときの必需品。
袋が90センチありまして、箱の長編が60センチ。
調度良くなるように作られてます。

他に袋の口止める輪ゴムや、酸素も必需品。





最後は100均シリース。
バケツとティシュ。
P_5274.jpg DSC04013.jpg

今まで使っていたバケツの持ち手がすぐに外れるようになった。
ってことで買い替えです、これも同じの二つ買った。
100均ですが、10リットル入り。
結構しっかりしたつくりしてます。

後、これも無いと困る水槽回りの必需品、ティシュ。
普通のじゃなくてちょっと厚め。
だけど固くない。
水にぬれてもすぐ裂けないので使い勝手良いです。
ここ何年かはずっとこれ使ってます。

他に写真撮ってないですが、
エアーストーンや濾過用のマットなんかも
シーズン始まる前にまとめ買い。

それにしても、
昨シーズンも同じように使っていたから、
足りるはずなのに使いだすと
何故か数が足りないエアーストーン。
何でなのでしょうか(笑)。
エアーチューブも使っていると固くなって使いずらい。
数年に一度は交換が必要。
ただ、去年100メートルの買ったのでこれはもう暫らく持ちそう。

まだほかにも買った気がするけど・・・。
諭吉が羽生やして飛んでいきます(笑)。

それでも夏場の餌代に比べればかわいいものですけどね。





昨日のブログで
立て様の当才の事を書いた。
興味あったら拍手くださいって。
誰もしてくれなかったら
恥ずかしいかなって思って書いたのですが、
思いの外、拍手いただきました。
興味持ってもらっているようで、
嬉しい限りです。
引き続き拍手絶賛受付中なので
興味あったらよろしくお願いします。

で、折角拍手貰ったのだから
こちらからも何かしなければってことで、
朝から選別してみました(笑)。
といっても6時近くならないと明るくならないので、
出来る時間は限られているので、少しだけですが。

日曜日に捕った当才です。
先ずは盥に取って。
DSC03992.jpg

今朝選別したのこれだけ。
まだ数倍いますが、
一時間程度だとこれが精いっぱい。
それでも予定時間オーバーしたし。

因みにこれを
立て様、柄付、玉サバ、さば尾、白他に分けます。
場合によっては更にサイズで分けることも。
分けた物を分別して入れておくので、
何枚も釣り網が必要になるのです。





網にかけてみた。
DSC03994.jpg

二才と一緒にいたやつらなので、
こいつらも若干黄色め。
代わりに緋は物凄く赤い。
曇り空でしかも早朝なので、
今一伝わりずらいですかねぇ(笑)。





拾った立て様。
DSC03997.jpg

60匹くらいでしょうか。
小水槽には入れたくないのですが、
何匹か投入しました。
デカいやつらのサイズが良いので、
これだけでも結構賑やかになります。





チョットだけ。
DSC04003.jpg DSC04004.jpg

DSC04005.jpg DSC04007.jpg

手にかけてみた二匹。
まぁ、自分の魚は横見じゃなくて
上見で見てもらってナンボなのですが。
個別で上見の写真撮ってる暇なかったので・・・。

で、昨日の話に戻りますが、
実際にはあと数枚の池あげてみないとはっきりしませんが、
まぁ、全部は水槽に収容しきれないと思います。
何とかもう一本水槽立ち上げようと画策してますが・・・(笑)。
で、上で紹介した様な感じの立て様と、
その下の例年なら拾うって感じの物を売りに出そうかと。
何時もの年同様その下とかいろんなものも当然います。
具体的にどうするとかはまだ全然考えていないのですが。
直売会でもしましょうか。
こうして欲しい当の要望あったらコメントでも良いのでください。
お待ちしてます。
なんか最後は宣伝になってしまいましたが・・・。

池上げは続く

2017/10/16 Mon

今日は曇り。
朝からどんよりして今にも降りだしそうですが、
降っては着ません。
ただ、気温は上がらず肌寒い。

今朝も池の水出しに行ってきましたが、
その時はポツポツと雨当たってました。





早速本題に行く前に、
何時もの場所。
C_3958.jpg

ただ、今朝は靄全くありませんでしたけどね(笑)。
写真でもわかるように池上げ進んで、
水の無くなっている野池増えてきました。

我が家の池上げも大分進んで、
もう少しで終了です。
ただ、山場がまだ残ってますが・・・(笑)。





で、池上げの話。
前回、朝に翌日取るつもりの池の水出ししてきたと書いた。
順調にいけば土曜日の午前中に取れる予定。

家に帰って電池持って池の水見。
夜中も二回ほど確認。
良い感じで水抜けてます。
で、夜明けと共に道具持って野池にGOです。
着いたら予想以上に水が出てる。
網引くつもので行きましたが、
水抜けているので手作業で取ることに。
まぁ、やたらいないのでそれも出来ます。
デカいので、ある程度水あっても何処に居るか見えるし。
で、全部捕ったつもりで終了。
こう書くとと簡単そうですけど、
今回は本当に簡単でした(笑)。
毎回こんなが良いです。

で、捕った金魚持って帰宅。
金魚たちは泥だし。
自分は朝飯。

食べたら取り残しいないか再確認。
その時の写真がこれ。
P_5271.jpg

二匹取り残しがいますが、分かるでしょうか。
因みに作業前の写真は、
行ったらあまりに水抜けてて慌てたのでない(笑)。





泥だし中の親。
P_5275.jpg

せまい水槽に入れられて文句でひっくり返ってます。

で、泥吐かせたら水槽に収容。
親池にいたやつらなので、
緋が抜けたとか、ひっくり返っているとかが無ければ、
そのまま水槽に入れるだけなのですが・・・。
入れたら水槽が狭い。

デカいのがゴロゴロいて水槽が・・・。
仕方ないので小さいものを取って隣の三才水槽に。
それでもかなり窮屈ですが・・・。

で、今年の親池ですが・・・。
とっても・とっても、良かったです(笑)。
サイズアップもしてるし、緋色も抜群。
それに過去最高にデカく成った個体がいます。

残念だったのは毎年の事ですが、
やっぱり帰ってこなかった個体がいること。
特にお気に入り上位の個体が何匹か上がらなかったのは、
とってもとっても残念です。
まぁ、そのうちの二匹は途中で落ちたの見ているのですが・・・。

ここら辺が野池の良い所であり、辛い所かな。

親池は選別無いので、捕ってきた後の作業は簡単。
上で書いたように、泥はかしたら水槽に入れるだけ。





その後は終わっていない選別をひたすら。
その様子。
イケスに張った釣り網。
P_5278.jpg

この時まだ場所なかったので、
二才と当才が混合。
両方混じっている選別はしずらいのですが、
仕方ありません。





タライにすくって。
P_5287.jpgP_5280.jpg





網にかけて選別。
P_5291.jpg P_5285.jpg





立てる奴ら。
P_5283.jpg





販売用。
P_5284.jpg

この時池の土手で作業している自分を
下の道から見かけたのでって遊びに来てくれた方がいたり。
選別中だったのでろくなお相手できず申し訳ありませんでした。

更に日曜も池上げして選別してって感じで終わりました。

で、上の写真を捕ったら、
選別した当才と二才を水槽に入れる前に、
個体写真撮ってここに乗せるつもりでいた。
今年の出来はこんなですって。
まぁ、出来は良いのですけどね・・・。

ところが、カメライケスの脇に置いたまま、
持って帰ってくるの忘れた(笑)。
ってことで水槽に写真撮らずに放しました。
さすがに立て様の個体放置ってわけにいきません。





代わりに今朝の水槽の様子です。
親水槽。
C_3985.jpg C_3986.jpg

どの水槽もそうですが、まだ水槽に入たばかり。
普段は蓋して暗くしているので、
電気点けると濾過槽の下に逃げ込む。
暫くすれば出てくるのですが、
今朝は待ってる時間なかった。
これで餌やるようになると、電気点けると今度は
水面を伺うようになるのですけどね。

そんなわけで数居る割にスカスカして見えます。





三才水槽。
C_3980.jpg C_3982.jpg

二才もいます。
今年は二三才の出来良いので、
当才入れる必要はない。

で、去年以上に出来の良い当才、
入れる場所が有りません。
マジで困ってます。





二才。
C_3978.jpg C_3976.jpg

日曜日に上げた二才池。
餌は他と同じもの食っていたはず。
なのにここの個体だけ肌が黄色い。
明らかに色揚げの影響。
まぁ、年明け頃には色も落ちて来るとは思いますが。
やっぱり肌は抜けるような白が良いです。
何故ここだけ色揚げの影響でたかは不明。

っていうか、他は日に二度餌やってますが、
此処と当才のメイン二枚は朝しか餌やっていないので、
むしろ逆の気がするのですけどね。
まぁ、柄は良かったし、サイズもそれなりなので、
肌は来年になればってことで(笑)。





当才。
C_3970.jpg C_3960.jpg

左が上段、大サイズ。
こちらはまだ入れる余裕あります。
が、右の下段小サイズ。
先日上げたメインのうち一枚がサイズが不ぞろい。
デカいやつは選別の度に他の池に持って行ったつもりなのですが。
結局、大小の差が物凄くついた上がりになった。
ただ、そんな時に限って小の方が物が良かったりするもので(笑)。
結果、そこから上がったやつらで既に満員状態です。

日曜にあげた池。
二才の選別は終わりましたが、
当才はまだ。
此処の当才がこれまた極上って感じでして。
それ選別して大サイズに入れたら多分満員。

この後上がってくる池からの入れる場所が無い。
以前も書きましたが、
今年はかなり厳しく選別しているのですけど・・・。

立て様当才の大放出でもしましょうか・・・。
欲しい・あるいは興味ある・視てみたいという方いたら、
下の拍手ボタン押してください。
拍手多数だったら考えます。
何時も通りだったらこの文章恥ずかしいので、消します。





最後の山。
P_5306.jpg

ここが終われば後はそんなに大変なところはない・・・かな。

これ書いているうちに雨降ってきました。

色の話

2017/10/13 Fri

今日は雨のち曇り。
予報だとその後晴れるとありましたが、
晴れては来ないかな。

今日は金曜日、市場の開催日。
池上げ始めると選別で不要の奴らが出てくる。
そいつら何時までも置く場所が無い。
なので要らないものは順次出荷して、
上げてきた魚を入れるスペースを確保しておかないといけない。
なので、今年一度目の出荷したいのですが、
明日からの週末、当然池上げもしないといけない。
そのためには水出さないと上げれない。
当才池だと小さいし塩ビのパイプも立っているので、
数時間あれば水は抜ける。
ですが、三才池や親池は事前の水抜きが必要。
今日は市場諦めて朝から雨降りの中カッパ着て、
野池の水抜き作業。
上手く行けば明日には取れる、ダメでも明後日には。
まぁ、アクシデント無ければ明日取れるはず。
その様子はまた後日。





前回池上げの様子を書いた。
三才の上がりが非常に良かったこと書きましたが、
今回はその続き。
というか、自分の忘備録的な物なので、
興味ない人はとばしてください。

前回は上がり良かったとだけ書きましたが、
何が良かったのか、当然サイズアップはしてましたが、
一番は緋色。
まぁ、赤くなってました、しかも全体的に。

ただ、この理由が分からない(笑)。
なので忘備録なのです。
やっている餌は例年と同じ。
色揚げも混ぜてくれてますが、これも何時もの年と同じ。
当然ながら池は一緒です。
で、理由が分からない一番の訳は、
そこに入れた二才も同じような感じで真っ赤。
三才だけが赤くなってきたなら、
年のせいって言えるのですが、二才も一緒だと・・・。
で、他から上がった二才を混ぜると
一目瞭然って感じで色が違う。

前回も書いたけど、別の二才池の上がりも良いのです。
二才だけ見てれば真っ赤に上がったねって言えるくらい。
毎年の結果がこうなら池が良いって言えるし、
当才の色も明らかに違えば
今年はこの池良かったって言えるのですが、
当才の色はさすがに他と一緒(笑)。
今年だけ特別だと分けわからない。

池上げしてきて水槽入れてからの日課は、
夕食後の金魚タイム。
お酒を持って車庫行って金魚を眺める。
眺めながら理由を考えるけど、
これだって思えるものが無い。
まぁ、多分いろんな要素が絡んだ結果なのでしょうが・・・。
春まで、金魚眺めながら色々考えます。
もし、明確な理由が思い浮かんだら書くかも。

ってここまで書いて、
金魚の写真はありません(笑)。





此処からは何時もの様に、目に付いた物を捕ってみた。
先ずはアザミ。
C_3910.jpg C_3913.jpg





多分ダリアの一種かな。
C_3919.jpg C_3918.jpg





セイタカアワダチソウの花。
C_3924.jpg C_3927.jpg





何かの蕾。
C_3928.jpg





綿毛を三種。
C_3937.jpg C_3932.jpg C_3935.jpg





朝顔。
C_3955.jpg P_5260.jpg





オクラの花。
P_5237.jpg P_5235.jpg





マコモ。
P_5195.jpg P_5192.jpg





クレソン。
P_5198.jpg





アマガエル。
P_5245.jpg P_5250.jpg





嫌な奴。
P_5256.jpg





サワガニ。
C_3858.jpg

生意気に威嚇してきます。

池上げして水槽立ち上げて選別して・・・

2017/10/10 Tue

今日は曇りのち雨のち曇り。
朝は曇ってたのに、出勤時には雨。
その雨もお昼前には上がって、
その後はどんよりした曇り空です。
今にも降りだしそうな雰囲気ですが、
この後どうなるでしょう・・・。





今日は連休中の様子を。
ブログのタイトル見て順番逆だろと
思った方もいるとは思いますが、
本来は逆なのですが、諸事情がありまして。
こんな感じに成ってます。

本編敷く前に。
C_3880.jpg

夏の間中書くたびに紹介してきた朝靄スポット。
最近は餌くれしていないので、毎朝通わないけど・・・。
何時もと違って朝食後。
日曜日に天気良かったので、たまに餌くれ。
というか、沈みが少し残っていたので、
使い切るためにですが(笑)。





で、前回書いた通り、
土曜日の午後からは池上げ。
家の近くで便も良いので、
一旦上げたらまた水溜めて、
吊り網張って選別等の作業所に使う予定。

何時もの様に作業中の写真はありません。
網引いて金魚取って
後はさらに水抜いて引き残しを拾って終了。

池上げしたのはこの池。
P_5080.jpg

水連が一株植えられている場所。
といっても水連あると網引きの邪魔だし、
池上げ時も葉の下に金魚潜るので、
先ずは水連を刈り取るのが先ですが。





池上げ後。
P_5188.jpg P_5190.jpg

翌日、もう水溜まってきてる。
右は刈り取った水連。
これ一株取り除くのに30分くらいかかりました(笑)。





上げた二才と当才。
C_3862.jpg C_3876.jpg

此処の当才はやたらオンリー。
サイズはデカいですが、物は左程でもない。

写真にも少し写っていますが、
此処の素白と素赤のデカくなっていたこと(笑)。
しかもそんなのに限って物凄いボディ。
それ紹介しようと思っていたのに、
写真撮るの忘れた。
というか、今回作業量のわりに写真少なめです。

で、日曜日。
終日かけて水槽5本立ち上げ。
午前中は結局、米持って行ってくれなかったので、
それを別な車庫に移動して・・・。
水槽立ち上げのための色んな作業。
していて、そういえば水中ポンプって
きちんと動くかなって。
一昨年はポンプに大分出費したけど、
去年はそうでもなかったことを思い出した。
案の定、三台使っているポンプのうち二台が動きません。
一台は予備があるのでそれ使うことにして、
もう一台たりない。
まぁ、買ってくるしかありません。
近くのホームセンターまで買い物。
で、家出る前は今まで使っていたものと同じのを買う予定。
だったのですが、ホームセンターについてポンプ売り場で
商品眺めている時に、
同じメーカーの物でも周りの白いやつで
主要部品がステンでできているのが有って、
値段は高いけど持ちは全然違うので、
どうせならそちらがお勧めですよなんて
アドバイス貰っていたのを思い出し。
確かに、値段は倍以上します。
二台使えば結局同じくらいの使用時間になるでしょって、
思ったはずなのに何故か高い方買って帰ってきた(笑)。
なので倍以上働いてもらわないと困ります。

水槽立ち上げながら色んな作業。
途中水を抜かなければならない場面もあり、
排水用のポンプを取り出して作動。
させますが、うんともすんとも言いません。
こちらは常時運転でないので、
壊れないだろうと勝手に思い込んでましたが、
お亡くなりになられていたようです。
結局ポンプ三台終了です。
以前壊れた物も入れて我が家に壊れて動かないポンプ
多分7・8台あります(笑)。

まぁ、代わりを再度買いに行く時間ないので、
柄杓で水汲み出しましたが(笑)。
で、これからの水替え作業時には必需品。
いずれにしても買わなければ。

ついでに、予備で買っていたマグネットポンプ。
取説だと排出量は同じだったのですが、
実際動かしてみると半分くらいしかない。
これも、このまま使っていてよいのか、悩みます・・・。

まぁ、色々有りましたが、
予定通り水槽全部立ち上げました。
空の水槽の写真出しても面白くないので、
というか、撮ってないし、写真は無しで。





日曜日は水槽立ち上げながら野池の水出しもしてた。
月曜日はそこの池上げ。
三才と二才、ついでに当才も入っている池。

網引く前、早朝。
P_5200.jpg





網引き後。
P_5203.jpg P_5206.jpg

掛かりはまずまずだと思った。
三才は予定より少なかったのですが・・・。





当才。
P_5208.jpg P_5212.jpg

良い感じでサイズアップしている。
しかもサイズが揃っているのがやっぱり良い。
やたらと選別した柄付を入れてある。

網引いた物を捕ったら朝食。
その後、野暮用が有って再開は10時ころ。





排水待ち。
P_5221.jpg

周りのネット外したりして、時間つぶし。
水少なくなってくると池の側を離れられない。

で、写真見てもらうと分かるのですが、
いたるところが濁っている。
網引いたわりに掛かりが良くなかったようです(笑)。

あとはひたすら手作業で引き残し拾って終了。
まぁ、お昼過ぎまでかかりましたけどね(笑)。





泥だし中。
P_5227.jpg 

捕ってきた二・三才。
泥吐かせたら水槽に収容。
まぁ、水槽立ち上げた翌日に
金魚入れる人は自分位でしょうけど。

良い子は真似をしてはいけません(笑)。

冗談はさておき。
三才の上がり極上でした。
水見でサイズアップしているのは見てましたし、
途中で選別の為に網引いた時に見ていたので、
悪くないだろうと思ってましたが、
良い方に思い切り裏切られた感じ。
三才水槽が例年の親水槽の様になってます(笑)。
まぁ、親も良いとは思いますが。
問題は数かな。

そういえば土曜の二才も良かったですよ。
二才選別したのですが、まだメインの池二枚がこれから。
そこから上がって来る奴らのこと考えると
迂闊に水槽に入れられない。
どこまでを水槽に入れるか、非常に迷った。
後は全部終わったら調整します。





遅い昼飯食べたら、
あとはひたすら選別。
カメラ持って行ったにも関わらず、
なんと写真一枚も撮らなかった(笑)。

ただ、当才も上がりは極上。
去年は上げたら柄付だらけなんて選別しましたが、
今年は玉石混交。
ただ、赤や白もいますが良いのもザクザクって感じ。
当才の本当のメインは他にある。
そこからのこと考えると、二才同様というか、
二才以上にまだ水槽入れられない。
例年ならこれ拾うってやつも今回はパス。
とってもストレスのたまる選別。
拾うのいない選別はもっとさみしいですが、
良いなと思っても、とりあえず今は待ては
別のストレスあります。
まぁ、そんだけ物が良いってことなので、
良しとしなければいけないのですが。

代わりに拾うやつら全部同じようなのばかり。
何時もだと色々拾わないと、数が足りない。
結果いろんなのが入りますが。
好きな物だけを拾うとみんな同じになります(笑)。

ひたすら選別しましたが、
夕方暗くなってタイムアップ。
終わりませんでした(笑)。
こうなりそうなのが分かっていたので、
写真撮っている暇なかったのですが・・・。

残りは今朝選別して終了。
今朝選別したものの一部を。
上が小サイズ、下が大サイズ。
C_3886.jpg C_3888.jpg C_3891.jpg

C_3894.jpg C_3896.jpg C_3900.jpg

今朝曇りで暗かったので、
写真も暗いですが雰囲気は伝わるかと。

久しぶりに文章いっぱい書いた(笑)。
上げた魚たちはいずれ紹介していきます。

そろそろ始めます

2017/10/07 Sat

今日は曇り。
昨日の夕方から降り始めた雨は、
朝方まで降っていたようですが、
自分が起きた時は上がってた。
日中はどんよりした曇り空です・・・。

最近は気温も下がったので毎日餌もやらない。
昨日は休んだので今朝は餌くれ。
何時もの様にカメラ持って。
途中で色々写真撮って今日のネタに使う予定。
だったのですが、帰ってきてカメラの裏ブタ空けたら、
SDカードが入っていない(笑)。
最近これやらなくなっていたのですが、
久しぶりにカードの入れ忘れ。
ソニーのRX-100初代良いカメラなので好きなのですが、
SDカード入って居なくてもいくらでもシャッターが切れる。
別なカメラだとSDが度が入っていないと警告してくれるのですが・・・。
此処だけは改善してほしいところです。
まぁ、多分新しいやつは改善されているのでしょうが。
ってことで、今朝撮りの写真が無いので、
撮りためた写真で行きます。

そういえば今日から池上げ始める。
で、ここから上げますってことで、
水出し始めた写真も撮ったのですが、無い(笑)。
まぁ、有っても地味な写真ですが。
取りあえず今日は二才池を一枚。
明日は水槽セットで終日。
それが順調に終われば
月曜日は三才池かなって思ってます。
何時もの事で予定は未定ですが・・・。





中秋の名月。
P_5187.jpg

取れた写真たった一枚。
帰りの車の中からは綺麗に見えていたのですが、
家に帰って写真撮ろうとしたら雲が・・・。
まぁ、そんなもんです。





花を幾つか。
C_3817.jpg C_3819.jpg





多分ノコンギク。
C_3820.jpg C_3823.jpg





タウコギ。
C_3846.jpg





イヌタデ。
C_3854.jpg





最後は季節外れのネジバナ。
C_3849.jpg C_3851.jpg

多分次は池上げした奴らを紹介できるはず・・・。

苦労した話

2017/10/06 Fri

今日は曇り。
朝からどんよりしたまま変わりなし。
晴れてくるでなく、雨が降るわけでなく。
気温も上がらず肌寒い感じ。

ですが、先週で頼まれた田圃の稲刈りも終わり。
秋の田んぼ仕事はだいたい一段落付いたって感じ。
まぁ、細かくは代掻き等が残ってますが・・・。
田圃が終われば金魚です。
やっと本格的に金魚始動できそうです。
とはいっても、先週刈った稲が玄米になって、
車庫に積んであります。
これが無くならないと水槽セットが出来ないのですが・・・。
米になったので、持って行ってくれって電話したら、
まだ稲刈りが終わってないから待っていてくれって言われた。
稲刈りの時、水槽セットするから米になったら、
さっさと運んでくれって言ったときは調子の良い返事していたのに(笑)。
まぁ、毎度のことですが・・・。





先ずは何時もの朝靄スポット。
C_3825.jpg C_3834.jpg C_3844.jpg

昨日。
日が昇る前と、直前と直後って感じ。
これで靄がもう少しあれば・・・。





今日は稲刈り終わったので、
この夏場に苦労した話を。

田圃の上が土砂崩れした話は書いた。
その写真も何度か出した。
で、崩れた場所から何故か水が湧いてきた(笑)。
崩れる前は別の場所に沸いていた水が、
崩れたことで地表に出てくる場所が変わったものと思われる。
その湧いて出る水の量が結構あった。

まぁ、お盆頃は雨ばかり降っていたので、
尚更湧水の量も有ったのだと思いますが・・・。
湧いてくる水。
P_4154.jpg

以前は崩れた反対側に出ていた。
側溝掘って合ってそこを流れていたのですが・・・。
これが田んぼに入り続けると田んぼが乾かない。
ってことはコンバインが入れないってことで、
稲刈りに大変支障が出ます。





水を集めてみた。
C_2355.jpg

どれくらいの量の水が湧てい居るのか、
確認するために穴掘って水を溜めてみた。

このサイズの穴だとあっという間に満水になる。





ホースで排水。
P_4152.jpg P_4155.jpg P_4160.jpg

崩れた土砂が有るので田面より若干高い。
ってことでホースで排水させることに。
ホースのエア抜きは大変でしたが、
上手く排水できて一安心だったのですが・・・。

雨が降って湧水量が増すとホースにエアが詰まる。
そうするといちいちエア抜きが面倒くさい。
ってことで、排水路を作ることに。





で、できた排水路がこちら。
P_4288.jpg P_4283.jpg P_4369.jpg

P_4285.jpg P_4362.jpg P_4356.jpg

何時もの様に作業中の写真はありません。

稲を二列刈って中央に溝切って、
隣の列に畔並みを埋めました。

プラス土手切って外に排水。
書くと簡単そうですが、作業時間は半日。
暑いし、土手はガラ岩ばかりで締まっているしで、
重機で突いた土手って改めて丈夫だと思った次第(笑)。

溝切るために洗ってしまった溝切機持ち出したりもしましたが・・・。

まぁ、作業の甲斐あって湧水上手く排水できたので、
苦労はしたけど報われたかなと(笑)。





稲刈り後。
P_5065.jpg P_5071.jpg P_5074.jpg

畦波はコンバインの邪魔になるので、
外してあります。
後、切った側溝の幅が結構あったので、
コンバイン用の合板と。

今日のは、夏の間にこんなこともしてたんだという話。

給餌の様子

2017/10/03 Tue

今日は雨降り。
昨日のお昼過ぎに降りだした雨は、
降ったり止んだりを繰り返し・・・夜中まで。
朝方は少し止み間がありましたが・・・。
朝飯時からまた降り初めその後はずっと降ってます。
時折結構な勢いで降ってくるし。
さすがに雨降りなので気温も上がりません。





毎年一番最初って位から野池の餌やりを始め。
一番最後って位まで野池に餌やりに通ってます。
夏場は同じような時間帯に回っている軽トラと
同じような場所ですれ違いましたが、
最近は朝餌やりしている軽トラとほとんど会いません。
まぁ、もう当才は上がっているからっていうのもあるでしょうが・・・。

自分も9月中旬からは一日二回の餌を一度に落とし。
量も徐々に減らしてきました。
色揚げなんかも9月の中旬で終了してますし・・・。
今週末位からは池上げ始めたいと思っているので、
上げるつもりの池はもう餌きりです。
10月の20日頃に上げる予定の池はもう少し通いますが・・・。
で、今日は野池の給餌風景としては
今シーズン最後の紹介。





その前に何時もの朝靄スポット。
C_3814.jpg

今朝。
曇っているので全体が暗いです。





二・三才池。
P_4990.jpg

P_4993.jpg P_4996.jpg P_4998.jpg

上は餌やる前。
軽トラは野池の脇に止めて、
餌バケツ持って毎日餌あげる定位置まで移動。
さば尾たちは毎朝軽トラ止める場所の近くで待っている。
で、餌持って定位置まで移動するのを追いかけてきます。

浮餌撒いてもすぐ水面から消える。
当才がどれくらいの数居るのか一寸見当がつかない感じ。
まぁ、軽く数千て所でしょうか。
取ること考えるとちょっとぞっとしますが・・・(笑)。
まぁ、何とかなるでしょう。

因みに今やっている餌は
三才以上に浮の6号、他は4号。
沈みは当才から共通で4号、の三種類。
当才用の沈みの小さいサイズはもう売っていないので。

夏場は車庫に餌の袋だけで7種類並べていたのですが、
今は3種類のみになりました。





二才池。
P_5005.jpg P_5010.jpg P_5013.jpg

上もそうですが、二才が本命ですが、
やたらの当才が半端ないです。
まぁ、最初の池は本命の毛子放したのですけど。
此処も選別した柄付の大きいものを放したっけ。

因みにやたらは二才のやたらより、
親のやたらの方が良いものが出ます。
やっぱり残された親たちの方が物が良いということです。

二才の出来は結構良い感じなので
池上げ後は選別に苦労しそうな感じがします。
何せ残せる数は決まっているので・・・。





親池。
P_5031.jpg P_5033.jpg P_5040.jpg

此処はデカくなりました。
水見でデカいって思えるくらいなので、
上げたらかなりの物だと思います。
デカいだけじゃなくて物も良いですけどね。
特に緋色の上がりが半端ないです。
真っ赤な金魚見たい人は遊びに来てください。





三才。
P_5046.jpg

P_5049.jpg P_5051.jpg P_5052.jpg

此処も、毎日の定位置で餌待ってます。
当才がデカくなったので、三才も浮くようになった。
三才は個体差が凄い、デカいやつとそうでない奴は
三倍以上大きさが違う、かな(笑)。

最近は少しは浮いてくれるので夏場と違って、
三才の様子も少しは見れる。
で、ここも二才同様良い感じです。
特に緋色。
親とは比べられませんが、
二才の緋とは明らかに違う。
やっぱり三才まで飼うとその個体の持っている、
色んな物が見えて来るなって感じます。

秋上りが良さそうな分だけ、
春に二才水槽で大量に落としたのが悔やまれますけどね。





最後はまた二才。
P_5075.jpg P_5078.jpg

夏場食いが良くないと思っていた池ですが、
秋になればそれなりにでっかくなっています。

で、ここは本命の二才よりもやたらの当才が大変。
お前たちどうしたのって位でかい。
中には二才か当才か区別付かないようなのも。
食いが悪いと思っていた二才の餌を
やたらたちは拾って食いまくったのでしょう(笑)。

素白のめちゃくちゃ体型の良いのとかいます。
毎年の事ですが、
素白ってなんであんなに体型良いのが出るのでしょう(笑)。

週末の様子

2017/10/02 Mon

今日は曇り時々雨。
っていうか、予報だと終日曇り。
だったのですが、少し前から雨当たってきました。
まぁ、稲刈り終わったので雨も気にならなくなりましたが・・・。

何時の間にか気づけば10月。
今年も残り三か月。
時間の経つのがとっても早く感じらるようになった。
年のせいでしょうか(笑)。

この週末は両日ともとっても良い天気。
我が家の稲刈りは終わってますが、
頼まれて毎年稲刈りしている田んぼが残っている。
土曜日はその稲刈り。
端刈だけは事前にしてくれるようにお願いしてある。
天気良い中色々ありましたが、稲刈り終了。
これで今年の稲刈りはおしまい。
後は乾燥して籾摺りすればよいだけ。
取りあえず稲刈り終わるとホッとします。
人様の田んぼとは言え稲刈り作業自体は
自分がしなければいけないので。
その写真は後で。





先ずは何時もの朝靄スポット。
9月29日。
C_3731.jpg C_3732.jpg C_3741.jpg

9月30日。
C_3747.jpg C_3753.jpg

10月1日。
C_3756.jpg C_3759.jpg C_3774.jpg

週末ということも有り、
たくさんのカメラマンさん来てましたねぇ。
何時もの事ですが、皆さんデジイチに、三脚。
自分は軽トラで乗り付けて、
簡単コンデジでサッと撮ってすぐ撤収。
どう思われているのでしょうか(笑)。





今朝。
C_3782.jpg

昨日まであった田んぼの稲が無くなってた。
此処から見える範囲の田んぼに稲は無くなりました。
この週末天気良かったので、
稲刈りには絶好の条件でしたから・・・。





いつもの山と棚池。
P_5168.jpg P_5167.jpg

野池の鯉上げも始まって、
水の無くなった池も目立ち始めた。





稲刈り後。
P_5160.jpg P_5141.jpg P_5149.jpg

何時もの様に作業中の写真はない。
左は比較的順調だった田んぼ。
半分くらいべったり転んでいたので時間はかかりましたが・・・。

中央は危うくぬかるみに嵌りそうになって、
慌ててバックで脱出した後(笑)。

右は水が溜まっていた田んぼ(笑)。
外回り二周したら内側に水が溜まっているのを発見。
機械から降りて歩いて田面の固さを確認。
水はあるけど行けそうな感じ。
ただ、方向転換はしない方がよさそう。
ってことで、行けるところまで刈ってみることに。
方向転換は畔際の固いところまで移動して。
やってみるもので何とか刈れた。
まぁ、タンクに籾貯めずにこまめに排出するとかはしましたが。
何とか全部刈れた。
写真はコンバインの動いた後は沈むのでそこに水が移動した後。





借り物のコンバイン。
P_5158.jpg

雨除けのシート被ってますが。





田起こし後。
P_5173.jpg P_5174.jpg

日曜日は前の週に刈った分の籾摺りの予定。
なのですが、前日刈った籾の乾燥が終わらない。
我が家の動力の差し込み口は一口。
乾燥機が終わらないと籾摺り機が使えません。
まぁ、違法の品物は持ってますが、さすがに怖いので・・・。

で、待っている間暇なので、
秋のうちに代掻きしなければいけない田圃の
田起こしでもすることに・・・。
後は金魚取るときに水抜きながら代掻き。

右はトラクターの車輪にくっ付いてきた泥。
泥落としてから走って車庫まで帰る。





目に付いた物をちょっとだけ。
キノコ。
P_5130.jpg P_5132.jpg





ママコノシリヌグイ。
C_3793.jpg C_3798.jpg

しかし凄い名前の草ですよね(笑)。





セイタカアワダチソウ。
C_3788.jpg C_3789.jpg

まだ蕾ですが、
この花が咲きだすと本格的な秋って感じがします。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR