FC2ブログ

雪が凄いです。

2018/01/31 Wed

今日の天気はめまぐるしい。
朝は大雪、その後は上がって青空。
だったのにお昼過ぎからは曇り。
それが何時の間にか雨が降って、上がって。
今は曇ってます。
予報だとこの後はまた雪だとか。
あまり降って欲しくないのですが・・・。

月曜日は終日雪でしたが、大して積もらず。
だったのですが、夜から火曜の朝にかけては大雪。
更に日中もずっと降り続け積雪量は増え続け。
今朝まで結局降ってました。
今回の雪で2メートルに達したかもしれません(笑)。





今朝の雪。
いつもの山とブナの林。
P_6633.jpg P_6637.jpg

P_6641.jpg

下段は法面。
かなり雪が積もってきました。
まぁ、降った雪だけじゃなく、
自分が除雪機で飛ばした分もかなり含まれますが。

毎年の事ですが、
もう少しサイズの大きい除雪機が欲しいと思う。
云うところのサイズは除雪幅じゃなくて、
機械の馬力がある奴。
パワーイコール機械の重さにもなるし投雪距離にもなる。
その分置く場所が広く必要だったり、
小回りが利かくなくったたりはするでしょうが、
それでも大雪が降ると毎年同じこと思います(笑)。
使わない夏場は邪魔なだけなのですけどね。

農機具はみんなそうですが(笑)。





日曜の餌。
普段の半分程度。
親水槽。
C_5125.jpg C_5128_20180131153404cd2.jpg C_5134.jpg





三才水槽。
C_5120.jpg C_5121_2018013115340145c.jpg





二才水槽。
C_5135.jpg C_5136.jpg C_5139.jpg





当才水槽。
C_5108.jpg C_5112_20180131153515e84.jpg C_5114_201801311535178e0.jpg

今日は以上で。
スポンサーサイト



予定は未定

2018/01/29 Mon

今日は雪。
ですが、チラチラ程度。
なので積もる程ではない。
ただ、止みもしません。

週末は金魚写真を撮ると書きましたが・・・。
風邪ひいてダウン(笑)。
写真どころではありませんでした。
風邪ひいても雪が降れば除雪はしなければいけない。
ってことで必要最低限だけ動いて、
後は炬燵で亀になってました。
今もですが、体が怠い。
これが無ければもう少し動けるのですが。

先週は当地だけでなく、日本中が大寒波。
冬は雪の事ばかり書いてますが、
当地は積雪量は半端なくありますが、
気温はそんなに下がらない場所柄。
マイナス5度以下ってめったにならない。
なのに日中も氷点下の日が先週は続いた。
おかげで家の周りにある水道がすべて凍結(笑)。
屋内の水道は凍りませんよ。
風邪ひいても定期の水替えはと思いましたが、
水道が出ないと水替えできません(笑)。
土曜日から少し気温上がったので、
日曜日の午後からなら水出るかと思いましたが、
タラリともせず。
まぁ、出なくてちょっとホッとしたのですが。
出たら、具合悪い中水替えかなとか思っていたので・・・。
水替えできるぐらいなら、
写真撮れるだろって話ですが、
気力が湧きません。

家の周りの写真を少しだけ撮ったので、
今日はそれです。





いつもの山と柵池。
C_5152.jpg P_6606.jpg

柵池って書いても今はまぁ、雪原です。





車庫前の道。
C_5099.jpg C_5106.jpg

ここは市道。
右は路面のアップですが、ツルツルです。





杉の木。
C_5095.jpg

枝に溜まった雪。





田んぼ。
C_5102.jpg

既に道の周りの雪の壁が高くなったので、
普通にしてたら撮れません。
思いっきり手を伸ばして適当にシャッター押した感じ。





カーブミラー。
P_6590.jpg

大して埋まってはいません(笑)。





県道。
P_6598.jpg P_6603.jpg

車庫前は市道で除雪車は着ますが、
融雪剤の散布車は来ません。
県道は融雪剤撒いて圧雪を溶かして
ハイドバンで剥がします。
なので全然違います。

右は道路の端を表すポール。
これで3メートル。
途中にガードレールが覗いてます。





稲架木。
P_6610.jpg P_6617.jpg

P_6626.jpg

下段は我が家の。





ウサギの足跡。
P_6621.jpg





雪庇。
C_5083.jpg

先週は寒かったので屋根の雪が落ちない。
なので結構な量が溜まっている。
こんな場所の下は間違っても行ってはいけません。
頭直撃したら終わりです。





軽トラのグリル。
C_5090.jpg





玉椿。
C_5081_2018012913582660a.jpg C_5074.jpg





南天の実。
C_5063.jpg

こちらは玄関にある鉢植え。





最後は太陽。
C_5144.jpg

今日は以上で。

楽しませてくれた魚たち その三

2018/01/26 Fri

今日も雪が降ったり止んだり。
止んでいる時は穏やかな感じなのですが、
一旦、降り始めると風邪を伴って吹雪です。
でも、雪自体は大して積もってません。

因みに今朝は15センチくらい。
ただ、風邪で飛ばされてくるので、
吹き溜まりは40センチくらい積もってました。

で、風雪が続くと車庫や玄関に雪が吹き込む。
最初はピッタリ閉まるシャツターや引き戸も、
何度も開け閉めしているうちにシャッターならレールの下、
玄関だとレールの端に降った雪が少しづつ付着する。
気温が上がればそれも溶けるのですが、
こう寒いと溶けけない。
少しづづでも溜まれば隙間になる。
で、風が吹くとその隙間から雪が吹き込む。

車庫の中だと日中は少しは気温が上がる。
完全にまでは解けませんが微妙に溶ける。
それが夜の寒さで凍る。
車庫の中は外と違って気をつけて歩いたりしない。
それが滑って慌てたりします(笑)。
ただ、気温の低いのも予報だと明日まで。
日曜からは少しは変わるでしょう。





今日も過去写真から。
このシリーズも今回でやめます。
何とか週末に新規の写真撮らねば・・・。

ぐっと最近の魚です。
こいつは去年の仔取りにも使った。
7-1380_201801261445207fe.jpg 7-2766.jpg 7-3579.jpg

72_8464.jpg 72_5591.jpg 72_5584.jpg

したが昨シーズン、上は一昨年。
一年野池飼育して大分肉が付いているのが分かるかと。

上の方が魚が丸く感じると思います。
前後に伸びてそれから横に伸びる。
これを繰り返す感じ。
ただ、丸くし過ぎると負担がかかるようです・・・。





上の姉妹。
7-2772.jpg 7-4084.jpg 7-2780.jpg

上はミドルテールですが、こちらはショート。





7-9101.jpg 72_5277.jpg 72_8202.jpg





72_5291.jpg 72_5284.jpg 72_0988.jpg

この赤。
こんな感じの緋色が大好きです。
で、こいつもベリーショートだったのですよ。
去年の仔取りにはこいつも雄親でたしか使ってます。

こうして見ると失くした奴らは良く見えますねぇ。(笑)

楽しませてくれた魚たち その二

2018/01/25 Thu

今日は雪が降ったり止んだり。
基本降ってますが・・・。
ただ、時々突風を伴って雪が降る。
一面が真っ白でホワイトアウト状態になる。
それでも予報でいわれたほどの降雪が無いだけ楽。
でも、何年に一度の大寒波に偽りはなく、
日中でも全く気温が上がりません。
部屋も暖房付けていても全然温まらないし・・・。

当然ながら雪は乾燥してパサパサ。
なので風が吹くと雪が舞う。
こんな時スキーしたら寒いけど、
雪質は抜群だと思います。





今日も前回の続き。
ですが、今朝の雪の様子を先に。
いつもの山とブナの林。
P_6578.jpg P_6582.jpg P_6585.jpg

春先の山の様にいたるところに茶色の割れ目ができてた、
週末からは一転。
風が吹くのでブナにも雪は付かない。





前回に引き続き、過去写真から。
見返すと色んな奴らがいました。
DNAなのでしょうが、
今も同じような柄の奴が水槽にいたりします。

今日はこいつから。
704-3975.jpg 704-1752.jpg 704-1568.jpg





704-3554.jpg 704-1599.jpg 704-3700.jpg





704-1984.jpg 704-1726.jpg 704-2324.jpg





704-3010.jpg 704-2908.jpg 704-5723.jpg





704-2109.jpg 704-2530.jpg 704-2164.jpg

自分で言うのも何ですが、
良いさば尾がいたのだなと・・・。

頑張ってまた作りましょう。

楽しませてくれた魚たち

2018/01/22 Mon

今日は曇りのち雪。
午前中は曇り、お昼過ぎから雪が舞っている。
まだ降っているというより舞っている程度。
今晩からは本格的に降るらしい。
で、水曜から週末にかけてがやばいらしい・・・。
といっても、前回のようなことも有るので、
降ってみないとどこが積もるかは分からないし。
それでも準備だけはしておきましょう。





とは言え、雪が無いと週末にすることがありません(笑)。
基本今の時期は週末は雪片付けがメイン。
後は毎週の水替えと(笑)。
他は適当にダラダラ。
することないと暇つぶしに料理したり・・・。
で、自分の欲望のままに食いたいもの作って、
食べたいだけ食べてしまう・・・。
だから春になるまでに激太り。
それを一夏かけて落として。
ここのところ毎年のようにそれを繰り返してます。
まぁ、雪有って暇じゃなくても太りますが。

ところで、去年は年の終わりに鞄が壊れ。
毎日使うものだからと自分に言い訳して欲しいものを買った。
当然それなりのお値段。
まぁ、カメラやレンズに比べればかわいいものですが。
で、年明け早々に超大物を更に買いまして。
何を買ったかはそのうち紹介することも有るかも。
今年は既に金欠が決まりました。
まぁ、覚悟で買ったので承知してますが・・・。
折角なので楽しみたいと思ってます。





で、週末に暇なら金魚の写真でも撮れよって話なのですが、
水は出来ているのです。
金魚の調子も今は全く問題ない。
むしろ今は絶好調です。
週一の餌も貪るように食ってます。
問題なのは自分。

気合入れ直して今週末位には写真撮らないと。
ってことで写真が無い(笑)。
外の様子も雪降らないのでつまらないし。

で、思いついたのが過去写真。
以前楽しませてくれた金魚たちを掘り返してみようかと。
今回は6年年前。
やっぱりこいつから。
702-4254.jpg 702-4265.jpg 702-4457.jpg





702-9068.jpg 702-8781.jpg 702-9068.jpg





702-4849.jpg 702-4523.jpg 702-4286.jpg





702-5338.jpg 702-3094.jpg 702-5348.jpg





702-1751.jpg 702-3438.jpg 702-5379.jpg





702-4343.jpg 702-7657.jpg 702-3335.jpg





702-3068.jpg 702-4277.jpg 702-7851.jpg

久しぶりに最近使っていない外付けHDDを起動した。
やっぱり懐かしいです。
それと同時に結構な数の魚を落としてきたことに愕然。
そのほとんどが春の池に入れたけど、
秋は上がってこなかった奴ら。
中には自分の不注意で春先に、っていうもの有ったり。

生き物飼うのってやっぱり難しいです。

金魚について思うこと

2018/01/18 Thu

今日は曇り。
午前中は一時陽が射した。
そのまま晴れるのかと思いましたが、
お昼過ぎからまた曇ったままです。

昨日も、昨夜も雨。
しかも結構強めの降り。
おかげで大分雪の嵩が減りました。
この時期雪じゃないだけで良しとします。
去年の今頃も雪じゃなくて雨が降ってた気がする。
今頃が雨降りだと
今シーズンもそんな大雪にならないかな・・・。

当地は火曜日も晴れた。
なので外の雪はまるで春の山の様です。





今日はチョッと時間がある。
なので久しぶりに文字でも書いてみようかと(笑)。
秋に金魚見に来てくれる方から質問をもらう。
皆さん同じ事に興味あるのか別々な方から
同じような質問を貰う事が有ります。
って子とはこれ見てくれている方も、
同じように疑問に思っているのかなってことで、
幾つか書いてみます。

多いのが、
これ(当才・二才)つれて帰ったら親水槽にいる奴らのように、
大きくなりますかっていうのがある。
これの回答は凄く難しい。
大概は環境さえあれば大きくなりますが、
ここまで大きくするのは結構大変ですよって答える。
もし自分が違う回答していた人がいて、
私の時はそう言わなかったという場合は申し訳ありません・・・。

先ずは大きくなる質を持っているか。
自分が飼っているやつらでもやっぱり大きくなるのもいれば、
期待ほどサイズアップしないものもいます。
大きくなる質を持っていたとしても、
飼育環境によって当才から二才へ、二才から三才へ行く過程で、
どれだけ食わせこめるかによっても違うし。
ただ、自分は二才上がりは極端に大きくしないようにしていますが・・・。
なので、二才時はわざと混めて飼ってます。

どんな環境なら大きくなると、
一言で書ければ良いですが難しい。
デカい入れ物に一匹飼いしても、
競争心があおられず餌食わない奴もいれば、
一匹でもくれればくれただけ死ぬまで食い続ける奴もいる。
なので、そこら辺は飼育者に合った環境を用意するしかない。
餌やれば水は汚れるし、濾過も痛む。
自分が管理できる環境じゃないと意味がない。
その中でいかに大きくするかなのですが・・・。

これだっていう正解がある話じゃないので、
自分なりに大きくするしかないと思います。





もう一つ。
どうしたら柄付作れますかって質問。
これもよく聞かれるのですが・・・。
これの答えは簡単です(笑)。
数作るしかありません。

大前提として親同士の相性で、
柄付の割合が多い少ないは当然ある。
なので柄付が出やすい親同士の組み合わせで、
子取りをしたうえでというのが前提になります。
中には折角取ったけど、
白しか出なかったという話も聞くので・・・。

柄付が率として出やすい親で子取りしたとします。
明け二才なら大した数はとれませんが、
三才とか四才だと一腹でも受精率が良ければ
物凄い数の子が取れます。
まずこの取れた子を黒がむけるまで飼います。
途中で奇形等はハネても他はひたすらむけるまで飼います。
当然サイズアップもさせねばならないので、
餌もバンバンやらねばなりません。
この行程がどこまでできるかが
柄付どれだけ作れるかだと思います。
最初に書いたようにここは数が勝負です。

例えば百匹に五匹くらい柄付が取れるとすると、
率で云えば20分の一です。
そこから極上の柄が取れるのが、
百匹に1匹だとすると、単純計算ですが、
2000匹飼ってみれば1匹は極上が
取れるということになります。
まぁ、これは単純計算なので・・・。
実際はもっと確立低いですし、
途中のリスクもあるのでもっと飼わないと
極上っていう柄付には出会えないとは思います。
たまたまってこともあるので何とも言えませんけどね(笑)。

どちらにしても、むけるまで飼うのが第一条件です。
そうしないと柄付か否か分かりませんから。
金魚飼う方はそのはるか手前で
体型で選別して淘汰しますが、
体型での選別は形が付くまでしない。
もしくは玉さばだけが欲しいなら玉だけを残す。

しかもいっせいにむけるわけでなく、
早いものもいれば中々むけないものもいるので、
ひたすらむけるまで待つ(笑)。
で、ここら辺は夏場の選別の時に書いてますが、
最初は赤白拾い。
次は背一本緋はハネてみたいな感じで徐々に淘汰していく。
最後に残ったのが自分の残した立てになるわけです。
この間にくれる餌の量たるや・・・。
よく親に川に流すために餌撒いてるようなものだと
バカにされますが・・・(笑)。

この辺の管理やらもろもろを考えたら、
絶対、柄付買った方が安くつくと思います(笑)。
極上の当才を数万円で買ったとしても、
自分で作ったら多分その何倍もかかります。
まぁ、それでもやるし・やりたいのが趣味だと思いますが。

こちらは最初に書いたように単純に答えられます。
数作ってむけるまで選別は待つ。
後は良い親を用意できるか否かと親同士の相性。

でも普通にこれができるかと聞かれたら、
とっても難しいと思いますと、答えます。
なので、買った方が安いのです(笑)。
でも、そこで諦めずにやってみるのが、
趣味なのかと。

相変わらずとりとめのない話でした。
今日はここまで。
また、時間あったら別なことについて書きます。





写真無いのもつまらないので。
最後は金魚で締め。
長老。
72_4345.jpg 72_4347.jpg 72_4352.jpg

我が家の最長老。
とうとうこれと兄弟はいなくなりました。
以前親分と言っていた二段が同い年。

昨今は短尾が人気ですが、
昔ながらなの玉さばと言えば本来はこれです。
更紗模様に長い鰭。
個人的には長い鰭で優雅に泳ぐ個体の方が好きです。




お気に入り。
72_4186.jpg 72_4164.jpg 72_4163.jpg

額の隙間が埋まるの待ってます(笑)。
この秋には丸くなって上がってくると思います。

雪の様子

2018/01/15 Mon

今日は晴れ。
昨日の朝は夜間に積もった雪を除雪しましたが、
日中はほとんど降らず。
時折小雪が舞う程度。
その分、放射冷却で今朝は凄く冷え込みました。

先週、新潟の雪はJRの事故の事も有って全国ニュース。
かなりワイドショー等でも取り上げられた。
おかげで他県の知り合いから平場であれだけ降っているなら、
何時も大雪の山はどんなになっているのかって感じで、
心配やら励ましの電話・メールを頂きました・・・。
ありがとうございました。
が、今回は典型的な里雪。
全く降らなかったわけではありませんが、
何時も通りの積雪。
当地としては全然大したことは無く、
いたって平常運転だったりします。





今日はそんな雪の様子です。
土曜日の朝。
C_4995.jpg

東の空。
朝の積雪はなし。
除雪無いとやっぱり楽です(笑)。





車庫前の道。
C_5009.jpg C_5016.jpg

前日の雪が圧雪になってます。
右は道路わきの積雪。
ここで140センチくらいかと。





脇の田んぼ。
C_5010.jpg

まだ何とか雪に上らなくとも写真撮れる。
まぁ、ここまでくれば春までただの雪原です。





つらら。
C_5012.jpg





家の脇の積雪。
C_4997.jpg C_5001_20180115134551cbb.jpg

土曜日の午前9時過ぎころ。
土曜日の予定は午前中にこの雪片付け。
午後は水替えと濾過槽掃除の予定。

これくらいの雪なら自分の除雪機使えば1時間かからず終わる。
因みに我が家は片屋根。
大屋根の雪は全部家の後ろに落ちます。
これは基本出来るだけ毎朝除雪機で飛ばします。
朝だけで終わらないほど積もれば週末にまとめてですが、
そうなるととんでもない量が溜まるので一日仕事になる。

家脇に落ちる小屋根の分は、
屋根が狭いので一週間まとめても大した量にならない。
なんでこちらは基本週末にまとめて。
で、今週分がこんな感じで大して積もってません。

車庫にある除雪機のエンジンかけて作業開始。
なのですが、この日も朝は冷え込んだ。
雪を飛ばす方向を左右するシュートが凍り付いて動きません(笑)。
家から薬缶にお湯でも持ってきてかけて溶かそうかとも思いましたが、
陽が出ているので暫く待てば溶けるでしょうってことで、
再度車庫に格納。
10時半頃に確認したら今度は動く。
作業開始ですが、
何時もの様に作業中の写真は無い。





作業終了。
C_5022.jpg C_5019.jpg

正面に雪が少し残っているのはもう地面の無い場所だから。
これ以上前に行くと除雪機が落ちます(笑)。

以前は除雪の度に綺麗に片づけてましたが、
今は片づけるのやめました。
基本雪がなくなれば良い。
いくら綺麗にしても、どうせまた降るので(笑)。





積雪量。
C_5025.jpg

家の脇でこんな感じです。
今の時期2メートル無ければ
今年はそんなに大雪にならないかと。





鎮守の森。
C_5059.jpg





家脇の畑。
C_5054.jpg 72_4483.jpg

右は落ちた木の枝。





玉椿。
C_5032_20180115135205978.jpg C_5044.jpg C_5050.jpg

我が家ではこの木を玉椿と呼びますが、
一般的ではないようです。
正式名称が分かりません。

まだ実が熟さないようで小鳥来ませんが、
実が熟すとあっという間に冬で食べるものが無い
鳥の餌になってしまいます。





最後。
72_4504.jpg 72_4519.jpg

昨日の夕日。

当才水槽水替え

2018/01/12 Fri

今日は晴れ。
何と晴れてます!!!
予報じゃ雪、しかも午前中は大雪に警戒。
とか、言っていたのに、青空見えてる。
その分下越の方は凄いらしいですが・・・。
とは言え、自分も昨日は散々な目に遭いましたが(笑)。

因みに当地の降雪量は、
昨日の朝が50センチ前後、今朝が15センチくらいでした。
さすがに昨日の朝は除雪を普段より
30分早く起きて始めましたけどね。
それでも前に降った分が無いので楽です。





今日は先週末にやった水替えの様子。
といってももう明日は土曜ですが・・・(笑)。
金魚飼っている方には珍しくもなんともない日常でしょうが、
ネタ切れのこの時期なので写真撮ってみました。
玄関水槽、当才の上見も紹介したいってのもあります。

先ずは上段の排水。
C_4884.jpg C_4887.jpg

今シーズン買った水中ポンプ。
落差あるのであっという間に水抜けます。
まぁ、待っている時はそれでも手持ち無沙汰ですが。

右は濾過に回している水量。
水中ポンプ、リオ3100利用だとこれ位落ちます。





排水後。
C_4923.jpg

今回は上下とも多めに排水しました。
後は浄水器を通した水を入れるだけ。





上見でこんな感じ。
C_4889.jpg C_4890.jpg

エアー止めないと波打って見えません(笑)。





苔。
C_4892.jpg C_4959_201801121440075ba.jpg

右の写真のように塩ビの蓋をしているのですが、
奥が濾過槽のせいでフランジ使えない。
代わりにってことで木の棒を渡してある。
それに生えた苔。





上見。
C_4897_201801121439588a6.jpg C_4900_20180112143959843.jpg C_4907.jpg

前回の拭き残しの場所に苔が青々しています。
今回は水冷たいので苔取りはなし(笑)。

毎年の事ですが、
色んなタイプの更紗を残してあります。
まぁ、圧倒的に多いのは背開きですが。





注水。
C_4914.jpg

今回は本当に水替えのみ。
次回は気力あったら濾過槽掃除します。
ついでに水槽壁面も拭きます(笑)。





水温計。
C_4919_2018011214400445c.jpg C_4957_20180112144005119.jpg

左が水替え前で、右が後。
殆ど差はない。





下段。
C_4928.jpg

こちらも水替えのみ。
先ずは排水。





上見。
C_4930.jpg C_4940.jpg C_4942.jpg

そういえば去年の当才、
丹頂の良いのが結構出たのです。
なので当才水槽はどれも丹頂率高めです。

なのですが、皆さん丹頂ってあんまり好きじゃないし、
評価もしないみたいです。
販売用に結構良いなって感じの丹頂入れておいても、
中々手に取ってもらえないかなって感じる。
代わりに丹頂が好きな人が来た時は
すぐいなくなりますが。




水入れて満水。
C_4954.jpg C_4976.jpg

水抜くと狭い範囲にひしめくので窮屈そうですが、
水入れると物が小さいのでそうでもない気がしてくる・・・。

これ見てそうでもないと思う事自体が既にダメな奴です、ハイ(笑)。





水温計。
C_4944.jpg C_4956_20180112144202f59.jpg

下段は少し水温上がりました。
といってもとっても冷たいので
手を入れるとびりびりして痛い位ですけどね。

給餌の様子と今の餌 それから雪の様子

2018/01/09 Tue

今日は曇りのち雨。
予報だと夜には雪だとか・・・。
午前中は曇りでしたが時々薄日も差した。
それが午後からは雨と風です。
何時もの事ですが、雪よりは良い。

年明け更新が滞ってます(笑)。
何しろネタが無いので。
性格的に一度書かなくなるとずっと書かないままになる。
時分の事なのでそれは分かっている。
そうならないためにも随時更新していきます(予定)。





土曜日の雪。
先ずはいつもの山。
P_6491.jpg 

ですが、雪が凄くて見えません。
まぁ、この雪の様子をお見せしたかったのですけどね。
ただ、今年はこれが長続きしない。
大雪の年はこんなのが数日間降り続けるなんてこともありますが、
今年はこんなに降るのは数時間から半日程度。
シーズン前の大雪予報当たらないと良いですが・・・。





ブナの木。
P_6495.jpg P_6503.jpg

雪の花が綺麗かと。
湿った雪だと良い感じに雪が付きます。





法面。
P_6504.jpg

見えていたブッシュも見えなくなりました。





ここからは月曜。
車庫前の道。
C_4991.jpg

日曜が降らなかったので、
綺麗に除雪されてます。





隣の田んぼ。
P_6550.jpg 

真っ白ですが、
まだ道から見えます。





電柱。
C_4986_20180109144921895.jpg

途中に雪が付いている。
自分が除雪車で飛ばした雪。





つらら。
P_6542.jpg P_6552.jpg 





凍った雪。
C_4988.jpg

前日水替えと濾過槽掃除した。
その濾材洗うために置いたタライの後が凍ってます。





凍った道路。
C_4980.jpg C_4983.jpg

気を付けて歩かないと、
慣れている自分たちでも滑ります。





ここからは餌の様子。
親水槽。
P_6514.jpg P_6511.jpg

三才水槽。
P_6507.jpg P_6508.jpg

二才水槽。
P_6523.jpg P_6525.jpg

当才水槽。
P_6518.jpg P_6519.jpg

エアー止めずに撮っているので雰囲気ということで。
当才水槽用に買った、ハロゲンライトの玉が切れた。
ってことで照明無いので暗い。
結果シャッタースピードが遅くなってブレブレ。





今やっている餌。
浮餌。
P_6533.jpg P_6536.jpg

P_6540.jpg P_6557.jpg

ピンクのバケツが6号で親用。
青のバケツが4号で2・3才用。
これは夏場に与えている餌と同じものです。
タンパク少なめ。

下段が当才用。
キョーリンの極小粒を混ぜて。





沈み。
P_6537.jpg

沈みは当才から親まで一緒。
低たんぱくの4号。

低たんぱくの餌は需要が無いらしく、
何時もの餌屋さんは冬期間は販売してません。
なので9月頃に一袋買ってストックしておく。
夏場は20キロなんて一週間で使い切りますが、
冬場は一袋で一シーズン持ちます。

当才の小さいやつらにはこれでも大きいくらい。
ですが、撒いておけば沈んだ奴を徐々に食います。
なので沈みはあたえてから無くなるまで、
結構な時間がかかります。

今年もよろしくお願いいたします。

2018/01/04 Thu

今日も雪。
朝からというか、ここ数日降ったり止んだりを繰り返してます。
それでも正月中は心配したほどは積もらず。
除雪はしましたが、これくらいなら許容範囲です(笑)。





新年、明けましておめでとうございます。
今年も拙いブログですが、
頑張って更新していきますので、
宜しくお願いいたします。

念頭からなんですが、
書いてアップするときは読み直してから、
上げているつもりですが・・・。
後で読み直すと孤児脱字・間違い表記の多いこと。
読みにくいブログで申し訳ありません。
出来るだけ気を付けるつもりでおりますが、
ここら辺は多分性格的なもので直らないのではと
思っていますが・・・気を付けます。




遡って、去年の最後の出勤日。
何時もの様に通勤用の鞄を持って出勤。
といっても大掃除の日ですが(笑)。
到着してショルダーバッグを肩から降ろしたら、
肩ひもを鞄に止めている付け根の革が切れた。
鞄に直に縫い付けられている革の部分。
メーカーに出せば直してもらえるかもしれませんが、
鞄自体がもうボロボロ。
長らく使わせてもらった鞄なので仕方ない。

すっぱり諦めて新年から使うように鞄新調しました。
相変わらず予定外の出費ですが、仕方ない。
おかげで鞄が新調されました(笑)。

そういえば、眼鏡。
大掃除すればどこかから出て来るだろうと思ってましたが、
何処にもありません。
正月中、あっちこっちの棚の角を覗いたり、
してますが見つかりません。
どこ行ったでしょうか(笑)。





親、水槽。
C_4390.jpg C_4397.jpg





三才、水槽。
C_4440.jpg C_4445.jpg





二才、水槽。
C_4516.jpg C_4537.jpg

それでは、
今年もよろしくお願いいたします。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR