FC2ブログ

やってみて分かった事・やってみなければ分からない事

2019/11/28 Thu

今日は雨降り。
昨夜からずっと降ってます。
今夜には雪になるとか・・・。
降って欲しくないところなのですが。





今日は自分の忘備録です。
一般の方には読んでもらっても面白くないかも・・・。
それでも良ければ。

今年というか、去年の当才の上がりがとっても良かった。
それは何度も書いた。
ただ、サイズがとっても小さかったのですけど(笑)。
それのおかげってこともあって、
去年は当才を本当にたくさん残しました。
数入れすぎたので越冬中に落とすかもしれないと心配しましたが、
そんなことも無く無事越冬できた。

例年なら春の選別である程度数を絞って野池に放すのですが、
今年は出来るだけ立ててみようと思ったわけです。
なので本当にダメそうなのだけをハネて後は野池に放した。

で、やってみて分かった事のひとつ目。
二才でそんなに大きくしなくても良いというつもりなら、
ある程度の数入れても何とかなる(笑)。
実際、きつめに入れたなと思う池と、
最期は若干余裕が出てしまったなと思う池でも、
秋上がりのサイズの差はそんなにない。
まぁ、池の中で食うやつと食い負ける奴の
差が出るのはどの池でも同じ。
ただ、大きい池ほど食うやつのサイズが大きくなって上がってくる。

これはやってみようと思ったきっかけなのですが、
毎年良くなるはずだと思って立てても
期待通りにならないやつはいる。
逆に大して期待していなくても、
秋上げてみるとこんなの何処に居たっけというくらい、
良くなって上がって来る奴もいたりします。

なので出来るだけ立てて様子を見ようと思ったわけです。
で、予想通りというか、過去の例通り、
良くなると思って立てても期待に沿わないものは
一定数出てきます。
逆も然りです。

で、分かったことその二、
数立てれば必然的に良いやつも数上がってくるということ。
まぁ、前提として良いやつ立てなければ、
という問題はありますが・・・。
当たり前のように感じられるかもしれませんが、
これって意外と難しいのです。
何故かというと、
良いと思ったものだけ残しても
思う様にはならいってことだから・・・・。
当然ながら確率は全然違います。
期待した方が8割だとすれば、
期待しない方は2・3割程度だったりしますから。

ただ、期待してなかった奴の方が以外とデカくなっていて
これなら4・5才にしたときに面白くなるのではって
個体が居たりするわけですよ。

デカくなれるのも一つの素質なので
三才以上に立てようとするときは重要なのです。
まぁ、上見が一番大事ですが(笑)。



結果的に今年は秋に二才がとっても沢山上がりました。
その中から来年用の立てを選べたので、
二才の水槽はとっても綺麗です。
まぁ、毎年の事で欲張ってたくさん残したので、
激混みしていますが・・・。





で、やってみなければ分からない事というか、
考えも無しに浅はかなことをすると
大変な目に遭うという典型というか・・・(笑)。
いっぱい上がってきた二才。
自分で建てられる数には限界があります。
当然立てられないやつはなんだかの形で
処分しなければいけません。
処分といっても生きものですし殺すわけではない。
無料で配ればもらってくれる方はいると思いますが、
夏場にかけた餌代だけでも回収したいと思うのは人情。
ただ、当才だったら一人で10匹買ってもらえるとしたら、
二才だと2・3匹って感じになる。
お安くしますよってお勧めしては見ますが、
皆さん言われるのがそんなに買って帰っても
入れる場所が無い。

そんなわけで直売を二回もやらせてもらい・・・。
色んな方に引き取ってもらいました。
おかげで何とか雪が降る前に片づけることができました。

二才の処分にこんな苦労するとは思ってなかったという話です(笑)。
それでもやっぱり、
去年位当才を立てた翌年は同じことするでしょうけど。
それ程今年の二才は奇麗です。

来年はって話ですが・・・。
今年は去年ほど当才居ないのでその心配はないかな(笑)。

結論。
綺麗な二才を上げたければ
綺麗な当才を沢山立てないといけないって話でした(笑)。





文章とは関係なく、
当才水槽です。
C_0519.jpg C_0536.jpg



C_0539.jpg C_0533.jpg



C_0523.jpg C_0525.jpg C_0527.jpg



C_0548.jpg C_0552.jpg C_0553.jpg
スポンサーサイト



片付け終了

2019/11/25 Mon

今日は雨降り。
時々止み間もありますが・・・。
天気の良かった昨日に比べると寒いこと。
もう11月も終わりに近いので
当然と言えばそれまでですが・・・。

週末はいつ来るか分からない寒気に備えて、
タイヤ交換もしたので、
気分的には楽かな(笑)。





今日は最期の野池片付けの様子。
この土日は晴れて天気良かったので、
気持ちよく作業ができた。
ただ、寒さに備えた格好で作業しているのですが、
動くと暑く汗が出る。
かといってチョットじっとしていると寒いし(笑)。
この時期は何着るか悩みます。

そんな作業の様子。
最初は車庫からイケスまで引いている
電気のケーブルの撤去。
100メートル二本なので結構大変(笑)。
その写真は無いけど。
で、それが終わったらイケスを冬用に。
今まではこんな感じ。
P_7076.jpg

これはイケス掃除した直後の写真ですが、
現在は簾の上に落ち葉や木の実で
大変なことになってますけどね。



簾外して中の網取ったら上に丸太を載せる。
P_8555_20191125133937683.jpg P_8557_201911251339397ee.jpg

片側は空けてあります。
このまま来年まで。
前はここで越冬しましたが、
今は入れません。



葦簀。
P_8516.jpg

上に載っていた葉っぱ落として乾かしたらしまう。



吊り網。
P_7525_20191125133933cbf.jpg

金魚取りやすいように張って有った網も撤去。



洗って干します。
P_8520.jpg
乾いたら畳んでしまうのみ。



ホース片づけ。
P_8538.jpg P_8543_20191125134111597.jpg

そこら辺に伸ばしてあったホースも野池に移動。
片側を縛って池に伸ばしておく。
こうすると大雪降ってもホーズが潰れません。

右は日陰側から。
同じ池撮ってますが場所によって雰囲気違うかと。



横井戸の水。
P_8541.jpg

これくらい水出ていればこの池で
越冬させられるような気もしますが・・・。
春先に水温上がった時が問題かな。

他の場所でもホース片づけしましたが、
その写真は無いので・・・。
後、畑に置いた水タンクなんかも仕舞いまして。
これで多分後片付けも終了。
また、来年まで。



クレソン。
P_8534_20191125134106b43.jpg

上の池の回りに植えたやつが丁度良い感じです。
昨日しゃぶしゃぶで食べましたが、美味しです(笑)。


ススキ。
P_8523_2019112513410591f.jpg



タンポポ。
C_0512.jpg 



黄色い花とモンキチョウ。
P_8548.jpg



落ち葉に覆われた農道。
P_8562.jpg P_8564.jpg

ここまで葉っぱあると空荷軽トラだと
四駆にしないと昇れません。



沢ガニ。
P_8568.jpg P_8571.jpg

今日は以上で。

濾過菌の夏越し

2019/11/22 Fri

今日は曇り。
予報通り終日、
ただ、夜には雨になるとか。

今朝はとても冷え込んだ。
昨夜が晴れたせいで放射冷却。
そういえば、朝は三日月が出ていた。

今日は金曜。
市日です。
最期の出荷をしてきたのです。
なので朝から外作業。
冷え込みが辛かったわけです(笑)。





いつもの山。
C_0509.jpg C_0507.jpg

ブナの葉が段々少なくなってくる。





今日は濾過菌の話。
しかもそれに夏を越してもらう方法る。
当然ながら見えないので写真などない(笑)。
夏場の写真は撮っていないので無いし。

自分のように夏場は全く金魚を手元というか、
水槽に残さないという方が居るのかどうかも分かりませんが、
夏場は池だったりプールだったりで飼育。
その間、水槽はお休み。
秋になったらまた水槽立ち上げるそんな方向けの話です。


自分は以前は秋に水槽立ち上げると
中々水質が安定しないで困ってました。
まぁ、水槽に魚入れすぎだという話は無しで。
白濁りが取れなかったり濾過が安定しなかったり。
で、何とか濾過菌に夏を越してもらうにはどうすればよいか、
色々試行錯誤しまして・・・。
自分なりに方法見つけたので
そのやり方を書いてみることにします。
といっても、とっても簡単です(笑)。
まぁ、逆転の発想というか、そんな感じ。

一番簡単な方法。
水槽から金魚を全部捕ったら飼育水を残します。
そこにそれまで使っていた濾材を漬けるだけ。
どんな形で濾材を濾過槽に入れているかで、
違いはあるとは思いますが・・・。
自分は濾材を洗いやすいように粗い目の
洗濯ネットに入れて濾過槽に入れてあります。
それを使い終わったら洗わずに水槽に入れる。
で、ウールなどは飼育水で簡単に洗ったら軽く水を切り、
袋に入れて密封せずに保管する。
空いている水槽あればそこに入れておくのが簡単。
濾材が濡れていて水が染みても水槽なら大丈夫。

この時水槽に残す水の量は濾材が十分に浸るほど。
浸って数センチ上に水がある感じに。
で、こちらも蓋をしますが密封しない。
肝心なのはどちらも夏場に水が無くなって乾いてしまわないこと。

ただ、水槽に水入れて完全に密封しないと必ずボウフラが湧きます。
その時はデミリンでボウフラ退治しないと大変です。
殺虫剤は使わないこと。
これが玄関の当才水槽のやり方。

車庫水槽は
濾材もみんな金魚の輸送用の袋に詰める。
こちらも洗わず水もほとんど切らず濡れた物を袋に。
口は二つに折るだけ。
それを空にした水槽に並べておきます。
ウールは玄関水槽同様軽く洗って軽く水切ったら
袋に詰めて同じく水槽に並べておきます。
こちらはさすがに水が溜まっていないので、
ボウフラの心配はありません。

春、金魚を野池に放したらこの作業して秋まで放置。
秋水槽立ち上げるとき濾材の入っている袋空けて
墨汁の香りがしたら成功です。

これで水槽立ち上げて水一週間も回せば完了。
金魚入れて白濁りするようならなんだかの添加剤入れても良いし。

このやり方で既に数シーズン。
上手く行ってると自分では思ってます。
ただ、自分の場合なので同じようにしたけど
上手く行かなかったとしても責任は持てませんが。
簡単に書いたので興味あって詳しく知りたい方がもしいたら、
コメントくださいカギコメでも良いし。





暫く前の写真。
収穫物、まずは長いも。
P_8185.jpg P_8179_20191122130929a73.jpg



里芋。
P_8181_20191122130930193.jpg P_8184.jpg



こんにゃく芋。
P_8194.jpg P_8191.jpg



落花生。
P_8193.jpg



豆。
P_8413.jpg P_8414.jpg

P_8506.jpg P_8508.jpg

上段は稲架かけの豆。
下段は取って来たものを干している。

天気が続かないので豆落としが出来ないと
親が嘆いております。



小豆。
P_8189.jpg P_8503.jpg

今年は小豆の出来がとっても遅かった。
夏が暑かったせいなのか・・・。
まだ小豆干してます。

池片付けは続く

2019/11/19 Tue

今日は雨降り。
ただ、時々止み間はあるけど・・・。

昨日、日中は良く晴れて作業日和でしたが、
予報通り夕方からは雨。
しかも夜間は結構な降りだった。
雨が降れば風も出ますので木の葉が落ちる。
今朝の我が家の前の道路は落ち葉がびっしりでした。





今朝。
C_0504.jpg C_0502.jpg

山は雨に煙って見えません。
ブナの葉は一日で大分落ちてしまったようです。
一日というよりも昨夜の雨でしょうけど。





昨日は週末の直売の様子でしたが、
まだ池片付けが終わったわけではありません(笑)。
今日は以前同様の池片付けの話。
今回はこの二枚。
P_8434.jpg P_8429.jpg 

P_8428_20191119131925e04.jpg

上は我が家の通常使用。
池の回りはアニマルネット、上は糸とキュウリネット。
下の一枚だけは特別仕様。
アニマルネットと糸は同じですが防鳥網で覆ってある。
防鳥網で覆うなら最初から糸張りませんが・・・。
今年はカワセミに集られたので、防鳥網仕様です。





前回書かなかった事を。
ネットを止めているUピン。
P_8436_201911191316362c3.jpg

野池片付けの最初はこれを抜きます。
これが地味に大変(笑)。
刺す時は足で踏んづけたりトンカチでたたいて埋めますが、
それをプライヤーかペンチ持って引っ張って抜きます。

一夏のうちに草が生えたり、泥被ったりして
何処にあるのか見えなくなる(笑)。
それ探しながら。
で、作業中はずっと中腰これが辛い(笑)。

池によって下が止まっていれば良い程度のところも有れば、
30センチ間隔で打って
絶対獣が入れないようにしなければならない場所も有ったり。





次はこれ。
P_8440.jpg P_8442.jpg

鉄筋棒にアニマルネット留めていたり、
キュウリネットとアニマルネットを留めている
ビニタイ外し。
Uピン抜きよりは立ってできる分姿勢は楽。
ただ、カラスが集る様な池はびっしり留めてある。
それを根気よく外していくのは結構時間が掛かったりします。

Uピンは翌年も使いまわしますが、
ビニタイは一回使ってさようなら。
キチンと伸ばして保管すれば多分数シーズンは使える。
のでしょうが、そんな根気が無いです(笑)。

で、ここまで終わったら前回の作業になる。
まわりのアニマルネット外して、
上に張ったキュウリネット外して次は糸外して、
最後に鉄筋棒抜いて完了です。




終了。
P_8455.jpg P_8445.jpg

この二枚は小さい池なので、
全部の作業をしても一枚、一時間程度。
ただ、これが木や杉の枝が落ちていたりすると、
それが糸に引っかかって時間がかかったり。
池によってそれぞれです。

後は水を回すために
そこら辺中に這わしてあるホースを回収。
それは次に。





次はアニマルネット巻き。
P_8502.jpg

何時もの様に作業中の写真は無い。
いちいち、鉄筋棒から外したネットを池の土手で巻いていると、
その巻く手間で作業が捗らない。
なので外したネットは丸めて軽トラに積んでくる。
それを暇見て巻いていきます。
これは直売の合間に巻いたネット。
濡れた物を巻いたので干しているところ。
乾いたら後は来年まで。

ただ、ネットも池によっては草がネットの間から生えていたり、
土手の苔と同化していたりで
それ落としながら巻くのは結構難儀。
何より中腰で撒くのが辛い(笑)。



取りあえず全部の池の鉄筋棒外しまでは終わった。
ここまで終わると作業的にも一段落って感じです。

残りは今週末かな(笑)。





池の回りに咲いてた花。
P_8448.jpg P_8450.jpg





ヒコバエ。
P_8427.jpg

今日は以上で。

お礼とお知らせ

2019/11/18 Mon

今日は晴れ。
朝から気持ちよく晴れていますが、
予報だとこの後雨。
出来れば降らずにいてもらいたいところですが・・・。




今日は昨日のお礼。
直売にお越しいただいた皆さん、

大変ありがとうございました。

二回目だというのに二回とも来て、
しかもお買い上げも下さり、
大変感謝でございます。
それから送りの依頼をいただいた方にも、
合わせてお礼を、
ありがとうございました。

今回は自分ひとりでしたが、
わざわざ県外から来ていただいた方も多数いて、
しかも前回も来たというのにまた。
本当にうれしい限りでございます。

その割に皆さんとあまり話せなかったのが残念。
魚選ぶのに真剣で凄い。
さすが我が家までわざわざ来るほどの
金魚好きなのだなと感心してしまいました。

そんな二回目の直売の様子です。





その前に何時もの山とブナの林。
P_8471.jpg P_8479.jpg

P_8477.jpg

上段右は山の展望台。
夏場は木の葉で見えませんが、
落葉すると見える。

ブナの葉の新芽は緑で綺麗だと思いますが、
紅葉はなんか焼けたようでいまいちかと。





で、昨日の様子。
前回は10時から始めると書いたので、
皆さん集まっても10時までお待ちいただきましたが、
今回はお待ちいただくのもなんなので、
準備出来次第開始とさせてもらった。

一番最初に来た方は8時台。
これは予想外でした(笑)。
とわいえ準備出来ていたので、開始。
開始前はこんな感じ。
P_8457_20191118125035290.jpg

今回は二度目なので数も少なめ。
というか、それでも人来てもらえるか心配で、
残るだろうと思いながら・・・(笑)。





必需品。
P_8469.jpg

販売用の色々。





用意した魚。
三才。
P_8461.jpg





二才。
P_8463_20191118125039460.jpg P_8466_20191118125041a5f.jpg





当才。
P_8458_201911181250375f1.jpg

さすがに全部は売れませんでしたが、
自分の予想以上にお客さん来ていただけて嬉しいこと。
その中で前回よりも二才綺麗じゃないですかという方もいて。
皆さんよく見てますねぇ。

直売おいで頂き、ありがとうございました。





もう一つ、お知らせ。
土曜日に横浜の金魚専門店カハラさんに、金魚送りました。
早速インスタに写真ポストしてもらったようです。
カハラさんからのリクエストで、
今回の二・三才はさば尾の短尾を送って有ります。
当才は色々取り混ぜてということで、その通りに。
緋の濃いところを送って有りますので、
新潟はいけないけど、横浜ならという方は、
是非カハラさんのところで
我が家産のさば尾を見てやってください。





最後になりますが、
来年もいっぱい作ったら直売やりたいと思ってます。
その時はまた、遠いですがお越しください。

今回は本当にありがとうございました。

販売予定魚と食事風景

2019/11/12 Tue

今日は曇り。
朝まで雨降ってましたが・・・。
8時頃に上がった。
そっからはどんより曇り空。
風も有るみたい。
秋が深まってきます。





昨日の月。
P_8409.jpg

昨夜は雨降りでしたが、止み間に。
月がハッキリしないのは雲をかぶっているから。
いつも書きますが、
コンデジでこれだけ写るってすごいと思う。





きのう17日にもう一度直売すると書いた。
今日はそのの販売予定魚。
二・三才。
C_0485.jpg C_0497.jpg

まだ軽く百はいる。
全部なんて売れないと思います(笑)。
ただ、二才はお値打ち価格で販売します。





当才。
C_0492_20191112131437c70.jpg C_0495.jpg

こちらも可愛いところが残ってます。
こちらは数少ないので売り切りたいところですけど。
こちらもお安く出しますよ。

以前、買った方に怒られそうですが、
バーゲンということでお許しを。
来年以降はこんなことならないように飼おうと思います(笑)。

当日の住所と連絡先。
長岡市山古志竹沢乙364
青木 090-1403-2378





食事風景。
親水槽。
C_0375.jpg C_0376.jpg C_0383.jpg





三才。
C_0384.jpg C_0390.jpg C_0393.jpg





二才、その一。
C_0394.jpg

最初に餌やって親と三才の写真撮っているうちに
二才は食い終わっているし(笑)。

C_0440.jpg C_0445.jpg C_0448.jpg

二才その二。
C_0459.jpg C_0460.jpg C_0466.jpg

二才は数作った中から選別しているので、
かなり見ごたえのある水槽になっていると思います。

野池の片付け

2019/11/11 Mon

今日は晴れ。
ですが、予報だと夕方から雨だとか・・・。
本当に降るのでしょうか。





先ずはいつもの山とブナの林。
C_0352.jpg C_0355.jpg

大分色づいてきました。





今日は後片付けの様子。
品評会も、直売会も終わり次は片付けです。
例年だと池の水抜きながら片付けも同時進行するのですが、
今年はタイミングよく金魚取りのみを先行できました。
中にはネットだけ外してあったりする池と
全く何にも手つかずの池とあります。
それを片づけねばなりません。
そのままにして来年再利用すればって思うかもしれませんが、
豪雪地帯の当地でそれは無理。
鉄筋棒ですら雪の重みで曲がってしまいますから。

片付けの写真に行く前に。
朝靄スポット。
C_0344.jpg C_0350.jpg

これは靄じゃなくて霧。
8時半頃、野池に行く前が左。
片付け終わった後が右。
天気がよければ紅葉が綺麗なのですが・・・。
ただ、当地は赤く色づく木が無いのですよ。
なので黄色の紅葉ですけどね。





夏場二才が入っていたこの池。
借り物ですが自分が使っている野池では、
一番表面積が有ります。
金魚上げの時に周りのアニマルネットだけは外してあります。

ここから片づける。

金魚上げしてからほとんど行ってない(笑)。
夏場は毎日通ったのに。
なのでキュウリネットも外れてますねぇ。
P_8354.jpg P_8357.jpg

アニマルネットが外してあるので、
次はキュウリネットを外していきます。

これは実は簡単。
ただし何かの枝とかが絡んでいなければ。
片側だけ紐を通してあるので、
その紐ごと手繰んでくるだけ。
因みに来年使おうとかは思ってません。
一シーズン使ったら廃棄です。
勿体無いですがこれを来年使えるように、
また、きれいに巻く自信がありません(笑)。





次は糸外し。
P_8359.jpg

分かりやすいように作業中。
左側、糸切ってあるのが分かるかと。
張って有る全部の糸の片側を切ります。
そしたら糸結んである紐を鉄筋棒から外す。
後は紐と糸と一緒にたぐみながら巻いていきます。
当然ながらこちらも一シーズンのみ。





次は鉄筋棒外し。
P_8362.jpg

これが実は結構大変。
特にこの池は毎年苦労する。
鉄筋棒を地面に刺してあるのを抜くだけなのですが、
これが各池ごとに全然違う。
片手ですっと抜けるところも有れば、
棒の上を持って前後左右にグルんグルんと振り回してやっと抜けるところ。
それでも抜けずに両手で引っ張らないといけないところ。
ここは一番大変な池。
しかもデカいので鉄筋棒の数も多いし(笑)。

で、鉄筋棒は長さが約150センチ。
13ミリなので10本もまとまると結構な重さになります。
一輪車に載せて抜きながら運びます。





終了。
P_8366.jpg

糸外して鉄筋棒抜いたら終わりの予定。
だったのですが、池に行ったら水抜いたホースがそのまま(笑)。
写真左上の方に見えます。
当然ながらホースも片づけねば。





次はホース巻き。
P_8377.jpg

作業中の写真は無いけど、三本巻いた。

これでこの池は終了。
同じような作業を家の脇の池でも。
取りあえず半分終わり。
あと半分は来週かな。





最期は告知。

11月17日にもう一度直売します。

前回、もう一度やろうかと書きましたが、やります。
場所は前回同様我が家。
ただ、今回はお仲間居なくて単独です。

で、今年は二才がまだたくさんいます。
なのでラストセールです。
超お値打ち価格で販売します。
魚は当才少しと二才沢山、三才もッて感じ。
どうせ前回の売れ残りでしょって思われるかもしれませんが、
二・三才は全部別の魚です。
当才は同じの混じっているかもしれません。

時間は17日の午前10時から、お昼12時までの二時間。
売れて魚居なくなったら終了。
まぁ、そんなことはありませんが(笑)。

そういえばどんな魚か見たいと言われてた。
次の時に紹介します。
イケスの写真ですけどね。




おまけ。
P_8371.jpg P_8374.jpg

なめことシイタケ。
もう終わりかと思っていた原木なめこ。
一本だけ出てました。
これだけ無有れば家族の味噌汁には十分。

何故か我が家のシイタケは秋に出ない。
春秋の駒を打ったはずなのに。

池上げラストと発送の詳細

2019/11/08 Fri

今日は曇り。
昨夜は雨降り。
朝起きた時もまだ雨降っていた。

で、今日は金曜日。
何時もの出荷作業。
カッパ着てやりましたよ。
蒸れて汗だくになりましたが・・・。





昨日の朝。
C_0343_20191108133549dc2.jpg

今日のための準備で早起き。
まぁ、起きる時間は何時も同じですが。
活動開始時間が違う。
まだ夜明け前、靄が盛大に峰を越してきてます。
作業が有るので写真撮りにはいきません。





直売会をやったのは連休最後の日。
三連休の中日は残っていた最後の一枚の池上げ。
今日はその様子。
早起きしてパイプを伏せて水抜き。
P_8311_20191108130818290.jpg P_8314_20191108130820e70.jpg P_8316_20191108130821f1a.jpg

小さな池なのであっという間。
起きてパイプふせたら、後は朝飯。
食後に行くと丁度良い具合に水が抜けてる。

パイプを短いものに交換してさらに水抜き。
抜きながら金魚取り。
何時もの様に作業中の写真は無い。

金魚取り終了。
P_8320_20191108130824755.jpg

ただの泥池です(笑)。





地引網。
P_8318_20191108130823c87.jpg

夏からずっと使い続けた網。
洗ったら干して後は仕舞うのみ。
来年までお休みです。





二・三才。
P_8322_20191108130826a70.jpg P_8324.jpg

水見の時から思ってましたが、
上がりの確率がすこぶる良くない。
春放した数の数分の一が上がりませんでした。
やっぱり浅い池は難しい。

この後選別して立ては水槽に。
ハネは直売で。





やたらの当才。
P_8326_20191108130829ea0.jpg

池上げの時見ながら拾うのですが、
物凄く良いや札はいませんでした・・・。
それでも選別です。





選別前。
P_8332.jpg

夏に一度も選別しないと、こんな感じ。
素白だらけです。





柄付と素赤。
P_8331_201911081308330ec.jpg P_8330.jpg

この他に素白に分けますが、
白の写真撮らなかったようでありません(笑)。





立て。
P_8327.jpg

この池のやたらは物凄く率悪かった。
しかも極上はいないし。
そんなのが一匹いれば選別も楽しいのですが(笑)。

10月の前半から始めた池上げもこれでラスト。
後は越冬体制です。
すし詰め状態の水槽を春までうまく維持するのみ。
それが大変なのですが。
実際、夏場の池に入れてる時より大変。

秋の池上げの様子はこれにて終了です。




次は発送の詳細。
前回、来れない方には発送も承りますと書きました。
その詳細についてです。
魚、個別の料金には触れませんので
それは直接問い合わせください。

先ず発送させていただく場合の最低料金です。
3000円以上でお願いします。
当才だと500円位から用意できますが、
さすがに500円を一匹送るのは辛いです(笑)。
なので注文の合計が最低3000円以上とさせてください。
5000円以上注文いただければ荷造り代(箱・袋代)はサービスします。
5000円未満の場合は荷造り代として500円かかります。

後は何才のいくら位の物を何匹欲しいと伝えてください。
それをお聞きして良いやつを送らせていただきます。
一度注文の頂いた方はご存知かと思いますが、
おまけも入れて発送いたします。

ただ、基本は土曜日か日曜日の発送になりますので、
その翌日に受け取ってもらうのが基本です。
遠方で中一日という場合は
大サイズで水たっぷり入れて送ります。

販売用の魚は当才から三才まで。
それ以上は水槽の魚になります。
販売用じゃなくて、
水槽にいる良いやつ欲しいという注文でも大丈夫です。
ただ、良いやつは一度現物を確かめてからをお勧めします。

ブログの鍵付きコメントでも
インスタのダイレクトメールでも、
ラインの電話番号からの問い合わせでも良いです。
何なら直に電話してもらっても大丈夫です。
出れない時は後でかけ直します。

料金だけの問い合わせでも、お気軽に下さい。
電話 090-1403-2378
青木





最期は水槽。
C_0297.jpg C_0315_20191108131500d8b.jpg

C_0298.jpg C_0318.jpg

C_0324.jpg C_0327_20191108131504a73.jpg

水槽見たいという問い合わせでも大丈夫です。
品評会も直売も終わったので週末は金魚屋やってます。
といっても野池の後加田付がまだ全然終わってませんが・・・。

最後に、まだ販売用の魚がいっぱいいるので、
捌けなかったら11月17日にもう一度直売しようかと・・・。
そのお知らせはまた。

直売会終了と発送の話。

2019/11/05 Tue

今日は晴れ。
朝ちょっとポツポツした時も有りましたが、
晴れで良いかと。




本題に行く前に。
いつもの山とブナの林。
C_0289_20191105151223b94.jpg C_0290.jpg

この写真撮るようになったら秋です。
ブナの葉が少しづつ色づいてきました。
今年は10月が比較的暖かだったので、
紅葉が遅いような・・・。





昨日は告知していた直売会。
山の中にも関わらず沢山の方においでいただき、

本当にありがとうございました。

狭い場所で申し訳ありませんでしたが、
あそこしかないので、ご勘弁ください。

今日はそんな昨日の様子。
取りあえず何時もの様に外が明るくなったら活動開始。
先ずはタライに水溜め。
本当は前日にもっと用意をしておきたかったのですが、
色々アクシデントが有って何もできず(笑)。

水が溜まったら腹ごしらえ。
朝飯食ったら販売魚をイケスから選びます。
当才は事前に準備していたので運ぶだけ。

二・三才はまだいっぱいいるのでそれがメイン。
販売魚を選んだら運んで盥に入れる。

取りあえず自分の販売の用意だけは終了。

こんな感じ。
P_8334.jpg

蓋してあるのは人がいないとカラスが来るから。

バタバタしてたら玉太さん、義玉さんがお見え。
自分の支度もしてないので大急ぎで。

そうこうするうちに早いお客様はお見えになる。
取りあえず10時までは品定めして時間潰してもらう。





自分が用意した販売魚。
親。
P_8339_2019110515122939d.jpg




三才。
P_8338.jpg 





二才。
P_8341.jpg P_8344.jpg

左がさばで右が玉。





当才。
P_8347.jpg P_8350.jpg

左がSで右がAって感じ。





で、この後の写真が無い(笑)。
さっき書いた自分の支度の時にカバンを変えた。
自分以外の方の販売魚や、
お見えになった方が選んでいるところ、
とかの写真がありません。
ごめんなさい。

太陽が出ると暖かいけど、
曇ると寒いという微妙な天気。
最悪の雨は避けられたけどって感じ、かな。

人が居なくなったら終了しますと書きましたが、
何だかんだで14時過ぎ迄お客様はいらっしゃってくださいました。
本当にありがとうございました。
直売もなんだかんだで3回目。
来年もいっぱい上がったらやりたいと思いますが、
どうなりますか・・・。

で、また告知です。
直売終ったので発送も承ります。
詳しくは後日書きますが、
欲しいけどいけないという方は
気軽に鍵付きでコメントください。
後、インスタのDMでもラインでも構いません。
今年は当才の在庫があまりいないので、
いっぱいいる二才が中心です。
ご連絡お待ちしてます。





直売会お越しいただき、
お買い上げいただき、
本当にありがとうございました。

感謝です。





最期はおまけ。
C_0285_20191105151221b0e.jpg

親水槽。
これ見たいという方からの連絡もお待ちしてます。

販売予定魚

2019/11/01 Fri

今日は晴れのち曇り、のち雨。
終日晴れると言っていた予報はどうしたでしょうか。

最近の早朝は涼しくじゃなくて、寒くなってきた。
朝起きての外作業がだんだんと億劫(笑)。
まぁ、それでもやらなければならない。
ってことで、昨日は市場への出荷準備。
今朝は出荷の荷造り。
朝水触るのがもう少しすると嫌になる時期。
今はまだ冷たくて嫌と、まではならない(笑)。
もう暫らく毎週金曜日は出荷が続きます。




再度、直売会の告知です。

11月4日 午前10時から

場所は我が家の車庫の脇にて。
雨天決行です。
終了予定は14時ころ。
見学者がいるうちは続けますし
居なくなったら、片づけます。

自分の他に 玉太さん・義玉さん・他

と一緒に販売します。
つよ玉さんは自宅で行います。
ただ、つよ玉さん品評会の時に
売る魚がもういないと言ってましたが・・・。
でも、行けばいるはずです(笑)。

品評会やった山古志支所からなら車で2・3分。
山古志中学校か消防署を目ざして来てもらえれば、すぐです。
駐車場はありますかとの問い合わせももらいましたが、
ありません(キッパリ)。
ただ、駐禁切られるような場所じゃないので、
路上駐車でお願いします。
山側に一列に並べてもらえればと思います。

今のところの天気予報は何とアプリによって違う(笑)。
くもり晴も有れば、曇り雨も有る。
万一に備えて雨具ご持参で来てください。

どんな魚って問い合わせもいただきましたが、
以前も書いたように品評会の時よりも上のクラスの魚を用意します。
後、三才を多めにかな。




販売する予定の魚。
これも早朝に撮るわけです。
晴れていれば良いけど、撮影日は曇り。
デジカメの液晶だとそこそこ綺麗に見えたのですが、
実際モニターで見るとダメダメ(笑)。
なんか金魚が全然綺麗に見えない。
いっそ出さないにしようかと思いましたが、
前回販売予定魚を載せると書いた。
参考程度ってことで見てください。

親魚。
C_0212.jpg C_0264.jpg

左右似てますが、違う魚です。





三才。
C_0225.jpg C_0261.jpg





丹頂の玉とさば。
C_0241.jpg C_0247_201911011352377a7.jpg C_0251.jpg

これは二才。





二才。
C_0231.jpg C_0216.jpg C_0195.jpg C_0201.jpg

二才はこれが入るかは不明。
こんな感じって参考程度に。





当才。
C_0272_20191101135243da0.jpg C_0276.jpg

当才は上げないともうこれしかいない。
しかも右は半分くらいに減ったし。

値段を教えてという問い合わせがありましたが、
ここに書くのは如何なものかと思いますので、
気になる方は各種方法で問い合わせください。

で、遠くて行けないという方には毎年の事ですが、
送りもさせていただきます。
その告知はいずれ。

後、以前も書きましたが、
直売会終れば暇になります。
まぁ、野池の片づけは一つも進んでいませんが(笑)。
なので休みの日は金魚屋するつもりです。
上の携帯に連絡いただければ、と思います。
連絡なく直で来ていただいても
いない場合が有ると思いますので、
必ず事前に連絡の上お越しください。
ただ、順次出荷していくので
最終的には車庫水槽の魚しかいなくなります。

色々見たいという方は早めがお勧めです。

それでは4日にお待ちしてます。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR