仔取り開始

2016/05/23 Mon

今日も晴れ。
相変わらず朝から暑いです。
5月だというのにこの陽気ってなんなんのでしょう。
これも地球温暖化の影響でしょうか。
まぁ、さすがに五月だけあってさほどムシムシしないのが、
救いではありますが。





今日は週末に行ったというか準備した子取りの様子。
以前、蚊トンボのヤゴが酷いと書きましたが、
当地では糸トンボのことを蚊トンボというのです。
その糸トンボのヤゴなのですが、
以前撒いた剤は全く効果が無かった。
仕方ないので、そのまま産卵させようかとも思いましたが、
野池確認するたびヤゴの多さに・・・。
ダメ元で錦鯉飼っている親戚に電話してみることに。
何か効果のある薬知らないかとの確認と
もし以前の薬が余っていたら分けてもらえないかというお願い。
調べてから折り返し電話するとのこと。
暫くして電話が来た。
製造中止になった剤のと同じような効果のある薬は
まだ鯉師たちの間でも確認されていないらしい。
ただ、使いかけで良ければ少しあるからくれるという。
早速、もらってきて野池に散布。
当初、土曜日のうちに金魚たち釣り網に入れる予定でしたが、
薬撒いたので、一日延期。

で、これが日曜日の野池。
P-0944.jpg

糸トンボのヤゴが浮いているのが分かるかと。
この剤のすごいところはヤゴには効果あるけど、
魚類にはほとんど効果が無いってところ。
オタマジャクシとかは無傷で泳いでます(笑)。
まぁ、オタマも一緒に退治できれば尚良いのですが、
オタマが死ぬってことは金魚も死ぬってことで。
薬の効果が切れるまでの池に金魚入れられないので・・・。

中には散布した当日でも
金魚入れても問題ないという方もいらっしゃいますが、
さすがに一日起きました。





で、釣り網セット。
P-0848.jpg P-0859.jpg

これは土曜日のうちに準備。
左はなぜか手前の草にピントが合ってますが、
網をセットしたのは分かるかと(笑)。





水蜘蛛。
P-0866.jpg

ちょっと一服。





ついでに日曜の朝。
P-0868.jpg

網を張った水面から湯気が上がっているのが見えるかと。





玉さばチームの親たち。
P-0919.jpg P-0922_2016052313110653c.jpg P-0925_201605231311085c3.jpg





さば尾チームの親。
P-0932.jpg P-0935.jpg P-0938_20160523131142b60.jpg

今シーズンも玉さばを一網とさば尾を一網。
どれくらいの子が取れるでしょうか。





池入れ直後。
P-0958.jpg P-0951.jpg P-0963_201605231311461d9.jpg

水槽から広いところに移されたので気持ちよさげに泳いでます。





今朝。
P-0980_20160523131148e47.jpg

写真的には上と同じですが、
産卵はしたようですが、
まだ追尾行動取っていたので、
今朝は釣り網に入れたまま。
明日の朝、移動させようかと。

どれくらい生んでいるかは明日の確認です。
たくさん産んでいると良いのですけどね。





最後に心が折れた話。
土曜日も何時ものように五時起き。
ただ、休みなのでいつもよりゆっくり目の活動開始。
で、着替えて外に出ようと思ったら
一足先に外に出た母親が玄関に戻ってきて叫ぶ。
「金魚死んでるよ。」
びっくりして車庫に急行。

なんと親水槽の濾過槽の水抜き用のパイプが抜けてる。
当然車庫は水浸し。
水槽の底には親金魚たちが横たわっている。

呆然。

ただ、よく見るとまだ鰓蓋パクパクしているのもいる。
慌てて隣の水槽から水中ポンプで送水。
水道からも水を引いて注水。
ある程度水がたまると中には泳ぎだすものも。
浮いてピクピクしているのもいるし。
完全に動かない奴も当然いるし・・・・・。

今日明日には子取りで
水槽から移動させるという日の朝に・・・。
子取りしないで生きたやつらを野池に放そうかとも思いましたが、
それはかろうじて思いとどまり。

調度、土曜日に糸トンボ用の剤をいただいたので、
生き残った親たちも土曜日は一日水槽で休養してもらって。
上の親たちの写真ってことになるわけです。

上の写真見てさば尾好きにしては親の数少ないなって
思った方が居たらそれは、さすが。
上記のような理由で何時もの年より親の数少ない。

さば尾と玉さばの一番と次期一番候補を一度に落とした。
長年、熱帯魚や錦鯉・金魚と飼育してきましたが、
こんなの初めてです。
久しぶりに完全に凹みました。
ここに書くのも止めようかと思いましたが、
良いことばっかり書いているのも何ですし、
調子乗っていると失敗するって言っていたのに、
自分に帰って来たようです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR