産卵を確認

2016/05/24 Tue

今日は晴れのち曇り。
朝は晴れてましたが、
お昼前頃から曇ってきた。
でも気温は上がって蒸し暑い。
昨日はさほど蒸しませんでしたが、
今日はムシムシしてます。





タイトル行く前に何時もの山とブナの木。
P-1128.jpg P-1126.jpg

どちらも緑が濃くなってきました。
新緑って感じではなくなってきたかな・・・。




ついでに田んぼ。
P-1079_201605241302411db.jpg P-1082.jpg

今年はここにしようかと。
野池の下にある小さい田んぼ。
植えて一週間ってところ。
根も張って少しづつ大きくなってきました。

ただ、ここのところの高温で水かない(笑)。
毎年水には苦しみますが、今年もかな。
右は横井戸から流れてくる水。
この水冷たいし飲んでも美味いのです。
今は何とかこの水だけで持ってますが、
あと数日この天気と気温が続いたら、
上の池から水いれないとダメ。
それまでに雨が欲しいところです。





タイトル行きます。

日曜日に野池に貼った釣り網に金魚放した。
で、昨日の朝には産卵していたの確認していたのですが、
自分が見たときはまだ追尾行動中。
本当は終わるまで待って産卵し終わったら、
親を取り出すのが理想なのですが、
仕事に行かねばならぬのでいつまでも待っていられない(笑)。
ということで昨日は放置。
産卵の終わった親が食卵するから早く取った方が良いと言いますが、
少しくらい食われるのも仕方ないってことで(笑)。
これが二才とかだとそうも言っていられないのですけどね。

で、今朝釣り網から親を取って別な野池に放してきた。
何時もだと子取りした池に親放して、
二番も採るのですが今年はそれはやらないことに。

まずはさば尾チーム。
P-1040.jpg P-1042.jpg

そこそこ卵は確認できる。
受精せずにカビているのも有るけどそれは仕方ない。
右の写真だと卵がはっきりわかるかな。
我が家で飼うくらいの数は確保できると思う。
後は孵化後の様子見ってことで。





玉さばチーム。
P-1057.jpg P-1058.jpg P-1056.jpg
 
さすが親の数倍近く入れただせけあって卵も多い。
その分かびているのも多いけど。

写真は取りやすいように水面近くのものを取っていますが、
実際は内側というか水面より下側の方が卵は多いし、
そちらの方が受精率も良い。

こちらも我が家で飼うくらいの数は取れるはず。
というか、土曜日剤をもらった時に
お礼は金魚の毛子で良いと言われているので、
その分くらいはいて欲しいのですけど。
どうなることか。

実際昨日今日の気温が高すぎる。
晴天続きを狙って水温上がるから野池入れれば、
産卵するだろうと思っていたのはありますが、
ここまで気温が上がると水温も上がるわけで・・・。
あまりよろしくないのですけど。

まぁ、野池に放す前日の殺しかけたことを思えば上出来かと(笑)。





今日のブログはあんまり色味も動きもない。
あまりに味気ないので今シーズンの野池の陣容と合わせて、
給仕風景など。

まずは二・三才、その一。
P-1035.jpg

野池の大きさ的には一番大きい。
なのですが、去年の上がりがあまりに悪かったので、
今年デカいの入れるのやめた。





二才。
P-1050.jpg

ここは単独二才のみ。
結構な数入れたのですが、
どれくらいになってくれるか。





親。
P-1073.jpg

三歳以上のいろんな奴らが入っている。
産卵終えて取ってきた奴らも放してあるのですが、
そいつらもすでに餌食いに来てます。





二・三才、その二。
P-1086.jpg

ここは上で紹介した田んぼの一段上の野池。
上とは別な大きめの田んぼの水をここで賄っている。
水無くなったら最悪別な所に移動も有り得るかも(笑)。

他に当才池やら色々やらかしたのですが、
それはまた別の機会に(笑)。
スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

サバ尾好きさんこんばんは😄

産卵おめでとうございます。
親魚は残念でしたね。
私の池はヤゴやオタマがいないので悩まないのですが、その対策の薬の効きめが曖昧だと言うことで心配しておりましたが、何とか大丈夫で良かったですね。今年は天気も味方に付いてくれるといいのですが?お互いに野池飼育にて自然が相手ですので問題が沢山あり大変ですが楽しみながらやりましょう。
前にお話ししておりましたが、時間見つけて青木さんとこでBBQしましょうね😄


つよ玉

Re: No title

つよ玉さん、こんにちは。
コメントありがとうございます、なのに返信が遅くて申し訳ありません。

ヤゴは撃退しましたが、一枚の野池はオタマの宝庫のようになっていまして(笑)、
網下げて野池に放す前に一度オタマ取りの網引きでもしようかと思ってます。
ヤゴもオタマもできるなら排除せずに行ければ良いのですが、それはやっぱり難しいですねぇ。
野池も田んぼも自然が相手、特に我が家の環境はそれが顕著ですねぇ。
天気も雨も受け入れてなすが儘と行ければカッコ良いのですが、そうはいかず結局足掻いてます。
つよ玉さんが言うように楽しみながらが一番大事かな。

BBQ良いですねぇ、時間作って是非。
さば尾好き

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR