選別 一回目

2016/07/11 Mon

今日は曇り。
予報は晴れると言ってましたが、
この感じは曇り、かな。

今日は週末の様子。
この土日は選別三昧。
と言っても各日野池一枚づつしか
選別してませんけど。
一回目の選別はともかく数が居るので、
時間がかかる。
今回はやたらじゃなくて
網張って仔取りした池なので当然ですが・・・。
やたらだと網引きは大変ですが、
選別自体は数が居ないので、
時間はかからない。
三・四回目位になればあっという間ですけど(笑)。





まずは土曜日。
なのですが、あいにくの終日雨ふり。

ここは玉さばが親の野池。
数がいるのは分かっていたので覚悟で網引き。
網引いて後の選別はパラソルの下なので、
胴付長とカッパ脱ごうかと思ったけど、
肌寒くて脱げない(笑)。
結局ずつと胴付はいてカッパ来て選別してました。
ずっと雨ふりだったので、写真も撮れ無いし(笑)。

ただ、数が多い中なので、
それなりに形付になりそうなものを拾えた。
正直このまま全部大きくなってくれれば
秋の立てには困らないのではって位に良かった。
まぁ、そんな時にかぎって次回選別すると
アレってなるのですけどね(笑)。

土曜日は朝九時から初めて、
夕方6時まで昼飯も食わずにひたすら選別。
正直いくら好きでも疲れた(笑)。





で、今度は写真。
選別行く前に、何時もの朝靄スポット。
P-4925.jpg

早く先行けって感じでしょうが
小休止ってことで(笑)。





で、日曜日の選別。
何時ものように作業中の写真はない。
取りあえず網引いたところから。
P-4936.jpg P-4943.jpg

ここはさば尾が親の池。
前日の池よりサイズ的にはずっとデカい。
黒とむけてるやつの比率的には同じくらいかと。





選別に行く前に。
親。
P-0936_20160711132026f51.jpg

こいつらの親たち。
長いもの好きな人には結構良いかと。





孵化直後。
P-1523.jpg

二か月弱で上のサイズならまぁまぁ、かな。





最近。
P-4754.jpg

黒いのは見えずらいですが、
まだかなりいます。





選別用、セット。
P-4930_2016071113212125c.jpg

地引網から上げてきたものを入れるジャンボタライ。
形付になりそうなものを入れるものと、
赤白を入れるタライが左右。
中央の酒ケースが選別場所。
映っていませんが、座る椅子と、
パイプだけ映っているパラソルも必需品。

今回は赤白はさよなら。
むけてない黒はまた野池に放す。
で、形付になりそうなものは
以前書いた水が漏れる野池に
持って言って放す。

なので、網引いた池の数は大分減るはずなのですが、
そう上手い事にはいかず、
網の引き残りが居るので選別した後見るとがっかりします(笑)。





網にかけてみた。
P-4944.jpg

アオミドロが写っていますが、気にしない(笑)。
この中から、形付になりそうなものと、赤白を拾う。
ひたすら網引いた分が無くなるまで、
同じことの繰り返し(笑)。





形付候補。
P-4947.jpg

こんな感じのを拾うわけですが、
みんなこんなに出来上がっているわけじゃない。

なので、形付くだろうと思って拾った中からも
結構な数の赤白が出ますけどね。
まぁ、一・二回目の選別は何時ものこと。
赤白がいなくなるのが大事。

ついでに網にかかるオタマジャクシが取れることも大きい。
当然オタマは破棄。
餌と酸素の消費が全然違う。





最後は形付候補。
P-4949.jpg P-4955.jpg P-4961_20160711132416cb6.jpg

P-4974.jpg P-4967.jpg P-4970.jpg

さば尾が親ですが、
結構丸いのもいる。
前日の玉さばの選別時は三尾が結構いましたけど、
この日は皆無。

所で、毎年一回目の選別のころに書こうと思っていて、
忘れているのですが、
今日は忘れなかったので書く。

上の親の写真見ても分かりますが、
赤目が結構いる。
赤目と言ってもアルビノのことじゃなくて、
目の周りが赤いやつのことですけど。
最初が黒子なので当然と言えば当然ですが、
この時期赤目はまだいない。
それが何度か選別していくうちに
いつの間にか赤目になってくる。

それっていつ頃の選別からかなって
思い出そうとしてみましたが、
全然記憶にない(笑)。
毎年最初はみんな黒目なんだよなって思いながら
選別しているくせに・・・。
いつから変わっているかは意外と気にしていないようで。

一度選別が始まるとお盆過ぎまで、
また毎週のように選別を繰り返す。
今年は良いのが出ると良いのですけど、
どうなることか。

その前に池の水漏れ止まってくれないと
夏場が大変なことになるのですけどね。
スポンサーサイト

コメント

Secret

さば尾好きさん お久しぶりです!お邪魔します\(^o^)/
土日とも選別されたのですね〜しかも朝から夕方まで!お疲れ様です!
この時期の選別風景や環境、そしてさば尾が拝見出来るのは田舎日和だけだと思います!じっくり拝見しました\(^o^)/
形付の子も良い感じですね〜!これから選別を繰り返す度に素晴らしい成長を見せてくれそうですね!これだけの規模で選別するのは大変だと思いますが、次回の選別記事も楽しみにしてます\(^o^)/
そう言えば玉さばやさば尾には赤目の個体が多い気がします。
個人的には赤目も越後の地金魚さば尾の魅力の一つと思ってます!

Re: タイトルなし

ピットブルさん、こんにちは。
ご無沙汰してます。コメントありがとうございます。

この時期の選別は自分的にも毎年の定例事業って感じです(笑)。
田植えして金魚放して、子取りして草刈りして毎朝餌くれして
という一連の流れの中の選別って感じでしょうか。

例年だと子取りした野池にそのまま親放して、
二番も採るので周りにネット張って有って網引き大変なのですが、
今年は二番を採らなかったので、
糸は張って有りますが周りのネットが無い。
これだけでも随分網引きが楽だったりします。

一・二番選別は形の良し悪しを見るというよりも赤白を拾って
数を減らしてあげるというもがメインのようなものなので、
その意味で今年は赤白の他に形付候補を別の野池に移しましたし、
野池の数はずいぶん減らしたので、違うと思います。
と言っても、まだ随分いますけどね(笑)。
次の連休にはもう一度赤白拾いする予定なので、
雨が降らず写真撮れればまた載せるつもりです。

赤目は嫌いという方もいますが、
個人的には全然気にしません。
なので親にもバンバン使うので、
子も赤目が多いのかもしれないです。

近くなら選別見に来ていただきたいところですが、
ちょっと遠すぎますねぇ。
出来上がった金魚も当然面白いですが、
それに至る過程という意味で、
三・四回目当たりの選別も結構面白いと思います。
一・二番はひたすら赤白拾いなので地味ですけど(笑)。
さば尾好き
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR