今年の当才は結構いい感じです。

2016/08/15 Mon

今日は曇り。
予報だと雨のはずですが、
今のところ降っていない。
この後降るのでしょうか・・・。

ただ、今朝は久しぶりの夕立。
ほんの一時でしたが、結構良い雨が降った。
おかげで濡れましたけどね(笑)。

ちょっと更新間隔が開いてしまいましたが、
相変わらず選別と草刈りと除草剤散布に追われてます。
草刈りはこれで大体の場所が三回目終了。
細かいところではまだありますが、
多分これで稲刈りまで草刈りせずに済むかと。
除草剤はまだ散布しなければいけないとこ、
かなり残ってますけどね。

で、選別は池によって三回目が終わったり、
四回目が終わったりって感じ。
今回の選別で今シーズンは終わりにしようと
思ってましたが餌くれに行くとまだ数が残っている。
まだ池上げまで二ヶ月位あることを思うと、
もう一度選別して数絞らないといけないかもしれません。
ただ、終わりにするつもりで、
糸張り増ししたりネット追加で張ったりしたので、
今度は今までより網引き手間がかかるので、
内心申したくないのですけど・・・(笑)。





今日も選別選別の様子。
最近同じような内容ばかりですが、
サイズ的にはかなりアップしてきている。
そこら辺も確認しながら見ていただければと。

まずは玉さば親池。
P-6170.jpg

何時ものように網引いたところ。
大分、黒がいなくなっているのが分かるかと。





網にかけてみたところ。
P-6176.jpg

こうしてみても順調に伸びている。
このまま順調にいけば、
サイズ的にはまぁまぁかと。

選別の作業的には白はかなり少なくなってきている。
遅くなってむけてきた奴らは素赤が多い。
その赤や背一本緋の奴や
秋まで買っても形付になりそうもないやつをハネる。
一・二回目だとかなりかかっていた時間も
あっという間に終わる。
形付になりそうなものだけ拾うだけなので簡単なのと、
サイズが大きいので見やすいということ。
何より数が圧倒的に少なくなってきていることが、
時間がかからない理由。

因みに、
わが屋的にこのお盆時期過ぎてむけて来る奴は
ほぼ素赤、なので黒もほぼハネます。
形が良いものほど早くむけて来るような気がするけど、
気のせいでしょうか(笑)。
ただ、同じ子を色んな池に放すと、
その池によって出来が全然違う。
ここら辺がまだよくわからないところです。

話むが長くなった。





形付候補。
P-6179_20160815140035d46.jpg

良くなりそうなものもいれば、
いまいちの物もいますが、
基本分からないものはハネないです。
秋まで飼ってダメならその時ということで。





立て候補。
P-6189.jpg P-6190.jpg

P-6191_20160815140128766.jpg P-6192.jpg

こちらはそれなりに見れるかと。





こちらはさば尾が親池。
P-6220.jpg

同じように網引いたところ。
池はこちらの方が小さい。
数も結構居るので、
混み合っているはずなのですが、
何故か上の奴によりサイズはデカい(笑)。

ただ、前回の選別の時にも書きましたが、
こちらは圧倒的に形の良いものが少ない。
ひたすら我慢の選別。

ただ、たまに良いのが居るのが救いです。
来年は親の構成替えます(笑)。

で、選別して思ったこと。
こちらは玉さば親池よりももっと、
遅くむけて来る奴らは素赤になる確率が高い。

池が小さいということは、
早くから水温が高くなるということで、
そこら辺が原因なのかなと推測しますが、
確かなことは分からない。
ただ、今年の親の構成だといまいちなのは確か(笑)。





一応形付候補。
P-6228.jpg P-6230.jpg

P-6239.jpg P-6242.jpg P-6245.jpg

まぁ、それなりに見れるかと。
やっぱりさば尾が親だけあって長めのが多い。





最後はやたらの子。
二・三才池にいるやたら、
当才用の餌やっているわけでも無いので、
なぜかデカい(笑)。
そいつらが二才の浮餌を
くわえる様になってきたので、
網引きし田のですが、
当才池と違って池が深い。
結果あんまのかかりませんでしたが、
形付になりそうなものを撮ってみた。

サイズ的にはこんな感じ。
P-6295.jpg P-6296.jpg P-6300.jpg

サイズは立派ですが、形的にはダメダメ(笑)。
こんな感じで玉だけ良くても自分的には面白くない。





形付。
P-6267_20160815140240e56.jpg

P-6269.jpg P-6271.jpg P-6273.jpg

P-6278.jpg P-6281.jpg

P-6289.jpg P-6293.jpg

P-6301.jpg P-6304_20160815140440bb2.jpg P-6306.jpg

最後のは鹿の子。
秋にこのまま全身鹿の子で上がって来たらきれいでしょうが、
多分素赤になってしまうかと。





最後はおまけ。
P-6236.jpg

錦鯉の昭和系の緋写りのような感じでしょうか。
極稀にむける途中でこんな感じで、
くっきり模様の子がかかる事が有りますが、
秋には上がってこないところを見ると
素赤になっているものと思われます(笑)。

このままだと面白いのですけどね。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR