あーあ・・・

2016/09/06 Tue

今日は曇り。
時折風が強く吹いてきますが、
雨は落ちてこない。
何とか降らずに持っている感じ・・・。
実の入ってきた稲には雨風は辛い。
どちらか片方でも辛いのに両方だと・・・。
何とか雨降らないで欲しいところです。
まぁ、昨日の夕方は雨降ったし、
明日も終日雨予報ですけどね・・・(笑)。





タイトル行く前に、
何時もの朝靄スポット。
C-4135.jpg C-4131.jpg

C-4137.jpg C-4143.jpg

今朝は朝日と相まって綺麗でしたが、
いかんせん伝える腕が無い(笑)。





ついでの東の空。
C-4150.jpg

上とは別な場所ですが。
空の青が良い感じかと・・・。





で、タイトルです。
まずはさば尾が親の当才池。
P-7270.jpg P-7273.jpg

何処から湧いてきたのって位素赤が居ます(笑)。
4回網引いて赤白拾いから形付にならないものまで、
ハネ続けたというのに・・・。
何でこんなに素赤がぞろぞろいる(笑)。

まぁ、前回網引いた時も素赤多いなとは思って、
選別はしたけど・・・。
かなりの数の素赤ハネたので
後は残したものを秋までにデカくすればと思っていたのに。

選別直後は減ったなって思って見ていたのですが、
なんか徐々に徐々に素赤が増えてくる。
君たち何処に居たのって感じ。
まぁ、何度網引こうが完璧に赤白が居なくなるわけじゃない。
それにしても居過ぎでしょって感じで・・・。
ここまで来たので赤拾いのための選別もしたくないので、
秋上げまでこのまま飼うつもりではいますが・・・。

お盆の選別の時はどうせ残しても、
素赤にしかならないでしょってことで、
黒もみんなハネたのに。

さば尾は網引いても鯉ほどきれいに掛からない。
それにしても、何でってくらい残ってます(笑)。
しかも素赤ばかり。
あまりにも悲惨というか考えられない状況なので、
ネタにしようか迷いましたが、
まぁ、長年やっていればこんなことも有るってことで、
書いてみる事にしました(笑)。

それにしても不思議なのはこれだけいても
酸欠にもならなければ、
サイズもほかの当才池よりもむしろデカくなっている。
だれか持ってきて捨てて行ったとか。
まぁ、そんなことはありませんが(笑)。

この数の素赤上げたらどうしようって感じです(笑)。





ここからは何時ものように。
昼顔。
P-7237.jpg P-7240.jpg P-7243.jpg





ススキと葦の穂。
P-7257.jpg

P-7254.jpg P-7261.jpg 

上がススキで下が葦。
葉っぱの形状は違いますが、
穂はそっくりです。





イネ科の雑草。
P-7247.jpg





ねむの実。
P-7251.jpg





葛の花。
P-7304.jpg P-7306.jpg P-7308.jpg

何度も出しましたが、
葛の花ももう終わりかな。





萩。
P-7309.jpg P-7312.jpg





水連。
P-7326.jpg P-7322.jpg P-7324.jpg

花が傾いているなって思ったら、
土ガエルが花に上ってます。





最後はカグラ南蛮。
C-4164.jpg

朝晩が冷え込んできて、
日中との寒暖差が出てくると辛さが増してくる。
最初はピーマン同様緑ですが、
熟すと赤くなります。
これは多分漬ける用かな。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR