やっと剥けてきた

2017/06/30 Fri

今日は雨のち曇り。
朝は降ってましたが午前中に止んで、
そこからは曇ったまま。
気温も高めで湿度も高く、
じっとししていても汗が出る。

予報だと今日から週末はずっと雨。
除草剤散布したいので、
雨降らないで欲しいのですが・・・。
何時ものことながら、
天気ばかりは仕方ありません。





タイトル行く前に何時もの朝靄スポット。
の、朝焼け。
C_0434.jpg C_0436.jpg 

たまには靄の無い棚田の風景。
因みにこれは昨日。
今朝は相変わらず霧でした。





で、タイトルなのですが、
今年の当才、一向に剥けてこない。
去年のブログを確認すると7月の一週目の週末に
一度目の選別している。
餌撒いて浮いてきた当才の様子を見て、
赤白が見え始めたら選別なのですが・・・。

まぁ、例年だと子取りした当才の前に、
やたらの当才が先に剥けて来る。
子取りに使う予定の親たちよりも、
使わないものは先に野池に放す。
当然やたらするのも、子取りの親たちより早い。
6月の中旬位になると、
親に撒いた餌に当才も反応するようになってくる。
そいつらの中に徐々に剥けて来る奴らが出始める。
そうこうしていると、子取りした当才たちも剥けて来る奴が
チラホラと見えてくるようになる、のですが・・・。

今年は全然剥けたやつらが見えてこない。
やたらしたものも仔取りした分も・・・。
やたらの仔は数の違いはあれど、
大体どの池にもいる。
まぁ、やたらに餌やっている池と
やっていない池の違いはあるけど・・・。
不思議と餌やっていなくても、
それなりに同じような大きさになっているから
餌やっているのってどれだけ効果あるのって
疑問に思いはするのですが・・・。

そんな中、やっと剥けてきた奴見つけました。
写真中央。
P_2530.jpg

粉餌撒いた後なので水面は餌だらけですが、
オレンジ色の奴が見えるかと。
しかもやたらじゃなくて、子取りした野池。





他はこんな感じ。
P_2534.jpg

粉餌食いに浮いてきているのですが、
分かるでしょうか。
水と同じ色してるので、
見分けがつきづらいですが。

まぁ、むけてきた奴が出始めれば、
徐々に剥けて来るとは思いますが・・・。
ただ、来週末に選別はできないだろうとは思いますが。





ここからは何時もの様に写真。
モリアオガエルの卵塊。
P_2501.jpg

集水桝の壁の苔の隙間に産み付けられてた。
しかも二つ。
良い所見つけたと思います。
ここならカラスにもやられないでしょうし。





山アジサイ。
C_0399.jpg

C_0405.jpg C_0415.jpg C_0423.jpg

C_0438.jpg C_0446.jpg C_0451.jpg

同じ種類なのかべつなのか定かではありませんが、
咲いている場所ごとに微妙にみんな色が違う。





タチアオイと、そこにいたコガネムシ。
C_0479.jpg C_0496.jpg C_0482.jpg

C_0489.jpg C_0492.jpg





最後は花。
C_0426.jpg P_2521.jpg

左はつゆ草。
右は不明です。
今日はこんな感じで。
スポンサーサイト

コメント

Secret

さば尾好きさん、お邪魔します\(^o^)/
確かに去年と比べると剥げるの遅いですね。
子取りだけじゃなくてやたらまで!
これは水温の関係ではないでしょうし、
いつもの年と違うのも金魚飼育の醍醐味として楽しみに待ちましょう\(^o^)/きっと素晴らしい姿に成長してくれるはずですよ😁

Re: タイトルなし

ピットブルさん、こんにちは。
剥けるの遅くて困ってます(笑)。早く選別したいのですが・・・。
野池に多めに放してしまったようで、選別して間引かないと、野池が酸欠起こしそうです。
剥けるの遅いのは多分6月の上旬の低気温と最近の日照不足が原因かと思います。
ただ、この土日にも野池確認しましたが、徐々にではありますが、剥けてきているのでどこかで、カッと暑い日が何日か続けば、一気に剥けて来るとは思いますが・・・。
ピットブルさんが言うように金魚飼育の醍醐味と割り切って行きたいと思ってます。
さば尾好き
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR