FC2ブログ

嫌な奴ら

2018/02/15 Thu

今日は雪のち曇り。
昨日は朝から快晴で気持ちの良い天気。
月・火と降り続いた雪が嘘のよう。
とは言え、前日に降った分が有るので、
早朝除雪はしましたが(笑)。

その天気も夕方まで夜には雨。
それが朝方から雪に変わった。
ただ、降り初めが朝方だったので、
除雪はしませんでしたが。
朝方はかなりの勢いで降ってましたが・・・。
午前中にはその勢いも止み、舞う程度。
午後からは曇ってますが、時々小雪がちらつきます。





ここのところ早朝除雪が日課。
夏場と同じように目が覚めます。
違うのは起きた時に寒いこと(笑)。

自分、基本的に起きようと思えば何時でも目が覚めます。
枕元に目覚まし置いてますが時計代わりで、
めったに目覚まし鳴らすことはありません。
今時期、起きても暗いので目覚ましの液晶つけて時間を確認。
除雪のある朝は起きるまでにあと30分とか、
20分寝てられると思って実際眠ることができる。
まぁ、予定を10分位オーバーするのはしょちゅうですが(笑)。

それが今朝の様に除雪が無いと、
何時も通りに目が覚めても、
あと2時間とか1時間寝てられるとなるわけです。
ところがこんな時は眠れない(笑)。
何度か寝がえり打った後、結局起きることになる。
休みの日の朝なんかも同じ。
何時も通り目が覚めてそれきり寝付けない。
なんでなのでしょうか(笑)。

最近は六時限ると薄明るくなるようになってきました。
六時半だともう完全に明るい。
気温は上がりませんが、
確実に日は長くなってきてます。
もう少し暖かくなると春を感じるのでしょうが・・・。





相変わらずのいつもの山。
P_6818.jpg P_6834.jpg

昨日と今朝。





ついでに杉の木。
P_6832.jpg

雪と青空が良い感じだったので。





ブナの林。
P_6823.jpg P_6836.jpg





法面。
P_6827.jpg P_6828.jpg

この月・火の雪で遂に我が家の除雪車の投雪距離を超えた。
暖気して嵩が減ってくれるの期待します(笑)。





嫌な奴を二つ。
最初は苔。
P_6762.jpg P_6759.jpg

P_6754.jpg P_6757.jpg

玄関水槽の当才。
壁面は苔だらけですが、中の水は綺麗ですよ。
濾過槽も洗ってあります。

ただ、一月前の濾過槽掃除のときに、
本当は水槽の苔取りも同時にやるつもりでいたのですが・・・。
あまりの水の冷たさに心が折れました(笑)。
濾過は管理しないと金魚の生死にかかわりますが、
苔が少しくらいあっても見苦しいだけで、
むしろ苔も不要の栄養分吸い取ってくれるし、
苔が有った方がもしかしたら水温下がらないかもしれないし・・・。
↑そんなことはありません(笑)。

と、水の冷たさに心の中で言い訳して、
今に至ります。
が、さすがに玄関に置くものとしてあまりに見苦しくなってきました。
十分自覚してます。

今週末の水替え時にきっと頑張って
水槽の壁面掃除もすることでしょう・・・。





車庫水槽。
P_6790.jpg

日曜日の晴れ間に水替え。
写真はありませんが、濾過槽も洗ってあります。

上の写真とは全く関係ありませんが・・・。
昨夜夜中に停電したらしい。
自分寝た後で全く知りませんが・・・。
嫁さんがオリンピックのテレビ見てたら
一時ころ突然停電したと今朝教えてくれました。
時間はと聞くと5分くらいかなって答えが・・・。

まずいです。
一瞬ならなんともありませんが、5分は長すぎます。
この時期水温低いのでいくら我が家の水槽が混んでいても、
5分で酸欠は有り得ませんが・・・。
まぁ、5分くらいなら口上げしても死に至ることは無いですが。
何がまずいのかというと、
水槽から水があふれます(笑)。
しかもかなり大量に。

車庫の二才と三才水槽は自作の濾過槽。
水のオバーフローを避けるために
注水口を濾過槽の下まで突っ込んであります。
なので入った水は絶対に濾過の間を通ってから
水槽に落ちるように作ってあるのですが。
代わりに水中ポンプが止まると濾過槽の水が
サイホンの原理で水槽に逆流する。

何時もの年は濾過槽の水が逆流しても、
水槽にめいいっぱい溜まって溢れないところまでしか、
水を入れないのですが・・・。
今年は魚の数多いので水多めに入ってる。
電源プラグは濡れないように置いてありますが・・・。

車庫行ってみると床がかなり濡れてます(笑)。
完全に水が溢れ出た後です。
まぁ、金魚は元気だったので大した問題ではないですが。
これ玄関や室内だったら大変です。
まぁ、車庫水槽だからやっている濾過方法ではありますが。

後で足し水しと来ます(笑)。
また、溢れさせるつもりかっていう突っ込みは無しで。




嫌な奴らその二。
こいつら。
P_6793.jpg P_6813.jpg P_6815.jpg

毎年の事ですが、
低水温に耐えられず転覆する個体がいます。
そこで寝ているやつもいますし。

秋ならイケスに持って行っ行きますが、
この時期行き場所が有りません。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR