FC2ブログ

野池の話

2018/07/09 Mon

今日は晴れ。
朝から快晴です。
気温も上がって暑いですけど・・・。





写真も無いですが、週末のネタを一つ。
本命当才池混み合っていて
全然デカくならなくて困っていると何度か書いた。
遂に恐れていた事態が・・・。
酸欠で口上げ。
口上げしていれば当然餌も上げれません。
益々デカくなりません。
酸欠は夜明け前から夜明け後しばらくの間。
風が有ったり雨が降っていれば起きない。
この時期特有のじめっとした風の無い
雨が降りそうで降らないような朝に良く起きる。

で、仕方ないので網引いてかかった分だけ
別の野池に移しました。
その様子はってことでしょうが、
土曜日は終日しとしと降。
写真撮るのは無理です。
水見で分かってましたが全然デカくなってません。
まだ小さすぎて地引網の網に引っかからないサイズの奴もいたし。
それでも向け始めているやつはいましたけど。

これで少しは成長してくれると良いのですが。
二枚あるうちの一枚のみ移動。
もう一枚はいまだそのままです。





ここからは何時ものように。
昨日の朝靄スポット。
C_6884.jpg C_6887.jpg

靄は左手に去った後だったようで・・・。





二才池。
C_6890.jpg C_6894.jpg

こちらは霧の中。





帰り。
C_6898.jpg

靄出てましたが、
待っていられないのでこれだけ撮ったら移動。





こちらは今朝。
C_6988_201807091333264bb.jpg C_6983.jpg

快晴だというのが伝わるかと。





ここからは野池のあれこれ。
何度も書きますが、
野池有って良いですねってよく言われます。
自分の飼育スタイルは野池ありきで確立しているので、
数飼うためには野池無いと無理ですが、
必ずしも良い事ばかりという訳でもないですし。
色々大変なことも有ったりします。
今日はそんな話。

エアーポンプを稼働させ始めた家周りの池。
ポンプは持ってます(笑)。
で、後は有るものを流用して始めた。
ですが、不都合も見えてくるわけです。

それがこれ。
P_8929.jpg

エアーの吹き出し量とチューブの浮力に負けて
ストーンが浅瀬に戻ってきてしまう。
ついでにエアーが十分に出ていない。

タライや吊り網で使っている時は必要十分なのですが、
池にドボンだとストーンの重さが足りない。
ってことで、お買い物。

買ったのはこれ。。
P_8954.jpg P_8958.jpg

左じゃわからんて話ですが、
いぶきのエアーストーン。
長径五センチの番手は60。





交換後。
P_8933.jpg

チューブも伸びいているし、
エアーのでも今までよりずっと勢いよく出ています。

そもそも何でエアーポンプを稼働させなければいけないかって話ですが、
こちらも簡単、酸欠起こすから。
今回は起きる前にポンプ稼働させてますけど・・・。

魚の状態を餌の食いの様子で確認して、
早めに対処です。
まぁ、出来ることと出来ないことはありますが(笑)。





四才池。
P_8867.jpg

良い感じで水は出来て来てます。
が、浮餌上げても浮かなくなった。
餌の時は呼べば水面下には来てますが、
浮いてこない。

鷺やカラスが来ている感じは無いのですが・・・。
終日監視しているわけではないので分かりません。

まぁ、やたらの当才がデカくなってきて、
そいつらも浮餌に反応するようになった。
それを嫌って浮が悪くなることはありますが、
全く浮かなくなるわけではない。





取りあえず更にネット張って様子見、これも週末の仕事。
P_8995.jpg P_8997.jpg

防鳥網がわりにキュウリネットを池の周りに張り巡らせた。
36メートル一人で張っているとキーとなる時が一度や二度はあります(笑)。
50メートルは一人じゃ無理だと諦めました。
逆に18メートルは上手く晴れる様になりましたけど。





平穏無事な三才池。
P_8890.jpg

良い感じで水が出来てます。
この色になれば水は出来ている。

水槽同様、野池も水の出来・不出来があるのですよ。

水面に金魚たち餌食いに集まっているの分かりますか。





浮餌に反応中。
P_8892.jpg P_8893.jpg P_8895.jpg

こんな感じで金魚たちの様子を毎日見るわけです。
調子はいいですが、ここの金魚たちもサイズアップしません。





当才池。
C_6868.jpg C_6870.jpg

左は水面なのですが・・・。
これじゃわかりませんね(笑)。
当才池は粉とさなぎの粉を撒いているので、
二才以上よりも水の色が濃くなります。

こんな感じに出来上がると秋までアオミドロも発生しません。
まぁ、肝心の当才は小さいですけどね(笑)。





最期は二才。
P_8905.jpg P_8906.jpg

上でエアーポンプ紹介した池。
かなり食い気は上がってきてます。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR