二番選別

2011/08/02 Tue

今日も曇り又は晴れ。
晴れだといえば晴れって感じですし、曇りと言えば曇りな感じ(笑)。
要するにすっきりしない天気ということです。
気温もそう高くはならず比較的過しやすい。
8月に入ったのに、こんな天気じゃいけないはずなのに・・・。
人間は楽で良いですが、稲にもさば尾たちにももう少し暑い方が良いかな。
深夜や明け方は涼しすぎるくらい。
台風9号が近づいてきたらまたフェーン現象で暑くなるのでしょうか。



今回の大雨で二才と親たちが入っている野池も超満タンになりました。
というか余水掃けから溢れてましたと言った方が良いのか(笑)。
そのせいで野池の水がかなり澄みました。
雨降り前は青水で浮いて来るまで分からなかったさば尾たちが、
浮いてこなくとも透けて見える。
これくらい見えると餌くれが楽しいです(笑)。
下は今朝の二才達の食事風景。
CIMG1654.jpg CIMG1655.jpg CIMG1656.jpg CIMG1659.jpg

こんなに澄んでいるのも数日だと思う。
気温が上がってくればまた元の青水に逆戻りかな。
水温が下がってくる10月中旬位になればまたこれ位になるかも。





たまには収穫した野菜の写真でも。
CIMG1624.jpg CIMG1626.jpg

CIMG1629.jpg CIMG1653.jpg CIMG1623.jpg

上はトウモロコシ。
下の左はメロン、中央・ナシウリ、右・夕顔。
同じときに植えた野菜なので同じ時期に収穫期が来ます。
大量に採れるので自家消費しきれず直売所に持ち込んだみたい。
メロンは実が入りすぎると写真の中の傷が付いたもののように実割れを起こす。
こんなのは売れないので自家消費だったり配ったり、本当はそれが甘い(笑)。
ナシウリは今は中々作っている方がいなくなったと思う。
名前の通り梨のような歯ごたえと甘みがある。
メロンほどは甘くない東南アジアに旅行に行って食べるメロンみたいな感じかな。
でもそれほど青臭くはない、夕食後のデザートとかに調度いい感じ。
夕顔は天気が良くないのでかんぴょうに出来ない。
クジラ汁が大好きな方におすそ分け。




 
金・土は大雨でしたが、日曜日には雨が上がった。
土曜日は終日田圃と野池の水見に翻弄されましたが、それも無い。
ということでさば尾たちの二番選別をしました。

一番選別は素赤・素白を拾う感じ、それに類するものも当然拾いますし。
二番選別は素赤・素白に背一本緋の物も拾っていく。
徐々に模様の付いたものに絞っていく感じです。
それでもまだ黒のままのものもいますのでそれは戻し。

選別風景は以前載せたので今回は割愛。
秋には立で残せそうな感じのものを拾ってみました。
CIMG1633.jpg CIMG1634.jpg CIMG1638.jpg CIMG1639.jpg
CIMG1643.jpg CIMG1644.jpg CIMG1645.jpg

上は午前中に選別したものから拾ってあります。
まだ際があまかったり、緋もオレンジだったりしますが秋までにはもっと仕上がると思う。
こんなのだけ出てくれれば文句ないですが、百匹に一匹はいないかな(笑)。
もう一度選別すれば良いかなと思っているけど・・・。

午後からも別の池を選別したのですが、途中で夕立が来た。
用意したカメラを取り出すどころじゃなかったので、午後分は無し。

今年の傾向としてはともかく素白が多い。
例年だと素赤7割 素白三割位の割合なのですが、今年は逆転。
ともかく素白が圧倒的に多い。
今年は雄親を変えたせいだと思われます。
自分は素白にも素赤にも用はないので、割合は正直どうでもよい(笑)。
秋に上がってくる模様が良いものがどれだけ採れるか。
その意味では今のところまぁまぁかな(苦笑)。
それから短尾が多いみたい。
それは上の写真からも分かると思う。

今のところそんな感じ。
今週末もまた選別の予定です。





おまけにイナゴの写真。
CIMG1574.jpg CIMG1578.jpg

CIMG1568.jpg CIMG1573.jpg

上はそのイナゴを虫取り網で捕まえたところ。
以前も書きましたが農薬散布しないのでいろんな虫が田圃にはいます。

ある一枚の田圃だけ数年に一度イナゴが大発生します、前回は三年前だったかな。
側にある別な田圃にはいないのに・・・。
駆除も兼ねてというか、遊びで毎朝イナゴを捕る(笑)。
良い年のオヤジが虫取り網持ってイナゴ取りしているわけなんで、
傍から見たら滑稽かもしれませんが、イナゴを大好物の奴らがいるので・・・。
以前紹介した烏骨鶏達の大好物。
人が10分位かけて採ってきたイナゴを1分もかけずに食い尽くす(笑)。
イナゴだけじゃなくて蚊トンボや蜘蛛や青虫など色んなものがいますが、かまわず上げる。
カマキリだけは入ったら救出してます、カマキリ大好きなんで(笑)。
それもあと数日、稲の穂が上がり始めたらおしまいです。



スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

さば尾、なかなかいいのがいるんじゃないですか・・・
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR