今朝の食事風景

2011/08/25 Thu

今は雨降りです。
今朝は晴れてて、久しぶりに気持ちの良い朝。
だったのですが、昼前から雨が降り始めました(涙)。
天気予報、さすがって感じです(笑)。



そんな秋晴れって感じの今朝の写真が下。
CIMG2134.jpg CIMG2136.jpg CIMG2100.jpg

左側二枚が今朝の写真。
右画は先週末の雨降りに撮った写真ですが、今もきっとこんなでしょう。





今日は時間無いので今朝撮ったさば尾の食事風景で行きます。
まずは当才池。
CIMG2130.jpg CIMG2131.jpg CIMG2132.jpg

浮餌のサイズは一ミリです。
ここだけはもう一度選別をしないといけないと思っている(?)。
もう5回ほど選別してますが、何時まで経っても次から次えと湧いて来る。
まぁ字引き網に綺麗に掛かって居無いということなのですが・・・。
まだ素白・素赤・一本緋がかなりいる。
それでもサイズ的にはかなり大きくなっております。
本当は面倒臭いのでもう選別したくないのですが、白や赤に餌やっても仕方ないし(笑)。





次は、二才池。
CIMG2137.jpg CIMG2138.jpg CIMG2140.jpg CIMG2141.jpg

二才と親が入っているのですが、二才がやたらした子達で大変なことになっている(笑)。
ここは以前カエルが卵を産んだと紹介した池ですが、山の天辺にある。
この池の上に林があって後は反対側に降りるだけ。
この下にある田圃の為の溜池なのですが、自分がさば尾を飼っている。

どういうことかと言いますと入ってくる水がない池なのです、雪解け水と雨水のみ。
なので秋にさば尾を取ったら掃除してもう水を溜めるしかない、つまり春に掃除できない。
なのに池の周り中樹木だらけ(笑)、しかも木はブナがメイン。
当然池の中は折れて落ちた枝が至る所にありますが、どこにあるかは分からない(笑)。
なのでこの池は地引網引かないことにしているのですよ。
以前ここで地引網破いたことがあるもので(笑)。

何とか今年もやたらした仔と二才と一緒に飼って秋まで乗り切るつもりでしたが、
先日ついに波状した。
朝行くと一斉に口上げしている、しかも当才だけじゃなくて二才と親も。
その場はエンジンポンプで水を回してしのぎましたが、根本的な解決策じゃない。
ということで嫌々というか、恐る恐る地引網引きました。
幸いに網が破れるようなことはありませんでしたが、
なにせさば尾よりも落ちた枝の方が多く網にかかるくらいなので、
肝心のさば尾たちが一向に網にかからない。
それでも何とか半分くらいを取って別な池に移動した。

そんな経緯があってもこれだけ当才いるのです(笑)。
二度目の波状がないことを切に願っています。
ちなみにこの池の当才たちは緋質がとっても良い。
緋色が真赤です。





次は三才と親が入っている池。
CIMG2151.jpg CIMG2152.jpg CIMG2153.jpg

ここにも当才はいますが、上の池に比べたら大したことない。
既に三回ほど選別もしているので残った当才もそれなりに綺麗です。
三才と親は餌をもらってかなり大きくなっています。
こちらは紹介できないのが残念なくらい、かなり秋は期待大です。
ちなみにこの池の当才が一番デカいし玉が丸いかな。





最後は当才の二番池。
CIMG2154.jpg CIMG2155.jpg CIMG2156.jpg

春は越冬イケスの明け二才・三才を入れていた野池ですが、今はいない。
上で紹介した当才池の選別済みのものと二才池からの選別済のものを入れている。
当初ここに型付の良いものを集めて集中的に大きくするつもりでいましたが、
いかんせん当才池の仔達が多過ぎで収容しきれなかったのでここにも入れた。
そんなわけでこの池の仔達は皆綺麗です。

全てに共通して言えることですが、お盆明けから気温が下がった。
結果緋色がかなり上がってきました。
今までオレンジ色で緋色というには今一だった色が赤くなってきました。
これは当才だけじゃなく二才以上にも言えます。
そんな写真はまたいずれ紹介できると思います・・・。



スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR