FC2ブログ

玉さば

2011/10/11 Tue

今日は曇り。
でも、気温はそんなに低くない。
風も適度にあるし、過しやすい感じです。

でも、昨夜はすごい雷雨。
最初雷が鳴り始めてしばらくしたら屋根を打つ音がうるさい程の雨。
しかもしばらく降り続いたし。
そんな雨から一夜明けたのが下の写真。

CIMG3270.jpg

霧で何にも見えません(笑)。
本当は建物や山が背見えるはず なのですが・・・。


そんな雨を実は待っておりまして(笑)。
以前稲刈りが終わった後、田圃を耕して
その後田圃によっては代かきをすると書きました。
代かきをするには水がいるのです。
本当は野池の水を出して代かきするのですが、
前回池上げをしたときトラクターの調子が悪くて代かき出来なかった。
で雨を待っていたのです(笑)。
CIMG3267.jpg

上は今朝 代かきしている途中の写真。
トラクター運転しながらなので、こんな写真です(笑)。
早起きしてやりましたよ。
その上の霧の写真もトラクターの上から撮ってます。





前回のブログの時に土曜日に既にアクシデント起こしたと書きましたが。
その名残が下の写真です。
CIMG3141.jpg CIMG3142.jpg CIMG3146.jpg

これだけだと何の写真家わかりませんよね。
土曜日にトラクター埋めてしまった後の写真です。
埋めたと言っても穴掘って埋めたという意味じゃないですよ。
車でいうならスタックさせたということでしょうか。
要するに田圃にハマって動けなくなってしまったということです。
左と中央の写真に写っている真ん中の水が溜まった二本の溝が車輪の跡。
右の写真は脱出した後の様子。
どうやって脱出したかとか、書きだすときりが無くなりますので
そんなことがあって大変だったという写真です。

本当は土曜日に耕して、日曜日に代かきして下の写真の様になっているはず・・・。
だったのですが今は取りあえず水だけ溜めてます(笑)。


下は代かき終了後の田圃の写真。
CIMG3150.jpg

下で紹介する野池からホースで水を出して代かきした。
本当は稲わらのカットしたのとか浮かんでいてはいけないのですが、
水入れ過ぎたせいでこんなになってます(笑)。
まぁこの後田植えするわけじゃないので、秋は水が漏れなければよい。
そんな訳で秋はちょっと適当です(笑)。





そんな田圃仕事を土日とこなしまして、月曜日は池上げの二回目です。
この日は「古志の玉は静かに暮らしたい」のつよ玉さんが遊びに来ることになってた。
折角なので我が家のさば尾たちを水見ではなく見てもらおうというわけ。

下は野池の水を抜いている途中。
CIMG3130.jpg CIMG3137.jpg

最初はホースで抜いて最後は写真の塩ビパイプを短いものに変えて水を出します。
右の写真の細いホースはおまけです(笑)。
細いホースは夏に田圃に水を落とすときに使っている。
当才が極小さい時は太いホースだと稚魚を吸いだしてしまうので・・・。


下は池上げの朝に何時もの餌場所に集まってきた奴ら。
CIMG3132.jpg CIMG3134.jpg

毎日餌をくれる場所が決まっているので、
足音がすれば餌がもらえると思って寄って来る。
特に前日から餌やっていないので尚更です(笑)。

で、いつもの事ですが池上げの写真はありません。
次は比較的楽な池上げになる予定なので忘れなかったら撮ります。

この池は基本、三才と親がいたところ。
春にいたずらしますと、書きましたが少しだけ二才も入れてあった。
極丸くなりそうな玉さばと大きくなりそうなさば尾の二才。
いずれも良くなって上がった、緋が剥げたのは二匹だけ。
親と三才はまたいずれ紹介しますが、
二才の写真は撮るつもりにしていたのですが、すっかり忘れて放した(苦笑)。
なので親もの上げたのに当才の写真しかありません。

その当才の写真が下です。
何時もさば尾ですと簡単に紹介している中にも玉さばは混じっていますが、
この池はほぼ玉さばのみ。
三才の親になった奴らが玉の良い個体だけなのでそれを受け継いでいる。
素赤や白に緋が入っただけのものも多数上がったけどいずれも玉は良いです。

何時もさば尾を中心に紹介しているので、
たまには玉さばも結構いるのですよとアピールしておきます(笑)。

玉さば
CIMG3187.jpg CIMG3188.jpg CIMG3189.jpg CIMG3192.jpg

CIMG3196.jpg CIMG3198.jpg CIMG3199.jpg CIMG3200.jpg

CIMG3201.jpg CIMG3202.jpg CIMG3205.jpg CIMG3208.jpg

CIMG3209.jpg CIMG3210.jpg CIMG3211.jpg

何時ものように自分のお気に入りの模様の奴ら。
コメントは入れません。

これがやたらで取れるところが金魚の面白いところ。
とは言え三才の親たちはいずれも親に使えそうな玉の良いものばかり。
模様が自分の好みじゃなかったりしたので、子取りの親に入れなかっただけ。
こんなのだけ採れてたら言うこと無いのですが・・・。
それでもやっぱりさば尾の胴の長い仔も採り続けるんだろうなぁ(苦笑)。



スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR