市場

2011/11/18 Fri

今日の午前中は晴れ、午後からは曇り。
午前中綺麗な青空が広がりましたが、お昼頃から曇ってきた。

それでも今の時期雨が降らなければ外仕事が出来る。
それだけで少し得した気分(笑)。
我が家の黒豆は雪が降るまでに乾くでしょうか。



まずは前回の続き。
ヤフオクで買ったエーハイムの外部濾過。
Oリング変えたけどまだ水が漏る様な気がすると書きました。

自分が出勤してから大変なことになったようです(苦笑)。
用心に盥の中に濾過を置いて行ったのですが、
水は漏れ続けついには盥が満水になり、外に流れ出してしまった・・・。
昼過ぎに親父が車庫から水が流れ出しているのに気付いて
電源抜いて止めてくれたそうですが、
自分が帰ったら水槽の水五分の一くらい減ってました。
家の中等だったら大事故ですが、
とりあえず車庫の床はコンクリートなので濡れただけですんだ。
水槽は水を回しているだけだったので実害は無いですし。

エーハイム2228ってOリング以外に水漏れしそうなところって後は
吸排水口位しか思い当たらないのです。
でも吸排水口はバンドで止めてある、触っても濡れていない。
他に水漏れしそうなところに思い当たらないけど、水が漏れる。
色々やりましたが解決しない。
色々考え、ネットを検索したけどなかなか載ってない。

結局専門家に聞きましたら、
後は吸排水ユニットの取り付け部のOリング位しか漏れる場所ないとの事でした。
ということでもう一度そのリング取り寄せて交換してみます。
一度に気付ば送料一度分で済んだのですが・・・。
しかも今回はOリングの料金よりも送料の方が高いし(笑)。
週末には届くはずなので結果また書きます。





以前も紹介した家の前のブナ。
CIMG3907.jpg CIMG3908.jpg

前回よりも大分黄色くなったり、
頂上部は赤くなってきていると思います。
おまけに葉が落ちているのでだんだん寂しくなっても来ている。
こうして紅葉が楽しめるのもあと少し。
天気の良い日は見ていても綺麗です。





ずっと以前、機会があったら市場の様子なども載せますねと書いて
結局そのままになっていた。
今回はその市場のようすなどを載せてみます。

その前に少しだけ、口頭説明。
普通の市場だと大卸や仲卸と呼ばれる卸の方が荷物を集めて市場に掛ける。
それを小売業の方や卸問屋の方が競り落として店頭に並べるなり、
小売業者に販売するなりが大まかな市場の流れだと思うのですが。
当地の錦鯉市場は生産者が直接出品するし、業者の方が出品もする。
競り落とす方も問屋さんもいれば個人もいるというやり方。

年間登録をすればシーズン中はいつでも出品も競りに参加も出来る。
当日登録だと一日だけ参加が可能。
他に出品者登録というのがあって、出品するにも登録が必要。
出品登録は一度すればシーズン中は何度出しても良い。
逆に一度でも出すためには出品者登録が必要。
ちなみに、自分は競りには参加せずもっぱら出すだけなので、
出品者登録だけしかしてません。



下は市場の様子。
ただ写真は朝撮ったものしかないので、
競りの様子とかはありません。

出荷風景。
CIMG3916.jpg CIMG3927.jpg

毎週金曜日のみ、朝八時から荷受けが始まります。
早く持ってきたものから順番に競りにかけられるので、
皆さん結構早くから集まってきます。
以前は浮コンに直接魚を入れて競りにかけましたが、
鯉ヘルペスが流行後は袋に入れたまま競りにかけられます。
出荷に行くと魚に病気や欠陥が無いか確認され、
異常がなければ荷受けしてもらえます。
以前も書いたと思いますが、
高透明の二重袋に入れ水と酸素を詰め、
翌日まで魚が持つような状態で出荷することと決められています。

出荷する人の傍らには当日競りに参加する予定の方が
自分の欲しい魚が出品されるのかをずっと確認していたりもします。

要するに競りなので、欲しいという方が複数いれば高く競り上がりますし、
一人しかいなければ予想外の安値ということもあります。
この辺が食べ物の魚や野菜あるいは花木などと違うところ。
野菜や食べる魚なら、この時期これ位のもなら大体これ位という相場がある。
それに比べて安いとか、高いとかという話になるのでしょうが、
今の錦鯉に相場など無いですから(笑)。

話がそれましたが、出荷したら出荷伝票をもらって、
出荷のみならそれで終わり。


荷受けされた浮コン。
CIMG3917.jpg CIMG3921.jpg

今の時期、出品数は少なめ。
10月中から11月の一週目くらいがピーク。


浮コンの中の様子。
CIMG3923.jpg CIMG3918.jpg

袋に書かれている数字は浮コンのナンバーと入数。


セリ場の様子。
CIMG3924.jpg CIMG3925.jpg

ガラスに下の水面が写り込んで見ずらいですが、
下に開いた穴から浮コンが流され、競りにかけられていきます。
競りの最低価格は1000円から。
上はいくらでも良いと思いますが、最近は高いという話聞きません。

ちなみに11月の上旬にこの市場とは別で鯉のオークションがありました。
今年の最高価格はプリウスの新車位、去年はベンツが楽々買えた値段だったはず。
それ位円高の影響だったり、不景気の影響を受けているみたいです。


最後は事務所
CIMG3929.jpg

最後に、
錦鯉を市場に出荷するためには鯉ヘルペス検査を受けている必要が当然ながらあります。
なのでこの市場で買った鯉については安心と言えると思います。

今回は何時も以上に文章いっぱい書いて疲れました(笑)。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

さば尾好きさんこんばんは。

外部濾過のOリング全て新品に交換して、水漏れするのであれば接触部と接触部の微妙な歪みが原因だと思われます。Oリング圧迫による密着、機密性が確立できなくなっている状態なのでしょうか?私は外部濾過を清掃後屋外で炎天下に置いて乾燥後、変形により接触部同士に少し歪みが出来て水漏れという事がありました。それは中古でもらったものなのでヒビもあったりもしたのですがそんな原因も考えられます。私が悪いのですが。(^◇^)そんな事があってからコメリで材料を購入し自分なりの外部濾過もどきを作って使用してます。つよ玉

Re: No title

つよ玉さん、こんにちは。
週末に予定していた、オーリングの交換色々あって延期しました(笑)。なので結果はまだです。自分濾過は基本上部が好きなのですが、上部の追加に外部濾過の導入を考えたのですが、そんなに甘くなかったというか、ヤフオクにやられたというか・・・(笑)。今度自作の外部濾過見せてください、自分も自作してみようかと思ったりしています。
さば尾好き
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR