オーソドックス

2012/03/03 Sat

今日は曇り。
時々小雪がちらつく程度。
昨日の夜から降り出した雪は、今朝までちらちら降り続けましたが、
除雪が必要なほどではなく、一面を白くした程度で終わり。
その雪も道路に積もった分はすぐ消えました。
でも雪の上に積もった分が消える程には気温は上がらない。
もう少し温かくなってくれると雪解けも進むのですが・・・。


今日は休みなので、二週間ぶりの水変え、& 濾過槽洗い。
以前0度だと紹介した水温も1度位までには上がって来てます(笑)。
それでも冷たいことに変わりは有りませんが、
やらないとさば尾たちに帰って来るので嫌でも機械的にこなしていきます。
ただ、家の外の水道が凍っていたのが融けたので少しは楽になりました。

明日は面倒でも山の越冬イケスまで様子を伺い行ってくる予定。
今週は雨が降ったので雪がかなり重くなっているはず・・・。
先週さぼったつけが来たかも(苦笑)。





何時も模様の有るさば尾や玉さばを紹介していますが、
水槽内すべてが形付というわけでも有りません。
素赤は個人的にあまり好きではありませんし、素白は問題外なので
今日紹介するようなタイプは極僅かというか、
二歳以上では数匹しかいませんが、零ではない(笑)。

玉さばと言うとこんなのですと言ってよく本に載っているようなタイプ。
素赤では無いので、横身だと少しは見れるのですが、その写真が有りません(笑)。
上から見るとただの素赤に近い(笑)。
個人的にはこれだけ水槽に泳がせても面白くないと思うので・・・。

上と下の三匹ずつは違う個体です。

IMG_7253.jpg IMG_7522.jpg IMG_7698.jpg


IMG_7364.jpg IMG_7365.jpg IMG_7541.jpg


後はひたすら大きくして迫力を出すことかな(笑)。
でかくすることで存在感のある、見れる個体になると思う。

自分はそんなに飼っていませんが、このタイプ好きという方は多くいます。




スポンサーサイト

コメント

Secret

コメント2日分です。

2日のもの良かったです。
今日のも含めて体に幅が有って体の良いのが何んとも言えません。
鯉に通じる様な体に力が有ると言う事でしょうか。
横見も含めて体形に迫力を感じられるのも好きになった要因です。
日本では何でもかんでも価値観が平準化し易いものが有る様で、正直私もさば尾好きさん産出のものを見るまではさば尾の良さを分からないでいたので、さば尾好きさんが追い求めるものをこうして紹介して頂いている事に感謝をしている所です。
此方でも極一部でですが、玉さばを見られる様になって来ましたが、まだ大抵の方は知らない方が多いようなので此の良さを一般の方達にも伝えて行きたいと思っています。
綺麗で美しい体形をしている事も求められる要件の要素かも知れませんが、それに力強さ(体の張り、筋肉の盛り上がり)泳ぎの優雅さなども感じられるもので有れば最高だと思います。
鯉と通じる所の緋と白地の絡み合いを立派に表現させる体の有る玉さば、さば尾を此方の方達にも知らしめたいと思っています。
さば尾さんのものなら一般の方達にも、立派に通用するものが有ると確信をしているこの頃です。
さば尾を知らない方達が此の金魚を見ると一様に驚くさまに、さば尾好きさんの作ったさば尾、玉さばに手応えを感じるのです。
秋の出来栄えを楽しみにしています。

No title

私は赤勝ちの子結構好きです。
ちらちら見える白地と相まって、良いなあと思うんですよねぇ。

Re: コメント2日分です。

decodeco1950さん、こんにちは。
何時も誉めてもらってありがとうございます。
さば尾はやっぱりでかくしてナンボだと思います。
玉さばも同じように大きくしたいところですが、転覆しないように大きくする技術がまだ自分にはありません。大きくしても転覆しないタイプの系統を作れたら良いのですが・・・。
decodeco1950さんも是非さば尾の飼育してください(笑)。
さば尾好き

Re: No title

チャボスKさん、こんにちは。
ごぶさたしております。
自分では赤勝ち・白勝ちどちらが好きということは無いと思っていたのですが、
選別して残ったものを見ると白勝ち系のものが好きなのだと思い知ります(笑)。
ただ、横見の時はやっぱり白勝ちよりも赤勝ちのほうが好きです。
さば尾好き
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR