「観せる」 と 「見れる」

2012/03/21 Wed

今日は曇り時々雪ではなく、
始終雪が舞っては止みを繰り返してます。
かと言って春の雪なので、積もるほどの事でもなく・・・。
道路が乾くこともなくって感じです(笑)。
雪が降っているくらいなので、当然の如く気温は低めです。


昨日の夕方から降り出した雪は夜半まで降り続き、
積雪的には10センチ弱って感じ。
早朝除雪するほどでも無かったのですが、
積もるかと思って早起きしたので、玄関先だけ簡単に片付け。
スコップだけで5分で終了って感じ。


そんな今年の春なのですが、
3月上旬は比較的暖かく雪解けも順調に進んだのですが、
中旬以降は雪が降っては止みを繰り返している。
しかも週末になると雪が降るはターンばっかり(笑)。
降った雪が消える頃に又新しい雪が降る。
降り積もった雪が消え無い。
この調子だと雪消えには時間がかかりそう。

となると、必然的に田植えも遅くなる。
去年が5月20頃だった記憶があるので、
5月下旬か下手したら6月とか・・・(笑)。





さて今日のタイトル、
本当は「魅せる」でみせるにしたかったのですが、あまりにおこがましいので。
しかも観せるは本来の使い方ではないし(笑)。
そこら辺は気にせず行きます。



観せる個体って一番は模様で、あるいは体型で大きさで観せる訳です。
他にも鰭の長さだったり、質の良さだったり・・・。
受け取る側でその個体の何を良しとするかは違うかもしれませんが、
いずれにしても目に留まりやすい個体だと思います。

例えば
IMG_0319.jpg IMG_0379.jpg

IMG_9524.jpg IMG_9726.jpg IMG_9727.jpg

上は体型、下は柄。
上は特に餌のおねだりで浮いて来るので良く目立つ。

二匹とも当才の時から良くなるだろうと期待していた個体。
こんな個体だと選別していてもやっぱり目につくし、
当然普段の餌くれでも目を引く、
結果写真撮ると、撮ったつもりもないのにかなりの枚数有ったり。





下は見れる奴ら。
IMG_0351.jpg IMG_0511.jpg IMG_9538.jpg

IMG_0508.jpg IMG_9405.jpg IMG_9407.jpg

IMG_9380.jpg IMG_9725.jpg IMG_9955.jpg

IMG_9408.jpg IMG_9988.jpg IMG_9991.jpg

上の三匹は前にも出したことがあるはず、一番下は多分初めてかな。
此奴らはいずれも3・4才。
柄はいずれもそれほど特徴的なわけじゃない。
特に上から二番目なんて模様ともいえないレべルだし(笑)。
ただこいつらに共通しているのは、でかくなる質を持っていること。
大した柄を持っているわけでないし、特徴的な体型の訳でもない。
それでもこいつらは見れる。

見れる個体って要するに迫力というか、デカさで勝負的な個体です。
当然デカくて柄が良ければそれに越したことはありませんが、
柄の良い個体って雄だったりして意外と大きくならなかったりするわけです。
デカくなって狂わなそうな個体を見つけるのも、
柄の良い個体を探すのとは別の楽しみがあったりします。

実はこんなのを親に使うと意外と働いてくれたりします。


さば尾を広めるために一押しご協力をお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

でかさで魅せる。

賛成ですね。
水槽用の綺麗なものも最高ですし、さば尾さんのもののように体のでかさを前面に出しているタイプも最高です。
一番上のもの迫力有りそうです。
模様の少ないものも体と質が良ければ、こんなタイプは鯉でも残しています。
大きくて質の良いものは希少価値が有ると思います。

Re: でかさで魅せる。

decodeco1950さん、こんにちは。
いつもコメント有難うございます。
さば尾や玉さばは鯉に比べてキャンバスが小さい(笑)ので、どうしても柄のバリエーションというか色んな柄を楽しむのには不利だと思います。その分からだか丸く成るので、迫力というか可愛さというかで勝負するしかない。やっぱり柄だけを考えれば鯉の方が数段上だと思います。
柄が良くて体型が良くてなんというのはなかなか出ませんし・・・。
なので大きくなる質のものを選んで楽しんでいます。
弊害として飼っているさば尾たちは雌が圧倒的に多くなりますけどね(笑)。
さば尾好き
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR