雌雄

2012/03/23 Fri

今日は曇り。
気温も上がらず、空もどんよりで気分も載らない(笑)。
何か良いこと無いでしょうか・・・。
愚痴っても仕様が無い(笑)。




今日は駆け足で行きます。

我が家の雄特集というか、
雄の特徴について書いてみたいと思います。
以前にも同じようなことを書いたことありますが、
今回は個体の写真大量にも載せて見ていただきます。


今回は写真が先です。
まず何時もの雌。
IMG_9450.jpg

雌の分かりやすい写真が無かったのでこれでご勘弁を。





下は全部雄。
IMG_0006.jpg IMG_0252.jpg IMG_0325.jpg


IMG_0019.jpg IMG_9509.jpg IMG_9458.jpg


IMG_9691.jpg IMG_9712.jpg IMG_9965.jpg


IMG_0361.jpg IMG_0366.jpg IMG_0396.jpg


IMG_0449.jpg IMG_0455.jpg IMG_9578.jpg

玉さばも居ればさば尾もいますし、
何回も紹介した奴もいれば初めての奴もいるかな・・・。
上の五匹に共通して言えること、分かりますか。

上の雌と比べてみるとよく分りますが、
体の大きさに比例して、手(胸鰭)が大きいのです。
その他のひれも長いですけどね(笑)。

雄はある程度大きくなると(個体差は有る)、大きく成るのが止まります。
多分4才くらいで体の成長というか、若い時の成長期は終わる。
その後は少しづつは伸びていくのかもしれませんが、極わずか。
ところが体の成長は止まっても鰭の成長は止まらない、
むしろそこから鰭だけが長く大きく成ってくる。

で上の写真のように一目で分かる特徴になる。

ただ雌でも手の大きな個体はたまにいます、
そんな個体は極端に大きく成ったりするのですよ。


上は分かりやすいように既に大きく成った
親に使っている個体で紹介しました。

当才でも二才でも良く見れば分かると、自分の金魚仲間は言いますが、
時分まだ修業が足りず、二才あたりではその方ほどはっきり区別がつけられない。
親の様な年の方で、鯉が本職なのでみる目が違うのだと思います(笑)。



話は違いますが、さば尾や鯉にもオ○マというか中性というか、
不思議な雄がいます。

見た目は雄、なのに絶対に雌を追わない。
かと言って雄に追いかけられる訳でも無い。
死ぬまでそのまま、雌に全く興味を持たない雄、
そいつが雄を追いかけたら面白いのですが(笑)、そんな訳は無く。

極まれにですが、そんなオスが出ることがある。
その逆の雌バージョンは見たこと無いですが・・・。

他にも雄の特徴というか、
雄ならでわってことあったりしますので、いずれまた機会があれば。
駆け足のつもりが長くなってしまった(苦笑)。


さば尾を広めるために一押しご協力をお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

大変参考になりました。

鯉のおかま結構いるようで、雄で売り付けられました。それに解説に有った雌で鰭の大きな鯉、現在の三毛の親鯉がそのタイプの様で、腹に来ないジャンボ質の鯉です。
正にその通りのようです。
今日さば尾さんを再びガラス水槽に戻しましたが、赤い短尾のものが1匹転覆しています。
雄メスの見分け方大変参考になりました。
庄内金魚ならすぐに判別付くのですが、さば尾は自信が無く大凡でしか分からない所でした。
でかいさば尾に特化したいと思っている所ですが、鯉にてを取られるので自然産卵によるくらいしか出来ないかもしれません。
余裕が有れば、良い親候補の購入も検討しています。
金魚なら平地の遊休農地も活用出来るので考えている所ですが、恐らく手が回らないと思います。

Re: 大変参考になりました。

decodeco1950さん、こんにちは。
玉さばの玉の良いものは常に転覆の危険と隣り合わせになるのは諦めるしかないと思います。
そうでなければ通年、一定水温で管理するかの選択になると思います。
高水温で維持しても餌の食い過ぎ薹の胃腸障害で転覆するものも出ますし、その魚の持っている質と自分は諦めています(笑)。実際我が家の水槽も何匹か転覆してます。
でかいさは尾を採るには、鯉もそうですが、デカイ雌を使うことだと思います。
体は雌に遺伝し、柄や質は雄に遺伝すると言いますが、その通りだと思いますから。
是非、さば尾も仔採りしてさば尾を広めてください。
最後になりますが、雌雄の判別はあくまでも参考程度なので宜しくお願いします。
さば尾好き
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR