ふきのとう

2013/03/19 Tue

今日は曇り。
天気予報通りです。
今朝も暖かかったし・・・。
やっと春が来たって感じがします。





ふきのとう。
C01-0417.jpg C01-0421.jpg

家の脇の雪が消えたところに生えてた。
ふきのとうを雪の下から見ることが出来るようになると
取りあえず雪の心配が無くなる。

それにしても今年の3月は雪が降らない。
とっても嬉しいことなのですが、
本当にこのまま春になってくれるかいまいち信じきれない(笑)。
また寒波が来て除雪車活躍なんてことにならないと良いのですが・・・。





今朝の風景。
C01-0409.jpg C01-0413.jpg

家の窓から撮っているので電線が打っていますが、
気にしないでください。

今朝のように暖かいと靄が降りるというか上がる。
雪が解けて水蒸気になって靄になる。





何時ものブナ林。
C01-0415.jpg

この写真見ていただくと、
木の根本側から靄が上がって行っているのが分かるかと。





春っぽい写真(笑)。
C01-0438.jpg

靄が完全に消えてないので、何となくスッキリしないのはご愛嬌。

この雪の写真のどこが春っぽいのかと思われると思いますが、
地元民はこのような景色を見ると春が近くに来ているのを感じるのです。

雪の割れ目から至る所で地面が見え始めている。
これが気温が上がってきた証拠。
一般的に何と見ぶのかクレバスとは違う気がする。
当地ではむ「いぎれ」と呼びます。
と言っても若い人は使わないけど(笑)。
厳冬期は白一面だったものが少しづつ茶色が見えてくる。
こうして雪が消えたところからふきのとうが顔を出してきます。





お気に入り。
702-9074.jpg 702-8374.jpg 702-9055.jpg 702-8370.jpg

703-3126.jpg 703-3402.jpg IMG_1106.jpg

何度か紹介していると思いますが、
今シーズンは初めて。
上見に特化した個体、
横からは見るものじゃないですねぇ(笑)。
個人的にこんな柄が大好き。

これで尾付の緋が腹を巻いていたら言うこと無い。
頭を下げながら潜って行くときの後ろからの見た目が全然違う。

デカくならないのが面白くないところですが、
無理に食わせても落とす様な気がする個体なので、
このままじっくり楽しめれば良いかな。





お気に入り、その二。
703-1593.jpg 703-1589.jpg 703-1585.jpg

703-1637.jpg 703-1614.jpg

703-1619.jpg 703-1607.jpg

上と違って横見でも十分いける個体。
上見だと背割れと言って背鰭れの周りに緋が無い。
けど、頭から肩にかけての緋が十分あるので上見でも楽しめる。
こいつも雄っぽいというか、間違いなく雄でしょう(笑)。
デカくならなくてもこれなら親に使っても十分だし。
長く楽しめると思う。
スポンサーサイト

コメント

Secret

お久しぶりです!

お久しぶりです!

★CABINです!

お元気ですかぁ~♪?
今年やっと、さば尾好きさんに頂いた仔を繁殖に使えます♪既に福だるま一本は辞めちゃいましたが… (´Д`)

既に違うハンドルネームで活動中ですが(笑)

今年も楽しみな季節が到来しましたね♪

Re: お久しぶりです!

★CABINさん、こんにちは。
お久しぶりです。
お元気でしたか、当方は元気でやっております。

もう繁殖準備でしょうか、やっぱり早いですね。
こちらは後二ヶ月は先の事です(笑)。

伊勢玉屋も覗かせてもらいに行ってますが、最近更新が無いような・・・(笑)。
ところで違うハンドルって・・・変えたのですか。

楽しみな時期になってきました。
無理せず楽しみましょうね。
また暇があったらコメント残して行ってください。
さば尾好き
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR