選別

2013/07/23 Tue

今日は曇り。
天気予報だと終日雨みたいなこと言ってましたが、
午前中少し降りましたがその後は曇ったまま。
この後また降るのでしょうか・・・。
今日は気温もそれほど上がらない湿度はいつも通り高いですけど。
今年の梅雨は本当に梅雨らしく雨が降ります。
新潟の平年だともうすぐ梅雨明けなのですが、
何時頃になるでしょうか。





今日は週末に行った選別の様子です。
先週も載せましたが今日はもう少し詳しく。

その前に。
実は今年は当才池で二番三番を採るのを止めました。
去年までは一番で子取りした親をそのまま当才池に放して、
後はお好きにどうぞで二・三番を採っていたのですが、
去年それで失敗したので今年は一番のみ。
代わりに一番の仔をつり網二枚分採ったのです。
アオミドロが発生しないように
事前準備もしたので全くわかなかったし。

ここまでは予定通りだったのですが一番が多過ぎた(笑)。
以前も書きましたがかなりの量を他の池に移動したり、
欲しいという方に上げたりもした。

なのにまだかなりいる。
数が多すぎて中々太ってこないし・・・。
太らなければ剥けても来ない。
数のせいだけじゃなくて酸欠防止に
新水をジャバジャバ落水させているので
水温上がらないのも一因だとは思いますが・・・。

本当はもっと剥けて来てから選別したて方が
回数少なくて済むのですが
剥けてきた赤白を除いてやらないと他が大きく成らない。

という訳で選別の様子です。
まずは地引網で当才寄せた様子から。
R01-1597.jpg R01-1601.jpg

小さいので分かりずらいと思いますが
結構な数が居ます。





中網。
C01-3754.jpg

全長1メートル弱位。
これを使って地引網の中の当才を取る。





ジャンボタライに上げた当才。
R01-1608.jpg

上の中網で二掬い分。
電池式のブクブクでエアーを送りながら。
たまには新水汲んで来て入れたりも。





手網。
C01-3759.jpg

写真的にはかなり汚いですが(笑)、
機能的には問題ないのでスルーしてください。
毛仔も救える網目細かいもの。
これが一番当才が傷つかない。





手網に掬ったところ。
R01-1604.jpg R01-1606.jpg

これで選別開始。
ここから素白・素赤を拾っていく。
模様が付きそうなもの黒の剥けないものはそのまま残す。

この時期まだ形が付くか否かなんて中々わからない。
分からないものはハネない。
しばらくして剥けて来れば分かるので。

模様が付いて来ると選別も楽しいですが、
ひたすら赤白拾いのこの時期の選別は集中力が続かない(笑)。





選別網。
C01-3761.jpg

上の手網から赤白を拾う時に使います。
もう少しすれば赤白拾いから形付拾いに変わる。

拾う金魚のサイズが上がったら
選別網のサイズも大きいものに変えていく。
まぁ、ある程度になったら網じゃなくて
手で拾うようになりますけどね(笑)。





形付予備軍。
R01-1617.jpg R01-1619.jpg

まだ小さすぎて分かりずらいですが、
とりあえず型付に成りそうなものを拾ってみました。

素赤素白の中にはこの数倍になっている奴らが居る。
そいつらをハネられるだけでも餌の回りがかなり違ってくる。
まぁ、ハネるような奴等ほどデカくなる。




網各種。
C01-3753.jpg

上の網をまとめてみた。





この日の一番。
R01-1628.jpg R01-1630.jpg

このまま大きくなって秋に上がってくれれば良いのですけどね。
途中で居なくなるなんてことも当才ではよく有ることなので。

とりあえずこれで先週に引き続き2度目。
形付に成りそうなものも分かり始めてきたって感じ。
このまま行けば体型も模様も
それなりのものが秋には上がってくれると思う。

当才を上げた人にも面目が立つかな(笑)。

追伸・・・今回紹介したのは一番選別のタイトルで紹介した野池とは別です。
     あの時のものよりかなり小さいのが分かるかと。 
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR