形付候補

2013/08/05 Mon

今日は曇り時々晴れ。
気温も上がって蒸し暑いです。


3日にやっと新潟も梅雨が明けた。
梅雨明けが8月までづれこんだのは観測史上6回目だとか・・・。
が、梅雨明け宣言出て天気予報は晴れだと言っていた昨日、
通り雨の様な雨が何度か降った。
外に居てもたいして濡れない程度の雨でしたけど・・・。


ここの所快晴が無い。
気温もそう上がらないし。
もうすぐ出穂となった稲も中々穂があがらない。
あまり暑いのは好きではありませんし、
寝苦しい夜はもっと嫌ですが稲の為には
少し暑くなってもらわないと・・・。





さて、週末は相変わらず選別です。
草刈りもやってますけどね。
この時期休みのたびに選別と草刈りに追われます(笑)。
そんな訳で選別した当才の中から
タイトル通り形付になりそうな奴らを拾ってみました。
ただ、例年よりサイズが小さいので見ずらいかも。
サイズか小さい分数は例年以上にいますけどね。

まずは土曜の午前分。
R01-1708.jpg R01-1712.jpg R01-1717.jpg R01-1718.jpg

ここは春先に越冬イケス組のさば尾たちを入れておいた場所。
越冬組の出荷後は当才池になっている。
サイズのデカいのは春先に入っていた越冬組のやたっ仔。
小さいのは本命池から網を引いて持ってきた仔。
やたらは玉は良いけど形が良くないのが多い。
やっぱり親の模様は大事かな。





土曜日の午後分。
R01-1720.jpg R01-1721.jpg R01-1722.jpg R01-1724.jpg

三才以上が入っている野池。
ここもやたらと本命池から持ってきた仔が混在。
ここのやたらは形も玉も良い。
やっぱり親の質は大事ということ。
やたらは仕方ないとして他から当才入れたくないのですが、
今年の当才の数があまりに多すぎて行き場所なかったのでここに入ってる。
まぁ、最終的には自分だけじゃ賄いきれなくて
何人かに引き取ってもらったのですけどね。

当才が入っていると親たちの浮餌の食い付きが良くないのです。





日曜の当才池。
R01-1735.jpg

R01-1739.jpg R01-1741.jpg

網引いた中も黒が大分少なくなってきているかと。
水が汚くて申し訳ないですが雰囲気は分かっていただけるかと。
サイズは小さいですが結構面白そうな形のものが沢山います。


形付(カタツキ)を採るために親を選ぶわけですが、
やっぱり形(カタ)の良いもの同士の方が仔も形の良いものが出る。
緋質とか玉とか肩とかの要素もありますが、
自分にとって形が良くて緋質が良いことが第一条件。
玉は二の次、後はデカくなる質を持っていること。
なのでさば尾でも玉さばでも良い。
ひたすら更紗模様が良いことにつきる。
じゃあ、良い更紗模様って何と聞かれたら
「好み」としか答えようがないけど(笑)。
まぁ、良いものって誰が見ても綺麗だと思いますけどね。

で、形付通しを掛け合わせると素白が大量に出る。
素赤ならデカくすれば出荷するという手もあるけど素白は問題外。
それが面白くないので素赤系の親を入れたりもしたけど、
今年は入れなかったら素白の多いこと(笑)。
いくら素白・素赤が出ようと
極上が一握り出てくれればそれで十分なのですけどね。

今年はそんな年になりそうな感じになって来た・・・かな。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR