玉に付いて考える

2013/08/29 Thu

今日も晴れ。
朝から青空が広がっています。
が、この天気も今日まで。
天気予報だと明日から週末は雨。
しかも台風15号も来そうですし・・・。
強い雨や雨を伴った風まして台風なんて一番来てほしくない時。
自分だけじゃなくて刈取りの終わらない田んぼを持った
日本中のお百姓さんが思っていると思います。

このままだと台風が列島横断しそうな予想図。
昨日あたりから町場の早稲米を作っている方は大急ぎで収穫中。
倒伏する前に刈り取るべく頑張っている。
我が家の米が刈り取れるのはまだ半月以上も先。
今回の台風でどうなることやらです・・・。





タイトルとは全く関係ないですが何時もの山から。
C01-5259.jpg C01-5265.jpg C01-5269.jpg

今朝の様子。
空の青と雲が綺麗だったので撮ってみたのですが・・・。
伝わる写真になりません(笑)。





ついでに棚田棚池。
C01-5274.jpg





今日はちょっと時間が有るので玉さばの玉に付いて書いてみます。
結論が出る話ではないですしどうすれば玉が良くなるという
How To的なものでもない事をおことわりしておきます。

玉さばの体型って実は色々あります。
福だるまはこの形って決まった体型が有りますが、
玉さばの体型は千差万別なのです。
ここでも書いたことありますが見る人にはさば尾に見えても
飼っている方があるいは売る方が玉さばと言ってしまえば
それは言った者勝的な部分も含めて玉さばになってしまう。
もっと極端なことを書くと玉さばの親から生まれたから
その子は玉さばだと言う方もいたりする。
そんな事は置いておきまして本題に戻ります(笑)。

で、玉さばの体型ですが
要はおなかが有る程度丸ければ玉さばで通ってしまう。
飼っている飼育者によってその体型は様々。
我が家にも色んな体型の玉さばがいますのでまずはその紹介。

その一。
702-4711.jpg

何時も紹介しているのおなじみの奴。
以前さば尾と紹介したこともあるし個人的にはどっちでも良い(笑)。
肩のくびれが無ければ玉さばじゃ無いというならさば尾。

全長も体高も有り腹の張りも十分。
上から見ても横から見ても真ん丸です。

こいつ今シーズン更にデカくなっていまして、
子供が使うハンドボール位有る感じ。





その二。
702-4544.jpg 702-4784.jpg

肩のくびれが有ってくびれから下が大きく張るタイプ。
横からの写真が欲しいところですが全部上見なのであしからず。
こいつ等も全長体高共に有って水槽に入れておくと目立ちます。

上の奴と違いが無いとか分からないとかのクレームは無しです(笑)。
分かる方だけ付いて来てください。





その三。
702-4917.jpg

横見の真ん丸タイプ。
全長はそんなに伸びないし厚みも出ない。
雄に良くいるタイプです。
(上見の写真で横から見たら真ん丸と説明する方も辛いのです)
頭も含めて横から見ると丸い。

頭を含めて丸いと言う事は頭が小さいと言う事で、
こんな奴らはいくら食わせこんでも必要以上に大きくできない。





その四。
702-9749.jpg

その二に似てますが実物見るとかなり違う。
肩のくびれが有ってくびれから下が張るのは同じですが、
その張り方が真ん丸になる。
写真で見ても分かると思いますが
丸い胴体に頭がちょこんとついている感じ。
その二は頭から胴体全体で丸く見えるとでも言えば良いかな。

こいつ等も意外とでかく出来るので見栄えする。





その五。
702-5291_201308291251263aa.jpg 702-5297_201308291252346d1.jpg

このタイプ我が家にはこいつ一匹しかいない。
肩のくびれも有って上から見ても横から見ても真ん丸。
しかも厚みは有るけど、腹の張りはあまりない。
短い尻尾でチョコマカ泳ぐ姿はかなり可愛いです。
デカくならないタイプかと当初思っていましたが、
今シーズンはかなり大きくなってきた。
親に使ったので同じような体型のものが出れば良いかと。





その六。
702-5233.jpg 702-4569.jpg

我が家にいる一番オーソドックスな玉さばの体型。
肩のくびれがあって適度に腹の張るタイプ。

こいつ等の中でも肩の張りが良かったり
体高がかなり出たりと色んなバリエーションが居る。
食わせこめばかなり大きくすることも可能なタイプだったりします。
まぁ、いくら食わせても大きくならない奴もいますけどね(笑)。


考えるとタイトル付けましたが
色んな玉があるよという紹介になってしまった(笑)。
体型は持って生まれたものなので飼い主の意思で変えることは出来ない。
ただ持って生まれたものをより強く強調させることは出来ると思う。
それが以前書いた餌だったりします。


色々書きましたが、
どんな体型になるかは二才の秋上がりになってみないと
本当のところは分からなかったりします。
玉さばかさば尾かは分かってもどんな玉になるかが分からない。
当然二才以上の夏場の飼い方によっても変わってきますし。





下はこの春野池に入れる前の明け二才。
C01-1838.jpg C01-1819.jpg C01-1856.jpg

こいつら見てもどう成長して秋上がって来るかは
予測することは出来ても必ず当てるなんて無理。
毎日餌やりながらどう成長していくかを眺めているのが楽しい訳です。
スポンサーサイト

コメント

Secret

おはようございます。
いろいろな玉がありますね。
先日、福ダルマのこを、タイプ別に分けてみようかと、始めてみましたが、あまりの多さに、中断しました。同腹の子でも同じものは出ないということですね。
最終的には、飼育者のこだわりで、気に入った魚を残すことに成るんでしょうね。
同じ玉サバでも、一様ではないのが、ひとつの面白さでしょうね。

kingyoman13

Re: タイトルなし

kingyoman13さん、こんにちは。
いつもコメント有難うございます。

玉さばもさば尾も兄弟でも体型模様とも千差万別です。自分の気に入った体型・模様をより多く出してくれる親で仔採りすることになります。と言っても金魚を数採る方は雌複数に対して雄を更に多く入れて仔採りするので本当の親がどれかは分からなかったりします。金魚も拘って雌と雄を固定して取っている方もいますがこのやり方だと数を採るのは手間が掛かります。
自分の気に入った一種類の体型に拘るもよし、色んな体型を取り混ぜて泳がせるのもまた楽しいと思います。
ただ、福だるまの場合は決まった体型が有りますのでそれに沿うことになるとは思います。それ以外は通常だとハネってことになるかと・・・。個人で楽しむ分には全く問題ないと思いますけど。

書かれているように色んな体型色んな模様が有ってそこからいかに良い個体(気に入った)を作るかだと思います。7月からこの時期まで週末の度に長網引いて選別してますが、中々思うような個体とは出会えなかったりしますけどね・・・。
さば尾好き
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR