2013/09/13 Fri

今日は曇りのち晴れ。
フェーン現象でしょうか久しぶりな高温。
ついでに湿度も上がって蒸し暑い。


来なくても良いのにまた台風が来そうです。
しかも今の予想図だと本州直撃。
折角転びそうなのに持ちこたえている稲が転んでしまう。
出来るだけ本州から離れて通り過ぎてほしいものですが、
天気の事は思うようにいきません。

取りあえず明日からの休みはまずは糯米の稲刈から。
でも日月は天気予報だと雨模様。
取りあえず糯稲だけ刈って様子見です。

百姓は取りあえず田圃から稲が無くなると
一息つけるのですけどね。





今日は最後の追い込みで金魚たちに食わせている餌。
と言っても自分はサナギとペレットだけですけどね・・・(笑)。
まずは浮餌。
C01-5692.jpg

サイズは6号。
このサイズでも当才の中には口に入れられる奴が出てきた。
これをのみ込めるようになれば当然当才の成長も良くなる・・・。
ですが、別に当才にやってるわけじゃない。
浮は二才以上用の餌なのですけどね(笑)。





沈み。
C01-5694.jpg C01-5695.jpg

左は色揚げ右は色揚げと普通の沈みを混ぜたところ。
色揚げはMサイズ沈みは5号。
去年までは色揚げやっていませんでしたが、
今年は何か緋色が上がらない。
結局我慢できずに色揚げやってますが、
どうせやるならもう少し前から与えるべきだったと後悔。
とは言え色揚げは高価だしさば尾たちへの内臓の負担も大きい訳で、
懐具合と相談しながら普通の沈みと色揚げと半々くらいで混ぜてやってる。
秋上げまでに色が載るかはチトは微妙かな・・・。
まぁやらないよりは良いと思う。





当才餌。
C01-5698.jpg

写っているのはサナギの粉。
この下にペレットの3号が入っていて混ぜてやってる。
混ぜた写真も撮ったつもりでしたが、
サナギの粉が手に付いてカメラ持つのが嫌で撮らなかったらしい。
当才もクランプルからペレットに変えられると
成長度合いも違ってくる。
晴天が続いて水温が高いままだともう少し食わせこめるのですが。





二・三才池給餌風景。
C01-5681.jpg C01-5682.jpg

二・三才だけじゃ無くやたらの当才も含めてこの池はデカくなってる。
でも実は色の良くないのがこの池。
秋上がりまでにどうなりますことやら・・・です(笑)。





おまけ。
C01-5725.jpg

本命当才池。
ここの池は浮餌をやらないので普段は浮かないのですが、
朝餌くれに行くと水面を群れで泳ぎながら餌を待ってる。
人の足音が聞こえると途端に沈みながら寄って来る。
沈みを食った後サナギの粉の浮いたの食いに
浮いて来ているかもしれませんが、
そこまで見てないので分かりません。
スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR